メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0102

『神戸スポーツ映画祭! 2018』今年で3回目、神戸でスポーツと映画のフェス  




今年で3回目を迎えた『神戸スポーツ映画祭』が、1月20日から26日まで兵庫県神戸市の元町映画館で開催される。


825kLlWu.jpg


昨年、開港150周年イベントが開催された港町・神戸。19世紀末には、日本で初めて映画(キネトスコープ)が一般公開された「日本の映画発祥の地」でもある。

さらに、20世紀初頭、イギリス人貿易商A.H.グルームによって神戸市の六甲山上に日本最古のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」が造成されるなど、神戸は、国際港湾都市として外国文化とスポーツが根ざした街でもある。ゴルフ、マラソン、ボクシングなど各種スポーツ競技の発祥の地とも言われている。

映画とスポーツ競技の発祥の地―。この日本で唯一のレガシーを有する国際都市で「スポーツ映画祭」が、今年も開催される。


第1回は台湾でも空前の大ヒットとなった日本と台湾をつなぐ高校球児たちの軌跡を描いた「KANO 1931海の向こうの甲子園」など7作品が上映された。


a47beeaf.jpg

今回も野球、サッカー、バスケット、プロレス、馬術など力作、感動作6作品が上映される。


中井貴一主演の「アゲイン 28年目の甲子園」は2015年公開。ここでも以前に紹介しましたが、元高校球児が、再び甲子園をめざす「マスターズ甲子園」をテーマにした重松清原作の「アゲイン」を映画化した泣ける作品だった。


オフィシャルサイトでは「過去2回の開催では、神戸を愛する多くの皆さまにサポートしていただき継続することができました。今後も3回、4回、5回…と継続していくにあたり、ひとりでも多くの皆さまのご支援、ご協力、ご来場を心よりお待ちしております。」と呼びかけている。




《上映作品》
アゲイン 28年目の甲子園
ウイニング・パス
おっさんのケーフェイ
世界でひとつの金メダル
ネクスト・ゴール!
MARCH

※作品の詳細は
https://www.kobe-sff.com/movies






関連記事
日本初。スポーツをテーマにした映画祭「神戸スポーツ映画祭!」20日から
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2404.html

映画「アゲイン 28年目の甲子園」娘たちに見て欲しい!
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1728.html






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/01/02 Tue. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0218

日本初。スポーツをテーマにした映画祭「神戸スポーツ映画祭!」20日から  




元町映画館で20日から26日まで開催
ゲストを招いてのトークショー、グッズ販売も



日本を代表する国際都市であり阪神淡路大震災から21年、復興に取り組む港町神戸で2月20日から「神戸スポーツ映画祭!」が開催される。

同映画祭は、日本のサッカーやゴルフの発祥の地と言われている神戸の歴史的遺産を生かし、スポーツ映画に特化した作品の上映やコンテンツサービスで街を盛り上げるようと企画された。

神戸市中央区の元町映画館で26日まで開催される。

イベントでは、ボクシングの世界に足を踏み入れる2人の高校生の姿を描いた北野武の「キッズ・リターン」をはじめ、このブログでも何回か紹介した台湾で大ヒットを記録した「KANO~1931海の向こうの甲子園~」など、サッカー、マラソンなど6競技6作品を上映する。

a47beeaf.jpg 

2月20日には「キッズ・リターン」に出演した石橋凌さんを招いたトークショーも開催される。

また、映画祭に先駆けて19日まで「パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト」を上映中。1998年のツール・ド・フランス覇者で、ドーピング疑惑からロードレース界を追われ、34歳の若さで不慮の死を遂げたマルコ・パンターニの人生に迫ったドキュメンタリーだ。

ユニークなのは、競技やチームを問わずユニフォームを着用して来場した人には「ユニフォーム割引」が適用されるチケットも販売してくれるという。




神戸スポーツ映画祭!


2016年2月20日(土)~26日(金)
兵庫県 元町映画館
(神戸市中央区元町通4-1-12)

上映作品

「KANO~1931海の向こうの甲子園~」野球
「キッズ・リターン」ボクシング
「クラシコ」サッカー
「人生はマラソンだ!」マラソン
「ハナ ~奇跡の46日間~」卓球
「60万回のトライ」ラグビー
「パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト」自転車
※2月19日(金)までのプレ上映

登壇者(予定)
石橋凌 / 宇都宮徹壱(写真家、ノンフィクションライター) / 平澤大輔(「クラシコ」プロデューサー) / 村上晃一(ラグビージャーナリスト)

料金(1作品)
前売り券 1300円 / 当日券 1500円 / ユニフォーム割 1300円

日本と台湾、野球がつなぐ両国の絆 映画「KANO」現地で公開
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

 映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」永瀬正敏、大沢たかお
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1748.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/02/18 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0515

「カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットに海街4姉妹!是枝作品の受賞に期待!!  



華やかなカンヌで若き日本の女優たちが登場。清々しい風が流れます。
女優の綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが現地時間14日、フランスで開催中の「第68回カンヌ国際映画祭」で行われた、コンペティション部門出品作『海街diary』の公式会見に出席しています。

劇中で姉妹役を務める女優陣は、南仏らしいさわやかな装いで登場し、それぞれフランス語であいさつ。

映画について綾瀬さんが
「古き良き日本の暮らし、そこに生きる人たちの強さ、美しさ、それと共に日本の移り変わる四季がとても美しい」と語ると、

長澤さんも
「女性の美しさが描かれている作品。監督が女性に対してすごく愛情と尊敬の気持ちを持ってくれている。女性ってすごいんだなと感じました」と笑みを浮かべる。


カンヌについて「映画という100年以上続いてきた豊かな文化に関わっていることを誇りに思い、自分が何に向かうべきなのか考える時間を与えてくれる、すてきな場所だと思っています」と是枝監督はコメントしています。

『海街diary』は吉田秋生さんのコミックが原作の4人姉妹の物語で、父親の死をきっかけに母親の違う妹と一緒に暮らすことになった姉妹が葛藤を乗り越えながら、互いを理解し絆を深めていくさまを描いています。

最優秀賞は日本時間の今月25日未明に発表されることになっています。 派手さはない映画ですが、個人的には日本の映画史に名を残すような作品になると思います。




是枝監督作品

大好きなテレビマンユニオン出身なんです。やっぱりドキュメンタリーに携わってたとか。主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。

『誰も知らない』は第57回カンヌ国際映画祭で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞。
『そして父になる』は第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けている。


第68回カンヌ国際映画祭は24日まで開催。
 映画『海街diary』は6月13日より全国公開 



ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事

Posted on 2015/05/15 Fri. 19:19 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0302

加瀬亮主演×ホン・サンス監督「自由が丘で」  






 加瀬烈なラブコール出演が決まる。





韓国の鬼才ホン・サンス監督が瀬亮を主演に迎えた最新作「自由が丘で」のポスタービジュアルが公開された。

思いを寄せる韓国女性クォンを追いかけてソウルへやってきた主人公モリが、クォンとの再会を待ちながら「自由が丘」というカフェのオーナーやゲストハウスの宿泊客らと交流を深めていく姿を、ホン監督ならではの遊び心あふれる手法で描き出す。



かねてホン監督作品のファンだった加瀬からのラブコールで、今作のタッグが実現した。

ホン監督は「加瀬亮という人をはじめてみたとき、特別なぐらい印象的だった。この映画は、加瀬亮さんに出てもらうというところからはじまっています。加瀬さんと一緒に仕事ができてとても楽しかった」と評している。



ポスター画像は、何かを探しているような表情で坂を登る加瀬の姿がメインとなり、下部にはモリがソウルで出会う人々とのシーンを切り取った写真が並ぶ。

加瀬とホン監督作品常連女優ムン・ソリがベッドで横たわるカットもあり、劇中ふたりがどのような関係になるのか、期待が高まる。



※この記事は2014年12月12日の再ポストです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/03/02 Mon. 04:47 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0227

第88回キネマ旬報ベスト・テン「そこのみにて光輝く」が邦画1位! #日本映画   







キネマ旬報社は8日、同社が選出する「2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン」の受賞作品を発表、日本映画「そこのみにて光輝く」外国映画「ジャージー・ボーイズ」が第1位作品に選出されました。

個人賞でも「そこのみにて光輝く」の呉美保監督が日本映画監督賞、高田亮氏が同脚本賞を獲得。

同作と「白ゆき姫殺人事件」に出演した綾野剛(32)が主演男優賞に輝いた。

主演女優賞は「百円の恋」「0.5ミリ」の安藤サクラ(28)、新人女優賞に門脇麦(22)、同男優賞には東出昌大(26)が、助演女優賞は小林聡美(49)、同男優賞は池松壮亮(24)が選ばれました。 




《これが言いたい!》

世界一の歴史を誇る映画雑誌『キネマ旬報』が、1924年(大正13年)より主催してきた映画賞「キネマ旬報ベスト・テン」

米アカデミー賞よりも歴史が古く、2014年のベスト・テンで88回目を迎える。

映画業界内外で“最も中立的で信頼に足る映画賞”と評価を受けている。




 【日本映画ベスト・テン】 

1位 そこのみにて光輝く 
sokono

2位 0.5ミリ 
miri

3位 紙の月
kami

4位 野のなななのか 
5位 ぼくたちの家族 
6位 小さいおうち 
7位 私の男 
8位 百円の恋 
9位 水の声を聞く 
10位 ニシノユキヒコの恋と冒険 
10位 蜩ノ記  



【外国映画ベスト・テン】
 
1位 ジャージー・ボーイズ 
jaji

2位 6才のボクが、大人になるまで。 
rokusai

3位 罪の手ざわり 
tumi

4位 エレニの帰郷 
5位 ブルージャスミン 
6位 インターステラー 
7位 リアリティのダンス 
8位 インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 
9位 ウルフ・オブ・ウォールストリート 
10位 ラッシュ/プライドと友情 



 【文化映画ベスト・テン】

1位 鳥の道を越えて
 tori

2位 千年の一滴 だし しょうゆ
 sen

3位 夢は牛のお医者さん 
yune

4位 三里塚に生きる 
5位 鬼来迎-鬼と仏が生きる里- 
6位 ホッパーレース~ウンカとイネと人間と~ 
7位 圧殺の海 沖縄・辺野古 
7位 福島 六ヶ所 未来への伝言 
9位 よみがえる文明開化 
10位 イラク チグリスに浮かぶ平和



3位の「夢は牛のお医者さん」は、AKB48の横山由依さんがナレーションをしていました。作品は、新潟のテレビ局が獣医師を目指す少女を追った26年間の記録。

日本テレビ系「ズームイン!朝!」や「NNNドキュメント」で放送され反響を呼んだTeNYテレビ新潟制作のドキュメンタリーを映画化した。

その反響と作品自体の質の良さから、上映館を50館以上に拡大。全国の小中学校から自主上映のオファーが100件近く届くなど、教育面でも注目を集めています。

東京では最初、「ポレポレ東中野」で上映していましたが、夏休みに渋谷の「アップリンク」で追加上映されました。


 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/08/kiji/K20150108009593960.html

2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン
 

http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/2014/award/



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング
関連記事

Posted on 2015/02/27 Fri. 23:55 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0227

【報知映画賞】宮沢りえと大島優子が女優賞をダブル受賞「紙の月」  



女優部門は「紙の月」がW受賞――第39回報知賞



AKB48を卒業し本格的に女優業に転進した優子さんが吉田大八監督の最新作「紙の月」で第39回報知映画賞・助演女優賞を受賞した。



さらに同作の主演女優・宮沢りえさんが、02年の「たそがれ清兵衛」(山田洋次監督)以来、12年ぶり2度目の主演女優賞を受賞。宮沢さんは、7年ぶりの主演作品に「役者で良かったと、心から思える作品に出会えた」とコメントしている。

一方の大島は、6月にAKB48を卒業。女優転身後、わずか5か月での栄冠。

報知新聞Webによれば、幸先の良いスタートに喜びのあまり言葉を失ったという。「まさか、という感じ。本当にうれしい。今後、代表作は『紙の月』と言えますね」と大島さん。真っ先に栃木の父に電話で報告した。

映画「紙の月」では、絶対的エースだったアイドル時代とは一転、銀行の窓口係として働く“今どき”のどこにでもいそうな女の子を演じた。「決して出番が多いわけではなく、特異なキャラクターでもないが、確かな存在感を見せたこと」(報知記者)が受賞につながったのだろう。

昨年末のNHK紅白歌合戦で卒業を電撃発表。その直後、今年1月から撮影に入った。「女優としての覚悟を決めなきゃいけない時期だったから、緊張でガチガチだった」と振り返る。

一方でグループの活動も続けており、新たに覚える振り付けが山積みだったが、「映画の現場では必死に“アイドル色”を消そう。休憩時間も絶対に振り付けの練習をしない」と誓い、作品に集中したらしい。 

撮影では、共演した宮沢、小林聡美な経験豊富な姿をとおして「女優の仕事は生きざまがにじみ出る。人生の全てを懸けて芝居に打ち込まないと」と思い知らされたという。

AKB時代、7万人収容のコンサートでも平然と歌っていたが、映画の現場では緊張の連続だったという。「女優の仕事は本当に好きなことだから、絶対に妥協したくない」と、今後についても意欲的だ。
 

AKB48の師でもある秋元康総合プロデューサーからも喜びのメッセージが。
1


◆大島優子(おおしま・ゆうこ)1988年10月17日、栃木県生まれ。26歳。7歳から子役として芸能活動をスタート。2006年4月、AKB48の第2期メンバーとして加入。愛称は「ゆうこ」。他の主な映画出演作には「闇金ウシジマくん」「劇場版SPEC~結~」などがある。血液型B。
 

◆記事参考:
スポーツ報知WEB

◆この記事は2014年11月28日にポストした記事です。



 

関連記事

Posted on 2015/02/27 Fri. 23:53 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0210

岩井俊二映画祭映画『花とアリス殺人事件』の公開に先立ち2/8から開催中  

岩井俊二映画祭
『リリイ・シュシュのすべて』
トークショー付き上映会を2/18開催


『リリイ・シュシュのすべて』トークショー付き上映会には
岩井俊二監督と俳優の郭智博が登壇



映画『花とアリス殺人事件』の公開に先立ち開催されている「岩井俊二映画祭」で、『リリィ・シュシュのすべて』の上映日が2月18日に決定、トークゲストとして岩井俊二監督と俳優の郭智博さんが登壇します。

同映画祭は、岩井監督が撮った10作品の中から、投票で選ばれた2作品が上映されるというもの。

18日のゲスト、郭智博さんは『リリイ・シュシュのすべて』でスクリーンデビューを果たし、『花とアリス』では宮本先輩を演じていました。新作『花とアリス殺人事件』では花とアリスが通う中学校の先生の声を担当しています。

2月20日から新宿バルト9ほか全国で公開される『花とアリス殺人事件』は、女子高生の花と親友・アリスを巡る恋や友情を描いた2003年の短編映画および2004年の長編映画『花とアリス』の前日譚にあたる作品。主人公の花とアリスの出会いにまつわるエピソードを描く。
(記事参考:CINRA.NET


昨日8日は映画祭の初日で、岩井俊二監督とスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが出席しました! 





岩井俊二映画祭『リリイ・シュシュのすべて』上映スケジュール

○日時:2月18日(水)18:15開場/18:30開演
○会場:新宿バルト9
○トークゲスト:岩井俊二監督、郭智博(俳優)
※チケットは2月6日(金)18:00よりドリパスにて発売開始
https://www.dreampass.jp/e791

■岩井俊二映画祭概要
○開催期間:2月8日(日)~2月18日(水)
○会場:新宿バルト9
○2月8日(日)『花とアリス』
【ゲスト】岩井俊二監督、鈴木敏夫プロデューサー
○2月16日(月)『スワロウテイル』
【ゲスト】岩井俊二監督、小林武史氏(音楽家)



ブログランキング・にほんブログ村へ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると励みになります。
関連記事

Posted on 2015/02/10 Tue. 12:59 [edit]

CM: 0
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド