メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0525

クリス・セール、奪三振の新記録更新ならず 8回途中まで4失点  




現地19日のアスレチックス戦でMLB記録の8試合連続二ケタ奪三振をあげたレッドソックスのクリス・セール投手が24日のレンジャーズ戦に先発、6奪三振にとどまり、期待された二ケタ奪三振の記録更新はならなかった。

クリス・セール


新記録に期待がかかった試合だったが、レンジャーズのマイク・ナポリにビッグモンスター超えの11号ソロを被弾するなど4失点。7回1/3で6安打、1四球、6奪三振、4失点(3自責点)だった。

試合は、レッドソックスがレンジャーズ2番手投手のサム・ダイソンを攻略して7回に7点を奪い逆転。セールに5勝目(2敗)がついた。

二ケタ奪三振の連続試合レコードは、1999年のペドロ・マルティネス(レッドソックス)と2015年のホワイトソックス時代の自身が樹立したメジャー記録に並んでいた。




28歳のセールは、2016年12月6日、ヨアン・モンカダ、ビクター・ディアス、マイケル・コペック、ルイス・アレキサンダー・バサベとの1対4の複数トレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍。

今季は10試合に先発。4月は先発した5試合がすべて7回以上2自責点以下というハイ・クオリティスタート。5月の5試合でも4試合で6回以上3自責点以下というクオリティスタートをマークしている。

ここまで防御率2.34、WHIP0.84、73イニングで奪三振101、9イニングあたりの奪三振数(K/9)は12.45と極めて高い数値をマーク。奪三振数でMLB 1位。K/9で同2位。(規定投球回数以上)

MLBオールスターゲームも5回選出されており、昨年はアメリカン・リーグの先発投手を任された。しかし、オールスター後は失速し、3勝6敗、防御率3.56に終わった。

後半戦へのスタミナが問題だが、レッドソックスは左腕デビッド・プライスの復帰が予定されるし、先発ローテの補強を画策中との噂もあり、セールの負担を軽減できる条件は揃っていると考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/05/25 Thu. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0524

ドジャースのクレイトン・カーショー、痛恨の100球目、完封逃す  



現地23日、ロサンゼルスでのドジャース対カージナルスのナ・リーグ強豪対決は、9回にもつれ延長13回にドジャースが勝ち越して2対1のサヨナラ勝ちを収めた。

しかし、このゲームの主役は二人の先発投手。ドジャースのクレイトン・カーショーとカージナルスのランス・リン

最優秀選手賞や3回のサイ・ヤング賞を受賞し、7年連続2ケタ勝利のメジャーを代表する左腕クレイトン・カーショーが、9回104球(ストライク69)を投げ、3安打、無四球、10奪三振、1失点の力投。

終盤の8回には三者連続で空振り三振を奪って見せたが、1対0のリードで迎えた9回1死からの100球目。これが痛恨の暴投になり二塁走者が生還。自身通算16回目の完封(1対0の完封は3回記録)を逃した。



カージナルス戦は17戦目で6勝5敗とカーショーにしては分が悪く、この日も力投空しく勝ち星が付かなかった。しかし、これで6試合連続のクオリティースタート。7勝2敗、防御率2.01、WHIP0.82、72奪三振。

昨年も開幕からの16登板のうち12登板でHQSを記録した。しかし、6月30日に椎間板ヘルニアによって15日間の故障者リスト入りした後は、8月3日には60日間の故障者リスト(DL)へと移動し、復帰は9月9日までズレこんだ。

これにより、規定投球回数には達しなかったが、今季は、制度改正でDLが15日間から10日に短縮され、現場の首脳陣、選手たちの間でも概ね好評。そうした制度をうまく活用して疲れをとりながら1年を乗り切って欲しい。

DAklXy4XgAABOGN.jpg


一方、カージナルスの先発腕ランス・リンは、今季最多の8回123球を投げて1本塁打による1失点のみ。2安打、10奪三振で今季最高のパフォーマンスをみせた。

今季は9試合で53回1/3、4連勝含む4勝2敗、防御率2.53、WHIP1.03、50奪三振と結果を残している。

2015年11月10日にトミージョン手術を受けて16年は全休。復活をかけたシーズンになる。これで次回登板まで右肘に何もなければ、本人にとってもチームにとっても嬉しい完全復活になる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/05/24 Wed. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0521

昨年の奪三振王タイガースのバーランダーがレンジャーズの連勝を止める  




10連勝で首位独走のアストロズを追撃しているレンジャーズの連勝が止まった。

タイガースの本拠地でのレンジャーズ戦は、レンジャーズ先発A.J.グリフィンが4回途中、9失点の乱調で、タイガースが9対3で勝ち、レンジャーズの連勝を10で止めた。

グリフィンは初回、2番アビラ、右わき腹痛から復帰の3番DHカブレラ、4番マルチネスに3連続本塁打を浴びるなど、この日、合計4本塁打を被弾して炎上した。

一方、タイガース先発のジャスティン・バーランダーは、奪三振は5で少なかったが、7回を4安打に抑えて3失点、1四球と好投した。

今季は、ここまで6四球を出す試合があるなど調子に乗れなかったバーランダーだが、昨年のリーグ奪三振王で2011年サイヤング賞のパフォーマンスを徐々に発揮し出した。これで4勝3敗、防御率4.39、WHIP1.34。

タイガース所属の中部地区は、首位ツインズから最下位ロイヤルズまで5.5ゲーム差の混戦で、タイガースも1.5ゲーム差の3位と首位を狙える位置につけているので、エースの復調は明るい材料だろう。

一方、連勝は止まったレンジャーズだが、西部地区首位のアストロズも負けており、その差は6.5ゲームのまま。

ダルビッシュの去就は!?


ダルビッシュ有の契約延長か、他チームへのトレードか、その去就が注目されるレンジャーズは、オールスターブレイクまでに首位との差を3ゲームぐらいまで縮められれば、ポストシーズンへの可能性も残る。

その間に故障中のハメルズも復帰するだろうから、8月から9月の正念場で4年連続の地区優勝の可能性もある。そうなれば、メジャーきってのエリートスターターであるダルビッシュの存在は欠かせないものになる。

ただ、このままのゲーム差で推移すると、7月末のノン・ウェーバー・トレードの期限前に、大型トレードを決断するかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/05/21 Sun. 14:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0516

青木1安打で「1988」、田澤は満塁弾浴びて失意の降板  




数少ない日本人選手の対決で注目の一戦は明暗くっきりの結果になった。

ニューヨークでダブルヘッダーを戦って、その日の朝にマイアミに乗り込んだアストロズが、マーリンズのリリーフ陣を打ち砕いて5月で11勝目(3敗)をあげた。

好調アストロズの青木は、マーリンズ戦に「8番レフト」で出場し、3打数1安打だった。7回の第3打席で二塁内野安打して後続のタイムリーでホームを踏み、8回の守備で交代した。チームは7―2で勝った。

青木は、これで打率.274、日米通算1988安打。大台の2000安打にあと12本とした。守備でも貢献し3回には、正確な二塁への送球で今季5回目の捕殺も記録している。

マーリンズの田澤は、先発ストレイリーが5回に直撃弾を利き腕に受けて6回から緊急登板。5回に味方打線が1点を取って勝ち逃げの必勝パターンでの起用だったが、2死からグリエルに逆転の満塁本塁打を浴びて降板。今季初黒星を喫した。

田澤純一


満塁弾を浴びたシーンは、その前の打者にカーブをぶつけてしまい満塁。投げる球種が無くなったとはいえ、4球連続でフォーシーム、しかも2-1のバッティングカウント4球目はインコースを要求した配球に問題があったかもしれない。

低めへの制球とカッターやツーシームなどの球種を増やす必要もある。今後に課題を残したこの日のマウンドだった。

田澤は、1イニングで2塁打と本塁打、1四球、1死球という最悪のスタッツで降板。ベンチで過呼吸になるようなシーンも見受けられた。スタッフやコーチが田澤を囲み、詳しくは分からなかったが、メンタル面で影響が出ないことを祈りたい。緊急登板でかわいそうな気がした。

イチローは7回に代打で登場。四球を選び、守備に就かず退いた。 


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/05/16 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0515

マイアミ・マーリンズの買収劇はジーター氏らのグループが劣勢  



FOXビジネスなどが少なくとも2つのグループが水面下で動いていると伝えていたマイアミ・マーリンズの買収劇のその後の動向を複数のメディアが伝えている。

この買収劇に関しては、4月25日(日本時間26日)の段階でマイアミの地元紙が、元ヤンキースのデレク・ジーター氏(42)とジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事らのグループが、マイアミ・マーリンズ買収のオークションを制したと報じていた。




しかし、メジャーリーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは「まだ2つのグループが候補」と否定していた。

同コミッショナーはマイアミ・ヘラルドに「2つのグループは、チーム買収を完了し、効果的に球団を運営できる財政基盤を持っている」との声明を発表していた。

しかし、ここにきてジーター氏の投資グループによるマーリンズ買収交渉が劣勢に立たされているという情報も流れている。

MLBが交渉成立に際して資金の現金調達を要望。これは、買収時の条件のひとつだが、ジーター氏と元大統領の父と兄を持つジェブ・ブッシュ氏らのグループは、実業家のタグ・ロムニー氏やトム・グラビン氏らが組む対立候補と比べ資金力が低いという。

タグ・ロムニー氏とは大統領選挙の候補者にもなったミット・ロムニー氏の長男。トム・グラビン氏とはメジャーリーグファンにはおなじみのブレーブス、メッツで活躍した殿堂入り左腕のトム・グラビン氏(51)のことで、このふたりを中心とするグループが、ジーター氏らのグループと対抗。資金面で有利に立っているという。

球団の売却には30球団中75%以上の承認と落札価格の半額以上の現金調達が必要になるなど様々な条件が課せられ、まだまだ正式決定までは時間がかかりそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/05/15 Mon. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0508

主力投手の故障離脱で低迷しそうなMLB3チーム  




優勝を期待されながら、それ相応の戦力を擁しながら主力投手の故障で苦しい戦いを強いられているチームを紹介したい。

ニューヨーク・メッツは、先発4番手から5番手のマッツとルーゴが故障者リストで開幕を迎えた。しかし、シンダーガード、デグロム、ハービーの3本柱は健在でMLBトップクラスの先発陣を形成していた。

ただし、ここでも紹介したが、ヘルシーな状態であればという注釈が付いた。ヘルシーならばMLBトップクラスで、ストラスバーグやシャーザーを擁する同地区ライバルのナショナルズと十分に渡り合える先発ローテーションだった。

昨年もメッツは故障に泣かされた。デグロムは、9月に右ひじにメスを入れた。オープン戦でも、4試合、15回1/3しか投げていなかった。ハービーもご存知のように2013年10月にトミージョン手術を受けている。右ひじに爆弾を抱える彼らが1シーズンもつかは不安だ。

シンダーガード


しかし、ここへ来て開幕投手のシンダーガードが60日間の故障者リスト(DL)に登録されてしまった。復帰は、少なくともオールスター後にずれ込むという。

24歳のシンダーガードは、先月30日のナショナルズ戦に先発したものの、2回途中5失点で負傷降板。ハーパー外野手にチェンジアップを投じた直後に脇の下を押さえるそぶりを見せた。彼は「多少の違和感はあったが、もう1球投げた時にはっきりと痛みを感じた」と振り返っている。

メッツの先発ローテは、故障がちなデグロム、ハービーに荷を負わせることになり、代わってローテに入っているロバート・グセルマン、ラファエル・モンテロは実績がない。


トロント・ブルージェイズもひどい状態だ。昨年はリーグトップの防御率3.64だった先発投手陣だが、J.A.ハップは左肘、アーロン・サンチェスは指のマメで離脱したあと、爪の問題で故障者リストに戻り、さらにストローマンは脇を痛めて3イニングで降板した。

おまけにドナルドソンやトゥロウィツキーといった主力野手までDLに入っていては最下位も仕方がない。FOXスポーツの記事では、残っているエストラーダやリリアーノがトレードの交換要員になる可能性もあるという。

シアトル・マリナーズも期待したが、いつものシーズンになりそうだ。

左腕ドリュー・スマイリーは肘でシーズン前にDL。頑丈だったエースのヘルナンデスは肩、若手有望株のジェームズ・パクストンは前腕の故障と悲報が続いている。他にリリーバー4人、野手2人がDLに入り、シアトルは野戦病院のようになっている。

やり手のGMがいて机上の戦力は充実しても、結局は、試合をするのは選手たちだからチーム編成の難しさを感じる。ただ、ディフェンスを充実させてスモールベースボールをできるチーム作りという方向性は一貫しているように見える。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/05/08 Mon. 12:18 [edit]

CM: --
TB: --
   

0506

MLB公式サイトが予想!夏のトレード期限前の「売り手」「買い手」チーム  



MLB公式サイトが、早くも2017年夏のトレード期限前に「売り手」、「買い手」になるチームを予想している。まだまだ、1カ月を過ぎたところで話題先行にも思えるが、予想を覆して好発進したチームが「買い手」として名を連ねている。


【買い手と予想された5チーム】

ニューヨーク・ヤンキース
ロサンゼルス・エンゼルス
ミルウォーキー・ブルワーズ
コロラド・ロッキーズ
アリゾナ・ダイヤモンドバックス


エンゼルスが所属するア・リーグ西部地区は、マリナーズが、先発ローテのヘルナンデスとパクストンが故障者リスト(DL)、レンジャーズも左のエース、ハメルズが最低8週間の離脱のため、当分の間、アストロズの独走態勢が続きそうだ。

公式サイトの記事では、「エンゼルスは、すでに27試合で8人を先発登板させている。タイラー・スガックスは10週から12週の離脱で、ギャレット・リチャーズは復帰の目途が立たないため、最低でも1人、もしくは2人の先発投手の補強を必要」としている。

確かに先発投手は防御率でア・リーグ14位と最低レベル。

ロッキーズも先発ローテは若手が中心で、復活の守護神グレッグ・ホランドを中心としたリリーフ陣の踏ん張りが目立つ。安定感のある先発投手が必要だ。


【売り手に予想されたチーム】

トロント・ブルージェイズ
カンザスシティ・ロイヤルズ
ニューヨーク・メッツ
シアトル・マリナーズ
サンフランシスコ・ジャイアンツ

マリナーズは、積極補強を進めた割にはアストロズのように結果が出ていない状況。5月も同様に低迷すれば、トレーダーのジェリー・ディポトGMはアクティブになるだろう。

その場合、岩隈久志、ジャロッド・ダイソン、マーク・ゼプチンスキー、ジーン・セグラがトレードの交換要員になる可能性があると予想している。

マリナーズに関して言えば、個人的には、セグラは620万ドルと低価格で18年末までコントロールできるため、よほどの事がない限り放出することはないと見ているが、どのチームも勝負どころの8月、9月とポストシーズンを見据えた場合、先発陣のテコ入れをする必要がある。

そのため実績のある岩隈やヨバニ・ガヤードあたりはプロスペクトらとの交換でトレードに出される可能性は十分ある。

それにしても、ヤンキースの快進撃はサプライズと言える。

この地区は、ブルージェイズが出遅れ、レッドソックスがオルティーズの穴を埋め切れられない状況で打線がダウンサイジング。

オリオールズは、「先発投手をもう1枚整備できれば東地区のタイトルを十分に狙える状況になりつつある」という予測だが、ポストシーズンに備えて「売り手」チームのフロントスターターに触手を伸ばす可能性は十分ある。

岩隈のヤンキースやオリオールズへの短期レンタル的な移籍はあるかもしれない。


◇記事参考
http://m.mlb.com/news/article/227883892/predicting-buyers-sellers-in-mlb-trade-season/
http://baseball.information0.com/major-baseball/prediction-of-mid-season-buyer-and-seller-in-2017/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/05/06 Sat. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0504

【月間MVP】トラウトとジマーマン 最優秀投手はカイケルとノバ  




MLBが月間の各賞を発表している。

★4月各賞受賞選手
  • 月間最優秀選手︰M.トラウト(LAA)、R.ジマーマン(WSH)
  • 月間最優秀投手︰D.カイケル(HOU)、I.ノバ(PIT)
  • 月間最優秀新人︰A.ジャッジ(NYY)、A.センザテラ(COL)
  • 月間最優秀救援︰C.アレン(CLE)、G.ホランド(COL)


C-7P0DXXoAAU7BR.jpg

【月間MVP】
※リーグ:NAME 打率/本塁打/打点/出塁率/長打率/OPS他

▶AL:マイク・トラウト .364/7/18/.443/707/1,150

二塁打9本、三塁打2本、盗塁5というのも凄い!4度目の受賞。

▶NL:ライアン・ジマーマン .420/11/29/.458/.886/1,344

両リーグ唯一の4割バッター。現時点でも.419をマークしている。初受賞。


C-7P0ZWWAAYWrvj.jpg

【月間最優秀投手】
※リーグ:NAME 勝ち/負け/防御率/WHIP/奪三振/四球

▶AL:ダラス・カイケル 5/0/1.21/0.81/36/11

数字だけでいうと同じく5勝のツインズ、アービン・サンタナの防御率0.66の方が凄い。4度目の受賞。

▶NL:イワン・ノバ 3/2/1.50/0.75/22/1

こちらも防御率ではカージナルスのマイク・リークが1.35で上回っているが、ノバは36イニングで四球1という制球力が見違えるようによくなった。初受賞。


月間最優秀新人は、ALは打率.303、10本塁打、20打点をマークしたヤンキースのアーロン・ジャッジ(RF)。ジャッジは現地5月3日時点で13本塁打まで伸ばしている。

NLは3勝を挙げたロッキーズの先発右腕アントニオ・センザテーラ。彼はまだ22歳。ここまでは防御率2.81、WHIP1.00と制球力もまずまずといったところだ。

月間最優秀救援投手は、NLでTJ手術から復帰の元ロイヤルズのクローザー、グレッグ・ホランド(ロッキーズ)が復活の11セーブを挙げ、チームの首位発進を支えている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/05/04 Thu. 12:46 [edit]

CM: --
TB: --
   

0504

DETカブレラ通算450本塁打、LAAプホルスは歴代14位の1840打点  



デトロイト・タイガースの主砲ミゲル・カブレラがメジャー歴代38位となる450本塁打をマークした。

カブレラは右脚の付け根を痛めて10日間のDL入りしていたが、この日は3番ファーストで先発出場。3回にインディアンス先発のコリー・クルバー投手からレフトへ今季4号となるメモリアルアーチを放った。




クルーバーが投じた5球目。フロントドアの93・6マイルのフォーシームをライナーでレフトスタンドへ運んだ技ありの一発だった。クルバーは、「あれこそ、カブレラが自分たちの世代で最高の打者と呼ばれる理由だ」と脱帽していた。

カブレラは、MLB通算で2535安打、打率.320、打点1564打点、OBP.398、OPS.960。2012年のア・リーグ3冠王。




また、ロサンゼルス・エンゼルスのアルバート・プホルス(1B/DH)は、シアトル・マリナーズとの延長11回に決勝打となるMLB通算1840打点目を叩き出し、テッド・ウィリアムズを抜いてMLB歴代単独14位の打点となった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/05/04 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0503

フェンウェイでの人種差別発言でレッドソックスが謝罪  

 


ボストンのフェンウェイ・パークで1日(日本時間2日)、レッドソックス対オリオールズ戦の試合中に、オリオールズのアフリカ系アメリカ人のアダム・ジョーンズ外野手が、客席のファンから人種差別発言を受け、ピーナツを投げつけられるなどの「人種差別」行為が発生した。

これを受けてレッドソックスは、ケネディ球団社長が、同選手とオリオールズに謝罪の声明を発表。「ジョーンズ選手とオリオールズに謝罪したい。球団は、このような行為を許さないし、その人は観戦する資格を失うことになる」という球団社長の声明を出した。

レッドソックスは事実関係について、詳しく調べていることを明らかにし、一切の差別的言動を排除する意向を明かにした。



レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手はツイッターで「僕も黒人だ。差別には反対。レッドソックスのファンはもっとましなはずだ」とジョーンズ外野手を擁護するなど、選手間、特にアフリカンアメリカンの選手にもショックが広がっている。

また、MLB(大リーグ機構)のマンフレッド・コミッショナーやボストン市長も遺憾の声明を発表するなど、異例の事態に発展している。

マンフレッド・コミッショナーは「人種差別的な言動は全く受け入れられず、どの球場でも容認されるものではない。追加の措置も検討する」という声明を発表した。

米国社会で黒人に対する蔑称である人種差別用語、通称「Nワード」が黒人選手をターゲットに連呼されて瞬く間に全米に広がった。これは、深刻な事件として広がりを見せている。

ニューヨークでは、ヤンキースの左腕エース、CC.サバシア投手が2日、「メジャー30球団で唯一、Nワードで呼ばれるのはボストンだ。2017年の現在で、こんなことがあるなんて悲しい」と発言している。




❏「Nワード」とは?

Nワードとは黒人を人種差別的に扱う表現。Nigger、nigga、Negro などの語が該当する。世界中のどの言葉にも、相手を罵る際に用いるような口汚い表現、下品な表現、使うべきでないと見なされる表現があり、英語にもそうした表現がある。

英語では vulgar words (野卑な言葉) swear word(罵り文句)、dirty word(汚い言葉) などと総称され、どれも基本的にはスラングになる。

英語では 特定の vulgar words に対する姿勢は非常に厳しく、公の場での発言は激しく叱責され、状況と立場によっては職を追われることにもなる。

記事参考:
https://eikaiwa.weblio.jp/column/knowledge/dirty-word



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/05/03 Wed. 12:49 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド