メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0827

京大アメフト部“社団法人”化でチーム強化目指す!  




学生日本一「甲子園ボウル」を4度制した実績を持つ京都大アメリカンフットボール部が一般社団法人を設立することが、22日までに分かった。

京都新聞が報じたところによれば「国立大学法人京都大学」が法人に加わり、地域貢献や競技普及などの事業展開に協力する。

経理・財務状況を明確にし、企業などから協賛を受けやすくする狙いもある。大学の運動部が大学側と連携して一般社団法人を設立するのは国内で初めてとみられる。

京大アメフト 

法人名は「一般社団法人京都大学アメリカンフットボールクラブ」。OB会長や京大教授ら4人の理事を置き、代表理事にはOBでチームのゼネラルマネジャーを務める三輪誠司氏(51)が就任する。

同部は近年、自校グラウンドで子供向け教室や有料試合を催すなど、活動の幅を広げている。観客席や観戦用ビジョンを設置するなど施設整備も進めており、長期的視野で財源の安定を図ることにした。法人化によって組織としての信用度を高め、企業などスポンサーを増やしたいという。

京大経営管理大学院が法人の運営をサポートするほか、学生がインターンシップで運営スタッフに加わる計画もある。試合の効果的な集客に向けマーケティングなども行う。

京大体育会所属の運動部という位置付けは変わらない。指導者を法人が雇用しチームに派遣する形になる。人事や事業内容は大学側も加わる法人が厳格にチェックするという。

共同通信によれば「財源確保でチーム強化」が狙いという事で、これまでは部が任意団体で企業との契約が結びづらかったため、年間約3千万~4千万円の寄付金を主にOB会や父母会などから受け取っていたという。

京大アメフト部は1996年を最後に学生リーグ日本一から遠ざかっている。

※あの伝説の関京戦、「雨の日生球場」はテレビで見ました。初めてリーグを制した試合も小さなスタジアムで目撃しました。初の甲子園ボウルはボロ負け。でも、次の年には勝って初の学生日本一に輝いたギャングスターズ。

強化が目的だけではないと思います。いろんな出来事があって、それを乗り越え復活を期して新たな挑戦です。



Gangstersの歴史


記事引用
http://this.kiji.is/141866850941288450
http://this.kiji.is/141890747657109510



ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2016/08/27 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0719

【アメフト世界選手権】 日本代表は準優勝 決勝&閉会式動画  



第5回IFAFアメリカンフットボール世界選手権


決勝 JAPAN 12 − 59 USA

第5回世界選手権最終日は7月18日(日本時間19日)、米オハイオ州カントンのトム・ベンソン・スタジアムで決勝を行い、日本(世界ランキング3位)は米国(同1位)に12―59で敗れ準優勝でした。米国は、初めて出場した2007年大会から3連覇を達成しています。



アメリカ代表は第1クオーター3分18秒、日本のQB加藤翔平(LIXIL)のパスをインターセプトしたLBデービッド・ガスリーが、75ヤードのリターンTD。

強力ディフェンスの先制 “ピック6” でモメンタムを完全に引き寄せた。アメリカ代表は、DLが日本代表OL陣を翻弄。守備陣だけで4TDを挙げました。

日本代表は、第2クオーター9分4秒に、QB加藤からWR宜本潤平(富士通)に25ヤードのTDパスが決まり、この試合初得点。

第3クオーター4分31秒には、DL冨田祥太(オービック)が相手のファンブルしたボールをエンドゾーンで押さえてTDを挙げた。

しかし、途中負傷退場した加藤に代わったQB高田鉄男(パナソニック)が、激しいラッシュに遭いボールをファンブルするなど、攻撃のミスがことごとく失点につながりました。

大会の最優秀選手は、アメリカ代表のWRトレント・スティールマン。日本代表からはWR栗原嵩(IBM)、OL勝山晃(富士通)、DB砂川敬三郎(オービック)の3人が大会のベストメンバーに選出されました。









ブログランキング・にほんブログ村へ







関連記事

Posted on 2015/07/19 Sun. 21:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0713

がんばれアメフト日本代表!世界選手権 TV・インターネット中継決定  



熱きフットボール戦士にエールを送ろう

第5回アメリカンフットボール世界選手権



7/9(木)~18(土)[現地]に米オハイオ州で開催される世界選手権全12試合がTV・インターネットでライブ中継されることが発表されました。

【日本代表試合日程】 7/7(火)出発、7/20(月祝)帰国

※カナダの出場辞退により、日本は4位以内が確定しています。
※日本時間-13時間=オハイオ州時間(サマータイム)


●初戦
現地7/12(日)19:00[日本時間13(月)8:00]
vs.【現地9(木)19:00[日本時間10(金)8:00]アメリカ×メキシコ】の勝者

●準決勝
初戦で勝った場合:現地15(水)19:00[日本時間16(木)8:00]
vs.グループB 2勝チーム
(オーストラリア、韓国、フランス、ブラジルのいずれか)

初戦で負けた場合 :現地15(水)15:30[日本時間16(木)4:30]
vs.【現地9(木)アメリカ×メキシコ】の敗者

●決勝、3 位決定戦
3位決定戦:現地18(土)15:30[日本時間19(日)4:30]
決勝:現地18(土)19:00[日本時間19(日)8:00]


こちらでストリーミング中継が観られます。
http://www.bigtimesportsohio.com/ifaf-live-stream

大会公式サイト(英語)WATCH LIVE
日本アメリカンフットボール協会
第5回アメリカンフットボール世界選手権中継のお知らせ

参考:
http://www.seagulls.jp/news/2015/07/post_170.html





ブログランキング・にほんブログ村へ


お手数ですが、ポチっとお願いします。←



関連記事

Posted on 2015/07/13 Mon. 09:01 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0317

日米決戦! 名門対決!! プリンストン大@関西学院大 【学生アメフト】  

 


14年ぶりの戦!
 創立125周年記念「LEGACY BOWL」 


3.21.2015 Kickoff!!


日本のアメリカンフットボール界を牽引してきた関西学院大学アメリカンフットボール部ファイターズが、同校創立125周年記念として米国の名門プリンストン大学タイガース(NCAA Div.1AA FCS)を招いた日米大学交流戦「LEGACY BOWL」を、3月21日に大阪市内のキンチョウスタジアム(長居球技場)で開催します。 



本場アメリカでは、プリンストン大が創部した1869年の同校対ラトガース大学とのゲームが、アメリカンフットボールの最初のゲームとされています。

プリンストン大はNCAAの1部AAというカテゴリーのアイビーリーグに所属し、今季は8チーム中4位の成績。



一方、関学ファイターズも日本学生選手権「甲子園ボウル」で4連覇中、最多27回の優勝を誇り伝統校同士の交流戦ということで、大会名は「レガシーボウル」と命名されました。 



両校は、2001年3月にも関学創立111周年記念として交流戦を開催しており、その時は、終盤に関学が逆転しながら試合終了直前にFGを決められ、大接戦の末に25-27で敗れました。関学にとってはリベンジマッチになります。

会見でプリンストン大のマット・アレンダ主将は「本場のスピードとフィジカルを生かしたプレーを見せる」と自信満々。関学大の橋本亮主将は「体格差はあるが、基本の動きを突き詰めて俊敏性などで勝ちに行く」と意気込み、両校ともプライドをかけた激突が21日に見られそうですね。




関西学院創立125周年記念試合

プリンストン大学TIGERS 対 関西学院大学FIGHTERS
❑日程:2015年3月21日(土・祝) 13:00キックオフ(予定)
❑場所:キンチョウスタジアム(大阪市長居球技場)

 ※アイビーリーグ(Ivy League)
NCAA(全米大学体育協会)Div.1AAに所属。所属する大学(ブラウン、コロンビア、コーネル、ダートマス、ハーバード、プリンストン、ペンシルバニア、イェール)は世界トップクラスの学力水準を保有し、スポーツ能力に応じた入学や奨学金支給を一切行わない協定を結んで運営されています。


関学ファイターズ オフィシャルWebサイト
KG125 Legacy Bowl ←twitter






ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2015/03/17 Tue. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0209

3/21日米大学交流戦「レガシーボウル」 学生王者関学がプリンストン大と激突!  

 



14年ぶりの再戦!
創立125周年記念「LEGACY BOWL」



日本のアメリカンフットボール界を長く牽引してきた関西学院大学アメリカンフットボール部ファイターズは、関西学院創立125周年記念として米国のアイビーリーグの名門プリンストン大学タイガース(NCAA Div.1AA FCS)を招いた日米大学交流戦「LEGACY BOWL」を、3月21日に大阪市のキンチョウスタジアム(長居球技場)で開催します。 


両校は、2001年3月にも関学創立111周年記念としてプリンストン大学との交流戦を開催しており、その時は、終盤に関学が逆転しながら試合終了直前にFGを決められ、大接戦の末に25-27で敗れました。


プリンストン大学はアイビーリーグに所属し、今季は8チーム中4位の成績。創部した1869年のラトガース大学との試合が、米国での最初のゲームとされているアメリカンフットボールの発祥校。


一方、関学ファイターズも日本学生選手権「甲子園ボウル」最多27回の優勝を誇り伝統校同士の交流戦ということで、大会名は「レガシーボウル」と命名された。 


発表に臨んだ関学大・小野宏ディレクターは「米国にどれだけ通用するか挑戦したい。日本のフットボール界の発展に寄与するものにしたい」と意気込んだ。




関西学院創立125周年記念試合

プリンストン大学TIGERS 対 関西学院大学FIGHTERS
❑日程:2015年3月21日(土・祝) 13:00キックオフ(予定)
❑場所:キンチョウスタジアム(大阪市長居球技場)

 ※アイビーリーグ(Ivy League)
NCAA(全米大学体育協会)Div.1AAに所属。所属する大学(ブラウン、コロンビア、コーネル、ダートマス、ハーバード、プリンストン、ペンシルバニア、イェール)は世界トップクラスの学力水準を保有し、スポーツ能力に応じた入学や奨学金支給を一切行わない協定を結んで運営されています。


関学ファイターズ オフィシャルWebサイト



記事参考:日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20150103-1417007.html





ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2015/02/09 Mon. 09:13 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1214

2015「甲子園ボウル」 関学vs.日大でキックオフ!  




今でもそうかもしれませんが、日本のアメリカンフットボールは、カレッジが支えていました。

とくに関西では人気が高く、大学日本一を決めるチャンピオンシップが関西の甲子園球場で開催されてきたこともあって関西学院大の故・武田健教授(元学長さん)率いるファイターズが、レジェンドであり日本の“ロンバルディ” 篠竹監督の日本大学フェニックスと雌雄を決する東西対決は、アメフト界の関が原ともいうべき一大スポーツイベントで、関西では冬の風物詩でした。


の伝統の対決」その歴史は

「甲子園ボウル」69回の歴史の中で、日大は2年連続33回目、関学大は4年連続49回目の出場。
両校の対決は昨年に続き2年連続で大会最多の28回目の対戦となる。この両校が日本におけるアメリカンフットボールの歴史を築き、東と西で牽引してきました。

過去の対戦成績は日大の16勝9敗2分。最近の両者の対戦は、07年、11年、13年と日大が苦杯をなめているだけに4連敗は避けたいところ。
日大は1990年以来となる24年ぶり21回目、関学大は73~77年の5連覇以来となる4年連続27回目の学生日本一を狙う。


今年の勝負の見どころは

昨年は、リーグ戦で強敵立命館を完封した関学守備陣がゲームを終始コントロールしていました。日本代表にも選ばれたハードタックラーLB池田の負傷欠場に危機感を感じたのか、主将のDL池永を中心に日大攻撃陣にプレッシャーをかけ続けた。しかし、彼らが卒業した今季はどうなるのか。

関学守備陣の要LB小野が西日本代表決定戦で負傷したことで、プロバブルな状態なら出場できますが、本来のパフォーマンスが発揮できるかが、鍵を握りそうです。

逆に昨年、関学の攻撃をゴール前1ヤードでハネ返した日大の大型DLラインは今季も健在。主将のDL宮田を中心に平均110キロをラクに超える超大型ラインと関学OLラインとの激突は間近で見てみたい。

昨年MVPのQB斎藤がプレッシャーを受けながらパスをWR陣にデリバリーできるかも注目です。



歴史を刻んだカレッジ頂上決戦「パナソニック杯第69回甲子園ボウル」は12月14日、午後1時5分キックオフです。


1970年以降の甲子園ボウル
251970年12月13日 日本大6-34関学大
261971年12月12日 日本大28-22関学大
271972年12月10日 法政大34-20関学大
281973年12月9日 日本大7-24関学大
291974年12月8日 日本大20-28関学大
301975年12月14日 明治大7-56関学大
311976年12月12日 明治大22-29関学大
321977年12月11日 日本大20-51関学大
331978年12月10日 日本大63-7関学大
341979年12月9日 日本大48-0関学大
351980年12月13日 日本大42-7関学大
361981年12月13日 日本大42-31関学大
371982年12月12日日本大65-28京都大
381983年12月11日日本大14-30京都大
391984年12月9日日本大42-42関学大史上3回目の両校優勝
(ライスボウルへは日本大が出場)
401985年12月8日明治大46-48関学大
411986年12月14日日本大28-49京都大
421987年12月13日日本大17-41京都大
431988年12月11日日本大35-28関学大
441989年12月17日日本大45-14関学大
451990年12月16日日本大34-7京都大
461991年12月15日専修大20-25関学大
471992年12月13日法政大7-17京都大
481993年12月19日日体大10-35関学大
491994年12月18日法政大22-24立命館大
501995年12月17日法政大17-24京都大
511996年12月15日法政大21-28京都大
521997年12月20日法政大21-21関学大史上4回目の両校優勝
(ライスボウルへは法政大が出場)
531998年12月19日法政大17-25立命館大
541999年12月19日法政大13-52関学大
552000年12月17日法政大28-21関学大
562001年12月16日法政大6-24関学大
572002年12月15日早稲田大14-51立命館大
582003年12月21日法政大6-61立命館大
592004年12月19日法政大17-38立命館大
602005年12月18日法政大17-14立命館大
612006年12月17日法政大45-43関学大
622007年12月16日日本大38-41関学大甲子園の改修のため
長居陸上競技場
「毎日甲子園ボウル in Nagai」
として開催
632008年12月21日法政大8-19立命館大同上
642009年12月13日法政大38-50関西大「全日本大学アメリカン
フットボール選手権大会」
の決勝戦へ移行
652010年12月19日早稲田大21-48立命館大
662011年12月18日日本大3-24関学大
672012年12月16日法政大17-20関学大
682013年12月15日日本大9-23関学大
通算成績:関東/東日本代表校27勝、関西/西日本代表校37勝、4引き分け



関連記事

Posted on 2014/12/14 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1207

アメフト京大が2部降格の危機!きょう入れ替え戦  




しかも、あの闘将水野氏率いるチームと対戦!  


関西学生アメリカンフットボールリーグの1、2部入れ替え戦が7日、神戸市王子スタジアムで行われ、京大(1部7位)追手門学院大(2部A1位)が対戦します。

あの強かった京大ギャングスターズがまさかの入れ替え戦。多くのメディアがとりあげた事でもわかるように日本のフットボール界にも衝撃的なニュースです。

今では、社会人リーグが充実してきましたが、長い間、日本ではマイナースポーツのアメリカンフットボールは、カレッジが支えていました。

とくに関西では人気が高く、関西学院大の故・武田健さん率いるファイターズが東京のチームを撃破する大学日本一をきめる「甲子園ボウル」は、冬の風物詩でした。

その私立の王者関学に挑んだチームが、スポーツ推薦もない国立大ながら奮闘する京大ギャングスターズでした。

東大と並ぶ最高学府でありながら日本一を目指すチームがあるということで関西のフットボール人気に火をつけたのが京大でした。

伝説の「雨の日生球場」はテレビ初中継が行われたほどで「大学行ってアメフトやりたい」という人も多かったと思います。私もその一人でした。

1982年、あの初の単独優勝を決めた全勝対決「関京戦」は、私も2部リーグでプレーする現役の選手でしたが、チームの皆で応援に行きました。京大RB松田さんが全盛期で、松田さんに走路を開けていたFBの藤田さんが不慮の事故で亡くなられて、その為かスタンド全体が京大を応援していました。

その後、QB大社さんが率いて日本一になり、QB東海の時代には、黄金期を迎えました。そんなチームが、入れ替え戦に臨みます。

しかも、相手は、その京大黄金期を作った闘将・水野弥一さん率いる追手門学院大。1977年を最後に1部から遠ざかっている追手門学院大は今春、水野氏を総監督に招聘してチームを立て直しました。

京大を6度大学日本一導いた手腕でチームを強化。2部リーグを制し、入れ替え戦出場にこぎつけた。聞いたところによると半分以上の練習時間を基本のタックル練習に費やしたとか。「守備を中心に」基本を徹底して叩き込むスタイルです。

わかる気がします。アメフトは、やっぱりディフェンスが面白い。いいタックルは一生涯忘れません。自分の成功体験としても心に強く残る。自信につながる。

この一戦「因縁の師弟対決」は11時からキックオフです。




しかし、京大ギャングスターズを見てもわかるように4年で選手が卒業するカレッジでは、長くチームのレベルをキープするのは至難の技といえます。母体である大学側のスポーツ活動(部活)への理解や支援、OB組織の充実などが単純に考えても必要です。

アメリカでは、スポーツの一大ブランド「ナイキ」の創業者フィル・ナイトが出身校のオレゴン大学に多額の寄付をしています。寄付には税金面で軽減措置がとられることもありOB達が後輩のチームを支えるという風土が出来上がっています。

日本でも一歩進んだ包括的なスポーツ振興策を進めて欲しいものです。「スポーツ庁」の創設もそのひとつかもしれませんが、役所をひとつ増やし、予算の分配をするだけなら意味がありません。民間の力を前面に出して制度面の見直しなどで行政が後押しする。当たり前のことですね。

すべてのスポーツは、する人、応援する人の“活力”につながる。そう思いますが、どうですか!?




↑お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/07 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1215

甲子園ボウル関学が攻守に圧倒!3連覇でライスボウルへ  




 国内4大ボウルのひとつ、全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」は15日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、西日本代表の関西学院大学ファイターズが、23対9で東日本代表の日本大学フェニックスを下し、3シーズン連続26度目の学生日本一に輝いた。


これで関学は明年1月3日、東京ドームで開催されるアメリカンフットボール日本選手権『プルデンシャル生命杯第67回ライスボウル』への出場権を獲得した。


 昨日も紹介したが、《青と赤の伝統の一戦》。過去の対戦成績は日大の16勝8敗2分。甲子園ボウル68回の歴史の中で、27回目の対戦。この両校が日本におけるアメリカンフットボールの歴史を築き、東と西で日本のアメリカンフットボール界を牽引してきたといっても過言ではない。





 ゲームのスタッツや詳細は、NFL JAPAN公式サイトや専門誌「タッチダウン」などを参考にして頂きたいが、関学が攻守ともにゲームをコントロールしている印象を受けた。

特に、日本代表クラスのハードタックラーLB池田雄紀(4年副将)を故障で欠く関学ディフェンス陣が、主将のDL池永健人を中心にまとまり、関西リーグの最終戦で、強豪立命館を零封した底力を随所に見せていた。





 レシーブを選択した日大のファーストシリーズ。ダブルチームを割って入ったDL池永が、いきなりQBサックを炸裂。ブラインドサイドからの強烈なエッジラッシュには、見ているこちらも驚いたぐらいだから日大の1年生QB高橋遼平も度肝を抜かれたに違いない。パッシングアタックが身上のフェニックス攻撃陣の微妙なタイミングを狂わすには効果的なメッセージだった。


 日大のデフェンス陣も学生界屈指の大型DL陣が、KG攻撃陣の猛攻をゴール前1ヤードで弾き返すなど、ゲームはチャンピオンシップならではの気迫の感じられる名勝負だった。


 選手権のMVPには、2TDを決めるなどパス35回中25回成功、279ヤードの活躍でチームを勝利に導いた関学のQB斎藤圭が選出された。


ブログランキング・にほんブログ村へ

お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2013/12/15 Sun. 19:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1214

甲子園ボウル《日大vs.関学》いよいよ明日決戦!  



 国内カレッジフットボールの最高峰。パナソニック杯毎日『甲子園ボウル』がいよいよ明日キックオフ――。

今季は、東西の名門対決、
日本大学(フェニックス)関西学院大学(KGファイターズ)が学生日本一をかけて雌雄を決する。

何度も見た《青と赤の対決》だ。

 
甲子園ボウルは、関西のスポーツシーンの中で冬の風物詩にもなっている。東京に住んでみて感じることだが、東のチームにとっては《完全アウェイ》。日本一が関西の地で決まる、しかも、プロ野球・阪神タイガースのホームであり、高校野球の聖地《甲子園》。不思議な感じがする。


 甲子園ボウルの思い出は、
京大ギャングスターズが初出場した時。大学は違うが、同じ現役プレイヤーとして、ある意味羨望のまなざしで観戦した。関西ではその前の《関京戦》から盛り上がっていた、関学1強時代が終焉を告げた時代だった。関学には練習試合で完膚なきままに叩かれていたので、京大側に陣取って応援したのを覚えている。たしか、2年続けて出場した。

歴史を紹介するつもりは無いので、そのことは、ここまでにするが、いずれにしても明日のキックオフが楽しみだ。

 68回の歴史の中で、日大は
2年ぶり32回目、関学大は3年連続48回目の出場。両校の対決は2年ぶりで大会最多の27回目の対戦となる。過去の対戦成績は日大の16勝8敗2分。最近の両者の対戦は、07年、11年と日大が苦杯をなめているだけに3連敗は避けたいところ。

日大は1990年以来となる23年ぶり
21回目、関学大は73~77年の5連覇以来となる3年連続26回目の学生日本一を狙う。


アメフトボール甲子園ボウル公式サイトコチラ

 
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2013/12/14 Sat. 12:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド