メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1022

【ALCS】アストロズがAL移動後リーグ初制覇!MVPはバーランダー  



メジャーは、両リーグのチャンピオンシップが終わった。GAME7までもつれ込んだアメリカンリーグ(AL)は、ヒューストン・アストロズが4対0で制して4勝3敗で、2005年以来となる12年ぶり2度目のリーグ優勝を決めた。

アストロズは、13年にナ・リーグ中部地区からア・リーグ西部地区に編成が移ってからはリーグ初制覇で、24日(日本時間25日)から始まるワールドシリーズでナ・リーグの覇者ロサンゼルス・ドジャースと世界一を争う。

終わってみれば、レギュラーシーズンで101勝(61敗)を挙げたアストロズが、ワイルドカードから勝ち上がったAL東部地区2位(91勝71敗)のヤンキースを最終戦で突き放した。

MVPはジャスティン・バーランダー投手。彼はこのポストシーズンで4試合に登板、3試合に先発し4勝0敗。防御率1.46、WHIP0.93、24回2/3イニングスで24奪三振と、助っ人としての存在感を示し、南部のテキサス州のファンからすればレッドソックスとヤンキースという東部の名門チームを黙らせたピッチングは、胸のすく思いだったに違いない。

DMtnQglW4AIwP2v.jpg


ヤンキースが敗れ去ったことで、田中将大対ドジャースのダルビッシュ有、前田健太のワールドシリーズでの日本人投手対決は無くなった。

アストロズ、ヤンキースともにホームですべて勝った。

変な詮索かも知れないが、アストロズはホーム6勝で、昨年オフから着手したミニッツメイド・パーク名物の「タルの丘」を撤去した改装費用がペイできたかも知れない。昨年までは、センター深部(約132メートル)に勾配と電柱のようなポールがあった。


がんばろう神戸


以前にも紹介したが、スポーツが勇気を与えることもある。

1995年1月17日、阪神淡路大震災で神戸が被災した年も仰木監督(故人)やイチローが活躍して「がんばろう神戸」を合言葉に地元チームのオリックス・ブルーウェーブが優勝した。11年ぶりだった。(私も大阪で被災したから、あの揺れは今でもトラウマになっている。)

DMtYUgDVAAAI5ML.jpg


この8月に大型ハリケーン「ハービー」が直撃して、上から2番目に強い「カテゴリー4」の勢力がヒューストンを襲った。最大風速58メートル、24時間で610ミリの雨が降った。

これによりヒューストンは多大な被害を受けた。

そのヒューストン市民を励ます為に「HOUSTON STRONG」を合言葉にアストロズがチャンピオンシップまで駆け上がる姿は、2013年のボストンマラソンの悲惨なテロから立ち上がってボストン市民を勇気づけたレッドソックスや、あの時のオリックスを思い出す。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/10/22 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1020

ダルビッシュと前田健太がワールドシリーズへ ドジャースが1988年以来のWS進出   



ダルビッシュ有と前田健太が所属するロサンゼルス・ドジャースが1988年以来、29年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出を決めた。

ドジャース2017


カブスのホーム、シカゴのリグレーフィールドで行われたナ・リーグのチャンピオンシップシリーズ(NLCS)第5戦は19日(日本時間20日)、エース左腕クレイトン・カーショーが好投してゲームを作ると、打撃陣では、エンリケ・ヘルナンデスが1試合3本のアーチを架けて7打点。

7回には2番手の前田健太が打者3人を完ぺきに抑え、8回はブランドン・モロー、最後はクローザーのケンリー・ジャンセンが締めて、ドジャースがNLCSの対戦成績を4勝1敗としてナショナルリーグを制覇。リーグ王者としてワールドシリーズにコマを進めた。



カーショーは4回1死からカブスの3番クリス・ブライアントにソロ弾を浴びたものの6回89球を投げて3安打、5奪三振、1四球、1失点の好投。

ディビジョンシリーズではダイヤモンドバックスに4発のホームランを許して、チャンピオンシップシリーズ第1戦でも5回を4安打、2失点(被本塁打1)でピリッとしなかったが、ポストシーズン3戦目の登板では完ぺきではないものの、大量点に守られて、エースとしての結果を残した。

この流れではワールドシリーズ第1戦にカーショーが中4日で登板する可能性が強くなった。

前田健太


2番手の前田健太も好投した。わずか10球で3者凡退に仕留める完璧な内容だった。

このポストシーズンでは5回目の登板。計5イニングスを無安打、無四球、無失点の完璧なリリーフでロバーツ監督の起用に応えている。

前田で注目したいのは5試合で15人中、左打者との対戦は1人のみ。応援している側としてはもっと見たい気もするが、対右打者の被打率.214、三振も今季140のうち91三振が右打者。そうしたデータを生かした起用法が功を奏しているのかもしれない。

ワールドシリーズでは、アストロズとヤンキースのどちらになるかわからないが、アストロズでは主力にアルトゥーベ、コレア、スプリンガー、グリエル、ブレグマンなど、コアな選手に右打者が多い。ヤンキースもジャッジ、サンチェス、カストロ、フレイジャーが右打者で、彼らと前田健太との対戦も楽しみだ。

ここまで2017年のポストシーズン2戦2勝のダルビッシュ有の存在も大きい。いまさら紹介するまでもないが、2戦で11回1/3イニングスを投げて失点2の防御率1.59。被打率.195でWHIP0.79だから、2本塁打を献上しているとは言え、それ以外は、打たれたというイメージがない。

アストロズのバーランダーと同様に優勝請負人として夏に補強しただけに、その期待に応えた内容だと言える。

シーズン終了後にはフリーエージェントになるダルビッシュだが、何とか引き留めて契約して欲しいというドジャースファンの声が高まっているという。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/10/20 Fri. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1019

レッドソックスの主力2人が手術、JDマルティネス待望論もありチーム編成に影響か!?  



レッドソックスの主力選手2人が手術を受けた。

ボストン・レッドソックスの指名打者ハンリー・ラミレスと先発左腕エデュアルド・ロドリゲス投手が現地17日、手術を受けた。MLB公式サイトによると両選手ともフロリダ州ペンサコーラのジェームズ・アンドルーズ医師が執刀した。

このうち復帰まで時間を要するのはロドリゲス。メジャー3年目の今季は25試合(うち先発24試合)に登板し、6勝7敗、防御率4.19。膝の痛みで6月に故障者リスト(DL)に入るまでの11試合は、4勝2敗で防御率3.59。

クリス・セール、ドリュー・ポメランツ、リック・ポーセロらと共にローテーションの一角を担っていたが、オールスターブレイク後に復帰した後は14試合の先発で2勝5敗、防御率4.72と振るわなかった。

もうひとりの主砲ラミレスの方は、左肩の関節鏡視下手術などで、比較的早めの復帰が期待され、来季の開幕には間に合う見通しだという。



33歳のラミレスは今季、キャリアワーストの打率.242にとどまり、23本塁打、62打点。来季は4年総額8,800万ドル(約98億7,000万円)の契約最終年になる。

レッドソックスは、デビッド・オルティーズが引退したことでシーズン前から懸念されていた長打力不足が露呈。前年208本だったチーム本塁打もア・リーグ最低の168本まで減った。

その影響もあり59本塁打を放ったマーリンズのジャンカルロ・スタントンの獲得を期待する声もあるが、巨額の契約が残っている事や平均で121試合しか出場できていない事などが理由で、地元メディアでは獲得に否定的な論評がある。

そこで浮上しているのは17年45本塁打のJ.D.マルティネス。マルティネスは夏にタイガースからダイヤモンドバックスに移籍後に本塁打を量産。ポストシーズン進出へチームをけん引した。

年間トータルで打率.303、出塁率.376、長打率.690、OPS1.066、103打点という数字はオルティーズ引退後の長距離砲として期待でき、スタントンほど高額契約でもないという。

レッドソックスの外野陣はベッツ、ブラッドリー・ジュニア、ベニンテンディの若い3人が今季のレギュラーだったが、やや迫力不足。

そこに、ライトが定位置のマルティネスを一塁や指名打者、外野を併用させてハンリー・ラミレスと併用してはどうかという案が浮上している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/10/19 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0930

アスレチックスがボブ・メルビン監督との契約を2019年まで延長  




オークランド・アスレチックスは28日(日本時間29日)、ボブ・メルビン監督との契約を2019年シ-ズンまで1年延長することを発表した。

メルビン監督は、1981年のドラフトでデトロイト・タイガースから1巡目指名を受け入団。10年間で8球団、692試合に出場している。

引退後は、指導者の道を選び、ミルウォーキー・ブルワーズ、タイガース、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのコーチを経て2003年、シアトル・マリナーズの監督に就任し2年間務めた。

個人的には、マリナーズ監督2年目の04年に前年93勝69敗(.574)のチームを地区最下位の63勝99敗(.389)に降下させたことから、あまり良いイメージの監督ではない。

同地区のアスレチックスを11年途中から指揮。12年からア・リーグ西部地区2連覇、14年はワイルドカードでのプレイオフ進出を果たした。

その後は2年連続で最下位に沈み、今季も74勝85敗(29日時点)で最下位となっている。

アスレチックスでの成績は535勝532敗で、同球団の指揮官としてはトニー・ラルーサ(798勝)、アート・ハウ(600勝)の両名将に次ぐ歴代3位の勝利数。通算では1,028勝1,040敗で史上64人目の1,000勝監督となった。

弱小球団を任せられることが多く、そうした意味では監督14年間で3度の地区優勝は評価できる。ダイヤモンドバックス時代の07年とアスレチックス時代の12年には最優秀監督賞に選出されている。


◇記事参考
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000211-ism-base


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/30 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0930

マーリンズ売却承認、元ヤンキースのジータ―氏が編成部門のトップになる公算大  



MLBのオーナー会議はマーリンズが元ヤンキースのデレク・ジーター氏らを中心とするベンチャー・キャピタル(専門投資会社)に売却されることを承認した。

編成部門のトップにはジーター氏が新たに就くという可能性が高い。地元紙「マイアミ・ヘラルド」によると合意額は12億ドルになるという。

7月にNBCスポーツが伝えたところによれば新オーナーは、地元フロリダ州の実業家で、キューバ系米国人ホルヘ・マス氏だった。金額も11億7,000万ドルになるという事だったが、その後、ジータ―氏らのグループが盛り返して買収を決めた。



マイアミ・マーリンズの売却経緯については、次から次へと名前が挙がった。買い手グループがトランプ大統領の親族だったり、話題性のある人物が多く、今年2月ごろから米メディアでも大きく取り上げられた。

その中で、元大統領を父と兄にもつジェブ・ブッシュ氏と元ヤンキースのデレク・ジーター氏らのグループ、共和党の元大統領候補が父のタグ・ロムニー氏のグループ、この2つのグループが買収候補として有力で、4月後半頃には、ジータ―氏のグループが優位に立っているとの報道が流れた。

しかし、5月末にジーター氏らのグループからブッシュ氏が撤退。これにより、ジーター氏は球団買収に必要な資金が足りず、元NBAプレイヤーのマイケル・ジョーダン氏らとタッグを組んで交渉にあたっているとの情報も流れた。



なお、現オーナーのローリア氏は2002年にマーリンズを1億5,800万ドル(約180億円)で買収している。

選手の補強に資金を投入せず、市民からの評判の悪いオーナーだったが、元メジャーリーガーのジータ―氏が経営に加われば、ファンのマーリンズへの好感度はアップするかもしれない。


記事参考
http://www.miamiherald.com/sports/mlb/miami-marlins/article166853582.html
http://mlb.nbcsports.com/2017/07/10/report-jeffrey-loria-to-sell-marlins-to-jorge-mas-for-1-17-billion/

フォーブス誌のマイアミ・マーリンズ売却報道
マーリンズの売却問題は“口約束”の段階、市民は大歓迎!?
マイアミ・マーリンズ、地元フロリダ州のキューバ系米国人経営者に売却か!?




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/30 Sat. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0929

「小さな巨人」J.アルトゥーべが4年連続200安打到達  




メジャーリーグも各チームが残すところ数試合、個人タイトル争いに注目が集まる季節になって来た。

アストロズの“小さな巨人”ホセ・アルトゥーベ二塁手が9月27日(日本時間28日)、今季もシーズン200安打に到達した。これで4年連続のシーズン200安打になった。

2000年以降ではマリナーズ時代のイチロー外野手(マーリンズ)の10年連続、マイケル・ヤング内野手(レンジャーズ)の5年連続に次ぐ偉業と言える。

昨年は、彼以外にムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス)、当時ダイヤモンドバックスに所属したジーン・セグラ遊撃手(マリナーズ)が200本を越えた。

今季は、アルトゥーベ二塁手と208安打のチャーリー・ブラックモン外野手(ロッキーズ)、201安打のエンダー・インシアーテ外野手(ブレーブス)の3人が越えており、イチローの同僚、マーリンズのディー・ゴードン二塁手が196本と大台に迫っている。

ほとんどが左打者、またはスイッチヒッターで、右打者は現役ではアルトゥーベだけである。

しかも、kasamaさんの「MLB記録navi」によれば2年連続で『200安打-20本塁打-20盗塁』という記録は、イチローでも成し得なかった偉業だということが分かる。

数字が変動する打率部門でも.350は断トツの両リーグトップで、2年連続3度目の「首位打者」は、ほぼ確定。そうなればアストロズの快進撃をけん引した一人としてリーグMVPの可能性も出てきた。

右打者でシーズン203安打、打率.350、24本塁打、81打点、32盗塁。(現地28日終了時点)

ジャッジもMVP候補。rWARではアルトゥーベ8.3、ジャッジ7.6。しかし、もう一つの指標であるfWARでは、アルトゥーベ7.6に対してジャッジ8.1で、計算式が違うと逆転する。

個人的には、新人記録を塗り替える51本塁打で「本塁打王」獲得もインパクトあるのだが、両リーグワーストの205三振は、ちょっと笑えてくる。

アストロズの地区優勝に貢献したアルトゥーベに対し、ヤンキースの球宴以降の失速を見ればジャッジは「新人王」が妥当のような気がする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --

Posted on 2017/09/29 Fri. 23:50 [edit]

CM: --
TB: --
   

0928

マイアミ・マーリンズの売却承認 MLBオーナー会議  




MLBのオーナー会議は27日(日本時間28日)、イチローや田澤純一が所属するマイアミ・マーリンズが元ヤンキースのデレク・ジーター氏やブルース・シャーマン氏らを中心とするベンチャー・キャピタル(専門投資会社)に売却されることを承認した。

MLB公式サイトによれば、投票は電話会議で行われ、全会一致で承認された。現在の所有権をもつジェフリー・ローリア氏との当事者間では既に基本合意に達しており、公式戦終了後の来月初めにも手続きが完了する見通し。

マーリンズ

編成部門のトップにはジーター氏が新たに就くという可能性が高いが、新体制では選手も首脳陣も大幅に刷新される公算が大きい。

コミッショナーのロブ・マンフレッド氏は、「選手としてのすばらしい経歴に続く、ジーター氏の経営者としての役割に期待したい」などのコメントを発表した。

イチロー外野手の来季は球団が選択権を持っている。田澤純一投手は来季も契約が残っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/09/28 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0927

ヤンキース田中将大がピンチ ALDSで先発ローテを外される事態も  



よほどの事がない限り、その可能性はないと思っていたが、田中将大を取り巻く環境は深刻かもしれない。

この数年、ヤンキースを支えてきた選手が引退し、今季は若手の内部育成、メジャー順応の1年と思われていたが、23歳の先発投手ルイス・セベリーノの成長と25歳アーロン・ジャッジ外野手などが台頭し、最終的にはライバルのレッドソックスとの首位争いには敗れたが、この1年を俯瞰すれば、来季への可能性を感じるシ-ズンになった。

26日(日本時間27日)のレイズ戦は24歳左腕ジョーダン・モンゴメリー投手が6回1失点の好投。彼は前回登板でもオリオールズ戦で6回零封と好投した。

10月3日(同4日)のワイルドカードに進出が決まったヤンキース。その先発は、開幕投手の田中将大を抜いてエース格にのし上がったセベリーノだが、それを勝ち上がった場合、5回戦制のディビジョンシリーズ(ALDS)に進む。

ワイルドカードの1試合マッチに勝った場合の話になるが、5回戦制の場合は先発が3人で回すパターンが多い。

地元メディアの記事では、田中将大が先発ローテーションから外れる場合も予想。

その場合はワイルドカードゲームはルイス・セベリーノ。5日(同6日)からのディビジョンシリーズは、初戦がソニー・グレイ、2戦目がCCサバシア、3戦目がジョーダン・モンゴメリーもしくはハイメ・ガルシア、そして4戦目はセベリーノ、5戦目はグレイ」という編成になるという。

田中将大の次の登板は29日(同30日)の本拠地でのブルージェイズ戦に決まった。これで結果を残さないと先発ローテを外される事態も考えられる。


《田中最近の登板状況》
※日付は日本時間
  • 9/03 7回 1失点
  • 9/09 4回 7失点
  • 9/15 7回 2失点
  • 9/23 5回2/3 8失点(自責点7)

田中将大の9月は、ここまで防御率6.46、WHIP1.44、被本塁打6。


《ヤンキース先発投手スタッツ》
  1. L.セベリーノ 30試合13勝6敗、防御率3.03、WHIP1.05、奪三振221
  2. S.グレイ 26試合10勝11敗、防御率3.31、WHIP1.17、奪三振151
  3. CC.サバシア 26試合13勝5敗、防御率3.84、WHIP1.29、奪三振114
  4. J.モンゴメリー 28試合9勝7敗、防御率3.96、WHIP1.25、奪三振141
  5. 田中将大 29試合12勝12敗、防御率4.94、WHIP1.27、奪三振179




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/27 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0926

A.ジャッジが50号弾、新人本塁打記録を30年ぶりに更新 年間50本はヤンキース5人目  




25歳のアーロン・ジャッジがルーキーの年間本塁打記録を更新した。

ジャッジは、本拠地でのロイヤルズ戦の3回に49号を放ち、1987年のマーク・マグワイア(アスレチックス)に並ぶ。7回にはトレバー・ケーヒル投手の2-1から投げた84.3マイルのチェンジアップをレフトスタンドに運び新記録を樹立した。

ヤンキースではベーブ・ルース、ミッキー・マントル、ロジャー・マリス、アレックス・ロドリゲスに続くシーズン50本塁打に到達したことになる。



ジャッジは、昨年8月にデビュー。チームの主軸だったアレックス・ロドリゲスが退団した次の8月13日の試合で、デビューを果たした。

このデビュー戦では、7番タイラー・オースティン一塁手、8番アーロン・ジャッジ外野手が、ルーキー連続の初打席初本塁打というメジャー史上初の快挙を演じてセンセーショナルなデビューを飾った。

しかし、その後は不振に陥り84打数42三振、打率.179、4本塁打でマイナー落ちしていた。

今季は開幕8番でスタメンデビュー。4月~6月に3カ月連続でルーキー・オブ・ザ・マンスに選出され、6月にはプレイヤー・オブ・ザ・マンスを初受賞した。前半戦のみで打率.329、30本塁打、66打点と打ちまくった。

前半だけでジョー・ディマジオのヤンキース球団新人本塁打記録を更新した。

オールスターにも初選出。ホームランダービーでも活躍したが、球宴以降は不振に陥り、とくに8月は打率.185で3本塁打だった。



9月は調子が戻り、ここまで月間13本塁打。2試合連続のマルチ本塁打で終盤に来て固め打ちしている。

これで、今季の打率.283、108打点、50本塁打、8盗塁、出塁率.418、長打率.620、OPS1.038。三振も多く203三振はMLB最多。

若手育成路線で我慢の年になるはずだったヤンキースだが、ワイルドカード進出と大型新人の台頭で、実りある1年になった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/26 Tue. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0925

ナッツのシャーザーが10奪三振で16勝目、不安だったブルペン陣もアップグレード  

 


優勝を決めたナショナルズが同地区4位のメッツと対戦。ナショナルズは、先発マックス・シャーザーが6回を被安打3、四球1、奪三振10、失点1で16勝目(6敗)をあげた。

ポストシーズンを見据えた調整登板なのか、シャーザーも6回87球で早々と降板したが、それでも10奪三振は、調子の良さを物語っている。プレイオフの対戦相手になる予定のカブスも手こずりそうだ。

もっともナッツの弱点は、シーズン当初から失敗したクローザーなどのブルペン。これが最後まで影響してブルペンは防御率でMLB20位(前半は29位)。スターターが同MLB4位と比べると不安材料だ。

ただ、夏にもブルペンを中心に下記の選手を補強。


《獲得選手》
RP ショーン・ドゥーリトル
RP ライアン・マドソン
RP ブランドン・キンツラ-
INF/OF ハウィー・ケンドリック


最近の30試合では、ドゥーリトルが11回で防御率0.82と好調。ほかに左腕サミー・ソリスが8回を無失点。マット・アルバースが9回1/3で防御率0.96。マドソンやキンツラーも同2点台と悪くない。

この結果、全体ではMLB6位の投手陣が、オールスター後は3位にアップグレードした。今季は、せめてチャンピオンシップまでは上り詰めたいところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/25 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド