メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1120

岩隈久志が「第2回キット、ずっと杯」で始球式、12月には熊本で野球教室  

 

 マリナーズの岩隈久志投手(35)が19日、西武プリンスドームで行われた草野球大会「第2回キット、ずっと杯」決勝大会で始球式を行った。

 これは、自身がジェネラルマネージャー(GM)を務める岩手の地域球団「三陸鉄道キットDreams」の試合前に行ったもので、対戦相手の熊本代表チームを応援する「くまモン」と対決し、ワンバウンド投球ながら空振りを奪った。

岩隈久志


 岩隈は試合前「少しでも元気、笑顔になってもらいたい。そこで勇気をもらっている」とあいさつした。

今月11日には、8月の台風10号により大きな被害を受けた岩手・岩泉町を訪問。 「三陸鉄道キットDreams」のGMを務めている縁で、慰問を決断したという岩隈。岩泉ヨーグルトで有名な「岩泉乳業」を訪れ、従業員らを励ました。

 さらに、12月4日には熊本県民総合運動公園で小学校5、6年生を対象に野球教室を開催することも発表した。既に自身が発案した熊本の少年野球大会が開催されており、準決勝、決勝が行われるタイミングに合わせて小学5、6年生を対象に指導する。

 東日本大震災が起こった2011年、岩隈は仙台を本拠地とする楽天に所属し「1勝につき10万円」の寄付を行った。

 このブログでも何度か紹介したが、マリナーズ移籍後の12年3月には宮城県石巻市で野球教室を開催。そして14年に被災地チームとして発足した「三陸鉄道キットDreams」のGMに就任した。

 メジャーで自己最多の16勝を挙げるなど、充実したメジャーでの5シーズン目を終えた岩隈だが、多くのメジャーリーガーたちがしているように社会慈善活動にも積極的で、「野球選手だけでなく社会人として力になれたらいい」と話した。


◆記事参考
https://ja-jp.facebook.com/hisashiiwakumaofficial/
http://mainichi.jp/articles/20161120/spn/00m/050/015000c



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/11/20 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0418

日本人投手対決、田中は7回無四球 岩隈はAロッドに2ラン被弾  




田中将大vs.岩隈の元楽天エース対決は田中に軍配

ヤンキースの田中将大とマリナーズの岩隈久志の日本人投手によるマッチアップは、ともに7回を投げきり試合を作った。




田中は3試合目の先発。7回93球を投げて6安打、3失点(自責2)、6奪三振で無四球。前回は、与四死球5で乱調だっただけに制球の良さが光る投球で見事に修正してきた。

球威は、まだまだ1~2マイル物足りないが、打たれたヒットの内容を見てもまともに捉えられたのは青木の三塁打ぐらいで、ややイレギュラーなヒットが多かった。

味方の援護でリードして迎えた6回と7回でシャットダウンイニングを作ったのが大きかった。93球中、ストライクは65球。ゲームスコア(Gsc)61が示すように、先発投手の及第点だが、(見ていた方は実感できると思うが)、70台や80台をマークするような内容でもなかった。


岩隈はメジャー通算100試合目の先発、7回102球を投げ8安打、4失点、3奪三振、3四死球だった。これで0勝2敗、防御率4.50。

102球中、ストライクは68で悪くはないが、A.ロドリゲスへの失投が悔やまれるマウンドだった。

スタッツには表れないボール1個分ぐらいの左右、高低の制球力が命取りになった。気温も上がり7回を投げきったのは評価できるが、ち密なコントロールが持ち味だけに、制球の甘さが失点につながった。Gscも46で平均を下回った。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/04/18 Mon. 05:41 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0417

岩隈、青木と田中将大のマッチアップが日本時間18日に実現  




現地17日、かつて日本プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスでエースとして活躍したシアトル・マリナーズの岩隈久志投手(34)とニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手(27)の“元・楽天エース対決”が、ついに実現する。

岩隈は渡米後、ダルビッシュと2試合投げ合ったことがあるが、田中が日本人投手と投げ合うのは初めて。

田中がメジャー移籍を果たした2014年、予定通りにいけば2人の投げ合いが見られるはずだったが、ヤンキースがローテを変更したため、“元・楽天エース対決”はこれまでお預けとなっていたという経緯がある。


田中は、12日のトロント・ブルージェイズ戦では、メジャー移籍後ワーストに並ぶ4四球を記録するなど球数が増え5イニングで降板した。しかし、これまでマリナーズ相手には通算3勝0敗、防御率2.35と相性の良さを見せている。

一方、田中と青木宣親外野手(34)は、NPBの楽天、ヤクルトに在籍した2011年の交流戦以来のマッチアップ。

なお、岩隈、青木のマリナーズは3連勝中。ヤンキースは逆に4連敗中。


注目の対決は18日 2時からNHK-BS1で生中継する。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
お手数ですが、ポチっとお願いします。↑

関連記事

Posted on 2016/04/17 Sun. 19:21 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0227

【MLB移籍情報】元楽天C.マギーがタイガース入り  





このオフにマイアミ・マーリンズからフリーエージェントとなっていた元楽天のケーシー マギー三塁手(33歳)が、デトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだことが分かった。

2013年に東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーしたマギーは、打率.292、28本塁打、93打点をマーク。主軸の一人として球団史上初の日本一に貢献した。



翌年にはメジャー復帰を果たし、マーリンズで打率.287、4本塁打、76打点の成績を収め、ナ・リーグのカムバック賞を受賞した。

昨オフにはサンフランシスコ・ジャイアンツと年俸480万ドル(約5億4,000万円)のメジャー契約で1年契約を交わした。

ジャイアンツが、FAになったパブロ サンドバル(レッドソックス)の再契約に失敗し、その穴を埋めるという戦力補強で移籍した。青木宣親と同じチームということで注目したが、好調だった青木と違い、マギーは4月を終えた時点での成績は、打率.169、本塁打1、打点2、出塁率.222、長打率.271、OPS.493と惨たんたる数字だった。

もともとチームのスタイルやパークファクターから本塁打は期待されてなかったが、当てるだけのバッティングが目立ち4月に併殺打を8個も記録した。

結局49試合の出場で打率.213、2本塁打、11打点と低迷。7月には自由契約となり、同月に前年プレーしたマーリンズに復帰していた。



地元紙『デトロイト・ニュース』によると、タイガースのブラッド オースマス監督は、「メジャーで7年間プレーした経験を持ち、日本のチームにも所属したマギーの国際的な経験を評価した」という社交辞令的なコメントをしたというが、カムバック賞からジャイアンツに移籍した時のオーラも消えて厳しいマイナー契約となった。

24日にも紹介したが、マギーやウリーベ三塁手(36・インディアンスと契約)、ロリンズ遊撃手(37・ホワイトソックス)など、メジャーは、この時期、ベテランたちのバーゲンセールに入るが、彼らの「もうひと花」に期待したい。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/02/27 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0912

プロ野球楽天が球場で募金活動 関東・東北水害被災者へ  


東北楽天ゴールデンイーグルスが12日、コボスタ宮城でのソフトバンク戦の試合前に台風18号による大雨で被害を受けた茨城、栃木、宮城3県の被災者を支援する募金活動を行った。

募金箱はコボスタ宮城内6カ所に設置され、立花球団社長をはじめとした球団職員、則本、戸村、菊池の3選手が参加した。

0150912at42_p.jpg 

集まった募金は茨城・栃木・宮城に寄付する。大きな被害を受けた茨城出身の菊池保則投手(25)は「テレビでしか見られていないけれど、被災者の方は大変な状況に置かれている。心配しかできない。何かできることがあるのならば少しでも力になりたい」と話した。



この募金活動は、14日の西武戦まで行う予定で、立花陽三球団社長は「宮城でも被災したし、何か協力できればと思ってやった。募金以外にもできることがあればやりたい」と話した。


スポーツの力で東北を元気に!

IP141219AO0000374000_0001_C.jpg

楽天グループは、東北地域を拠点とする東北楽天ゴールデンイーグルスなどを通じて、東日本大震災の復興・再生のお手伝いを継続的に実施している。

ここでも少し紹介したが、昨年は「TOHOKU SMILE PROJECT」を立ち上げ、楽天Koboスタジアム宮城での募金活動などを通じて、 全国のべ2万人を超える賛同で、年末に「相馬こどもドーム」が完成。福島県相馬市に寄贈している。


top_ph01.jpg 

今年も「TOHOKU SMILE PROJECT」の一環として、暮らしのインフラ基盤の復興が遅れている岩手沿岸部で、子供たちが緑の芝生の上で元気に遊ぶことが出来る「こどもグリーンフィールド」を岩手県大槌町に寄贈することを目指して新たな募金活動(http://tohoku-smile.jp/)を始めている。

○関連記事
相馬こどもドーム 完成!プロ野球楽天球団が中心となって福島県相馬市にドーム寄贈
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1635.html



ブログランキング・にほんブログ村へ


野球ブログはここで!

関連記事

Posted on 2015/09/12 Sat. 16:34 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド