メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0604

ボクシング 元世界ヘビー級王者モハメド アリ氏 死去74歳  




プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリ氏が、アメリカ西部の病院で亡くなった。74歳だった。

モハメド・アリ氏は12歳でボクシングを始め、1960年、ローマオリンピックのボクシング、ライトヘビー級で金メダルを獲得した。

63af9b48e032bd48d3261c297206ad56.jpg


アメリカの黒人公民権運動活動家マルコム・Xと出会いその思想に共鳴。イスラム教に改宗。イスラム教改宗前の本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア(Cassius Marcellus Clay, Jr.)。

1964年にネーション・オブ・イスラムへの加入を機に、リングネームをカシアス・クレイからモハメド・アリに改めた。

プロに転向したアリ氏は、1964年、22歳でヘビー級の世界タイトルを獲得したが、3年後、ベトナム戦争への徴兵を拒否したことでタイトルを剥奪された。

20140227ali02.png


その後、アリ氏はプロボクシングに復帰し、1974年に世界王座を奪還して通算19回の防衛を果たし、ヘビー級ながら華麗なフットワークを見せるボクシングスタイルは、「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評さた。

通算成績は56勝5敗で、このうち37勝がKO勝ちだった。

一方、アリ氏は、アメリカのレストランで受けた人種差別に抗議して、ローマオリンピックの金メダルを川に投げ捨てたほか、黒人の人権擁護を呼びかける集会に参加するなど、人種差別の撤廃を国際社会に訴えた。

090626.jpg


引退後は、難病のパーキンソン病を患って闘病を続け、1996年のアトランタオリンピックの開会式では、聖火台に火をともしました。また、アリ氏は病をおして、アメリカ軍兵士の慰問などの社会活動を続け、2005年には、アメリカ政府から、最高の栄誉とされる「自由勲章」を贈られた。

アリ氏は3日、アメリカ西部・アリゾナ州フェニックスの病院で74歳で永遠の眠りについた。


Posted on 2016/06/04 Sat. 14:32 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0416

熊本地震、プロ野球・Jリーグなど中止 熊本出身の屈強DF植田直通も涙  

 

このたびの「平成28年熊本地震」により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災されている方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

熊本県などで起きた強い地震を受け、16日はスポーツの試合中止などが相次いだ。

プロ女子ゴルフの熊本開催予定のJLPGAツアーは既に中止が決定していたが、プロ野球は福岡市のヤフオクドームで予定されていたソフトバンク-楽天戦が、観客の安全確保などを考慮して中止に。巨人は熊本市の藤崎台県営野球場で開催する予定だった19日の中日戦を中止、20日の鹿児島での開催も中止すると発表した。

Jリーグでは、福岡市のレベルファイブスタジアムと、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで予定していたJ1の2試合が中止。J2の熊本は、京都市への移動が難しくなったため、17日のアウェー戦が中止となった。



先のリオ五輪アジア予選でも相手の攻撃をはね返してきたU-23オリンピック代表植田直通(21)も試合後のインタビューでは「特別な思いがあった試合だと思いますが」と聞かれ、目頭を押さえて泣いた。「プレーで勇気づける? 僕には、それしかできない。頑張ります」と声を絞り出した。

熊本県宇土市出身。左腕に喪章を巻き、キックオフ前に黙とうした湘南戦にフル出場し、3-0の勝利と2位キープに貢献した。

がんばれ熊本!


Posted on 2016/04/16 Sat. 21:49 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1005

ラグビー日本代表「brave blossoms」2勝目!テレビも高視聴率  




まだ桜は散らない!

戦うジャパン!ラグビー日本代表「brave blossoms」

4日に日本テレビ系で放送された「ラグビーワールドカップ(W杯)2015 イングランド大会」の日本対サモア戦の平均視聴率が、19.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが5日、分かった。

日本は、1次リーグで第3戦目となるサモアを相手に、五郎丸歩選手らの活躍で26-5と快勝。現在は2勝1敗の勝ち点8で、3位に浮上している。

「ラグビーワールドカップ」は今年で8回目を迎える。日本は8年連続出場しているが、これまで全てリーグ戦で敗退してきた。しかし、今大会では初めて2勝を挙げている。

CQhTwa8UsAARdD_.jpg 

なお、南アフリカ戦で歴史的勝利を飾った次のスコットランド戦は、9月23日夜に生放送されたが、同じく日本テレビ系で午後10時15分~深夜0時25分の平均視聴率は15・0%。瞬間20..3%をの高視聴率を記録している。

次回は、10月12日早朝3時45分から日本対米国戦が日本テレビで放送される。大会は10月31日まで行われる。


Posted on 2015/10/05 Mon. 11:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0923

【ラグビーW杯】進撃の日本代表 1次リーグ突破へ!運命のスコットランド戦、メンバー発表  



ラグビーのワールドカップ2015イングランド大会で、23日に行われる日本の第2戦、スコットランド戦の先発メンバーが発表され、大学生のウイング、福岡堅樹などが初めてメンバーに入った。

日本ラグビー協会は21日、W杯1次リーグ2戦目となるスコットランド戦に挑む日本の先発メンバーを発表した。

第1戦からメンバーは6人が入れ替わった。NO8は、途中出場した南アフリカ戦で突破力を発揮したマフィ(NTTコミュニケーションズ)。初戦で出場機会のなかったフォワードのアイブス ジャスティン選手。WTBの福岡(筑波大)はW杯初出場となる。

FWの第1列を2人替えたことについて、ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は「スコットランドはスクラム、モールが強い。元気のある選手を入れた」と説明した。

スコットランドとの次戦は、各組上位2チームの8強による決勝トーナメント進出に向け、勢いを持続するためにも重要な一戦になる。スコットランドは今季、不調だが、前回を除く全ての大会で決勝トーナメントに進出している。

19日の第1戦で過去優勝2回の南アフリカを破ったことについて、ジョーンズ・ヘッドコーチや選手は「まだ終わっていない。目標はベスト8」と繰り返した。

福岡選手は、おととし行われたスコットランドとの試合で2つのトライを挙げている。記者会見した福岡選手は、「大事な試合で大役を任されたので、絶対にやり遂げたい。相手にはいいイメージを持っているので、それをパフォーマンスにつなげたい」と力強いコメント。

日本は1次リーグ初戦で、過去2回優勝の南アフリカを破り、21日に発表された世界ランキングで11位に浮上した。キックオフは23日午後2時半(日本時間同午後10時半)。


桜のジャージ、進撃のエディー・ジャパン

先発メンバー



【先発メンバー】

PR1 稲垣啓太(パナソニック)
HO2 堀江翔太(パナソニック)
PR3 山下裕史(神戸製鋼)
LO4 トンプソン ルーク(近鉄)
LO5 ジャスティン・アイブス(キヤノン)
FL6 リーチ マイケル(東芝)
FL7 マイケル・ブロードハースト(リコー)
NO8 アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)
SH9 田中史朗(パナソニック)
SO10 立川理道(クボタ)
WTB11 福岡堅樹(筑波大)
CTB12 田村優(NEC)
CTB13 マレ・サウ(ヤマハ発動機)
WTB14 松島幸太朗(サントリー)
FB15 五郎丸歩(ヤマハ発動機)

【控え】

HO16 木津武士(神戸製鋼)
PR17 三上正貴(東芝)
RP18 畠山健介(サントリー)
LO19 真壁伸弥(サントリー)
LO20 伊藤鐘史(神戸製鋼)
FL21 ツイ ヘンドリック(サントリー)
SH22 日和佐篤(サントリー)
WTB23 カーン・ヘスケス(サニックス)


ラグビーワールドカップ(RWC)史上最大のアップセットは、それだけで偉大だが、日本代表が目指すのは決勝トーナメント進出である。23日のスコットランド代表戦にこそ、日本代表の真価が問われる。


←ランキング


Posted on 2015/09/23 Wed. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0920

歴史的勝利のラグビー日本代表は多国籍軍 「ガイジン」が多いのはなぜ?  


ラグビーの日本代表は、他のどの競技の日本代表よりも「多様性」にあふれたチーム

ラグビーW杯イングランド大会。日本代表が初戦で強豪南アフリカ相手に歴史的勝利を飾った。



激戦に挑む日本代表チーム。これは否定しているわけではないので、勘違いしないで欲しい。その上で、ラグビー日本代表に日本国籍ではない外国人選手が多いのはなぜでしょうか? 

ライターの勝田成紀氏が、ラグビーの代表における外国籍選手のあり方を語っている記事が興味深いので紹介します。



あらゆるスポーツを取材してきて、確信したことがある。
ラグビーの日本代表は、他のどの競技の日本代表よりも「多様性」にあふれたチームだ。
体格、経歴、出身国など、あらゆる個性が集っている。
ただ世間的には、その「多様性」がメンバー表のカタカナの多さばかりで語られているのが現実だ。

いわゆる「ガイジン」問題である。

2013年6月15日、エディー・ジャパンは史上初めて世界ランク5位(当時)の強豪ウェールズを23-8で下した。

しかし翌日のテレビの某情報番組で、何かと余計なことを言う某元野球選手と、ブラジル出身の某元サッカー日本代表選手が、歴史的金星をそろって「喝!」と切り捨てた。

理由は、日本代表に外人選手がいることだった。

今年のW杯イングランド大会はもちろん、2019年W杯日本大会ではさらに、この「ガイジン」問題がクローズアップされるだろう。

まず前提となっているのは、ラグビーの世界各国の代表は、五輪のような国籍主義ではなく、所属協会主義に基づいているということだ。
ざっくり言えば、

①本人や両親、祖父母が日本で出生しているか、
②引き続き3年以上日本に居住している、


のどちらかを満たせば、日本代表の資格を得ることができる。

世界最強のニュージーランド代表・オールブラックスにも、サモア、トンガ、フィジー出身の選手はゴロゴロいる。

しかしこの原則を説明したところで、違和感を覚える人は少なくないようだ。

現在エディー・ジャパンのW杯候補39人のうち、外国出身のカタカナ名の選手は12人いる。うち4人は日本国籍を持っているから、外国人ではない。

ただ、ラグビー界の外からは「ガイジン」と見られている。そんな彼らはいったいどんな選手なのか。少し紹介しておきたい。

この続きに興味ある方はこちら
http://sekaiguide.com/post/1072/






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他スポーツブログへ 

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --

Posted on 2015/09/20 Sun. 01:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

風青し、稀代のスポーツジャーナリスト山際淳司さん  





時を越えてあの時の興奮を伝えてくれる読み物がある。

「江夏の21球」というルポが好きだった。
今でもお気に入りの作品だ。

1980年、スポーツグラフィック・マガジン
『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの
才能が際立った作品だ。


後に《スローカーブを、もう一球》という、
珠玉の8篇を集めた本が出され、
日本ノンフィクション賞を受賞している。




取材対象は、1979年11月4日
日本シリーズ第7戦、
シーズンの掉尾を飾る最終戦だ。


あの日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。

だから、このルポを目にした時は、何も考えず、
その雑誌を手にしていた。

その場所にいたから。その戦いをどんな風に描くのか。
それに興味があった。

子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズのファンだった。

巨人でも阪神でもない。
近鉄と広島というマイナーチーム同士の対戦!

ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを
《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。

山際さんのルポは、対象物との確かな距離感。
入り込まず、でも、曖昧でもなく。
スポーツの読み物にありがちな「汗と涙」の根性モノではない。

サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、
それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。

そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、
都会的だった印象がある。

私にとっては、ノンフィクションというジャンルを
さらに楽しくさせてくれた作品だった。

私が感じている限り、
瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、
執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど
活字からテレビにも活躍の場を広げた。
90年代半ば頃まで、スポーツメディアの中心にいた。

売れっ子になって、忙しかったのだろう、
印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、
そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。
凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。

1995年5月29日、山際淳司さんは46歳の若さで急逝した。
ご冥福をお祈りいたします。



※以前にも紹介した記事をリライトしました。


山際淳司さんの作品

(たくさんの中のほんの一部です)

ノンフィクション
  1. スローカーブを、もう一球(1981年)
  2. たった一人のオリンピック(1981年)
  3. ナックル・ボールを風に:スポーツをめぐる14の物語(1983年) 
  4. エンドレス・サマー(1985年)
  5. ルーキー:もう一つの清原和博物語(1987年)
  6. バットマンに栄冠を(1988年)
  7. スタジアムで会おう(1992年)
  8. 彼らの夏、ぼくらの声(1994年)
  9. 風たちの伝説(1995年)

【フィクション・小説】
  1. 夏の終りにオフサイド(1985年) 
  2. 北北東の風、マイナス三度(1986年)
  3. 海へ、ボブスレー(1987年)
  4. リヴァプール・キャッツの冒険(1989年)
  5. ゴルファーは眠れない(1992年)
  6. ダブルボギークラブへようこそ(1994年)



ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2015/05/29 Fri. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0513

「スポーツ庁」10月発足 初代長官は誰に!選手のために予算を使ってくれ!  


日本は前回のロンドン五輪で史上最多38個のメダルを獲得しましたが、金メダル数は「7」で世界10位でした。そのことを踏まえて日本オリンピック委員会(JOC)は昨秋11月28日、2020年東京五輪の目標を「金メダル数で世界3位」と「全28競技で入賞」とすることに決めました。(文科省は5位以内)

目標達成に必要な金メダル数は、前回のロンドン五輪でイギリスが獲得した金メダル数が29個で世界3位でしたので、この30個前後が目安になります。銀メダルや銅メダルを合わせた総数も70から80個程度が必要だと分析しています。イギリスも8年前のアテネ大会では、今の日本と同じ状況でしたので、不可能な数字ではありません。


メダルの数より大事なものがある!


NHKの解説員によれば「ロンドン五輪の組織委員会も、あれだけのメダル数を増やしながら、オリンピックの成果としてメダル数にはほとんど触れませんでした。イの一番に胸を張ったのは、イギリス国民の健康への意識が劇的に変わったこと、そしてスポーツに親しむ人口が倍増したことを上げました。」 と解説しています。

なんでも欧米が素晴らしいとは思えませんが、ロンドン五輪組織委員会の「健康促進とスポーツの振興発展」に胸を張るという観点は大前提として必要で、単にメダルの数よりも、今こそ、高齢化に向けた健康促進のために幅広いスポーツ文化の発展が大事で、そのための「スポーツ庁」発足だと期待したいですね。


団体ではなく、選手のためにお金を使ってくれ! 
役所が1つ増えただけ、と言われないように予算配分や長官人事も重要!



政府は2月20日、既にスポーツ庁設置のための「文部科学省設置法改正案」と「東京五輪・パラリンピック特別措置法案」などを閣議決定していました。

これにより成立は決まっていましたが、「スポーツ庁」発足で、8つの府省のおよそ120人の職員を集めた組織になるという報道もありました。

「庁」設置となれば、関連予算も増加が見込まれ、15年度の文科省のスポーツ関連予算案は、前年度比34億円増の290億円ですが、今後はさらに増加が期待できるという(文科省は概算要求でおよそ540億円を計上)。

それでも欧米より少ないという数字も有ります。しかし、問題は「選手のため」に予算が使われるか?が大事なポイントで、競技団体の役員や文科省の天下り機関に成るようなら困ったものです。

指摘されてるように健康増進や地域活性化などが、省庁間にまたがり、バラバラに行われているスポーツ関連の政策を司令塔的な立場で一元化してスポーツ振興につなげられるかどうかもポイント。

一方でスポーツ界では「国の関与が強まり、自主性が脅かされる恐れもある」との声もあります。 このバランスが難しいところで、関係省庁を束ねる強いリーダーシップが求められるスポーツ庁の初代長官が誰が務めるかも大事なポイントではないでしょうか?


それを踏まえて「スポーツ庁」がやって欲しいこと

スポーツと学校を切り離す改革


「スポーツ環境そのものの改革と整備が必要」というNHK解説員の提案も傾聴に値する意見です。→http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/201189.html

それによれば、「部活動中心のスポーツは、複数のスポーツに触れるチャンスを制限し、卒業とともにスポーツの場所は無くなります。スポーツは全て地域のクラブで行い、施設は学校の体育館やグランドを開放したり、ショッピングセンターの中にスポーツ用具を配備したりして、それぞれ複数の競技の指導者を配置します。」

ヨーロッパのスポーツクラブにはそういう役割があり、その頂点にサッカーのトップチームがあったりしますね。単に企業の宣伝目的のチームではなく地域社会と密接な関係性があります。

さらに、「そうすれば卒業しても近くのクラブでスポーツを継続できます。複数の競技に触れ合うこともでき、1人1人の可能性が広がります。大人の視線も増え、いじめや体罰の監視にもなりますし、社会人のスポーツの機会も飛躍的に増えるはずです。」という。

ママさんバレーに中学生や高校生が入ってくれれば、大変な戦力でしょう。チームのスター扱いで大事にしてもらえますよ。すべての選手がプロやオリンピックを目指してるわけじゃないからね。

20年前から各地で「総合型地域スポーツクラブ」の設立が進み、全国でおよそ3500のクラブが生まれました。学校の部活動に指導者を派遣したり、部活動を補う形で子どもたちがスポーツを楽しんだりするクラブもあります。

しかし、そうしたクラブは一部にとどまり、多くがサッカーくじの助成金に頼って細々と運営を続けているのが現状です。その助成金も大幅にカットされつつあるらしい。

2020年に向けたエリート主義の強化政策が逆にスポーツの裾野を広げることにブレーキをかけるようでは、本末転倒です。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
お手数ですが、ポチっとお願いします。


Posted on 2015/05/13 Wed. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0504

走れない人のために走ろう!脊髄(せきずい)損傷の治療研究チャリティーマラソン「ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン」  



WINGS FOR LIFE WORLD RUN高島大会


脊髄(せきずい)損傷の治療研究の資金集めを目的としたチャリティーマラソン「ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン」が3日、日本で初めて、滋賀県高島市で開かれた。

このマラソンは、5月3日(日)20時に、オーストリア、アメリカ、オーストラリア、ブラジルなど世界6大陸33ヶ国35ヶ所の会場で同時にスタートするランニング・イベント。

ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン1 

ゴール地点はなく、キャッチャーカーに追い抜かされた時点でゴールになるので、走行距離はランナーによって異なるという。走った距離が世界で一番長かったランナーが優勝する。

大会参加費(日本は5千円)の全額と同額が、脊髄損傷の治療研究の支援のために送られる。

日本会場では、アンバサダーのレーシングドライバー小林可夢偉氏をはじめとする多くの著名人や、滋賀県三日月知事、高島市の福井市長も参加した。主催者の発表によれば、会場の滋賀県高島市には各地から約2千人の参加者が集まりました。


■Wings for Life World Runの特徴4つ


①世界6大陸で同時スタート!

大会は世界6大陸35カ所以上の会場で開催し、その全会場で同時刻にスタートします。そのため、早朝スタートの会場もあれば、深夜スタートの会場も。日本のスタート時間は20時です。←ナイトラン

②ゴールが追い掛けてくる!?

大会のコースは100キロ設定。距離の長さも特徴ですが、スタート30分後からキャッチャーカーと呼ばれる追跡車が走り出し、ランナー達を追い掛けはじめる事も特徴のひとつ。

参加者にはあらかじめデジタルチップが渡されており、キャッチャーカーが参加者を追い越すと車に搭載されたセンサーがチップを読み取り、参加者はその時点でレースが終了します。

そして世界中のコースで、最後に追い抜かれた参加者に世界チャンピオンの称号が与えられるというユニークな大会。

③コースは自然豊かな琵琶湖岸

会場の滋賀県高島市は、琵琶湖の北西岸に位置するため日本海にも近く、古くから京都や奈良の都を結ぶ“鯖街道”とよばれた若狭街道沿いに里が開ける山と琵琶湖に挟まれた四季の折々の変化に富む美しい景観スポットが多く存在します。

ランナーたちは、高島市の中心にある今津総合運動公園からスタートし、湖のほとりを走りながら、約500本のメタセコイアの植えられた並木道や美しい水辺の風景を楽しむことができる。

④脊髄損傷治療法の研究のために

この大会は脊髄損傷治療法の発見に取り組む研究に対して資金援助を行う非営利の財団「Wings for Life」をサポートするために行うイベントです。大会参加費全額と同額がWings for Life財団に研究助成費として寄付されます。

第1回大会を開催した2014年度は全世界で、3百万ユーロ(約4億4千万円)以上の資金が集まりました。



にほんブログ村 野球ブログへ 

Posted on 2015/05/04 Mon. 00:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0209

アジア杯であっさり敗退したサッカー日本代表の3つの問題点  


アジア杯敗退 W杯ロシア大会予選への課題


大会前は死のグループといわれながらグループステージは危なげなく通過。連覇の期待が高まる中、あまりに早すぎる敗退だった。

23日の準々決勝UAE戦、日本代表のアジアカップ連覇が消えた瞬間。これでアジア代表として、ワールドカップ本戦前のコンフェデ出場権を失った代表ですが、大事なワールド杯ロシア予選を前に現地で取材を続けてきたサッカーライターが問題点を指摘しています。(見出し:筆者、本文:サッカーライター森雅史氏)


UAE戦で明らかになった問題点は3つ。

①1つはメンバー固定の弊害

オーストラリアに入ってからの合宿で行われた練習試合では、合流直後の吉田麻也ではなく塩谷司が出場したものの、その他のメンバーは大会のスタメンと一緒。つまり1月最初から先発はずっと固定されたままだった。連係は高まったかもしれないが、一度も使われなかったメンバーは経験値を積んだとは言えない。7人もの選手が貴重な場を失ってしまった。

さらに中2日という苦しい日程で固定した先発で良かったのか。選手の疲労を考え、先発組を入れ替えるという選択肢があっても良かった。今後の采配では、もっと積極的に選手起用を行ってもいいはずだ。


②縦パスが入った後の動き

守備ライン、あるいは中盤から速くて長いパスを通すトレーニングをアギーレ監督は行っている。実際に試合でも何本ものパスが味方に通るようになった。ところが、そのボールを受けても一度後ろに戻したり、止めて考えて、それから次のパスが出ているのが現状だ。せっかくの局面を変えるパスは有効に生かされていない。

ただし、これは最初のパスが出るようになったという段階でもある。今後トレーニングを積んでいく中で、監督が整理して選手に伝えていくのだろうと思われる。


③そして最後の問題は根が深い。
戦術のすり合わせ


アギーレ監督になって、得点の形としてクロスからシュートという練習が取り入れられている。ダミー人形を使って、いかにゴール前で相手に接触しないままクロスをゴールに入れるかというパターン練習だ。左右3パターンを繰り返し練習している。

ところが試合になるとトレーニングしているクロスの場面はほとんどない。試合後、岡崎慎司が「単純なクロスを上げないというのを大会を通じて貫けたのは良かったのではないか」とコメントしたが、この日途中投入された豊田陽平に監督は「クロスが上がってくるからゴール前で待て」と指示した。

アルベルト・ザッケローニ前監督の時もハーフナー・マイクを投入してもクロスが上がってこないというチームだった。その傾向は今も変わらない。そしてそれは監督の意志に反しているのだ。選手なりに考えていることがあるのだろうが、監督との戦術のすり合わせがなければ、監督が手を打っても、投入された選手は何も活躍ができなくなってしまう。

選手にどう納得させるか。それはアギーレ監督がすぐにでも取り組まなければならない課題だ。このままでは攻撃のパターンが前監督時代とほぼ変わらなくなってしまう。ブラジル・ワールドカップと同じ場所にたどり着いてしまうのだ。

ザッケローニ前監督の時は優勝。ところが今回は準々決勝敗退と、日本は後退したように見える。だが、本田圭佑は「クオリティー、チームの完成度という点では、サッカーの戦い方において今回のほうが高かった」と分析する。

それではなぜUAEを相手に勝てなかったのか。そこをワールドカップ予選が始まる前に修正できなければ、今回ぶつかったようにアジアの壁に行く手を阻まれてしまう。

確かにクオリティーは高くなった。だが、クオリティーで勝とうとするのなら、もっと高くなければ足下をすくわれてしまうということを今回の敗退は物語っている。



記事参考:GOAL


ブログランキング・にほんブログ村へ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら
1クリック応援して下さると励みになります。

Posted on 2015/02/09 Mon. 08:55 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1217

“八百長問題” アギーレ監督 日本サッカー協会 独自に情報収集へ  






サラゴサの会長とアギーレ監督らは、
試合に勝つために相手側に金を渡した疑い。  


日本代表のハビエル・アギーレ監督が八百長問題でスペイン検察当局から正式告発された件を受けて日本サッカー協会(JFA)は西澤和剛コミュニケーション部部長が会見。「今はまだ何かを判断するタイミングではない」として、監督の弁護士などと独自に情報収集を進めていくことになりました。

スペインの検察当局によると、アギーレ監督はスペイン1部リーグ、サラゴサの監督を務めていた2011年5月に1部リーグ残留を決めた試合で、八百長に関わった疑いが持たれている。

当時のサラゴサの会長とアギーレ監督らは試合に勝つために相手側に金を渡した疑いがあるとして、検察は試合に関係した選手など41人を裁判所に告発した。

告発状では、サラゴサの会長があわせて96万5000ユーロ(日本円にしておよそ1億4000万円)を渡し、アギーレ監督には賄賂を支払うために、およそ1200万円が入金されたとしている。(NHK-NEWS)


サッカー専門サイトによれば、現在、JFAでは顧問弁護士でもある三好豊法務委員長を中心に動いているが、スペイン在住の顧問弁護士、アギーレ監督の契約弁護士の三者で連係を取りながら、独自の情報収集を進めていくことになるとしています。


今後のポイントは――

正式に告発されたことを受けて、今後のポイントになるのは、どのような順序とスケジュールで捜査が進むのかが重要になってくるという。日本代表の活動へ及ぼす影響が一番懸念されるからだろう。

西澤部長も「今回の告発で、今後のスケジュールがようやく出てきたとも言えます。アギーレ監督の弁護士が今後の見通しやスケジュールに関して詳しい情報を持っているので、そこについてより深く確認する」としていて、「我々としては事実を探るよりも、順序やスケジュールに関して、より深い情報を集めていくことになります」としている。

現時点では告発されただけの “グレー” な状況だが、年明けにアジアカップが迫っており、来夏にはワールドカップ予選がスタートする。

JFAが弁護士間の連係を経ていかなる見通しを得るのか、そしてスペイン検察当局によるアギーレ監督の事情聴取は日本代表の活動にも影響を及ぼすのか。正式な告発をきっかけに事態は動き出した。


○記事参考
Soccer King
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141216/259576.html

NHK NEWSweb
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141216/k10014029801000.html



お手数ですが、ポチっとお願いします。

Posted on 2014/12/17 Wed. 05:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド