メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1204

【球団人事】大谷所属のエンゼルスが新コーチングスタッフを発表  




ロサンゼルス・エンゼルスが新コーチ陣を発表した。49歳のブラッド・オースマス監督が19年シーズンから指揮を執るエンゼルスはコーチ陣も若返ったという印象だ。


監督 ブラッド・オースマス
ベンチコーチ ジョシュ・ポール
打撃コーチ ジェレミー・リード
投手コーチ ダグ・ホワイト
外野守備・一塁コーチ ヘスス・フェリシアーノ
内野守備・三塁コーチ マイク・ガエーゴ
打撃コーチ補佐 ショーン・ウーテン
打撃インストラクター ポール・ソレント
キャッチングコーチ ホセ・モリーナ
ブルペンコーチ アンドリュー・ベイリー


ベンチコーチには、18年シーズンから引き続きジョシュ・ポール氏が就任。打撃コーチを務めるのは、過去2シーズン、マイナーリーグで打撃コーディネーターを務めてきたジェレミー・リード氏。現役時代は04年から5年間、マリナーズでイチローの同僚だった人物。





投手コーチはチャールズ・ナギー氏からアストロズで6年間ブルペンコーチを務めたダグ・ホワイト氏が就任することになった。

ブルペンコーチには、元新人王右腕のアンドリュー・ベイリー氏。カージナルスのヤディエル・モリーナ捕手の次兄ホセ氏が、キャッチングコーチとして入閣している。


エンゼルスは、先発ローテーションやセットアッパーなどのブルペン陣の補強が急務の状態。さらに、捕手もウィッシュリストに入っており、MLBサービスタイム2.031と経験の少ないケバン・スミス捕手をホワイトソックスからウェーバーで補強。同じく1.058のダスティン・ガーノー捕手とマイナー契約しているものの長いシーズンを戦うにはバッテリーはコマ不足の状態。


これからの補強次第だが、メジャー全体で先発投手の防御率が19位、リリーフ投手が13位の投手陣を立て直すことが、これらのコーチたちの最大のミッションだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/12/04 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1107

【球団人事】ジャイアンツがライバルチームのGMを引き抜く  




 サンフランシスコ・ジャイアンツが、ライバルのロサンゼルス・ドジャースから覇権を取り戻すために大胆な人事を行うことになったようだ。


外部から、しかもライバル、ドジャースのゼネラルマネージャー(GM)ファーハン・ザイディ氏を引き抜いた。いかにもアメリカらしいヘッドハンティングだ。


MLB.comによれば2016年のオールスター・ブレイク以降、ジャイアンツは167勝229敗。17年は地区最下位、今季は地区4位と低迷。


この期間で比べると、ジャイアンツより勝率が低いのはオリオールズ、ホワイトソックス、パドレスの3球団だけだという。


ジャイアンツは2010年にワールドシリーズを制覇した後、12年、14年も制覇して「dynasty」(王朝時代)を築いたと思われたチームも見る影もなくなるほど弱体化した。


今回、ラリー・ベアー球団CEO(最高経営責任者)と編成責任者ブライアン・セイビアン上級副社長は、ボビー・エバンズGMを解任して、データ分析に長けたライバルチームの頭脳を引き抜いた。


ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏の記事では野球運営部門(ベースボール・オペレーション)のトップとしてジャイアンツが迎え入れるという。


ジャイアンツ-ロゴ


ジャイアンツが最下位に終わったのは、直接的にはエース左腕マディソン・バムガーナーの不用意な事故による故障など、さまざまな原因があった。しかし、根本的には世代交代の失敗が原因なのではないだろうか。シーズン前も選手の老化は指摘されてきた。


それにもかかわらず若返りを図ることなく、ベテランを加えるという補強策に打って出た。2017年-18年オフに獲得したのはエバン・ロンゴリアとアンドリュー・マッカチェン、オースティン・ジャクソンだ。


それぞれ実力者だったが、みな30歳を超えていた。これは結果的には裏目に出た。結局、その責任を取らされる形でボビー・エバンズGMが解任された。


これで現在メジャーリーグで主流のデータ分析を重視したスタイルに切り替わると思われるが、これまで実績を残したブルース・ボウチー監督の存在感もあり、データ分析官のようなファーハン・ザイディ氏とのコンビでどんなチームになるのか注目だ。


さらに編成責任者ブライアン・セイビアン氏は球団には残る。根本的にファーム層の充実や内部育成を図ることができるのか、資金がある球団だけに結果を急ぐあまり今季と同じような補強をしていれば、いつまでたっても王朝の復活はできないだろう。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/11/07 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1027

【球団人事】モリター解任のツインズが新監督として37歳のバルデッリが就任  




衝撃のポール・モリター監督の解任だったツインズは、ロッコ・バルデッリが新監督として就任したことを発表した。37歳での監督就任は現時点ではメジャー最年少の監督になる。


バルデッリ氏は2003年3月31日にデビルレイズ(現レイズ)の2番センターとしてメジャーデビュー。レギュラーとして定着したが07年ごろに筋肉の異常により疲労が取れにくいという「ミトコンドリア病」を発症。これが原因で、30歳を前に引退。


メジャー7年間で打率.278、60本塁打、60盗塁、OPS.766だった。現在は、その症状からも回復し、健康状態は良好だという。これまでに監督経験はない。


ツインズ


ツインズは、16年103敗を喫して最下位だったチームをワイルドカードに導き、17年の最優秀監督賞を受賞したポール・モリター氏と今季から新たに3年契約を結んでいたが、今季は78勝84敗の成績に終わり、シーズン終了後に契約を2年残してモリター氏を解任していた。


モリター氏は、ブルワーズで15年、ツインズで3年など、現役生活21年間で3319本の安打(メジャー歴代10位)をマークし、野球殿堂入りを果たしている名選手。


ツインズの本拠地ミネソタ州の地元で育った“ホームグロウン”の監督として、長期政権が予想されたが、電撃解任だった。


これは推測だが、昨今は、昔ながらの監督スタイルは姿を消し、選手の起用法など、データ分析担当を重用するのがトレンド。監督はクラブハウスで兄貴分のようなコミュニケーション能力が求められる。


選手としてはレジェンドのモリター氏も、考えてみればキャリアの大半はミルウォーキー・ブルワーズ。62歳の年齢から考えてもエンゼルスを退任した59歳マイク・ソーシア監督やブルージェイズ監督だったジョン・ギボンズ氏(56歳)などと同じ「オールド・スクール」の監督だったかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/27 Sat. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1022

【球団人事】エンゼルス、内部昇格でブラッド・オースマス氏が新監督  




大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンゼルスの新監督にブラッド・オースマス氏が就任することが発表された。





19年間指揮を執ったマイク・ソーシア氏に代わって新監督に就任するオースマス氏は49歳。現役選手時代はパドレス、アストロ、タイガース、ドジャースのキャッチャーとして18年間過ごした。99年オールスターのメンバーに選出され、01、02、06年にはゴールドグラブ賞にも選ばれている。


10年の現役引退後は、12年にイスラエル代表監督、14年から17年まで4シーズン、デトロイト・タイガースの指揮を執った。監督としての通算成績は314勝332敗。 監督就任1年目にプレイオフ進出を果たしたが、その後3年間は、タイガースをプレイオフに導いていない。


エンゼルスの新指揮官に関しては、大谷の起用法を巡ってその動向が注目されていた。



ワンマンオーナーの下で
エプラーGM、オースマス監督体制



GMのビリー・エプラー氏は、ヤンキースGMブライアン・キャッシュマン氏のもとでデータ分析で頭角を現し、田中将大の獲得時には、たびたび来日してその獲得に貢献した人物。


大谷翔平の獲得の際にもソーシア前監督を説得して、大谷の目の前で二刀流サポートの確約をさせたともいわれており、その事が大谷獲得の要因になったとも言われている。


エンゼルスのオーナー、アルトゥーロ・モレノ氏は、メキシコ系移民の子で、ヒスパニックとして初めて、アメリカのプロスポーツチームのオーナーになった人物。2003年にディズニーグループからエンゼルスを買収した。


エンゼルス



ワンマンオーナーの常で、選手獲得やチーム運営に対してしばしば口を挟み、それが逆にチームの弱体化を招いたという批判もある。


ブルージェイズから10年オフにトレードで獲得したバーノン・ウェルズ外野手。12年にはモレノ氏の強い意向でレンジャースの主砲ジョシュ・ハミルトンと5年1億2500万ドルでFA契約したが、どれも不良債権になった。


さらに、11年オフにも当時32歳のアルバート・プホルスと10年2億4000万ドルというメジャー史上2番目の高額契約を結んだ。


これら大物選手の獲得に伴って若手の放出によるファームの弱体化と球団経営の圧迫がチームの長期低迷に繋がっているとい指摘もある。


ふり返ってみれば、イチローがマリナーズにいた頃の2000年代には、ポストシーズンの常連チームだったエンゼルスも10年以降は、14年に地区優勝したのみだ。


ただ、モレノ・オーナー氏を弁護するわけでもないが、13年頃までは、8年から10年の長期の大型契約は他のチームでもあった。同地区のマリナーズもロビンソン・カノ―内野手と10年に2億4000万ドルの契約を結んでいる。


先日も大リーグの巨額契約ランキングを紹介したが、ライバルチームの躍進を見たオーナーたちが、再建を急ぐあまり、巨額の放映権収入を背景に大金をFA市場に投じた時代だったかもしれない。


15年ごろからは、そのトレンドも変わり、メジャーもコスパを考えたプロスペクトのトレード、内部育成、FA市場でもせいぜい5年程度の契約へと移行してきている。


昨年オフにエンゼルスのGM特別補佐に就任したオースマス氏を内部昇格させたという今回の球団人事から考えても、オーナーのアルトゥーロ・モレノ氏、ビリー・エプラーGM体制のもとで、その意向に従って、ベーブ・ルース以来の「2way」として大谷を育てていく方針を継続するものと思われる。



関連記事

Posted on 2018/10/22 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1017

【球団人事】NL東部地区優勝のブレーブスがスニッカー監督と契約延長  




アトランタ・ブレーブスは月曜日に、指揮官ブライアン・スニーカーとの新たな2年契約に合意したことを発表した。これには2021年のクラブオプションも含まれている。

10月17日がバースデイで、まもなく63歳になる指揮官は、ブレーブスの第48代監督(前身球団含む)。就任後のは約4年間で計448試合で221勝227敗。





今季は、再建途上のチームを率いて2013年以来の地区優勝(18回目)に導いた。2005年のボビー・コックス監督以来のナ・リーグ「最優秀監督賞」の有力候補の一人だ。


経歴は、1976年のMLBドラフト25巡目でシカゴ・カブスより指名され契約。翌年の77年にアトランタ・ブレーブスに移り、1978年にはAAAまで上がるが、メジャー昇格はかなわなかった。


1980年に引退し、82年からブレーブスの傘下マイナーチームの監督に就任。


85年と88年から90年にはブレーブスのブルペンコーチを務め、2007年から13年は、ブレーブスの3塁コーチを務める。それ以外の期間はブレーブスの下部組織全てのチームの監督を歴任。


16年に再びブレーブスの3塁コーチに就任。シーズン途中の5月17日に成績低迷で解任されたフレディ・ゴンザレスに代わり、監督代行を務め、17年から正式に監督に就任した。1977年から41年間にわたりブレーブスや傘下スタッフとして球団運営に関わっている人物だ。


なお、ブレーブスは投手コーチのチャック・ヘルナンデスは今季限りで退団することが確定。後任については未定。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2018/10/17 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0901

【球団人事】アストロズがA.J.ヒンチ監督と契約延長  




アストロズは30日(日本時間31日)、A.J.ヒンチ監督と来季からの4年契約を結び、契約を延長した事を発表した。

ジム・クレイン・オーナー、ジェフ・ルーノウGMとともに記者会見に臨んだヒンチは「ヒューストン・アストロズの監督になりたがらない人なんていないだろう」と喜びを口にした。





当然の結果かもしれない、2011年からは2年連続で100敗以上というチーム史上最弱のアストロズが、ヒンチ監督就任後は4シーズンで352勝266敗。

昨季は球団史上初のワールドシリーズ制覇を成し遂げ、今季は2年連続3度目のポストシーズン進出が濃厚。

MLB公式サイトによると通算勝利数はすでに球団史上5位。球団史上で唯一のワールドシリーズ制覇を成し遂げた監督だという。

もちろんこの栄冠は、ヒンチ監督だけの力ではなくGMや選手たちの功績が大きいが、この契約延長の記者会見をホセ・アルトゥーベ、アレックス・ブレグマン、カルロス・コレア、ジョージ・スプリンガーといった主力選手が見守ったというから、選手たちからの信任の厚さが分かるというものだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/09/01 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0715

カージナルスがマシーニー監督、コーチらを電撃解任   




カージナルスは14日(日本時間15日)、マイク・マシーニー監督とジョン・メイブリー打撃コーチ、ビル・ミューラー打撃コーチ補佐の3人を解任したと発表した。

これによりオールスター後の後半戦はマイク・シルトベンチコーチが監督代行を務めることになった。

ジョン・モゼリアック編成本部長は「このような決断は決して簡単なものではない、しかし球団がシーズン後半に入るにあたり、リーダーシップの変化が必要だと感じた」と語っている。





16年間指揮を執った名将トニー・ラルーサ監督の後任として就任したのが、2011年オフ。第49代の監督としてマイナーリーグを含め監督経験のないマシーニー氏が抜てきされた。

就任から4年連続ポストシーズン進出を果たしたMLB史上初の監督となったが、ナ・リーグ中部地区は、カブスやパイレーツが台頭。常勝チームのイメージは後退した。

今季のカージナルスは93試合を終えて47勝46敗の貯金1で地区3位と苦戦。首位のカブスとは7ゲーム差をつけられている。

ベースボールタウンとして有名なセントルイスに本拠地を置く名門球団の電撃解任には、さまざまな憶測が流れている。





クラブハウスでのムード作りに失敗したのか、フロントや選手との信頼関係の構築など、指揮官に求められるものは多岐にわたる、とくに名門チームの監督となると大変だ。



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ


関連記事

Posted on 2018/07/15 Sun. 19:20 [edit]

CM: --
TB: --
   

1202

【球団人事】ヤンキース新監督にOBのアーロン・ブーン氏が内定  




先日も現役を引退したばかりのカルロス・ベルトラン氏が6人目の候補者として面接を受けたヤンキース新監督人事だが、MLB公式サイトは1日、ヤンキースの新監督にOBのアーロン・ブーン氏が就任すると伝えた。

米国の複数メディアが報じたところによればジョー・ジラルディ前監督の後任として就任するアーロン・ブーンは、44歳でヤンキースOB。



2003年のシーズン途中に加入。その年のレッドソックスとのALCS(ア・リーグ優勝決定戦)では、第7戦に劇的なサヨナラ本塁打を放ってチームをワールドシリーズに導き、松井秀喜らとワールドシリーズを制している。

09年限りで現役を引退。その後は解説者を務め、これまでに指導者としての経験はない。

ヤンキースは、10年間指揮を執ったジラルディ前監督を10月26日に解任し、それ以降は新指揮官の人事に1か月以上を費やしていた。

球団からの正式発表はまだないが、地元紙ニューヨーク・デーリーニューズ(電子版)などが、ブーン氏とジャイアンツのベンチコーチを務める50歳のヘンスリー・ミューレン氏に絞られたと報じていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/12/02 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1113

【球団人事】ブレーブス新GMにA.アンソポロス氏が内定  




再建途上のアトランタ・ブレーブスに新ゼネラルマネージャー(GM)が誕生する。ニューヨーク・ポストの野球担当コラムニスト、ジョエル・シャーマン氏が報じている。



この決定は現地13日(日本時間14日)からフロリダ州オーランドで開催されるGM会議で発表される事になりそう。

40歳のアレックス・アンソポロス氏はカナダのモントリオール出身で、2009年、32歳の若さでブルージェイズGMに就任。スカウトを増員し、ドラフトを中心とした内部育成によるマイナー組織の充実、プロスペクトの獲得・育成を好む人物としての評価がある。

そうしたスタイルにプラスしてブルージェイズ時代の2015年は、ジョシュ・ドナルドソン三塁手、7月にはトレードで左腕デビッド・プライス(現レッドソックス)やトロイ・トゥロウィツキー遊撃手などの大物選手を獲得。ヤンキースとの争いを制し、ア・リーグ東部地区で22年ぶりの地区優勝に導いた。

また、セイバーメトリクス研究で有名なトム・タンゴをデータ分析のアドバイザーとして招聘するなどデータ分析にも力を入れているタイプだ。

ブレーブス

2016年からは、ドジャースの野球運営部門副社長に就任している。

ワールドシリーズを3度制し、地区優勝17回を誇る南部の名門チームも3年連続で下位に低迷している。しかし、この数年のファイヤーセールでファーム層は厚くなった。

今季から新球場サントラスト・パークに本拠地を移し、名門復活をかけて新GMの手腕にも注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/11/13 Mon. 17:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1027

【球団人事】ヤンキースのジョー・ジラルディ監督が今季限りで退任  



ヤンキースの指揮官ジョー・ジラルディが今季限りで退任することが複数のメディアで報じられている。

MLBネットワークのジョン・ヘイマンによるとジラルディは10月26日の木曜日にブライアン・キャッシュマンGMと会談の場を設け、今後について話し合った。



そこでヤンキースのキャッシュマンGMはヤンキースを10年間率いたジラルディ氏に意思を確認し、来季以降の契約を結ばないことを伝えたと思われる。

キャッシュマンGMは「熟慮の末、来季の監督について他の選択肢を取ることにした。10年間、監督を務めてくれて感謝している」との声明を出した。 

DNEqZIrVAAA9neL.jpg


ジラルディ氏も「球団が私を戻さない決断をしたことに心が沈んでいる」としながらも、スタインブレナー家やキャッシュマンGM、ファンや選手、チームスタッフに感謝しながら。特にプレイオフでの戦いぶりについて「永遠に私の心に残るだろう」とコメントしている。

捕手出身のジラルディ氏は53歳。2003年に現役引退後、06年にはフロリダ・マーリンズの監督を務めナ・リーグの最優秀監督賞にも選ばれた。

08年からは10年間ヤンキースを率い、プレイオフに6度、チームを導いた。その間、09年にはワールドシリーズを制覇した。ヤンキースの監督としては歴代6位となる通算910勝710敗。ポストシーズンは28勝24敗の記録を残している。

健康管理には厳しく、クラブハウスからアイスクリームやソーダなどの甘いものを全て撤去したという逸話が残っている。

ジラルディ監督のもとでは、松井秀喜、黒田博樹、イチロー、田中将大らがプレイしている。

ワシントンポスト紙は「ジラルディはヤンキースを去るが、ナショナルズの監督職がちょうど空いている」という見出しをつけて、退任したジラルディ監督が、ナショナルズの監督に電撃就任する可能性があることを報じた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/10/27 Fri. 01:30 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド