メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0526

「ハイファイブシティ」上原浩治がNPBとMLB通算で100セーブ!  




※これは2015年5月12日の記事です。

「球速も上がってきました。スプリットの切れ味も我々の愛する以前のコウジに戻りました」
――ボストンの地元テレビ局「NESN」の実況。


日米通算129勝の上原浩治が、
100セーブをマーク!


 レッドソックスの公式ツイッターは「ハイファイブシティ。チームウエハラがNPBとMLB通算で100セーブ目」と守護神のマイルストーンを祝福しています。ハイファイブとは、勝利のあとに上原がチームメイトとかわす歓喜のハイタッチのこと。

7日には投手コーチが解任され、その後、ブルペン右腕のムヒカが戦力外(トレード)に。チームに重苦しい雰囲気が漂う中「(ムヒカは)ムードメーカーで寂しい思いもあるが、自分のやるべきことに変わりはない。勝てばストレスもなくなっていく」と、自分の果たすべき役割に集中した。

 名球会入りの条件でもある200勝は日米通算で達成した野茂英雄も含めて25人いるが、「100勝100セーブ」は8人しかいないらしい。しかも上原の場合、通算129勝中、108勝は先発で挙げたもの。スターターとクローザーという2つの役割で大台に到達した。

ちなみに「先発で100勝以上100セーブ」は、江夏豊、笹岡真司についで3人目。

偉業を達成した上原自身もブログで「皆さん、ありがとうございます(^-^)/ 日米通算ですが100勝100セーブ出来ました。17年かかりました」と感謝の気持ちを伝えている。http://www.koji-uehara.net/2015/05/12/0458.html

 また、上原100セーブのお膳だては、TAZこと田澤純一が7回1死から1回2/3を1安打無失点でホールドしている。シビレる勝利の方程式“日本人リレー”を演出している。


度重なる故障を乗り越えてつかんだ記録


 上原は、巨人入団1年目の99年にいきなり20勝。とくに阪神ファンでもなかったのですが、当時は大阪在住でしたので、大阪から東京の巨人に行って活躍する姿を見て最初は腹が立った。

 その後、上原をケガが襲う。両脚の故障が慢性化。それでも地道なリハビリを繰り返し闘う上原の姿があった。結局、その故障が「クローザー上原」誕生の契機となった。

 07年に、両太腿を痛め、初の開幕2軍。復帰直前の4月25日、原監督に抑え転向を打診されたという。 初セーブは、5月2日の中日戦。この年、当時の球団記録となる32セーブをマークした。


勝利のマウンドにコウジの姿がある


 09年のメジャー移籍当初は先発。しかし、オリオールズ1年目の6月に右肘を痛めてシーズン終了。脚、肘の故障から、翌10年以降は体と相談しながらリリーフに専念した。

正確なコントロールと140キロを150キロの速度に感じさせる投球技術、パワーヒッターに向かっていく闘志あふれるパフォーマンスで、目の肥えたボストンのベースボールファンを熱狂させた。

 13年には、春のボストンマラソンでテロ事件が起きて「BOSTON STRONG」の合言葉のもとボストン市民とチームは一丸となってワールドシリーズを制した。その勝利のマウンドには歓喜する上原浩治の姿があった。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2019/05/26 Sun. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0521

アストロズの救援右腕R.プレスリー、カーブが冴えて40登板連続無失点に更新  




 17日(日本時間18日)のレッドソックス戦で39試合連続無失点のメジャー新記録を樹立したアストロズの救援右腕ライアン・プレスリーが20日(同21日)のホワイトソックス戦でも1回を無失点に抑え連続無失点を40登板に伸ばした。


 メジャーキャリア7年目で30歳のセットアッパーは、この日も定位置ともいえる8回に登場。2番のモンカダから始まる上位打線相手にファーストゴロ、3番ホセ・アブレーユをライトフライ、4番ヨンダー・アロンソを得意のカーブで空振りの三振に切ってとってクローザーのロベルト・オスーナにつないだ。


これでプレスリーは昨年の8月15日(同16日)から40登板(39.0イニング)連続で無失点。自身の連続記録を更新した。




 アストロズが「フライボール革命」と言われる打撃のトレンドに対抗する戦術として本塁打されにくい球種「カーブ」を重要視していることは、これまでもさまざまなメディアで紹介されてきた。


 選手個人の能力を細かいデータを解析して効果を発揮しているアストロズは、プレスリーに関してもその「カーブ」に注目。昨年前半のツインズ時代に30%だったカーブの配給をアストロズ移籍後は35%に増やした。これが好結果につながっている。


 フリーライターの宇根夏樹氏のコラムを参考にすると、もともと得意だったスピンの効いたカーブに磨きをかけ、ここ2シーズンは18年 3231回転/分(2位)、今シーズンは3283回転/分(1位)と、よりスピンレートを増やして威力を増した。


 NHK-BSの「ワースポMLB」でも紹介していたが、アストロズの右腕ゲリット・コールはMLB平均で2219回転のフォーシームのスピンレートが2500回転を超え空振り率が17年の19.8%から29.7%に大幅アップした。




 宇根氏によればコールも、昨シーズン、カーブの割合を前年の12.1%から19.2%に増やし、再ブレイクを果たしたという。17年に2667回転だったカーブは、昨シーズンが2842回転、今シーズンは2918回転にアップしているという。


 こうしたアストロズのチームテクノロジーともいえるデータ分析能力が好結果に直結しており、この日も3対0の完封リレーで勝利。アメリカンリーグ最高勝率の6割6分7厘、32勝16敗で地区首位を独走中だ。


※回転数(rpm、Revolutions Per Minute)とは、1分間にボールが回転する回数。


◇記事参考
https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20190519-00126526/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2019/05/21 Tue. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0515

MLB2019 ここまでの日本人投手の成績は?  



各チームがほぼ40試合を消化、全日程の四分の一が過ぎた時点の日本人投手のここまでをまとめてみた。


1. 菊池雄星(マリナーズ)
10試合、54回1/3、防御率3.64、WHIP1.07、奪三振43、奪三振率7.9、与四球率1.99。

1イニングだけだった試合を除いて9回の先発でクオリティースタート(QS)を6試合でマーク。すでにチームではエースの座を争う存在。5試合がロードでのマウンドで慣れないスタジアムでよく適応している。ヤンキースから松脂のクレームはあったが、メジャーで十分通用することを実証している。

防御率はア・リーグ19位だが、WHIPは10位と安定感を示している。エラーの多いチームで足を引っ張られ、ランサポートも少なく勝利数は2勝だが、それ以上に先発ローテーションの中で存在感がある。




2. 田中将大(ヤンキース)
9試合、52回1/3、防御率3.64、WHIP1.20、奪三振47、奪三振率8.08、与四球率2.41。

誰もが認めると思うが、セベリーノが長期離脱、モンゴメリーがトミー・ジョン手術のリハビリ中というヤンキースの先発ローテーションの中で柱として支えている存在だ。

与四球14で与四球率2.41は6年間の平均より悪く、奪三振率も低いが、夏場に調子を上げてくるタイプなので、そのことを考えると今季はここまでの安定感は十分に評価したい。

MLB4位の強力ブルペン陣がバックに控えているの心強いだろう。


3. 前田健太(ドジャース)
8試合、44回2/3、防御率4.03、WHIP1.30、奪三振40、奪三振率8.06、与四球率4.03。

日本人投手では最多の4勝を挙げている。カーショーも復帰しMLB全体で2位の防御率というドジャース先発ローテーションの一角を担っている。QSが8試合登板して3回と少ないのは四球が多く、その分、球数が増えイニング数を稼げていないからだが、首位を独走するチームのローテーションをシーズン当初から支えているの評価できる。


4. ダルビッシュ有(カブス)
8試合、36回2/3、防御率5.40、WHIP1.72、奪三振44、奪三振率10.8、与四球率8.10。

ここまでは酷いスタッツだ。過去の栄光や実績がかすんでしまうくらい悪い。球威は衰えていないことは誰が見てもわかるがコントロールが悪い。リハビリ中につけた筋肉が投手としての繊細な感覚を崩しているのだろうか。

弁護するとすれば、ドジャースで9試合、カブスで16試合しか投げていないのでナ・リーグのマウンドに慣れるまで時間がかかるのかもしれない。

ダルビッシュも32歳。なるべく長く彼を応援したいので、チームメイトのジョン・レスターやドジャースのクレイトン・カーショーを見てもわかるように初球ストライクで優位に立つ制球力をダルビッシュに求めたい。単純なようだが、まず、そうしたことから立ち直るきっかけをつかんで欲しい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/05/15 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0508

大谷翔平復帰で大谷インパクトはあるのか?混戦のAL西部地区  



エンゼルスの大谷翔平が戻ってきた。MLB公式サイトでも大谷の復帰をヘッドラインで報じている。」

去年10月に右ひじのトミー ジョン手術を受けた大谷翔平が7日(日本時間8日)、敵地でのタイガース戦に3番・指名打者で先発出場し、手術から219日ぶりに復帰した。



気温9度という寒いデトロイトでの試合、相手の投手は開幕をブルペン投手で迎えた左腕のダニエル ノリス。タイガースのマイケル フルマーなどの主力3投手が故障者リスト入りしたために先発ローテーションに格上げされた投手。

注目の第1打席は1アウト一塁の場面で、2-2のカウントから2球牽制球を挟んで見逃しの三振だった。1球目はカーブ、2球目以降は3球続けてバックドアに逃げていくスライダーだった。3球目にスイングしたが空振り。最後の球は高めの甘いコースだったが見逃した。

3回の第2打席は、1アウト二塁三塁のチャンスで迎え、ボテボテのショートゴロだったが、ランナーが帰り、復帰後初打点を挙げた。相手の組み立ては初打席と同じカーブから入ってスライダーを続けた。

第3打席は5回、1アウト一塁の場面で空振りの三振に倒れた。2本ファウルを打ったが、自打球を体に当てるシーンもあった。結局、6球目のスライダーに空を切った。



投手が代わった第4打席は7回、メジャーデビューの右腕エドワード ヒメネス投手の4球目94.3マイルのフォーシームを捉えた打球は三塁ライナーだった。

この時点で4対2でエンゼルスがリードしている。

大谷の所属するアメリカンリーグ西部地区は、首位のアストロズから最下位のアスレチックスまで、この試合前の時点で6.5ゲーム差の混戦状態が続いている。エンゼルスは15勝19敗で負けが先行しているが、大谷の復帰でどれだけインパクトを与えられるか、注目だ。

なお、エンゼルスは大谷のほかザック コザート内野手が復帰している。


《大谷翔平復帰までの道のり》
2018年10月1日 トミージョン手術
2019年2月22日 ティー打撃開始
2019年3月8日 投球練習
2019年4月19日 フリー打撃練習(マシーン)
2019年4月24日 投手相手に打撃練習
2019年5月7日 打者として復帰



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/05/08 Wed. 10:35 [edit]

CM: --
TB: --
   

0504

《GAMEDAY》菊池雄星、今季最高7回1失点10奪三振  




マリナーズの菊池雄星投手が3日(日本時間4日)のインディアンス戦で今季最高のパフォーマンスをみせた。

今季8試合目の先発登板。1イニングの調整登板から中6日間が空いた登板間隔でメジャー最長の7回1失点のハイクオリティースタート(7回で自責点2以内)だった。

いつものように援護点がなく勝ち負けは付かなかった。最終回にブルペン陣が捕まってサヨナラ負けしたが、菊池自身はメジャー移籍後、最高のピッチングだった。

対戦した24人中、初球に手を出してアウトになったケースも含めて16人が初球ストライクだった。これで組み立てが楽になった。初球に70マイル台のカーブで3~4球外したケースがあったが、これでカウントを稼げるようになれば、ますます有利に打者を追い込むことができるようになる。

インディアンスとは2度目の対戦だが、五大湖のほとりで気温8度という過酷な条件の敵地クリーブランドでは初のマウンド。その中でも滑ることもなくしっかりと指にかかったスピンの効いたフォーシーム、右打者に対する外からのバックドア・スライダーなど収穫のある登板だった。

フォーシームの97マイル(約156キロ)はメジャー移籍後最速をマーク。10奪三振、1四球で防御率も3.98まで改善した。

チームの先発陣はMLB15位と良くないが、菊池はチーム内の先発投手でマルコ・ゴンザレスに次ぐ投球回数、防御率で被安打率、WHIP1.16はトップだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/05/04 Sat. 15:40 [edit]

CM: --
TB: --
   

0503

【MLBドラフト2019】全体1位予想はオレゴン大学のA.ラッチマン捕手  




 ちょっと気が早いかもしれないが、珍しくMLBドラフトでキャッチャーが全体1位指名されそうなので簡単に紹介したい。


 MLBドラフト2019(ファースト・イヤー・ドラフト)は現地6月3日~6月5日に開催される。MLB規約の第4条に規定されていることから「ルール5ドラフト」と比べて「ルール4」とも呼ばれている新人選手選択会議だ。





 MLB.comでも特集を組んで紹介しているが、チーム別の指名順は、1巡ピックの1番目がボルチモア・オリオールズ。

そのオリオールズが全体1位で指名確実なのが、オレゴン州立大学4年生のアドリー・ラッチマン。ベースボールアメリカ、MLB.com、ファングラフスで各1位の選手。


 キャッチャーは、野球をやってた人なら、誰もが知ってる過酷なポジション。故障も多く、選手寿命にも影響することからアメリカでも最近は少年リーグで希望者が少ないポジション。そんなポジションだから仕方がないが、彼が指名されれば、ツインズが故郷の英雄ジョー・マウアーを選択した2001年以来のキャッチャーとしての全体1位指名になる。


 ラッチマンは、18年のカレッジ・ワールドシリーズMVPで一気に知名度を上げた。30打数17安打は圧巻の成績で同シリーズ新記録だ。アメリカ大学代表チームの一員で日米大学野球でも正捕手としてマスクをかぶっている。


このあたりの詳しい記事は「MLB雑記」(http://mlb-info.com/2019draft1/)が動画付きで書かれている。


打撃はスイッチヒッターで、タイプ的には、現カージナルスのマット・ウィータース(ジョ-ジアテック出身)のようなイメージかもしれない。ウィータースは07年にオリオールズが1位(全体5位)で指名している。


 キャッチャーのジョー・マウアーが引退した後に全体1位指名で指名されれば不思議な巡りあわせを感じるが、ちなみに、1965年から始まったMLBドラフトで全体1位指名のキャッチャーは6人。ラッチマンが選ばれれば7人目になる。



◇記事参考
チーム別ドラフトはこちら
https://www.mlb.com/news/mlb-pipeline-s-2019-top-100-draft-prospects
http://mlb-info.com/2019draft1/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2019/05/03 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0430

エンゼルス大谷翔平の5月5日「子供の日」復帰説は本当なのか?  





実戦形式で投手と対戦するライブBPで調整しているエンゼルスの大谷翔平。 マイナーで調整することなく、そのままアクティブロスターから復帰することをエンゼルスは発表しているが、今季初打席がいつになるのかが気になるところだ。





ロイター通信によるとオースマス監督が本拠地アナハイムでのブルージェイズ3連戦には出場しないことを明言したという。

そこで気になるのがエンゼルスのスケジュールだ。球団公式ページで調べると4月30日はカンザスシティーからの移動日でオフ。日本時間5月1日から3日はアナハイムにブルージェイズを迎えての3連戦。


そのあとはメキシコへの移動日を挟んで5月5日からのメキシコ遠征で同地区ライバルのアストロズとの2連戦。その次が移動日を挟んで8日からのデトロイトでのタイガース3連戦。そのタイガース戦からロードでの9連戦が続く。


メキシコ遠征に大谷を同行させるかは「メキシコに着けば分かる」と指揮官は答えたという。否定も肯定もしなかったことから
日本のメディアでは日本時間5月5日のアストロズ戦復帰説を報道している。


遠征に帯同させれば、スタメンでなくても代打でも起用するだろう。希望的観測でも話題になるのが大谷らしいが、寒そうなデトロイトより暖かいメキシコの方が大谷にとってはいいような気もする。


5月5日のアストロズの先発予想は左腕のウェイド・マイリー、6日は右腕の剛腕ジャスティン・バーランダー。マイリーとは初対戦。バーランダーとは14打数3安打(二塁打2、本塁打1)。


個人的な予想では、じっくりとアナハイムで調整して8日からのタイガース3連戦で今季初打席に立つような気がするが、いずれにしても待ちに待った大谷翔平の今季初打席が近づいてきた事は間違いない。


ちなみに、4月29日終了時点でエンゼルスは12勝17敗で地区最下位。低迷するチームの起爆剤として打者・大谷の早めの起用も考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2019/04/30 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0429

A.プホルスが打点でMLB歴代3位 ルース、ゲーリック、ボンズを抜いた偉大な記録  



 イチローと同期で日本でもおなじみのメジャー通算637本塁打のアルバート・プホルス(エンゼルス)がメジャーリーグ史上歴代単独3位に浮上する打点を記録している。


 プホルスは28日(日本時間29日)、敵地コウフマン・スタジアムでのロイヤルズ戦に「5番指名打者」で先発出場。1回に相手投手ホーマー・ベイリーから三塁線を破る2点二塁打を放った。





 先日のロイヤルズ戦で通算1995打点目を挙げ、ヤンキースのレジェンド、ルー・ゲーリック氏の記録を抜いて歴代4位に浮上したプホルスだったが、この二塁打で3位のバリー・ボンズ氏(1996打点)を一気に抜いた。


1) Hank Aaron: 2,297
2) Alex Rodriguez: 2,086
3) Albert Pujols: 1,997
4) Barry Bonds: 1,996
5) Lou Gehrig: 1,994
6)Babe.Ruth: 1,992



 2011年12月にエンゼルスと10年総額2億5400万ドル(出来高を含むと最大で2億8000万ドル)の契約に合意。ドミニカ共和国出身の39歳。メジャー19年目。これまで獲得したタイトルは

首位打者 1回:2003年(.359)
本塁打王 2回:2009年(47本)、2010年(42本)
打点王 1回:2010年(118打点)


 カージナルス時代の成績が華々しいという印象だが、2001年のナ・リーグ新人王はイチローと同期ということもあって記憶に残っている。

そのイチローのメジャーでの安打記録も先日抜いて日本のメディアでも記事になった。歴代安打数、本塁打、打点などはもちろん現役選手の頂点だ。

 近年は故障の影響から指名打者として出場機会が増えたが、守備の名手に贈られる「フィールディング・バイブル・アワード」 を一塁手として5回受賞している。

プホルス


 MLBやNFLなど、近年アメリカのプロスポーツ選手は、家族に対するDVなどで出場停止になるケースもあるが、プホルスは人格的にも優れており、2005年には、プホルス(ファミリー)はダウン症児とその家族の生活を支援するための基金を設立。

この支援活動が高く評価され、2008年10月25日、ロベルト・クレメンテ賞がプホルスに贈られている。

 アレックス・ロドリゲスやマニー・ラミレスといった強打者の薬物使用が発覚(2009年)。ドミニカ出身選手に薬物使用者がおおいことから彼も疑われたが、何度も検査を受けた結果、一度も薬物反応はなく、近年の長距離打者としては珍しくクリーンな選手として将来の野球殿堂入りが確実視されている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/04/29 Mon. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0428

《GAME DAY》ダルビッシュが復活の110球、6回1失点、8奪三振  




 ダルビッシュ有が今季初のクオリティースタート(QS)で先発投手らしい仕事をした。今季最長の6回を被安打2、失点1で試合の流れを作った。


 前回に続き、徐々に調子を上げてきているのが感じられる投球だった。この時期で最速は97.2マイル(約156.4キロ)を計測。フォーシームの威力はあった。


3回はダイヤモンドバックス打線の中軸を三者連続で空振り三振に斬って取った。それ以降は安定した。味方のエラーで走者を出したシーンでも、併殺打に打ち取った。





 ただ、2回に相手の投手(9番打者)を不用意に歩かすなど、今回も連続四球でピンチを作る場面もあり、今回も4四球と1死球で制球は相変わらずのようだ。制球力は、まだまだ課題だろう。


6回は先頭3番ペラルタに中越えソロを浴びたのが悔やまれるが、昨年から一連のマウンドを見る限りコンディションは徐々に上がってきているように感じる。


これで、7試合、28回2/3イニング。2勝3敗、防御率5.02、WHIP1.57。奪三振33、四球22、死球1。


ナショナルリーグの場合、打席が回って来た時に交代を告げられるシーンが多く、イニング数を稼げない場合もあり、無駄な四球を与えないようにしなければスタッツは伸びていかないだろう。BB/9が6.91は酷すぎて、これまでのレンジャーズの最後の年(BB/9で2.78)ぐらいに近づいてくれば、安心して見ていられる。


試合は、すでにMLB.comでも伝えられているように9対1でカブスが勝利した。


ダルビッシュ有の試合後のコメント
「2回(2死一、二塁)にエスコバルをスプリットで三振に取った時の投げ方がすごく良くて、他の球も投げてみたら、他の球もすごく良かったのでそのまま投げました。単純に自分のフォームの中で自動的にストライクゾーンに行くような感覚を見つけられたのが1番。3回からは(感覚は)すごく良かったと思います。この部分記事引用:日刊スポーツ


Posted on 2019/04/28 Sun. 16:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0427

MLBとNFLのドラフトで史上初1巡目指名 ハイズマン賞QBカイラー・マレー  



 テネシー州ナッシュビルで開催された全米注目のNFLドラフト2019全体1位指名は、オクラホマ大のハイズマン賞受賞クォーターバック(QB)、カイラー・マレーだった。マレーはMLBドラフト2018でもオークランド・アスレチックスから1位指名を受けており、MLBとNFLで1位指名を受けた史上初の選手となった。

 元テキサス工科大のヘッドコーチ(HC)だったクリフ・キングベリーが新たに指揮をとるNFLアリゾナ・カージナルスが全体1位で指名したわけだが、キングベリー新HCもカレッジ時代にオクラホマと対戦しており、その時のQBが今回指名したマレーで「もし可能なら全体1位で彼を指名したい」とも語っていたという。

 オクラホマ大はアメリカンフットボールでNCAAトップ20の常連校。昨年のNFLドラフトでも同大学出身のQBベイカー・メイフィールドがクリーブランド・ブラウンズの1巡指名(全体1位)を受けており、2年連続で全体1位指名のQB、しかもハイズマン賞受賞QBを輩出するというのは快挙だ。

 ちなみに、NFL中継(録画)をたまたま見ていたがメイフィールドは、昨年の第3週途中から正QBのタイロッド・テイラーが負傷退場により急遽出場して連敗中のチームに635日ぶりの勝利をもたらした。(ブラウンズは前年16戦全敗だった)




 話が脱線したが、マレーは先輩メイフィールドのように活躍できるのかどうか疑問が残る。ハイズマン賞受賞のQBは活躍できないという説もあるが、これはあくまでもジンクス。

 マレーは178センチと小さなQBだ。これが、パス攻撃のネックになる。

 これに対しては、シアトル・シーホークスのQBラッセル・ウィルソンも小さいが活躍しているという評価もある。彼もMLBロッキーズから内野手で4巡指名を受けている。

 ただ、ウイルソンが活躍したのは「リード・オプション」というランニング攻撃主流の時代。その時にモバイルQBとして登場して成功した。しかも、当時NFLで最強と言われたディフェンス陣が相手の攻撃を最少得点に抑えて、ウイルソンのランオフェンスが時間をコントロールしながら後半逆転する展開や僅差での勝利が多かった。

 クリフ・キングベリーが新たに指揮をとるアリゾナ・カージナルスとはわけが違う。キングスベリーHCのエア・レイド・システムに完璧にフィットするというマレーだが、NFLの場合、レギュラーシーズンがわずか16試合しかなく、個人成績よりも「勝てる司令塔QB」が評価される。

 カージナルスはパッシング主流の攻撃スタイルなので総合的に評価すれば、ウイルソンの時とマリーの場合は背景が違いすぎる気がする。

 マレーのアリゾナ・カージナルスとウイルソンのシアトル・シーホークスは同地区ライバルで年間2度対戦するので今から楽しみだ。





◇記事参考
https://nfljapan.com/headlines/40725


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/04/27 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド