メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0817

日本と台湾、野球がつなぐ両国の絆、映画「KANO」台湾・嘉義農林高校の活躍  




日本と台湾、野球がつなぐ両国の絆

映画「KANO~海の向こうの甲子園~」


1931年に甲子園で準優勝した

台湾のチーム「嘉義農林高校野球部」の物語



日本統治時代に起きた奇跡のドラマを描く野球映画「KANO」。魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督がプロデューサーを務め、彼の日台三部作のトリを飾る作品としても注目されました。2014年開催の第9回「大阪アジアン映画祭」のオープニング作品でした。


KANO


「嘉義農林」の野球部は、日本人と漢族の台湾人、それに高雄の先住民という3つの民族の選手の混成チームというのが特徴で、映画では、民族が違う選手たちが一丸となって勝利を目指す姿が描かれています。




STORY


映画の舞台は1920年代、台湾が日本政府に統治されていた時代に遡ります。この時代、日本の一部だった台湾の高校には全国中等学校優勝野球大会(のちの全国高校野球選手権)、いわゆる「甲子園」への出場資格があり、球児たちは台湾の地から夢の舞台を目指していました。


しかし、実態はどの高校もレギュラーのほとんどを日本人が占め、常勝チームとして甲子園に行くのは、いつも日本人のみで構成された「台北商業高校」だったのです。


ところが1931年、台湾予選大会に劇的な出来事が起きました。日本人と本土の台湾人、原住民による混合チーム「嘉義農林高校」の野球部が甲子園出場を決め、全国大会でなんと決勝戦にまで勝ち進んだのです! 


この奇跡の背景には、近藤兵太郎という日本人監督の存在がありました。日本からやってきた鬼コーチによるスパルタ式の練習は、弱小チームをどんどん変えていきます。「KANO」とは、嘉義農林の略称「嘉農」を日本語読みした当時の呼び名。映画はタイトルどおり、近藤兵太郎を中心にしたチームの成長と、栄光の軌跡を描きます。


TAIPEI NAVI 台湾観光旅行ガイド 台北ナビより


日本の俳優陣は、愛媛県出身の近藤兵太郎監督役に永瀬正敏。近藤の妻を演じるのは、こちらも実力派の坂井真紀。


そして嘉義農林野球部が活躍した同じ時代、台南に当時としてはアジア最大規模のダムを作り現地では英雄として語り継がれている八田與一技師役には大沢たかお。


大沢は、映画「藁の楯」撮影のため台湾に滞在した際、台湾をすっかり気に入り、また八田技師に強い興味を持ったそうで、今回のキャスティングはなんと大沢側から制作サイドに連絡して志願したという。


もう一人の日本人キャストは、ロンドンを拠点に活躍するベテラン俳優・伊川東吾。馬志翔監督自らが彼の演技にほれ込んでオファーし、近藤の恩師を演じることになった。


さらに、試合シーンの実況を、文化放送ライオンズナイターでおなじみの斉藤一美アナウンサーが担当しているなど、野球ファンにとっても見どころ満載の映画でした。


猛特訓のスパルタ指導の一方で、当時は暗黙の格差があった日本人と台湾人に分け隔てなく接したという近藤兵太郎。深みのある野球人を、役者デビュー30周年の永瀬が演じました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログへ

Posted on 2019/08/17 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0423

名将・野村克也が「平成の最強ベストナイン」を厳選 ダルビッシュがお礼のSNS  



 久しぶりにプロ野球の話題をお届けします。ヤンキースで活躍する田中将大の楽天時代の監督でもある野球評論家の野村克也氏が地上波のスポーツ系情報番組の企画で「平成の最強ベストナイン」を厳選して話題になっている。


■野村氏が選んだ各ポジションのベスト選手は?
※は筆者個人の感想

▼スターター(SP)ダルビッシュ有(日本ハム、カブス)
野村さん
「いろんな球種を投げるし、直球も速いし、コントロールもそこそこよい。将来、大投手になる予感はあった」

※大阪・羽曳野市出身。地元の子供たちのために社会貢献している。身内が羽曳野に住んでるのでよく話題に出た。TJ手術を乗り越えてカブスでカムバック賞に期待。


▼キャッチャー(C)古田敦也(ヤクルト)
野村さん
「キャッチャーは日本シリーズ出ると本当によくなる。1球たりともおろそかにできない。良いキャッチャーはみな日本シリーズを経験している」

※野村さんの教え子だからね。関西学生時代から名手でソウルオリンピックで野茂英雄とバッテリーを組んだ。あの頃から名選手になる予感はしていた。捕球してからスローイングまでの流れが速かった。


▼ファースト(1B)落合博満 (中日)
野村さん
「文句なくという言い方をしていいか分からないが、落合博満だろうね。ライトでもレフトでもどこでもヒットが打てる。こういう長距離バッターは見たことない」

※ボールをとらえる感覚は天才的。三冠王はロッテ時代の川崎球場が狭かったというパークファクターもあるが、巨人時代には落合の打席だけはチャンネルを回して見ていた。バットも選びも特徴があって木目の粗い普通の選手は選ばないバットをあえて指定したらしい。


▼セカンド(2B)辻発彦(西武)
野村さん
「野球の目のつけどころがいい。視野が広い。状況判断という面ではナンバーワン。野球の真髄みたいな選手」

※近鉄ファンだったので嫌な選手だった。広岡達朗監督仕込みの守備の名手。野村監督を支持してヤクルトにも移籍した。


▼サード(3B)原辰徳(巨人)
野村さん
「三塁手は原(辰徳)だよ。長嶋茂雄の影響を多分に受けているんじゃない?長嶋に似ているよね」

※王さん、長嶋さんの後の4番打者は大変だったと思う。


▼ショート(SS)宮本慎也(ヤクルト)
野村さん
「みんな選びたいけど、宮本だろうね。勉強家だよ。なんでも知りたがる。監督をやらせたい人材だね」

※守備範囲は広くないイメージだが、グラブ運びは華麗だった。GB賞がショートで6回、サードで4回。日本代表キャプテンで将来は代表監督になると思っていた。


▼外野手(OF)松井秀喜(巨人)、柳田悠岐(ソフトバンク)、イチロー(マリナーズ)
野村さん
「レフトは松井。一番の魅力は長打力でしょう。センターは柳田。ライトは文句なしでしょう。イチロー。三拍子も四拍子もそろっている。欠点がないよ」

※大阪ドームでイチローの5打数5安打を見た。松井は阪神に来て欲しかったが、巨人に行ったのでNPB時代の記憶はない。ただ、ヤンキース時代の活躍には拍手を送りたい。


■「平成」ベストナイン
1番(RF) イチロー
2番(2B) 辻発彦
3番(LF) 松井秀喜
4番(1B) 落合博満
5番(3B) 原辰徳
6番(CF) 柳田悠岐
7番(C) 古田敦也
8番(SS) 宮本慎也
9番(SP) ダルビッシュ有

クローザー(CL)佐々木主浩(横浜、マリナーズ)
リリーフ(RP)遠山奬志

※平成でなければCLは個人的には江夏豊。打順も今のメジャー流でいけば2番に松井か柳田あたりを持ってくるだろう。


 ちなみに、野村監督の現役時代は、遠い昔の記憶だが南海ホークスの捕手兼監督時代に大阪球場で見たが、選手時代よりも名監督のイメージが強い。一見、オールドスクールの監督のようだが、今のデータ重視のメジャーリーグを先取りしたような監督だった。





◇記事一部引用 こちら↓




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/04/23 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1108

北海道日本ハムファイターズが地震被災地へ1993万6710円を寄付  




ダルビッシュ有の1000万円含む1993万6710円


 北海道日本ハムファイターズは8日、9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」により甚大な被害に遭った地域への義援金として総額1993万9710円を寄付することを発表した。


 北海道にフランチャイズを置くチームは、震災直後から募金活動を開始。札幌ドームとファイターズ鎌ケ谷スタジアム(千葉)で募金活動を実施。およそ800万円の募金が集まった。

日本ハムファイターズ

 公式サイトによれば、これに球団、選手会から拠出した各100万円、来場者数に10円を乗じた金額、ダルビッシュ有投手(シカゴ・カブス)からの寄付1000万円を合わせた金額から10月10日に実施した被災地招待企画(被災地から734人招待)の関連費用を差し引いた1993万6710円を寄付する。


 贈呈先は厚真町、安平町、むかわ町、日高町、北広島市、札幌市。中島卓也選手会長は「地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。選手も栗山監督と募金活動に参加し、今こそ助け合い、困難を一緒に乗り越えようというお一人おひとりの温かさを感じました。ご協力いただきありがとうございました。被災された方々のお役に立てるよう、これからも自分たちに何ができるかを考え、全力を尽くしたいと思います」とコメントしている。








◇記事参考
http://sp.fighters.co.jp/news/detail/00001453.html



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/11/08 Thu. 11:08 [edit]

CM: --
TB: --
   

0708

【西日本豪雨災害】広島が明日からの阪神戦3連戦をすべて中止   




 プロ野球の広島は8日、西日本を中心とした豪雨災害の影響のため、本拠地・広島市のマツダスタジアムで9日から予定されていた阪神3連戦を中止すると発表した。


 球団は「これまで地域とともに歩んできた広島東洋カープといたしましては、このような甚大な被害により、多数の犠牲者が出ている中で試合を行っていいものか十分に検討した結果、決断をいたしました。被災された地域の一日も早い再建と復興を、心からお祈り申し上げます」とコメントを発表した。





Posted on 2018/07/08 Sun. 18:02 [edit]

CM: --
TB: --
   

0704

中後悠平がDeNAベイスターズとの契約に合意  




 プロ野球のDeNAベイスターズは4日、ダイヤモンドバックス傘下2Aジャクソンを自由契約となった中後悠平投手と契約に合意したと公式サイトで発表した。

契約内容の詳細は公表されていないが、報道によると5日に横浜市内で入団会見が行われる模様。

 中後は近大から11年ドラフト2位でロッテ入団。15年オフに自由契約となり、16年3月にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約。2016年は3Aまで昇格し、9月の40人ロースターに拡大される時期にコールアップも期待されたが届かなかった。


中後悠平


 28歳の今季もメジャーキャンプにNRI(招待選手)として呼ばれたが開幕40人枠には残れず、ダイヤモンドバックス傘下の2Aで24試合34イニングに登板して防御率5.29、36奪三振、16四球だった。

マイナーリーグ通算では、ダイヤモンドバックス傘下で計104試合に登板。ルーキーリーグからメジャーの一歩手前の3Aまで131イニング、防御率2.95、141奪三振。

 6月18日付で自由契約となり帰国後の同29日にDeNAの入団テストを受けていた。球団では左のリリーバーとして起用される可能性が高い。


◇記事参考
http://www.baystars.co.jp/news/2018/07/0704_03.php



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/07/04 Wed. 18:06 [edit]

CM: --
TB: --
   

0424

衣笠祥雄氏が逝去 カル・リプケンが慕った“キヌガサ・アイアンマン”  




地味な記録と思われがちな連続出場記録。広島カープの衣笠祥雄氏がメジャーリーグのルー・ゲーリッグ氏の記録を抜いたのは1987(昭和62)年6月13日。そのマイルストーンは、メジャーのレジェンドと対比された事で一躍脚光を浴びた。

2131試合連続出場。日本はバブル景気で湧いていた時代だった。


衣笠氏の記録は、広島に入団して6年目、1970年10月19日の巨人戦より始まった。10年後の1980年には1246試合連続出場の日本記録を更新。

その後も記録を更新し、1987年のシーズン終了と同時に現役を引退したものの、連続出場回数は2215まで伸ばした。

その年の6月22日には王貞治氏に次いでプロ野球選手として2人目の国民栄誉賞を授与されていた。

衣笠氏がゲーリッグ氏の記録を塗り替えたとき、メジャーリーグの現役選手ではカル・リプケン(オリオールズ)が試合出場を続けていた。

このとき「私の記録など、キヌガサ・アイアンマン(鉄人)の三分の一ちょっとにしか及ばない」(『毎日新聞』1987年6月14日付)とのリプケンのメッセージが残っている。

野茂英雄氏が海を渡る8年前。メジャーリーグが遠い雲の上の存在のように感じた。そのスター選手が衣笠氏に“アイアンマン”の称号を贈った。

リプケンは、その後も記録を伸ばし続け、“アイアンマン”を祝福した9年後の奇しくも同日、1996年6月13日の対ロイヤルズ戦で、ついに衣笠氏の記録に追いつき、翌14日にはそれを上回る2216試合出場を果たした。

衣笠氏は、自身の記録が更新されるにあたり、2日続けて球場に招かれ、今度は逆にリプケンを祝福している。なお、リプケンの記録は1998年9月19日まで続き、2632試合に達した。


2910ec0f5674c9cd65f22be5107b0460.jpg


プロ野球で23年間、2677試合に出場。2543安打、504本塁打、1448打点。打率.270、出塁率.345、長打率.476、OPS.820。

偉大なプロ野球選手は71歳で永遠の眠りについた。


【タイトル】
打点王:1回 (1984年)
盗塁王:1回 (1976年)

【表彰】
NPB MVP:1回 (1984年)
NPB ベストナイン:3回 (1975年、1980年、1984年)
NPB ゴールデングラブ賞:3回 (1980年、1984年、1986年)

日本プロスポーツ大賞 大賞:1回 (1984年)殊勲賞:1回 (1987年)

国民栄誉賞 (1987年)
広島県民栄誉賞 (1987年)
京都市市民栄誉賞 (1987年)[19]
新語・流行語大賞 特別賞 (1987年、「鉄人」)
野球殿堂競技者表彰(1996年)


◇記事参考
http://bunshun.jp/articles/-/2885




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2018/04/24 Tue. 15:55 [edit]

CM: --
TB: --
   

0120

『神戸スポーツ映画祭! 2018』神戸でアツい映画祭が開幕!  




神戸でスポーツ映画を集めたユニークな映画祭が、今年も開催される。3回目を迎えた『神戸スポーツ映画祭』が、1月20日から兵庫県神戸市の元町映画館で開幕する。


昨年、開港150周年イベントが開催された神戸。勝海舟と坂本龍馬が開いたとされる神戸港。今や世界を代表する港湾都市だ。


神戸は、19世紀末に日本で初めて映画(キネトスコープ)が一般公開された「日本の映画発祥の地」でもある。


さらに、20世紀初頭、イギリス人貿易商A.H.グルームによって神戸市の六甲山上に日本最古のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」が造成されるなど、国際港湾都市として外国文化とスポーツが根ざした街でもある。


ゴルフ、マラソン、ボクシングなど各種スポーツ競技の発祥の地とも言われている。


映画とスポーツ競技の発祥の地―。この日本で唯一のレガシーを有する国際都市で「スポーツ映画祭」が、今年も開催される。


第1回は台湾でも空前の大ヒットとなった日本と台湾をつなぐ高校球児たちの軌跡を描いた「KANO 1931海の向こうの甲子園」など7作品が上映された。


今回も野球、サッカー、バスケット、プロレス、馬術など力作、感動作6作品が上映される。


中井貴一主演の「アゲイン 28年目の甲子園」は2015年公開。ここでも以前に紹介しましたが、元高校球児が、再び甲子園をめざす「マスターズ甲子園」をテーマにした重松清原作の「アゲイン」を映画化した泣ける作品だった。


オフィシャルサイトでは「過去2回の開催では、神戸を愛する多くの皆さまにサポートしていただき継続することができました。今後も3回、4回、5回…と継続していくにあたり、ひとりでも多くの皆さまのご支援、ご協力、ご来場を心よりお待ちしております。」と呼びかけている。



《上映作品》

アゲイン 28年目の甲子園
ウイニング・パス
おっさんのケーフェイ
世界でひとつの金メダル
ネクスト・ゴール!
MARCH


※作品の詳細は

https://www.kobe-sff.com/movies






記事参考
日本初。スポーツをテーマにした映画祭「神戸スポーツ映画祭!」20日から
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2404.html

映画「アゲイン 28年目の甲子園」娘たちに見て欲しい!
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1728.html



Posted on 2018/01/20 Sat. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0106

闘将・星野仙一氏、逝去 70歳早すぎる旅立ち  






 楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが報じられた。70歳だった。「がんで闘病していた」という事は伝わっていたが、現時点では死因は明らかになっていない。

現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の2013年には弱小球団を日本一に導いた。

 星野さんが現役時代は、パ・リーグのファンだったのであまり記憶がない。

監督になってからの印象が強い。「闘将」と呼ばれ、強いものや大きいものに立ち向かうファイティングスピリットは見ていて心を揺さぶられた。

人となりが伝えられ、岡山で中学生の時に筋ジストロフィーの同級生をおんぶして登校していた逸話は有名だ。

ご冥福をお祈り申し上げます。


以下、スポニチから引用。(改行は筆者)


突然の訃報だった。星野氏が息をひきとったのは4日。球界関係者によると「がんで闘病していた」という。昨年末に体調が悪化し、年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急きょ取りやめていた。

昨年11月28日に東京で、12月1日には大阪で「野球殿堂入りを祝う会」に出席。2000人を超えるプロ、アマの球界関係者が集まり「これだけの人が来てくれて野球をやってて良かった。野球と恋愛して良かった。もっともっと恋したい」と失われない野球への情熱を口にした。

しかし、これが、最後の晴れ舞台となった。

相手が強ければ強いほど、「燃える男」。現役時代のキャッチフレーズだった。その原動力が「打倒・巨人」。ドラフトでふられ、憧れの球団は「生涯のライバル」に変わった。

中日のエースとして闘争心をむき出しにして投げ、巨人戦は歴代6位タイの35勝で通算146勝を挙げた。

沢村賞を受賞した74年にはV10を阻止して優勝したが「日本シリーズは邪魔。俺は巨人を倒したからいいんだ」と言い切ったほど、巨人を倒すことに執念を燃やした。「強い巨人に勝ちたいんや」。その思いは引退後も変わることはなかった。

監督時代は「闘将」と呼ばれ、代名詞は鉄拳制裁だった。

「非情と愛情の2つを併せ持つことが大事」という持論を持ち、闘う集団につくり上げた。

中日で2度のリーグ優勝。97年には扶沙子夫人(享年51)を白血病で亡くしたが、グラウンドで戦い続けた。

「俺は弱いチームを強くすることが好きなんだ。それが、男のロマンやないか」。

反骨心の塊のような男。02年に低迷していた阪神の指揮を執り、翌03年に18年ぶりのリーグ優勝に導く。

楽天監督時代の13年には日本シリーズで宿敵の巨人を破り、4度目の挑戦で初めて日本一監督となった。

14年にユニホームを脱ぎ、15年に球団副会長に就任。ONとともに球界への影響力は大きく、星野氏も「野球への恩返しの意味でも自分の思いや考えを若い人につないでいきたい」と語り、野球の普及活動に尽力していた。

恋に恋した野球。しかし、楽しみにしていた20年東京五輪を前に帰らぬ人となった。あの笑顔はもう見れない。あの怒鳴り声ももう聞けない。






続きを読む ⇒
-- 続きを読む --

Posted on 2018/01/06 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0102

『神戸スポーツ映画祭! 2018』今年で3回目、神戸でスポーツと映画のフェス  




今年で3回目を迎えた『神戸スポーツ映画祭』が、1月20日から26日まで兵庫県神戸市の元町映画館で開催される。


825kLlWu.jpg


昨年、開港150周年イベントが開催された港町・神戸。19世紀末には、日本で初めて映画(キネトスコープ)が一般公開された「日本の映画発祥の地」でもある。

さらに、20世紀初頭、イギリス人貿易商A.H.グルームによって神戸市の六甲山上に日本最古のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」が造成されるなど、神戸は、国際港湾都市として外国文化とスポーツが根ざした街でもある。ゴルフ、マラソン、ボクシングなど各種スポーツ競技の発祥の地とも言われている。

映画とスポーツ競技の発祥の地―。この日本で唯一のレガシーを有する国際都市で「スポーツ映画祭」が、今年も開催される。


第1回は台湾でも空前の大ヒットとなった日本と台湾をつなぐ高校球児たちの軌跡を描いた「KANO 1931海の向こうの甲子園」など7作品が上映された。


a47beeaf.jpg

今回も野球、サッカー、バスケット、プロレス、馬術など力作、感動作6作品が上映される。


中井貴一主演の「アゲイン 28年目の甲子園」は2015年公開。ここでも以前に紹介しましたが、元高校球児が、再び甲子園をめざす「マスターズ甲子園」をテーマにした重松清原作の「アゲイン」を映画化した泣ける作品だった。


オフィシャルサイトでは「過去2回の開催では、神戸を愛する多くの皆さまにサポートしていただき継続することができました。今後も3回、4回、5回…と継続していくにあたり、ひとりでも多くの皆さまのご支援、ご協力、ご来場を心よりお待ちしております。」と呼びかけている。




《上映作品》
アゲイン 28年目の甲子園
ウイニング・パス
おっさんのケーフェイ
世界でひとつの金メダル
ネクスト・ゴール!
MARCH

※作品の詳細は
https://www.kobe-sff.com/movies






関連記事
日本初。スポーツをテーマにした映画祭「神戸スポーツ映画祭!」20日から
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2404.html

映画「アゲイン 28年目の甲子園」娘たちに見て欲しい!
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1728.html






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2018/01/02 Tue. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0922

早実・清宮幸太郎がプロ志望届を提出表明!夢は「メジャーリーグで本塁打王」  




プロ野球界のニュー・ウェーブが誕生するだろう。

プロ入りか人気の東京6大学・早稲田大学野球部への進学か?高校卒業後の進路が注目されていた、高校通算111本塁打の早実・清宮幸太郎内野手が22日、東京都国分寺市の同校で会見し、「私、清宮幸太郎はプロ志望届を提出することを決めました」と国内プロ野球球団への入団希望を明らかにした。

メディアでも様々な憶測を呼んでいたが、一気にドラフト会議が面白くなってきた。フジ系とNHKではニュース速報まで流していた。

これで、10月26日に開催予定のドラフト会議では複数球団が清宮を1位で指名することが予想される。場合によっては、1989年秋に野茂英雄(新日鉄堺)、90年の小池秀郎(亜大)が8球団から受けた1位指名の最高記録を上回る競合もあるかも知れない。





スポーツ報知によると緊張した面持ちで和泉実監督らと並んで会見に臨んだ清宮は、「プロ野球志望届を提出することに決めました」と語ったという。

志望は日本球界で「自分を厳しく指導して成長させてくれる球団に行きたい」と語った。

「(早実の)先輩の王さんの数字は、自分の目標となる数字なのかな」「目指さなきゃいけない使命感」と、プロでの目標として王貞治さんが持つ868本の本塁打の世界記録を掲げた。

清宮は国際経験も豊富。中学1年時に東京北砂リトルでリトルリーグワールドシリーズに出場し、3発を放って注目を集めた。

先日のU―18W杯では大会最多タイの2発のアーチを架け、通算最多とされる111本塁打に更新した。その夢は「メジャーリーグで本塁打王」だというから頼もしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/22 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド