メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0226

メジャーへ!中後悠平2年目の春、OP戦初登板で好スタート  



メジャー2年目の挑戦となるダイヤモンドバックスとマイナー契約の中後悠平投手が現地25日のオープン戦に初登板、1回を無難に切り抜けた。

アリゾナ州スコッツデールで行われているダイヤモンドバックスのスプリングトレーニングに初参加している左腕は、オープン戦の初戦となったロッキーズ戦で4点ビハインドの8回、7人目として登場した。

8回の頭からマウンドに上がった中後は、8番打者相手にボールが2球先行。

1球目はインコースのフォーシーム、2球目はアウトコースのスライダーが外れた。3球目、やや内よりの89.0マイルのフォーシームでセンターライナーに打ち取った。

2人目は右バッターとの対戦。89.1マイルのフォーシームで詰まらせてショートライナー。

3人目は昨シーズンのレギュラーだった1番デビット・ダール(LF)を1球目の88.9マイルのフォーシームでファーストゴロに打ち取った。

8球の内訳はフォーシムが6球、スライダー1球、チェンジアップ1球だった。最速は90.6マイル(約146キロ)だった。

中後投手は「オープン戦でも大リーグのマウンドは初めてだったので、準備はしていたつもりだったが緊張した。最初の2球は力の入れ方がわからなかったが、3球目からリズムがつかめた。抑えられてよかった」とコメント。

気になる首脳陣の評価は、「いいスタートだった。また次のチャンスもあるだろう」とトリー・ロブーロ監督。今後もチャンスを与える考えを示したという。

中後悠平

22日のシート打撃の登板では、ロブーロ監督の横でマイク・ヘーゼンGMも中後の登板を見守った。若手有望選手でもない招待選手の打撃練習登板に、監督、GMが揃って最初から最後まで注視するのは滅多にないことだという。

打撃練習登板でいずれも捕手を務めたメジャー在籍8年のジョシュ・トーリ選手は、メジャーでも十分に通用する投球だと褒め称えた。

「彼の真っ直ぐは浮き上がるように伸びてくる。スライダーも曲がりが鋭いし、きちんと両サイドに投げ分けることができる。チェンジアップもスライダーに負けないくらい通用する変化球だ。特に左打者に対しては内角をツーシーム、真っ直ぐ、スライダーで攻めることができる。十分にメジャーの左打者でも効果的な投球ができると思う」。

総勢70人から開幕25人枠を争う厳しいメジャーの春。毎週ロッカーが開いていく現実が待っているが、とりあえずは、好スタートを切ったといえる。



◆記事参考
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170224-00068049/


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/02/26 Sun. 18:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0225

ヤンキース、A.ジャッジ、K.ヒガシオカらが上出来のデビュー!  

 


メジャーリーグ公式サイトがヤンキースの若手有望株アーロン・ジャッジ外野手の特大ホームランをヘッドラインで報じている。

ヤンキースは現地24日、フィラデルフィア・フィリーズと今季初のオープン戦を行い、9対4で快勝。この時期の勝敗はまったく関係ないが、重要なのはその内容。

ヤンキースは初回、若手のリーダー格ディディ・グレゴリアス遊撃手が先制ソロを放つと、5回にはメジャー2年目のジャッジが、左中間のスコアボード最上部を直撃する特大弾を放った。

さらに、7回には日系3世でブルペンでは田中将大の球を受けているカイル・ヒガシオカ捕手がソロアーチをレフトスタンドに叩き込んだ。

その他では、新加入で4番に入った指名打者のマット・ホリデー外野手が2打数2安打。投げては、先発のブライアン・ミッチェル投手が、2回無失点で勝利投手となった。

巨漢201センチのジャッジは、メジャー2年目。MLBのプロスペクトランキング45位(BP63位、BA90位)。

2013年ドラフトのヤンキース1巡目。昨年8月13日のデビュー戦では、初打席初本塁打をセンターバックスクリーンに放り込んで鮮烈なデビューを飾り、次の試合でも第1打席に本塁打を記録。スタメン出場した第3戦でも決勝打となる二塁打を4回にナックルボウラーR.A.ディッキーから放った。

しかし、その後は粗さが目立ち結局、27試合で打率.176、84打数で三振42個と期待外れだった。

ミッチェルは、4年目(実質3年目)の25歳で、15年は20試合、昨年は先発専業となり、5試合全てにスターターとして登板。防御率3.24と、念願のメジャー初勝利をマークに登板している。

カイル・ヒガシオカ捕手は4月に27歳になる選手で、昨年はマイナーの2Aと3Aで102試合に出場。打率.273、21本塁打、81打点。第3の捕手として現時点で25人枠に登録されている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/02/25 Sat. 21:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

0224

ヤンキースの開幕投手に指名された田中将大、手ごたえ感じる74球  

 


ジョー・ジラルディ監督から開幕投手に指名されている田中将大。指揮官は「不測の事態が起こらない限り、彼が開幕の日にいないということはない」とキャンプ前に公言した。

フロリダ州タンパで行われているスプリングトレーニングでは、打者を立たせたシート打撃に登場。ブレット・ガードナー、チェイス・ヘドリーらのレギュラークラス相手に30球、ブルペンでも40球を投げた。

田中将大2016


メディアによれば、対戦したヘドリーは「キレが良さそうに見えた」と田中の仕上がり具合を評価。田中本人は、ひじの手術明けだった昨季と比べ、「去年の今頃よりも体の調子が良い。トレーニングを開始したのも去年より少し早かったから」と通訳を介して語っている。

また、日系人捕手のカイル・ヒガシオカも日本人右腕について「彼は全ての球種を投げていた。三振も何回か奪っていた。調子は良さそうだね。カットボールもいい。スライダーもいい。スプリットは本当にえげつない。コントロールもこれまで通り最高。彼は本当にいい状態に見えるよ」と称賛したという。

田中は2015年、そして昨年と2年続けて開幕投手を務めており、これで3年連続の大役に。無事に実現すれば、2年連続で並ぶ野茂英雄(2003~04年/ドジャース)を抜いて日本人史上初の快挙になる。

昨年は、31試(199回2/3)で14勝4敗、防御率3.07はア・リーグ3位。WHIP1.08は同5位。登板した試合でのヤンキースは23勝8敗だった。

サイ・ヤング賞の投票では7位だったが、あと3勝、勝ちが転がって入ればベスト3には入っていただろう。ただ、奪三振率は7.4で3年連続低下。FIPも3.51で初年度の3.04からすれば後退。2シームを多投した試行錯誤の1年で、凄みはトーンダウンしている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/24 Fri. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0224

メジャーリーガー上原浩治の「原点」へ!「グッと!スポーツ」NHK  




「あきらめの悪い男 上原浩治」



読売ジャイアンツで開幕投手を7回も務めた投手が他のチームのユニフォームを着るのは異例。しかも、中年になって挑戦したのはメジャーリーグ。

そんな男の原点を求めて番組はふるさと「大阪」へ。さまざまなエピソードを紹介する人物紀行ドキュメンタリー。

大学の野球部へ一般の学生と同じように浪人して試験を受けて入学。あの苦しかった19歳の1年を振り返る。

高校の同級生たちが語る恋話やメジャー契約でバスタブ(湯船)がある部屋に泊まれることが契約の条件に入ってるとか、笑えるエピソードがちりばめられ、最後は息子さんの手紙でほっこりする内容でした。

「雑草魂」上原浩治のこれまで知られていなかった「原点」を貴重なエピソードとともに笑顔満開の楽しい番組でした。

いま、将来が不安な若者たちにエールを送る素敵な番組だったかも・・・。


上原浩治41歳。球速140キロで大リーグの強打者たちを圧倒。2013年にはレッドソックスで世界一に貢献。今シーズンは去年、ワールドチャンピオンとなったカブスへ移籍。

上原投手の原点を取材班は、故郷「大阪」で調査。

学生時代の自由気ままなエピソード、つらかった浪人生活、20年近く背番号19をつけ続けている理由がわかってきた。上原投手の素顔を貴重な宝物、サプライズゲストとともに紹介する。

(引用:番組WEBサイトより)

 


▶  2017年2月14日 NHK22:15~
▶【司会】相葉雅紀,【出演】上原浩治,ゴリ,大畑大介



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

関連記事

Posted on 2017/02/24 Fri. 12:19 [edit]

CM: --
TB: --
   

0223

“あの審判”ボブ・デービッドソン審判が引退  





WBCで疑惑の判定を下さしたMLB審判ボブ・デービッドソンが引退する。

デービッドソン審判員が引退=米大リーグ

 【ニューヨーク時事】米大リーグ機構は21日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも派遣されたボブ・デービッドソン氏(64)らベテラン審判員4人の引退を発表した。

 デービッドソン氏は2006年の第1回WBC2次リーグの日本―米国戦で球審を務め、同点の八回の日本の攻撃で、岩村(当時ヤクルト)の左飛でタッチアップしてホームインした三塁走者の西岡(同ロッテ)の離塁が早かったとして得点を取り消し、話題となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000038-jij-spo



忘れもしない2006年に開催された第1回WBC。2次ラウンド初戦で王監督率いる日本代表は米国代表と対戦。

終盤に犠牲フライで4―3と勝ち越しに成功したが、ここで米国代表は三塁走者の離塁が早かったと抗議。これが認められ、あろうことか判定がアウトに覆ってしまった。

532a7aa1.jpg


 日本代表の勝ち越し点は幻。試合もサヨナラ負けを喫する最悪のシナリオとなってしまったが、米国代表の抗議を認め、判定を覆したのが球審を務めていたデービッドソンだった。

メジャーでは、ボークを非常によく取るため異名は“ボーキング・ボブ”と呼ばれていた。

 デービッドソンのほか、ジム・ジョイス(61)、ジョン・ハーシュベック(62)、ティム・ウェルク(59)もメジャーリーグの審判員を引退するとのこと。

ジョイスは、2010年6月2日のデトロイト・タイガース対クリーブランド・インディアンス戦で、タイガース先発のアーマンド・ガララーガは完全試合達成にあと1人と迫った場面で、27人目の打者のゴロをセーフと判定。のちにこれを誤審と認めて謝罪した。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/02/23 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0222

【MLB移籍情報】マット・ウィータースがナッツと2年契約  



オリオールズからフリーエージェント(FA)のマット・ウィータースがナショナルズと契約した。

長打力が期待できる捕手として16年オフのFA市場でも上位ランキングだったウィータース。その契約内容は2年契約で2,100万ドル。1年後にはオプトアウトできる条項が盛り込まれている。



5月に31歳になるウィータースは、2014年に右ひじのトミージョン手術を受けたが昨年復活。昨年は124試合にマスクを被り、17本塁打、66打点でオールスターにも選出された。

守備では、エラーを量産してア・リーグワーストの11失策だったものの、盗塁阻止率で35%を記録した。

C5MpwV9WAAAumRn.jpg

メジャー9年目、通算打率.256、OBP.318、SLG.421、OPS.739、117本塁打、437打点。ゴールドグラブ賞2回 (2011年、2012年)、フィールディング・バイブル・アワード1回 (2011年)、オールスター4回選出。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/02/22 Wed. 06:22 [edit]

CM: --
TB: --
   

0220

【WBC2017】各国のパワーランキングと初制覇狙うアメリカ代表のロースター  




来月開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の最終メンバー発表を受け米スポーツ専門局ESPNのWEBサイトで出場16カ国のパワーランキングを発表している。

01位 ドミニカ共和国
02位 アメリカ合衆国
03位 ベネズエラ
04位 日本
05位 プエルトリコ
06位 韓国
07位 メキシコ
08位 キューバ
09位 オランダ
10位 チャイニーズ・タイペイ
11位 カナダ
12位 コロンビア
13位 イタリア
14位 イスラエル
15位 オーストラリア
16位 中国


日本は前回王者のドミニカ共和国、そしてアメリカ、ベネズエラに次ぐ4位。

これはESPN記者によるランク付けだが、このランキングは特に納得できる根拠もなく、記者が10人いれば、それぞれ十通りのランキングになることを前置きしておきたい。しかし、中南米の各国が強敵になるの間違い。

投手の起用法等でルールを改正したことにより、セミファイナルのドジャースタジアムでメジャー最高の左腕といわれているクレイトン・カーショーの先発を期待したが、ロースターにないのは残念だ。盛り上がりに欠ける大会にならなければいいが・・・そうでないと大会自体の継続が危ぶまれているからだ。

ということで、そのアメリカ代表にスポットを当てると、ジム・リーランド監督率いる米国代表は、剛腕マックス・シャーザーの辞退、MVP経験者のマイク・トラウト内野手、ブライス・ハーパー内野手、ジョシュ・ドナルドソン内野手なども辞退。

オールアメリカン・セカンドチームといった顔ぶれだが、それでもジャンカルロ・スタントン外野手、ポール・ゴールドシュミット一塁手ら長距離砲は揃えた。

守りの要になるバスター・ポージー捕手、ジョナサン・ルクロイ捕手は最強だろう。キーポイントになる中継ぎ陣は専門職を揃えた。クローザーもミラーとロバートソンという一流クラスを入れてきた。

アメリカ代表は、1次ラウンド(プールC)で前回王者のドミニカ共和国、コロンビア、カナダと激突する。

C4LcjPoVUAAFEo1.jpg


また、今回導入された「指名投手枠」制度によって、1次ラウンドは先発投手のダニー・ダフィーとタナー・ロアーク両投手が出場する。その後、出場が予想されるマーカス・ストローマン投手やマイケル・フルマー投手は若手だが実績もあり期待できる。

しかし、先発はやや見劣りするメンバー。シャーザーの欠場は残念で、カーショーやシンダガードなど先発の超が付くエリートスターター達は様子見を決め込んだのか出場辞退した。

同制度では1次ラウンドと2次ラウンド終了後に指名投手として登録されたピッチャーを最大2名まで入れ替えることが可能だが、一度メンバーから外れた者を再登録することはできないという規定がある。


アメリカ代表メンバーは以下の通り。

【投手】

クリス・アーチャー(レイズ)★
ブレット・セシル(カージナルス)※
タイラー・クリッパード(ヤンキース)
ダニー・ダフィー(ロイヤルズ)※★
サム・ダイソン(レンジャーズ)
マイケル・フルマー(タイガース)※★
マイケル・ギブンズ(オリオールズ)
ソニー・グレイ(アスレチックス)※★
ルーク・グレガーソン(アストロズ)
J.A.ハップ(ブルージェイズ)※★
ネート・ジョーンズ(ホワイトソックス)
ジェーク・マギー(ロッキーズ)
アンドルー・ミラー(インディアンス)
パット・ネシェク(フィリーズ)
タナー・ロアーク(ナショナルズ)※★
デービッド・ロバートソン(ホワイトソックス)
ドルー・スマイリー(マリナーズ)※
マーカス・ストローマン(ブルージェイズ)★
アレックス・ウィルソン(タイガース)※

★は先発投手
※は指名投手


【捕手】

A.J.エリス(マーリンズ)
ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ)
バスター・ポージー(ジャイアンツ)

【内野手】

ノーラン・アレナド(ロッキーズ)
アレックス・ブレグマン(アストロズ)
マット・カーペンター(カージナルス)
ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)
ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
エリク・ホズマー(ロイヤルズ)
イアン・キンズラー(タイガース)
ダニエル・マーフィー(ナショナルズ)

【外野手】

アダム・ジョーンズ(オリオールズ)
アンドルー・マカッチェン(パイレーツ)
ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)
クリスチャン・イエリッチ(マーリンズ)




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





関連記事

Posted on 2017/02/20 Mon. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0216

オリオールズに暗雲、エースのC.ティルマンが長期離脱の可能性  



キャンプインしたメジャーリーグだが、さっそく開幕ロースターに影響を与えそうな深刻なニュースが入って来た。

オリオールズの指揮官バック・ショーウォルター監督は現地14日、先発右腕クリス・ティルマン投手がPRP療法(自己多血小板血しょう療法)と呼ばれる注射治療を右肩に受けたと発表した。

この処置により、ティルマンは3月17日まではオープン戦で投げない見通しで、今季のレギュラーシーズン初登板は4月8日以降になるということだ。

しかし、この時期からの治療という事で、軽傷なら大きな問題にはならないが、治療後のリハビリ期間やチームの成績次第では、オールスター以降の後半戦を見据えたスロー調整も考えられ、そうなれば長期離脱の可能性も考えられる。



28歳のティルマンは昨季、16勝6敗、防御率3.77の好成績をマークしたが、シーズン終盤には右肩の滑液包炎で3週間ほど故障者リスト(DL)入りしていた。

ショーウォルター監督は開幕DL入りは避けられる可能性があると話しているが、今回の処置でティルマンの4年連続となる開幕投手は絶望的となった。

オリオールズは、クローザーのザック・ブリトン、セットアッパーのブラッド・ブラック、ほかにダレン・オデイ、マイケル・ギブンズ、ドニー・ハートらのブルペン陣がMLB3位の防御率3.40と大車輪の活躍でワイルドカードに進出した。

しかし、先発陣はMLB24位と不満の残る数字だった。今季もそこがウィークポイントになりそうだ。

オリオールズは、開幕投手とワイルドカードの先発を任された大黒柱を開幕から失うシーズンになった。

ティルマンの離脱により、今季の先発投手陣は、ケビン・ゴーズマン、ディラン・バンディ、ウバルド・ヒメネス、ウィド・マイリーになる予定だが、5番テとしてバンス・ウォーリー、マイク・ライト、タイラー・ウィルソンらがいるが、それぞれ防御率5点台で、ダン・デュケットGMは、ある程度実績のあるベテラン投手の獲得に動くかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/02/16 Thu. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0215

カージナルス期待の有望株アレックス・レイエス投手が右ひじのMRI検査  



2015年と16年にベースボール・アメリカから2年連続でカージナルスのベストプロスペクトに選ばれていた22歳右腕アレックス・レイエスが右ヒジのMRI検査を受けた。

カージナルスのモゼリアックGMがメディアに応えたところによれば、今後、セカンドオピニオンも参考にして、場合によってはトミー・ジョン手術(側副靱帯再建術)を受けるかもしれないという。



レイエスは昨年8月9日のレッズ戦でメジャーデビュー。13日のカブス戦で初勝利を挙げている。

さらに、19日のフィリーズ戦では初セーブを挙げた。昨年は12試合(先発5試合)に登板して46回、4勝1敗、防御率1.57、WHIP1.22、52奪三振、26四球。

平均96マイル超のフォーシームと落差のあるカーブやチェンジアップが持ち味。



今季、開幕前にMLB.comが発表したプロスペクト・ランキングでは全体で6位だった。

カージナルスの先発陣は、5年契約の延長を新たに結んだカルロス・マルティネス。アダム・ウェインライト、マイク・リーク、マイケル・ワカ。その他、トミー・ジョン手術から復帰する見込みのランス・リンらが軸になるが、レイエスはローテーション入りが期待されていた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/15 Wed. 11:56 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0214

【MLB移籍情報】ロイヤルズ、前カブスの左腕T.ウッド獲得  



ヨーダノ・ベンチュラを自動車事故で失ったカンザスシティ・ロイヤルズが、フリーエージェントの左腕トラビス・ウッドと2年契約に合意した。

契約内容は2年1,200万ドル。ちなみに、カブスでの2016年サラリーは617万ドルだった。フィジカルチェックを経て正式契約になる。

複数のメディアを総合するとウッドは、ダニー・ダフィー、イアン・ケネディー、ジェイソン・バルガス、ジェイソン・ハメルの後のローテーション5番手争いに加わるものと思われる。



30歳のウッドは2015年に先発投手からリリーバーに転向。ブルペンでの成績は2年間で計124イニング、防御率2.83だった。

先発投手としての経験も豊富でキャリア通算776イニングで防御率4.19、WHIP1.29。13年にはカブスで200イニングを投げて防御率3.11、9勝11敗という成績を残している。

このため、ロングリリーバーとしての起用法も考えられ。先発か、先発の穴埋め、貴重な左のブルペン投手としてロイヤルズの投手陣にケミストリーがあうかもしれない。

戦力は充実し、ベンチュラの穴埋めは出来そうだが、ロイヤルズの球団ペイロールは16年の1億4,100万ドルを超過して1億4,600万ドルになった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/14 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド