メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0224

【WBC2017】WBCの気になる各種ルールは?ポイント解説  




3月に開催の「2017ワールド・ベース・ボールクラシック」の各種ルールがWORLD BASEBALL CLASSIC INC.より 発表された。公式サイトからポイントとなる点を抜粋して紹介する。


延長戦は、ソフトボールで採用されているルールで延長10回を終えて決着がつかない場合、同11回以降は無死一、二塁からタイブレーク制を実施。打順は10回終了時点から引き継ぎ、先頭打者の直前の2人が一、二塁走者となる。

コールドゲームの規定も前回同様に採用されて「7回以降に10点差、5回以降に15点差」がついた場合にはコールドゲームとして試合が終了する。


WBC2017 


その他、気になるポイントは、

①投手の球数制限


1試合につき1次ラウンドでは65球、2次ラウンドでは80球、準決勝と決勝では95球を超えて投げることはできない。ただし、ある打者の打席中に投球数制限に達した場合は、その打席完了まで投球できる。
  • 50球以上投げた場合、次の登板まで中4日をあけなければならない。
  • 30球以上、または2試合連続で投げた場合は、次の登板まで中1日をあけなければならない。

②予備登録投手←NEW


今大会から新たに予備登録投手の登録枠が設けられた。最大10名まで登録可能で大会期間中、次のラウンドに進出した際に2名まで入れ替えができる。
  • ・ただし、最終登録メンバー28人の中に予備登録投手を1人~2人登録し、予備登録投手同士での入れ替えに限る。
  • ・予備登録投手は、一度、他の投手と入れ替わった場合、再登録することはできない。


③ビデオ判定


1次、2次ラウンドでは、本塁打のみビデオ判定を行う。決勝ラウンドにおいては、MLB公式戦におけるビデオ判定方式に従う。ただし、チャレンジは行わない。


④順位決定方法


1次、2次ラウンドでは、勝率が並んだチームは、以下の方法で順位を決定する。
(1)1位と2位が同率の場合:直接対決で勝ったチーム

(2)3チームが2勝1敗で同率の場合、1位を下記の優先順位で決定し、2位および3位はプレイオフを戦う。

  • 1 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの失点数が少ない
  • 2 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの自責点数が少ない
  • 3 同率チームとの対戦で、打率が高い
  • 4 WBCIによる抽選

(3)3チームが1 勝2 敗で同率の場合、上記優先順位で最下位チームを決定。残り2チームでプレイオフを戦う。


▶MLBpressbox.com
http://www.wbc2017.jp/news/article/20170208_1.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




関連記事

Posted on 2017/02/24 Fri. 14:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0223

“あの審判”ボブ・デービッドソン審判が引退  





WBCで疑惑の判定を下さしたMLB審判ボブ・デービッドソンが引退する。

デービッドソン審判員が引退=米大リーグ

 【ニューヨーク時事】米大リーグ機構は21日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも派遣されたボブ・デービッドソン氏(64)らベテラン審判員4人の引退を発表した。

 デービッドソン氏は2006年の第1回WBC2次リーグの日本―米国戦で球審を務め、同点の八回の日本の攻撃で、岩村(当時ヤクルト)の左飛でタッチアップしてホームインした三塁走者の西岡(同ロッテ)の離塁が早かったとして得点を取り消し、話題となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000038-jij-spo



忘れもしない2006年に開催された第1回WBC。2次ラウンド初戦で王監督率いる日本代表は米国代表と対戦。

終盤に犠牲フライで4―3と勝ち越しに成功したが、ここで米国代表は三塁走者の離塁が早かったと抗議。これが認められ、あろうことか判定がアウトに覆ってしまった。

532a7aa1.jpg


 日本代表の勝ち越し点は幻。試合もサヨナラ負けを喫する最悪のシナリオとなってしまったが、米国代表の抗議を認め、判定を覆したのが球審を務めていたデービッドソンだった。

メジャーでは、ボークを非常によく取るため異名は“ボーキング・ボブ”と呼ばれていた。

 デービッドソンのほか、ジム・ジョイス(61)、ジョン・ハーシュベック(62)、ティム・ウェルク(59)もメジャーリーグの審判員を引退するとのこと。

ジョイスは、2010年6月2日のデトロイト・タイガース対クリーブランド・インディアンス戦で、タイガース先発のアーマンド・ガララーガは完全試合達成にあと1人と迫った場面で、27人目の打者のゴロをセーフと判定。のちにこれを誤審と認めて謝罪した。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/02/23 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0221

【WBC2017】連覇を狙うドミニカのラインナップは?選手スタッツ  



前回大会の覇者のドミニカ共和国。今回も優勝候補筆頭と見られており、まさに「スター軍団」といえるメンバー構成だ。個人的な予想ラインナップは以下の通り。

【ドミニカ共和国の予想スタメン】
1(CF)スターリン・マルテ(パイレーツ)
2(SS)マニー・マチャド(オリオールズ)
3(2B)ロビンソン・カノ(マリナーズ)
4(DH)ネルソン・クルーズ(マリナーズ)
5(1B)ハンリー・ラミレス(レッドソックス)
6(3B)エイドリアン・ベルトレイ(レンジャーズ)
7(RF)ホセ・バティスタ(ブルージェイズ)
8(C)ウェリントン・カスティーヨ(オリオールズ)
9(LF)グレゴリー・ポランコ(パイレーツ)


WBCドミニカ
https://twitter.com/i/moments/830669341360152576

ESPNでは、選手としてのキャリアを重視したのか、ベルトレイが4番という予想だった。ヒット数では3,000本に残り58本のベルトレイがステータスでチームの顔かもしれないが、シアトル時代のパッとしないイメージがあって、ベルトレイよりもクルーズを4番、ラミレスを5番にした。

3番カノーと9番ポランコだけが左で、右の長距離砲が続く重量打線だ。

投手陣は先発の3番手以降が弱い。ただ、短期決戦なので、クエトとマルティネスの2人いれば勝ち抜ける。その後のブルペンは充実している。

レフトのポランコは、ピッツバーグでの本職はライトで、バティスタのライトと共に外野の守備にやや不安が残る。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2017/02/21 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0220

【WBC2017】各国のパワーランキングと初制覇狙うアメリカ代表のロースター  




来月開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の最終メンバー発表を受け米スポーツ専門局ESPNのWEBサイトで出場16カ国のパワーランキングを発表している。

01位 ドミニカ共和国
02位 アメリカ合衆国
03位 ベネズエラ
04位 日本
05位 プエルトリコ
06位 韓国
07位 メキシコ
08位 キューバ
09位 オランダ
10位 チャイニーズ・タイペイ
11位 カナダ
12位 コロンビア
13位 イタリア
14位 イスラエル
15位 オーストラリア
16位 中国


日本は前回王者のドミニカ共和国、そしてアメリカ、ベネズエラに次ぐ4位。

これはESPN記者によるランク付けだが、このランキングは特に納得できる根拠もなく、記者が10人いれば、それぞれ十通りのランキングになることを前置きしておきたい。しかし、中南米の各国が強敵になるの間違い。

投手の起用法等でルールを改正したことにより、セミファイナルのドジャースタジアムでメジャー最高の左腕といわれているクレイトン・カーショーの先発を期待したが、ロースターにないのは残念だ。盛り上がりに欠ける大会にならなければいいが・・・そうでないと大会自体の継続が危ぶまれているからだ。

ということで、そのアメリカ代表にスポットを当てると、ジム・リーランド監督率いる米国代表は、剛腕マックス・シャーザーの辞退、MVP経験者のマイク・トラウト内野手、ブライス・ハーパー内野手、ジョシュ・ドナルドソン内野手なども辞退。

オールアメリカン・セカンドチームといった顔ぶれだが、それでもジャンカルロ・スタントン外野手、ポール・ゴールドシュミット一塁手ら長距離砲は揃えた。

守りの要になるバスター・ポージー捕手、ジョナサン・ルクロイ捕手は最強だろう。キーポイントになる中継ぎ陣は専門職を揃えた。クローザーもミラーとロバートソンという一流クラスを入れてきた。

アメリカ代表は、1次ラウンド(プールC)で前回王者のドミニカ共和国、コロンビア、カナダと激突する。

C4LcjPoVUAAFEo1.jpg


また、今回導入された「指名投手枠」制度によって、1次ラウンドは先発投手のダニー・ダフィーとタナー・ロアーク両投手が出場する。その後、出場が予想されるマーカス・ストローマン投手やマイケル・フルマー投手は若手だが実績もあり期待できる。

同制度では1次ラウンドと2次ラウンド終了後に指名投手として登録されたピッチャーを最大2名まで入れ替えることが可能だが、一度メンバーから外れた者を再登録することはできないという規定があるらしい。


アメリカ代表メンバーは以下の通り。

【投手】

クリス・アーチャー(レイズ)★
ブレット・セシル(カージナルス)※
タイラー・クリッパード(ヤンキース)
ダニー・ダフィー(ロイヤルズ)※★
サム・ダイソン(レンジャーズ)
マイケル・フルマー(タイガース)※★
マイケル・ギブンズ(オリオールズ)
ソニー・グレイ(アスレチックス)※★
ルーク・グレガーソン(アストロズ)
J.A.ハップ(ブルージェイズ)※★
ネート・ジョーンズ(ホワイトソックス)
ジェーク・マギー(ロッキーズ)
アンドルー・ミラー(インディアンス)
パット・ネシェク(フィリーズ)
タナー・ロアーク(ナショナルズ)※★
デービッド・ロバートソン(ホワイトソックス)
ドルー・スマイリー(マリナーズ)※
マーカス・ストローマン(ブルージェイズ)★
アレックス・ウィルソン(タイガース)※

★は先発投手
※は指名投手


【捕手】

A.J.エリス(マーリンズ)
ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ)
バスター・ポージー(ジャイアンツ)

【内野手】

ノーラン・アレナド(ロッキーズ)
アレックス・ブレグマン(アストロズ)
マット・カーペンター(カージナルス)
ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)
ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
エリク・ホズマー(ロイヤルズ)
イアン・キンズラー(タイガース)
ダニエル・マーフィー(ナショナルズ)

【外野手】

アダム・ジョーンズ(オリオールズ)
アンドルー・マカッチェン(パイレーツ)
ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)
クリスチャン・イエリッチ(マーリンズ)


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/02/20 Mon. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0219

マンフレッド・コミッショナーがWBC存続を明言したが...  




今回限りで中止になるという噂が絶えないワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だが、メジャーリーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーが、その噂話を否定している。

大会の存続については、ここでも軽く触れたが、さすがに大会1ヵ月を切って「やめるかもしれない」とは言えないだろう。

カナダの「スポーツネット」電子版が伝えたところによれば「マンフレッド・コミッショナーはMLBが2017年以降も、引き続きこの大会に強く関わっていくと主張した」らしい。

mig.jpg

昨年、一部の米メディアが「2017年の大会で目立った収益が挙げられない場合は、第4回大会を最後にWBCはなくなる」と報じていた。この噂に対する反論で、同コミッショナーは、大会を続行する姿勢を明らかにしたという。

しかし、チケットの前売り状況などを見る限り、急にWBC大会の人気が高まっているとは考えにくいという指摘もある。

キャンプ地のフロリダ州レークランドを訪れた時の会見で、マンフレッド氏は、「私は常にアイデアに対してはオープンでいる。開催時期やフォーマットなど、WBCをよりよいものにするものならば。しかし、今年が最後のWBCになるという考えは、私は支持しない」とも発言した。

さらに、「私は球団のオーナーたちからも大会をサポートするという同意を得ている。選手たちをチームのキャンプに留まらせたいという考えの関係者もいるだろうが、私はオーナーのレベルではそういうことを見聞きしていない」とも話した。

WBC

しかし、カナダのメディアは、WBCが現在も抱える問題を指摘。

その例の一つとして、2017年のカナダ代表チームも、本来はカギとなる選手、レッズの強打者ジョーイ・ボット、フィリーズの外野手、マイケル・ソーンダース、マリナーズの左腕ジェームス・パクストンらの有力選手が代表に入っておらず、捕手のラッセル・マーティンは、ケガのために出場を見送っていて、「ベストメンバーとは言いがたい」ことにも触れている。

米国代表は、過去最強メンバーをそろえたとも言われているが、それに関しても「米国代表は、以前の大会に比べてスーパースター選手が含まれているが、それでもマイク・トラウト(エンゼルス)やブライス・ハーパー(ナショナルズ)という2人の輝かしいスターは出場しない」と疑問を呈した。

トラウトやハーパーといった若手のMVP選手たちの出場辞退は、ここでも以前に紹介した。

WBCは現時点では、ある程度の富と地位を得たベテラン選手たちが、名誉をかけて出場するか、MLBを目指す若手がショーケースとして自分のパフォーマンスを売りこむ場になっているようにも見える。

日本代表も同じで、だから真の意味で「国別対抗戦」になっていないと指摘する声はあるが、それには、歴史を重ねることが必要だろう。

1930年以来、20回、約80年の歴史を刻んだサッカーのように大会のステイタスがないのは当たり前で、歴史の違いは如何ともしがたいものがある。

とりあえず米国代表が決勝までコマを進めて大会を盛り上げ、10回、20回と歴史を重ねない限り、「消滅の噂」は消えないだろう。


記事参考
https://thepage.jp/detail/20170218-00000002-wordleafs?page=1

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/02/19 Sun. 00:06 [edit]

CM: --
TB: --
   

0203

【悲報】大谷翔平、WBC打者でも不参加  




第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の小久保裕紀監督は3日、右足首の故障で調整が遅れている日本ハムの大谷翔平選手(22)を代表から外すことを明らかにした。近日中に代替選手として先発投手を追加する。

複数のメディアの情報を総合すると昨年秋の侍ジャパン壮行試合で痛めた足首の状態が芳しくない模様で、レギュラーシーズンにも影響するぐらいの深刻なダメージが残っているという。

日本ハム ファイターズは、栗山監督から1月31日に大谷選手の「投手」での出場を断念することを表明しており、打者での参加が可能かを巡って日本代表と日本ハムが調整していた。

小久保監督は宮崎県日南市で行われている西武のキャンプを視察後に「思うように状態が上がってこなかった」と説明した。本人には電話で伝えたという。

WBCに関しては、これまで米国内でも盛り上がりに欠け、今大会でもそのような状態が続く場合は大会の継続も危ぶまれている。

今回はアメリカ代表もこれまでとは違うラインナップだが、それでもマイク・トラウト、ブライス・ハーパーといったリーグMVP経験者の若手たちも辞退。

シーズン前の開催というタイミングも悪く、大会のステイタスも低いことから、リスクを回避することも併せて考慮したうえで、日本人メジャーリーガーも軒並み不参加を表明している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/02/03 Fri. 17:54 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0201

米メディアも反応!大谷翔平のWBC「投手辞退」表明  




メジャーのスカウト大注目の剛腕・大谷翔平が、投手としてのWBC出場を辞退することになった。

アリゾナ州ピオリアで現地31日、大谷は会見を行い「残念な気持ちはある。状態をぎりぎりまで上げるようにやってきたけど…」というコメントを残している。

栗山監督は「非常に残念。去年の日本シリーズで痛めた(右)足首の影響もあるので、投手はできない、とジャパンに伝えました」と明かした。

シーズン前とはいえメジャーの一線級が各国代表として顔をそろえる大会で、大谷にとってもその真価を披露できるショーケースの意味合いもあった。

しかし、考え方を変えれば、日本ハムのフロントは賢明な判断だったかもしれない。

故障がなくても上原、田澤、岩隈、ダルビッシュ、田中、前田と本来なら日本代表の先発ローテーション投手およびセットアッパー、クローザーが軒並み代表入りを辞退。

しかし、彼らを責めることはできない。誰もが理解していることだが、野球の場合、打者と違って投手は負担とリスクが大きい。わざわざ球数制限というルールがあるのが、その証左といえる。

少しでも不安があるなら大会前の早い時期にアナウンスしたのは当然の判断だった。



この発表を受け、米メディアもすかさず反応し、MLB公式サイトや「スポーツ・イラストレイテッド」、「ファンラグ・スポーツ」などが、その記事を掲載している。

アメリカ代表も参加表明していたマックス・シャーザーが故障で辞退しているし、各チームのエリートスターターは、ルール改正で、スポットで出る可能性はあるものの、打者と違って顔ぶれは落ちる。

打者でも、若手のマイク・トラウトブライス・ハーパーは、早くから不参加を表明している。

ハーパーに関しては、代理人スコット・ボラス氏が彼を出場させない方針で「選手たちに大事なのはルーティンを守ることだ。ハーパーにとっては調整を重ね、シーズンに備える大事な時期になる」と昨年11月、ニューヨークポスト紙にコメントしている。

日本ハムにとってもペナントレースを勝ち抜く大黒柱でもあるし、大谷が海を渡る場合に、前田の例でも分かるように多額の譲渡金が球団に入る。そんなビジネスライクなことを言えば批判があるかもしれないが、戦略的には当然だろう。打者として辞退しても納得できる。

WBCに関しては、いろんなウワサがあって、中には今大会が最後かもしれないというウワサもある。

ESPNのクリスチャン・モレノ記者が昨年11月に「今大会で十分な利益があげられない限り、ワールド・ベースボール・クラッシックの大会が終了する可能性のあることを、複数のニュースソースから聞いた」とツイート。これを受けてCBSスポーツやヤフースポーツが報じていた。


http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2927.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000001-wordleafs-base

http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3033.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/01 Wed. 13:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0124

侍ジャパン: WBC代表メンバー発表、メジャーリーガーは青木だけが参戦  

 


大谷、菅野、則本、石川を先発で想定
1番か2番に青木
クリーンアップに中田、筒香が入るラインナップ



野球日本代表「侍ジャパン」の小久保裕紀監督が24日、都内で会見を行い、3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表メンバーを発表した。

結局、ダルビッシュ有や田中将大、岩隈久志、前田健太、上原浩治、田澤純一らのメジャーリーガーは辞退した。メジャーリーガーの参戦は青木宣親の一人だけになった。

直前に1名が辞退したため27選手の発表になったが、決定次第最後の一人を発表するという。

昨年12月に大谷翔平(北海道日本ハム)、青木宣親(アストロズ)ら19選手が発表されており、今回は投手6名、捕手1名、外野手1名が追加された。


以下、選出メンバー。
※の付いた選手が今回選出された選手。
  • ■投手
  • 松井裕樹(東北楽天)※
  • 菅野智之(巨人)
  • 秋吉亮(東京ヤクルト)
  • 則本昂大(東北楽天)
  • 宮西尚生(北海道日本ハム)
  • 大谷翔平(北海道日本ハム)
  • 藤浪晋太郎(阪神)※
  • 増井浩俊(北海道日本ハム)
  • 石川歩(千葉ロッテ)※
  • 岡田俊哉(中日)※
  • 牧田和久(埼玉西武)
  • 千賀滉大(福岡ソフトバンク)※
  • 平野佳寿(オリックス)※

  • ■捕手
  • 小林誠司(巨人)※
  • 大野奨太(北海道日本ハム) 
  • 嶋基宏(東北楽天) 

  • ■内野手
  • 松田宣浩(福岡ソフトバンク)
  • 菊池涼介(広島)
  • 坂本勇人(巨人)
  • 中田翔(北海道日本ハム)
  • 山田哲人(東京ヤクルト)

  • ■外野手
  • 内川聖一(福岡ソフトバンク)
  • 青木宣親(アストロズ)
  • 平田良介(中日)※
  • 筒香嘉智(横浜DeNA)
  • 鈴木誠也(広島)
  • 秋山翔吾(埼玉西武)

  • ■コーチングスタッフ
  • 監督 小久保裕紀
  • ヘッド 奈良原博
  • 投手 権藤博
  • バッテリー 村田善則
  • 打撃 稲葉篤紀
  • 内野守備・走塁 仁志敏久
  • 外野守備・走塁 大西崇之





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





関連記事

Posted on 2017/01/24 Tue. 20:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0112

WBCドミニカ代表にオルティーズ?メキシコ代表にはAL最優秀防御率のA.サンチェスが合流   



 ブルージェイズの若手先発右腕アーロン・サンチェス投手が、3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にメキシコ代表としてグループステージを通過した後のメキシコ代表チームに合流する可能性があることが分かった。



 これは『MLB Network』のジョン・モロシ氏が現地10日に自身のツイッターで伝えたもの。同氏によると、メキシコが1次リーグを通過すれば、サンチェスが代表に合流することもあり得るという。

 24歳のサンチェスはメジャー3年目の昨季、30試合に先発して15勝2敗、ア・リーグトップの防御率3.00と大ブレイクした。なお、グループDのメキシコは1次リーグでプエルトリコ、ベネズエラ、イタリアと同組になっている。



 モロシ氏は、さらにドミニカ代表チームのジェネラルマネージャーであるモイゼス・アルー氏が語った事として、レッドソックスを昨シーズン限りで引退したデビッド・オルティーズ氏もWBC参加に興味を持っていると伝えている。

オルティーズ

 オルティーズ氏は2006年と09年にWBCドミニカ代表チームの一員として出場している。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/01/12 Thu. 07:18 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0112

ドジャース前田健太もWBC出場辞退!球団側が難色示す  



ドジャースの前田健太も3月に行われる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に不参加となることが現地10日の時点でわかった、スポニチがWEBサイトで伝えている。

既に上原も移籍したカブス側が出場に難色を示し、辞退を表明。マリナーズの岩隈久志投手も出場辞退。記事では、ヤンキースの田中将大の選出も極めて難しい状況だという。

前回大会でチーム最多の15イニングを投げた侍ジャパンのエースが出場しない事態になるが、前田自身は「前回悔しい思いをしたし、日の丸を背負って戦うのは光栄なこと。出たい気持ちはもちろんある」と出場への意欲を口にしていた。

前田は入団交渉時のメディカルチェックで右肘に「イレギュラーな問題」が見つかり、基本給を抑えて、出来高を厚くした異例の8年契約を結んだ経緯もあり、昨季の活躍でその不安を払しょくしたが、余計な負担をかけたくないのもドジャース首脳陣の本音だと伝えている。

近日中にも球団から侍ジャパンへ断りの連絡が入るという。

WBC2017


お祭りとビジネスを冷静に考えれば、そういう結果になるということだろうか。WBCのアメリカでの価値は低く、シーズン前の調整段階で故障というリスクを避けたい球団側の意思が伝わる。

これまで第1回と第2回を日本、第3回はドミニカ共和国が制しただけでなく、いずれもアメリカチームが決勝に残れなかったことも、アメリカ国内の関心を高めるにいたらなかった原因だ。

日本人メジャーリーガーを責めることは出来ないだろう。ベースボールの母国アメリカ代表でもマイク・トラウト(エンゼルス)やブライス・ハーパー(ナショナルズ)といった若手のスターたちが出場を辞退している。

各国の代表も長期契約が保障された野手組など、ある程度、メジャーでの基盤を確立した選手たちがほとんどで、その次として母国のためという「名誉や名声」をかけて戦うというスタイルが多い。

これは考え方だが、侍ジャパンの選手たちも「日の丸」をつけて戦う名誉と自分自身のショーケース(発表会)と捉えてWBCで奮戦すれば、プロとしての見返りも期待できるだろう。

しかし、WBCは今回で最後になる可能性もあると報道されているという。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/01/12 Thu. 06:36 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド