メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0925

韓国のA・ロッドも膝のMCL断裂、実は岩村明憲の時と同じ選手だった  

 

これからもアジア出身の内野手は、脚を刈られ続けるのだろうか―。ちょっとショッキングな書き出しで始まったアメリカ在住のスポーツライター、ナガオ勝司氏のコラムが興味深かった。

パイレーツの姜正浩(カン・ジョンホ)内野手が現地9月16日のカブス戦で、シーズンエンドとなる大怪我をした。「内側側幅靭帯断裂(MCL)」と「脛骨の骨折」と報じられいる。

姜正浩(28)といえば、“韓国のA・ロッド”と呼ばれた大型遊撃手で、今シーズンよりメジャーリーグへ挑戦。総額1100万ドル(約13億2000万円)の4年契約でパイレーツに入団。

アジア系内野手ということで厳しい見方も多かった中、1年目から126試合に出場して打率.287、15本塁打、58打点をマークしていた。クリーンアップを打つことの多かった姜の離脱は、ポストシーズンを戦うパイレーツにとって大きな痛手となるだろう。

試合後、姜にスライディングしたコグランの元に取材陣が集まる。

「怪我させようとしてプレーしたわけじゃない。こんなことが起こるのは俺だって嫌だよ」。

コグランはマーリンズでプレーしていた2009年、当時レイズにいた岩村明憲二塁手(現独立BCリーグ福島の選手兼監督)にも、“併殺崩れ”のスライディングで前十字靭帯(ACL)の部分断裂を負わせた。

当時はルーキーで、「もう二度とだれかを負傷させたくはない。岩村の無事を祈っている」とインタビューに答えた後、レイズのクラブハウスまで足を運んで岩村に謝罪に行ったという話も残っていた。

メジャーリーグの激しいスライディングには、日本人選手も苦しめられてきた。09年の岩村明憲に続いて、11年には当時ツインズに所属していた西岡剛(現阪神)が併殺崩しのスライディングをモロに食らって、左足腓骨を骨折している。

「ダーティーなプレーじゃない。(コグランのスライディングは)いいベースボール・プレーだった」コグラン選手の所属するカブスのジョー・マドン監督の試合後のコメントだ。皮肉なことに、当時、岩村の所属したレイズ監督はジョー・マドンである。

姜自身も同じように感じたのかも知れない。怪我した直後に彼が出した声明文にはこうある。

「コグランはそうすべきプレーをした。(自分に)害を及ぼそうとしたわけじゃないだろう」。

これに対して、ESPNのバスター・オルニーのように「本塁上の接触プレーが禁止されたなら、他の塁上もそうすべきではないか?」と書いた記者もいる。個人的にはこの意見に賛同したい。観客が、迫力あるコンタクトプレーを見たいならアメリカンフットボールやラグビーを見ればいい。

しかし、当たり前の話だが、“併殺崩し”のスライディングを浴びてるのは、日本や韓国出身の内野手だけではない。ダスティン・ペドロイア(レッドソックス)やロビンソン・カノー(マリナーズ)といったメジャー代表する内野手も激しいスライディングで地面に転がされている。

それでも彼らが大怪我をしないのは、それを未然に防ぐ術を知っているからだろう。

ナガオ氏がコラムで書いた“併殺崩し”のスライディングが来ると知っていること。それが来た時にどう動くのかを知っておくこと。自分の身を守るため、時には併殺を諦めること。それらはメジャーリーグでアジア出身の内野手が―文字通り―生き残るには、打撃技術や体力以上に必要不可欠なことなのかも知れない。


記事参考
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015092115405401.html


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2015/09/25 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0412

【BCリーグ】元ロッテ56歳フランコや岩村明憲などが監督で話題豊富!  


プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ(Baseball Challenge League)の石川ミリオンスターズは公式サイトで今季の新監督に元ロッテの内野手、フリオ・フランコ(56)が就任すると発表しました。選手兼任ということは日本のプロ野球史上最高齢のプレーヤー誕生となります。

今季のBCリーグは話題が豊富です。

ヤクルトやメジャーのタンパベイ・レイズで活躍、日米通算1585安打をマークした岩村明憲が、今季からBCリーグに参入する福島ホープスの選手兼任監督に就任。

福島ホープスは、岩村以外にも、今季までヤクルトで一緒にプレーした真田裕貴が投手兼任コーチ、日本ハムを戦力外になった村田和哉も選手兼任コーチとして福島に加わる。

さらにDeNAから戦力外通告を受けた伊藤拓郎が群馬ダイヤモンドペガサスに入団するなど、昨シーズンまでNPBでプレーした7選手が今季、BCリーグに活躍の舞台を移します。


◆昨季までNPBでプレーし、2015年からBCリーグでプレーする選手


●群馬ダイヤモンドペガサス

  • 伊藤拓郎(前DeNA / 投手)
  • 八木健史(前ソフトバンク / 捕手)

●福島ホープス

  • 岩村明憲(前ヤクルト/ 内野手)*選手兼任監督
  • 真田裕貴(前ヤクルト / 投手)*選手兼任投手コーチ
  • 村田和哉(前日本ハム / 外野手)*選手兼任打撃コーチ

●新潟アルビレックス

  • 雨宮敬(前巨人 / 投手)

●信濃グランセローズ

  • 高橋信二(前オリックス / 内野手)*選手兼任総合コーチ


BCリーグ公式サイト





にほんブログ村 野球ブログへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると励みになります。


関連記事

Posted on 2015/04/12 Sun. 15:58 [edit]

CM: 0
TB: --
   

0308

野球で復興後押し 三陸鉄道ドリームスが福島ホープスと友情対決!  



仙台市の屋内施設シェルコム仙台で7日、岩手県の三陸鉄道などが設立し、メジャーリーガー岩隈久志がGMをつとめる草野球チーム「三陸鉄道キットDreams」とプロ野球の独立リーグ・BCリーグに今季から参入する県内初のプロ野球球団「福島ホープス」が親善試合を行い選手たちが親睦を深めた。

三鉄キットDreamsは、日本一の草野球チームを目指し、被災地を勇気づけるため昨年発足した。

GM(ゼネラル・マネジャー)を務めるシアトルマリナーズの岩隈久志選手がかねてから親交があるホープスの岩村明憲選手兼監督に呼び掛け、「友情対決」が実現した。

試合は軟式球を使用し、5回90分制で行われた。地元の野球ファンら約200人が観戦。

この試合には、元格闘家で被災地支援の活動を続けている高田延彦氏が特別ゲストとして登場。始球式を行い両チームにエールを送った。

BCリーグの福島ホープスは4月11日、郡山市の開成山野球場で記念すべき開幕戦を迎える。福島民報マッチデーとして、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブと対戦する。

三鉄キットDreamsは、3月から5月にかけて草野球日本一をきめる大会「キット、ずっと杯」に参戦する。


20141010_A1-940x230.gif


●福島ホープス
http://fukushima-hopes.com/
●三陸鉄道キットDreams
http://nestle.jp/brand/kit/kittozutto/
●「キット、ずっと杯(カップ)」は↓
http://nestle.jp/brand/kit/kittozutto/schedule/



関連記事

Posted on 2015/03/08 Sun. 15:40 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0227

岩村vs岩隈「友情対決」 三鉄キットが福島ホープスと対戦   




野球を通じて復興
キット、夢かなう。――三鉄がホープスの胸を借りる


メジャーリーグ、シアトル・マリナーズの岩隈久志がGMを務め、昨年11月に誕生した地域密着型の草野球チーム「三陸鉄道キットDreams」が26日、初の対外試合を3月7日に仙台市で行うと発表しました。


対戦相手は、福島初の独立リーグチームとして4月からプロ野球BCリーグに加入する「福島ホープス」。岩隈GMにとって楽天時代の先輩で、メジャーリーグでも活躍した岩村明憲が選手兼任監督として率いるチーム。





岩隈GMがチームの強化策の一つとして対戦を計画し、
先輩・岩村監督に依頼した友情対決


野球を通じた復興支援という共通した思いがあり、夢(Dream)と希望(Hope)をチーム名とする両チームの対戦が実現することになった。といってもプロ野球独立リーグBCリーグの福島が、軟式ボールで草野球の三鉄では練習相手にはならない。あくまでも三鉄が胸を借りる対戦になる。

会場は仙台市泉区の屋内施設「シェルコムせんだい」で雨天決行。

午後6時半に開会セレモニー、同7時試合開始予定。軟式ボールを使用し、5回90分制で行うとしている。試合の様子は4月上旬に「ニコニコ動画」で放送予定らしい。

福島にとっては、草野球チームに胸を貸す対戦だが、「三陸鉄道キットDreams」にとっては草野球日本一を決める「キット、ずっと杯」の前哨戦でもある大切な試合。目標の“日本一”めざして、実りある試合にして欲しいですね。


「三陸鉄道キットDreams」

福島県民の「笑顔」と「元気」のために「福島ホープス」

BCリーグ公式Webサイト


20141010_A1-940x230.gif






にほんブログ村 野球ブログへ
関連記事

Posted on 2015/02/27 Fri. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0130

「キット、ずっと杯」草野球日本一は!?参加チーム募集中   



マリナーズ岩隈がGMの
三陸鉄道
キットDreamsも参戦


以前にも紹介しましたが、ネスレ日本株式会社は、草野球チームの日本一を決める『キット、ずっと杯(かっぷ)』の開催を発表しています。



この大会には岩手の三陸鉄道とネスレ日本が設立し、前楽天のマリナーズ岩隈久志がGMを務める“三陸鉄道キットDreams”も参戦することが決まっています。

本大会では、全国を北日本・東日本・中日本・西日本の4地区に分け、各地区大会を2015年3月より順次開催。

軟式球を使用し、各地区を勝ち抜いた4チームによるトーナメント方式の決勝大会が5月に東京都内で行われます。三陸鉄道キットDreamsも、4月開催予定の北日本大会の1回戦から出場する予定。

なお、この大会には一般チームの参加も可能で、1月9日(金)から公式HPで募集が始まっています。



「キット、ずっと杯(かっぷ)の概要


【大会日程/試合形式/開催場所(予定)】

<地区大会>

7回70分制、同点の場合はサドンデス(1回)方式で決定。

3月 西日本地区大会(大阪府近郊)1回戦・2回戦、決勝戦

3月 中日本地区大会(愛知県近郊)1回戦・2回戦、決勝戦

3月 東日本地区大会(東京都近郊)1回戦・2回戦、決勝戦

4月 北日本地区大会(宮城県近郊)1回戦・2回戦、決勝戦

※参加チーム数によって試合形式・回数が変動する場合あり


<決勝大会>
7回120分制、同点の場合はサドンデス(1回)方式で決定。

5月上旬 地区大会代表4チームによる

トーナメント方式で優勝チームが決定。


【募集期間】

1月9日(金)~2月20日(金)
※出場決定チームには運営事務局より2月28日(土)までに連絡。

【応募方法】

公式HPの
ネスレ日本「キット、ずっとプロジェクト」HP内
「キット、ずっと杯」応募フォームに必要事項を入力の上、応募する。

大会公式HP
http://nestle.jp/brand/kit/kittozutto
←


にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら
1クリック応援して下さると励みになります。




関連記事

Posted on 2015/01/30 Fri. 12:35 [edit]

CM: 0
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド