メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1023

【球団人事】メッツに新監督 元インディアンス投手コーチのミッキー・キャラウェイ氏  



この秋は、少なくともメッツ、レッドソックス、フィリーズ、タイガース、ナショナルズの5チームで新監督が誕生する。そのうちレッドソックス、タイガースはすでに新監督の就任が発表された。

70勝92敗で地区4位に低迷したニューヨーク・メッツがテリー・コリンズに代わる新監督として現インディアンス投手コーチのミッキー・キャラウェイと合意した事を複数のメディアが報じている。


メッツ


この数年、主力選手の故障による離脱が相次いでテリー・コリンズには不運だった。若い才能ある投手陣を抱えながらもそういった理由で力を発揮できずMLB30球団中、防御率でスターターが27位、リリーフが28位と低迷した。

メジャーファンならお分かりのように、キャラウェイは、インディアンスの投手コーチ5年間でメジャー屈指の投手陣を築き上げた。

MLB公式サイトでも今季インディアンス投手陣がマークした防御率3.30、1614奪三振、奪三振率10.1、WAR31.7(FanGraphs版)に注目。いずれもメジャートップの数字だ。

13年からテリー・フランコーナ監督のもとで投手コーチを務め、コリー・クルーバー、カルロス・カラスコ、トレバー・バウアーといったスターター達を育てた。

クルーバーは、この5年間で2度のサイ・ヤング賞を受賞した。

インディアンス投手陣はカーブを多用し、緩急をつける配球が特徴のひとつ。メッツは前投手コーチのダン・ワーゼンがスライダーを中心とした組み立てだった。そのことから「キャラウェイの新監督就任によってメッツ投手陣の配球に大きな変化が生まれることは間違いない」とMLB公式サイトは分析している。

メッツは、14年に地区2位となり浮上のきっかけをつかむと、15年はマット・ハービー、ジェイコブ・デグロムらメジャー屈指の若手投手陣が強力ローテを形成。2000年以来となるワールドシリーズ進出を果たした。

ノア・シンダーガード、セス・ルーゴ、スティーブン・マッツ、ザック・ウィーラーに、今季15勝、チームで唯一の期待投球回数を上回る201回1/3イニングスを投げたジェイコブ・デグロムなど、若い才能がひしめくメッツ投手陣をどのように再生するのかも注目が集まる。

また、主力野手を夏のファイアーセールで放出したが、外野手で青木宣親との契約もどうなるのか、気になるところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/23 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1023

【球団人事】タイガースはベテラン監督、レッドソックスは42歳の新監督  



デトロイト・タイガースの新監督が、今季、アリゾナ・ダイヤモンドバックスでベンチコーチを務めたロン・ガーデンハイアー氏に決まった。かつてはタイガースと同じア・リーグ中部地区のミネソタ・ツインズで2002年から2014年まで指揮を執ったベテラン監督。

監督として通算1,068勝1,039敗。6回の地区優勝に導き、2010年には最優秀監督賞に輝いている。メジャーリーグ公式サイトによれば契約期間は3年。

ボストン・レッドソックスとの面談も受けていたと、MLB公式サイトは報じていた。

DMxcv3UVQAAYEmy.jpg


そのレッドソックスは、新監督にアレックス・コーラ氏が決定している。

42歳のコーラ氏はプエルトリコ出身で内野手出身。1998年から2011年までMLBプレイヤーとして6球団で内野の各ポジションを務めた。2007年のWBCプエルトリコ代表で世界一のメンバーでもある。

現役引退後は、母国でウインターリーグやWBC代表チームGMなどを歴任。2013年2月よりESPN及びESPN Deportesで野球解説者を務め、2017年はヒューストン・アストロズでベンチコーチを務めた。



レッドソックスは地区2連覇を果たしたものの、2年連続でポストシーズンのファーストラウンドで敗退。その責任転嫁という訳ではないがファレル監督との契約を1年残して解雇した。

ファレル氏の采配、リーダーシップに関してはファンからも不満が多かったが、チーム編成を行ったデーブ・ドンブロウスキー社長が若い42歳の監督を就任させた、ドンブロウスキー体制を固めた事になる。

レッドソックスは2億ドル近い大型補強をしながらポストシーズンで結果を残せず、デビッド・オルティーズが引退後にクラブハウスのリーダーシップの不在などがメディアに指摘されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/23 Mon. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1012

【球団人事】レッドソックス、ジョン・ファレル監督の18年オプション更新せず解任決定  



レッドソックスはジョン・ファレル監督との契約オプションを今季限りで更新しないことを発表した。これでファレル監督の解任が決まった。



投手出身のファレル監督は、2006年オフにボストン・レッドソックスの投手コーチに就任。当時レッドソックス監督だったテリー・フランコーナとは現役時代からの友人で、投手部門をフランコーナ監督から一任され、就任1年目の2007年はチーム防御率がリーグ1位となり、レッドソックスはワールドシリーズ制覇を果たした。

選手との対話を重視するタイプの監督で、4年間の在任中にジョン・レスター、クレイ・バックホルツをリーグを代表する投手に育て上げた。特にカッターの指導には定評があったという。

松坂大輔が同チーム在籍時代の投手コーチだった。そのため、個人的にはそのイメージが強い。

13年にレッドソックスの監督に就任し、シーズン途中から上原浩治をクローザーにするなど、1年目でチームをワールドシリーズ制覇に導いた。その後も在任5年間で3度の地区優勝に輝き、チーム史上初めて16年、17年と地区連覇を成し遂げていた。



デーブ・ドンブロウスキー球団社長がオーナー・グループとミーティングを行い、監督の去就について協議し、今回の決定に至ったことを複数のメディアが伝えているが、2年連続で2億ドル近い投資をしながらALDSで敗退した責任の一端はチーム編成を行ったドンブロウスキー球団社長にもある。

ヤンキースやアストロズは若い伸びしろのある選手たちをベテラン選手たちが良くまとめたとの指摘もあり、レッドソックスはデビッド・オルティーズが抜けたことによるリーダーシップの不在が早い段階で指摘されていた。

球団の監督人事については、メッツ、フィリーズ、タイガースも監督が交代する。当然ながらレッドソックスも新しい指揮官を探すことになる。



◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/other-red-sox-leaders-must-bridge-cultural-divide/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/12 Thu. 09:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1004

【球団人事】マイアミ・マーリンズ 球団CEOにデレク・ジーターが就任   



元ヤンキースのデレク・ジーター氏らを中心とするベンチャー・キャピタル(専門投資会社)が買収したマイアミ・マーリンズ。

予想どおり、そのジーター氏が、同球団のの最高経営責任者(CEO)に就任したことが3日、発表された。

マイアミ・マーリンズは、ジーター氏と実業家のブルース・シャーマン氏が中心のグループが2日、12億ドル(約1,355億円)でマーリンズを買収していた。シャーマン氏が筆頭オーナーになる。

ジーター氏は記者会見で「我々はファンを呼び戻すことに集中している。時間をかけて強固な組織を作り上げていきたい。敬意、品位、高潔さといったものをベースに組織を構築していく」と語った。

それよりも気になるイチロー選手の去就だが、マーリンズが、イチロー選手と来シーズンの契約を結ぶかどうかの選択権を持っていることについて、ジーター氏は「イチロー選手とまだ直接話をしていない。今までプレーしたチームメイトの中でも、気に入っている選手だ。契約についてはゼネラルマネージャーとこれから話して決める」と述べるにとどまり、来シーズンも契約するかどうかは今後、判断するという考えを示しました。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/10/04 Wed. 11:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1017

【球団人事】Dバックスが新GMにレッドソックスのマイク・ヘーゼン氏を招聘  




 現地16日、今季69勝93敗でナ・リーグ西地区4位に終わったアリゾナ・ダイヤモンドバックスは、新GMとしてボストン・レッドソックスでGMを務めていたマイク・ヘーゼン氏を招聘した。

ダイヤモンドバックス

 レッドソックスの筆頭オーナーであるジョン・ヘンリー氏は、昨年8月、タイガースのGMだったデーブ・ドンブロウスキー氏を野球運営部門の社長職として招聘。マイク・ヘーゼン氏は、その下でGM職に内部昇格していた。

 40歳のヘーゼン氏はスカウトやGM補佐として11年間、レッドソックスに所属。同氏がいる間にレッドソックスは、5度のプレーオフ進出と2度のワールドシリーズ制覇を達成。昨年9月にGMに昇格した。
 
 今季のレッドソックスは、10月1日に24歳になったザンダー・ボガーツ(打率.294、21本塁打、89打点)、10月7日に同じく24歳になったムーキー・ベッツ(打率.318、31本塁打、113打点)、26歳のジャッキー・ブラッドリーJr.(打率.267、26本塁打、87打点)ら、“3B”と言われている若手が台頭。若干22歳のアンドルー・ベニンテンディもシーズン後半にインパクトを残した。

 Dバックスは、昨オフの大型補強が失敗に終わって今季も低迷。その責任をとってチップ・ヘール監督とデーブ・スチュワートGMをレギュラーシーズン終了後に解任。

その後任人事として内部育成やファーム(下部組織)の充実に実績を残したヘーゼン氏をレッドソックスからGM職より上級ポストを用意して迎え入れた。 

 ヘーゼン氏をGM兼上級副社長待遇で迎えることに、マネージング・ゼネラル・パートナーのケン・ケンドリック氏は「マイクの評判は申し分なく、彼の優勝経験は抜群の信頼感を我々に与えてくれる」との声明を出して歓迎している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/10/17 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1004

【球団人事】Dバックス、D.スチュアートGMとC.ヘイル監督を解任  




 シカゴ・ホワイトソックスのロビン・ベンチュラ監督、コロラド・ロッキーズの指揮官ウォルト・ワイスに続いてアリゾナ・ダイヤモンドバックスも副社長兼ジェネラルマネージャー(GM)のデーブ・スチュワートとチップ・ヘイル監督を解任すると発表した。

 デーブ・スチュワートは、2014年9月25日にDバックスのGMに就任。GM職は初の就任だった。選手時代にはアスレチックスなどで168勝を挙げた名投手。



 Dバックスは、その年の5月17日に名将トニー・ラルーサを編成部門の最高責任者、チーフ・ベースボール・オフィサーとして招聘している。

 スチュワートがラルーサ氏の下で働くのは、今回が初めてではない。彼らは、1986年~1992年と1995年に、オークランド・アスレティックスで監督と選手という間柄だった。

 「スモーク」のニックネームを持つスチュワートは、ラルーサが指揮を執るチームでエースとして活躍した。1987年から4年続けて20勝以上を挙げる大車輪の活躍で1988年からのリーグ3連覇に大きく貢献。

アスレティックスが最後のワールドチャンピオンとなった1989年にはワールドシリーズMVPに輝き、翌年はリーグ・チャンピオンシップシリーズMVPを受賞した。



記事参考
http://bylines.news.yahoo.co.jp/unenatsuki/20140926-00039446/



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/10/04 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1004

【球団人事】ホワイトソックスのR.ベンチュラ監督が退任  



アメリカンフットボールのNFLなら日曜日にゲームが行われるのでシーズン最終戦の次の日(月曜日)は“ブラックマンデー”と呼ばれている。多くのヘッドコーチやオフェンス、ディフェンスのコーディネーターやスタッフが職を失うからだ。

メジャーでもさっそく、いろんな噂が公式、非公式にでている。

シカゴ・ホワイトソックスのロビン・ベンチュラ監督が、現地2日のレギュラーシーズン最終戦後に今季限りで監督の座から退く意向を明らかにした。

今季が契約最終年で「個人的な意思決定」と語ったベンチュラ監督だが、契約延長の打診がなかったようだ。就任1年目の2012年は85勝77敗と健闘したが、以降は、すべて負け越し、今季も4月から5月にかけての快進撃で5月3日には地区首位に立ったが、17日には首位陥落。

結局、今季も78勝84敗(地区4位)で負け越した。通算成績は375勝435敗だった。

なお地元紙『シカゴ・サンタイムズ』によると、正式発表はまだだが、現ベンチコーチで、2014年にシカゴ・カブスを指揮した経験のあるリック・レンテリア氏が後任として内部昇格するもよう。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

関連記事

Posted on 2016/10/04 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1001

【球団人事】カブスのエプスタイン社長らフロント陣が2021年まで契約延長  



 シカゴ・カブスがセオ・エプスタイン野球編成部門社長に加え、ジェド・ホイヤーGM、ジェーソン・マクロード選手育成部門ディレクターと2021年まで契約を延長した。

 ホイヤー、マクロード 両氏は、2011年11月にカブスのフロントへ入閣。先日、契約延長したセオ・エプスタイン野球編成部門社長と共にチーム再建に取り組んだ人物だ。

 カブスは今季、9月29日時点で102勝57敗の両リーグ最高勝率(.642)をマーク。 81年ぶりの100勝シーズンを記録したのはもちろん、1871年創設以来、球団史上3回しかなかった2年連続のプレーオフ進出を果たした。

その原動力は、成長著しいクリス・ブライアントら若手の獲得とベテランのベン・ゾブリストやクローザーのチャップマンの補強。そうした選手たちをポストシーズンに導いたマッドン監督の招聘など、フロントの功績が大きいといえる。

 2012年には101敗(61勝)を喫したカブス。シーズン100敗した球団が4年以内に100勝以上を記録したのは、メジャー史上でも3回目の快挙となっている。

 噂によれば、エプスタイン氏の契約は5年5000万ドル超で、これまでの記録となっているロサンゼルス・ドジャースの野球運営部門社長であるアンドリュー・フリードマン社長の契約を上回って球団フロント幹部としては最高給になったとのこと。

人気は全米一だが、万年Bクラスだったチームが81年ぶり100勝で地区優勝。1908年以来、108年ぶりのワールドシリーズ制覇も見えてきた。

 そう言えばエプスタインは、2004年にレッドソックスGMとして「バンビーノの呪い」を解くワールドシリーズ制覇を成し遂げている。

 当然のことながらワールドシリーズ制覇を果たせば球団の資産価値は急激に上昇する。オーナー側にとってはそれを成し遂げることができる球団幹部をとどめるために資金を使うことは、一番効率の良い投資なのだろう。

 フォーブスの試算によると2014年にサンフランシスコ・ジャイアンツがワールドシリーズ制覇を果たした後に、資産価値が1年前のおよそ2倍となる20億ドル(2100億円)に跳ね上がったらしい。

 エプスタイン社長が、カブスで「ビリー・ゴートの呪い」を解けば、5年5000万ドルも安いと言えるのかもしれない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2016/10/01 Sat. 22:47 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0719

【球団人事】ミネソタ・ツインズがテリー・ライアンGMを解任  



ミネソタツ・ツインズのテリー・ライアン副社長兼ゼネラルマネージャー(GM)が解任された。複数のメディアが伝えている。

ツインズは今季、ワシントン・セネターズ時代も含めて116年ぶりの開幕9連敗を記録。17日(日本時間18日)時点で33勝58敗(勝率.363)と低迷している。



ライアンGMは1994年から2007年までの任期中にツインズをア・リーグ中地区屈指の強豪球団に押し上げた功労者だった。

若手の育成には定評があり、スモールマーケットの弱小球団だったツインズを改革。2000年代の黄金期を作り上げた。

一時はGM職を離れたが後任を託した人物の失脚の責任を取ってGM代行として11年に復帰、崩壊したチームの“再建”を託されていた。

オーナーのジム・ポーラッド氏は、1カ月ほど前から来季の契約を結ばない方針であるとライアン氏に伝えていたという。

ライアン氏は、「ポーラッド家から、リーダーシップを発揮するチャンスを与えられたことに感謝している」と話し、「30年のキャリアの大半で、ツインズの一翼を担えたことは大きな誇りだ」とコメント。

また、ポーラッド氏は、「時には難しい決断をしなければならない」と語り、悩み抜いた末、球団の功労者との決別に至ったと明かした。

なお、暫定のGMとしてGM補佐のロブ・アントニー氏が就任する。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/07/19 Tue. 05:40 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0125

【球団人事】レンジャーズに元ロッテのシコースキー氏がスカウトで就任、極東戦略を強化  



昨日もお伝えしたとおりメジャーリーグ機構(MLB)はレンジャーズダルビッシュ有投手(29)が野球賭博に関与していなかったことを結論付けた。地元紙フォートワース・スター・テレグラム(電子版)が関係者の話として23日に伝えたものだが、ダルビッシュつながりで、レンジャーズの話題を提供したい。

ダルビッシュ有投手が所属するテキサス・レンジャーズにプロ野球ロッテや西武などで救援投手として活躍したブライアン・シコースキー氏がスカウトとして就任している。

2000年にレンジャーズでメジャーデビューしたシコースキー氏は、日本では2001年途中から実働10年で通算438試合に登板し、37勝34敗58セーブ、防御率3・10の成績を残している。

シコースキー氏の就任は、レンジャーズの極東に対する戦略の一つで、今後、日本のNPBや韓国のKBOに対するアプローチを強化する狙いがあると思われる。


2人の元プロ野球(NPB)経験者を補強

レンジャーズは、ここでも既に紹介したが、ヤクルトからFAになっていたトニー・バーネット投手を2年契約(スポーツ報知が1年150万ドルで3年目は球団オプションという報道あり)で獲得。

日本球界で6年プレーしたバーネットは今季、ヤクルトで41セーブを挙げて同球団14年ぶりのリーグ優勝に貢献。オフに入るとポスティング制度を利用してのメジャー移籍を目指したが契約には至らず、ヤクルト側が本人の意思を尊重して自由契約としていた。

エース格のダルビッシュ有が不在でも前年より21勝を積み上げて、大本命がいないア・リーグ西地区を制したレンジャーズ。

しかし、このオフは元広島で36歳のコルビー・ルイスと単年600万ドル(7億2000万円)で再契約したぐらいで、先発陣に目立った補強がない。一説には、シーズン中にコール・ハメルズを獲得した事で、補強を行う予算枠が残っていないという観測もある。

そうした事からジョン・ダニエルズGMはトム・ウィルヘルムセン、トニー・バーネットといったリリーバーを獲得することによって多少ブルペンをアップグレード。先発陣のコマ不足を補う方針で、時間を稼いでダルビッシュやホランドら先発投手の回復待ちといったところ。

マーケットの小さい球団は低予算のため先発に高年俸の投手を並べるのは限界があり、この数年のロイヤルズのように後ろの3人を充実させるロースター編成。

しかし、低予算の球団以外でもレッドソックが上原、田澤に加えて、今オフにクローザーとしてキンブレルを獲得。ヤンキースも剛腕チャップマンを補強している。こうした流れはメジャーリーグのトレンドになっている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2016/01/25 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド