メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0721

残りの10日間で「買い手」か「売り手」か分岐点に立つ6チーム  




残り10日間、ノン・ウエーバーでのトレード期限が迫るメジャーリーグでESPNのシニアライターであるバスター・オルニー氏が、「買い手」になるか、「売り手」に回るか、その分岐点に立つ6チームをピックアップしている。

それを参考に、下記の6チームの可能性を探ってみた。

ホズマー


①カンザスシティ・ロイヤルズ

2015年にワールドチャンピオンになったチームは、エリック・ホズマー、マイク・ムスターカス、ロレンゾ・ケインがフリーエージェントになるこの秋に、彼ら全員を引き留めることはできないだろう。スモールマーケットゆえに予算に制限があるからだ。

ロイヤルズのフロントは、完全な崩壊を防ぐためにコストパフォーマンスの良い先発投手や中継ぎ投手とのトレードを検討している。


②ピッチバーグ・パイレーツ

ブルワーズが地区首位だが、カブス、パイレーツ、カージナルスの4チームが4.5ゲーム差にひしめき合う状況。

Fangraphsによると、ピッツバーグのポストシーズン進出のチャンスは12.5%。「売り手」に回った場合はゲリット・コール投手やアンドリュー・マカッチェン外野手、デビッド・フリース三塁手など魅力的な選手が多い。


③ロサンゼルス・エンぜルス

アストロズが独走し、可能性はワイルドカードのみ。過去15試合のうち10試合で負けている。「売り手」になった場合は、デビッド・ヘルナンデス、バド・ノリスのような優秀なリリーバーがいる。


④シアトル・マリナーズ

エンゼルス同様、ワイルドカード争いだけが残っている。ジェリー・ティポトは、この2年間でもっともトレードを成立させたGM。最近もマイアミからデビット・フェルプスをマイナー選手4人と引き換えに獲得。ワイルドカードで1.5差につけ、諦める様子はないが、ここ10日間が正念場になるかも知れない。

主軸の高齢化に加え、ネルソン・クルーズが2018年まで、フェリックス・ヘルナンデスが2019年までと時間はあまり多く残されていない。


⑤セントルイス・カージナルス

カージナルスは、Dバックスがタイガースから獲得したJ.D.マルティネスのようなレンタルタイプのプレイヤーには興味がないようだ。あるとすれば複数年チームに貢献してくれる選手を探すことになる。


⑥テキサス・レンジャーズ

ここも地区優勝の目はなく、4連敗中のチームは、ワイルドカードで3.5ゲーム差という厳しい状況に陥っている。

「売り手」になった場合、オールスター選出のダルビッシュ有は最も魅力的な選手。カブスが、ダルビッシュを調査中との情報も流れている。

右腕は今季終了後にFAとなるため、プレイオフを含め約3か月のみのレンタル移籍になる。どれだけのチームがそれを考えて貴重なプロスペクトを差し出すのか、10球団に対してのトレード拒否権もあり、チームに大きなインパクトを与える選手だけに、その去就が注目される。

ジョナサン・ルクロイ捕手のトレード説も一時期は流れた。

ルクロイ


左のエース格コール・ハメルズが4月後半から2カ月間故障で離脱して6月後半に復帰。左右の実力者が本領を発揮すればポストシーズンへの希望が残ると考えたいが、チームに勢いがない。


◇参考記事はコチラ


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/07/21 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0720

ホワイトソックスの若手有望株ヨアン・モンカダが昇格、前田健太と対戦  



ホワイトソックスの若手有望株ヨアン・モンカダ内野手が、いよいよ同チームでデビューする。相手は前田健太が先発する現在10連勝中のドジャース。

キューバ出身のモンカダは、2015年3月に3150万ドル(当時のレートで約38億円)の破格の契約金でレッドソックスと契約。16年12月、クリス・セールとのトレードでマイナー選手3名とともにホワイトソックスに移籍した。

その詳細はコチラ

MLB.com、BA(ベースボールアメリカ)、BP(ベースボール・プロスペクト)のプロスペクト・ランキングで1位の評価を得た選手。



22歳のモンカダは昨年レッドソックスでメジャーデビュー。といってもサードと指名打者で8試合のみ。19打数4安打の打率.211、1打点。

今季は、傘下3Aシャーロットで打率.282、出塁率.377、長打率.447、OPS.823。本塁打12、打点36、盗塁17。オールスター・フューチャーズゲームにも出場している。

モンカダ


モンカダに関するレポートでは、5ツールプレイヤーとの評価もあるが、スイッチヒッターで、80試合で102三振と、まだまだ粗削りという評価もある。守備はすべてセカンドで出場している。

ホワイトソックスは、16年オフにクリス・セール投手、先日のホセ・キンタナ投手に続き、ヤンキースにトッド・フレイジャー三塁手など主力3選手を放出するファイヤーセールで、来季以降を睨んだ若手中心の再建モードに入った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/07/20 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0720

【MLB移籍情報】ヤンキースがWソックスと大型トレードでフレイジャー三塁手ら獲得  

 

ヤンキースとホワイトソックスの間でトレード期限前の大型トレードが成立した。

ヤンキースは、ホワイトソックスの三塁手であるトッド・フレイジャー、同じく今季のクローザーであるデビッド・ロバートソン、そしてリリーフ投手のトミー・ケインリーを獲得。




交換要員はトップ・プロスペクトを含む4人。2016年のドラフト1巡目全体18番目で指名のブレイク・ラザフォード外野手とヤンキース内プロスペクトランキングで19位にランクされている2013年ドラフト1巡目33番目指名のイアン・クラーキンら若手3人。

これらプロスペクトだけでなく、中継ぎのタイラー・クリッパード投手もそこに含まれている。

ヤンキースはこの補強によりチェイス・ヘッドリー三塁手とフレイジャー三塁手のどちらかを一塁にコンバートすることになる。

フレイジャーは、パブロ・サンドバル三塁手が不良債権化したレッドソックスも狙っていた。

ホワイトソックスは、オフにクリス・セール投手、先日のホセ・キンタナ投手に続き、またもや主力3選手を放出するファイヤーセールで、一気に再建モードに入った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/07/20 Thu. 04:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0719

ヤンキースがトレードを画策中 メッツのL.ドゥーダ、A’sのY.アロンソの名前が浮上  

 

7月末のウェイバー公示なしでトレードを成立させることができる期限、いわゆるトレード・デッドラインを前にポストシーズンを狙うチームと可能性の無くなったチームとの水面下での交渉が続いている。

そんな中、カブスは早々とこの夏のトレード市場の注目選手、ホセ・キンタナ投手をホワイトソックスから獲得。もう一人の注目投手、アスレチックスのソニー・グレイの争奪戦をアストロズ、ヤンキース、カブスあたりが繰り広げていると複数のメディアが報じている。

ヤンキース ロゴ


MLB.comのマーク・フェインサンド氏の報告によればヤンキースは、先発ローテのマイケル・ピネダを失ったいま、ソニー・グレイのトレード交渉に入っている可能性が高いとしている。

ヤンキースが補強を必要としているのは先発投手と一塁手。

FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏は、一塁手のヨンダー・アロンソもヤンキースにフィットしていると報告しているが、同時にトップクラスの選手を2人も獲得するとなれば、かなりの代償が必要だろう。成立する可能性は低い。



ヤンキースの一塁手は現在、若手のギャレット・クーパーと崔志萬よいった実績のない選手達が穴埋めをしている状況だが、マーク・フェインサンド氏によればヤンキースは珍しくメッツとも交渉中で、一塁と外野の両翼も守れるルーカス・ドゥーダを獲得したい意向。

さらに、ほころびが見え始めたブルペン陣の補強としてメッツのクローザー、アディソン・リード投手の獲得も狙っているとの報告がある。

アスレチックスから先発のソニー・グレイ、メッツからルーカス・ドゥーダ一塁手とアディソン・リード投手を獲得するとなれば、どれだけ多くの見返りが必要か、今後の進展に注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/07/19 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0712

オールスターブレイク後に戻ってくる主力選手リスト  

 

オールスターブレイク後に故障者リストから復帰し、チームにインパクトを与えそうな選手をリストアップしてみた。

blog_import_54ca745572dda.jpg

■マディソン・・バムガーナー投手(SF)

球界を代表する左腕の一人。4年連続開幕投手。前半は0勝3敗、防御率3.00。 4月20日、遠征先のコロラド州デンバーでダートバイクに乗っていた際に事故を起こし左肩を負傷。肋骨打撲と左肩関節捻挫により自身初のDL入りとなった。

■クリス・デービス一塁手(OAK)

打率.244、24本塁打、60打点。本塁打と打点はチームトップ。7月14日頃、復帰予定。

■エドゥアルド・ロドリゲス投手(BOS)

4勝2敗、防御率3.54、前半は11試合の登板で61イニングで65奪三振。3年目24歳の若手左腕。

■アントニオ・センザテーラ投手(COL)

メジャー開幕ロースター入りし、4月6日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャー初先発。4月は5試合に先発登板し3勝1敗、防御率2.81を記録、ナショナルリーグのルーキー・オブ・ザ・マンスに選出された。7月18日以降、復帰予定。9勝3敗、防御率4.63。

■エドゥアルド・ヌニェス内野手(SF)

外野も守れるユーティリティ選手。打率.299、本塁打4、打点25、盗塁17。7月14日以降に復帰。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/07/12 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0710

ロッキーズの新人左腕、クアーズ・フィールドで野茂氏以来の快挙逃す  




ロッキーズの新人投手カイル・フリーランドが、現地9日のホワイトソックス戦で、9回あと2人というところでノーヒッターを逃した。

フリーランドはこの試合3回まで走者を出さず、4回に死球、6回と7回に3四球を与えたが併殺などで無得点に抑えた。しかし、9回1死後、ホワイトソックスの2番メルキー・カブレーラにレフト前安打を打たれ、無安打無得点記録を逃した。

快投を演じた左腕は、4月にメジャーデビューした24歳。今季18試合目の登板でクオリティースタートが11試合の9勝7敗、開幕から6月頃までロッキーズ首位発進をけん引してきた。



この試合では、126球(ストライク80)を投げて相手打線を1安打、4四球に抑えたほか、自己最多となる9個の三振をすべて空振りで奪った。防御率3.77、WHIP1.40、奪三振65。

これまでロッキーズの投手では、2010年4月17日にウバルド・ヒメネスがブレーブスの本拠地で無安打無得点試合を達成しているが、本拠地のクアーズ・フィールドでノーヒットノーランを達成したのは、1996年9月17日にドジャースの野茂英雄氏のみとなっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/07/10 Mon. 17:32 [edit]

CM: --
TB: --
   

0704

MLB2017 今季ここまでの最強守護神は!? クローザーのパワーランキング  




全日程の約半分を消化したメジャーリーグ。「Roster Resource.com」を基に現地7月2日時点でのクローザーのパワーランキングをまとめてみた。

1.クレイグ・キンブレル(レッドソックス)
2.ケンリー・ジャンセン(ドジャース)
3.グレッグ・ホランド(ロッキーズ)
4.コーリー・ネーベル(ブルワーズ)
5.アンドリュー・ミラー(インディアンス)
6.ロベルト・オスーナ(ブルージェイズ)
7.ウェイド・デービス(カブス)
8.クリス・デベンスキー(アストロズ)
9.ケン・ジャイルズ(アストロズ)
10.フェリペ・リベロ(パイレーツ)


1位キンブレル(23S/防御率1.01)、2位ジャンセン(18S/0.79)は今さら紹介するまでもないが、セーブ数こそ少ないもののジャンセンは18回のセーブ機会で失敗0という安定感。

3位は、ここでも何度か紹介したトミージョン手術から復活のホランド。2014年にはクローザーとしてロイヤルズのワールドシリーズ進出をけん引した選手だ。ロッキーズの春先の躍進を支え、この時点で26セーブはMLBトップ。

4位のネーベル(ブルワーズ)は2013年のドラフト1巡(全体39位)でタイガースから指名され、15年1月にブルワーズへトレード。3年連続奪三振率10.0以上で昨年は16ホールドをマーク。

今季途中からクローザーに転向。13セーブ、防御率1.13。平均97マイルの本格派の右腕。奪三振率15.43とハイレベルで、WHIP1.08と制球も良くなっている。

若いといえばブルージェイズのオスーナは22歳。過去2年で56セーブ、今季19セーブ。春のWBCメキシコ代表。最速99.4マイルの快速右腕だ。


同サイトでは一覧表で、クローザー、セットアッパーのパワーランキングを紹介しているが、ナ・リーグ東部地区首位のナショナルズからは、この部門で30位以内にも入っていない。

昨季は、ジョナサン・パペルボンが務めていたが、成績不振からシーズン途中にマーク・マランソンを補強。後半戦だけで17セーブをマークした。

しかし、オフにFAでチームを離れジャイアンツと4年総額6,200万ドルで契約。このため空席になっていたクローザーを経験のないブレイク・トレイネンに任せたがこれが裏目に出た。

ナショナルズは、マーク・マランソンとのトレードでパイレーツへリリースしたフェリペ・リベロが今季41試合、3セーブ、防御率0.82でランキング10位と移籍したチームで活躍している。マランソンは、22試合、防御率4.35、11セーブと不振で10日間の故障者リストに入っている。



ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/07/04 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0626

史上初、アスレチックスのルーキー3人が同一試合でメジャー初ホームランを記録  



アメリカンリーグ西部地区で最下位のアスレチックスで、3人のルーキー選手が同一試合でメジャー第1号を放つという珍記録を作った。

現地24日、シカゴでのホワイトソックス戦に出場したアスレチックスのマット・オルソン右翼手、ジェイコブ・ブラグマン中堅手、そして二塁手フランクリン・バレートがメジャー第1号を記録。これは、MLB史上初の出来事になった。




マット・オルソン右翼手は2番で出場、1回にメジャー134勝のジェームス・シールズ投手から右中間へ先制の2ランをマークした。

8番ジェイコブ・ブラグマン中堅手は2回、同じくシールズから左中間へソロホームランを叩き込んだ。

そして3回、7番フランクリン・バレート二塁手は、シールズの6球目、2-2からの81.9マイルのチェンジアップを捉えて2ランホームランをマークした。

アスレチックス


試合は、この3人のルーキーの活躍でアスレチックスが10対2で勝利している。

また、アスレチックスは右腕のダニエル・ゴセットが、6回を5安打、2失点(自責点0)、5奪三振でメジャー3試合目の登板で初勝利を飾っている。

地区トップのアストロズとは17.5ゲーム差。来季以降をにらんで再建モードのチームが、若手を積極に起用している状況だからこそできた珍記録といえるかも知れない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/06/26 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0626

ダルと田中の投げ合い「最近でも最高の投手戦の1つ」米メディア  



ヤンキース田中将大投手とレンジャーズのダルビッシュ有投手の両エースがメジャーで初対決した金曜日(23日)の試合は、各メディアが称賛している。

全米中継された注目の一戦。互いに1歩も譲らず、田中は8回3安打9奪三振、ダルビッシュは7回2安打10奪三振で、ともに無失点に抑えた。

メジャーリーグでも球史に残る投手戦を全米のMLBファンの前で日本人投手が演じた。

japan.jpg


当然のことながら、全米でも大きな話題になった。米ヤフースポーツは「今季だけでなく、ここ最近のシーズンを含めても最高の投手戦の1つ」と表現。地元メディアは特に田中の復調にスポットをあてた。

ヤンキースの球団公式サイトは「田中が素晴らしい投球を披露し再び軌道に乗った」とたたえた。

ニューヨーク・ポスト電子版は「ダルビッシュの存在のおかげで、田中は内に秘めていたエースらしさを再発見した」と、投げ合いが好影響を与えたと伝えた。


◇記事はコチラを参考



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/26 Mon. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0624

ダルビッシュ有と田中将大の歴史に残る2017年6月23日の熱投伝説  




全米のスポーツメディアが、ヘッドラインで伝える歴史に残る名勝負だった。

ニューヨークのヤンキースタジアムを舞台にMLBでは初の日本人エース対決は、全米中継された注目の一戦だったが、ヤンキース田中将大が8回を100球、被安打3、無失点、9奪三振。

一方のレンジャーズのエース、ダルビッシュ有が7回を88球、被安打2、無失点、10奪三振という圧巻の投手戦を演じた。

DDDrX6QUMAEcf-T.jpg


メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」は、「ユウとタナカの投げ合いのあと、トレイエスがヤンキースに勝利をもたらした」というタイトルで報じた。

ニューヨークタイムズ紙は、「日本でダルビッシュと田中が投げ合った時のような太鼓の応援はなかったが、ホームの観客は田中を大声で応援してサポートした。八回が終わってダグアウトに入るときにはスタンディングオベーションが起こった」とエースの快投を伝えた。

ダルビッシュの地元、テキサスのラジオ局のWFAAのホームページは、「ダルビッシュは彼の正確な速球でコーナーをつき、スライダーを自由に操った。それはまるで元気な魚のように方向を変えた。日本の2人の右腕は剣の戦いをしているかのようだった」と表現した。

ダラスニュースは、ダルビッシュの88球という今季2番目に少ない投球数に注目、「ダルビッシュは三頭筋のハリで降板したが、(次の登板を)回避すことはなさそうだ」という見出しで、この部分をクローズアップして伝えたという。

メジャーリーグでは日本人先発投手が対戦したのは15回目。ダルビッシュと田中は日本で4回対戦し、2011年7月20日以来で、ダルビッシュがこれまで2勝1敗、田中が1勝3敗。

試合は両先発が降板した9回に両軍が1点ずつを加えて延長戦に突入。延長10回、この試合で何度も好守備を見せていたヤンキースのトレイエス三塁手が2死一、三塁からセンターへタイムリーを放ち、2対1のサヨナラで歴史的一戦の幕を引いた。

ア・リーグ1位と2位の強力打線を相手に試合を支配した両エースの対戦は全米メディアが称賛する熱投伝説をつくった。





 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/24 Sat. 18:55 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド