メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0911

安定感の岩隈が15勝目、チームを3連勝に導く力投  



 シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が現地9日、敵地で行われたオークランド・アスレチックス戦に今季29試合目の先発登板。7回途中、2失点のクオリティスタートで、メジャーキャリア最多に並ぶ15勝目(11敗)を飾った。

 シーズン15勝は2014年と並ぶ自己最多タイ。日本人投手で15勝以上を複数回記録したのは、野茂英雄(ドジャース)の3回、松坂大輔(レッドソックス)の2回に次ぐ3人目。メジャー通算62勝36敗。日米通算169勝105敗。

 ストライク先行でゴロアウト8、フライアウト2という岩隈のスタイルが戻った。序盤は走者を背負ったが、4回まで二塁を踏ませず。速球とスプリットのコンビネーションでアスレチックス打線を攻めた。5回に1失点、7回にも1点を失ったが、青木宣親の今季2号ソロなどで打線が援護。

 6回2/3を投げて102球(ストライク70)、7安打、5奪三振、1四球、2失点(自責2)で白星を手に入れた。

CsAWH1QXYAA695Q.jpg

 地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版によれば、岩隈は「先発投手は5日に1度しか投げられないけど、自分が先発する日は、持てるものすべてを出し切りたい。今日は全力を出し尽くしたと思う」とコメントしている。

 防御率3.96、WHIP1.29はこれまでの平均より悪く、BB/9もこれまでの1.79を上回る1.95とスタッツ的には気になるところだが、ローテーション1番手のフェリック・ヘルナンデスなどが故障離脱した今季。その先発陣を岩隈が支えたのは事実。彼の安定感は絶賛してあげてもいいだろう。

2013年以来のシーズン200イニングも見えてきた。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/09/11 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0811

トルネードで野茂が始球式。「仲間のために道を開拓した人」ドジャース  




開拓者を称え始球式に登場!  



現地8月10日、日本の野球選手にメジャーへの扉を開いた野茂英雄氏が、ドジャースタジアムで始球式を行った。

いまMLBでは多くの日本人プレーヤーが在籍しているが、そうした野球選手のために“BLAZED THE TRAIL ”「開拓者」とドジャースの公式サイトは伝えている。


野茂は口下手だから、メディアにあまり登場しない。
だから、ニュースで彼の顔を見て懐かしかった。まだ44歳らしい。トルネードにワクワクしたのが遠い昔のようだ。



大阪生まれで大阪育ち、阪神ファンでもない南海でもない弱小球団『近鉄バッファローズ』のファンだった。

4番土井正博の時代、それから西本さんが阪急から監督に。仰木監督時代も好きだった。そして野茂がエースだった時代

今は更地になったが日生球場やホームだった藤井寺にはひとりでも応援に行った。

息子たちは大阪ドームに仲間のチームメイトと通っていたが、なんせ大阪球場のライトスタンドであの有名な 『江夏の21球』を目撃しましたから。

背番号「11」。といえば僕の中では永遠に野茂英雄さん、あなたです。


 

【NPB】
 5年 139試合 78勝 46敗  1204K
【MLB】 12年 323試合 123勝 109敗 1918K
【日米通算】 201勝155敗1S 3122K


【主なMLBタイトル】
最多奪三振2回 (1995・2001)
新人王 (1995)
オールスター先発 (1995)
AL/NLの両リーグでノーヒットノーラン(1996・2001)






ランキングに参加してます。お手数かけますが、
クリックして応援、お願い致します。





関連記事

Posted on 2013/08/11 Sun. 11:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド