メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0311

まだまだ被災は続いている!石巻「がんばろう看板」前で追悼式3.11  




石巻「がんばろう!石巻」看板前で 
今年も市民らによる“つどい”開催3.11


震災直後の2011年4月11日に、ここに住んでおられた人たちの手によって建てられた《勇気と励ましのモニュメント》

がんばろう!石巻」の看板前で、震災から丸5年となる11日に「東日本大震災追悼 3.11のつどい」が開催されます。


詳細は「がんばろう!石巻の会」のオフィシャルサイトで確認して下さい。
『がんばろう!石巻の会』←


看板前では、夏には「ど根性ひまわり」「1000日追悼の灯り」など、これまでも節目の日に追悼の集いが行われ、市民に励ましと勇気のエールを贈っている。


がんばろう!石巻看板 手作り灯ろう3千個で追悼


5回目となる「東日本大震災追悼3.11のつどい」(同実行委員会主催)が11日、石巻市門脇町に設置されている看板「がんばろう!石巻」周辺で行われる。

当日、震災犠牲者を偲んでともす灯ろうの制作活動が今年も多くの市民らの手で進められてきたた。

「石巻日日新聞」によれば、3.11のつどいは平成24年に始まり、26年からは市民の手作りの灯ろうをともしている。

B_yHIbUVEAAOCj3.jpg 

制作は2月下旬から3月6日までの毎週末、市内各所で繰り広げられた。実行委によると、これまで約200人が参加し、約2千個が完成したという。さらに11日も現地で1千個を作る予定だ。

今月5日は、同看板に隣接するプレハブ施設で行われ、参加者たちは光を包み込む8色の灯ろう作りに取り組んだ。園芸用のガラス花瓶に赤やオレンジなどの紙を丁寧に巻き付け仕上げた。

つどいの発起人であり、実行委員長の黒澤健一さん(45)は「11日の灯ろう作りにも多くの人に参加してもらい、追悼の思いを共有したい」と話していた。

つどいは11日午前9時半―午後11時に同看板付近で開催する。
灯ろうの点灯は午後4時半-11時。

門脇町二丁目の「まねきコミュニティー」でも同5-11時に300個を点灯する。

また、当日の灯ろう制作や会場設営を担当するボランティアを募集している。
問合せはメール(gannbarou@ic-net.or.jp)同実行委まで。





◆記事引用
http://www.hibishinbun.com/news/?a=7178



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2016/03/11 Fri. 05:25 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0912

プロ野球楽天が球場で募金活動 関東・東北水害被災者へ  


東北楽天ゴールデンイーグルスが12日、コボスタ宮城でのソフトバンク戦の試合前に台風18号による大雨で被害を受けた茨城、栃木、宮城3県の被災者を支援する募金活動を行った。

募金箱はコボスタ宮城内6カ所に設置され、立花球団社長をはじめとした球団職員、則本、戸村、菊池の3選手が参加した。

0150912at42_p.jpg 

集まった募金は茨城・栃木・宮城に寄付する。大きな被害を受けた茨城出身の菊池保則投手(25)は「テレビでしか見られていないけれど、被災者の方は大変な状況に置かれている。心配しかできない。何かできることがあるのならば少しでも力になりたい」と話した。



この募金活動は、14日の西武戦まで行う予定で、立花陽三球団社長は「宮城でも被災したし、何か協力できればと思ってやった。募金以外にもできることがあればやりたい」と話した。


スポーツの力で東北を元気に!

IP141219AO0000374000_0001_C.jpg

楽天グループは、東北地域を拠点とする東北楽天ゴールデンイーグルスなどを通じて、東日本大震災の復興・再生のお手伝いを継続的に実施している。

ここでも少し紹介したが、昨年は「TOHOKU SMILE PROJECT」を立ち上げ、楽天Koboスタジアム宮城での募金活動などを通じて、 全国のべ2万人を超える賛同で、年末に「相馬こどもドーム」が完成。福島県相馬市に寄贈している。


top_ph01.jpg 

今年も「TOHOKU SMILE PROJECT」の一環として、暮らしのインフラ基盤の復興が遅れている岩手沿岸部で、子供たちが緑の芝生の上で元気に遊ぶことが出来る「こどもグリーンフィールド」を岩手県大槌町に寄贈することを目指して新たな募金活動(http://tohoku-smile.jp/)を始めている。

○関連記事
相馬こどもドーム 完成!プロ野球楽天球団が中心となって福島県相馬市にドーム寄贈
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1635.html



ブログランキング・にほんブログ村へ


野球ブログはここで!

関連記事

Posted on 2015/09/12 Sat. 16:34 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0726

未来(あした)への道「1000km縦断リレー」青森~東京 ココロのリレー  

 


青森から東京まで、15日間かけて
被災地をつなぐ復興支援リレー。


みちのくから、つながろう。
スポーツの力で復興を後押し


この記事は、昨年7月31日にお伝えした記事です。


スポーツのチカラで継続的に震災復興を後押ししたい。そんな想いから始まった
『未来(あした)への道 1000kmリレー』が今年もスタートしています。

東日本大震災で被災した地域をランニングとバイク(自転車)でたすきを繋ぎながら走るリレー形式のイベント。
復興を願う人たちの“想い”が約900人のランナーのたすきと共に繋がっていきます。

昨年は、八戸市から東京お台場まで約1000kmを14日間で走りましたが、2年目となる今年は、青森市から東京お台場まで約1200kmのルートを15日間かけて走ります。


風化させない

6日目は、昨日のゴール地点でもある南三陸ベイサイドアリーナを出発し、松島町役場を目指します。イベントのフェイスブックによれば、今日の第1区間を走るゲストランナーは、タレントの野々村誠さん。

「南三陸には仮設住宅がまだまだ残っているけど、皆さんの笑顔が素敵でした。復興を願って楽しくたすきを繋いでいきます」と元気いっぱいにコメント。


この区間には津波に飲まれた南三陸町防災対策庁舎があり、野々村さんと5人のランナーは足を止め、静かに手を合わせて亡くなった方々の冥福を祈りました。

たすきリレーは8月7日まで続きます。無事に大成功で!ココロをつないでください
らぶ

最後まで読んで下さって ありがとうございます。
この記事は昨年の再ポストです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。


関連記事

Posted on 2015/07/26 Sun. 21:11 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0117

阪神大震災、忘れないで!あれから20年 #阪神淡路大震災  


あれから20年 阪神淡路大震災



2時間あとだったら阪神高速の上で被災していた



1995117午前5時46分、
淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生した。
死者  6,434名、負傷者  43,792名。
避難人数(ピーク時) 31万6,678人。


スポーツブログなので、関西のスポーツ界は、あの時どう動いたか?その視点から紹介すると――

 
プロ野球・
オリックスブルーウェーブ『がんばろうKOBE』をスローガンに1995年(平成7年)、1996年(平成8年)とパ・リーグ連覇。1996年(平成8年)は日本一を成し遂げ、被災者を勇気付けた。


サッカーのJFLヴィッセル神戸は1995年(平成7年)1月1日に正式にヴィッセル神戸として始動。日本プロサッカーリーグ昇格を目指し、1月17日に初練習をする予定だった。

だが、震災により岡山県倉敷市での練習開始を余儀なくされ、神戸では練習場の確保が困難であるため、練習場を転々とせざるを得なかった。

 
このように震災の日にチームが生まれたことを祈念するため、ホームスタジアムでの試合ではサポーター達により、試合前に
「神戸讃歌」(「愛の讃歌」の替え歌)が歌われ続けている。


 

サントリー
はこの年のプロゴルフトーナメント「サントリーレディースオープン」を中止。

その開催費用を原資として神戸市消防団に対して手引き消防ポンプ・可搬動力ポンプ積載車を全分団に配置可能な数量を寄贈し、その後も毎年数台を寄贈している。


◇映画界でも


 
正月映画・男はつらいよシリーズの
48作『男はつらいよ 寅次郎紅の花では、神戸市側から松竹へのロケの要請や山田洋次監督の元に復興に努めていた夫妻からファンレターが届いたことがきっかけで、もっとも被害が大きかった神戸市長田区が舞台となり、神戸の「復興とボランティア」がテーマとなった。



以上は、ごく一部を紹介したに過ぎませんが、私も大阪であの揺れを経験しました。

もし、あと2時間あとに地震が来ていたら、阪神高速の上で被災していました。毎日、渋滞する高速道路の上で大惨事になったと思われます。

東京に来て今度は、東日本大震災に遭いました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。




 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

http://www.saigaivc.com/


 東京ボランティア・市民活動センター

http://www.tvac.or.jp/


 日本赤十字社 東北関東大震災義援金を受け付けます

http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html


 日本ユニセフ協会 - 東日本大震災緊急募金

http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011.htm




ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。


○関連記事

■復興への道(関連記事) 
「東日本大震災1000日追悼の灯り」石巻で開催!

関連記事

Posted on 2015/01/17 Sat. 05:46 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0112

東北被災地の「風の電話」修復始まる 岩手県大槌町 #風の電話  

亡き人とつなぐ “風の電話”



亡くなった家族や友人と、もう一度話をしたい。
そんな思いを抱える人たちが、これまでにのべ1万人以上訪れていた
岩手県大槌町の「風の電話」が、
ボランティアの手によって改修されました。


津波で大きな被害を受けた、岩手県大槌町。
風の電話は、海辺の高台にひっそりとたたずんでいます。


風の電話を設置したのは、庭師の佐々木格(ささき・いたる)さんです。
亡くなった人たちと心を通わせることができる場をつくりたいと、
震災から1か月後、自宅の庭に電話ボックスを置きました。


黒電話は線はつながっていません
でも、利用者は心がつながっている
大切な人と電話をし、その想いをノートに綴ります。


これまで多くの遺族らが訪れていましたが、
8日、低気圧による強風の影響で横倒しになって壊れているのが見つかりました。


そこで10日に「風の電話」を利用して
震災で犠牲になった義理の母へ思いを何度も伝えたという
岩手県山田町の大工、港郁男さんとボランティア合わせて3人が集まり、
修復を始めました。11日には修復が完成するという事です。


佐々木さんは、心配した人から連絡が入り
「倒壊を心配した人からメールやファクスが50件以上も来た。」
「みなさんが支えてくれた」と復活を喜んでいます。


参考:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150110/k10014591431000.html





ブログランキング・にほんブログ村へ お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/01/12 Mon. 00:50 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1214

羽生結弦が完全復活!連覇は日本男子で初!!男子フィギュアスケート  


「今スケートができることが一番の幸せ」


スペインのバルセロナで行われたフィギュアスケートのグランプリファイナル、男子シングルで羽生結弦が優勝し、日本男子で初めて大会2連覇を果たしました。

今シーズンのグランプリシリーズの上位6人が出場するこの大会で、羽生は前半のショートプログラムでトップに立ち、13日に行われた後半のフリーに臨みました。

フリーでは、演技後半の3回転ジャンプで転倒しましたが、それ以外のジャンプは2種類の4回転を含めてすべて成功させ、滑らかなスケーティングや表現力でも高い評価を受け、羽生自身が

「優勝よりも自分の演技ができたことの方がうれしい。ほぼ完璧だった。ファン、チーム、関係者のサポートがあってこの結果になった。存分に体を使える幸せを感じた。今スケートができることが一番の幸せ」とコメントしたように、ほぼ完璧な内容でした。

フリーでマークした194.08は、去年の同大会でマークした自己ベストを更新し、トータルで今シーズン世界最高となる288.16、この大会では日本男子で初めて2連覇を果たしました。

羽生は、先月8日の大会でほかの選手と衝突して両足や顔などをけがし、先月末のNHK杯は4位に終わりましたが、グランプリファイナルで本来の強さを取り戻しました。

2位はスペインのハビエル・フェルナンデス、3位はロシアのセルゲイ・ボロノフでした。無良崇人は合計235.37で5位、前半2位だった町田樹はフリーで振るわず合計216.13で6位に終わりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/12/14 Sun. 12:45 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0731

未来への道「1000km縦断リレー」 復興の想いをタスキで繋ぎ南下中!  

青森から東京まで、15日間かけて
被災地をつなぐ復興支援リレー。


みちのくから、つながろう。
スポーツの力で復興を後押し


 先日もお伝えしましたが、スポーツのチカラで継続的に震災復興を後押ししたい。そんな想いから始まった
『未来(あした)への道 1000kmリレー』が今年もスタートしています。

東日本大震災で被災した地域をランニングとバイク(自転車)でたすきを繋ぎながら走るリレー形式のイベント。復興を願う人たちの“想い”が約900人のランナーのたすきと共に繋がっていきます。

昨年は、八戸市から東京お台場まで約1000kmを14日間で走りましたが、2年目となる今年は、青森市から東京お台場まで約1200kmのルートを15日間かけて走ります。



風化させない

6日目は、昨日のゴール地点でもある南三陸ベイサイドアリーナを出発し、松島町役場を目指します。イベントのフェイスブックによれば、今日の第1区間を走るゲストランナーは、タレントの野々村誠さん。

「南三陸には仮設住宅がまだまだ残っているけど、皆さんの笑顔が素敵でした。復興を願って楽しくたすきを繋いでいきます」と元気いっぱいにコメント。


この区間には津波に飲まれた南三陸町防災対策庁舎があり、野々村さんと5人のランナーは足を止め、静かに手を合わせて亡くなった方々の冥福を祈りました。

たすきリレーは8月7日まで続きます。無事に大成功で!ココロをつないでください
らぶ


ブログランキング・にほんブログ村へ最後まで読んで下さって ありがとうございます。
関連記事

Posted on 2014/07/31 Thu. 21:25 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0724

未来への道1000km縦断リレー2014 スタートしました!  

青森から東京まで、15日間かけて被災地をつなぐ
 復興支援リレー


みちのくから、つながろう。
スポーツの力で復興を後押し


 スポーツのチカラで継続的に震災復興を後押ししたい。そんな想いから始まった『未来(あした)への道 1000kmリレー』が今年もスタートしました。

東日本大震災で被災した地域をランニングとバイク(自転車)でたすきを繋ぎながら走るリレー形式のイベント。

昨年は、八戸市から東京お台場まで約1000kmを14日間で走りましたが、2年目となる2014年は青森市から同じく東京お台場まで約1200kmのルートを15日かけて走ります。

約900人のランナー
が、たすきと共に復興へ向けての願い、そして想いを繋いでいきます。

 初日は、第1区間を走るゲストランナーとして、2000年シドニー五輪マラソン金メダリストの高橋尚子さんが登場。

五輪から帰国して最初のイベントが青森で、人の温かさを感じたと想い出を振り返り、「まだまだ復興はこれから。ひとりひとりの想いをたすきに繋いで行きたい」と力強く語りました。
らぶ

 また、昨年に引き続いて第1区間のゲストランナーを務める三代目J soul Brothersのエリーさん、そして応援に駆けつけた山下健二郎さんは「今年も引き続き一生懸命走って皆さんを元気にしたい。6年後の東京オリンピックに向けて日本中を盛り上げたい」と、パフォーマーらしいコメントで会場を盛り上げてくれました。
らぶ



関連記事

Posted on 2014/07/24 Thu. 20:55 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0331

被災地に父子の夢「バッティングセンター」オープン 気仙沼  




気仙沼に希望のバッティングセンターがオープン


 東日本大震災の津波で家族5人を失った宮城県気仙沼市の男性が、全国からの寄付も受けて、無事だった息子のために建設を進めてきたバッティングセンター「気仙沼フェニックスバッティングセンター」(宮城県気仙沼市松崎柳沢)が30日、オープンしました。

河北新報によればバッティングセンターを建設したのは、気仙沼市の千葉清英さん(44)。千葉さんは、3年前の震災の津波で妻と長女、次女、それに両親の5人を失いました。家族で残ったのは、息子と千葉さんの2人だけでした。

その後、野球が大好きな瑛太君(12)を気晴らしで1時間半かけて連れて行った奥州市のバッティングセンターで、「気仙沼にバッティングセンターがあったらいいな」と言われ、息子や友達の野球少年のためにと経営する牛乳販売店の売り上げや全国からの寄付などで建設を進めてきました。

 30日のセレモニーには、地元の子ども達などおよそ150人が集まり、来月から中学生になる瑛太さんが最初の打席に立ちました。高台に完成したバッティングセンターは、約3,300平方メートルの敷地内に7台のピッチングマシンをそろえた。全てに左右の打席を備えるのは、全国でも珍しいということです。

 11年前に関東から移り住んだ気仙沼への恩返しで「遊ぶ場所が限られている被災地の子どもたちが、思い切り体を動かせる施設になってほしい」と千葉さんは願う。

自力での建設にも執着しました。12年3月にオリジナル商品
希望ののむヨーグルト」を開発し、全国の物産展などで約5万本を販売。売り上げを建設資金に積み立ててきました。数千万円掛かった建設費の多くは銀行から借り入れたが、公的資金は一切受けなかったという事です。

千葉さんは、「たくさんの支援で完成しました。皆さんの笑顔を生む施設にしたいです」と話していました。
息子の瑛太さんは「自分のひと言でバッティングセンターができるとは思いませんでした。お父さんは1つの夢があったら最後までやり遂げる人です」と話していました。

関連記事
東京新聞:気仙沼の7人家族…残った父子「息子よ強く」白球の絆




お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2014/03/31 Mon. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0311

がんばろう!石巻の看板前で「東日本大震災追悼3.11のつどい」  



3.11

市民の手で追悼のつどい  
県でも「みやぎ鎮魂の日」各地で慰霊祭


震災直後の2011年4月11日に、ここに住んでおられた人たちの手によって建てられた《勇気と励ましのモニュメント》

がんばろう!石巻」の看板前で、震災から丸3年となる11日に

「東日本大震災追悼 3.11のつどい」
が開催されます。

詳細は「がんばろう!石巻の会」のオフィシャルサイトで確認して下さい。
『がんばろう!石巻の会』←

看板前では、夏には「ど根性ひまわり」、昨年12月にも「1000日追悼の灯り」など、これまでも節目の日に追悼の集いが行われ、市民に励ましと勇気のエールを贈っている。


❑がれき中から発見の「思い出の品」、最後の展示 

 河北新報のオンラインニュースによれば、東日本大震災の被害が広がった宮城県石巻市沿岸部で、がれきの中から見つかった写真など約16万点が、同市河北総合センターで展示されている。

展示は2011年5月に石巻市役所内で始まり、ことし1月までに約20万点を持ち主に返した。今回が最終展示で11日まで。持ち主が見つからなかった品は供養し、焼却するという。

震災から3年目となる3月11日は、昨年、宮城県が条例で制定してから初めての「みやぎ鎮魂の日」。ほとんどの県立学校は、生徒らが慰霊行事に参加しやすいよう休校とし、犠牲者を悼み、防災などを考える日にするということです。

参考記事
「東日本大震災1000日追悼の灯り」石巻で開催!
慰霊、14市町が11日に式典 風化防止、初の鎮魂の日





ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/03/11 Tue. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド