メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0916

岩隈久志、復帰の見込みは薄くフリーエージェント確実、日本球界復帰も視野!?  




先発ローテの軸であるフェリックス・ヘルナンデスとジェームズ・パクストンが復帰したシアトル・マリナーズ。しかし、あの男の姿はない。

5月3日を最後にメジャーのマウンドから遠ざかっている岩隈久志だ。今季は6試合に登板して0勝2敗、防御率4.35。5月7日から故障者リストに入った。

その右腕が、日本時間10日に本拠地セーフコフィールドでシュミレイティッドゲームを行い、2イニング、30球を投げたという。

シアトルの地元紙『ニュース・トリビューン』電子版によれば岩隈は「日々改善されていると感じています。毎日この感覚をモチベーションにして、毎日努力しています」と、逆境に負けない彼らしいポジティブなコメントだった。

しかし、後日、球団公式サイトは「100パーセント無理だとは言わないが、復帰する可能性は非常に低い」とサーバイス監督のコメントを報じた。今季は、これで終了という宣言かも知れない。


岩隈久志


レギュラーシーズンは20試合を切った。時間がない。岩隈の来季はどうなるのか?

来季の岩隈久志の契約は一定の条件を満たした場合に1000万ドル(約11億円)で自動更新されるべスティングオプション。しかし、条件を満たさなかった場合は、マリナーズ側にも選択権があるオプションになっている。

べスティングオプションが有効になるには2017年に162イニングを投げるか、2016年と2017年の合計で324イニングを投げることが必要。昨シーズンは199イニングを投げていたため、125イニングで有効になるはずだった。

岩隈の実績をもってすれば約20試合ほど先発すれば、楽々とクリアできるオプションだったが、残念なことに今季は31イニングしか投げていない。

マリナーズが来年4月には37歳となる岩隈久志に1000万ドル(約11億円)を支払うことは考えにくい。既にやり手のディポトGMは来季も契約がある先発投手マイク・リークを獲得している。

このままいけば球団オプションを破棄して、フリーエージェント(FA)となる可能性が強く、31イニングしか投げていない37歳の右腕に40人枠を開けて迎えてくれる球団があるのか、考えにくい。

FAになれば、買い手が付くかどうか。なかなか契約がまとまらず、ストーブリーグの最終盤(1月後半)にマイナー契約で、スプリングトレーニングに参加。といったベテラン選手が多い。メジャーの厳しい現実だ。そのまま引退の可能性もある。

メジャー6年で150試合に登板、そのうち先発が136試合。69勝39敗2セーブ。防御率3.42、WHIP1.143。714奪三振。FIP3.86も悪くない。

2013年にはMLBオールスターにも選出。この年は「サイ・ヤング賞」投票でも3位だった。2015年8月12日にはオリオールズ戦でノーヒット・ノーランを達成している。

岩隈久志


日本球界への復帰も考えられる。近鉄時代には、何度も息子と大阪ドームや藤井寺で岩隈を見た。2004年には開幕12連勝を飾った。楽天時代には08年に21勝を挙げた。そして、シアトル・マリナーズ。

ずっと弱い球団を支えてきた岩隈。そんな懸命な姿が好きだった。日米通算170勝。あと30勝で200勝。とにかくどこでもいい岩隈の勇姿をもう一度見たい。「冬は必ず春となる」。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/16 Sat. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0529

風青し、稀代のスポーツジャーナリスト故・山際淳司さん  

 




時を越えてあの時の興奮を伝えてくれる読み物がある。

「江夏の21球」というルポが好きだった。今でもお気に入りの作品だ。

1980年、スポーツグラフィック・マガジン『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの才能が際立った作品だ。


後に《スローカーブを、もう一球》という、珠玉の8篇を集めた本が出され、日本ノンフィクション賞を受賞している。





取材対象は、1979年11月4日
日本シリーズ第7戦、シーズンの掉尾を飾る最終戦だ。


あの日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。

だから、このルポを目にした時は、何も考えず、その雑誌を手にしていた。

その場所にいたから。その戦いをどんな風に描くのか。それに興味があった。

子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズのファンだった。

巨人でも阪神でもない。近鉄と広島というマイナーチーム同士の対戦!

ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。

山際さんのルポは、対象物との確かな距離感。入り込まず、でも、曖昧でもなく。スポーツの読み物にありがちな「汗と涙」の根性モノではない。

サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。

そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、都会的だった印象がある。

私にとっては、ノンフィクションというジャンルをさらに楽しくさせてくれた作品だった。

私が感じている限り、瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど活字からテレビにも活躍の場を広げた。90年代半ば頃まで、スポーツメディアの中心にいた。

売れっ子になって、忙しかったのだろう、印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。

凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。

1995年5月29日、山際淳司さんは46歳の若さで急逝した。

ご冥福をお祈りいたします。



※以前にも紹介した記事をリライトしました。


■山際淳司さんの作品


(たくさんの中のほんの一部です)

ノンフィクション
  1. スローカーブを、もう一球(1981年)
  2. たった一人のオリンピック(1981年)
  3. ナックル・ボールを風に:スポーツをめぐる14の物語(1983年) 
  4. エンドレス・サマー(1985年)
  5. ルーキー:もう一つの清原和博物語(1987年)
  6. バットマンに栄冠を(1988年)
  7. スタジアムで会おう(1992年)
  8. 彼らの夏、ぼくらの声(1994年)
  9. 風たちの伝説(1995年)

【フィクション・小説】
  1. 夏の終りにオフサイド(1985年) 
  2. 北北東の風、マイナス三度(1986年)
  3. 海へ、ボブスレー(1987年)
  4. リヴァプール・キャッツの冒険(1989年)
  5. ゴルファーは眠れない(1992年)
  6. ダブルボギークラブへようこそ(1994年)



ブログランキング・にほんブログ村へ


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2017/05/29 Mon. 16:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

1120

岩隈久志が「第2回キット、ずっと杯」で始球式、12月には熊本で野球教室  

 

 マリナーズの岩隈久志投手(35)が19日、西武プリンスドームで行われた草野球大会「第2回キット、ずっと杯」決勝大会で始球式を行った。

 これは、自身がジェネラルマネージャー(GM)を務める岩手の地域球団「三陸鉄道キットDreams」の試合前に行ったもので、対戦相手の熊本代表チームを応援する「くまモン」と対決し、ワンバウンド投球ながら空振りを奪った。

岩隈久志


 岩隈は試合前「少しでも元気、笑顔になってもらいたい。そこで勇気をもらっている」とあいさつした。

今月11日には、8月の台風10号により大きな被害を受けた岩手・岩泉町を訪問。 「三陸鉄道キットDreams」のGMを務めている縁で、慰問を決断したという岩隈。岩泉ヨーグルトで有名な「岩泉乳業」を訪れ、従業員らを励ました。

 さらに、12月4日には熊本県民総合運動公園で小学校5、6年生を対象に野球教室を開催することも発表した。既に自身が発案した熊本の少年野球大会が開催されており、準決勝、決勝が行われるタイミングに合わせて小学5、6年生を対象に指導する。

 東日本大震災が起こった2011年、岩隈は仙台を本拠地とする楽天に所属し「1勝につき10万円」の寄付を行った。

 このブログでも何度か紹介したが、マリナーズ移籍後の12年3月には宮城県石巻市で野球教室を開催。そして14年に被災地チームとして発足した「三陸鉄道キットDreams」のGMに就任した。

 メジャーで自己最多の16勝を挙げるなど、充実したメジャーでの5シーズン目を終えた岩隈だが、多くのメジャーリーガーたちがしているように社会慈善活動にも積極的で、「野球選手だけでなく社会人として力になれたらいい」と話した。


◆記事参考
https://ja-jp.facebook.com/hisashiiwakumaofficial/
http://mainichi.jp/articles/20161120/spn/00m/050/015000c



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/11/20 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0417

ルートインBCリーグ8チームの選手名鑑を更新!  




ルートインBCリーグ8チームの選手名鑑を更新!

「独立リーグ・ドット・コム」というWebサイトで、4月11日(土)に開幕したプロ野球独立リーグ、ルートイン ベースボール・チャレンジ・リーグ(ルートインBCリーグ)の選手名鑑が2015シーズンの最新版に更新されました!  

今季、新規参入した「福島ホープス」と「武蔵ヒートベアーズ」や新入団選手の名鑑も追加されています。

元NPBの選手たちも多く在籍するBCリーグ。地域の人々から愛され、励まされ、それを誇りとしてプレーする地域密着の選手たち。そんな「ふるさとのプロ野球チーム」が今季から8球団になって、さらに盛り上がりを見せています。

野球好きには堪らない白球を追いかける直向な「汗」や「夢」があります。ルートインBCリーグも目が離せません!


各球団ごとの選手名鑑はこちら
群馬ダイヤモンドペガサス
石川ミリオンスターズ
富山サンダーバーズ
福井ミラクルエレファンツ
新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
信濃グランセローズ
福島ホープス(新球団)
武蔵ヒートベアーズ(新球団)


【独立リーグドットコム 編集部】
ドットコムTwitter ←
 ドットコムfacebook ←




ブログランキング・にほんブログ村へ 


お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/04/17 Fri. 09:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1114

日米野球GAME2 岩隈vs.金子 バファローズの新旧エース対決  





球団合併から10年、岩隈登場です!!



「2014SUZUKI 日米野球」第2戦の先発投手が、侍ジャパン金子(オリックスMLBオールスターチームは今季15勝を挙げた岩隈(マリナーズ)が登場します。

この二人、岩隈は近鉄バファローズでプロのキャリアをスタート。金子はオリックスバファローズの現エース。

近鉄とオリックスは2004年に球団合併、今年で10年を迎えた。そんな年に、いわば同じ流れをくむ投手の先発登板は感慨深いものがあります。

西本監督の頃から「近鉄」ファンでしたから。「江夏の21球」も大阪球場の急勾配のライトスタンドで観戦。「川崎劇場」もニュースステーションを仕事しながら見ていました。鈴木啓示、阿波野、野茂、そしてエースを継承したのが岩隈でした。懐かしい。

だから、本当を言えば、大阪ドーム(京セラドーム大阪)で二人が投げ合って欲しかった。

話しは変わりますが、岩隈は先日発足した岩手県宮古市の草野球チーム「三陸鉄道キットDreams」のGMに就任。帰国して被災地を精力的に訪問する姿が報道されましたね。その記事はこちら




①12日=大阪 前田健太(広島)×シューメーカー(LAA) 
②14日=東京 金子千尋(オリックス)×岩隈久志(SEA)
③15日=東京 則本昂大(楽天)×ガスリー(KC) 
④16日=東京 藤浪晋太郎(阪神)×カプアーノ(NYY) 
⑤18日=札幌 大谷翔平(日ハム)× (未定)



ブログランキング・にほんブログ村へ MLBのくわしい情報や話題は


関連記事

Posted on 2014/11/14 Fri. 15:55 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

風青し、稀代のスポーツライター山際淳司さんを偲ぶ  






時を越えてあの時の興奮を伝えてくれる読み物がある。


江夏の21球というルポが好きだった。
今でもお気に入りの作品だ。

1980年、スポーツグラフィック・マガジン
『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの
才能が際立った作品だ。

後に
《スローカーブを、も
う一球》という、珠玉の8篇を集めた本が出され、日本ノンフィクション賞を受賞している。


取材対象は、1979年11月4日
日本シリーズ第7戦、
 シーズンの掉尾を飾る最終戦だ。

その日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。
だから、このルポを目にした時は、何も考えず、条件反射的にその雑誌を手にしていた。

子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズ のファンだった。

巨人でも阪神でもない。近鉄広島というマイナーチーム同士の対戦!


ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを
《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。

山際さんのルポは、対象物との確かな距離感。入り込まず、でも、曖昧でもなく。スポーツの読み物にありがちな「汗と涙」の根性モノではない。

サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、都会的だった印象がある。

私にとっては、ノンフィクションというジャンルをさらに楽しくさせてくれた作品だった。

私が感じている限り、瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど90年代の半ば頃まで、メディアの中心にいた。

売れっ子になって、忙しかったのだろう、印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。


1995年5月29日、山際淳司さんは46歳の若さで急逝した。
ご冥福をお祈りいたします。祈り  



山際作品 
(たくさんの中のほんの一部です)

ノンフィクション

スローカーブを、もう一球 (1981年)
たった一人のオリンピック (1981年)
ナックル・ボールを風に:スポーツをめぐる14の物語 (1983年)
 エンドレス・サマー (1985年)
ルーキー:もう一つの清原和博物語 (1987年)
バットマンに栄冠を (1988年)
スタジアムで会おう (1992年)
彼らの夏、ぼくらの声 (1994年)
風たちの伝説 (1995年)

フィクション・小説

夏の終りにオフサイド (1985年) 
北北東の風、マイナス三度 (1986年)
海へ、ボブスレー (1987年)
リヴァプール・キャッツの冒険 (1989年)
ゴルファーは眠れない (1992年)
ダブルボギークラブへようこそ (1994年)




 ブログランキング・にほんブログ村へ


続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2014/05/29 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1127

野茂が米野球殿堂に日本人初ノミネート!  





野茂がアメリカ野球殿堂に日本人初ノミネート


 米野球殿堂(National Baseball Hall of Fame)は26日、2014年の殿堂入り候補者36人を発表し、米大リーグのドジャースなどで活躍した野茂英雄氏(45)が日本人選手として初めてノミネートされた。 


 殿堂入りは、原則として大リーグで10年以上プレーし、現役引退から5年経過後に資格を得る。全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上在籍する記者による投票(最大10人)で、75%以上の票を得ることが条件となる。その年に選ばれなくても5%以上の票を獲得すれば、最長で15年間、候補者として残る。 


新たに候補入りしたのは、野茂氏や通算355勝を挙げた
グレグ・マダックス氏(47)ら19人。


そうそうたるメンバーが名前を連ねているが、ブレーブスなどで活躍したマダックス氏は1992年から4年連続でサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を獲得。17年連続で15勝以上をマークするなど精密機械のような制球が持ち味だった。最優秀防御率 4回。ゴールドグラブ賞 18回。


そのほかに通算305勝の
トム・グラビン氏、通算521本塁打のフランク・トーマス氏らが含まれた。13年の選考から残った17人を合わせた36人が選考対象となる。


野茂は近鉄から1995年にドジャース入りし、この年に最多奪三振(通算では2度獲得)と新人王を獲得。その後、ノーヒットノーランを2度達成するなど、メジャー通算123勝109敗、防御率4・24、1918奪三振の成績を残して08年に引退した。


米野球殿堂入りの一つの目安は投手では300勝以上とされ、ハードルは高い。「メキシコの怪童」と呼ばれた173勝の
フェルナンド・バレンズエラ氏も入っていない。前回(今年の1月)の投票では、17年ぶりにひとりも選ばれなかった。ちなみに、その時の最多はアストロズ一筋で通算3060安打を放ったクレイグ・ビジオ氏の388票(68・2%)だった。


余談だが、前回は大リーグの禁止薬物使用の実態を調査した「ミッチェル・リポート」で名前が挙がった
バリー・ボンズ氏、ロジャー・クレメンス(通算354勝)両氏がノミネートされ投票結果が注目された。


ジャイアンツなどで通算762本塁打の大リーグ最多記録をマークしたボンズが9位の36・2%。クレメンスが8位の37・6%。両氏と同じくノミネートされ、薬物疑惑が報じられたことのある通算609本塁打の
サミー・ソーサは17位だった。


123勝の野茂は通算記録では及ばない。今回選ばれる可能性もないと思われるが、
名を連ねただけでも偉大なことであり、日本選手のパイオニアとしての功績が評価されている証左といえるだろう。結果は来年1月8日(日本時間9日)に発表される。



アメリカ野球殿堂
「野球殿堂」は殿堂博物館とその関連施設だけでなく、そこに名前を刻まれた選手、監督、コーチ、審判、そのほか野球の発展に寄与した人々の記念碑的な意味合いもある。
1936年にタイ・カッブ、ベーブ・ルース、ホーナス・ワグナー、クリスティ・マシューソン、ウォルター・ジョンソンの5人が初の殿堂入り選手に選ばれてから、2013年度の表彰が終わった時点で72人の投手、165人の野手、20人の監督、10人の審判員、33人の野球発展貢献者の合計300人が殿堂に名前を刻んでいる。






←ポチッとお願いします。

関連記事

Posted on 2013/11/27 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0818

NPBとMLBで活躍!チャーリー・マニエル監督を解雇。「赤鬼」近鉄バッファローズの主砲  



 お疲れ!チャーリー


日本でもスポーツ紙や数々のサイトで取り上げられました
フィリーズ監督チャーリー・マニエルさん(69)解雇の記事。

NPBでも活躍した外国人プレーヤーの代名詞みたいな人です。
近鉄ファンだった私にとっても忘れる事のできない野球人です。
広岡ヤクルトから西本近鉄へ。セ・パで打ちまくりました。


ヤクルト時代
1977年、打率.316、42本塁打、97打点
1978年は、打率.312、39本塁打、103打点


ヤクルトを悲願の初優勝に導きました。
マニエル、大杉勝男、若松勉。
おそらく球団史上最強のクリーンアップではないでしょうか。

でも広岡野球と合わなかったのか、
ラッキーな事に近鉄に来てくれました。

西本監督は「攻めダルマ」ですから、マニエルさんは
のびのびプレーできたと思います。

 

近鉄1年目の1979年6月。

ロッテの八木沢投手にぶつけられたアゴの複雑骨折事故。
私は高校生でしたが、近鉄ファンのおっちゃん達は、
みんな怒ってました。

マイナーリーグ時代もアゴに死球を受けて骨折したことが
あったため、手術は困難を極め、実に5時間半に及んだという。
病院の周りは心配した近鉄ファンでいっぱいになりました。

「近鉄も、西本監督も、私を必要としているのだ」

病院や知人が止めるのをそう振り切ってグラウンドに戻って
きました。

6月9日に被弾して8月4日にカムバック。


 

あの有名なヘルメットのフェイスガードもインパクト大でした。


浪花節的な男なんですよ。おそらく。

シーズン97試合出場ながら打率.324、37本塁打、
94打点を残したマニエルさんは、シーズンMVPに選ばれる。

あの忘れもしない「江夏の21球」のシーズンです。
近鉄をリーグ初優勝に導いてくれました。


 
  

その後のメジャーでの経歴は、
数々のブログで紹介されているとおりです。


フィリーズ在籍期間がもっとも長いロリンズ遊撃手によると、
マニエル監督が持ち込んだルールは「たった2つだけ」だという。


「時間厳守とハッスルすること」

「楽しむということと、ふざけることの境界線だけ
しっかり引いておけばいいのさ」



フィリーズをMLBで常勝チームにした人ですが、
「名将」というより
私の中では「闘将」というイメージです



最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。



関連記事

Posted on 2013/08/18 Sun. 22:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0811

トルネードで野茂が始球式。「仲間のために道を開拓した人」ドジャース  




開拓者を称え始球式に登場!  



現地8月10日、日本の野球選手にメジャーへの扉を開いた野茂英雄氏が、ドジャースタジアムで始球式を行った。

いまMLBでは多くの日本人プレーヤーが在籍しているが、そうした野球選手のために“BLAZED THE TRAIL ”「開拓者」とドジャースの公式サイトは伝えている。


野茂は口下手だから、メディアにあまり登場しない。
だから、ニュースで彼の顔を見て懐かしかった。まだ44歳らしい。トルネードにワクワクしたのが遠い昔のようだ。



大阪生まれで大阪育ち、阪神ファンでもない南海でもない弱小球団『近鉄バッファローズ』のファンだった。

4番土井正博の時代、それから西本さんが阪急から監督に。仰木監督時代も好きだった。そして野茂がエースだった時代

今は更地になったが日生球場やホームだった藤井寺にはひとりでも応援に行った。

息子たちは大阪ドームに仲間のチームメイトと通っていたが、なんせ大阪球場のライトスタンドであの有名な 『江夏の21球』を目撃しましたから。

背番号「11」。といえば僕の中では永遠に野茂英雄さん、あなたです。


 

【NPB】
 5年 139試合 78勝 46敗  1204K
【MLB】 12年 323試合 123勝 109敗 1918K
【日米通算】 201勝155敗1S 3122K


【主なMLBタイトル】
最多奪三振2回 (1995・2001)
新人王 (1995)
オールスター先発 (1995)
AL/NLの両リーグでノーヒットノーラン(1996・2001)






ランキングに参加してます。お手数かけますが、
クリックして応援、お願い致します。





関連記事

Posted on 2013/08/11 Sun. 11:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0308

「江夏の21球」と山際淳司さん  


   
「江夏の21球」
というルポが好きだった。
今でもお気に入りの作品だ。



1980年、スポーツグラフィック・マガジン
『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの才能が際立った作品だ。



後に
《スローカーブを、もう一球》という、氏の作品8篇を集めた本が出され、日本ノンフィクション賞を受賞している。



1979年11月4日。日本シリーズ第7戦
シーズンの掉尾を飾る最終戦。



その日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。だから、このルポを目にした時は、何も考えず、条件反射的にその雑誌を手にしていた。そこにいたから。



子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズ のファンだったから当然の事だろう。



10代後半だった。当時、仲間内で流行っていた願掛けの一種《お願いタバコ》をして、祈るような心境で、その場にいた。


巨人でも阪神でもない。
近鉄広島というマイナーチーム同士の対戦!



近鉄ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを
《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。



対象物との確かな距離感。入り込まず、でも、曖昧でもなく。スポーツの読み物にありがちな汗と涙の根性モノではない。



サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、都会的だった印象がある。



私にとっては、ノンフィクションというジャンルをさらに楽しくさせてくれた作品だった。



山際さんは、私が感じている限り、瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど90年代の半ば頃まで、メディアの中心にいた。



売れっ子になって、忙しかったのだろう、印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。その後、レベルこそ違い同じような仕事をしていたが、凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。



山際淳司さんが46歳の若さで世を去り、すでに17年が過ぎた。あの時から34年目の春が来ようとしている。 


 


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2013/03/08 Fri. 19:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド