メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0318

【DL情報】マーリンズのマーティン・プラドがWBCでハムストリング負傷  



マーリンズでイチローの同僚であるマーティン・プラド三塁手が右脚のハムストリングを負傷した。

ベネズエラ代表としてWBCに参戦しているプラドは、サンディエゴで行われているWBC2次ラウンド・アメリカ戦の第3打席で、ショートゴロを打って一塁に駆け込む際に違和感を覚えたようで、途中退場した。

その後、マーリンズのキャンプ地、南フロリダに飛んで土曜日にはMRI検査を受けるという。

プラドはマーリンズではチームリーダー的存在。メジャー12年目で、通算打率.293。昨シーズンは153試合に出場して打率.305、OBP.359、OPS.775。8本塁打、75打点。



マーリンズでは、同じように捕手のAJエリスが、2月下旬にハムストリングを痛めた。彼の場合は最初は2、3日間の安静で済むと考えられたが、それ以来、エリスはグレープフルーツリーグの試合に出場していない。

ということで、プラドのハムストリング負傷が長引くようであればマーリンズにとっては大きな戦力ダウンになる。

プラドの穴埋めとしては、ミゲル・ロハスまたはデレク・ディートリッヒが考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/03/18 Sat. 06:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0315

【DL情報】RソックスのD.プライスが開幕からDL  




15年オフに大型契約でレッドソックスに移籍した左腕デービット・プライスが、今季は開幕を故障者リスト(DL)で迎えるという残念なニュースが入って来た。

このブログでも3月3日にお伝えしたが、昨年17勝した割には序盤の不調で影の薄かったプライスが、2月末に登板後、左の前腕とひじの痛みのため、予定していたオープン戦への先発登板を回避する状態が続いていた。

ESPNのジム・ボウデン記者が、「デビッド・プライスは左肘のMRIを受けた結果、セカンドオピニオンを求めることになり、次回の先発は回避することになった」ことをツイートしていた。



その後の報道で、手術は行わない方向で投球練習を再開するということだったが、やはり深刻だったようだ。肘への手術に関しては今のところ報道されていない。

プライスは、昨年チーム2位・リーグ4位タイの17勝を記録、両リーグ最多の230イニングを投げた。

レッドソックスのジョン・ファレル監督は、「現時点ではプライスが開幕に間に合わせるのは難しいと思う」と述べると、「実際にマウンドに上がってみるまではなんとも言えないし、それがいつになるかも分からない」と話している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/03/15 Wed. 20:37 [edit]

CM: --
TB: --
   

0311

【DL情報】A’sのエースが故障、復帰は早くても4月後半  

 


オークランド・アスレチックスは現地9日、エース右腕ソニー・グレイ投手が広背筋の張りの影響で今後3週間は投げられず、今季開幕を故障者リストで迎えることを発表した。

いくつかのメディアの報道では4月後半の復帰という記事もあるが、アスレチックスのデービッド・フォーストGMによると、具体的な見通しは立っていないという。いずれにしてもアスレチックスにとっては大きな誤算と言えそうだ。



グレイは昨年8月に右前腕部の負傷により離脱。結局22試合の登板に終わり5勝11敗、防御率5.69とキャリアワーストの成績だった。

デビュー2年目の2014年から2年連続で14勝を挙げ、15年にはオールスターゲームにも選出された。メジャーキャリアは4年間で38勝31敗、防御率3.42。

グレイの離脱でアスレチックスの先発投手は多少実績のあるケンドール・グレーブマン、ショーン・マネイア以外は若手のジェラル・コットンの台頭に期待したいところ。その他は、ジェシー・ハン、アンドリュー・トリッグスなど実績に乏しい選手が続く。

ビリー・ビーンが今後、どんな戦力補強を仕掛けてくるかにも注目したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/11 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0308

【DL情報】ロッキーズの若手デビッド・ダール外野手が負傷  

 

昨年7月26日にメジャー初昇格を果たしデビューから17試合連続安打となるメジャータイ記録で話題になったコロラド・ロッキーズの若手有望株デビッド・ダール外野手が第六肋骨を負傷したというニュースが入って来た。

CBSスポーツによれば回復までは最低でも2週間を要する見込みで開幕を故障者リストで迎える可能性もあるという。

4月に23歳になるダールは、2012年MLBドラフト1巡目(全体10位)でロッキーズが指名。

メジャーデビューを果たした昨年は63試合に出場して打率.315、OBP.359、SLG.500、OPS.859。本塁打7、二塁打12、三塁打4、打点24という上出来のデビューを飾った。



今季は開幕からレフトのレギュラーとして定着が期待されていたが残念なスタートになりそうだ。

ロッキーズはダールの代わりとしてジェラルド・パーラをレフトに起用。場合によっては大型契約で加入のイアン・デズモンドを一塁から外野で起用することも考えられる。

ロッキーズでは昨年ルーキーながら開幕戦で2本塁打を記録したトレーバー・ストーリー遊撃手などが話題を集めたが、ダールもそうした若手有望株の一人として注目されていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/08 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0302

メッツのD.ライトが故障 “キャプテン”は今季も苦しいシーズンに  



ニューヨーク・メッツの生え抜き選手でニューヨーカーに愛されているチームの“キャプテン”が今季もダメかもしれない。

メッツ一筋でキャリア14年目を迎えるデービッド・ライト三塁手が現地2月28日、右肩の故障により2週間はスローイングをしないよう診断を受けていることが報道された。

チームによると、ライトは右肩に違和感を感じて同日に病院で診察を受けたとのこと。2週間後にはセカンドオピニオンを仰ぐ予定で、今後のオープン戦では指名打者として出場する可能性もあるという。

デービット・ライト

ライトで思い出すのは、もうすぐ始まるWBC。2009年と13年の2回、アメリカ代表として活躍。とくに前回の大会は打率.438、10打点 (大会最多) と打ちまくり大会ベストナインにも選ばれるなどアメリカチームをけん引した。

34歳のライトだが、ここ2年は相次ぐ故障で合計75試合しか出場できておらず、昨季は6月に頸椎ヘルニアで15日間の故障者リスト入りすると、リハビリに時間がかかり、レギュラーシーズンでは、わずか37試合の出場にとどまった。

デビッド・ライトは2007年からの14年1億9200万ドルという長期契約を結んだ。残る契約は2016年から37歳となる2020年までの5年8700万ドル(約99億円)となっている。

ブリーチャーリポート(bleacher Report)などは、15年の時点で「長期契約ワースト10」の2番目に彼を選んでいる。

これは憶測だが、前半は無理でオールスター以降のバウンスバックに期待したい。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/03/02 Thu. 06:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0222

イチローが守備練習中に交錯して負傷、医務室へ  

 


マーリンズのイチロー外野手が守備練習中に他の選手と交錯し右ひざや腰を痛めるアクシデントがあった。MLBキャリアで初めて医務室を訪れた。

フィールドに緊張が走ったのは外野のギャップへのフライを捕球する練習の時だ。5球目。中堅を守っていたイチローは右中間に上がった打球に声を上げ、自分が捕球することを主張し、落下地点に入ろうとした。しかし、そこへ右翼を守っていたバーンズが突っ込んでいく形で交錯。イチローは苦悶の表情を浮かべて右足を押さえた。

 すぐにバンディ外野守備コーチやスタントンらチームメートが駆け寄り、状態を確認。イチローは右足を上げるなどして説明した後、守備練習に戻ったが、打球を追う動きはぎこちなかった。交錯から8分後、守備練習を最後までやり遂げたイチローは一人、練習を切り上げてクラブハウスへ戻った。(デイリースポーツ)





現地からの報告では、センターのイチローとライトについていたマイナーの招待選手ブランドン・バーンズが、右中間で接触したようで、激突でなく軽い交錯だった。

イチローの右ひざに接触したようだが、そこよりも背中の痛みをイチローが気にしていたので医務室に入ったようだ。



殿堂入り確実なイチローとぶつかったバーンズは、チームメイトに冷やかされてこんな貼り紙をつけられた。(上のツイッター)

マーリンズに移籍後、初めて医務室に行ったイチローもジョークを飛ばすぐらい余裕があったというから、大したことがなかったようだが、こんな事でも米メディアのニュースになるぐらい、イチローのセルフケアは完璧で、関係者も感嘆しているという。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/02/22 Wed. 05:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0218

【DL情報】LADゴンザレス、TEXベルトレイも故障、WBCも欠場濃厚  



日本のMLBファンに球春を知らせるマーリンズ・イチロー(OF)のキャンプインが伝えられたが、心配なニュースもいくつか入って来た。

ドジャースの主砲エイドリアン・ゴンザレス(1B)が自主トレで肘を負傷したという。34歳の彼は今後2週間はバットを振ることができず、3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も欠場する可能性がある。

ゴンザレス


この時期の故障は、軽傷なら開幕に影響しないが、ゴンザレスは兄が代表監督を務めるWBCメキシコ代表チームでも精神的支柱で代表チームにとっても大幅な戦力ダウンになる。

さらに、レンジャーズ所属でドミニカ共和国代表のエイドリアン・ベルトレ(3B)が自宅でのトレーニング中に左ふくらはぎを負傷していたことが判明。全治3週間の見込みでWBC1次ラウンドを欠場する見通しとなった。

20年目のベルトレはMLB3000本安打まで、あと58本に迫っている。

ただ、両選手とも1次ラウンドを勝ち上がった場合、遅れてチームに合流する可能性は、まだ残されているようだ。

ベテランだけではない。ヤンキースの若手タイラー・オースティン(1B/OF)も左足を骨折していたことが分かった。オースティンは春季キャンプ前の自主トレ中に自打球が当たり左足を負傷したという。

ジラルディ監督が伝えたところによるとMRI検査で同箇所の骨折が判明。練習再開までは6週間を要するようだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/18 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0216

オリオールズに暗雲、エースのC.ティルマンが長期離脱の可能性  



キャンプインしたメジャーリーグだが、さっそく開幕ロースターに影響を与えそうな深刻なニュースが入って来た。

オリオールズの指揮官バック・ショーウォルター監督は現地14日、先発右腕クリス・ティルマン投手がPRP療法(自己多血小板血しょう療法)と呼ばれる注射治療を右肩に受けたと発表した。

この処置により、ティルマンは3月17日まではオープン戦で投げない見通しで、今季のレギュラーシーズン初登板は4月8日以降になるということだ。

しかし、この時期からの治療という事で、軽傷なら大きな問題にはならないが、治療後のリハビリ期間やチームの成績次第では、オールスター以降の後半戦を見据えたスロー調整も考えられ、そうなれば長期離脱の可能性も考えられる。



28歳のティルマンは昨季、16勝6敗、防御率3.77の好成績をマークしたが、シーズン終盤には右肩の滑液包炎で3週間ほど故障者リスト(DL)入りしていた。

ショーウォルター監督は開幕DL入りは避けられる可能性があると話しているが、今回の処置でティルマンの4年連続となる開幕投手は絶望的となった。

オリオールズは、クローザーのザック・ブリトン、セットアッパーのブラッド・ブラック、ほかにダレン・オデイ、マイケル・ギブンズ、ドニー・ハートらのブルペン陣がMLB3位の防御率3.40と大車輪の活躍でワイルドカードに進出した。

しかし、先発陣はMLB24位と不満の残る数字だった。今季もそこがウィークポイントになりそうだ。

オリオールズは、開幕投手とワイルドカードの先発を任された大黒柱を開幕から失うシーズンになった。

ティルマンの離脱により、今季の先発投手陣は、ケビン・ゴーズマン、ディラン・バンディ、ウバルド・ヒメネス、ウィド・マイリーになる予定だが、5番テとしてバンス・ウォーリー、マイク・ライト、タイラー・ウィルソンらがいるが、それぞれ防御率5点台で、ダン・デュケットGMは、ある程度実績のあるベテラン投手の獲得に動くかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/02/16 Thu. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0215

カージナルス期待の有望株アレックス・レイエス投手が右ひじのMRI検査  



2015年と16年にベースボール・アメリカから2年連続でカージナルスのベストプロスペクトに選ばれていた22歳右腕アレックス・レイエスが右ヒジのMRI検査を受けた。

カージナルスのモゼリアックGMがメディアに応えたところによれば、今後、セカンドオピニオンも参考にして、場合によってはトミー・ジョン手術(側副靱帯再建術)を受けるかもしれないという。



レイエスは昨年8月9日のレッズ戦でメジャーデビュー。13日のカブス戦で初勝利を挙げている。

さらに、19日のフィリーズ戦では初セーブを挙げた。昨年は12試合(先発5試合)に登板して46回、4勝1敗、防御率1.57、WHIP1.22、52奪三振、26四球。

平均96マイル超のフォーシームと落差のあるカーブやチェンジアップが持ち味。



今季、開幕前にMLB.comが発表したプロスペクト・ランキングでは全体で6位だった。

カージナルスの先発陣は、5年契約の延長を新たに結んだカルロス・マルティネス。アダム・ウェインライト、マイク・リーク、マイケル・ワカ。その他、トミー・ジョン手術から復帰する見込みのランス・リンらが軸になるが、レイエスはローテーション入りが期待されていた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/15 Wed. 11:56 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1020

マリナーズの先発右腕T.ウォーカーら投手3人が手術  




 シアトル・マリナーズのタイワン・ウォーカー投手は17日、右足首の骨片を除去する手術を受けた。ジェリー・ディポトGMによればリハビリは、すぐに始められる見込みで、来年の春季キャンプには間に合う予定だという。

ウォーカーは、今季25試合に先発、8勝11敗、防御率4.22、WHIP1.24。7月6日から15日間のDL入りしている。マリナーズの先発ローテーションの一角を担う投手で今オフの年俸調停権の有資格者。



 昨シーズンのオフのようにアクティブに動かない方針と伝えられているマリナーズ。

エースのフェリックス・ヘルナンデス(2019年まで)、岩隈久志(2017年契約自動更新)、ジェームズ・パクストン、アリエル・ミランダ(いずれも最低4年はチームがコントロール)とウォーカーの5人に加え、今季開幕時には先発ローテに入っていたネイサン・カーンズの6人で先発陣を形成することになる。

 マリナーズ投手陣ではほかに、シーズン前半はクローザーを務め、4勝6敗25セーブ、防御率2.81をマークしたアンダースロー右腕スティーブン・シーシェック投手(30)も先週に股関節唇断裂の修復手術をうけている。リハビリには4カ月から6カ月かかる見通しのため、春季キャンプに間に合うかは微妙な状況だ。

 リリーフ右腕で2年目26歳のトニー・ザックも先週に右肩の二頭筋腱を手術。こちらは春季キャンプに参加できる見込みだという。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/20 Thu. 01:06 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド