メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0825

岩隈久志が27日、マイナーで実戦登板!クマの勇姿をもう一度見たい  




マリナーズは24日(日本時間25日)、マイナー契約の岩隈久志投手が傘下のマイナー、1Aエベレット。アクアソックスの一員として26日(同27日)の試合に登板すると発表した。


岩隈は、右肩の負傷で昨年5月に故障者リスト入り。その後は状態が上がらず、結局登板しないままシーズン中の9月27日には右肩のクリーニング手術を受けた。実戦登板は、右肩手術から初めてとなる。


岩隈久志


岩隈の契約は、17年の契約は一定の条件を満たした場合に1,000万ドル(約11億円)で自動更新されるべスティングオプション。


しかし、条件を満たさなかった場合は、マリナーズ側に選択権があるオプションが付帯していた。


べスティングオプションが有効になるには17年に162イニングを投げるか、16年と17年の合計で324イニングを投げることが必要だった。16年シーズンは199イニングを投げていたため、残り125イニングで有効になるはずだった。


岩隈の実績をもってすれば約20試合ほど先発すれば、楽々とクリアできるオプションだったが、残念なことに17年は右肩の故障で31イニングしか投げていない。


16年が33試合199イニング、16勝12敗(防御率4.12)。17年、6試合31イニング、0勝2敗。


結局、1,000万ドルの18年度契約は自動更新されず、マリナーズはクラブオプションを行使して契約を破棄。岩隈はフリーエージェント(FA)になっていたが、その後、同球団が岩隈のこれまでの実績や人気、復活の可能性などに期待してマイナー契約を結んでいた。


岩隈は、マリナーズひと筋で、MLB通算150試合136先発で63勝39敗2セーブ。防御率3.42。WHIP1.143、FIP3.86も悪くない。ヘルシーな状態に戻れば実績は十分だ。


これまで本拠地シアトルやアリゾナ州ピオリアの球団施設などでリハビリを行ってきたが、右肩に違和感を訴えるなど一進一退の状態が続いている。8月21日(同22日)には、イチロー会長付特別補佐を相手にフリー打撃に登板した。


岩隈は、これまで何度も故障を乗り越えてきた。復活劇が見たい!





関連記事

Posted on 2018/08/25 Sat. 16:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0515

マリナーズ 主力のR.カノ骨折で暗雲 二塁にはG.ベッカムをコールアップ  



 マリナーズの主力打者ロビンソン・カノ二塁手の骨折で注目されたマリナーズの二塁手だが、ゴードン・ベッカムが入ったようだ。

カノは13日のタイガース戦、3回の第2打席で死球を受けて、そのまま退場。

 マリナーズは14日、カノを10日間の故障者リスト(DL)に入れ、代わりに傘下3Aタコマからゴードン・ベッカム内野手をメジャーへ昇格させた。

 メジャーリーグ公式サイトによると、右手小指の骨折と判明し、手術を受けるという。これにより、カノは少なくとも6週間から8週間は戦列を離れる。リハビリ期間を考えると8月以降にずれ込む事が考えられる。

DdGz2gDXcAAYR7-.jpg


 オールスターゲームに7回選出の主力選手を失ったマリナーズにとっては大きな戦力ダウン。ここまで、なんとかアストロズやエンゼルスに続く位置で、プロチームとしては最も遠ざかっている17年ぶりのプレイオフ進出を目指してスタートしていただけに、攻守にわたる中心選手の長期離脱はマイナス要因になる。

 31歳のゴードン・ベッカムは2009年から14年途中まで在籍していたホワイトソックスで正二塁手だった。

 メジャー10年目の今季は、1月にマリナーズとマイナー契約で再契約し、スプリングトレーニングに招待選手として参加。3月に一旦、自由契約となったが、再びマイナー契約を結んでいた。

メジャー通算打率.239、出塁率.303、長打率.369、OPS.672、通算本塁打74本。335打点、31盗塁。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/05/15 Tue. 18:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0324

SFジャイアンツ受難、サマージャに続きエース左腕まで失うスタート  




ジャイアンツのエースM.バムガーナーに打球直撃、左手の中指骨折

開幕のマウンドを託されていたサンフランシスコ・ジャイアンツのエース左腕マディソン・バムガーナーが日本時間3月24日、ロイヤルズとのオープン戦の3回に打球を被弾し、検査の結果、左手の中指骨折が判明。

開幕は絶望で、復帰までは最低でも4週間から6週間の時間を要する模様。



ジ・アスレチックのアンドリュー・バッガーリー氏によるとバムガーナーの状況は、骨折した指の固定をするためのピンを挿入する手術を次の日に施術し、そのピンを抜くまでに4週間から6週間を要するということで、長期間の故障者リスト入りが確定した。

そこから考えられるのは、リハビリ期間も入れて計算すると前半戦は、戦力にならないということだろう。



ここでも何度か紹介したが、バムガーナーは昨年も4月に、遠征先のコロラド州デンバーでダートバイクに乗っていた際に事故を起こし左肩を負傷。肋骨打撲と左肩関節捻挫により復帰にはオールスターゲーム明け(7月15日)までの長期間を要した。


ジャイアンツの先発ローテーションは、先日も3番手のジェフ・サマージャが肩の痛みを訴えて出遅れることが確実。2番手のジョニー・クエトが開幕を任されることになる。

ライバルであるドジャースの地区6連覇を阻止したいジャイアンツだが、重要なピースを失って今季も前半戦は、苦しい戦いを強いられそうだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/24 Sat. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1019

レッドソックスの主力2人が手術、JDマルティネス待望論もありチーム編成に影響か!?  



レッドソックスの主力選手2人が手術を受けた。

ボストン・レッドソックスの指名打者ハンリー・ラミレスと先発左腕エデュアルド・ロドリゲス投手が現地17日、手術を受けた。MLB公式サイトによると両選手ともフロリダ州ペンサコーラのジェームズ・アンドルーズ医師が執刀した。

このうち復帰まで時間を要するのはロドリゲス。メジャー3年目の今季は25試合(うち先発24試合)に登板し、6勝7敗、防御率4.19。膝の痛みで6月に故障者リスト(DL)に入るまでの11試合は、4勝2敗で防御率3.59。

クリス・セール、ドリュー・ポメランツ、リック・ポーセロらと共にローテーションの一角を担っていたが、オールスターブレイク後に復帰した後は14試合の先発で2勝5敗、防御率4.72と振るわなかった。

もうひとりの主砲ラミレスの方は、左肩の関節鏡視下手術などで、比較的早めの復帰が期待され、来季の開幕には間に合う見通しだという。



33歳のラミレスは今季、キャリアワーストの打率.242にとどまり、23本塁打、62打点。来季は4年総額8,800万ドル(約98億7,000万円)の契約最終年になる。

レッドソックスは、デビッド・オルティーズが引退したことでシーズン前から懸念されていた長打力不足が露呈。前年208本だったチーム本塁打もア・リーグ最低の168本まで減った。

その影響もあり59本塁打を放ったマーリンズのジャンカルロ・スタントンの獲得を期待する声もあるが、巨額の契約が残っている事や平均で121試合しか出場できていない事などが理由で、地元メディアでは獲得に否定的な論評がある。

そこで浮上しているのは17年45本塁打のJ.D.マルティネス。マルティネスは夏にタイガースからダイヤモンドバックスに移籍後に本塁打を量産。ポストシーズン進出へチームをけん引した。

年間トータルで打率.303、出塁率.376、長打率.690、OPS1.066、103打点という数字はオルティーズ引退後の長距離砲として期待でき、スタントンほど高額契約でもないという。

レッドソックスの外野陣はベッツ、ブラッドリー・ジュニア、ベニンテンディの若い3人が今季のレギュラーだったが、やや迫力不足。

そこに、ライトが定位置のマルティネスを一塁や指名打者、外野を併用させてハンリー・ラミレスと併用してはどうかという案が浮上している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/10/19 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0820

ドジャースの視界はポストシーズン ダルビッシュ有も10月を見据えて10日間DL入り  



ドジャースにトレード移籍したダルビッシュ有が腰の張りにより故障者リスト(DL)入りすることが球団から発表された。

16日(日本時間17日)のホワイトソックス戦で本拠地デビューを飾ったが6回90球で降板。被安打8、与四球1、失点3とクオリティースタートは達成したものの3本塁打を浴び、これまでの2試合とは明らかにコンディションが悪いという印象を与えた。

野球専門サイト「full-count」の記事では、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のペドラ・モウラ記者をツイッターを引用して、「6イニングを終えた後、クレイトン・カーショーが降板するように説得したと、ユウ・ダルビッシュは語った。『6週間後、僕たちは君がひどく必要になる』。カーショーはダルビッシュにこう言った」と伝えた。降板の裏にはエースの説得があったという。

DGU73N1UQAAnJIG.jpg


チームを率いるデーブ・ロバーツ監督によれば「ダルビッシュ本人は投げられると言っていたが、チームとしてはムリをさせずに万全な状態で戻ってきてほしいと思っている」と大事を取らせる方向性を示した。このDL入りの措置はダルビッシュを休養させ、先発ローテーションを1度飛ばすためのものだという。

昨年の労使協定で、今季から故障者リストの期間が15日から10日に短縮され、現場では好評だという。ちょっと選手を休ますときに便利だからというのがその理由だが、ダルビッシュの場合も1回登板を飛ばすだけで、最短では日本時間8月28日に復帰予定。

とは言え、これまで10日間のDLに入って長引いた選手がいることも事実なので、すんなり戻って来れるのか、今後が注目だ。

ドジャースの視界は完全にポストシーズン。先発陣の大黒柱であるクレイトン・カーショウやブランドン・マッカーシーらの復帰を見ながら、先発3本柱のダルビッシュに休養を与えながら10月決戦に臨むという戦略だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/20 Sun. 11:11 [edit]

CM: --
TB: --
   

0819

【悲報】カブスのJ.レスター、カージナルスのT.ローゼンタールらがDL入り  



10月のポストシーズン進出に向けて熾烈な覇権争いをしているナ・リーグ中部地区の2チームに暗雲が漂っている。

首位に立つカブスは、エース左腕のジョン・レスターが左広背筋の張りで2回途中に降板。10日間の故障者リスト(DL)に登録された。

カージナルス


MLB公式サイトによるとジョー・マドン監督は「才能ある投手が故障したかもしれないときは、もちろん心配だよ」とエース左腕の状態を心配した一方、「でも、焦って結論を出すようなことはしたくない。適切な手順を踏まないといけない。まずは医者に診てもらって、とにかくそれからだ。ネガティブな結論を出すような段階ではないよ」と慎重な姿勢を示した。

降板後、レスターはシカゴのダウンタウンにあるノースウエスタン・メモリアル病院へ向かい、球団の整形外科医による診察を受けたという。

カブスを1.5ゲーム差で追撃するカージナルスも守護神トレバー・ローゼンタールが右肘の炎症により10日間のDLに入った。

カージナルスは現地8月5日からの8連勝で一気に首位に迫った。そんな中での守護神の離脱は厳しい状況に追い込まれた。

トレバー・ローゼンタールは今季、50試合3勝4敗、防御率3.40、76奪三振、11セーブ。K/9は14.35。

昨年クローザーを務めた元阪神タイガースの呉昇桓(オ・スンファン)からその座を取り戻し、7月下旬からの7度のセーブ機会をすべて成功させていた。

この措置に伴い呉昇桓がクローザーに復帰する。呉は今季52試合1勝5敗、防御率3.74、51奪三振、10ホールド、18セーブ。79試合で防御率1.96だった昨年ほど安定感はない。

なお、カージナルスは先発ローテの一角を担っていた今季12勝のアダム・ウェインライトが現地18日より10日間DLに登録された。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/19 Sat. 07:52 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

カブス上原に続きヤンキース田中将大も故障者リスト入り  




カブスの上原浩治に続いてヤンキースの田中将大が現地12日、「肩の炎症」で10日間の故障者リスト(DL)入りした。

田中は、過去に右肘じん帯部分断裂で長期離脱(14年7月~)。翌15年の4月にも右前腕部の張りと右手首の腱炎のため、DLに入った経験がある。

16年はフル稼働し、31試合に投げて199回2/3で防御率3.07で最後までタイトル争いに加わった。今季は、開幕戦からここまで23試合に登板、8勝10敗、防御率4.92だった。



メディアの報道では、今回のDL入りについて「痛みはない。肩の炎症があって、腕は全体が疲れを感じて張りがある。ベストな状態でマウンドに上がるのはきついんじゃないかなと思った」と語ったという。

ヤンキースはア・リーグ東部地区で首位レッドソックスと3.5ゲーム差の2位。ワイルドカードでは圏内にいる。

それだけに田中やサバシアといったフロントスターターの離脱は痛いところだが、7月末のノン・ウェーバー・トレードの期限前にグレイ、ガルシアの先発2投手を補強している。

そのため、セベリーノ、モンゴメリーと続いて現地14日(月曜日)の先発が空白。その後はグレイ、ガルシアの先発ローテーションになるものと思われる。

5人目は、昨年9月に故障するまで先発が多かったチャド・グリーン(今季リリーフで26試合、先発1試合)あたりが先発要員になることが予想される。 

他には、4試合に先発のルイス・セッサ(0勝3敗、防御率6.23)あたりが候補だが、場合によっては12日のレッドソックス戦で3番手として登板したブライアン・ミッチェル(15試合に登板、先発は1試合)の可能性もある。

なお、田中のDL入りに伴って3Aから右腕ジオバニー・ガレゴスが再度コールアップされ12日のレッドソックス戦で2番手として登板している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/13 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0719

【DL情報】マーリンズのマーティン・プラド三塁手が10日間の故障者リストに  

 

マイアミ・マーリンズのマーティン・プラド三塁手が右膝の捻挫により10日間の故障者リスト(DL)入りした。

33歳のプラドは、チームリーダー的存在だったが、ベネズエラ代表として参戦した春のWBC2次ラウンド・アメリカ戦の第3打席で、ショートゴロを打って一塁に駆け込む際に、右脚のハムストリングを負傷して途中退場した。

そのため開幕をDLで迎え、途中5月にも再度DL入り、6月23日に復帰したが、今回で3度目になる。



今季は37試合の出場にとどまり、打率.250、2本塁打、12打点、OPS.636。これに伴いミゲル・ロハス遊撃手がメジャー昇格した。

プラドは、この夏のトレード市場では一時期、ヤンキースやレッドソックスへの移籍が噂されていた。

なお、マーリンズは、先発左腕アダム・コンリーもマイナーから再昇格させて現地18日のフィリーズ戦に先発させている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/19 Wed. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0712

オールスターブレイク後に戻ってくる主力選手リスト  

 

オールスターブレイク後に故障者リストから復帰し、チームにインパクトを与えそうな選手をリストアップしてみた。

blog_import_54ca745572dda.jpg

■マディソン・・バムガーナー投手(SF)

球界を代表する左腕の一人。4年連続開幕投手。前半は0勝3敗、防御率3.00。 4月20日、遠征先のコロラド州デンバーでダートバイクに乗っていた際に事故を起こし左肩を負傷。肋骨打撲と左肩関節捻挫により自身初のDL入りとなった。

■クリス・デービス一塁手(OAK)

打率.244、24本塁打、60打点。本塁打と打点はチームトップ。7月14日頃、復帰予定。

■エドゥアルド・ロドリゲス投手(BOS)

4勝2敗、防御率3.54、前半は11試合の登板で61イニングで65奪三振。3年目24歳の若手左腕。

■アントニオ・センザテーラ投手(COL)

メジャー開幕ロースター入りし、4月6日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャー初先発。4月は5試合に先発登板し3勝1敗、防御率2.81を記録、ナショナルリーグのルーキー・オブ・ザ・マンスに選出された。7月18日以降、復帰予定。9勝3敗、防御率4.63。

■エドゥアルド・ヌニェス内野手(SF)

外野も守れるユーティリティ選手。打率.299、本塁打4、打点25、盗塁17。7月14日以降に復帰。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/12 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0530

【DL情報】マイク・トラウトは予想以上に深刻、手術で長期離脱へ  



現地28日のマーリンズ戦で二盗した際に左手の親指を負傷したエンゼルスのマイク・トラウト外野手の症状が予想以上に深刻なようだ。

トラウトは、二盗を試みた際にヘッドスライディング。その際、ベースにタッチした左手の親指を負傷し、途中交代していた。

X線検査では骨折は認められなかったが、MRI検査の結果、靱帯断裂が判明。水曜日に手術をすることが報道され、6~8週間の離脱が決定。リハビリ期間も入れれば8月後半ごろの復帰になるかもしれない。



2011年にデビューし、今季7年目を迎えるトラウト。昨季もア・リーグMVPに輝き。25歳の若さでMVP2回、オールスター選出5回などの実績を持ち、今季もここまで打率.337、16本塁打、36打点、10盗塁と好調だった。

トラウトは、メジャーデビュー後初の故障者リスト(DL)入り。 エンゼルスにとっても大幅な戦力ダウンを余儀なくされ、ここまでア・リーグ15チーム中、打率.236(13位)、本塁打数58(10位)、打点211(10位)、216得点(12位)という不振の攻撃陣が、さらに低迷することが予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/30 Tue. 17:52 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド