メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0830

レッドソックスのC.セールが15勝目、MLB最速で1500奪三振到達   



レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー野球運営部門社長は、その手腕が評価されている一人だが、2015年オフに大枚をはたいて契約した先発左腕デービット・プライス(7年総額2億1700万ドル=約238億円)は、今季11試合に登板しただけで現在も故障者リストに入り、この2年間で296イニングで、ここまで年俸に見合う結果を出していない。

それに比べて昨年12月にマイナー選手4人と引き換えにホワイトソックスから獲得した先発左腕クリス・セールは、「サイ・ヤング賞」当確のような好投を続け、チームの地区首位に貢献している。

現地29日のブルージェイズ戦では7回を投げて被安打3、奪三振11、無四球、無失点。今季185回1/3イニング、防御率2.77、WHIP0.91。

レッドソックスは3対0で勝利し、セールは15勝目(6敗)を飾ると共に通算1500奪三振に到達した。通算1290イニングでの到達は史上最速記録ということだ。

セールは、この日の11奪三振で今季264奪三振。300奪三振まで、あと34まで迫っている。

この「シーズン300奪三振」も凄い記録で、達成すれば同じレッドソックスの右腕ペドロ・マルティネスが1999年に記録した313奪三振以来18年ぶりになる。

メジャーリーグファンならご存知だと思うが、ナショナルリーグに比べ「指名打者制」があって投手が不利とされているアメリカンリーグ。しかも、東部地区は「バッターズ・ヘブン」といわれるぐらい打者有利の球場が多い。重みが違う数字といえる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/30 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0315

【DL情報】RソックスのD.プライスが開幕からDL  




15年オフに大型契約でレッドソックスに移籍した左腕デービット・プライスが、今季は開幕を故障者リスト(DL)で迎えるという残念なニュースが入って来た。

このブログでも3月3日にお伝えしたが、昨年17勝した割には序盤の不調で影の薄かったプライスが、2月末に登板後、左の前腕とひじの痛みのため、予定していたオープン戦への先発登板を回避する状態が続いていた。

ESPNのジム・ボウデン記者が、「デビッド・プライスは左肘のMRIを受けた結果、セカンドオピニオンを求めることになり、次回の先発は回避することになった」ことをツイートしていた。



その後の報道で、手術は行わない方向で投球練習を再開するということだったが、やはり深刻だったようだ。肘への手術に関しては今のところ報道されていない。

プライスは、昨年チーム2位・リーグ4位タイの17勝を記録、両リーグ最多の230イニングを投げた。

レッドソックスのジョン・ファレル監督は、「現時点ではプライスが開幕に間に合わせるのは難しいと思う」と述べると、「実際にマウンドに上がってみるまではなんとも言えないし、それがいつになるかも分からない」と話している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/03/15 Wed. 20:37 [edit]

CM: --
TB: --
   

0127

オルティーズの背番号34が永久欠番に!セレモニーは6月  

 

レッドソックスの“顔”として、また、ボストニアンには“ビッグパピー”の愛称で親しまれているデビット・オルティーズの背番号「34」がチームの永久欠番になる。

チームは彼の卓越したキャリアに敬意を表して6月23日にフェンウェイパークで記念セレモニーを行うと発表した。

オルティーズは2003年1月22日にレッドソックスと契約。14年間連続でシーズンに出場した選手はカール・ヤストレムスキー(23年間)、テッド・ウィリアムズ(15年間)など7人しかいない。

オルティーズ


さらに、第一次世界大戦後に在籍した選手としてボストンで唯一の3度のワールドチャンピオンリング(2004年、07年、13年)を手にした選手でもある。

レッドソックス でマークした本塁打483本は、テッド・ウィリアムズ(521本)に次ぐ。また、打点(3位、1,530)、ヒット数(6位; 2,079本)、二塁打(3位; 524本)、四球数(4位; 3,131)など、ほとんどのスタッツがチームで屈指である。




彼の「34」は、レッドソックス11人目の永久欠番になるが、レッドソックスの永久欠番として有名なのは、ジャッキー・ロビンソンだろう。他には、ヤンキースの松井秀喜と死闘を演じた剛腕ペドロ・マルティネスが記憶に新しい。

  • 1  ボビー・ドーア
  • 4  ジョー・クローニン 
  • 6  ジョニー・ペスキー 
  • 8  カール・ヤストレムスキー 
  • 9  テッド・ウィリアムズ
  • 14  ジム・ライス 
  • 26  ウェイド・ボッグス 
  • 27  カールトン・フィスク 
  • 42  ジャッキー・ロビンソン 
  • 45  ペドロ・マルティネス

そして、オルティーズで11人目になる。





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   



関連記事

Posted on 2017/01/27 Fri. 15:50 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1207

MLBウインターミーティングで積極補強が目立つレッドソックス  



 レッドソックスがフリーエージェント(FA)でミッチ・モアランド一塁手と1年550万ドルで合意した。身体検査を経て正式契約になるもよう。

 レッドソックスにとって優先事項だったセットアッパー、スターターに次いで、この日、3件目の補強リストに着手したことになり、デーブ・ドンブロウスキー編成本部長の積極的な動きが目立つ1日になった。

レッドソックス


 当初、レッドソックスは指名打者(DH)デビッド・オルティーズの穴埋めとしてエドウィン・エンカーナシオンの獲得に動くと憶測があった、しかし、地元メディアが伝えたように短期契約でベテランを獲得した。

 これは、ファームに成長が期待されるプロスペクトが多いことに加えて、昨年話題の“3B”ことムーキー・ベッツ(RF)ジャッキー・ブラッドリー Jr.(CF)イグザンダー・ボガーツ(SS)アンドリュー・ベニンテンディ(LF)を加えた「Killer B’s」など、若手の台頭が目立ち、そうした選手たちの成長に期待する部分が大きいのかもしれない。

 レンジャーズでメジャーキャリア7年、31歳のモアランドは今季、打率.233、本塁打22、打点60、出塁率.298、長打率.422、OPS.720。キャリアハイだった15年から数字を落とした。

 ただ、一塁手としての守備力には定評があり、2016年も守備防御点(DRS)が+7、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)が+6.4とリーグ平均を大きく上回る数字を残している。

 一塁のハンリー・ラミレスは、DRS-5、UZR-3.5と守備が平均以下だったので、一塁とDHを復帰してくるパブロ・サンドバル、モアランドらの複数でカバーする方向に切り替えたということだろう。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/12/07 Wed. 12:40 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1207

【MLB移籍情報】レッドソックスが左腕クリス・セールとセットアッパーを獲得  



 MLBウインターミーティングで大型トレードが成立した。レッドソックスがホワイトソックスからリーグを代表する左腕クリス・セール投手をトレードで獲得。その見返りにキューバ出身の有望選手ヨアン・モンカダらを放出するという1対4の複数トレードが成立した。



 交換要員となったのはMLB公式サイトのプロスペクトランキングにおいてMLB全体でNO.1評価をうけているヨアン・モンカダ、同ランクで67位と高評価のマイケル・コペック、レッドソックスチーム内でNO.8のルイス・アレックス・バサべ、No.28のビクトール・ディアスの4人。

 これでレッドソックスの先発ローテは、昨年FAで大型契約した左腕デビッド・プライスとクリス・セールという強力な2枚看板を筆頭に、サイヤング賞のリック・ポーセロ、エドゥアルド・ロドリゲスとクレイ・バックホルツが4番手、5番手となる強力な布陣。

加えて、あまり良くなかったが、シーズン中にパドレスからトレードで獲得した左腕ドリュー・ポメランツ。終盤は離脱してしまったものの前半戦を引っ張った32歳のナックルボーラーのスティーブン・ライト(24試合156.2回、13勝6敗、防御率3.33)も加えた強力な先発ローテーションになった。

ただ、これは暫定的なもので、この投手たちを含めてオルティーズの穴埋めとして指名打者の獲得に向けたトレード要員に回される可能性はある。

 さらに、ドンブロウスキー編成本部長は、ブルワーズからキャリア5年の右腕セットアッパー、タイラー・ソーンバーグ投手も獲得。ソーンバーグは、今季ブレイク。67試合67回で防御率2.15、FIP2.83、奪三振90、13SV。最優先事項だった8回を任せられる投手を補強した。

レッドソックスからはトラビス・ショー三塁手とマイナー選手2名を見返りとしてリリースしている。

レッドソックス


会見に出席したドンブロウスキー編成本部長は、新たに獲得したソーンバーグを抑えのキンブレルにつなぐセットアッパーに指名。

再契約の可能性のあった上原にはトレード前に条件提示をしたが、断りがあったことを明かしながら、「彼もチーム状況を理解してくれた」。13年ワールドシリーズ制覇の功労者に「これまでチームにもたらしたことにとても感謝している」との言葉を送った。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/12/07 Wed. 09:21 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1206

MLBウインターミーティング、レッドソックスの補強ポイント  



 メジャーの球団関係者や代理人らが一堂に会するウインターミーティングが現地時間5日、メリーランド州ワシントン郊外のホテルで始まった。

 上原浩治や田澤純一などの動向が気になるが、レッドソックスのドンブロウスキー編成本部長は、8回を任せられるセットアッパーの獲得が、最優先事項であることをMLB公式サイトなどが伝えている。

引退したオルティーズの穴埋めとなる指名打者の獲得は、その後になる模様だ。

候補としては、ESPNのシニア・ライター、ジム・ボーデンによれば、

  • ブーン・ローガン(32歳LHP) 66試合、防御率3.69、1SV、27HLD、WHIP1.01
  • セルジオ・ロモ(33歳RHP) 40試合、防御率2.64、4SV、14HLD、WHIP1.08
  • サンティアゴ・カシーヤ(36歳RHP) 62試合、防御率3.57、31SV、3HLD、WHIP1.19
  • トラビス・ウッド(29歳LHP) 77試合、防御率2.95、12HLD、WHIP1.13

などの名前を挙げているが、MLB公式サイトにはジョー・ブラントンの名前もあった。35歳の右腕は今季、75試合、防御率2.48、WHIP1.01。先発経験も豊富だが、ドジャースでリリーフに転向して成功している。



 注目は上原浩治の再契約だが、MLB公式サイトには上原やジーグラーと再交渉するのではなく新しい方向に進みたいと報じている。

なお、ジョン・ファレル監督の残留は公式発表している。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2016/12/06 Tue. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1109

両リーグMVPの最終候補を発表 M.ベッツとK.ブライアントにあげたい!  



 最終結果は、11月17日(日本時間18日)に発表される両リーグのMVPだが、全米野球記者協会(BBWAA)は現地7日、今季の最終候補を発表した。

ア・リーグMVP候補は、マイク・トラウト(CF、エンゼルス)とホセ・アルトゥーベ(2B、アストロズ)、ムーキー・ベッツ(RF、レッドソックス)の3人。

MVP2016


 トラウトはチームが低迷する中で打率.315、29本塁打、100打点、30盗塁をマーク。123得点と出塁率.441は両リーグトップで、116四球は球団新記録となった。

 アルトゥーベは打率.338、24本塁打、96打点、30盗塁。2年ぶり2度目の首位打者に輝いたほか、216安打で3年連続ア・リーグ最多安打を達成した。

MLBキャリア3年目のベッツは打率.318、31本塁打、113打点、26盗塁。359塁打とマルチヒット67試合は両リーグ最多で、214安打はレッドソックス史上3位だった。

 ベッツは、全30球団から各守備位置で1名選ばれる「フィールディング・バイブル賞」をライト(RF)で受賞。その守備防御点(DRS)は驚異の+32だった。(+15でオールスター級)

個人的には、走攻守でベッツにあげたい気がする。



MVP2016


 ナ・リーグからはクリス・ブライアント(3B、カブス)とダニエル・マーフィー(2B、ナショナルズ)、コリー・シーガー(3B、ドジャース)の内野手3人が最終候補に選出。

 ブライアントは打率.292、39本塁打、102打点、そしてリーグトップの121得点をマーク。昨季は新人王に選出されており、新人王の翌年にリーグMVP選出となれば、ダスティン・ペドロイア(2B、レッドソックス)以来の快挙となる。

 メッツからナショナルズに移籍したマーフィーは、打率.347、25本塁打、104打点といずれもキャリアハイの大ブレイク。47二塁打、長打率.595、OPS.985はリーグトップだった。

 ドジャースの新人で、しーがー兄弟の三男坊コーリー・シーガーは打率.308、26本塁打、72打点で、ナ・リーグ新人王の最終候補にも残っている。


数字的にはマーフィーがやや上だが、ワールドシーリーズを108年ぶり制覇したカブスの原動力のひとり、ブライアントに決まりのような気がする。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2016/11/09 Wed. 12:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1109

去就に注目が集まる上原浩治、レッドソックスとの再契約は微妙な状況  



 ゴルフのPGAツアーでも有名なアリゾナ州スコッツデールで開幕したゼネラルマネジャー(GM)会議でレッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー球団社長は7日、フリーエージェント(FA)となったリリーバー上原浩治についてのインタビューに答えている。

複数のメディアが伝えているところによれば、同氏は「来年も戻ってきてほしい気持ちはあるが、今後の進路をどうするかは彼自身が決めることだ」と説明。

チームは8回を任せられるセットアッパーの獲得を目指しているが、条件面で折り合わない場合は手放す覚悟もあるという。

上原浩治 


  シーズン終了後の記者会見では来季のチーム編成について、デーブ・ドンブロウスキー社長とジョン・ファレル監督の両者が既にコメントしている。

 今季終了後にレッドソックスを去る主力選手は、指名打者で引退するデビッド・オルティーズ、FAとなる上原浩治、田澤純一、ブラッド・ジーグラーのリリーフ投手3人。

そのためデーブ・ドンブロウスキー社長は会見で指名打者とブルペンの穴を埋める必要があることを認めている。

 ボストンの地元FMの電子版WEEIなどでは、「誰でも年をとれば、年齢による衰えを考える必要があるが、コウジはその点で特別で、マウンドにいる時の彼は素晴らしい。ただ、これから先をどう評価するのは難しく、そのための手法を私は持っていない。さらに言えば、コウジが健康でかつ若かったとしても、普通のタイプではないので、評価が難しい。88マイルを切る球速を投げ続ける選手がどれだけいるだろうか。どちらにしても評価が難しい選手だ」とコメント。

現時点では再契約には積極的とはいえず、タイミングと条件が合えば可能性はあるという程度にとどまっている。

 上原は今季、7月に右胸の筋肉を痛めて一時離脱。50試合に登板し2勝3敗7セーブ、防御率3・45だった。

 米スポーツサイト「ブリーチャーレポート」によるFA選手の格付けでは、「セカンドレベル」で選出。 格付けされる自体がトップ選手の証と言えるが、同サイトでは、来季、42歳になる右腕だが「このベテラン投手は、輝きを見せた2013年のシーズンと比べ衰えを見せているが、過去3年の成績は防御率2.73、K/BBは6.8としている」と紹介。

奪三振数と四球の数の割合で投手の能力の高さを計るK/BBは相変わらずハイレベルな数字を示し、上原のゲーム終盤での起用はチームに安定感をもたらしている。



記事一部引用
http://baseball.information0.com/major-baseball/redsox-2016-17-offseason-projections/




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2016/11/09 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1028

【球団人事】レッドソックスがエディー・ロメロをアシスタントGMに昇格  

 

 レッドソックスが球団幹部の人事としてエディー・ロメロ氏をアシスタントGMに昇格させたことをMLB公式サイトが報じている。

 ロメロ氏は、レッドソックスで11年間、主に国際スカウト部門を専門に担当してきた。その間、ヨアン・モンカダ(キューバ)、ラファエル・ディバース(ドミニカ共和国)など、チームのトッププロスペクトの獲得に成功している。

 レッドソックスは、現在空席のジェネラルマネージャー(GM)のポストには誰もつけず、ロメロ氏とブライアン・オハロラン氏の両アシスタントGMにデーブ・ドンブロウスキー編成最高責任者の補佐をさせる体制で2017年シーズンを迎える模様。

レッドソックス

 ここでも紹介したが、レッドソックスは、前GMのマイク・ヘーゼン氏がダイヤモンドバックスに引き抜かれてGMポストが空席になっていた。

 レッドソックスの筆頭オーナーであるジョン・ヘンリー氏は、昨年8月、タイガースのGMだったデーブ・ドンブロウスキー氏を野球運営部門の編成最高責任者として招聘。マイク・ヘーゼン氏は、その下でGM職に内部昇格していた。

 40歳のヘーゼン氏はスカウトやGM補佐として11年間、レッドソックスに所属。同氏がいる間にレッドソックスは、5度のプレーオフ進出と2度のワールドシリーズ制覇に貢献。
 
 Dバックスは、昨オフの大型補強が失敗に終わって今季も低迷。その責任をとってチップ・ヘール監督とデーブ・スチュワートGMをレギュラーシーズン終了後に解任している。

 その後任人事として内部育成やファーム(下部組織)の充実に実績を残したヘーゼン氏をレッドソックスからGM職より上級ポストを用意して迎え入れている。 




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/28 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0905

Rソックス、サヨナラ負けで首位陥落 ロドリゲスが8回二死まで無安打無得点  

 


 リック・ポーセロが7回2失点で19勝目をあげた次の日、レッドソックスはアスレチックス相手に0対1でサヨナラ負けしAL東部地区2位に後退した。

 レッドソックスは先発のエデュアルド・ロドリゲスが8回2死まで無安打無得点のノーヒットノーラン。次の打者の鋭いピッチャー返しをロドリゲスが足で止めて一塁へ送球。一旦はアウトのジャッジが下されたが、ビデオ判定の結果セーフに覆った。

 今季15試合目で最高のピッチングを披露したロドリゲスは、8回を1安打無失点、2四球、5奪三振の好投だった。2勝6敗、防御率4.83。



 しかし、レッドソックスは自慢の打線が23歳左腕の力投を援護できなかった。アスレティックスも7回途中まで無失点の先発ケンドール・グレイブマンから2人の継投でレッドソックスに得点を与えず、0対0で迎えた9回裏の攻撃。

 レッドソックス抑えのキンブレルが、先頭打者に四球を出したあと、4番デイビスにレフトへ二塁打を打たれ、外野手がフェンス当たったクッションボールの処理に手間取ったため一塁走者が一気に生還。

結局、レッドソックスは、2安打のアスレティックスにサヨナラ負けするという後味の悪い試合になった。



 なお、この試合で期待のキューバ出身ヨアン・モンカダ(21)が2安打をマーク。9月の40人枠拡大でメジャーに昇格して以来、3ゲームに三塁手として出場。ここまで、10打数4安打、1二塁打、1打点、3三振で期待通りの活躍をしている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/09/05 Mon. 17:24 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド