メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0822

東京五輪2020、どんなに暑くても「真夏」に開催する“大人の事情”  



1964年の東京五輪の開会日にちなんで生まれた「体育の日」は10月10日でした。スポーツの「秋」に開催すれば選手にとっても観客にとっても良いはず。

しかし、近年のオリンピックは夏場の開催が主流。猛暑に配慮してか、サッカーは全試合を午後5時以降に開催する予定です。

リオデジャネイロ五輪で復活するゴルフなどは試合時間が長く、1日6~7時間は炎天下でプレーすることになりそうです。日本ゴルフ協会は「プレー中の日傘の使用を呼びかける」と暑さ対策を挙げています。

マラソンは、五輪の花形競技ですが、最も暑さの影響を受けやすいスポーツの一つです。

2014年9月にケニアのデニス・キメット選手が出した世界新記録は2時間2分57秒。少なくとも2時間は炎天下で走り続ける必要があります。

そんな中、対策として上がっているのが「遮熱性舗装」です。「遮熱性舗装」は、普通のアスファルトの路面に特殊な塗料を塗ったもので、路面が熱を吸収して熱くなるのを防ぎます。

5月に発足した国土交通省、環境省、総務省消防庁、東京都、大会組織委員会などでつくる暑さ対策の連絡会議で、提案されました。


なぜ「秋」にできないのか!?


前置きは長くなりましたが、そんな対策を考えなくても、そもそも、なぜ秋に出来ないのでしょうか?気候の安定してるスポーツの秋に。

そこには、“大人の事情”が絡んでいます。2020年大会について国際オリンピック委員会(IOC)は、7月15日~8月31日の期間内に収まるよう求めています。

その理由は、巨額なテレビ放映権料です。アメリカのNBCユニバーサルは、22年冬季から32年夏季までの6回の五輪の米国向け放送権を76億5千万ドル(約7780億円)で獲得しています。

秋は欧州ならサッカー、米国は大リーグが佳境を迎え、アメリカンフットボールのNFLも始まります。他のスポーツとテレビの放映枠を争うようなことがあれば、テレビ放映権料に影響がでかねません。

IOCは収入の9割を各国・オリンピック委員会や各競技の国際連盟などに還元しています。IOCの方針に対して、巨額の補助金を受け取る側からは反対しづらいのが現実なのです。

2020年五輪には中東カタールの首都ドーハが10月開催で立候補しましたが、1次選考で落選しました。

「テレビ放送時間を確保しづらい」。IOCはその理由を正直に説明しています。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2016/08/22 Mon. 22:33 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0804

東京五輪 野球・ソフトなど追加種目に5競技18種目が正式決定  

 

2020年東京オリンピックの追加種目を決めるIOC=国際オリンピック委員会の総会がリオデジャネイロで開かれ、東京大会の組織委員会が提案していた、野球・ソフトボールなど5競技18種目が正式に実施競技に決まった

2008年の北京大会を最後に正式種目から外れていた野球・ソフトボールは3大会ぶりのオリンピック復帰。

IOCが進めるオリンピック改革の1つとして、開催都市が新たな種目を提案できる「追加種目」は4年後の東京大会で初めて導入され、東京大会の組織委員会は去年9月、「野球・ソフトボール」、「空手」、「スケートボード」、「スポーツクライミング」、「サーフィン」の5競技18種目を提案していた。

東京五輪2020 

リオデジャネイロオリンピック開幕を前に、現地で開かれているIOC総会で3日、追加種目の審議が行われた。

総会では、はじめに組織委員会とIOCによる合同のプレゼンテーションが行われ、組織委員会の森喜朗会長が、提案理由について説明。

IOC委員による質疑応答のあと、5競技18種目が一括して採決され、挙手による投票の結果、全会一致で承認され、正式に採用が決定した。

「野球・ソフトボール」は3大会ぶりのオリンピックの復帰、そのほかの4競技は初の採用となった。


関連記事

Posted on 2016/08/04 Thu. 05:19 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0625

【リオ五輪】男子ゴルフ、ジカ熱懸念で五輪辞退者相次ぐ   



世界ランク4位のロリー・マキロイ(アイルランド)が、8月に開催されるリオデジャネイロ五輪に出場しない意向を表明している男子ゴルフで、今度は、世界ランク11位の南アフリカのブランデン・グレースもリオデジャネイロオリンピックの出場を辞退すると明らかにした。

辞退の理由は、ブラジルなどで感染が拡大しているジカ熱への懸念が理由。

グレース選手は南アフリカ出身の28歳、今月行われた全米オープンで5位に入るなど活躍し、現在の世界ランキングは11位です。

AP通信によるとグレース選手はことし11月に結婚する予定で、競技よりも家族の健康を優先する意向を示し、オリンピック出場の辞退を明らかにしたという。

gatag-00013609.jpg


ゴルフはリオデジャネイロオリンピックで112年ぶりに復活し、代表は来月の世界ランキング上位から選ばれることになっているが、

すでに
アダム・スコット(オーストラリア)、
ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、
シャール・シュワルツェル(南アフリカ)、
マーク・レイシュマン(オーストラリア)、
グレーム・マクダウエル(アイルランド)、
ビジェイ・シン(フィジー)

らPGAツアー、ヨーロッパツアーのトップ選手たちが、過密日程やジカ熱への懸念などを理由に五輪辞退を表明している。

また、松山英樹、ジェイソン・デイ(オーストラリア)ら他のトップ選手も、出場について態度を保留しており、今後も辞退者が増える可能性はある。

WHO(世界保健機関)は、オリンピックを引き金としたジカ熱の感染拡大の可能性は「とても低い」としている。


関連記事

Posted on 2016/06/25 Sat. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0609

金メダルだけ報奨金を500万円にアップ リオ五輪  




オリンピックで金メダルを獲得した日本代表選手に贈られる「報奨金」が、これまでの300万円からリオデジャネイロ大会では、500万円になるという。

これまでJOC(日本オリンピック委員会)は、オリンピックでメダルを獲得した選手に対し、「報奨金」として金メダルは300万円、銀メダルは200万円、銅メダルは100万円をそれぞれ贈ってきた。

リオ五輪ロゴ

JOCはこのうち、金メダルを獲得した選手への報奨金を、リオデジャネイロ大会から200万円増やして500万円とすることを7日、都内で開いた理事会で決めました。銀メダルと銅メダルに対する報奨金の額は変わらない。

JOCは金メダルの獲得数の目標を、リオデジャネイロ大会では前回のロンドン大会の倍となる14個とし、2020年の東京大会では、世界で3位に入る事を目指している。

JOCの平岡英介専務理事は「金メダルのみを増額し、差をつけることで今まで以上に『金』の価値を明確にした」と説明した。

「金メダル」だけがクローズアップされている「金」至上主義の典型的なパターンだ。金メダルでなくても感動的な銀メダルも銅メダルもある。

否定も肯定もしないが、選手には競技を続けるために海外遠征費や活動資金がかかるのも事実。報奨金以外に、選手本人に活動費が届くシステムが確立されているのだろうか?

協会が補助金(税金)をプールして選手には届かず、天下りの一部協会役員だけが恩恵を受けるようなシステムになってないか厳しくチェックする必要がある。


関連記事

Posted on 2016/06/09 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド