メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0416

MLB『ジャッキー ロビンソン デー』人種差別の根絶を啓蒙する日  

 



4月15日と背番号「42」

歴史の浅いアメリカでは、だからこそ記念日を大切にする傾向がある。


アメリカのスポーツシーンを語る上で、この日を忘れることは出来ないが、単なるメジャーリーガーの功績を讃えるような、そんな記念日ではない。


背番号『42』 
ジャッキー・ロビンソン(1919年~1972年)。


アフリカ系アメリカ人として初めてメジャーリーグのグラウンドの土を踏み、カラーバリアーを破った殿堂選手、ジャッキー・ロビンソンへの敬意を表して2009年に始まった試みだ。


彼は、ブルックリン・ドジャースの一員として1947年(昭和22年)4月15日にメジャーデビューした。そのデビュー50周年を記念して1997年からこの日を「ロビンソン・デー」にしている。




所属した球団はブルックリン・ドジャース。当時のドジャースはニューヨークに本拠地があった。


人種差別の激しかった時代。 黒人とは一緒にプレーしたくないと、トレードを申し出る選手がいるぐらいで、 ロッカーを隣にすることを嫌がるなどは日常茶飯事だったという。


彼がメジャーリーグに昇格した際には、オーナー会議でドジャースを除く全球団が反対の立場をとり、彼が出場するなら対戦を拒否するという球団も出たという。そういうエピソードには事欠かない時代だ。


ジャッキー・ロビンソンは、メジャー10年間で、MVP1回、首位打者1回、盗塁王2回、オールスター選出6回という素晴らしい成績を残した。今でいうところのレジェンドだ。


 


そして、デビューした年に制定された「新人王」にも初めて選ばれた。以来、メジャーでは新人王のことを別名「ジャッキー・ロビンソン賞」と呼んでいる。


 所属したドジャースが1972年に彼の「背番号42」を永久欠番に。


ただ、MLBとしてのロビンソン・デーの歴史は意外と浅く、制定されたのは1997年。メジャーデビューから50周年目の事。この日から、各球団の背番号42は永久欠番となった。



 


選手や監督が背番号42を着用してプレーするきっかけとなったのは、2007年、ケン・グリフィー・ジュニアがコミッショナーに提案してから。


人種が入り混じる国で、差別と戦う正義をシンボリックに演出した光景といえる。


しかし、人種差別は厳然と続いている。日本人も例外ではない。


この日は、偏見や人種差別と闘った一人の黒人プレイヤーを讃える日ではない。今も続く有色人種へのそれと戦う「啓蒙デー」と捉えるべきだ。


「記念日」なんて都合のいい言葉で終わらせてはならない。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/04/16 Tue. 01:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0223

【MLB移籍情報】FA市場に残る有力プレイヤーたち 投手編1 キンブレム  




 今季もスローなペースだった移籍市場。スプリングトレーニングが始まっても市場に残るフリーエージェントの有力選手達を紹介したい。


まずは、個人的に好きな投手陣から紹介したい。


レッドソックスは早い段階でクローザーのクレイグ・キンブレムとは再契約しない方針であることをここでも紹介していたが、今のところその通りの展開だ。


今季のリリーバーでは、ザック・ブリットンがヤンキースと再契約。その内容は3年3900万ドル(年平均1300万ドル)で今のところリリーバーでは18年オフの最高額。


31歳のキンブレルは、これまで最多セーブ賞に4回輝いており、11年から8年連続でシーズン30セーブ以上を記録。史上最年少(29歳11か月)で通算300セーブを達成している。その実績からすれば、5年8600万のアロルディス・チャップマン(年平均1720万ドル)と同程度の評価は欲しいところ。


ただ、個人的には一時の威圧感は無くなったという気もするし、制球力も与四球率(BB/9)4.48と悪化。防御率は2.74だがFIP3.13でキャリアワーストだった。8年連続で57試合以上に登板。そろそろ疲労が出てきてもおかしくない時期だ。



blog_import_54ca746dc246c.jpg

 

 FAのリリーバーは約80人ほどいたが、40人枠のメジャー契約だけで約30人の所属先が決まった。マイナー契約のFAリリーバーも約30人。その中には、残念ながら田澤純一や元ヤクルトでレンジャーズに戻って活躍したトニー・バーネットらも含まれ、両者はカブスとマイナー契約している。ほかにタイラー・クリッパードもインディアンスとマイナー契約。


「オープナー」や「ブルペンデー」など、トレンドともいえるリリーバーの起用法が注目され、その分、需要はあるはずだが、なかなか決まらず、買いたたかれる可能性がある。



《移籍先が決まった主なFA救援投手》
()内は18年の所属チーム
ジェウリス・ファミリア(アスレチックス)→メッツ
アンドリュー・ミラー(インディアンス)→カージナルス
ジョー・ケリー(レッドソックス)→ ドジャース
ホアキム・ソリア(ブルワーズ)→アスレチックス
ジェシー・チャベス(カブス)→レンジャーズ
ザック・ロスカップ(ドジャース)→マリナーズ
デービッド・ロバートソン(ヤンキース)→フィリーズ
ザック・ブリットン(ヤンキース)→ヤンキース
コディ・アレン(インディアンス)→エンゼルス
セルジオ・ロモ(レイズ)→マーリンズ
グレッグ・ホランド(ナショナルズ)→ダイヤモンドバックス
ブラッド・ブラック(ブレーブス)→カブス
ケルビン・ヘレーラ(ナショナルズ)→ホワイトソックス

(40人枠契約のみ)




▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2019/02/23 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0203

【MLB移籍情報】元ヤクルトのバーネットがカブスと契約 ダルビッシュや田澤の同僚に  



 先日、ノーラン・アレナド内野手がロッキーズとの年俸調停を回避して1年2600万ドルに合意したというニュースが報じられたが、反対に1年75万ドルという契約を紹介したい。


元ヤクルトで活躍したトニー・バーネットがカブスと1年75万ドルで合意した。これは40人枠のメジャー契約で、活躍次第では20年は年俸300万ドルの球団オプションになっているという。


これでカブスには、マイナー契約の田澤純一を含めて、ダルビッシュ有とバーネットのNPB経験者が3人所属することになる。





 カブスは、絶対的なクローザーがいない。そうしたこともあって今オフのカブスは、昨今のトレンドを反映してか、救援投手10人をトレードやFA、ウェーバーで大量補強している。それは、クローザーを含めてバックの3人を不安視している裏返しともとれる。


バーネットの開幕25人枠は、故障者が出ない限り、厳しいだろう。マイナー契約の田澤に至っては、もっとハードルが高いが、これまでの実績や経験を考えれば、可能性はある。


【カブスのブルペン】
ブラッド・ブラック(セットアッパー)※身体検査待ち
(12SV、62回2/3、防御率3.59)クローザー、セットアッパー?
ペドロ・ストロップ(13SV)クローザー?

カール・エドワーズJr(52回、防御率2.60)セットアッパー
スティーブ・シーシェック(70回1/3、防御率2.18)セットアッパー
ブランドン・キンツラー(60回2/3、防御率4.60)セットアッパー

ブライアン・ダンシング(37回2/3、防御率7.65)左腕


ここに先発のできるタイラー・チャットウッドと左腕マイク・モンゴメリーが加わる。


ブライアン・ダンシングは35歳で、シーズン中には36歳になる。スティーブ・シーシェックは32歳だが、昨年80試合に登板して70イニングを超えている。


FAで獲得のブラッド・ブラックにしても5シーズン連続で60イニングを超えており、15年と16年はオリオールズで2年連続79イニングを投げている。そろそろ疲れが出てきそうな時期でもある。


これらの選手が、いつ故障するかは未知数で、世界一の奪還を目指すカブスが、実績のあるリリーバーをかき集めて保険をかけたという感じがする。


関連記事

Posted on 2019/02/03 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0928

マイアミ・マーリンズの売却承認 MLBオーナー会議  




MLBのオーナー会議は27日(日本時間28日)、イチローや田澤純一が所属するマイアミ・マーリンズが元ヤンキースのデレク・ジーター氏やブルース・シャーマン氏らを中心とするベンチャー・キャピタル(専門投資会社)に売却されることを承認した。

MLB公式サイトによれば、投票は電話会議で行われ、全会一致で承認された。現在の所有権をもつジェフリー・ローリア氏との当事者間では既に基本合意に達しており、公式戦終了後の来月初めにも手続きが完了する見通し。

マーリンズ

編成部門のトップにはジーター氏が新たに就くという可能性が高いが、新体制では選手も首脳陣も大幅に刷新される公算が大きい。

コミッショナーのロブ・マンフレッド氏は、「選手としてのすばらしい経歴に続く、ジーター氏の経営者としての役割に期待したい」などのコメントを発表した。

イチロー外野手の来季は球団が選択権を持っている。田澤純一投手は来季も契約が残っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/09/28 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0824

リッチ・ヒル好投も劇的幕切れ!これで前田健太のPOベンチ入りは微妙な立場に  



ドジャースは現地23日、ピッツバーグでのパイレーツ戦に左腕リッチ・ヒルが先発。8回までランナーを1人も出さない完全試合。残念ながら9回にローガン・フォーサイス三塁手がエラーを犯して先頭打者の出塁を許したが、それでもノーヒット・ノーランの好投を見せた。

打線のランサポートもなく、ヒルは力尽きたのか延長10回に、先頭のジョシュ・ハリソン二塁手にカウント2-1からの4球目をレフトスタンドに運ばれて0対1で敗戦投手(今季9勝5敗)となった。

しかし、10回途中まで99球を投げて許した安打はこのホームランのみ、被安打1、無四球、10奪三振、1失点の好投も虚しく悲運の負け投手となった。

DH9Y-lKWsAAk1Jl.jpg


MLB公式サイトによればヒルは、「1球だけ失投してしまってガッカリしているよ。でも、彼ら(パイレーツ)は素晴らしい試合をしたよね」と零封された味方打線を責めることなく、パイレーツの戦いぶりを称賛した。

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督も「我々は試合を通してランナーを出していた。トレバー・ウィリアムスはしっかり投げ、必要なときにゴロを打たせていたね」と何度もピンチを凌ぎ、8回無失点の力投を見せた相手の先発投手ウィリアムスを称えていた。

ここまではどのメディアも今日のトピックスとして伝えたが、今日のヒルの好投で心配なのが前田健太

ドジャースは次に勝てば90勝。10月のポストシーズン進出は手中にし、1988年以来、29年ぶりのワールドシリーズ制覇に向けて戦力を充実させている。

カーショー、ダルビッシュに続いてアレックス・ウッドも故障者リスト入りしているが、大黒柱のカーショーが10月に戻ってくることは間違いなく、ダルビッシュも次の日曜日に復帰。最短の10日間で戻ってくる。

リュ・ヒョンジンも7月24日の復帰以来、好投を続け、8月は3試合で無失点が2試合、防御率1.59と好調。

そして、今日のヒルの好投。これは首脳陣に与えるインパクトが強く、勝ち星こそ11勝の前田が上回っているものの防御率などの内容では、リュ・ヒョンジンとヒルの方がいい。

前田は、先日の登板で6回の4失点が悔やまれる。5回までは完璧にゲームを支配したが、課題の打者3巡目につかまって6回の1イニングだけで4失点。首脳陣に与える印象は悪い。

短期決戦のプレイオフでは過去にもレンジャーズ時代の上原浩治やレッドソックス時代の田澤純一がメンバーから外された。

短期決戦での先発は3枚。チャンピオンシップやワールドシリーズは7回戦制なので多くて4枚。ドジャースはブルペンも良くて先発がブルペンに回ることは考えにくい。

ハイレベルの話だが、前田の崖っぷちの先発ローテ争いは、まだまだ続きそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/24 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0823

イチロー勝ち越し3ランでビッグイニングを演出、青木宣親も先頭打者弾  



マーリンズのイチロー外野手が3号3ラン、ブルージェイズの青木宣親外野手が4号先頭打者ホームランを放っている。

イチローは敵地でのフィリーズ戦、ダブルヘッダー第1試合、7回1死一、二塁の場面で代打として登場。右腕ノラのカウント3-1から5球目92マイル(約148キロ)ツーシームを振り抜いて右中間スタンドに決勝弾となる3ランホームランを運んだ。

スタットキャストの計測では432フィート(約132メートル)のホームランだった。

DH3gIgMXkAAkUPf.jpg

代打ホームランは昨年の9月6日以来、2度目。これで勢いがついたマーリンズ打線は、主砲スタントンの46号ソロ、オズナの28号2ランなどで一挙に6点のビッグイニングを演出して12対8で勝った。

イチローはこれで149打数、37安打(MLB通算3067)打率.243、3本塁打、15打点、出塁率.304、OPS.615。盗塁が0なので、あと数試合ある先発出場時に何とか決めて欲しい。

なお、代打での安打21は、マーリンズの代打安打数のタイ記録らしい。



この試合では、勝ち越した直後に田澤純一が登板したが、1回、被安打2で失点1だった。田澤は40試合、防御率5.45。

奪三振率(K/9)が昨年の9.79から5.92と悪化。フォーシームの球速もメジャー平均以下の91.08マイル(約146キロ)に低下しているのも原因のひとつと考えられるが。レッドソックスでの登板過多など、この数年の疲れが出ているのかもしれない。

一方、ブルージェイズに電撃トレードされて話題になった青木宣親はレイズ戦に1番ライトで先発出場。

1回、相手のエース、クリス・アーチャーの1-0からの2球目93.4マイル(約150キロ)のフォーシームを捉えて右中間に先制の先頭打者ホームランを放った。今月6日以来、今季4本目。試合はまだ続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/23 Wed. 09:55 [edit]

CM: --
TB: --
   

0808

《ラウンドアップMLB》各地区の状況と日本人選手の動向  




《第18週を終了したメジャーリーグの状況》

★ナ・リーグは西部地区でダルビッシュと前田が所属するドジャースが、メジャー最高勝率の79勝32敗(勝率.712)で首位独走中。

先発ローテーション投手の前田は8日(日本時間9日)に登板予定、移籍後の初登板で圧巻の投球を見せたダルビッシュは10日(同11日)に登板予定。

15.5ゲーム差の2位ロッキーズ、3位ダイヤモンドバックスもワイルドカード圏内。同地区の3チームがプレイオフに進出する可能性がある。

中部地区は上原のカブスが58勝52敗で2位ブルワーズと0.5ゲーム差の混戦状況。

上原は試合の要所で起用され続けており、今季42試合、38回の登板で45奪三振、防御率3.32と結果を残している。

東部地区はイチローと田澤のマーリンズが首位ナショナルズと13ゲーム差の2位。

田澤は6日(同7日)、ブレーブス戦で8回に登板し、完璧に抑えて勝利に貢献。前半戦は不調だったが、2試合連続無失点と手薄になったブルペンの中核になりつつある。

イチローは、メジャー通算安打を3061安打とし歴代単独22位になった。代打のみの起用が多く打席数が限定されている。打率.233、今季安打数31本。今季終了後には、先日3000安打に到達したレンジャーズのベルトレ三塁手に現役最多安打数を抜かれているかもしれない。

blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


★ア・リーグは東部地区で田中のヤンキースが59勝51敗で2位に転落し、首位レッドソックスとは3ゲーム差だが、ワイルドカード圏内。

青木のブルージェイズは首位と10.5ゲーム差の最下位。電撃トレードの青木は、7月まで在籍したアストロズ戦で移籍第1号本塁打を叩き込んだ。

西部地区は岩隈のマリナーズが首位アストロズと15ゲーム差の大差をつけられての2位。岩隈は依然、復帰できていない。このままでは37歳になる来季の契約も不利な状況で、日本球界復帰を選択する可能性もある。

中部地区はインディアンス、ブルワーズ、カージナルス、パイレーツが5ゲーム差内で覇権を争う混戦で、今のところインディアンスが首位をキープしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/08 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0518

田澤純一、故障者リスト入り、前田健太は来週復帰登板  




今季マーリンズに移籍した田澤純一投手が胸の肋軟骨の炎症で10日間の故障者リスト(DL)に登録された。

マーリンズによれば、ろっ骨の軟骨に炎症があることが判明。今月16日にさかのぼり、DLに入れたという。

17日の試合前に取材に応じた田澤は「痛くはないが呼吸がしづらく、胸が苦しくなる。しっかりピッチングも修正して、なるべく早く帰ってきたい」とコメントしている。

先日のヒューストン・アストロズ戦で、ユリエスキ・グリエル一塁手に痛恨の逆転グランドスラムを被弾した田澤。

その試合では先発投手がピッチャー強襲のライナーを利き腕に受けて緊急登板という悲運があったが、味方が1点を先行した場面で、1回を2安打、2四死球、1三振、4失点の乱調で今季初黒星(1勝1敗)を喫し、防御率は6.60となっていた。


前田健太


左太腿裏の張りのためDL入りしているドジャースの前田健太投手は、24日(日本時間25日)にも復帰すると、ロバーツ監督が明らかにした。

ロバーツ監督は「ケンタ(前田)は来週のカージナルス3連戦で投げてもらう。1戦目は(エースの)カーショーが先発する」と話し、24日の第2戦か25日の第3戦で登板させる方針を示した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/18 Thu. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0516

青木1安打で「1988」、田澤は満塁弾浴びて失意の降板  




数少ない日本人選手の対決で注目の一戦は明暗くっきりの結果になった。

ニューヨークでダブルヘッダーを戦って、その日の朝にマイアミに乗り込んだアストロズが、マーリンズのリリーフ陣を打ち砕いて5月で11勝目(3敗)をあげた。

好調アストロズの青木は、マーリンズ戦に「8番レフト」で出場し、3打数1安打だった。7回の第3打席で二塁内野安打して後続のタイムリーでホームを踏み、8回の守備で交代した。チームは7―2で勝った。

青木は、これで打率.274、日米通算1988安打。大台の2000安打にあと12本とした。守備でも貢献し3回には、正確な二塁への送球で今季5回目の捕殺も記録している。

マーリンズの田澤は、先発ストレイリーが5回に直撃弾を利き腕に受けて6回から緊急登板。5回に味方打線が1点を取って勝ち逃げの必勝パターンでの起用だったが、2死からグリエルに逆転の満塁本塁打を浴びて降板。今季初黒星を喫した。

田澤純一


満塁弾を浴びたシーンは、その前の打者にカーブをぶつけてしまい満塁。投げる球種が無くなったとはいえ、4球連続でフォーシーム、しかも2-1のバッティングカウント4球目はインコースを要求した配球に問題があったかもしれない。

低めへの制球とカッターやツーシームなどの球種を増やす必要もある。今後に課題を残したこの日のマウンドだった。

田澤は、1イニングで2塁打と本塁打、1四球、1死球という最悪のスタッツで降板。ベンチで過呼吸になるようなシーンも見受けられた。スタッフやコーチが田澤を囲み、詳しくは分からなかったが、メンタル面で影響が出ないことを祈りたい。緊急登板でかわいそうな気がした。

イチローは7回に代打で登場。四球を選び、守備に就かず退いた。 


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/16 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0426

ジーター、ブッシュらのグループがマイアミ・マーリンズ買収のオークション制す  



元ヤンキースのデレク・ジーターとジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事らのグループが、マイアミ・マーリンズ買収のオークションを制したことを複数の米メディアが報じている。

落札額は、これまで報じられてきた16億ドルではなく13億ドル(約1,443億円)程度になる模様。

マーリンズ買収劇に関しては、今年2月にトランプ米大統領の娘婿のジャレッド・クシュナーの一族と基本合意したと伝えられたが、双方が否定していた。

その後は、ヤンキース一筋でメジャー通算3465安打の記録をもつジーター氏や、ブッシュ元米大統領の弟であり、フロリダ州知事を務めたブッシュ氏らのグループが有力候補に挙がっていた。

このほど競売が行われ同グループが落札したと25日(日本時間26日)、地元紙マイアミ・ヘラルド電子版が伝えた。




経済・金融情報サイトのブルームバーグ電子版もこの日、同グループが「オークションに勝った」と報じた。

同サイトによると、マーリンズの現オーナーのジェフリー・ロリア氏は同球団を02年に1億5,800万ドル(約175億円)で買収。経済誌「フォーブス」が算出した資産価値は9億4,000万ドル(約1,043億円)だという。

FOXビジネスが以前に伝えたところでは、少なくとも3つのグループがマイアミ・マーリンズ買収に水面下で動いていたようで、ウォールストリートのベテランで、モーガンスタンリーの証券部門のチーフを務め、現在は自身で投資顧問会社を経営しているDavid Samson氏が交渉の窓口となっていた。

ジーターがマーリンズを買収する対象球団として選んだ理由として

(1)タンパに自宅がありマイアミはそこから近いこと
(2)マーリンズはナショナルリーグで、アメリカンリーグ所属のヤンキースと直接的に競合しないこと

などが理由として挙げられていた。

なお、球団の売却にはメジャーリーグ機構(MLB)などの承認(30球団中75%以上の承認)と落札価格の半額以上の現金調達が必要なため、正式な契約は、早くても数カ月後になる。


■記事参考
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170426/k10010961521000.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000028-dal-spo
http://baseball.information0.com/major-baseball/derek-jeter-trying-to-buy-the-marlins/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/26 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド