メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0624

俳優 三船敏郎さん、タランティーノ監督ら ハリウッド殿堂入り  



ハリウッド商工会議所はこのほど、ハリウッド大通り沿いの歩道、通称「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に新たに星を刻まれることになった29組の名前を発表した。

IMG_1502_20100425021732.jpg 

ハリウッドの観光名所となっている「ウォーク・オブ・フェーム」には、映画、テレビ、音楽、ラジオ、演劇などの各界で活躍した人物を対象に、毎年数百人の候補者の中から選ばれた25名ほどが追加されている。

今回は、「羅生門」「七人の侍」などの黒澤明監督作品で世界的に知られる故三船敏郎さんが、日本人あるいは日本関連としては早川雪洲、マコ岩松、ゴジラに次ぐ4人目の殿堂入りを果たした。

mifunetoshirou 


2016年度に殿堂入りするスターは以下の通り
(アルファベット順)

▽映画
ブラッドリー・クーパー、クエンティン・タランティーノ、マイケル・キートン、スティーブ・カレル、カート・ラッセル、アシュレイ・ジャッド、三船敏郎(故人)

▽テレビ
キャシー・ベイツ、トレイシー・モーガン、アリソン・ジャネイ、デビッド・ドゥカブニー、ロブ・ロウ、デブラ・メッシング、ローマ・ダウニー、バーバラ・ベイン、ゲイリー・シニーズ、ウィリアム・S・ペイリー(故人)

▽音楽
アダム・レビーン、ブルーノ・マーズ、LL・クール・J、シンディ・ローパー、シャーリー・シーザー、ジョセフ・B・“ジョー”・スミス、イツァーク・パールマン、キャス・エリオット(故人)

▽ラジオ
ラルフ・ローラー

▽演劇
ケビン・ハート、アンジェリカ・マリア、ハーベイ・ファイアスタイン

(映画.com速報)


ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/06/24 Wed. 18:21 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

タナダユキ監督の新作映画『ロマンス』大島優子主演のロードムービー  

 
大島優子&大倉孝二の箱根珍道中


8月29日から全国で公開される同作は、『ふがいない僕は空を見た』『四十九日のレシピ』などの作品で知られるタナダ監督にとって、2008年の映画『百万円と苦虫女』以来のオリジナル脚本作。

小田急電鉄の特急ロマンスカーで車内販売を行うアテンダントの北條鉢子が、映画プロデューサーを名乗る怪しい中年男・桜庭との出会いをきっかけに、何年も会っていない母を探すため箱根で珍道中を繰り広げる一風変わったロードムービー。

2009年公開の「テケテケ」以来6年ぶりに映画主演を果たした大島がアテンダントの鉢子を、「ピンポン」などで知られる個性派俳優、大倉孝二が桜庭を演じる。

ロマンス1 

公開されたポスタービジュアルは、今年『第40回木村伊兵衛写真賞』を受賞した川島小鳥が撮影。ロマンスカーの車内でアテンダントの制服に身を包んだ大島の姿が写し出されている。

イラストは、山田洋次監督の映画『小さいおうち』のポスタービジュアルも手掛けたいとう瞳が担当している。


http://www.cinra.net/assets/img/v1/pia/cl.png); background-attachment: initial; background-size: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-position: 0px -40px; background-repeat: no-repeat;">作品情報

『ロマンス』


2015年8月29日(土)から新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
監督・脚本:タナダユキ
出演:
大島優子
大倉孝二
野嵜好美
窪田正孝
西牟田恵
配給:東京テアトル


関連記事
大島優子 タナダユキ脚本監督の映画「ロマンス」で主演、今秋公開


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
関連記事

Posted on 2015/05/29 Fri. 08:33 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0527

「第三回 新・午前十時の映画祭」が好調  




 「第三回 新・午前十時の映画祭」は、
2016年3月18日までTOHOシネマズ日本橋ほか全国で開催。

午前10時の映画祭1 

4月4日から全国54スクリーンで開催されている「第三回 新・午前十時の映画祭」が、上映6週目を終えて累計観客動員5万8262人(5月15日まで)を突破しました。興行収入は5604万1700円となり、一昨年と昨年の6週目の動員数を超えて過去最高記録を更新しています。

企画が、オールド映画ファンにも浸透し定着してきたということでしょうか。



2013年と14年の過去2回の同上映会では、新規セレクト作品と再上映の人気作品の計25作品を上演しましたが、今回は計30作品を上映。

1週間上映と2週間上映のグループに分けて全国の映画館で上映していますが、4週間上映された新規セレクト作品の「リトル・ダンサー」(2001年)は1万6095人を動員。リクエストの多かった「小さな恋のメロディ」(1971年)は1万7149人を動員しました。

午前10時の映画祭2 

さらに、GWの5月2日から上映された「ローマの休日」(1954年)と「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989年)は、上映2週間にも関わらず、それぞれ動員1万3826人と1万1192人を記録したということです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ



関連記事

Posted on 2015/05/27 Wed. 18:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0518

鈴木京香「おかあさんの木」原作読み聞かせ 全国の小学校で実施!  

 
 「おかあさんの木」は6月6日全国公開 

女優の鈴木さんが5月14日、主演映画「おかあさんの木」の舞台になった長野県上田市を訪問し、全校生徒47人の小さな小学校で子どもたちに映画の原作本を読み聞かせました。

映画.comによれば戦後70年を記念して製作された映画「おかあさんの木」は、32年もの間、小学校5年生の教科書に掲載され続けている、故大川悦生氏の同名児童文学が原作ということです。

その映画に主演する鈴木自身の発案による企画で、「70年前、家族と離れてひとり戦場へ旅立った子どもがいたこと、子どもを断腸の思いで見送り、帰りを待ち続けたお母さんがいたことを、子どもたちに知ってほしい」と思いを明かしています。



読み聞かせは、映画の舞台となった長野・上田市からスタートし、

  1. 18日には愛知・名古屋市内、
  2. 19日には大阪府内、
  3. 20日には鹿児島県内の小学校で実施される。
  4. さらに、21日には広島県内の小学校を訪問。

最後は、平和記念公園で献花と折鶴の奉納を行います。





ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/05/18 Mon. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0515

「カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットに海街4姉妹!是枝作品の受賞に期待!!  



華やかなカンヌで若き日本の女優たちが登場。清々しい風が流れます。
女優の綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが現地時間14日、フランスで開催中の「第68回カンヌ国際映画祭」で行われた、コンペティション部門出品作『海街diary』の公式会見に出席しています。

劇中で姉妹役を務める女優陣は、南仏らしいさわやかな装いで登場し、それぞれフランス語であいさつ。

映画について綾瀬さんが
「古き良き日本の暮らし、そこに生きる人たちの強さ、美しさ、それと共に日本の移り変わる四季がとても美しい」と語ると、

長澤さんも
「女性の美しさが描かれている作品。監督が女性に対してすごく愛情と尊敬の気持ちを持ってくれている。女性ってすごいんだなと感じました」と笑みを浮かべる。


カンヌについて「映画という100年以上続いてきた豊かな文化に関わっていることを誇りに思い、自分が何に向かうべきなのか考える時間を与えてくれる、すてきな場所だと思っています」と是枝監督はコメントしています。

『海街diary』は吉田秋生さんのコミックが原作の4人姉妹の物語で、父親の死をきっかけに母親の違う妹と一緒に暮らすことになった姉妹が葛藤を乗り越えながら、互いを理解し絆を深めていくさまを描いています。

最優秀賞は日本時間の今月25日未明に発表されることになっています。 派手さはない映画ですが、個人的には日本の映画史に名を残すような作品になると思います。




是枝監督作品

大好きなテレビマンユニオン出身なんです。やっぱりドキュメンタリーに携わってたとか。主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。

『誰も知らない』は第57回カンヌ国際映画祭で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞。
『そして父になる』は第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けている。


第68回カンヌ国際映画祭は24日まで開催。
 映画『海街diary』は6月13日より全国公開 



ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事

Posted on 2015/05/15 Fri. 19:19 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0505

映画『MOZU』の新キャストが発表 ダルマにはビートたけし!松坂桃李、伊勢谷友介の出演が決定。  




羽住組が描く革新的な映像世界



このドラマシリーズは、映画「海猿」シリーズ等を手がけた
羽住英一郎監督率いる“羽住組”が
テレビドラマのスケールを凌駕したド迫力のアクションシーンを撮りました。


ドラマは、その細部にまでこだわった映像世界、実力派俳優たちの重厚な演技、本格アクションが大きな反響を呼び、ギャラクシー賞テレビ部門月間賞や、東京ドラマアウォード作品賞等を受賞しました。


“映像化不可能”と言われ続けてきた逢坂剛のハードボイルド小説「百舌」シリーズ。

そのTBS×WOWOW共同制作ドラマ「MOZU」を映画化した
劇場版「MOZU」の新キャストが発表されました。

西島、香川照之、真木よう子の3人と劇場版から新たに彼らに対峙する最強の敵として松坂李、伊谷友介、ビートたけしの出演が決定。


ダルマをビートたけしが演じる!


シリーズ最大の闇“ダルマ”と呼ばれる謎の存在を狂気に満ちた異常さで演じるのがビートたけし。今回の出演について「自分の好きなアメリカのサスペンスドラマに似た展開で面白いと思い引き受けた」という。


さらに、「西島君は、おいらのラジオ時代からの熱狂的ファンで、共通の趣味もある。気の合う相棒みたいなものだから、楽しい現場になりそうだね」と西島との共演も楽しみにしているようす。


松坂は「ダークな役をやりたいと以前から思っていたので、今回の権藤という男は演じていて非常に楽しいです。撮影中に顔に血飛沫があがる場面があったのですが、テンションがものすごく上がり、興奮しました」と犯罪実行部隊を率いる残虐非道な暗殺者演じる。


伊勢谷は、冷静沈着な犯罪計画を立案するブレーンを演じる。「『MOZU』は昨今珍しいくらいハードボイルドが極まった作品だなと感じます。自分自身とは全く違うキャラクターなので、チャレンジしがいがあります」と意欲を燃やしている。


■劇場版「MOZU」あらすじ


劇場版では、西島演じる倉木が妻の死の真実に辿り着いてから半年後を描く。

気力を失った倉木と、警察への不信感から警察を辞め探偵事務所を開いた大杉(香川照之)、そしてともに謎を追っていた明星(真木よう子)が、あるテロ集団による高層ビル大規模強盗・脅迫事件に出くわすところから物語が展開していく。


妻子の死の謎を追う公安警察官 倉木(西島)は、大杉(香川) 明星(真木)とともに、一連の『MOZU事件』で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒した。

しかしそれは、恐るべき謀略の氷山の一角に過ぎなかったのだ。

あれから半年…。

高層ビル占拠爆破事件とペナム大使館襲撃事件、二つの大規模テロが同時発生した。

これらは、犯罪プランナー高柳(伊勢谷)と暗殺専門の殺し屋権藤(松坂)ら同一グループによる犯行であった。

実は彼らは、日本事件史の闇と言われる存在「ダルマ」(ビートたけし)の名のもとで、ある犯罪計画を極秘裏に進行しているのだった。

灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木達と、
最後の敵=ダルマとの死闘が
ついに幕を開ける!



 劇場版「MOZU」は、11月7日から全国で公開。



関連記事
MOZU season2 最終回!倉木、美希が弧狼島へ そして百舌の復讐は!



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング ブログ村




関連記事

Posted on 2015/05/05 Tue. 14:13 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0430

映画「あん」の主題歌、秦基博×河瀬直美「水彩の月」MV完成  

 




秦基博の新曲「水彩の月」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「水彩の月」は6月3日リリースのニューシングルの表題曲。映画「あん」の主題歌として、監督を務める河瀬直美からのオファーを受け書き下ろされたナンバーだ。

MVは秦サイドから河瀬監督へ依頼して制作されたもので、撮影は河瀬監督が居を構える奈良県の原生林を中心に、監督自身が16mmフィルムなどを回しながら行われた。

なおシングルの初回限定盤にはDVDが付属し、河瀬監督が撮影した「秦 基博 × 河瀬直美 ~もう一度君に会えるとしたら~プライベート映像」と題した映像を観ることができる。


秦基博 コメント

大自然に抱かれて気持ちの良い撮影でした。1度に3分までしかまわすことの出来ない16mmフィルムでの撮影は、間違えていけない、という独特の緊張感もありました。
そういうドキドキの一発勝負な感じが、どういう仕上がりになるのか、とても楽しみです。

河瀬直美監督 コメント

撮影はとても楽しかったです。被写体としての秦くんは、やっぱり歌い始めると絵になるな、と思いました。
普段だと本当に気を抜いている感じというか、それが魅力なんですけど、奈良の街を歩いていてもオーラを消しているのかほとんど誰にも気付かれないのが、歌い始めるとパァーっと惹き付けられる感じがしました。天候にも恵まれて、それまで晴れ続きで乾いた森の感じだったのが、前日に朝までかけて雨が降ったことで、木々がそれを吸収して、呼吸しているような映像が撮れたのでよかったです。

記事引用:音楽ナタリー
http://natalie.mu/music/news/145823


映画「あん」


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング にほんブログ村
関連記事

Posted on 2015/04/30 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0429

岩井俊二監督作品がアヌシー国際アニメーション映画祭に選出されました。  

 

「花とアリス殺人事件」
仏・アヌシー国際アニメーション映画祭
長編コンペティション部門に選出





岩井監督が初めて手掛けた劇場版長編アニメ「花とアリス殺人事件」が、世界最大級のアニメ映画祭であるフランスで開催のアヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門に選出されました。

この映画祭には、95の国と地域から2605作の応募があり、その中からグランプリの「クリスタル賞」を選出するノミネート作品の1本として選出されたということです。これは快挙ではないでしょうか。 

映画祭は、6月15~20日(現地時間)に開催され、岩井監督が現地入りするということです。

2月の公開前にこのブログでも何度か紹介しましたが、「花とアリス殺人事件」は、岩井監督が原作、脚本、監督を担当した実写映画「花とアリス」(04年)の前日譚(たん)。

実写版でダブルヒロインを演じた女優の鈴木杏さんと蒼井優さんが、アニメ版でも再び同じ役の声を担当。2人が演じた有栖川徹子と荒井花の出会いなどが描かれています。


同映画祭の長編コンペティション部門では、1993年に宮崎駿監督の「紅の豚」、95年に高畑勲監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」がグランプリを受賞しており、2007年には細田守監督の「時をかける少女」、11年に原恵一監督の「カラフル」が特別賞を受賞しています。




ブログランキング・にほんブログ村へ  
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/04/29 Wed. 16:11 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0417

「海街diary」是枝監督最新作がカンヌ出品  



是枝裕和監督「海街diary」
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず出演



3人の異母姉と暮らす浅野すず(広瀬すず)の揺れる心


女優の綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが4姉妹を演じる映画「海街diary」(是枝裕和監督)が、5月13日に仏カンヌで開幕する「第68回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に出品されることが16日、分かりました。




是枝監督は「前作『そして父になる』が僕自身9年ぶりのコンペ出品だったので、今回また選ばれたことは、正直驚きでした。素直に嬉しいです。国際映画祭はゴールではなく、より多くの人々に映画を届ける為のスタートだと考えていますし、中でもカンヌはその出発点としては最高の場所だと思っています。四姉妹と一緒にその始まりを体感できたら、と思います。一見すると、穏やかな春の海のようなこの映画があの場所でどのように受け止められるのか? 今から楽しみです」と喜びを語っている。

映画は、2013年にマンガ大賞を受賞した吉田秋生(あきみ)さんの同名マンガが原作­。

綾瀬さん、長澤さん、夏帆さん演じる香田家の3姉妹(幸、佳乃、千佳)が、父の死を­きっかけに異母妹のすずと出会い、鎌倉でともに暮らす姿が描かれる。




映画は6月13日公開

ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/04/17 Fri. 07:50 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0402

映画『エイプリルフールズ』古沢良太脚本、リーガルハイのスタッフで  

 


『リーガルハイ』製作陣による映画『エイプリルフールズ』 


 脚本:古沢良太&監督:石川淳一 

大ヒットドラマシリーズ「リーガルハイ」コンビと
総勢27名の超豪華キャストが贈る 愛と感動と爆笑のエンタテインメント超大作!
エイプリルフール、小さな“嘘”が最高の奇跡を起こす!!!


4月1日から全国東宝系で公開される『エイプリルフールズ』は、脚本の古沢良太、監督の石川淳一をはじめ、テレビドラマ『リーガルハイ』の製作陣が手掛ける新作映画。

テレビドラマ『リーガルハイ』や、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『寄生獣』などの脚本で人気の古沢にとって、オリジナル脚本の映画化は2007年の『キサラギ』以来となる。

映画は、2015年4月1日のとある大都市を舞台に、何気なくついた嘘が連鎖して大騒動に発展していく様を、同時進行する7つのエピソードを通して描く群像劇。



公開された予告編とフォトでは、主演で対人恐怖症の妊婦を演じる戸田恵梨香がセックス依存症の天才外科医を演じる松坂桃李を銃で脅すシーン。

大学生役の窪田正孝と矢野聖人が互いに同性愛を告白する場面。不運続きの救急隊員を演じる岡田将生が怪しげな占い鑑定を受ける様子などが紹介されている。

キャスト陣には日本映画界を代表する里見浩太朗、富司純子を迎え、ユースケ・サンタマリア、小澤征悦、菜々緒、戸次重幸、宍戸美和公、大和田伸也、寺島 進、高橋 努、浜辺美波、 山口紗弥加、滝藤賢一、千葉真一、高嶋政伸、りりィ、岡田将生、生瀬勝久、小池栄子、千葉雅子、窪田正孝、矢野聖人、浦上晟周、木南晴夏、古田新太、と総勢27名の超個性的且つ、超豪華な俳優陣が集結!古沢良太が生み出した強烈なキャラクターを演じます!


動画はココカラ矢印
http://www.cinra.net/news/20150208-aprilfools

記事参考:CINRA.net



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2015/04/02 Thu. 22:00 [edit]

CM: 0
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド