メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0428

岩隈vs.バーランダーは共に自責点ゼロの投手戦  




共にノーヒット・ノーランを経験しているア・リーグを代表する好投手対決は、予想どおりの投手戦が展開された。

岩隈はいつものように4月の成績は悪い。特に今年は毎試合で被本塁打を記録するという悪い流れだったが、この試合は被弾することなく5回2/3を3安打、2四死球、3奪三振で1失点(自責0)と力投した。

ただ、本来のスタイルからすれば2四死球は多すぎる。9イニングスあたりの与四球率(BB/9)が、ここまで3.81。岩隈のMLBキャリア平均は1.88だから、平均値をはるかに上回っている。

四球が多くて、被本塁打が多いから当然4点台の防御率に落ちてしまうという分かりやすい状態だ。でも、こんなもんだろう。徐々にアジャストしていくのが岩隈本来のスタイル。

例年、4月は悪い。4月のメジャー通算成績は、20試合に登板し(18試合で先発)、2勝7敗、防御率4.24。4年連続で4月は0勝だ。昨年も初勝利が5月3日だった。

それもすべてベンチは織り込み済みだろう。この日も84球。4月は5試合で、いずれも球数90球以下で交代。ベンチも勝負どころの8月、9月に疲れさせないよう配慮しているのが分かる。

この試合は、バーランダーも7回を5安打、8奪三振、1失点(自責0)と力投した。昨年、サイ・ヤング賞投票で惜しくも2位だった実力を徐々に発揮してきた。

こんな感じで試合の中で、肩を作っていくのがメジャーのエリートスターター達のスタイル。だから、最初の月で多少数字が悪くても、1勝も出来なくても大騒ぎしないのがメジャー流と言える。

マリナーズは9回に勝ち越して2連勝。ヘルナンデスが肩の炎症で復帰まで3週間ほどかかるので、左のパクストン、右の岩隈が投げる試合は確実に勝利したいところだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/04/28 Fri. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0410

マリナーズ岩隈久志、6回を被安打2、1失点の好投  




岩隈久志は、今季初登板となった前回のアストロズ戦に続き、今回も好投した。

現地9日、敵地でのエンゼルス戦で今季2度目の先発。エンゼルス打線を6回わずか2安打1失点、2奪三振、3四球だった。

89球を投げて54ストライク。ゴロアウト5、フライアウト5という内容で防御率を2.25とした。

試合はロビンソン・カノの3ランなど打線の大量援護もあり、6回を投げ終え7点リードで降板。その後、リリーフ陣が打ち込まれサヨナラ負けで勝ち星は付かなかった。

岩隈のMLB64勝目、NPBと合わせて171勝目はならなかった。



マリナーズ開幕からの先発ローテーションは下記のとおりだが、開幕から1勝6敗。先発陣は、ここまで誰にも勝ちが付いていない。

1.ヘルナンデス
2.岩隈久志
3.パクストン
4.ミランダ
5.ガヤルド

なお、以前にもお伝えしたが、オフにタンパベイ・レイズとのトレードで獲得した先発左腕のドリュー・スマイリーは肘の故障で早くもDL入り。復帰は6月下旬という事なので、実質前半戦は無理な状況。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/04/10 Mon. 08:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

1120

岩隈久志が「第2回キット、ずっと杯」で始球式、12月には熊本で野球教室  

 

 マリナーズの岩隈久志投手(35)が19日、西武プリンスドームで行われた草野球大会「第2回キット、ずっと杯」決勝大会で始球式を行った。

 これは、自身がジェネラルマネージャー(GM)を務める岩手の地域球団「三陸鉄道キットDreams」の試合前に行ったもので、対戦相手の熊本代表チームを応援する「くまモン」と対決し、ワンバウンド投球ながら空振りを奪った。

岩隈久志


 岩隈は試合前「少しでも元気、笑顔になってもらいたい。そこで勇気をもらっている」とあいさつした。

今月11日には、8月の台風10号により大きな被害を受けた岩手・岩泉町を訪問。 「三陸鉄道キットDreams」のGMを務めている縁で、慰問を決断したという岩隈。岩泉ヨーグルトで有名な「岩泉乳業」を訪れ、従業員らを励ました。

 さらに、12月4日には熊本県民総合運動公園で小学校5、6年生を対象に野球教室を開催することも発表した。既に自身が発案した熊本の少年野球大会が開催されており、準決勝、決勝が行われるタイミングに合わせて小学5、6年生を対象に指導する。

 東日本大震災が起こった2011年、岩隈は仙台を本拠地とする楽天に所属し「1勝につき10万円」の寄付を行った。

 このブログでも何度か紹介したが、マリナーズ移籍後の12年3月には宮城県石巻市で野球教室を開催。そして14年に被災地チームとして発足した「三陸鉄道キットDreams」のGMに就任した。

 メジャーで自己最多の16勝を挙げるなど、充実したメジャーでの5シーズン目を終えた岩隈だが、多くのメジャーリーガーたちがしているように社会慈善活動にも積極的で、「野球選手だけでなく社会人として力になれたらいい」と話した。


◆記事参考
https://ja-jp.facebook.com/hisashiiwakumaofficial/
http://mainichi.jp/articles/20161120/spn/00m/050/015000c



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2016/11/20 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1022

岩隈久志がマリナーズとの契約選択権を行使  




スコット・サービス監督らコーチ陣スタッフ全員が来季も続投すると発表したシアトル・マリナーズ。

エースのフェリックス・ヘルナンデスが長期離脱する中で、先発ローテーションの中核としてチームに貢献した岩隈久志が21日、自身のブログで2017年の契約選択権を行使したことを明かしている。


「皆さんお久しぶりです。
シーズンが終了し、ゆっくりオフを過ごしていたら、あっという間にこんな時期になってしまいました。

2016年はメジャーでシーズン自己最多勝利を挙げる事ができました。
あと一歩のところでプレイオフを逃しましたが、最後の悔しさで改めて来年絶対にワールドチャンピオンになると決意したので、充実したオフを過ごしつつ、体のケアもしっかりやっていきたいと思います!

来年もマリナーズの一員として戦える事が嬉しいです(*^^*)
頑張ります!」(一部抜粋)



 メジャーキャリア5年目の今季は、33試合に先発して自己最多の16勝12敗、防御率4.12、WHIP1.33だった。メジャー通算では63勝37敗、防御率3.39。日米通算170勝106敗。

岩隈久志 

 対戦相手が岩隈対策として低めのスプリットを警戒する中、アウトの中に占めるゴロアウト/アウトの比率は0.88と昨年の1.46に比べフライアウトが多くなり、1試合の四球数もBB/9も1.46から2.08、FIPも3.74から4.27と悪化した。

 それでもチームトップの33試合登板はリーグ4位タイ、199回(同11位)を投げ16勝(6位タイ)とリーグを代表する実績を残し、チームが必要とした先発ローテーションの維持を岩隈が担った。

 マリナーズは、このオフに若手の先発右腕T.ウォーカーら投手3人が手術を受けた。来季の先発ローテーションは、

フェリックス・ヘルナンデス(2019年まで)、
岩隈久志(2017年契約更新)、
ジェームズ・パクストン
タイファン・ウォーカー
アリエル・ミランダ(いずれも最低4年はチームがコントロール)

この5人に加えて、今季開幕時には先発ローテに入っていたネイサン・カーンズが一角を争うことになる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   



Posted on 2016/10/22 Sat. 20:26 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0911

安定感の岩隈が15勝目、チームを3連勝に導く力投  



 シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が現地9日、敵地で行われたオークランド・アスレチックス戦に今季29試合目の先発登板。7回途中、2失点のクオリティスタートで、メジャーキャリア最多に並ぶ15勝目(11敗)を飾った。

 シーズン15勝は2014年と並ぶ自己最多タイ。日本人投手で15勝以上を複数回記録したのは、野茂英雄(ドジャース)の3回、松坂大輔(レッドソックス)の2回に次ぐ3人目。メジャー通算62勝36敗。日米通算169勝105敗。

 ストライク先行でゴロアウト8、フライアウト2という岩隈のスタイルが戻った。序盤は走者を背負ったが、4回まで二塁を踏ませず。速球とスプリットのコンビネーションでアスレチックス打線を攻めた。5回に1失点、7回にも1点を失ったが、青木宣親の今季2号ソロなどで打線が援護。

 6回2/3を投げて102球(ストライク70)、7安打、5奪三振、1四球、2失点(自責2)で白星を手に入れた。

CsAWH1QXYAA695Q.jpg

 地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版によれば、岩隈は「先発投手は5日に1度しか投げられないけど、自分が先発する日は、持てるものすべてを出し切りたい。今日は全力を出し尽くしたと思う」とコメントしている。

 防御率3.96、WHIP1.29はこれまでの平均より悪く、BB/9もこれまでの1.79を上回る1.95とスタッツ的には気になるところだが、ローテーション1番手のフェリック・ヘルナンデスなどが故障離脱した今季。その先発陣を岩隈が支えたのは事実。彼の安定感は絶賛してあげてもいいだろう。

2013年以来のシーズン200イニングも見えてきた。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/09/11 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0724

岩隈11勝目、青木3安打、ローテを支える男に19安打14得点のランサポート  




マリナーズの岩隈久志は23日、トロントでのブルージェイズ戦に先発し、7回98球を投げて4安打2失点のハイクオリティスタートで11勝目(6敗)を飾った。

青木宣親は「1番レフト」で先発出場し、6打数3安打2打点と活躍。マリナーズは14対5で快勝した。

ブルージェイズはア・リーグ2位、マリナーズは同6位の得点力、本塁打はともに2位という攻撃力が自慢のチーム同士のカードは、19安打をマークしたマリナーズが6回までの大量得点で勝負を決めた。



岩隈は立ち上がりから制球に苦しんだ。初回1死からドナルドソンに四球を与え、2回も1死から7番ピラーに四球、続くトラビスの中前打で一、三塁とされ、トーリの左犠飛で先制を許す。2回までに42球を要し、うちストライクは半分以下の20球だけ。

それでも3回に1死満塁からクルーズが中越え24号を放ち逆転すると、その裏のブルージェイズの攻撃を3者凡退に抑えるシャットダウンイニングを演出。

いわく~1 

さらに2点の追加点をもらった4回も3人で抑え攻守のモメンタムを引き寄せた。

5回は先頭のトラビスに中前打を許し、2死後にドナルドソンに四球を与えたものの、エンカーナシオンを3球三振に仕留めて無失点で切り抜けた。

6回は、さらに5点の援護をもらった6回の裏には、先頭のソーンダースにソロ本塁打を打たれたが、あとは3人で抑え強力打線を岩隈が支配した。


青木も3安打猛打賞

青木は、第1打席は左飛、3回の第2打席は一ゴロに倒れたが、4回無死満塁で迎えた第3打席で遊撃へタイムリー内野安打を放ち、メジャー復帰後3試合連続安打。

6回の第4打席でも無死一、三塁から右前タイムリーを放ち、2戦連続のマルチ安打を記録。さらに9回にも右前打を放ち、今季初の3安打。昨年春にSFジャイアンツで見せた固め打ちが戻ってきた。

マリナーズは4番クルーズが24号グランドスラムと25号3ランの7打点を記録している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/07/24 Sun. 07:15 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0718

岩隈の存在感が際立った10勝目、ライバル相手に貴重な7回零封  



後半戦がスタートしたメジャーリーグ。地区3位のマリナーズにとって同地区のライバル相手にGAME1を落としていただけに価値ある勝利だった。

岩隈久志が7回を90球(ストライク66球)、被安打2、失点0、奪三振8と好投し、10勝目(6敗)を飾った。19試合目で今季初の無失点だった。

エースのフェリックス・ヘルナンデスと若手のタイワン・ウォーカーの離脱で窮地に立たされていることを認識していた岩隈が、負けられない一戦でベテランの存在感を示すマウンドだったといえる。



MLB公式サイトの記事でも岩隈とアストロズ打線は、最近5度の対戦で0勝4敗、防御率7.50と攻略されていた過去を紹介。

それに対し岩隈は「お返しする番でした。過去何度かうまく攻められていた。それを踏まえてゲームプランを変える必要がありました。スクレはいい仕事をしてくれました。彼は自分の頭の中にはなかった球種も引き出してくれ、それが効果的でした。スクレに賛辞を送りたいですし、良いディフェンスと大きな一打を放ってくれたチーム全体に感謝したいです」と、いかにも彼らしい感謝のコメント。昨年も相性の良かった女房役に賛辞を送った。

スコット・サービス監督も「彼は押し引きができていたし、全ての球種を自在に操っていた。高めへの直球というのは、アナリスト達が私と投手コーチに先週進言してくれたんだ。彼がそれを実行すれば、スプリットはより効果的になるし、打者に投球を追わせることができる。彼はストライクゾーンで打者を欺くことができるからね」と投球内容を絶賛している。

一時期は首位を走っていたチームは、貯金を使い果たした。首位レンジャーズとは7.5ゲーム差。ワイルドカード争いでは4ゲーム差につけている。


《岩隈久志》
  • 2012年 30試合 09勝5敗 125.1回 防3.16 101奪三振
  • 2013年 33試合 14勝6敗 219.2回 防2.66 185奪三振
  • 2014年 28試合 15勝9敗 179.0回 防3.52 154奪三振
  • 2015年 20試合 09勝5敗 129.2回 防3.54 111奪三振
  • 2016年 19試合 10勝6敗 121.1回 防4.01 091奪三振
通算成績 130試合 57勝31敗 勝率.648 防3.34


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/07/18 Mon. 00:18 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0606

岩隈悲運、8回途中3失点(自責点1)で5敗目 マリナーズ3連敗  

 

前回登板あたりから、制球や変化球にも全盛期のキレが戻り、復調の兆しが見えた岩隈久志が好投を見せた。

マリナーズの岩隈久志投手が、7回を89球(ストライク61球)、被安打4、失点3(自責1)、1四球、7奪三振と好投したものの、今季5敗目(4勝)を喫した。




岩隈は、初回、先頭打者にセンター前ヒットを許すも、その後は12人連続アウトと見事なピッチングを披露。7イニング中、5イニングが三者凡退。

5回の失点も味方のまずい守備(2失策)などが重なったものだった。ゲームスコア67が岩隈の好投を示している。


CkNkyNpVEAA0yin.jpg


マリナーズは、レンジャーズの左腕ホランドから7回を散発3安打、ブルペン陣にも完璧に抑え込まれ2対3で敗戦。青木宣親外野手は、1番センターで先発出場し、4打数ノーヒットに終わった。打率.243。

この試合の前まで、チーム本塁打リーグ1位、得点2位で10点のビハインドを逆転したこともあるマリナーズだったが、首位決戦でレンジャーズに同一カード3連敗。ゲーム差を「3」に広げられた。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2016/06/06 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0601

岩隈、大量援護で4勝目も3発被弾で4失点、青木はマルチ  



岩隈、青木とも調子は上向き

マリナーズは現地31日(日本時間6月1日)、パドレスとのインターリーグ(交流戦)に大勝。先発の岩隈久志は7回4失点で4勝目(4敗)。「1番センター」で先発出場した青木宣親は、2安打のマルチヒット、1四球で計3出塁とチームの2連勝に貢献している。


岩隈は、4シームが91マイルを計測。スプリット、スライダー、シンカーなどのキレも良く、先制してもらった直後の2回も相手の中軸を簡単に三人で退けるシャットダウンイニングを演じる。

打線は、その裏に爆発。5番シーガーの10号3ランなどで一気に6得点を追加、3回以降も2番スミスの2打席連続アーチなどで、5回までに毎回の16得点を記録し序盤で勝負を決めた。

5本塁打、16得点というのは、ホームのセーフィコフィールドでの最多得点タイ記録だった。



岩隈は、4回までノーヒット。5回に初安打を許したが、後続に連打を許さず完投ペースだった。

しかし16-0の6回、無死一塁から9番ジャンコウスキーに2ランを浴びると、2死からケンプにもソロ弾を浴び3失点目。続く7回にも先頭の5番サンチェスに甘くなった2シームを右翼席へ運ばれ、計3被弾で4点を失った。

7回90球、ストライク64球で被安打5、無四球は調子の上がってきた証拠だが、3本塁打で防御率は4.41。大量点で後半は気が緩んだのか、7回の3本目は余計な1本だった。

青木は2回、2死一塁から大量点に繋がるラインドライブのライト前ヒットをマーク。続く3回も二死一塁から鮮やかなライト右に打ち返し10度目のマルチヒットをマーク、続くスミスの5号3ランに繋げた。この日は5打数2安打、1四球2得点の働きで打率は.249。出塁率を.330とした。

パドレスは、エースのシールズが左打者を並べた好調マリナーズ打線に捕まった。3回途中、79球、自身ワーストタイの10失点(自責点10)で降板、7敗目(2勝)を喫した。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/06/01 Wed. 09:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

岩隈、田中、ダル、前田、今週は日本人スターター全員が勝利投手に  




今週は、日本人スターター(先発投手)全員に白星が付いた。

5月26日、岩隈久志マリナーズ)3勝4敗/ERA4.33/WHIP1.38
5月28日、田中将大ヤンキース)3勝0敗/ERA2.89/WHIP0.96
5月29日、ダルビッシュ有(レンジャーズ)1勝/ERA1.80/WHIP0.80
5月29日、前田健太ドジャース)4勝3敗/ERA3.00/WHIP1.05
(日本時間)


岩隈久志はアスレチックス相手に7回を3失点で連勝で3勝目を挙げたが、意外にも今季初の無四球だった。

例年より四球が多いのが気になる。10試合で四球17。既に昨年の21に近づいている。BB/9の2.45は過去最悪。219回を投げた13年の1.72、15勝の14年の1.46と比べても高い数値だ。10試合でQS5試合も過去の岩隈からすれば物足りない。

田中将大は、敵地でレイズ戦で7回を散発の2安打に抑える気迫のマウンドだった。投球プレートの立ち位置を1塁側に移したマイナーチェンジで結果を出した。

CjgwinCVEAA9kh3.jpg 


チームトップの防御率、ア・リーグ2位のWHIP 0.96。大型契約のためサラリーに見合う成績ではないかもしれないが、昨年秋、肘にメスを入れたことを考えると十分な内容だろう。中4日のローテーションで結果を出したい。

ダルビッシュの復活劇は他でも紹介したので省略するが、リハビリ中の精力的な肉体改造が功を奏し98マイルの4シームが蘇った。今から言うのは気が早いが、トミージョン手術は、馴染むまで2年はかかると言われているので、今季はリハビリイヤーと捉えて欲しい。

一番心配なのが、前田健太。というのも1回にピッチャーライナーが右腕に直撃するといアクシデントがあったからだ。それでも5回を被安打2、無失点は見事な気迫だった。大事をとって75球で降板させたが、6試合ぶりに勝ち投手になったので気分はいいだろう。

しかし、盛んに右手を振る仕草をしていたことから見ても、明日以降、ひょっとしたら短期間のDLになるという懸念はある。

そうなればインセンティブが多い前田の契約だけにかわいそうな気がする。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/05/29 Sun. 20:50 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド