メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0813

“ダーティーヒーロー”Aロッドに粋なブーイング!フェンウェイパーク  



メジャーリーグで最もアツいファンと知られるボストニアンたちは、幾度となくこの男に苦しめられてきた。

アレックス・ロドリゲスが記録した696本塁打。そのうちレッドソックス戦では3番目に多い59本。フェンウェイでは29本を叩き込まれている。

度重なる薬物問題。13年から14年にかけて211試合の出場停止という制裁を科されたスラッガーに、これまで厳しいブーイングの嵐だった。



しかし、「600本塁打+3000安打+2000打点+2000得点」をクリアしているのは、歴代ではハンク・アーロンとAロッド以外にはいない。

フェンウェイでの最終3連戦。ベンチスタートの彼にボストンのファンは、「WE WANT A-ROD(Aロッドを出せ)!」のチャントを贈った。粋なヤジともとれる大合唱で長年の好敵手を歓迎した。

第2戦では7回に代打。最終戦でスタメン起用された。バッティングサークルにAロッドが現れるたび、ボストンのファンは盛大にブーイングをし、拍手と声援を贈った。

現地で取材する日本人記者によるとAロッドは試合後、「すごく楽しかった」と笑うと、4打数無安打だったが最後にぼてぼての内野ゴロで打点をあげたことに、「最後の一打も笑っちゃうよね。今朝起きた時は、こんな結末を思い描くことはできなかったよ」と振り返った。

翌日の12日、稀代のダーティーヒーローはホームのヤンキースタジアムで最後のピンストライプを着る。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/08/13 Sat. 06:45 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0808

Aロッド現役引退を表明 ヤンキースとSPアドバイザー契約  


ヤンキースのアレックス・ロドリゲス(41)が7日(日本時間8日)に記者会見を行い、現役引退を表明した。

8月12日(同13日)、ヤンキースタジアムで行われるレイズ戦が現役最後の試合となる。

会見直前にリリースが発表され、今週金曜の試合で現役最後の出場を行い、その直後に選手としての契約を解除。新たに2017年12月31日まで有効なスペシャル・アドバイザー契約を結ぶことが明らかになった。

ロドリゲスは「私はこのチームが好きで、野球が好きだ。この2つに別れを言う時が来た。ずっと野球をし続けたかったが、それは不可能なことだ」と涙ながらに語った。

現在、現役最多の696本塁打を放っており、史上4人目の700号にあと4本に迫っている。

CpRFBJhXYAAGllL.jpg

ただ、今季はここまで打率・204、9本塁打と大不振。7月30日のレイズ戦を最後にスタメン起用はなく、ここ4試合連続で出番はなかった。

来季も年俸2100万ドル(約21億4200万円)の契約を残しており、若手中心に切り替えた現在のチームにおいて今後の起用法が話題に上がっていた。

CpRCrJFWcAUf6Gx.jpg


ロドリゲスは93年ドラフト1巡目でマリナーズに指名され、18歳だった94年7月にメジャーデビュー。通算2781試合に出場し、3144安打、696本塁打、2084打点はいずれも現役最多。

禁止薬物使用により14年には1シーズン出場停止処分を受けたが、昨季は33本塁打を放ち復活を印象付けていた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/08/08 Mon. 06:01 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0806

ヤンキースのM.テシェイラ 今季限りで引退表明  

 

ヤンキースのマーク・テシェイラ一塁手(36)が今季限りでの現役引退を決めたと5日、ESPN電子版など複数の米メディアが報じた。

スポーツ専門局ESPNの看板記者バスター・オルニー氏が第一報を報じ、それを受けて情報が拡散。他の米メディアも相次いで伝えた。

テシェイラは米東部時間の5日午後(同6日午前)から記者会見を行う。

CmfW6d0UkAAGaZ6.jpg

2001年レンジャーズのドラフト1巡目(全体5位)で入団したテシェイラは、03年にメジャーデビュー。

ブレーブス、エンゼルス、ヤンキースと渡り歩き、ヤンキース移籍の1年目、09年には本塁打39本、打点122をマーク。2冠王に輝いて9年ぶりのワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。松井秀喜とチームメイトだったこともありインパクトは強かった。

しかし、プルヒッターのテシェイラに対して相手チームが極端な守備シフトを敷くことが増え、故障にも悩まされて09年をピークに成績は下がっている。今季が8年契約の最終年だった。

メジャー通算14年間では打率.269、404本塁打、1281打点(いずれも4日現在)。7月3日、スイッチヒッターとしては史上5人目となる通算400本塁打を記録している。 一塁の守備にも定評があり、ゴールドグラブ賞を5回受賞している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/08/06 Sat. 05:52 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0613

ゴジラのパワーがさく裂!松井秀喜氏がヤンキースのOB戦で特大本塁打!  




現地時間12日、ヤンキースタジアムで行われたヤンキースOB戦「第70回オールド・タイマーズ・デー」に出場した松井秀喜氏が、ライトスタンド2階席まで届くバースデーアーチを架けた。MLB公式サイトでも「Matsui's birthday gift: Old-Timers' Day HR」という見出しを付けてヘッドラインで紹介している。



ニューヨークに帰ったゴジラが、42度目の誕生日にメジャー通算175本塁打、日米通算507本塁打のパフォーマンスを見せつけた。

打席に立った松井は、通算194勝のサイ・ヤング投手、デービッド・コーンと対戦した。初球は松井の頭上を大きく越す“危険球”。これは「監督の指示だから」とコーンが明かしている。



だが、2球目真ん中低めに入った直球を豪快に振ると、鋭い打球は右翼ポール付近の2階席に飛び込んだ。

打った瞬間にホームランと分かる豪快な1発に、球場を埋め尽くした地元ニューヨークのファンは、2009年ワールドシリーズMVPのシーンを思い出したに違いない。


352.jpg
現役時代の松井氏。15年にアメリカ野球殿堂入りしたマルチネス氏とは名勝負を演じた。
 


実況アナは「危険球でメッセージを送られたマツイが、次の1球でコーンにメッセージを突き返しました!」とOB戦ならではの対決を盛り上げた。

ヤンキースの公式サイトでは、渡米前の松井が初めてヤンキースタジアムで試合観戦をした時、1999年ア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦のレッドソックス戦で先発したのがコーンだったという。

松井は「あの試合を見て、ここでプレーしたいと思った。だから、こういうことができたのは、自分にとっては一生の思い出になります」と、喜びを語った。

松井の現在は、キャッシュマンGMの特別アドバイザーとして、傘下マイナー球団で若手選手に打撃指導している。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/06/13 Mon. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0607

田中将大 7回2失点の力投 4戦連続のQS、指揮官「何とか試合を作ってくれた」  




今季不振のヤンキースを象徴するかのような打線の援護を我慢して待ついつもの展開だった。

ヤンキース田中将大が現地6日、本拠地でのエンゼルス戦に先発し、7回6安打2失点と力投。勝敗は付かなかったが、チームは田中の力投に応え8回に逆転勝利した。

懸念された2戦連続で中4日のローテーションだったが、初回と3回に最少得点を許し、6回に走者を背負うシーンがあったものの、それ以外の4イニングは相手の打線を封じ込めた。



ヤンキースは6回までエンゼルス先発のマット・シューメーカーに完封されていたが、7回2死走者なしから5番ブライアン・マキャンの8号ソロ、6番スターリン・カストロの8号ソロと連続アーチが飛び出し、一気に同点に追いつく。

すると続く8回には3番カルロス・ベルトランが14号3ランホームランを放ち、勝ち越しに成功。5対2でヤンキースが勝利した。

CkTSqzBXAAAKu1w.jpg

試合後、ジラルディ監督は「スプリットもスライダーもベストの状態ではなかった。その中で戦い抜いて、何とか試合を作った」と評価。

田中は4戦連続のクオリティスタート(QS)、7回91球(ストライク62球)、最速95マイルを計測していた。これでERAもリーグ8位の2.76。WHIPは3位の1.01まで上昇した。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/06/07 Tue. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0606

【DL情報】テシェイラ(NYY)ペンス(SFG)ライト(NYM)が離脱  



ニューヨーク・ヤンキースは現地4日、マーク・テシェイラ一塁手を右ひざの負傷により15日間の故障者リスト(DL)に登録した。

テシェイラは、前日に行われたボルティモア・オリオールズ戦で右ひざを痛めた。「まず、首を治療して落ち着かせる時間が得られるだろう。今シーズンはこれが本当に厄介だったんだ」とコメントすると、「次に、物事をリセットできる。身体の状態を整え、筋力と自信を取り戻せればいいと思う」と前向きに語った。

36歳のベテラン一塁手は、今季ここまで48試合に出場して打率.180、3本塁打、12打点と低迷していた。


ジャイアンツのH.ペンスも右ハムストリング手術で8週間の離脱へ

現地3日、サンフランシスコ・ジャイアンツのハンター・ペンス外野手が右ハムストリングの手術を受け、8週間の離脱となる見込みであることが分かった。

457164386.jpg 

33歳のペンスは、昨年のスプリングトレーニングの試合でシカゴ・カブスのコーリー・ブラックの投球を受け、左腕を骨折。開幕をDLで迎えている。

今季、ここまで50試合に出場して打率.298、チーム2位となる7本塁打、同トップの36打点をマークしている。

ニューヨーク・メッツは現地3日、“キャプテン”デービッド・ライト三塁手を首の椎間板ヘルニアにより15日間の故障者リストに登録した。なお、この措置は5月30日に遡って適用される。

メッツによると、ライトは休養とリハビリに6~8週間ほどかかるとのこと。33歳の同選手は、今季ここまで37試合の出場で打率.226、7本塁打、14打点と苦しんでおり、先月30日から欠場が続いていた。




  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/06/06 Mon. 11:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0516

ヤンキースのベルトランが400本塁打、スイッチヒッターとしては史上4人目  




ヤンキースのカルロス・ベルトラン外野手が15日(日本時間16日)、本拠地で行われたホワイトソックス戦で、1点を追う6回に8号逆転2ランを放ち、メジャー通算400本塁打に到達した。

ベルトランの特筆すべきは左右のスイッチで400本を達成した事。この日は右打席でレフトにメモリアルアーチを架けた。

スイッチヒッターとしては、ミッキー・マントル(536本)、エディー・マーレイ(504本)、チッパー・ジョーンズ(468本)に続く史上4人目の偉業になった。

ちなみに400本の内訳は右打席で285本、左打席で115本。サヨナラホームランも6本記録している。これまで6球団に在籍しており、所属チーム別ではメッツ時代の149本が一番多く、次にロイヤルズで123本を記録している。



さらに、400本塁打で300盗塁を記録しているのは、バリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス、ウィリー・メイズ、アンドレ・ダウソンについで史上5人目。

CihuEDKU4AEgKsw.jpg


メジャー史上54人目の400本塁打だが、現役選手では6番目の本塁打数になる。

  1. アレックス・ロドリゲス(ヤンキース)
  2. アルバート・プホルス(エンゼルス)
  3. デービッド・オルティーズ(レッドソックス)
  4. エイドリアン・ベルトレ(レンジャーズ)
  5. ミゲル・カブレラ(タイガース)


なお、同じスイッチヒッターでもあるヤンキースの同僚マーク・テシェイラは、あと3本で400号に達する。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/05/16 Mon. 13:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0510

ヤンキース新守護神チャップマン、1失点デビュー 17球中7球が100マイル超  



ヤンキースの新守護神アロルディス・チャップマン(28)が、ドメスティックバイオレンス(DV)に関するMLB規範に抵触したとして30試合のサスペンション(出場停止処分)から復帰、現地9日のロイヤルズ戦の9回に登板した。

セーブの付かない6-1でのマウンド。先頭インファンテへの初球ストライクがいきなり100マイル(約161キロ)を計時。3、4球目のボールは101マイル(約163キロ)でここまで4球連続100マイル超え。続くクスバートと2者連続空振り三振に抑えた。



代打オーランドには、3球目の90マイルのスライダーをセンター越え二塁打。続くエスコバルに98マイル(約158キロ)の4シームを捉えられ、レフト前にタイムリー(失点1)。次打者ケーンを投ゴロに抑えた。

チャップマンのヤンキースデビュー戦は、1回、被安打2、失点1、奪三振2。大歓声の中、チャプマンの試運転は、計17球を投げ、7球が100マイルを超えた。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/05/10 Tue. 12:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0510

チャプマンが戻ってくる!ヤンキースのバックエンドがさらに強力に!?  




アロルディス・チャプマン投手が、ドメスティックバイオレンス(DV)に関する規範に違反したとして科されていた30試合のサスペンション(出場停止処分)から復帰、現地9日のロイヤルズ戦から出場可能となる。

これまでクローザーを務めてきたミラーはセットアップに周り、チャプマンがクローザーを担う予定。チャプマンは昨季54試合に登板し、4勝4敗33セーブ、防御率1.63。



ヤンキースは現在、指名打者ロドリゲスと先発左腕サバシアのベテラン2人が故障者リストに入り、エルズベリー外野手も6日のレッドソックス戦で三盗を試みた際に右股関節を負傷するアクシデントに見舞われ欠場中。

チャプマンの復帰、ヤンキースデビューで、左腕ミラー、右腕ベタンセスとの強力バックエンドは、低迷するチームの浮上のきっかけになるかもしれない。



キューバから亡命したチャプマンは、2年前に米国の市民権を申請。今年3月29日にフロリダ州タンパで米国に忠誠を誓う宣誓式を行い、晴れて市民権を得た。

彼は、2017年に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に米国代表として参加する意思があることを先日表明している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/05/10 Tue. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0507

【DL情報】ヤンキース左腕サバシアが15日間のDL   




ヤンキースの先発左腕CC・サバシア投手が15日間の故障者リスト(DL)に登録された。

今季復活をめざすサバシアは、オリオールズ戦で7回を6安打、2四球、6三振、無失点に抑えてチームを勝利に導いた。今季はここまで5試合の先発で2勝2敗、防御率3.81の成績を残している。



ジラルディ監督は、「以前に同様の症状を訴えたときは約3週間離脱したと思う」とするも、「15日後に戻ってくることを願っている。でも、どうなるか見守るしかない」とコメントした。

サバシアは2009年から14年まで開幕投手を務めたが、14年5月11日に右膝の炎症で15日間のDL入り。7月1日には60日間の故障者リストへ異動し、7月2日にリハビリのためAA級トレントン・サンダーへ異動した。

2015年は復帰を果たしたが、開幕5連敗を喫するなど不振に苦しみ、29試合に登板して防御率4.73、6勝10敗という成績に終わった。

しかしながら、規定投球回に達したのは、ヤンキースで唯一、サバシアだけだった。

レギュラーシーズン終了直後の10月5日 (現地時間) 、アルコール依存症である事を告白。治療を受けるために戦列を離脱し、プレーオフでは登板しない事が発表された。

このサバシアのDL入りでヤンキースの先発ローテーションには、開幕前もローテを争ったイバン・ノバ投手が入る見込み。ヤンキースの先発陣は、ここまで防御率4.56でア・リーグ12位と低迷している。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2016/05/07 Sat. 15:11 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド