メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0502

野球が彼らの希望になった!バンクーバー朝日軍、その栄光の軌跡  

 


海を渡った日本人とその子孫に

差別や貧困と戦いながら、

誇りと勇気、希望を与えた

野球チームがあった


blog_import_54ca89af05564.jpg




逆境を乗り越えたカナダ日系移民の
「サムライ・ベースボールチーム」
が存在した!



今から100年前、海を渡り、差別と貧困に喘いだ日系人に、希望と誇りをもたらし、カナダ最強といわれるまでになったサムライ野球チームの物語である。

フェアプレーに徹し、洗練されたプレーと白熱したゲームが白人ファンの心をつかみ、やがて人々から熱狂的に迎えられた。

しかし、太平洋戦争によって選手たちは「敵性外国人」となり、強制移住させられてチームは解散を余儀なくされる。


それから60星霜――。


2002年5月15日、カナダのトロント。
地元ブルージェイズがシアトル・マリナーズを迎えたゲームで、イチローや佐々木、長谷川選手が見守るなか、マウンドに颯爽と登場したのは東洋人と思われる5人の老人。


彼らがボールを投げると観客は一斉に湧き、球場はスタンディングオベーションに包まれた。


彼らこそ戦前バンクーバーに実在した伝説の日本人野球チーム「バンクーバー朝日軍」の選手たちだった。


その栄光の記録と不滅の光彩によって2003年にカナダの移民社会、野球文化への功績が認められ、カナダ野球殿堂入りを果たしている。


テレビのドキュメンタリー番組「NONFIX」でも2010年3月に「僕たちには野球があった。伝説のバンクーバー朝日軍」というタイトルで紹介されました。


blog_import_54ca89af8dfcb.jpg


平均155センチの小さな朝日軍の中で、ひときわ目立つ大柄の少年。バンクーバー生まれのテディ・フルモトさんは身長170センチの恵まれた体格で、運動センスは群を抜いていた。


やがてフルモトさんは初代のエースに。そのテディ・フルモトさんのご子息は神奈川県逗子市に在住でバンクーバー朝日軍の本を出版されています。

1935年5月24日、結成直後の東京ジャイアンツが北米遠征した際に、朝日軍と対戦しています。


バンクーバー朝日軍VS東京ジャイアンツ。結果は、沢村投手らの東京ジャイアンツが朝日軍に勝利したということです。


この朝日軍を題材にした「バンクーバーの朝日」が、昨年12月に全国公開しました。

blog_import_54ca89af498e6.jpg


この作品に続いて、2015年の1月17日からは、元高校球児たちが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」を題材に描いた『アゲイン 28年目の甲子園』が公開。


また1月24日からは、日本統治時代の台湾から甲子園の全国中等学校優勝野球大会に出場した嘉義農林学校野球部を描いた映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』が全国ロードショーしています。


野球3部作といった感じでしょうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
映画情報ランキング
お手数ですが、ポチっとお願いします。
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2016/05/02 Mon. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

タナダユキ監督の新作映画『ロマンス』大島優子主演のロードムービー  

 
大島優子&大倉孝二の箱根珍道中


8月29日から全国で公開される同作は、『ふがいない僕は空を見た』『四十九日のレシピ』などの作品で知られるタナダ監督にとって、2008年の映画『百万円と苦虫女』以来のオリジナル脚本作。

小田急電鉄の特急ロマンスカーで車内販売を行うアテンダントの北條鉢子が、映画プロデューサーを名乗る怪しい中年男・桜庭との出会いをきっかけに、何年も会っていない母を探すため箱根で珍道中を繰り広げる一風変わったロードムービー。

2009年公開の「テケテケ」以来6年ぶりに映画主演を果たした大島がアテンダントの鉢子を、「ピンポン」などで知られる個性派俳優、大倉孝二が桜庭を演じる。

ロマンス1 

公開されたポスタービジュアルは、今年『第40回木村伊兵衛写真賞』を受賞した川島小鳥が撮影。ロマンスカーの車内でアテンダントの制服に身を包んだ大島の姿が写し出されている。

イラストは、山田洋次監督の映画『小さいおうち』のポスタービジュアルも手掛けたいとう瞳が担当している。


http://www.cinra.net/assets/img/v1/pia/cl.png); background-attachment: initial; background-size: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-position: 0px -40px; background-repeat: no-repeat;">作品情報

『ロマンス』


2015年8月29日(土)から新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
監督・脚本:タナダユキ
出演:
大島優子
大倉孝二
野嵜好美
窪田正孝
西牟田恵
配給:東京テアトル


関連記事
大島優子 タナダユキ脚本監督の映画「ロマンス」で主演、今秋公開


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
関連記事

Posted on 2015/05/29 Fri. 08:33 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0527

「第三回 新・午前十時の映画祭」が好調  




 「第三回 新・午前十時の映画祭」は、
2016年3月18日までTOHOシネマズ日本橋ほか全国で開催。

午前10時の映画祭1 

4月4日から全国54スクリーンで開催されている「第三回 新・午前十時の映画祭」が、上映6週目を終えて累計観客動員5万8262人(5月15日まで)を突破しました。興行収入は5604万1700円となり、一昨年と昨年の6週目の動員数を超えて過去最高記録を更新しています。

企画が、オールド映画ファンにも浸透し定着してきたということでしょうか。



2013年と14年の過去2回の同上映会では、新規セレクト作品と再上映の人気作品の計25作品を上演しましたが、今回は計30作品を上映。

1週間上映と2週間上映のグループに分けて全国の映画館で上映していますが、4週間上映された新規セレクト作品の「リトル・ダンサー」(2001年)は1万6095人を動員。リクエストの多かった「小さな恋のメロディ」(1971年)は1万7149人を動員しました。

午前10時の映画祭2 

さらに、GWの5月2日から上映された「ローマの休日」(1954年)と「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989年)は、上映2週間にも関わらず、それぞれ動員1万3826人と1万1192人を記録したということです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ



関連記事

Posted on 2015/05/27 Wed. 18:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0518

鈴木京香「おかあさんの木」原作読み聞かせ 全国の小学校で実施!  

 
 「おかあさんの木」は6月6日全国公開 

女優の鈴木さんが5月14日、主演映画「おかあさんの木」の舞台になった長野県上田市を訪問し、全校生徒47人の小さな小学校で子どもたちに映画の原作本を読み聞かせました。

映画.comによれば戦後70年を記念して製作された映画「おかあさんの木」は、32年もの間、小学校5年生の教科書に掲載され続けている、故大川悦生氏の同名児童文学が原作ということです。

その映画に主演する鈴木自身の発案による企画で、「70年前、家族と離れてひとり戦場へ旅立った子どもがいたこと、子どもを断腸の思いで見送り、帰りを待ち続けたお母さんがいたことを、子どもたちに知ってほしい」と思いを明かしています。



読み聞かせは、映画の舞台となった長野・上田市からスタートし、

  1. 18日には愛知・名古屋市内、
  2. 19日には大阪府内、
  3. 20日には鹿児島県内の小学校で実施される。
  4. さらに、21日には広島県内の小学校を訪問。

最後は、平和記念公園で献花と折鶴の奉納を行います。





ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/05/18 Mon. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0515

「カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットに海街4姉妹!是枝作品の受賞に期待!!  



華やかなカンヌで若き日本の女優たちが登場。清々しい風が流れます。
女優の綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが現地時間14日、フランスで開催中の「第68回カンヌ国際映画祭」で行われた、コンペティション部門出品作『海街diary』の公式会見に出席しています。

劇中で姉妹役を務める女優陣は、南仏らしいさわやかな装いで登場し、それぞれフランス語であいさつ。

映画について綾瀬さんが
「古き良き日本の暮らし、そこに生きる人たちの強さ、美しさ、それと共に日本の移り変わる四季がとても美しい」と語ると、

長澤さんも
「女性の美しさが描かれている作品。監督が女性に対してすごく愛情と尊敬の気持ちを持ってくれている。女性ってすごいんだなと感じました」と笑みを浮かべる。


カンヌについて「映画という100年以上続いてきた豊かな文化に関わっていることを誇りに思い、自分が何に向かうべきなのか考える時間を与えてくれる、すてきな場所だと思っています」と是枝監督はコメントしています。

『海街diary』は吉田秋生さんのコミックが原作の4人姉妹の物語で、父親の死をきっかけに母親の違う妹と一緒に暮らすことになった姉妹が葛藤を乗り越えながら、互いを理解し絆を深めていくさまを描いています。

最優秀賞は日本時間の今月25日未明に発表されることになっています。 派手さはない映画ですが、個人的には日本の映画史に名を残すような作品になると思います。




是枝監督作品

大好きなテレビマンユニオン出身なんです。やっぱりドキュメンタリーに携わってたとか。主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。

『誰も知らない』は第57回カンヌ国際映画祭で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞。
『そして父になる』は第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けている。


第68回カンヌ国際映画祭は24日まで開催。
 映画『海街diary』は6月13日より全国公開 



ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事

Posted on 2015/05/15 Fri. 19:19 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0505

映画『MOZU』の新キャストが発表 ダルマにはビートたけし!松坂桃李、伊勢谷友介の出演が決定。  




羽住組が描く革新的な映像世界



このドラマシリーズは、映画「海猿」シリーズ等を手がけた
羽住英一郎監督率いる“羽住組”が
テレビドラマのスケールを凌駕したド迫力のアクションシーンを撮りました。


ドラマは、その細部にまでこだわった映像世界、実力派俳優たちの重厚な演技、本格アクションが大きな反響を呼び、ギャラクシー賞テレビ部門月間賞や、東京ドラマアウォード作品賞等を受賞しました。


“映像化不可能”と言われ続けてきた逢坂剛のハードボイルド小説「百舌」シリーズ。

そのTBS×WOWOW共同制作ドラマ「MOZU」を映画化した
劇場版「MOZU」の新キャストが発表されました。

西島、香川照之、真木よう子の3人と劇場版から新たに彼らに対峙する最強の敵として松坂李、伊谷友介、ビートたけしの出演が決定。


ダルマをビートたけしが演じる!


シリーズ最大の闇“ダルマ”と呼ばれる謎の存在を狂気に満ちた異常さで演じるのがビートたけし。今回の出演について「自分の好きなアメリカのサスペンスドラマに似た展開で面白いと思い引き受けた」という。


さらに、「西島君は、おいらのラジオ時代からの熱狂的ファンで、共通の趣味もある。気の合う相棒みたいなものだから、楽しい現場になりそうだね」と西島との共演も楽しみにしているようす。


松坂は「ダークな役をやりたいと以前から思っていたので、今回の権藤という男は演じていて非常に楽しいです。撮影中に顔に血飛沫があがる場面があったのですが、テンションがものすごく上がり、興奮しました」と犯罪実行部隊を率いる残虐非道な暗殺者演じる。


伊勢谷は、冷静沈着な犯罪計画を立案するブレーンを演じる。「『MOZU』は昨今珍しいくらいハードボイルドが極まった作品だなと感じます。自分自身とは全く違うキャラクターなので、チャレンジしがいがあります」と意欲を燃やしている。


■劇場版「MOZU」あらすじ


劇場版では、西島演じる倉木が妻の死の真実に辿り着いてから半年後を描く。

気力を失った倉木と、警察への不信感から警察を辞め探偵事務所を開いた大杉(香川照之)、そしてともに謎を追っていた明星(真木よう子)が、あるテロ集団による高層ビル大規模強盗・脅迫事件に出くわすところから物語が展開していく。


妻子の死の謎を追う公安警察官 倉木(西島)は、大杉(香川) 明星(真木)とともに、一連の『MOZU事件』で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒した。

しかしそれは、恐るべき謀略の氷山の一角に過ぎなかったのだ。

あれから半年…。

高層ビル占拠爆破事件とペナム大使館襲撃事件、二つの大規模テロが同時発生した。

これらは、犯罪プランナー高柳(伊勢谷)と暗殺専門の殺し屋権藤(松坂)ら同一グループによる犯行であった。

実は彼らは、日本事件史の闇と言われる存在「ダルマ」(ビートたけし)の名のもとで、ある犯罪計画を極秘裏に進行しているのだった。

灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木達と、
最後の敵=ダルマとの死闘が
ついに幕を開ける!



 劇場版「MOZU」は、11月7日から全国で公開。



関連記事
MOZU season2 最終回!倉木、美希が弧狼島へ そして百舌の復讐は!



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング ブログ村




関連記事

Posted on 2015/05/05 Tue. 14:13 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0430

映画「あん」の主題歌、秦基博×河瀬直美「水彩の月」MV完成  

 




秦基博の新曲「水彩の月」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「水彩の月」は6月3日リリースのニューシングルの表題曲。映画「あん」の主題歌として、監督を務める河瀬直美からのオファーを受け書き下ろされたナンバーだ。

MVは秦サイドから河瀬監督へ依頼して制作されたもので、撮影は河瀬監督が居を構える奈良県の原生林を中心に、監督自身が16mmフィルムなどを回しながら行われた。

なおシングルの初回限定盤にはDVDが付属し、河瀬監督が撮影した「秦 基博 × 河瀬直美 ~もう一度君に会えるとしたら~プライベート映像」と題した映像を観ることができる。


秦基博 コメント

大自然に抱かれて気持ちの良い撮影でした。1度に3分までしかまわすことの出来ない16mmフィルムでの撮影は、間違えていけない、という独特の緊張感もありました。
そういうドキドキの一発勝負な感じが、どういう仕上がりになるのか、とても楽しみです。

河瀬直美監督 コメント

撮影はとても楽しかったです。被写体としての秦くんは、やっぱり歌い始めると絵になるな、と思いました。
普段だと本当に気を抜いている感じというか、それが魅力なんですけど、奈良の街を歩いていてもオーラを消しているのかほとんど誰にも気付かれないのが、歌い始めるとパァーっと惹き付けられる感じがしました。天候にも恵まれて、それまで晴れ続きで乾いた森の感じだったのが、前日に朝までかけて雨が降ったことで、木々がそれを吸収して、呼吸しているような映像が撮れたのでよかったです。

記事引用:音楽ナタリー
http://natalie.mu/music/news/145823


映画「あん」


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング にほんブログ村
関連記事

Posted on 2015/04/30 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0429

岩井俊二監督作品がアヌシー国際アニメーション映画祭に選出されました。  

 

「花とアリス殺人事件」
仏・アヌシー国際アニメーション映画祭
長編コンペティション部門に選出





岩井監督が初めて手掛けた劇場版長編アニメ「花とアリス殺人事件」が、世界最大級のアニメ映画祭であるフランスで開催のアヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門に選出されました。

この映画祭には、95の国と地域から2605作の応募があり、その中からグランプリの「クリスタル賞」を選出するノミネート作品の1本として選出されたということです。これは快挙ではないでしょうか。 

映画祭は、6月15~20日(現地時間)に開催され、岩井監督が現地入りするということです。

2月の公開前にこのブログでも何度か紹介しましたが、「花とアリス殺人事件」は、岩井監督が原作、脚本、監督を担当した実写映画「花とアリス」(04年)の前日譚(たん)。

実写版でダブルヒロインを演じた女優の鈴木杏さんと蒼井優さんが、アニメ版でも再び同じ役の声を担当。2人が演じた有栖川徹子と荒井花の出会いなどが描かれています。


同映画祭の長編コンペティション部門では、1993年に宮崎駿監督の「紅の豚」、95年に高畑勲監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」がグランプリを受賞しており、2007年には細田守監督の「時をかける少女」、11年に原恵一監督の「カラフル」が特別賞を受賞しています。




ブログランキング・にほんブログ村へ  
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/04/29 Wed. 16:11 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0423

高倉健さんFilmアーカイブ 【日本国内外の出演作品】  






日本国内外の出演作品(東映以外)
フリーになってからの作品リスト




高倉健さんのご逝去をいたみ、御冥福をお祈りいたします。



《 東映以外・日本国外作品 》数が多いので絞らせていただきました


1966年(昭和41年)・・・『カミカゼ野郎 真昼の決斗』 (にんじんプロダクション: 國光影業): 黒木史男

1968年(昭和43年)・・・『祇園祭』(日本映画復興協会) : 巽組代表

1970年(昭和45年)・・・『燃える戦場』 (アソシエーツ&アルドリッチ・カンパニー / パロマー / ABCピクチャーズ) : 山口少佐

1974年(昭和49年)・・・『ザ・ヤクザ』 (ワーナー・ブラザーズ) : 主演・田中健

1974年(昭和49年)・・・『無宿』 (勝プロ) : 主演・穴吹錠吉

1976年(昭和51年)・・・『君よ憤怒の河を渉れ』 (永田プロ / 大映) :主演・杜丘冬人

1977年(昭和52年)・・・『八甲田山』 (橋本プロ / 東宝 / シナノ企画) :主演・ 徳島大尉 (第1大隊第2中隊長)※ブルーリボン賞 主演男優賞受賞

1977年(昭和52年)・・・『幸福の黄色いハンカチ』(松竹) :主演・島勇作
※日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞とブルーリボン賞 主演男優賞を受賞

1978年(昭和53年)・・・『野性の証明』 (角川春樹事務所):主演・味沢岳史

1980年(昭和55年)・・・『動乱』 (東映 / シナノ企画): 主演・宮城啓介
※日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞受賞

1980年(昭和55年)・・・『遙かなる山の呼び声』 (松竹):主演・田島耕作
※日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞受賞

1981年(昭和56年)・・・『駅 STATION』 (東宝) :主演・三上英次
※日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞受賞

1982年(昭和57年)・・・『刑事物語』 (キネマ旬報): 三上刑事 ※友情出演

1982年(昭和57年)・・・『海峡』 (東宝) : 主演・阿久津剛

1983年(昭和58年)・・・『南極物語』 (フジテレビジョン / 学習研究社 / 蔵原プロダクション):主演・潮田暁

1983年(昭和58年)・・・『居酒屋兆治』 (田中プロ): 主演・兆治 (藤野伝吉)

1985年(昭和60年)・・・『夜叉』 (東宝 / グループ・エンカウンター)  主演・修治

1988年(昭和63年)・・・『海へ ~See you~』 (ニュー・センチュリー・プロデューサーズ) : 主演・本間英次

1989年(平成元年)・・・『ブラック・レイン』 (パラマウント映画)松本正博警部補

1989年(平成元年)・・・『あ・うん』 (東宝 / フィルムフェイス)  主演・門倉修造
※日本アカデミー賞 優秀主演男優賞受賞

1993年(平成5年)・・・『ミスター・ベースボール』 (ユニバーサル映画) : 内山監督

1994年(平成6年)・・・『四十七人の刺客』 (東宝 / 日本テレビ放送網 / サントリー) :主演・大石内蔵助 ※日本アカデミー賞 優秀主演男優賞受賞

1999年(平成11年)・・・『鉄道員(ぽっぽや)』 (「鉄道員」製作委員会): 主演・佐藤乙松
※日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞とブルーリボン賞 主演男優賞を受賞

2001年(平成13年)・・・『ホタル』 (「ホタル」製作委員会) :主演・山岡秀治

2005年(平成17年)・・・『単騎、千里を走る。』(北京新画面影業 / 張芸謀電影工作室 / 東宝) :主演・高田剛一

2012年(平成24年)・・・『あなたへ 』(東宝): 主演・倉島英二


◆健さんの文化勲章受賞コメント◆ 映画俳優として58年、205本の映画に出演させていただきました。

大学卒業後、生きるために出会った職業でしたが、俳優養成所では 「他の人の邪魔になるから見学していてください」と言われる落ちこぼれでした。

それでも「辛抱ばい」という母からの言葉を胸に、国内外の多くの監督から刺激を受け、それぞれの役の人物の生きざまを通して社会を知り世界を見ました。

映画は国境を越え言葉を越えて、“生きる悲しみ”を 希望や勇気に変えることができる力を秘めていることを知りました。

今後も、この国に生まれて良かったと思える人物像を演じられるよう、人生を愛する心、感動する心を養い続けたいと思います。

映画俳優・高倉健を支えてくださった多くの方々に、深謝申し上げます。どうもありがとうございました。




MLB・メジャーリーグランキング
↑お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/04/23 Thu. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0417

「海街diary」是枝監督最新作がカンヌ出品  



是枝裕和監督「海街diary」
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず出演



3人の異母姉と暮らす浅野すず(広瀬すず)の揺れる心


女優の綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが4姉妹を演じる映画「海街diary」(是枝裕和監督)が、5月13日に仏カンヌで開幕する「第68回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に出品されることが16日、分かりました。




是枝監督は「前作『そして父になる』が僕自身9年ぶりのコンペ出品だったので、今回また選ばれたことは、正直驚きでした。素直に嬉しいです。国際映画祭はゴールではなく、より多くの人々に映画を届ける為のスタートだと考えていますし、中でもカンヌはその出発点としては最高の場所だと思っています。四姉妹と一緒にその始まりを体感できたら、と思います。一見すると、穏やかな春の海のようなこの映画があの場所でどのように受け止められるのか? 今から楽しみです」と喜びを語っている。

映画は、2013年にマンガ大賞を受賞した吉田秋生(あきみ)さんの同名マンガが原作­。

綾瀬さん、長澤さん、夏帆さん演じる香田家の3姉妹(幸、佳乃、千佳)が、父の死を­きっかけに異母妹のすずと出会い、鎌倉でともに暮らす姿が描かれる。




映画は6月13日公開

ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/04/17 Fri. 07:50 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド