メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0515

「カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットに海街4姉妹!是枝作品の受賞に期待!!  



華やかなカンヌで若き日本の女優たちが登場。清々しい風が流れます。
女優の綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが現地時間14日、フランスで開催中の「第68回カンヌ国際映画祭」で行われた、コンペティション部門出品作『海街diary』の公式会見に出席しています。

劇中で姉妹役を務める女優陣は、南仏らしいさわやかな装いで登場し、それぞれフランス語であいさつ。

映画について綾瀬さんが
「古き良き日本の暮らし、そこに生きる人たちの強さ、美しさ、それと共に日本の移り変わる四季がとても美しい」と語ると、

長澤さんも
「女性の美しさが描かれている作品。監督が女性に対してすごく愛情と尊敬の気持ちを持ってくれている。女性ってすごいんだなと感じました」と笑みを浮かべる。


カンヌについて「映画という100年以上続いてきた豊かな文化に関わっていることを誇りに思い、自分が何に向かうべきなのか考える時間を与えてくれる、すてきな場所だと思っています」と是枝監督はコメントしています。

『海街diary』は吉田秋生さんのコミックが原作の4人姉妹の物語で、父親の死をきっかけに母親の違う妹と一緒に暮らすことになった姉妹が葛藤を乗り越えながら、互いを理解し絆を深めていくさまを描いています。

最優秀賞は日本時間の今月25日未明に発表されることになっています。 派手さはない映画ですが、個人的には日本の映画史に名を残すような作品になると思います。




是枝監督作品

大好きなテレビマンユニオン出身なんです。やっぱりドキュメンタリーに携わってたとか。主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。

『誰も知らない』は第57回カンヌ国際映画祭で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞。
『そして父になる』は第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けている。


第68回カンヌ国際映画祭は24日まで開催。
 映画『海街diary』は6月13日より全国公開 



ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事

Posted on 2015/05/15 Fri. 19:19 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0417

「海街diary」是枝監督最新作がカンヌ出品  



是枝裕和監督「海街diary」
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず出演



3人の異母姉と暮らす浅野すず(広瀬すず)の揺れる心


女優の綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが4姉妹を演じる映画「海街diary」(是枝裕和監督)が、5月13日に仏カンヌで開幕する「第68回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に出品されることが16日、分かりました。




是枝監督は「前作『そして父になる』が僕自身9年ぶりのコンペ出品だったので、今回また選ばれたことは、正直驚きでした。素直に嬉しいです。国際映画祭はゴールではなく、より多くの人々に映画を届ける為のスタートだと考えていますし、中でもカンヌはその出発点としては最高の場所だと思っています。四姉妹と一緒にその始まりを体感できたら、と思います。一見すると、穏やかな春の海のようなこの映画があの場所でどのように受け止められるのか? 今から楽しみです」と喜びを語っている。

映画は、2013年にマンガ大賞を受賞した吉田秋生(あきみ)さんの同名マンガが原作­。

綾瀬さん、長澤さん、夏帆さん演じる香田家の3姉妹(幸、佳乃、千佳)が、父の死を­きっかけに異母妹のすずと出会い、鎌倉でともに暮らす姿が描かれる。




映画は6月13日公開

ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/04/17 Fri. 07:50 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0212

「海街diary」鎌倉を舞台に人気の若手女優たちが共演  

 

是枝裕和監督「海街diary」
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず出演



3人の異母姉と暮らす
浅野すず(広瀬すず)の揺れる心


映画­「海街diary」
是枝裕和監督
の特報第2弾が公開されました。


映画は、2013年にマンガ大賞を受賞した吉田秋生(あきみ)さんの同名マンガが原作­。綾瀬さん、長澤さん、夏帆さん演じる香田家の3姉妹(幸、佳乃、千佳)が、父の死を­きっかけに異母妹のすずと出会い、鎌倉でともに暮らす姿が描かれる。



特報第2弾


特報第2弾では、綾瀬さん演じる長女・幸が、すずに「一緒に暮らさない? 4人で」と声を掛けるシーンからスタート。3人の異母姉と暮らすことになったすずの戸­惑いや揺れる心が表現されているほか、すずも加わり鎌倉で暮らし始めた4姉妹の様子も­描かれている。


また、香田家の3姉妹の母を演じる大竹しのぶさん、幸が働く市民病院の­小児科医で幸と心を寄せ合う椎名和也を演じる堤真一さんのほか、女優の樹木希林さんが3姉妹の大叔母・菊池史代を演じることも明かされている­。

共演者として加瀬亮さん、風吹ジュ­ンさん、リリー・フランキーさんも登場している。





映画は6月13日公開






ブログランキング・にほんブログ村へ

お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/02/12 Thu. 19:04 [edit]

CM: 0
TB: --
   

1213

福山雅治SP「真夏の方程式」「そして父になる」 CS日本映画専門チャンネルで  

 



解いてはいけない、

愛が閉じ込めた謎。





 日本映画専門チャンネル・福山雅治3週連続SP

「ガリレオ」シリーズ劇場版第1作
『容疑者Xの献身』


シリーズ第2作
『真夏の方程式』が地上波初登場!

福山雅治扮する天才物理学者湯川が、美しい海の町で起こった
シリーズ史上もっとも切ない事件の「謎」を解き明かす!


カンヌ映画祭2013審査員賞
『そして父になる』




累計発行部数1000万部突破
(2013年)
東野圭吾原作『ガリレオ』
シリーズ。 


帝都大学理工学部物理学科准教授・湯川学、通称ガリレオが、さまざまな難事件をガリレオ流物理的アプローチで解決する。

2007年、福山雅治×柴咲コウで月9テレビドラマ化され高視聴率をたたき出し、真面目な顔をして湯川が言う
「実に面白い」「さっぱり分からない」は、ちょっとした流行語に。

翌08年には東野圭吾が直木賞受賞した同シリーズ『容疑者Xの献身』が映画化。

2013年4月より柴崎にかわって吉高由里子が相手役となったテレビシリーズ第2弾が放送され、同年6月、満を持して映画第2弾『真夏の方程式』が劇場公開されました。

同作品は台湾、香港でも上映され、ガリレオ旋風は日本のみならず、アジアにまで広がりました! 


§ あらすじ  少年と科学者

美しい海と山にかこまれた玻璃ヶ浦。
この海を巡って海底資源開発推進派と、自然を守ろうとする反対派が争い、両派が対立していた。

開発側の説明会にアドバイザーとして招聘された帝都大学物理学准教授・湯川学(福山)は、しばらくその町に滞在することになり、町外れの旅館「緑岩荘」に滞在することとなる。

この宿を経営するのが川畑重治(前田吟)、節子(風吹ジュン)夫妻、そして一人娘・成実(杏)。

ちょうど同じ時期、親の都合で夏休みの間、川畑家に預けられることになった親戚の子・恭平(山崎光)がいた。

湯川博士と少年とのひと夏のふれあい

根っからの子ども嫌いな湯川は、当初恭平に対してあからさまな拒否反応を示していたが、あまりにもしつこくまとわりつく恭平に根負けして、徐々に交流を持つようになる。 


ある朝、堤防下の岩場で男性の遺体が発見される。
それは緑岩荘に宿泊していた客で、元捜査一課の刑事・塚原(塩見三省)だった。

塚原は16年前に起こった元ホステス殺人事件の担当で、どうやらその事件のことで玻璃ヶ浦に訪れていたらしい。 

なぜ塚原は殺されたのか? 
川畑家はなにをひた隠しにしているのか?
16年前の殺人事件の真相は? 


ガリレオ湯川が、秘密のヴェールに包まれていた「謎」の方程式を解き明かしていく。

しかし、解き明かすことで大切なあの人が……。
本作は物理学的ミステリーだが、と同時に大切な人を守ろうとする、
家族、親子の愛の物語でもある。 

普段は大学で教鞭をとる湯川が、本作では美しい自然のなかで少年と過ごす時間がとても丁寧に描かれています。(だから、いつもの研究室は、出てきません)

恭平の夏休みの宿題のため、湯川が一緒に実験をするシーンなど、今までのガリレオシリーズでは見ることがなかった、ハートウォーミングなシーンになっている。


福山雅治主演作品
『容疑者Xの献身』11/30※再放送あり
『真夏の方程式』12/7※再放送あり
『そして父になる』12/14※再放送あり

3週連続スペシャル


ブログランキング・にほんブログ村へ
日本映画専門チャンネル
関連記事

Posted on 2014/12/13 Sat. 13:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0515

ことしのカンヌ映画祭 河瀬直美監督の「2つ目の窓」がノミネート  




3作品目の河瀬作品に期待!

 

世界三大映画祭の一つ、フランスのカンヌ国際映画祭が14日から始まり、最優秀賞を競うコンペティション部門には日本から河瀬直美監督の作品もノミネートされ、受賞が期待されています。


ことし67回目を迎えたフランスのカンヌ映画祭は14日夜、世界各国の映画関係者が集まって開幕しました。

今年の審査委員長は、女性としては唯一のパルムドール(最高賞)受賞監督であるジェーン・カンピオン監督が務めます。

最も注目を集める最優秀賞の「パルムドール」を競うコンペティション部門には、18作品がノミネートされました。

このうち日本からは河瀬直美監督の「2つ目の窓」がノミネートされ、来週20日に現地で公式上映が行われる予定です。

日本の映画としては1997年に今村昌平監督の作品「うなぎ」がパルムドールを受賞しており、それ以来、17年ぶりの受賞となるか期待が寄せられています。





「2つ目の窓」
 Still the Water(英題)
 (WOWOW FILMS)

【監督】
河瀨直美

2013年カンヌ国際映画祭で審査員をつとめ、同映画祭にて1997年
『萌の朱雀』
カメラドール(新人監督賞)。
2007年
『殯の森』でグランプリ(審査員特別大賞)を受賞。

 【キャスト】
村上虹郎、杉本哲太、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳、榊英雄、常田富士男ほか 

★————–★

全世界が待ち望んだ河瀨直美監督最新作「2つ目の窓」。島に抱かれ暮らす16歳の少年と少女、そして彼らを取り巻く大人たちの姿を通して、命のつながりや、人と自然との共生、生と死といったテーマが描き出される。この時代を生きる人々への一筋の希望を伝える人間ドラマです。

【ストーリー】
奄美大島で暮らす16歳の界人は満月の月明かりの下、この島に太古より伝わる八月踊りの晩に海に漂う水死体を見つける。クラスメートの杏子はそんな界人の様子を見つめていた。一方、ユタ神様として親身に島民たちの相談に乗っていた彼女の母は余命宣告を受け……。

★————–★
<2014年7月26日 全国ロードショー>


 『萌の朱雀』『殯の森』に続く3作品目のノミネート


【ここに注目】
日本の土着性を作品に投影し、海外でも高い評価を得ている河瀬直美監督が、奄美大島を舞台に描く人間ドラマ。歌手のUAと村上淳の息子の村上虹郎と『わたしのハワイの歩きかた』などの吉永淳がW主演を務め、思春期の少年少女を取り巻く人間模様を映し出す。
古都奈良を舞台にしたデビュー作『萌の朱雀』が、カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)に輝き、『殯(もがり)の森』がグランプリを受賞。そして昨年は同映画祭の審査員を務めた河瀬監督の最新作が、初のパルムドールに手が届くか!?


これまでのカンヌ関連記事
http://ameblo.jp/osakalove50/entry-11517812345.html
http://ameblo.jp/osakalove50/entry-11531734407.html
http://ameblo.jp/osakalove50/entry-11539753462.html


参考:映画『2つ目の窓』公式サイト
http://www.futatsume-no-mado.com/

シネマトゥデイ


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/05/15 Thu. 11:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド