メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0907

【U-18W杯】日本代表の2次ラウンド日程決まる 初戦は7日豪州  



カナダ・サンダーベイで開催中の野球の18歳以下のワールドカップ「U-18W杯」。

日本代表は、1次ラウンドをB組2位の4勝1敗で2次ラウンドに進出。初戦はオーストラリアに決定した。そのオーストラリア戦は7日午前9時30分(日本時間同日午後10時半)から行われる。

第2戦は8日にカナダ(日本時間9日午前6時)。
第3戦は9日に韓国(日本時間10日午前2時)。


この大会は今回で28回目の世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する、18歳以下の世界大会。

PC_img (2)

1次ラウンドはA、B各組6チームで総当たり戦を行い、各組上位3チームが2次ラウンド(スーパーラウンド)に進出する。

2次では1次ラウンドで対戦したチーム同士の成績を持ち越した上で、別組の3チームと対戦。わかりにくい方式だが計5試合分の成績により上位2チームが「決勝」へ、3位と4位は「3位決定戦」に進む。

日本が高校日本代表で臨むのは1994年(準優勝)12年(6位)13年(準優勝)15年(準優勝)に次ぎ今回が5度目。


◇記事一部引用
日刊スポーツ


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/09/07 Thu. 11:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0902

【U-18W杯】初戦のメキシコ戦に10-1で快勝、第2戦はアメリカ代表と対戦  




カナダのサンダーベイで9月1日(日本時間2日)から始まった「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(U-18W杯)。

日本U18代表は、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカと同じグループBに入って総当たりで予選ラウンド行う。

日本代表は1日、初戦にメキシコ代表と対戦。大型ハリケーン「ハービー」の影響で選手が13人しか揃わないメキシコ代表相手に先発の大阪桐蔭・徳山壮磨が7回を2安打1失点とゲームを支配。

打撃陣も4-1のリードから7回に日大三・井上大成のライトオーバーの3ランを含む4安打5得点の猛攻で試合を決めた。

「4番ファースト」で先発出場した早実・清宮幸太郎は3打数1安打1打点だった。

高校生日本代表20名は下記のとおりだが、甲子園で一躍脚光を浴びた広島・広陵の中村奨成捕手など、この夏の「第99回全国高校野球選手権大会」に出場した12名を含む20名が出場している。


PC_img (2)


U-18日本代表
侍ジャパン2017メンバー20名


【投手】
山下輝 木更津総合
清水達也 花咲徳栄
桜井周斗 日大三
磯村峻平 中京大中京
徳山壮磨 大阪桐蔭
三浦銀二 福岡大大濠
川端健斗 秀岳館
田浦文丸 秀岳館

【捕手】
中村奨成 広陵
古賀悠斗 福岡大大濠

【内野手】
西巻賢二 仙台育英
鯨井祥敬 東海大市原望洋 
安田尚憲 履正社 
井上大成 日大三 
小園海斗 報徳学園 ※
清宮幸太郎  早実

【外野手】
丸山和郁 前橋育英
藤原恭大 大阪桐蔭 ※
伊藤康祐  中京大中京 
増田珠 横浜 

※2年生、他は3年生



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/02 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1012

第1回U-23W杯に出場する侍ジャパンU-23代表選手24名  




野球の日本代表U-23(斎藤雅樹監督)は、10月28日から11月6日にメキシコ・モンテレイで開催される「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」に出場するメンバー24名を発表した。

投手名11名、捕手3名、内野手6名、外野手4名。大半はプロ野球(NPB)支配下選手だが、アマも投手で田嶋大樹(JR東日本)、勝野昌慶(三菱重工名古屋)、大野亨輔(MHPS横浜)、捕手で佐野洋樹(JR九州)、丸子達也(JR東日本)の5名が選出された。


  • ▼投手
  • 青山大紀(オリックス・バファローズ)
  • 田嶋大樹(JR東日本)
  • 勝野昌慶(三菱重工名古屋)
  • 塹江敦哉(広島東洋カープ)
  • 大野亨輔(MHPS横浜)
  • 安樂智大(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 笠原大芽(福岡ソフトバンクホークス)
  • 岸本淳希(中日ドラゴンズ)
  • 永谷暢章(JR東日本)
  • 本田圭佑(埼玉西武ライオンズ)
  • 歳内宏明(阪神タイガース)
  • ▼捕手
  • 柿沼友哉(千葉ロッテマリーンズ)
  • 佐野洋樹(JR九州)
  • 下妻貴寛(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • ▼内野手
  • 吉持亮汰(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 廣岡大志(東京ヤクルトスワローズ)
  • 植田海(阪神タイガース)
  • 丸子達也(JR東日本)
  • 山下幸輝(横浜DeNAベイスターズ)
  • 三好匠(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • ▼外野手
  • 真砂勇介(福岡ソフトバンクホークス)
  • 乙坂智(横浜DeNAベイスターズ)
  • 山崎晃大朗(東京ヤクルトスワローズ)
  • 武田健吾(オリックス・バファローズ)







にほんブログ村 野球ブログへ



関連記事

Posted on 2016/10/12 Wed. 16:16 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0829

日本が米国破り2連勝 佐藤完封、オコエの快速も光る【U-18野球W杯】  


自国開催で、悲願の初優勝を目指す高校日本代表が29日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップの1次リーグ第2戦(舞洲ベースボールスタジアム)で米国代表と対戦し前回王者のアメリカを破り2連勝を飾った。

5回の攻防が明暗を分けた。

日本の佐藤(仙台育英)、米国のギャレットと両投手の好投で、両チーム無得点のまま試合は5回へ。日本は1死満塁のピンチを切り抜けると、その裏に大きなチャンスをつかむ。

1死二塁として、津田(浦和学院)がライト前にタイムリー。津田は今夏、甲子園に出場していないメンバー。好投ギャレットから1点を奪っう値千金のタイムリーだった。

さらに、2死二塁で今度はオコエが一塁方向へ高いバウンドのゴロを転がす。すると、圧倒的なスピードでベースカバーに入ったギャレットよりも一足早く一塁を駆け抜けた。

このプレイで二塁走者の舩曵(天理)が二塁から一気に生還し、2点目を奪った。日本のスモールベースボールが光った場面だった。

次の篠原の打席ではオコエが2球目に二盗に成功。

その後、平沢の打席でオコエがけん制球に誘い出されるが、挟殺プレーで三塁手が二塁へ悪送球。快速オコエは、右翼手が処理にもたつく間に一気に本塁へと突入すると、相手捕手のタッチをかいくぐりながら生還した。

日本のお家芸とも言うべきスモールベースボールで、日本が3点を先制。

投げては、夏の甲子園準優勝右腕の佐藤世那が相手打線を5安打完封、9三振を奪う力投。前回王者のアメリカを破り2連勝とした。

グループAの日本は、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、チェコと同組。この勝利で日本はA組で2連勝となり、30日に同じ2連勝のオーストラリアと対戦する。これに勝てば1次ラウンド通過が、ほぼ確実になる。

大会は、各グループ上位3チームが「スーパーラウンド」に進出。中止なく順調に進めば9月6日(日)に甲子園球場で決勝戦が行われる予定。

【開催地】
日本(大阪・兵庫)
・阪神甲子園球場(兵庫県)
・舞洲ベースボールスタジアム(大阪府)
・南港中央野球場(大阪府)
・豊中ローズ球場(大阪府)

日本の過去の戦績
・1982年 第2回:準優勝 ※甲子園と被っていたため、全日本チームではなく地域選抜での参加
・1999年 第18回:5位 
・2004年 第21回:準優勝 ※ここから甲子園出場選手含む全日本チームの参加
・2012年 第25回:6位
・2013年 第26回:準優勝

侍ジャパン・U-18メンバー
<投手>
佐藤世那(仙台育英)
成田翔(秋田商)
高橋樹也(花巻東)
小笠原慎之介(東海大相模)
上野翔太郎(中京大中京)
高橋純平(県岐阜商)
森下暢仁(大分商)
勝俣翔貴(東海大菅生)

<捕手>
伊藤寛士(中京大中京)
郡司裕也(仙台育英)
堀内謙伍(静岡)

<内野手>
平沢大河(仙台育英)
津田翔希(浦和学院)
清宮幸太郎(早稲田実)
宇草孔基(常総学院)
杉崎成輝(東海大相模)
篠原涼(敦賀気比)

<外野手>
豊田寛(東海大相模)
オコエ瑠偉(関東一)
舩曳海(天理)

※は今夏、甲子園に出場していない選手



にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Posted on 2015/08/29 Sat. 21:35 [edit]

CM: --
TB: --
   

0829

【U-18W杯】初戦ブラジルに快勝 清宮・オコエも躍動  



日本で初開催の第27回U-18(18歳以下)ワールドカップが開幕し、初優勝を目指す高校日本代表は初戦でブラジル代表に14-0の7回コールドで快勝した。

先発の上野が6回までに8三振を奪う快投で無失点。打線は平沢の犠飛で先制すると、その後は着実に加点。注目の清宮は「4番・DH」で先発し、タイムリーを含む1安打2四球2打点。オコエにもタイムリーや盗塁をきめ持ち味を出した。

関東第一・オコエ瑠偉外野手(3年)が2安打1打点1盗塁の活躍を見せた。

初回四球を選ぶと篠原の右前打で三塁へ走り、平沢の浅い左翼への犠飛で先制のホームを踏んだ。

4、5回には2打席連続安打を放ち、二盗も決め、「自分の武器は足なので。高校で練習してきたことをきっちり出せたと思います。チームが勝てて良かった」と汗をぬぐった。

もう一人、注目の清宮はどうだったか?日本の「4番DH」で出場した早実(西東京)清宮幸太郎内野手(1年)は、1安打2死球2打点と格下とはいえ結果を残した。

4回の第3打席、2死満塁から押し出し四球を選んで初打点をマーク。5回の第4打席は2死一、三塁から遊撃への適時内野安打を放った。

スポーツ紙のインタビューでは、「ボールを見切れていなかった。タイムリーも、うれしいとかはない。振り返れば、『打ってやろう』という気持ちが少し出てしまったのかもしれない」と表情はさえなかった。

日本の先発、上野翔太郎投手(3年=中京大中京)が6回を2安打無失点、8三振を奪う力投だった。

U18W杯は日本、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、チェコ、キューバ、台湾、カナダ、韓国、イタリア、南アフリカの12カ国が参加。A、Bの2組に分かれて戦う。

会場には甲子園のほか、舞洲ベースボールスタジアム、南港中央野球場、豊中ローズ球場が使用される。

日本は高校日本代表がU18侍ジャパンとして参加。大阪桐蔭の西谷浩一氏が監督として指揮をとる。

■関連記事
清宮、オコエらが世界に挑戦! WBSC U-18ベースボールW杯
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2130.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2015/08/29 Sat. 08:01 [edit]

CM: --
TB: --
   

0822

清宮、オコエらが世界に挑戦! WBSC U-18ベースボールW杯  


日本初開催、初優勝なるか!?

 8月28日(金)から開催される「第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」
今回は、世界12カ国が大阪と兵庫に集結し、18歳以下の野球世界一を決める。日本では初開催の大会だ。

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催するこの大会は、1981年にアメリカで第1回大会が開催され、1997年以降はほぼ2年に1度の間隔で行われている野球の国際大会。

 日本は甲子園の開催期間と日程が重なることが多いため、これまでに出場したのは5回だけだった。

 前回大会の2013年は松井裕樹や森友哉らを擁して世界に挑み、決勝まで進んだものの、アメリカに敗れて準優勝に終わった。初めての日本開催で初優勝を飾ることが出来るか注目が集まる。

 大会は2グループに別れて総当りのリーグ戦を行った後、各グループ上位3チームによる6チームの「スーパーラウンド」を開催。スーパーラウンドの1位と2位がワンマッチの決勝戦を行い、3位と4位で3位決定戦を行うという運びになっている。

 日本はグループAに入り、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、チェコと同組。グループBにはキューバ、チャイニーズ・タイペイ、カナダ、韓国、イタリア、南アフリカの6カ国が入った。

 大会は8月28日(金)に開幕し、中止なく順調に進めば9月6日(日)に甲子園球場で決勝戦が行われる予定。大会前の8月26日(水)には、壮行試合として高校日本代表-大学日本代表の試合も決定。こちらも要注目だ。

大会概要
「第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」

【日程】
8月28日(金)~9月6日(日)

【開催地】
日本(大阪・兵庫)
・阪神甲子園球場(兵庫県)
・舞洲ベースボールスタジアム(大阪府)
・南港中央野球場(大阪府)
・豊中ローズ球場(大阪府)

日本の過去の戦績
・1982年 第2回:準優勝 ※甲子園と被っていたため、全日本チームではなく地域選抜での参加
・1999年 第18回:5位 
・2004年 第21回:準優勝 ※ここから甲子園出場選手含む全日本チームの参加
・2012年 第25回:6位
・2013年 第26回:準優勝

侍ジャパン・U-18メンバー

<投手>
佐藤世那(仙台育英)
成田翔(秋田商)
高橋樹也(花巻東)
小笠原慎之介(東海大相模)
上野翔太郎(中京大中京)
高橋純平(県岐阜商)
森下暢仁(大分商)
勝俣翔貴(東海大菅生)

<捕手>
伊藤寛士(中京大中京)
郡司裕也(仙台育英)
堀内謙伍(静岡)

<内野手>
平沢大河(仙台育英)
津田翔希(浦和学院)
清宮幸太郎(早稲田実)
宇草孔基(常総学院)
杉崎成輝(東海大相模)
篠原涼(敦賀気比)

<外野手>
豊田寛(東海大相模)
オコエ瑠偉(関東一)
舩曳海(天理)

資料参考
http://baseballking.jp/ns/45176


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Posted on 2015/08/22 Sat. 07:37 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド