メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1001

母たちを守れ!乳がんと闘おう「ピンクリボン」活動 10月  



 
アメフト(NFL)メジャーリーグ(MLB)を好きな方は、画面から選手たちがピンクのタオルやスパイク、中にはピンクのバットでプレーしている姿なども見たことがあると思います。

それを使用後にオークションにかけて「乳がん撲滅」のための寄付を球団や選手会が行います。

私の母も乳がんで亡くなりました。私が中学1年生の秋でした。 小学生のときに手術したようです、今でも手術後の乳房の縫い傷は忘れられません。上手く説明できないのが残念ですが。




毎年10月は乳がん月間です
。日本では1990年代初めから乳がん月間が始まったようですが、本格的には、2000年ごろからで、その起源はアメリカにあるようです  

1985年にアメリカのがん協会(the American Cancer Society)とある製薬会社により乳がんに対するキャンペーン活動が企画され、「Breast Cancer Awareness Month (乳がん啓発月間、NBCAM)」に10月が選ばれたのが国際的に広がったようです。
 


では、なぜ10月かということですが、一説には、1983年10月にテキサス州ダラスで
the Race for the Cureという乳がん啓発を目的としたレース(走る会)が開催されたのが始まりのようです。



乳がんといえば
「ピンクリボン活動」が思い浮かびます。

ピンクリボン乳がんのシンボルとなったのは、1993年にエスティローダー社の副社長Evelyn Lauderさんが乳がんの研究基金を創設したときにそのシンボルとしてピンクリボンを採用したことが起源のようです。

ただ、乳がん啓発活動にリボンを使った人はそれ以前にもいたようで、諸説あるようですね。リボンを使うことはエイズのキャンペーンにレッドリボンが使われていたことが参考になったようです。  

また、乳がん啓発キャンペーンの一環としていろいろな建物をピンクに彩る活動も行われています。最初はエスティローダー社がスポンサーとなっていたようですが、その後様々な企業が参画しています。



ピンク色にライトアップされて、アメリカではホワイトハウスやナイアガラ滝。日本でも東京タワー、明石海峡大橋と多数あるようです。 

さらに、今年も10月には乳がん啓発を目的とした多くの活動が行われます。 「ピンクリボンフェスティバル2015」のように多くの大企業が協賛する大々的なイベントから、手作りのものまで様々だと思います。



母はすべての人にとって大地のような存在です。それを守ったりサポートするのが男性の役割かもしれません。

「早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える」ことは大切な行動だと感じています。 でも、それよりも一番大切なことは、パートナーや家族も含めて「生きることと向き合うこと」がこうしたキャンペーンの本質だと考えています。



ピンクリボンフェスティバル2016
http://www.pinkribbonfestival.jp/
https://www.pinkribbonfestival.jp/festival/outline.html

Posted on 2016/10/01 Sat. 21:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0101

謹賀新年 2016.1.1   

 


mlb happynewyear 

images.jpg 


本年もよろしくお願い申し上げます。

メジャーリーグ物語



Posted on 2016/01/01 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1006

【乳がん】ピンクリボンキャンペーンで思うこと 10月は乳がん啓発月間  

 


パートナーも含めて考える事は、
まさに“生きること”と向き合うこと


海外のスポーツ中継を見ていると今週も選手たちが身につけるタオルや履いてるスパイク、なかには審判までピンク色のグッズをつけてい
ます



そんなこんなで、10月になれば「ピンクリボンキャンペーン」が始まったことを感じさせてくれます。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


海外のピンクリボンキャンペーンは、「乳がんに対して理解を深める」というキャンペーンであり、あまり「検診」について強調されていません。


また、キャン ペーンで得られた寄付金は、乳がんの治療研究に主に使われます。もともと検診率が高く、日本では、そこまで達していないのが現状です。




TBSのピンクリボンキャンペーンによれば


 18人に1人

日本人女性の乳がんになる率は 今や18人に1人と年々増加傾向にあります。
<参考>アメリカでは8人に1人。国際的にも乳がんは増加傾向にあります。


 2008年に、乳がんで死亡した人の数は11,797人

(国立がんセンター がん対策情報センター)



 第1位

女性がかかりやすいがん第1位。乳がんは30代から急増し、40~50歳代の女性に特に多くみられます。



 検診率 約24パーセント


マンモグラフィによる乳がん検診受診率は、

オランダ  88.3%、
イギリス  74.1%、
イタリア  71%、
イスラエル 69.5%、
ニュージーランド 66.9%、
韓国    61.2%、
アメリカ  60.6%

日本の受診率は23.8%と、非常に低い水準です。


http://www.tbs.co.jp/pink-ribbon/



◇2000年ごろからキャンペーンが


前回も書きましたが、日本のピンクリボンキャンペーンが盛んになってきたのは、2000年代に入ってからです。


2000年(平成12年)10月に「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけと言われています。


その運動の規模は年を追うごとに急拡大しており、協賛する企業・NPO団体は多数存在するようになり、大変な盛り上がりを見せています。


企業もCSR(企業の社会啓発活動)の一環としてキャンペーンを奨めることにより、イメージアップを図ることができるので、企業宣伝にもつなげられるということなのでしょうか。




◇キャンペーンの結果は



では、その結果、検診を受ける人が飛躍的に増えたのでしょうか?→ 目標とするがん検診50%以上までにはほど遠い状況です。


がん検診受診者を増やす方策は、海外でも色々取り組まれていますが、最も効果的な方法は、「検診台帳」をつくり、受診しなかった方へ、再受診を促す「コール・ リコール法」が最も効果的とされています。


米国CDC(アメリカ疾病予防管理センター) によると、28の研究がそれを証明していると言います。



受診者に対するメリット(検診クーポン券などの発行)や、マスメディアによるキャンペーン、啓蒙活動は、検診数を増やすというエビデンスは不十分と指摘しています。





◇効果的な方法は?本質を理解することが大事では


メタボ検診を市区町村で実施していますので、メタボ検診と同様に、住民台帳からコール・リコール法を実施すればよいという意見があります。



実際のところ、コール・リ コール法を日本で実行できていない要因としては、検診を市区町村にまかせてしまっているため、担当者が理解していないことが一つ要因としてあげられます。
 



また、検診には、精度管理が必要となってきますので、コール・リコール法をやり、受診率が向上すると、精度管理をする人件費などさらなる費用がかかるため、市区町村では、そこまでやる気がないといったとろが本音のようです。

このあたりをつついていかないと、日本でがん検診率をこれ以上増やすことは到底不可能と思います。


韓国でも検診台帳を使ったコール・リコール法で、乳がん検診率を向上し、日本は明らかに、がん検診後進国になってしまっています。

http://ganjoho.jp/data /professional/statistics/backnumber/2009/fig21.pdf 


母はすべての社会にとって大地であり太陽のような存在です。それを敬いサポートするのはすべての人の役割かもしれません。「早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える」ことは大事な行動だと感じています。



でも、それよりも一番大切なことは、パートナーや家族も含めて「生きることと向き合うこと」がこうしたキャンペーンの本質だと考えています。




参考資料・関連記事

ピンクリボンキャンペーンに思う - BLOGOS
[PDF] 21 がん死亡率・がん検診受診率の国際比較
母たちを守れ!乳がんと闘おう「ピンクリボン」10月
TBS ピンクリボンキャンペーン
ピンクリボンフェスティバル2015



Posted on 2015/10/06 Tue. 12:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0702

なでしこ、ロスタイム劇的勝利! 川澄が決勝OG演出!!  

 

なでしこジャパン
1次リーグから無傷の6連勝で
2大会連続の決勝進出を決めた。



前半33分にDF有吉佐織(27=日テレ)が得たPKをMF宮間あや(30=岡山湯郷)が落ち着いて左隅に決め、1―1で迎えた後半ロスタイムにMF川澄奈穂美(29=INAC神戸)の右クロスがオウンゴールを誘発して劇的な決勝点で連覇に王手をかけた。

佐々木監督は「思ったより前回の疲労が彼女たちに重なって1人1人のプレーがいまひとつだった」としながらも「最後まで勝とうという思いがゴールにつながった。また日本の皆さんが応援していただいた成果だと思います」と興奮気味に胸を張った。



中3日で日本時間6日午前5時から激突する決勝戦は、4年前の決勝戦でPK戦の末に破った米国との再戦。

佐々木監督は「ファイナルを目標にしてきたので、もう結果がどうあれ、とにかくサッカーを楽しんで日本の皆さんに元気を伝えたい」と語気を強めた。

なでしこジャパンは、負傷で日本に帰国した安藤選手の背番号が入ったユニフォームを小さなシロクマに着せ、今日もベンチにこのぬいぐるみを携えともに戦っている。



そんななでしこたちの素敵な友情を、FIFAは写真で掲載。

FIFAはこのぬいぐるみについて、「日本女子は、彼女(安藤)に敬意を表した」としている。なでしこジャパンのこうした“チームワーク”は、世界のサッカーファンにも共感の輪を広げている。


レッドソックスの上原浩治も応援!



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング


Posted on 2015/07/02 Thu. 18:28 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0209

アジア杯であっさり敗退したサッカー日本代表の3つの問題点  


アジア杯敗退 W杯ロシア大会予選への課題


大会前は死のグループといわれながらグループステージは危なげなく通過。連覇の期待が高まる中、あまりに早すぎる敗退だった。

23日の準々決勝UAE戦、日本代表のアジアカップ連覇が消えた瞬間。これでアジア代表として、ワールドカップ本戦前のコンフェデ出場権を失った代表ですが、大事なワールド杯ロシア予選を前に現地で取材を続けてきたサッカーライターが問題点を指摘しています。(見出し:筆者、本文:サッカーライター森雅史氏)


UAE戦で明らかになった問題点は3つ。

①1つはメンバー固定の弊害

オーストラリアに入ってからの合宿で行われた練習試合では、合流直後の吉田麻也ではなく塩谷司が出場したものの、その他のメンバーは大会のスタメンと一緒。つまり1月最初から先発はずっと固定されたままだった。連係は高まったかもしれないが、一度も使われなかったメンバーは経験値を積んだとは言えない。7人もの選手が貴重な場を失ってしまった。

さらに中2日という苦しい日程で固定した先発で良かったのか。選手の疲労を考え、先発組を入れ替えるという選択肢があっても良かった。今後の采配では、もっと積極的に選手起用を行ってもいいはずだ。


②縦パスが入った後の動き

守備ライン、あるいは中盤から速くて長いパスを通すトレーニングをアギーレ監督は行っている。実際に試合でも何本ものパスが味方に通るようになった。ところが、そのボールを受けても一度後ろに戻したり、止めて考えて、それから次のパスが出ているのが現状だ。せっかくの局面を変えるパスは有効に生かされていない。

ただし、これは最初のパスが出るようになったという段階でもある。今後トレーニングを積んでいく中で、監督が整理して選手に伝えていくのだろうと思われる。


③そして最後の問題は根が深い。
戦術のすり合わせ


アギーレ監督になって、得点の形としてクロスからシュートという練習が取り入れられている。ダミー人形を使って、いかにゴール前で相手に接触しないままクロスをゴールに入れるかというパターン練習だ。左右3パターンを繰り返し練習している。

ところが試合になるとトレーニングしているクロスの場面はほとんどない。試合後、岡崎慎司が「単純なクロスを上げないというのを大会を通じて貫けたのは良かったのではないか」とコメントしたが、この日途中投入された豊田陽平に監督は「クロスが上がってくるからゴール前で待て」と指示した。

アルベルト・ザッケローニ前監督の時もハーフナー・マイクを投入してもクロスが上がってこないというチームだった。その傾向は今も変わらない。そしてそれは監督の意志に反しているのだ。選手なりに考えていることがあるのだろうが、監督との戦術のすり合わせがなければ、監督が手を打っても、投入された選手は何も活躍ができなくなってしまう。

選手にどう納得させるか。それはアギーレ監督がすぐにでも取り組まなければならない課題だ。このままでは攻撃のパターンが前監督時代とほぼ変わらなくなってしまう。ブラジル・ワールドカップと同じ場所にたどり着いてしまうのだ。

ザッケローニ前監督の時は優勝。ところが今回は準々決勝敗退と、日本は後退したように見える。だが、本田圭佑は「クオリティー、チームの完成度という点では、サッカーの戦い方において今回のほうが高かった」と分析する。

それではなぜUAEを相手に勝てなかったのか。そこをワールドカップ予選が始まる前に修正できなければ、今回ぶつかったようにアジアの壁に行く手を阻まれてしまう。

確かにクオリティーは高くなった。だが、クオリティーで勝とうとするのなら、もっと高くなければ足下をすくわれてしまうということを今回の敗退は物語っている。



記事参考:GOAL


ブログランキング・にほんブログ村へ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら
1クリック応援して下さると励みになります。

Posted on 2015/02/09 Mon. 08:55 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1217

“八百長問題” アギーレ監督 日本サッカー協会 独自に情報収集へ  






サラゴサの会長とアギーレ監督らは、
試合に勝つために相手側に金を渡した疑い。  


日本代表のハビエル・アギーレ監督が八百長問題でスペイン検察当局から正式告発された件を受けて日本サッカー協会(JFA)は西澤和剛コミュニケーション部部長が会見。「今はまだ何かを判断するタイミングではない」として、監督の弁護士などと独自に情報収集を進めていくことになりました。

スペインの検察当局によると、アギーレ監督はスペイン1部リーグ、サラゴサの監督を務めていた2011年5月に1部リーグ残留を決めた試合で、八百長に関わった疑いが持たれている。

当時のサラゴサの会長とアギーレ監督らは試合に勝つために相手側に金を渡した疑いがあるとして、検察は試合に関係した選手など41人を裁判所に告発した。

告発状では、サラゴサの会長があわせて96万5000ユーロ(日本円にしておよそ1億4000万円)を渡し、アギーレ監督には賄賂を支払うために、およそ1200万円が入金されたとしている。(NHK-NEWS)


サッカー専門サイトによれば、現在、JFAでは顧問弁護士でもある三好豊法務委員長を中心に動いているが、スペイン在住の顧問弁護士、アギーレ監督の契約弁護士の三者で連係を取りながら、独自の情報収集を進めていくことになるとしています。


今後のポイントは――

正式に告発されたことを受けて、今後のポイントになるのは、どのような順序とスケジュールで捜査が進むのかが重要になってくるという。日本代表の活動へ及ぼす影響が一番懸念されるからだろう。

西澤部長も「今回の告発で、今後のスケジュールがようやく出てきたとも言えます。アギーレ監督の弁護士が今後の見通しやスケジュールに関して詳しい情報を持っているので、そこについてより深く確認する」としていて、「我々としては事実を探るよりも、順序やスケジュールに関して、より深い情報を集めていくことになります」としている。

現時点では告発されただけの “グレー” な状況だが、年明けにアジアカップが迫っており、来夏にはワールドカップ予選がスタートする。

JFAが弁護士間の連係を経ていかなる見通しを得るのか、そしてスペイン検察当局によるアギーレ監督の事情聴取は日本代表の活動にも影響を及ぼすのか。正式な告発をきっかけに事態は動き出した。


○記事参考
Soccer King
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141216/259576.html

NHK NEWSweb
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141216/k10014029801000.html



お手数ですが、ポチっとお願いします。

Posted on 2014/12/17 Wed. 05:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1125

ブラインドサッカー日本代表世界6位と健闘!優勝はブラジル  





(元SKE48の桑原さんと出口さんも応援!)


視覚に障害のある選手が音の出るボールを頼りにゴールを狙う
ブラインドサッカーの世界選手権で日本は過去最高の6位でした。

東京の代々木競技場で開催されていた世界選手権で、日本は初めて決勝トーナメントに進み、最終日の24日、5位決定戦でパラグアイと対戦しました。パラグアイとは1次リーグでも対戦してその時は日本が勝利しています。

日本は前半、相手に個人技で崩されてたびたびピンチを迎えましたが、ここまで5試合で1失点の堅い守りで得点を与えませんでした。

日本は後半、カウンター攻撃でチャンスを作りましたが、得点できず、0対0のまま、ペナルティーキック戦となりましたが、日本は全員が外して敗れました。この結果、日本は6位となりましたが、世界選手権3回目の出場で最高成績となりました。

ブラジルとアルゼンチンの南米決戦となった決勝は、延長の末にブラジルが1-0と勝利。2連覇で、通算4度目の優勝を果たしました。


サッカーボール最終順位


優勝 ブラジル
2位 アルゼンチン
3位 スペイン
4位 中国
5位 パラグアイ
6位 日本
7位 コロンビア
8位 ドイツ
9位 フランス
10位 韓国
11位 トルコ
12位 モロッコ



ブラインドサッカーJBFAオフィシャルサイト


関連記事:選手たちに「折鶴」が!ブラサカ世界選手権開幕(16日~国立代々木競技場)
記事参考:NHK NEWS WEB


ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2014/11/25 Tue. 12:35 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1116

選手たちに「折鶴」が!ブラサカ世界選手権開幕(16日~国立代々木競技場)  



がんばれ! 代表選手たち!!



16日に国立代々木競技場フットサルコートで開幕する
「ブラインドサッカー世界選手権 2014」に参加する11カ国の代表チームが来日しました。

各国の来日に合わせサポーターたちが作った「折鶴」が贈られたことをサッカー専門誌サッカーキングのWebサイトが伝えています。




「各国選手たちを笑顔で出迎え、歓迎と感謝の気持ちを伝えよう」という思いから実現したプロジェクトで、SNSを通じて賛同したサポーターが「ブラインドサッカー盛り上げ隊折り鶴プロジェクト」として作成した「折り鶴」約1500羽を各国代表チームに手渡した。

折り鶴は各国の国旗のカラーで作られ、点字をつけたメッセージカードも贈呈。
「3年前の震災の時に、世界各国の皆さんから支援をいただいたことを日本人は忘れていません。その感謝を込めて、東北の人たちを中心に日本全国のサッカー仲間で作った折り鶴です。この折り鶴はみなさんに、HOPEとHAPPYを届けてくれると信じて作りました」という言葉とともに贈り、各国の代表選手と写真撮影などの交流も行われた。


サッカーボール初のTV中継も




この大会は、日本戦を含む最大7試合がスカパー!で生中継されます。
なお、ブラインドサッカー日本代表の試合がテレビで生中継されるのは、初ということです。


日本初開催となる同大会は、各地の予選を勝ち抜いた12カ国が参加。優勝国には、2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックの出場権が与えらます。

 放送予定は以下のとおり。
日本vsパラグアイ 11月16日(日)後1:00~3:00【生中継】
モロッコvs日本  11月18日(火)後7:10~9:00【生中継】
日本vsフランス  11月19日(水)後7:10~9:00【生中継】
決勝        11月24日(祝)後5:10~7:30【生中継】


なお、21日の準々決勝は日本がA組1位、2位もしくは3位進出の場合は放送され、23日の準決勝も日本進出時のみ放送されます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2014/11/16 Sun. 09:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1009

10月は「乳がん撲滅」ピンクリボン月間 かあちゃんのおっぱいを守れキャンペーン  



母ちゃんたちの笑顔を失くさないために
 「生きること」と向き合うキャンペーン


 
 アメリカのプロスポーツの中継を見ていると選手たちが身につけるタオルや履いてるスパイク、中には審判までがピンク色のグッズをつけています。



そんなこんなで、10月になればピンクリボン
ャンペーン」が始まったことを感じさせてくれます。母を遠い昔に「乳がん」で亡くしたので、個人的には注目のキャンペーンです。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


 海外のピンクリボンキャンペーンは、乳がんに対して理解を深める」というキャンペーンであり、あまり「検診」について強調されていません。

また、キャンペーンで得られた寄付金は、乳がんの治療研究に主に使われます。
もともと検診率が高く、日本では、まだまだそこまで達していないのが現状です。



TBSのピンクリボンキャンペーンによれば
※古い資料で、ごめんなさい<(_ _)>

 18人に1人

日本人女性の乳がんになる率は 今や18人に1人と年々増加傾向にあります。
<参考>アメリカでは8人に1人。国際的にも乳がんは増加傾向にあります。

 2008年に、乳がんで死亡した人の数は11,797人

(国立がんセンター がん対策情報センター)

 第1位

女性がかかりやすいがん第1位。乳がんは30代から急増し、40~50歳代の女性に特に多くみられます。


 検診率 約24パーセント

マンモグラフィによる乳がん検診受診率は、

オランダ  88.3%、
イギリス  74.1%、
イタリア  71%、
イスラエル 69.5%、
ニュージーランド 66.9%、
韓国    61.2%、
アメリカ  60.6%

日本の受診率は23.8%と、非常に低い水準です。

リボンhttp://www.tbs.co.jp/pink-ribbon/

AP Photo/Don Wright


◇2000年ごろからキャンペーンが


 昨年も書きましたが、日本のピンクリボンキャンペーンが盛んになってきたのは、2000年代に入ってからです。


2000年(平成12年)10月に「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけと言われています。


その運動の規模は年を追うごとに急拡大しており、協賛する企業・NPO団体は多数存在するようになり、大変な盛り上がりを見せています。


企業もCSR(企業の社会啓発活動)の一環としてキャンペーンを奨めることにより、イメージアップを図ることができるので、企業宣伝という側面もあるということなのでしょうか。



◇キャンペーンの結果は


 では、その結果、検診を受ける人が飛躍的に増えたのでしょうか?→ 目標とするがん検診50%以上までにはほど遠い状況です。


がん検診受診者を増やす方策は、海外でも色々取り組まれていますが、最も効果的な方法は、「検診台帳」をつくり、受診しなかった方へ、再受診を促す「コール・ リコール法」が最も効果的とされています。


米国CDC(アメリカ疾病予防管理センター) によると、28の研究がそれを証明していると言います。


受診者に対するメリット(検診クーポン券などの発行)や、マスメディアによるキャンペーン、啓蒙活動だけでは、検診数を増やすというエビデンスは不十分と指摘しています。




◇効果的な方法は?本質を理解することが大事では

メタボ検診を市区町村で実施していますので、メタボ検診と同様に、住民台帳からコール・リコール法を実施すればよいという意見があります。


実際のところ、コール・リコール法を日本で実行できていない要因としては、検診を市区町村にまかせてしまっているため、担当者が理解していないことが一つ要因としてあげられます。


また、検診には、精度管理が必要となってきますので、コール・リコール法をやり、受診率が向上すると、精度管理をする人件費などさらなる費用がかかるため、市区町村では、そこまでやる気がないといったとろが本音のようです。


これは専門医の先生の見識ある意見ですが、このあたりをつついていかないと、日本でがん検診率をこれ以上増やすことは到底不可能だということです。


韓国でも検診台帳を使ったコール・リコール法で、乳がん検診率を向上しました。日本は明らかに、がん検診後進国になってしまっています。http://ganjoho.jp/data /professional/statistics/backnumber/2009/fig21.pdf 


母を含めて女性は、社会にとって大地であり太陽のような存在です。その笑顔でどれだけ多くの人が励まされたか! それを敬いサポートするのはすべての人の役割かもしれません。


いろんな知恵を出し合って「早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えることは、大事なアクションだと感じています。


パートナーや家族も含めて「生きることと向き合うこと」が、こうしたキャンペーンの本質ということも見逃せない視点です。


リボンピンクリボンフェスティバル
http://www.pinkribbonfestival.jp/


リボン参考資料・関連記事
ピンクリボンキャンペーンに思う - BLOGOS
[PDF] 21 がん死亡率・がん検診受診率の国際比較
母たちを守れ!乳がんと闘おう「ピンクリボン」10月
TBS ピンクリボンキャンペーン




ランキングに参加しています、励みになりますので
お手数ですが、ポチっとお願いします。
↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2014/10/09 Thu. 09:28 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1001

母たちを守れ!ピンクリボン「生きることと向き合う」キャンペーン  



パートナーも含めて考える事は、
 まさに “生きること” と向き合うこと


 
アメリカのプロスポーツの中継を見ていると選手たちが身につけるタオルや履いてるスパイク、中には審判までがピンク色のグッズをつけています。


そんなこんなで、10月になれば「ピンクリボンキ
ャンペーン」が始まったことを感じさせてくれます。母を遠い昔に「乳がん」で亡くしたので、個人的には注目のキャンペーンです。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


 海外のピンクリボンキャンペーンは、「乳がんに対して理解を深める」というキャンペーンであり、あまり「検診」について強調されていません。

また、キャン ペーンで得られた寄付金は、乳がんの治療研究に主に使われます。もともと検診率が高く、日本では、まだまだそこまで達していないのが現状です。



TBSのピンクリボンキャンペーンによれば
※昨年の資料より

 18人に1人

日本人女性の乳がんになる率は 今や18人に1人と年々増加傾向にあります。
<参考>アメリカでは8人に1人。国際的にも乳がんは増加傾向にあります。

 2008年に、乳がんで死亡した人の数は11,797人

(国立がんセンター がん対策情報センター)

 第1位

女性がかかりやすいがん第1位。乳がんは30代から急増し、40~50歳代の女性に特に多くみられます。


 検診率 約24パーセント

マンモグラフィによる乳がん検診受診率は、

オランダ  88.3%、
イギリス  74.1%、
イタリア  71%、
イスラエル 69.5%、
ニュージーランド 66.9%、
韓国    61.2%、
アメリカ  60.6%

日本の受診率は23.8%と、非常に低い水準です。

http://www.tbs.co.jp/pink-ribbon/



◇2000年ごろからキャンペーンが

昨年も書きましたが、日本のピンクリボンキャンペーンが盛んになってきたのは、2000年代に入ってからです。


2000年(平成12年)10月に「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけと言われています。


その運動の規模は年を追うごとに急拡大しており、協賛する企業・NPO団体は多数存在するようになり、大変な盛り上がりを見せています。


企業もCSR(企業の社会啓発活動)の一環としてキャンペーンを奨めることにより、イメージアップを図ることができるので、企業宣伝という側面もあるということなのでしょうか。



◇キャンペーンの結果は

 では、その結果、検診を受ける人が飛躍的に増えたのでしょうか?→ 目標とするがん検診50%以上までにはほど遠い状況です。

がん検診受診者を増やす方策は、海外でも色々取り組まれていますが、最も効果的な方法は、「検診台帳」をつくり、受診しなかった方へ、再受診を促す「コール・ リコール法」が最も効果的とされています。

米国CDC(アメリカ疾病予防管理センター) によると、28の研究がそれを証明していると言います。

受診者に対するメリット(検診クーポン券などの発行)や、マスメディアによるキャンペーン、啓蒙活動だけでは、検診数を増やすというエビデンスは不十分と指摘しています。




◇効果的な方法は?本質を理解することが大事では

メタボ検診を市区町村で実施していますので、メタボ検診と同様に、住民台帳からコール・リコール法を実施すればよいという意見があります。


実際のところ、コール・リ コール法を日本で実行できていない要因としては、検診を市区町村にまかせてしまっているため、担当者が理解していないことが一つ要因としてあげられます。


また、検診には、精度管理が必要となってきますので、コール・リコール法をやり、受診率が向上すると、精度管理をする人件費などさらなる費用がかかるため、市区町村では、そこまでやる気がないといったとろが本音のようです。

このあたりをつついていかないと、日本でがん検診率をこれ以上増やすことは到底不可能だということです。


韓国でも検診台帳を使ったコール・リコール法で、乳がん検診率を向上し、日本は明らかに、がん検診後進国になってしまっています。http://ganjoho.jp/data /professional/statistics/backnumber/2009/fig21.pdf 


母はすべての社会にとって大地であり太陽のような存在です。それを敬いサポートするのはすべての人の役割かもしれません。「早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える」ことは大事な行動だと感じています。


でも、それよりも一番大切なことは、パートナーや家族も含めて「生きることと向き合うこと」がこうしたキャンペーンの本質だと考えています。



リボンピンクリボンフェスティバル
http://www.pinkribbonfestival.jp/




リボン参考資料・関連記事
ピンクリボンキャンペーンに思う - BLOGOS
[PDF] 21 がん死亡率・がん検診受診率の国際比較
母たちを守れ!乳がんと闘おう「ピンクリボン」10月
TBS ピンクリボンキャンペーン




ランキングに参加しています、励みになりますので
お手数ですが、ポチっとお願いします。
↓

Posted on 2014/10/01 Wed. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド