メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0121

【HOF2017】バグウェル氏が7年目、レインズ氏は資格取得10年目で殿堂入り  



 パッジの愛称で親しまれたイバン・ロドリゲス氏(元レンジャーズほか)が、資格取得1年目にして得票率76.0%をマーク。一発合格で殿堂入りを果たしたことは昨日紹介したが、もう2人の殿堂入り選手を紹介したい。

 昨年はわずか15票足りずに落選したジェフ・バグウェル氏。75%以上の得票が選出条件となるこの投票で71.6%で選出を逃したが、7度目の挑戦となった今回は86.2%の票を集めて殿堂入りを果たした。

HOF2017

 弱小球団で気を吐いたスラッガーというイメージのバグウェル氏は48歳。1991年のメジャーデビューから2005年を最後に引退するまでヒューストン・アストロズ一筋で活躍。

 15年間のキャリアで、打率.297、449本塁打、1,529打点の通算成績を残し、2000年に記録した47本塁打・152得点はいずれも球団記録。07年には、同氏の背番号『5』が球団史上8人目の永久欠番に指定された。

1994年ナ・リーグMVP、オールスターに4度、シルバースラッガー賞に3度選出されている。

 ただ、メジャー昇格前は長打力に乏く、昇格後は次第にボディビルダーのような体になったことから、薬物使用の噂が絶えず、それが野球殿堂入りの得票率にも悪影響していた。

 また、モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)などで外野手として活躍したティム・レインズ氏は、23年間通算で打率.294、170本塁打、980打点、808盗塁を記録。

オールスターに7度選ばれ、ニューヨーク・ヤンキース時代の1996年にはワールドシリーズ優勝を経験した。資格取得10年目にして86.0%の票を獲得し、最後のチャンスで殿堂入りを果たしている。

 その一方で、現役時代の薬物使用疑惑で物議を醸した歴代1位の762本塁打のバリー・ボンズ氏、通算354勝のロジャー・クレメンス氏は選出されなかった。

 パドレスなどで通算601セーブを挙げたトレバー・ホフマン氏も74%の得票率で、あと一歩及ばなかった。選出に必要な75%にあと5票足りなかった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




関連記事

Posted on 2017/01/21 Sat. 08:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0120

【HOF2017】強肩強打のイバン・ロドリゲス氏が資格取得1年目で殿堂入り  



 今年の野球殿堂入りを決める全米野球記者協会(BBWAA)の投票結果が発表され、イバン・ロドリゲス氏(元レンジャーズほか)が資格取得1年目で殿堂入りを果たした。

 パッジの愛称で親しまれたロドリゲス氏(元レンジャーズほか)は、資格取得1年目にして得票率76.0%をマーク。一発合格で殿堂入りを果たした。

C2jVd4RUsAAV6M_.jpg

 45歳の同氏は、日本でも野茂英雄氏の渡米以後、NHKがメジャーリーグを衛星中継し始めたので、日本のMLBファンにもなじみがある選手だろう。

 個人的には、打撃よりもその強肩の守備が鮮烈で、2001年には盗塁阻止率.603を記録している。オールスターも14度選出で、90年代中頃からの10年間は、MLBを代表する捕手だった。

 このクラスの選手になれば、記録を列挙するだけでもすごい。

シルバースラッガー賞7回、通算打率も.296、捕手として記録した2,749安打(通算2,844安打)、1,290打点(通算1,332打点)は、いずれも歴代最多であり、2,427試合に出場、ゴールドグラブ賞13度も歴代最多。

304本塁打(通算311本)はマイク・ピアッツァに続く数字である。2,427試合出場と、ゴールドグラブ賞13度は捕手として史上最多。



2017年度のアメリカ野球殿堂には、ティム・レインズ氏(元アストロズ)、ジェフ・バグウェル氏(元エクスポズほか)も選出された。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2017/01/20 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド