メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0226

【WBC2017】アメリカ代表、野手は豪華だが先発クラスが見劣りする布陣  




投手の起用法等でルールを改正したことにより、セミファイナルからのドジャースタジアムでメジャー最高の左腕といわれているクレイトン・カーショーの先発を期待したが、ロースターにないのは残念だ。

盛り上がりに欠ける大会にならなければいいが・・・そうでないと大会自体の継続が危ぶまれているからだ。

ということで、そのアメリカ代表にスポットを当てると、ジム・リーランド監督率いる米国代表は、剛腕マックス・シャーザーの辞退、MVP経験者のマイク・トラウト内野手、ブライス・ハーパー内野手、ジョシュ・ドナルドソン内野手なども辞退。

オールアメリカン・セカンドチームといった顔ぶれだが、それでもジャンカルロ・スタントン外野手、ポール・ゴールドシュミット一塁手ら長距離砲は揃えた。

守りの要になるバスター・ポージー捕手、ジョナサン・ルクロイ捕手は最強コンビだろう。キーポイントになる中継ぎ陣は専門職を揃えた。クローザーもミラーとロバートソンという一流クラスを入れてきた。

アメリカ代表は、1次ラウンド(プールC)で前回王者のドミニカ共和国、コロンビア、カナダと激突する。

C4LcjPoVUAAFEo1.jpg


また、今回導入された「指名投手枠」制度によって、1次ラウンドは先発投手のダニー・ダフィーとタナー・ロアーク両投手が出場する。その後、出場が予想されるマーカス・ストローマン投手やマイケル・フルマー投手は若手だが実績もあり期待できる。

しかし、先発は、野手陣に比べてやや見劣りするメンバー。サイ・ヤング賞のシャーザーの欠場は残念で、クリス・セールやノア・シンダガードなどのエリートスターター達は様子見を決め込んだのか出場辞退した。

同制度では1次ラウンドと2次ラウンド終了後に指名投手として登録されたピッチャーを最大2名まで入れ替えることが可能だが、一度メンバーから外れた者を再登録することはできないという規定がある。


アメリカ代表メンバーは以下の通り。

【先発】
クリス・アーチャー(レイズ)
マーカス・ストローマン(ブルージェイズ)
ダニー・ダフィー(ロイヤルズ)※
マイケル・フルマー(タイガース)※
ソニー・グレイ(アスレチックス)※
J.A.ハップ(ブルージェイズ)※
タナー・ロアーク(ナショナルズ)※
ドリュー・スマイリー(マリナーズ)※

【リリーフ】
アレックス・ウィルソン(タイガース)※
ブレット・セシル(カージナルス)※
タイラー・クリッパード(ヤンキース)
サム・ダイソン(レンジャーズ)
マイケル・ギブンズ(オリオールズ)
ルーク・グレガーソン(アストロズ)
ネート・ジョーンズ(ホワイトソックス)
ジェーク・マギー(ロッキーズ)
アンドルー・ミラー(インディアンス)
パット・ネシェク(フィリーズ)
デービッド・ロバートソン(ホワイトソックス)


※は指名投手


【捕手】
A.J.エリス(マーリンズ)
ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ)
バスター・ポージー(ジャイアンツ)

【内野手】
ノーラン・アレナド(ロッキーズ)
アレックス・ブレグマン(アストロズ)
マット・カーペンター(カージナルス)
ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)
ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
エリク・ホズマー(ロイヤルズ)
イアン・キンズラー(タイガース)
ダニエル・マーフィー(ナショナルズ)

【外野手】
アダム・ジョーンズ(オリオールズ)
アンドルー・マカッチェン(パイレーツ)
ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)
クリスチャン・イエリッチ(マーリンズ)




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


Posted on 2017/02/26 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0225

ヤンキース、A.ジャッジ、K.ヒガシオカらが上出来のデビュー!  

 


メジャーリーグ公式サイトがヤンキースの若手有望株アーロン・ジャッジ外野手の特大ホームランをヘッドラインで報じている。

ヤンキースは現地24日、フィラデルフィア・フィリーズと今季初のオープン戦を行い、9対4で快勝。この時期の勝敗はまったく関係ないが、重要なのはその内容。

ヤンキースは初回、若手のリーダー格ディディ・グレゴリアス遊撃手が先制ソロを放つと、5回にはメジャー2年目のジャッジが、左中間のスコアボード最上部を直撃する特大弾を放った。

さらに、7回には日系3世でブルペンでは田中将大の球を受けているカイル・ヒガシオカ捕手がソロアーチをレフトスタンドに叩き込んだ。

その他では、新加入で4番に入った指名打者のマット・ホリデー外野手が2打数2安打。投げては、先発のブライアン・ミッチェル投手が、2回無失点で勝利投手となった。

巨漢201センチのジャッジは、メジャー2年目。MLBのプロスペクトランキング45位(BP63位、BA90位)。

2013年ドラフトのヤンキース1巡目。昨年8月13日のデビュー戦では、初打席初本塁打をセンターバックスクリーンに放り込んで鮮烈なデビューを飾り、次の試合でも第1打席に本塁打を記録。スタメン出場した第3戦でも決勝打となる二塁打を4回にナックルボウラーR.A.ディッキーから放った。

しかし、その後は粗さが目立ち結局、27試合で打率.176、84打数で三振42個と期待外れだった。

ミッチェルは、4年目(実質3年目)の25歳で、15年は20試合、昨年は先発専業となり、5試合全てにスターターとして登板。防御率3.24と、念願のメジャー初勝利をマークに登板している。

カイル・ヒガシオカ捕手は4月に27歳になる選手で、昨年はマイナーの2Aと3Aで102試合に出場。打率.273、21本塁打、81打点。第3の捕手として現時点で25人枠に登録されている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



Posted on 2017/02/25 Sat. 21:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

0223

“あの審判”ボブ・デービッドソン審判が引退  





WBCで疑惑の判定を下さしたMLB審判ボブ・デービッドソンが引退する。

デービッドソン審判員が引退=米大リーグ

 【ニューヨーク時事】米大リーグ機構は21日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも派遣されたボブ・デービッドソン氏(64)らベテラン審判員4人の引退を発表した。

 デービッドソン氏は2006年の第1回WBC2次リーグの日本―米国戦で球審を務め、同点の八回の日本の攻撃で、岩村(当時ヤクルト)の左飛でタッチアップしてホームインした三塁走者の西岡(同ロッテ)の離塁が早かったとして得点を取り消し、話題となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000038-jij-spo



忘れもしない2006年に開催された第1回WBC。2次ラウンド初戦で王監督率いる日本代表は米国代表と対戦。

終盤に犠牲フライで4―3と勝ち越しに成功したが、ここで米国代表は三塁走者の離塁が早かったと抗議。これが認められ、あろうことか判定がアウトに覆ってしまった。

532a7aa1.jpg


 日本代表の勝ち越し点は幻。試合もサヨナラ負けを喫する最悪のシナリオとなってしまったが、米国代表の抗議を認め、判定を覆したのが球審を務めていたデービッドソンだった。

メジャーでは、ボークを非常によく取るため異名は“ボーキング・ボブ”と呼ばれていた。

 デービッドソンのほか、ジム・ジョイス(61)、ジョン・ハーシュベック(62)、ティム・ウェルク(59)もメジャーリーグの審判員を引退するとのこと。

ジョイスは、2010年6月2日のデトロイト・タイガース対クリーブランド・インディアンス戦で、タイガース先発のアーマンド・ガララーガは完全試合達成にあと1人と迫った場面で、27人目の打者のゴロをセーフと判定。のちにこれを誤審と認めて謝罪した。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/02/23 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0221

【WBC2017】連覇を狙うドミニカのラインナップは?選手スタッツ  



前回大会の覇者のドミニカ共和国。今回も優勝候補筆頭と見られており、まさに「スター軍団」といえるメンバー構成だ。個人的な予想ラインナップは以下の通り。

【ドミニカ共和国の予想スタメン】
1(CF)スターリン・マルテ(パイレーツ)
2(SS)マニー・マチャド(オリオールズ)
3(2B)ロビンソン・カノ(マリナーズ)
4(DH)ネルソン・クルーズ(マリナーズ)
5(1B)ハンリー・ラミレス(レッドソックス)
6(3B)エイドリアン・ベルトレイ(レンジャーズ)
7(RF)ホセ・バティスタ(ブルージェイズ)
8(C)ウェリントン・カスティーヨ(オリオールズ)
9(LF)グレゴリー・ポランコ(パイレーツ)


WBCドミニカ
https://twitter.com/i/moments/830669341360152576

ESPNでは、選手としてのキャリアを重視したのか、ベルトレイが4番という予想だった。ヒット数では3,000本に残り58本のベルトレイがステータスでチームの顔かもしれないが、シアトル時代のパッとしないイメージがあって、ベルトレイよりもクルーズを4番、ラミレスを5番にした。

3番カノーと9番ポランコだけが左で、右の長距離砲が続く重量打線だ。

投手陣は先発の3番手以降が弱い。ただ、短期決戦なので、クエトとマルティネスの2人いれば勝ち抜ける。その後のブルペンは充実している。

レフトのポランコは、ピッツバーグでの本職はライトで、バティスタのライトと共に外野の守備にやや不安が残る。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


Posted on 2017/02/21 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0220

【WBC2017】各国のパワーランキングと初制覇狙うアメリカ代表のロースター  




来月開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の最終メンバー発表を受け米スポーツ専門局ESPNのWEBサイトで出場16カ国のパワーランキングを発表している。

01位 ドミニカ共和国
02位 アメリカ合衆国
03位 ベネズエラ
04位 日本
05位 プエルトリコ
06位 韓国
07位 メキシコ
08位 キューバ
09位 オランダ
10位 チャイニーズ・タイペイ
11位 カナダ
12位 コロンビア
13位 イタリア
14位 イスラエル
15位 オーストラリア
16位 中国


日本は前回王者のドミニカ共和国、そしてアメリカ、ベネズエラに次ぐ4位。

これはESPN記者によるランク付けだが、このランキングは特に納得できる根拠もなく、記者が10人いれば、それぞれ十通りのランキングになることを前置きしておきたい。しかし、中南米の各国が強敵になるの間違い。

投手の起用法等でルールを改正したことにより、セミファイナルのドジャースタジアムでメジャー最高の左腕といわれているクレイトン・カーショーの先発を期待したが、ロースターにないのは残念だ。盛り上がりに欠ける大会にならなければいいが・・・そうでないと大会自体の継続が危ぶまれているからだ。

ということで、そのアメリカ代表にスポットを当てると、ジム・リーランド監督率いる米国代表は、剛腕マックス・シャーザーの辞退、MVP経験者のマイク・トラウト内野手、ブライス・ハーパー内野手、ジョシュ・ドナルドソン内野手なども辞退。

オールアメリカン・セカンドチームといった顔ぶれだが、それでもジャンカルロ・スタントン外野手、ポール・ゴールドシュミット一塁手ら長距離砲は揃えた。

守りの要になるバスター・ポージー捕手、ジョナサン・ルクロイ捕手は最強だろう。キーポイントになる中継ぎ陣は専門職を揃えた。クローザーもミラーとロバートソンという一流クラスを入れてきた。

アメリカ代表は、1次ラウンド(プールC)で前回王者のドミニカ共和国、コロンビア、カナダと激突する。

C4LcjPoVUAAFEo1.jpg


また、今回導入された「指名投手枠」制度によって、1次ラウンドは先発投手のダニー・ダフィーとタナー・ロアーク両投手が出場する。その後、出場が予想されるマーカス・ストローマン投手やマイケル・フルマー投手は若手だが実績もあり期待できる。

しかし、先発はやや見劣りするメンバー。シャーザーの欠場は残念で、カーショーやシンダガードなど先発の超が付くエリートスターター達は様子見を決め込んだのか出場辞退した。

同制度では1次ラウンドと2次ラウンド終了後に指名投手として登録されたピッチャーを最大2名まで入れ替えることが可能だが、一度メンバーから外れた者を再登録することはできないという規定がある。


アメリカ代表メンバーは以下の通り。

【投手】

クリス・アーチャー(レイズ)★
ブレット・セシル(カージナルス)※
タイラー・クリッパード(ヤンキース)
ダニー・ダフィー(ロイヤルズ)※★
サム・ダイソン(レンジャーズ)
マイケル・フルマー(タイガース)※★
マイケル・ギブンズ(オリオールズ)
ソニー・グレイ(アスレチックス)※★
ルーク・グレガーソン(アストロズ)
J.A.ハップ(ブルージェイズ)※★
ネート・ジョーンズ(ホワイトソックス)
ジェーク・マギー(ロッキーズ)
アンドルー・ミラー(インディアンス)
パット・ネシェク(フィリーズ)
タナー・ロアーク(ナショナルズ)※★
デービッド・ロバートソン(ホワイトソックス)
ドルー・スマイリー(マリナーズ)※
マーカス・ストローマン(ブルージェイズ)★
アレックス・ウィルソン(タイガース)※

★は先発投手
※は指名投手


【捕手】

A.J.エリス(マーリンズ)
ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ)
バスター・ポージー(ジャイアンツ)

【内野手】

ノーラン・アレナド(ロッキーズ)
アレックス・ブレグマン(アストロズ)
マット・カーペンター(カージナルス)
ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)
ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
エリク・ホズマー(ロイヤルズ)
イアン・キンズラー(タイガース)
ダニエル・マーフィー(ナショナルズ)

【外野手】

アダム・ジョーンズ(オリオールズ)
アンドルー・マカッチェン(パイレーツ)
ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)
クリスチャン・イエリッチ(マーリンズ)




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





Posted on 2017/02/20 Mon. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0218

【DL情報】LADゴンザレス、TEXベルトレイも故障、WBCも欠場濃厚  



日本のMLBファンに球春を知らせるマーリンズ・イチロー(OF)のキャンプインが伝えられたが、心配なニュースもいくつか入って来た。

ドジャースの主砲エイドリアン・ゴンザレス(1B)が自主トレで肘を負傷したという。34歳の彼は今後2週間はバットを振ることができず、3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も欠場する可能性がある。

ゴンザレス


この時期の故障は、軽傷なら開幕に影響しないが、ゴンザレスは兄が代表監督を務めるWBCメキシコ代表チームでも精神的支柱で代表チームにとっても大幅な戦力ダウンになる。

さらに、レンジャーズ所属でドミニカ共和国代表のエイドリアン・ベルトレ(3B)が自宅でのトレーニング中に左ふくらはぎを負傷していたことが判明。全治3週間の見込みでWBC1次ラウンドを欠場する見通しとなった。

20年目のベルトレはMLB3000本安打まで、あと58本に迫っている。

ただ、両選手とも1次ラウンドを勝ち上がった場合、遅れてチームに合流する可能性は、まだ残されているようだ。

ベテランだけではない。ヤンキースの若手タイラー・オースティン(1B/OF)も左足を骨折していたことが分かった。オースティンは春季キャンプ前の自主トレ中に自打球が当たり左足を負傷したという。

ジラルディ監督が伝えたところによるとMRI検査で同箇所の骨折が判明。練習再開までは6週間を要するようだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/18 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0217

マリナーズ、キャンプイン! 岩隈らフロントファイブの映像届く  



メジャーもバッテリー組からキャンプイン。さっそくブルペンセッションが始まっている。

岩隈久志が所属するシアトル・マリナーズも例年と同じアリゾナ州フェニックスのぺオリアでスプリングトレーニング(キャンプ)を開始した。

主力先発投手たち“フロントファイブ”の映像がさっそく入って来た。



映像(下のツイート↓)ではフェルナンデス、岩隈、パクストン(LHP)、トレードで移籍してきたガヤード、スマイリー(LHP)の姿が確認できる。



【投手陣12名】

▶スターター
フェリックス・ヘルナンデス
岩隈久志
ジェームズ・パクストン
ヨバニ・ガヤード
ドリュー・スマイリー


▶ブルペン
エドウィン・ディアス(CLoser)
ニック・ビンセント(Setup)
エバン・スクリブナー(Setup)
ダン・アルタビラ(Mid)
マーク・ゼプチンスキー(Mid)←LHP
ケイシー・フィーン(Mid)
クリス・ヘストン(Long)


ブルペンはゼプチンスキーだけが左投手なので、先発経験もある左腕アリエル・ミランダが入る可能性もある。

キューバ出身のミランダは、昨年7月31日にウェイド・マイリーとのトレードで、マリナーズへ移籍加入。移籍後は8月4日にメジャー昇格すると、先発ローテーション入りした。

マリナーズでは11試合に登板し、うち10試合が先発登板。防御率3.54・5勝2敗・WHIP1.09という安定した成績を残した。

なお、オリオールズでの1登板を加えると、防御率3.88・WHIP1.12という数字になる。

ジェリー・ディポトGMが積極的に動いたチーム編成では十数件のトレードやFA契約でマイナーも含め65人の選手が動いた。その結果、球団のペイロールも2016年の1億5,100万ドルから1億5,500まで膨れ上がった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/17 Fri. 07:01 [edit]

CM: --
TB: --
   

0215

カージナルス期待の有望株アレックス・レイエス投手が右ひじのMRI検査  



2015年と16年にベースボール・アメリカから2年連続でカージナルスのベストプロスペクトに選ばれていた22歳右腕アレックス・レイエスが右ヒジのMRI検査を受けた。

カージナルスのモゼリアックGMがメディアに応えたところによれば、今後、セカンドオピニオンも参考にして、場合によってはトミー・ジョン手術(側副靱帯再建術)を受けるかもしれないという。



レイエスは昨年8月9日のレッズ戦でメジャーデビュー。13日のカブス戦で初勝利を挙げている。

さらに、19日のフィリーズ戦では初セーブを挙げた。昨年は12試合(先発5試合)に登板して46回、4勝1敗、防御率1.57、WHIP1.22、52奪三振、26四球。

平均96マイル超のフォーシームと落差のあるカーブやチェンジアップが持ち味。



今季、開幕前にMLB.comが発表したプロスペクト・ランキングでは全体で6位だった。

カージナルスの先発陣は、5年契約の延長を新たに結んだカルロス・マルティネス。アダム・ウェインライト、マイク・リーク、マイケル・ワカ。その他、トミー・ジョン手術から復帰する見込みのランス・リンらが軸になるが、レイエスはローテーション入りが期待されていた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/15 Wed. 11:56 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0212

【速報】ドジャースがチェイス・アトリー二塁手と再契約  



ドジャースが昨年の正二塁手チェイス・アトリーと再契約した。契約内容は1年だが、その他の詳細は未定。

38歳のアトリーは昨年、138試合に出場、打率.252、OBP.319、OPS.716、14本塁打、52打点、2盗塁だった。



ドジャースは当初、ツインズのブライアン・ドジャー二塁手を狙っていたが断念。現地1月23日、レイズとのトレードで、ローガン・フォーサイス二塁手を獲得している。

30歳のフォーサイスは、ドジャース打線が苦手としている左投手にも、通算で打率.278、出塁率.343、OPS.818という成績を残している。

ドジャースは、16年オフにFAになった先発リッチ・ヒル、ジャスティン・ターナー三塁手、クローザーのケンリー・ジャンセンと再契約を結び、チェイス・アトリーが抜けた二塁をフォーサイスで穴埋めしていた。

アトリーはフィリーズの黄金期を築いた一人。フィリーズ時代に監督を務めていた故チャーリー・マニエル氏はアトリーを「これまでの野球人生の中で最も準備に余念がない選手」と評した。

しかし、さすがに体力の峠を過ぎた感はある。ただ、昨年のスタッツを見る限りでは控えのベテラン内野手としては申し分ない。25人枠しかないロースターが気になるところだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


Posted on 2017/02/12 Sun. 14:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

0211

【MLB移籍情報】元マリナーズのF.グティエレスがドジャースと契約  

 


マリナーズからフリーエージェント(FA)になっていたフランクリン・グティエレス外野手がドジャースと1年260万ドルで契約した。この契約には成績に応じて40万ドルのインセンティブが付く。

2016年は98試合に出場して打率.246、OBP.329、OPS.780、14本塁打、39打点、1盗塁。



もうすぐ34歳になるグティエレスは、守備範囲の広い堅守の外野手として知られている。インディアンス時代の2008年UZRで、両リーグ中3位の成績を残した。

マリナーズに移籍した09年には、両リーグ中1位のUZR値29.1を記録。マリナーズのセンターとして広いセーフィコフィールドをライトのイチローと共にカバーした。

09年は153試合に出場。打率.283、OBP.339、OPS.764、18本塁打、70打点、16盗塁を記録。ゴールドグラブ賞を受賞している。しかし、ケガや胃腸の疾患に苦しみ、この年をピークに成績は下降している。

ドジャースでは、第4の外野手として若手のピーダーソンやトーレスらレギュラー陣の控えに回ると思われる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/02/11 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド