メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0215

ドイツ代表のマックス・ケプラー(ツインズ)が5年3500万ドルで契約延長  




 ドイツ・ベルリン出身のメジャーリーガー、ツインズのマックス・ケプラー外野手が契約延長にサインした。契約内容は5年3500万ドルで6年目の24年はクラブオプション1000万ドル(バイアウト100万ドル)。


 先日の2月10日に26歳になったケプラー。「スーパー2」の制度により今オフが年俸調停1年目だが、調停3年分とFA期間の2年分の契約でツインズは年平均700万ドルで、選手として旬とも言える5年間をコントロールできることになった。





 父がポーランド系、母がアメリカ人でベルリンのインタースクールで野球を覚えたというケプラー。12年9月に開催されたWBCのドイツ代表にも選出。


09年7月に海外FAでツインズに入団。15年9月にメジャーデビュー。16年8月にはインディアンス戦で1試合3本塁打をマーク。外野のレギュラーに定着した。18年は、打率.224、20本塁打、58打点、出塁率.319、長打率.408、OPS.727、fWAR2.6。


 アベレージはキャリア通算で.233と低いが、長打力が持ち味の選手で、昨年はチーム本塁打数がMLB全体で22位だった打線で、チーム2番目の20本塁打(通算56本)をマークしている。


 ライトの守備では定評があり、昨年は800イニング以上出場した選手の中でレッドソックスのムーキー・ベッツに次ぐ守備防御点+3.9、UZR+8.5をマークしている。


 なお、ツインズは同じく若手のドミニカ出身25歳のホルヘ・ポランコ遊撃手とも5年2575万ドルで契約延長に合意している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2019/02/15 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0212

メジャーリーグ 年俸ランキング・トップ10 ここにハーパーやマチャドが入ってくる  




 ホワイトソックスがマニー・マチャドに8年2億5000万ドルを提示しているというニュースが流れたが、もし、このニュースが精度の高いものとするならば総額でジャンカルロ・スタントンの3億2500万ドル、アレックス・ロドリゲスの2億7500万ドルと2億5200万ドルに次いで歴代4番目の高額契約になるらしい。


ただ、スタントンは13年という長期のため年平均の年俸となるとザック・グリンキーの3440万ドルに次ぐ歴代2位になる。長期契約を避ける傾向のメジャーで8年でも長いが、当初言われていた3億ドルは厳しいかもしれない。


ハーパー


 そのハーパーやマチャドの契約交渉の参考にもなるので、今回は1年平均でメジャーの選手たちがどれぐらいのサラリーがあるのか、年俸ランキングを紹介したい。


■MLB Salary Rankings Top10

01位 ザック・グリンキー 3441万6667ドル
6年2億65万ドル

02位 デビット・プライズ 3100万ドル
7年2億1000万ドル

02位 クレイトン・カーショー 3100万ドル  

02位 ミゲル・カブレラ 3100万ドル

05位 マックス・シャーザー 3000万ドル

06位 ヨエニス・セスペデス 2750万ドル

07位 ノーラン・アレナド 2600万ドル

08位 ジョン・レスター 2583万3333ドル

09位 ジャスティン・バーランダー 2571万4286ドル

10位 スティーブン・ストラスバーグ 2500万ドル

10位 ジェイク・アリエッタ 2500万ドル

10位 ジャンカルロ・スタントン 2500万ドル

10位 フェリックス・ヘルナンデス 2500万ドル



 ちなみに、この次に来るのがマイク・トラウトの2408万3333ドル。トップ10を見ると先発投手が多く。野手では一塁手のカブレラがトップ。

アレナドの27歳で1年2600万がいかに凄いかがわかるが、ブライス・ハーパーやマニー・マチャドもこのランキングに入ってくるだろう。そして、トラウトあたりが野手ではトップになるかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/02/12 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0212

メジャーリーグでスプリングトレーニング始まる  




BASEBALL is back

メジャーリーグは11日(日本時間12日)からスプリングトレーニングが始まった。


気になる日本人選手たちは、マリナーズに移籍し、すでに投球練習を開始している菊池雄星が12日(同13日)、日本での開幕後に引退が気になるイチローが野手組で16日から。


今季は打者での専念が予定されているエンゼルスの大谷翔平は、バッテリー組初日の13日に合流する予定。


メジャーでは例年、アリゾナ州とフロリダ半島に分かれてスプリングトレーニングが行われる。











 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/02/12 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0206

MLB2019 ポジション別年俸ランキング《三塁手》アレナドがトップ  

 


 ノーラン・アレナド(ロッキーズ)が年俸調停を回避して1年2600万ドルの契約に合意したことは日本でも複数のメディアが取り上げた。それもそのはずで、メジャーでは27歳の三塁手に日本円で約28億円。これだけあれば日本の1球団分のチーム・ペイロール(総年俸)に匹敵するからだ。


そこで今回は、MLBの三塁手がどれだけもらっているかをランキング形式で紹介したい。

名前のあとは年齢とMLBサービスタイム(在籍期間)。アレナドの場合は5年と155試合ということになる。



【MLB 3rd Base Sarary】

1.ノーラン・アレナド(ロッキーズ)2600万ドル
Nolan Arenado(27)5.155 Years

2.ジョシュ・ドナルドソン(ブレーブス)2300万ドル
Josh Donaldson(33)6.158 Years

3.カイル・シーガー(マリナーズ)1950万ドル
Kyle Seager(31)7.085 Years

4.ジャスティン・ターナー(ドジャース)1900万ドル
Justin Turner(34)8.045 Years

5.アンソニー・レンドン(ナショナルズ)1880万ドル
Anthony Rendon(28)5.13 Years

6.マーティン・プラド(マーリンズ)1500万ドル
Martin Prado(35)11.105 Years

7.エバン・ロンゴリア(ジャイアンツ)1450万ドル
Evan Longoria(33)10.17 Years

8.ジェド・ジョーコ(カージナルス)1300万ドル
Jedd Gyorko(30)5.164 Years

9.クリス・ブライアント(カブス)1290万ドル
Kris Bryant(27)3.171 Years

10.トッド・フレイジャー(メッツ)900万ドル
Todd Frazier(32)7.071 Years


9位のクリス・ブライアント(カブス)は昨年、頭部への死球や左肩の炎症などで2度故障者リスト入りし、規定打席に達しなかった。102試合の出場で打率.272、13本塁打、52打点、WAR1.91。


クリス・ブライアント


今季は、16年(39本塁打、OPS.942、WAR7.38)、17年(29本塁打、OPS.946、WAR6.16)並みの数字を残せば年俸調停3年目でアレナドと同額ぐらいの年俸が期待できるだろう。



◇記事参考
https://www.spotrac.com/mlb/rankings/3rd-base/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/02/06 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0125

【HOF2019】マリアーノ・リベラが初の満票で殿堂入り、あの最後のマウンドは感動的だった  




現地22日(日本時間23日)、全米野球記者協会(BBWAA)による2019年のアメリカ野球殿堂入りの投票結果が発表され、昨年に続いて今年も4名が殿堂入りを決めた。

メジャーの場合、殿堂入りはBBWAAに10年以上所属する記者の投票(425票)で決まり、得票率75%以上が必要となる。


今年、75%以上を集めたのは、

マリアーノ・リベラ
ロイ・ハラデイ
エドガー・マルティネス
マイク・ムシーナ



説明するまでもなくメジャーリーグファンなら誰もが知っている面々だが、マリアーノ・リベラは、有資格1年目で、これまでのケン・グリフィーJr.の最高得票率99.3%を上回る満票を集めて殿堂入りを決めた。満票は史上初だった。


史上最強のクローザー、マリアーノ・リベラ。鋭いカットボールを駆使して歴代最多の652セーブを記録。ヤンキースの黄金期を支えた。


ヤンキースひと筋19年、野茂が海を渡った頃からメジャーを見はじめた私にとって、ヤンキースの勝利の方程式といえば、9回のマリアーノ・リベラの登場だった。







2013年11月11日に「MLB 伝説のクローザー、マリアーノ・リベラ引退」という記事で紹介したが、そのリベラ最後のマウンド、2013年9月26日のマウンドは感動的だった。


ヤンキースタジアムでのシーズン最終戦(相手はタンパベイ・レイズ)。リベラの最後の雄姿を見ようと、4万8000人を超えるヤンキースファンが見守る中、8回一死、1、2塁の場面でリベラが登場。


9回ツーアウトまで4人を打ち取ると、あと一人の場面で、なんとベンチから出てきたのは、ジョー・ジラルディ監督ではなく、長年一緒にプレイしてきたキャプテンのデレク・ジーターと、その年に同じく引退を表明した同期のアンディ・ペティットのふたり。


粋な演出だった。ゲームをそのまま終わらせずに、大観衆が見守るなかで盟友ふたりがマウンドに歩み寄って、リベラに交代を告げた。


リベラはペティットに抱きつき、しばらく号泣したあと、スタンディングオベーションの中、ヤンキースタジアムでの最後のマウンドを降りていった。


ちなみに、ジャッキー・ロビンソン(黒人初のメジャーリーガー)のデビュー50年を記念して、1997年に30球団すべての背番号42が永久欠番となったため、それまで「42」を付けていたリベラだけが許されて「42」を付けていたが、彼の引退によって、現役選手の42番はゼロになった。




Posted on 2019/01/25 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1220

MLBがキューバ野球連盟と協定締結 日本と同じポスティングシステム導入  

 


MLBとMLBPA(選手会)」は、 キューバ野球連盟(FCB)と同国の選手の移籍手続きについて、日本や韓国プロ野球のポスティングシステムのような制度を設けることで合意した。


キューバ



これまでキューバからの米球界への挑戦は密入国や第三国への亡命といった非合法的な措置を通じて行われてきた。 今回の合意で合法的な移籍制度が確立されたことで、キューバ選手のメジャー移籍がこれまで以上に増加する事が考えられる。





日本球界に与える影響も少なからずある。さらに、キューバ代表として東京オリンピック2020への参加が許されることになり、所属球団との合意が得られれば、キューバ出身のメジャーリーガーが多数出場することにより、日本代表にとっては脅威の存在になる。


新制度では、2つのカテゴリーが設定される。

①FCBの選手は25歳以上で6年以上のプレー経験がある「プロ」
②18歳以上の「アマチュア」


「プロ」が移籍する場合は日本と同様に契約総額の15~20%の譲渡金が発生する。一方で、「アマチュア」はマイナー契約のみとなる。MLB球団によって上限が異なる契約金の25%が譲渡金になる。


時事通信など複数のメディアによれば、 協定の期限は2021年10月末まで。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/12/20 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1128

アンドゥハーが大谷に勝つ「プレイヤーズ・チョイス・アウォーズ」新人賞  

 



残念ながらここでは大谷翔平は選ばれなかったようだ。


メジャーリーグ・ベースボール選手会(MLBPA)が与える賞で、選手間投票によって、その年に傑出したプレイヤーに贈られる賞「Players Choice Awards」が発表された。


新人賞の「アウトスタンディング・ルーキー」にはヤンキースのミゲル・アンドゥハー(3B)が選出され、先日発表された全米野球記者協会(BBWAA)選出のア・リーグ最優秀新人に輝いたエンゼルスの大谷翔平(DH/P)は、最終候補者に残っていたものの、受賞はならなかった。


PCAs2018


あのスローイングを含めた拙いサードの守備でアンドゥハーが受賞できるとは驚きだが、彼の27本塁打、92打点、47二塁打は、1936年にジョー・ディマジオが作ったヤンキース記録を更新している。

149試合に出場したアンドゥハーに対して大谷は、シーズン中のブランクが選手たちの目には印象が悪かったのかのだろうか。

ケチをつける気はないが、データサイト「ファングラフス」のWARでも大谷2.8、アンドゥハー2.7と大谷のほうが上回っている。


■プレーヤー・オブ・ザ・イヤー
JD・マルティネス(レッドソックス)


■マービン・ミラー・マン・オブ・ザ・イヤー
※グラウンド上でのパフォーマンスや、自身のコミュニティーへの貢献によって周囲に刺激を与えた選手
カーティス・グランダーソン(ブルワーズ)


■アウトスタンディグ・プレーヤー
ナ・リーグ クリスチャン・イエリッチ(ブルワーズ)
ア・リーグ ムーキー・ベッツ(レッドソックス)

■アウトスタンディング・ピッチャー
ナ・リーグ ブレイク・スネル(レイズ)
ア・リーグ ジェイコブ・デグロム(メッツ)

■アウトスタンディング・ルーキー
ナ・リーグ ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)
ア・リーグ ミゲル・アンドゥハー(ヤンキース)

■カムバック・プレーヤー
ナ・リーグ マット・ケンプ(ドジャース)
ア・リーグ マイケル・ブラントリー(インディアンス)




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/11/28 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1122

MLB “苦労人”に贈る「カムバック賞」はJ.ベンタースとD.プライスが受賞  

 


 2018年シーズンの最優秀選手(MVP)が発表され、ア・リーグはムーキー・ベッツ(レッドソックス)、ナ・リーグはクリスチャン・イェリッチ(ブリュワーズ)が選出されたが、個人的には「カムバック賞」に注目している。復活を遂げた、いわゆる「苦労人」たちに贈られる賞だからだ。


 この賞は、各球団から1名ずつ、合計30名の候補者が選出され、MLB公式サイトで各球団の番記者を務める30名の記者によって受賞者が決定されるが、その選出方法には違和感がある。というのも同じチームに2人以上の候補がいる場合もあるからだ。


しかし、そんなことよりも受賞者を称えることにする。今季のカムバック賞の受賞者は、ナ・リーグがジョニー・ベンタース(ブレーブス)、ア・リーグはデービッド・プライス(レッドソックス)が受賞した。





 ジョニー・ベンタース(ブレーブス)は、6年ぶりにメジャー復帰。その間、トミー・ジョン手術を2回経験(通算2度目と3度目らしい)。レイズとブレーブスで合計50試合に登板して5勝2敗3セーブ、防御率3.67をマークした。


2003年にブレーブスで指名されレイズを経て6年ぶりに古巣に復帰。ブレーブスで28試合に登板し、チームの東部地区制覇に貢献した。


ブレーブスの受賞者は2010年のティム・ハドソンに続く2人目だが、これぞ「カムバック賞」に値する復活劇で、泣かせてくれる33歳だ。


DsezWT3U8AAdzOK.jpg



 デビッド・プライスは、レッドソックスでは2011年のジャコビー・エルズベリー、2016年のリック・ポーセロに続く3人目の受賞者で、30試合に先発して16勝7敗、防御率3.58。


クオリティ・スタート18度はチーム最多で、とくにホームゲームでの安定感に特筆すべきものがあり、5月17日(日本時間18日)から9月26日(同28日)にかけてはホームでの13先発連続で自責点3以下に抑えた。


MLB.comで紹介されていたが、この記録は、2000~2001年のペドロ・マルティネスが18先発連続を記録して以来で、左腕では1916年のベーブ・ルースの16先発以来らしい。


それだけではなく6イニング以上を無失点に抑えた試合が6度あり、これはサイ・ヤング賞のファイナリストとなったジャスティン・バーランダー(アストロズ)の9度、コリー・クルーバー(インディアンス)の8度に次いでリーグ3位タイの数字だという。


たしかにすごいシーズンだったが、考えて見ればMLBトップクラスの高額でレッドソックスに移籍して2年目の17年が不甲斐なかっただけで、それは16年の35試合230イニングの疲労が出たものだが、プライスは2009年から2桁勝利を続けてきたエリートクラスの先発投手だったから、「カムバック賞」は、個人的には、やや違和感を感じる受賞だった。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/11/22 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1121

ドミニカ出身のA.ベルトレイ三塁手が引退表明、21年間で3166安打、477本塁打  




39歳のベテラン三塁手が静かにバットを置くことを決断したようだ。


レンジャーズなどで活躍し、ドミニカ共和国出身者として初めて通算3000安打を達成したエイドリアン・ベルトレイが現地20日、現役引退を表明した。


「眠れない夜を過ごし、人生をささげてきた野球から引退することを決めた。最高峰のメジャーリーグで21シーズンもプレーできたことに感謝している」とMLB公式サイトが彼の言葉を伝えている。


MLBネットワークのジョン・モロシはベルトレイが19歳でデビューした日のスターティング・ラインナップを紹介。こういうのを見ると感慨深いものがある。





メジャー通算21年間で打率.286、出塁率.339、長打率.480、OPS.819。3166安打、477本塁打を放ち、4度のシルバースラッガー賞、5度のゴールドグラブ賞を受賞。04年には48本塁打で本塁打王にもなっている。


モロシによれば三塁手で3000安打、400本塁打以上を記録した選手は彼だけらしい。


個人的には、ドジャースでデビューしてマリナーズに移籍した際にイチローとチームメイトだったことが印象深く、当時は影が薄かったような気がしたので、ここまで数字を残す選手になるとは予想できなかった。


DsdIdY9XcAIkGgn.jpg


最後のチーム(4球団目)であるレンジャーズの9年間で、故障と闘いながら規定打席に達しないシーズンもあったが、30本塁打以上を4回、3割以上を5回記録した。


直近の2シーズンで94試合、119試合の出場だったベルトレイは、レンジャーズとの契約(年俸1800万ドル)が今季限りで切れ、その去就が注目されていた。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/11/21 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1115

サイ・ヤング賞、ALはブレイク・スネル、NLはジェイコブ・デグロムが受賞  




 全米野球記者協会(BBWAA)の記者投票による今季のサイ・ヤング賞の受賞者が発表され、ア・リーグ(AL)は、タンパベイ・レイズのブレイク・スネル、ナ・リーグ(NL)はニューヨーク・メッツのジェイコブ・デグロムが、それぞれ初受賞した。


詳細は下記のBBWAA公式サイトで確認してほしいが、全部で9人の投手にポイントが入った。

https://bbwaa.com/18-al-cy/


 その中でスネルは30人の投票者から1位票17、2位票11、3位票2を集め、合計169ポイントを獲得して1位に輝いた。2位は154ポイントでジャスティン・バーランダー(アストロズ)。3位はコーリー・クルーバーの71ポイントだった。


 スネルは31試合に先発して21勝5敗、防御率1.89、221奪三振の好成績をマーク。最多勝と最優秀防御率の二冠を獲得したが、投球回数が歴代受賞者の中で最少の180回2/3と少なく、リーグ2位の214回を投げて16勝9敗、防御率2.52、290奪三振をマークしたバーランダーとは僅差だったことがわかる結果になった。


 ナ・リーグも興味深い結果が出た。こちらは10勝という歴代受賞者で最少勝利数のデグロムが合計207ポイントで受賞。

ただ、勝利数以外は、申し分のない成績をマークしており、2位のマックスシャーザー(123ポイント)に大差をつけた。3位は防御率2位のアーロン・ノラ(フィリーズ)が86ポイントで受賞。NLも9投手にポイントが付いた。

https://bbwaa.com/18-nl-cy/


 デグロムは、32試合に先発して10勝9敗、防御率1.70、269奪三振。防御率も素晴らしいが、特筆は先発した32試合中31試合で失点(自責点)3点以下という安定感だろう。


この記録は、シーズン第4戦目の4月16日の先発登板から29試合連続。これまでの1985年にメッツのドワイト・グッデンがマークした24試合連続をはるかに上回り、しかも来季へ継続中というストロングフィニッシュで、シーズンを終えている。


どちらの受賞にも言えることは、投球回数や勝利数といった「量」より、投球内容という「質」を30人の記者が今回は選んだと言えるのではないだろうか。



《最近の受賞者一覧》
ア・リーグ ナ・リーグ
選 手 チーム 選 手 チーム
2017 C・クルバー インディアンス 2017 M・シャーザー ナショナルズ
2016 R・ポーセロ レッドソックス 2016 M・シャーザー ナショナルズ
2015 D・カイケル アストロズ 2015 J・アリエッタ カブス
2014 C・クルバー インディアンス 2014 C・カーショー ドジャース
2013 M・シャーザー タイガース 2013 C・カーショー ドジャース
2012 D・プライス レイズ 2012 R・A・ディッキー メッツ
2011 J・バーランダー タイガース 2011 C・カーショー ドジャース
2010 F・ヘルナンデス マリナーズ 2010 R・ハラデー フィリーズ
2009 Z・グリンキー ロイヤルズ 2009 T・リンスカム ジャイアンツ
2008 C・リー インディアンス 2008 T・リンスカム ジャイアンツ
2007 C・C・サバシア インディアンス 2007 J・ピービ パドレス


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/11/15 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド