メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0820

ドジャースの視界はポストシーズン ダルビッシュ有も10月を見据えて10日間DL入り  



ドジャースにトレード移籍したダルビッシュ有が腰の張りにより故障者リスト(DL)入りすることが球団から発表された。

16日(日本時間17日)のホワイトソックス戦で本拠地デビューを飾ったが6回90球で降板。被安打8、与四球1、失点3とクオリティースタートは達成したものの3本塁打を浴び、これまでの2試合とは明らかにコンディションが悪いという印象を与えた。

野球専門サイト「full-count」の記事では、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のペドラ・モウラ記者をツイッターを引用して、「6イニングを終えた後、クレイトン・カーショーが降板するように説得したと、ユウ・ダルビッシュは語った。『6週間後、僕たちは君がひどく必要になる』。カーショーはダルビッシュにこう言った」と伝えた。降板の裏にはエースの説得があったという。

DGU73N1UQAAnJIG.jpg


チームを率いるデーブ・ロバーツ監督によれば「ダルビッシュ本人は投げられると言っていたが、チームとしてはムリをさせずに万全な状態で戻ってきてほしいと思っている」と大事を取らせる方向性を示した。このDL入りの措置はダルビッシュを休養させ、先発ローテーションを1度飛ばすためのものだという。

昨年の労使協定で、今季から故障者リストの期間が15日から10日に短縮され、現場では好評だという。ちょっと選手を休ますときに便利だからというのがその理由だが、ダルビッシュの場合も1回登板を飛ばすだけで、最短では日本時間8月28日に復帰予定。

とは言え、これまで10日間のDLに入って長引いた選手がいることも事実なので、すんなり戻って来れるのか、今後が注目だ。

ドジャースの視界は完全にポストシーズン。先発陣の大黒柱であるクレイトン・カーショウやブランドン・マッカーシーらの復帰を見ながら、先発3本柱のダルビッシュに休養を与えながら10月決戦に臨むという戦略だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/20 Sun. 11:11 [edit]

CM: --
TB: --
   

0819

【悲報】カブスのJ.レスター、カージナルスのT.ローゼンタールらがDL入り  



10月のポストシーズン進出に向けて熾烈な覇権争いをしているナ・リーグ中部地区の2チームに暗雲が漂っている。

首位に立つカブスは、エース左腕のジョン・レスターが左広背筋の張りで2回途中に降板。10日間の故障者リスト(DL)に登録された。

カージナルス


MLB公式サイトによるとジョー・マドン監督は「才能ある投手が故障したかもしれないときは、もちろん心配だよ」とエース左腕の状態を心配した一方、「でも、焦って結論を出すようなことはしたくない。適切な手順を踏まないといけない。まずは医者に診てもらって、とにかくそれからだ。ネガティブな結論を出すような段階ではないよ」と慎重な姿勢を示した。

降板後、レスターはシカゴのダウンタウンにあるノースウエスタン・メモリアル病院へ向かい、球団の整形外科医による診察を受けたという。

カブスを1.5ゲーム差で追撃するカージナルスも守護神トレバー・ローゼンタールが右肘の炎症により10日間のDLに入った。

カージナルスは現地8月5日からの8連勝で一気に首位に迫った。そんな中での守護神の離脱は厳しい状況に追い込まれた。

トレバー・ローゼンタールは今季、50試合3勝4敗、防御率3.40、76奪三振、11セーブ。K/9は14.35。

昨年クローザーを務めた元阪神タイガースの呉昇桓(オ・スンファン)からその座を取り戻し、7月下旬からの7度のセーブ機会をすべて成功させていた。

この措置に伴い呉昇桓がクローザーに復帰する。呉は今季52試合1勝5敗、防御率3.74、51奪三振、10ホールド、18セーブ。79試合で防御率1.96だった昨年ほど安定感はない。

なお、カージナルスは先発ローテの一角を担っていた今季12勝のアダム・ウェインライトが現地18日より10日間DLに登録された。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/19 Sat. 07:52 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

カブス上原に続きヤンキース田中将大も故障者リスト入り  




カブスの上原浩治に続いてヤンキースの田中将大が現地12日、「肩の炎症」で10日間の故障者リスト(DL)入りした。

田中は、過去に右肘じん帯部分断裂で長期離脱(14年7月~)。翌15年の4月にも右前腕部の張りと右手首の腱炎のため、DLに入った経験がある。

16年はフル稼働し、31試合に投げて199回2/3で防御率3.07で最後までタイトル争いに加わった。今季は、開幕戦からここまで23試合に登板、8勝10敗、防御率4.92だった。



メディアの報道では、今回のDL入りについて「痛みはない。肩の炎症があって、腕は全体が疲れを感じて張りがある。ベストな状態でマウンドに上がるのはきついんじゃないかなと思った」と語ったという。

ヤンキースはア・リーグ東部地区で首位レッドソックスと3.5ゲーム差の2位。ワイルドカードでは圏内にいる。

それだけに田中やサバシアといったフロントスターターの離脱は痛いところだが、7月末のノン・ウェーバー・トレードの期限前にグレイ、ガルシアの先発2投手を補強している。

そのため、セベリーノ、モンゴメリーと続いて現地14日(月曜日)の先発が空白。その後はグレイ、ガルシアの先発ローテーションになるものと思われる。

5人目は、昨年9月に故障するまで先発が多かったチャド・グリーン(今季リリーフで26試合、先発1試合)あたりが先発要員になることが予想される。 

他には、4試合に先発のルイス・セッサ(0勝3敗、防御率6.23)あたりが候補だが、場合によっては12日のレッドソックス戦で3番手として登板したブライアン・ミッチェル(15試合に登板、先発は1試合)の可能性もある。

なお、田中のDL入りに伴って3Aから右腕ジオバニー・ガレゴスが再度コールアップされ12日のレッドソックス戦で2番手として登板している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/13 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0719

【DL情報】マーリンズのマーティン・プラド三塁手が10日間の故障者リストに  

 

マイアミ・マーリンズのマーティン・プラド三塁手が右膝の捻挫により10日間の故障者リスト(DL)入りした。

33歳のプラドは、チームリーダー的存在だったが、ベネズエラ代表として参戦した春のWBC2次ラウンド・アメリカ戦の第3打席で、ショートゴロを打って一塁に駆け込む際に、右脚のハムストリングを負傷して途中退場した。

そのため開幕をDLで迎え、途中5月にも再度DL入り、6月23日に復帰したが、今回で3度目になる。



今季は37試合の出場にとどまり、打率.250、2本塁打、12打点、OPS.636。これに伴いミゲル・ロハス遊撃手がメジャー昇格した。

プラドは、この夏のトレード市場では一時期、ヤンキースやレッドソックスへの移籍が噂されていた。

なお、マーリンズは、先発左腕アダム・コンリーもマイナーから再昇格させて現地18日のフィリーズ戦に先発させている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/19 Wed. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0712

オールスターブレイク後に戻ってくる主力選手リスト  

 

オールスターブレイク後に故障者リストから復帰し、チームにインパクトを与えそうな選手をリストアップしてみた。

blog_import_54ca745572dda.jpg

■マディソン・・バムガーナー投手(SF)

球界を代表する左腕の一人。4年連続開幕投手。前半は0勝3敗、防御率3.00。 4月20日、遠征先のコロラド州デンバーでダートバイクに乗っていた際に事故を起こし左肩を負傷。肋骨打撲と左肩関節捻挫により自身初のDL入りとなった。

■クリス・デービス一塁手(OAK)

打率.244、24本塁打、60打点。本塁打と打点はチームトップ。7月14日頃、復帰予定。

■エドゥアルド・ロドリゲス投手(BOS)

4勝2敗、防御率3.54、前半は11試合の登板で61イニングで65奪三振。3年目24歳の若手左腕。

■アントニオ・センザテーラ投手(COL)

メジャー開幕ロースター入りし、4月6日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャー初先発。4月は5試合に先発登板し3勝1敗、防御率2.81を記録、ナショナルリーグのルーキー・オブ・ザ・マンスに選出された。7月18日以降、復帰予定。9勝3敗、防御率4.63。

■エドゥアルド・ヌニェス内野手(SF)

外野も守れるユーティリティ選手。打率.299、本塁打4、打点25、盗塁17。7月14日以降に復帰。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/12 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0530

【DL情報】マイク・トラウトは予想以上に深刻、手術で長期離脱へ  



現地28日のマーリンズ戦で二盗した際に左手の親指を負傷したエンゼルスのマイク・トラウト外野手の症状が予想以上に深刻なようだ。

トラウトは、二盗を試みた際にヘッドスライディング。その際、ベースにタッチした左手の親指を負傷し、途中交代していた。

X線検査では骨折は認められなかったが、MRI検査の結果、靱帯断裂が判明。水曜日に手術をすることが報道され、6~8週間の離脱が決定。リハビリ期間も入れれば8月後半ごろの復帰になるかもしれない。



2011年にデビューし、今季7年目を迎えるトラウト。昨季もア・リーグMVPに輝き。25歳の若さでMVP2回、オールスター選出5回などの実績を持ち、今季もここまで打率.337、16本塁打、36打点、10盗塁と好調だった。

トラウトは、メジャーデビュー後初の故障者リスト(DL)入り。 エンゼルスにとっても大幅な戦力ダウンを余儀なくされ、ここまでア・リーグ15チーム中、打率.236(13位)、本塁打数58(10位)、打点211(10位)、216得点(12位)という不振の攻撃陣が、さらに低迷することが予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/30 Tue. 17:52 [edit]

CM: --
TB: --
   

0527

Rソックス、D.プライスが復帰間近も先発投手と三塁手を物色中  



故障者リストで開幕を迎えたボストン・レッドソックスの主力先発左腕デービッド・プライスが、現地29日のシカゴ・ホワイトソックス戦で今季初登板する。

プライスは、トミー・ジョン手術を受けるおそれもあったが、慎重に経過を見ながら手術を回避した。

レッドソックス移籍1年目の昨季は、メジャー最多となる35試合の先発で、17勝9敗、防御率3.99をマークした。ただ、大型契約の割には、前半戦は物足りないものがあった。

レッドソックスの地元メディア、ボストン・グローブ紙によるとホワイトソックスの左腕ホセ・キンタナのスカウティングを継続しているという。

ただ、クリス・セールの獲得で、ホワイトソックスとは、(ヨアン・モンカダなど)1対4というプロスペクトのトレードを行っているため、同じパターンでトレードが成立するかは疑問視される。

レッドソックスは、ナックルボーラーのスティーブン・ライトがすでに膝の故障でシーズンエンド。

クリス・セール、エドゥアルド・ロドリゲスは好調だが、昨年のサイヤング賞投手のリック・ポーセロは防御率4.35とやや物足りない数字で、ドリュー・ポメランツは4.70。

とくにポメランツは、昨年夏の移籍加入後ピリッとしたパフォーマンスを見せていない。セール、プライスに次ぐ3人目の左腕だが、プライスが復帰後好調ならトレード要員に出される可能性も出てきた。

今夏のトレードには豊富な人材が市場に出ることが予想され、デーブ・ドンブロウスキー社長がトレードを画策することは十分考えられる。

レッドソックスは他にも、三塁手がここ数年の補強ポイント。

三塁手に関しては、パブロ・サンドバルが打率.213、出塁率.269、長打率.377、OPS.646と今年もダメなようで、そろそろ見切りをつけ、メジャー7年目だが実績的には控えクラスのジョシュ・ラットリッジを使いながら、この補強ポイントに代わりの選手を探すことは間違いない。

プロスペクトのラファエル・ディバースの成長待ちだが、ホワイトソックスの三塁手トッド・フレイジャーをスカウティングしているとのことだ。

地区最下位のブルージェイズが売り手になった場合、三塁手には2018年シーズン終了後にFAとなるジョシュ・ドナルドソンが出ることも予想されるので、そのあたりも注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/27 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0522

【DL情報】好調アストロズ、7勝のD.カイケルに続いてB.マッキャンもDL  



今季絶好調でア・リーグ西部地区の首位を独走状態のヒューストン・アストロズだが、ここに来て主力に故障者が出だした。

アストロズは現地20日、検査で首の神経根圧迫が認められたダラス・カイケル投手を10日間の故障者リスト(DL)に入れた。

29歳のエース左腕は、開幕からここまで負け知らずの7勝。リーグトップタイの数字で不安視された先発ローテーションを支えてきた。

キャリア初のDL入りだが、症状は深刻ではないようで、球団の公式サイトによると、1度だけ先発を飛ばすだけでローテーションに復帰できる見込みだという。

今季からDLの規定が15日間から10日間に短縮され、運用しやすいことから現場からは概ね好評。カイケルの場合も疲れが溜まるこの時期に休養を兼ねてのDL入りかも知れない。

アストロズは21日にも今季新加入の33歳ベテラン捕手ブライアン・マッキャンがコンカッション(脳しんとう)の症状で7日間のDLに入ったと発表した。

直接の原因は不明だが、14日の試合の守備でファウルチップをマスクに受けていた。これも大事を取ってのDL入りかも知れない。

主力の相次ぐ故障が出たアストロズだが、想像以上に軽傷のようだ。

ペナントレースの勝負どころは8月、9月。162試合の過密日程。ポストシーズンを狙うチームにとっては主力を疲れさせず、どう編成していくかも、大事なポイントと言えるかもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/22 Mon. 12:32 [edit]

CM: --
TB: --
   

0518

田澤純一、故障者リスト入り、前田健太は来週復帰登板  




今季マーリンズに移籍した田澤純一投手が胸の肋軟骨の炎症で10日間の故障者リスト(DL)に登録された。

マーリンズによれば、ろっ骨の軟骨に炎症があることが判明。今月16日にさかのぼり、DLに入れたという。

17日の試合前に取材に応じた田澤は「痛くはないが呼吸がしづらく、胸が苦しくなる。しっかりピッチングも修正して、なるべく早く帰ってきたい」とコメントしている。

先日のヒューストン・アストロズ戦で、ユリエスキ・グリエル一塁手に痛恨の逆転グランドスラムを被弾した田澤。

その試合では先発投手がピッチャー強襲のライナーを利き腕に受けて緊急登板という悲運があったが、味方が1点を先行した場面で、1回を2安打、2四死球、1三振、4失点の乱調で今季初黒星(1勝1敗)を喫し、防御率は6.60となっていた。


前田健太


左太腿裏の張りのためDL入りしているドジャースの前田健太投手は、24日(日本時間25日)にも復帰すると、ロバーツ監督が明らかにした。

ロバーツ監督は「ケンタ(前田)は来週のカージナルス3連戦で投げてもらう。1戦目は(エースの)カーショーが先発する」と話し、24日の第2戦か25日の第3戦で登板させる方針を示した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/18 Thu. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0514

岩隈久志のDLは復帰まで4週間から6週間と診断、来季の契約にも影響  



右肩の炎症のため今月7日にさかのぼって10日間の故障者リスト(DL)入りしたマリナーズの岩隈久志だが、意外と長引きそうな診断結果が出ている。

マリナーズは12日(日本時間13日)、岩隈について精密検査の結果、右肩の炎症により復帰まで4週から6週間離脱する見通しとなったと発表した。

岩隈は3日(同4日)のエンゼルス戦では好投を続けていたが5回に先頭シモンズの打球が左膝に直撃。その後、11日(同12日)に登板予定だったが、左膝ではなく右肩の負傷で登板を回避し、DL入りとなっていた。

36歳の右腕は今季、6回の先発で31イニングを投げ、0勝2敗、防御率4.35という成績だった。



メジャーでは今季からルール変更で、故障者リスト(DL)の登録期間が、15日間から10日間に短縮された。この変更は現場の指揮官、選手から概ね好評だ。

マーリンズのマッティングリー監督は、全治1週間の選手を例に「判断するときに、その選手がさらに8日間いなくても大丈夫か、たった3日間いないと考えればいいのかの違い。3日ならためらわずにDL入りを決断できる」と説明したという。ナショナルズのベイカー監督も「短縮はいいことだ」とコメントしている。

10日間なら戦略的にDLを利用し、選手に休養を与えることも可能。先発陣の層が厚いドジャースに所属する前田は11日にDL入りし登板を1度回避。「いいリフレッシュになる」と球団に感謝した。

ただ、岩隈の場合はそうではなかったようだ。マリナーズは昨年、青木宣親が在籍時に意図的に青木の打席数を減らして契約延長をしなかった経緯がある。

あまりネガティブに考えたくないが、岩隈も予想以上に長引きく場合、来季のオプション契約(自動更新)にも影響が出そうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/14 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド