メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1005

大谷翔平がBAの「Rookie Of The Year」に選出  




野球専門誌「ベースボール・アメリカ」が今季の「Rookie Of The Year」にエンゼルスの大谷翔平を選出した。


大谷は、渡米1年目で打者として104試合に出場し打率.285、OPS.925、わずか326打数で22本塁打、61打点、10盗塁の好成績を残した。


また、投手としては10試合の登板にとどまったが4勝2敗、防御率3.31、WHIP1.16、奪三振率11.0とメジャーリーグで二刀流として活躍できる可能性を示した。





同誌の電子版によれば、メジャーリーグで大谷は、打者としてポール・ゴールドシュミット、投手としては(防御率、9回あたりの平均奪三振数、WHIPで)ルイス・セベリーノ級の成績だったことに言及。


シーズンが始まって最初のアスレチックス戦での99.6マイルのフォーシームやインディアンスのエースでサイ・ヤング賞投手コーリー・クルーバーから放った400フィートを超えるホームランなどを詳しく解説。大谷の二刀流への懐疑論者を沈黙させたと紹介している。


大谷翔平



大谷は1919年のベーブ・ルース以来、メジャー史上2人目となる15本塁打、50イニング登板をマーク。さらに15本塁打と50奪三振、10盗塁は、大谷がメジャー史上初の選手となった。


同誌は、「不可能といわれた期待に応え、投手と打者の二役を世界最高峰の舞台で演じた大谷こそがベースボール・アメリカの2018年の新人王にふさわしい」と論評している。


「Baseball America」は、1980年に創刊された隔週の野球専門誌で、野球に関する国内外のあらゆるテーマを扱っている。


特にドラフト候補のアマチュア選手やマイナーリーグの若手有望株(プロスペクト)に関する情報が充実。プロスペクトを球団やリーグ毎のランキング形式で公表し、選手たちを評価する上での一つの指標となっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/05 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0917

大谷翔平「20本塁打、10登板」は1919年のベーブ・ルース以来2人目、新人王レースに好印象  



大谷は現地15日、本拠地のマリナーズ戦で「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席でセンターオーバーの20号ソロを放った。これを含め、この日は2安打。今季21回目のマルチ安打になった。


20号到達は日本選手ではエンゼルス時代の松井秀喜が2010年に21本塁打を放って以来2人目。これで今季は打者として打率.293、出塁率.371、長打率.593、OPS.964、20本塁打、55打点、9盗塁になった。


わずか316打席(280打数)での20本到達は、「自分ではホームランバッターだとは思っていない」ということだが、大谷の打席を見たマリナーズのイチローは、「初めてのホームランバッターが日本人として(メジャーに)来たなという感じ。今日の20本目がどうかというのは置いておいて、そんな感じがずっとしていた」とコメント。


さらに、「誰が見てもそう。それは僕が説明する必要はない。(この日の本塁打は)ちょっと詰まり気味だった。やっぱりあれがセンターにいくというのはホームランバッターでしょうね初めての」と解説したという。


注目の新人王争いは?




こうなってくれば気になるのは新人王レース。大谷には日本のプロ野球(NPB)でも獲得していないタイトルだ。


NPB時代では本塁打22本が最高だが、残り13試合で、自己最多をマークすれば見えてくるかもしれない。


新人王争いのヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手は552打席(521打数)で打率.299厘、24本塁打、83打点。三塁手として守備の評価は低いが、136試合に出場して規定打席をクリアしている。評価が分かれるところだろう。


DltOkW4U8AENFte.jpg


新人王争いでは、「異色」だがレイズの26歳左腕ライアン・ヤーブロウが14勝5敗、防御率3.79も評価が分かれるところ。


MLBの新しいトレンドだが、ヤーブロは、試合の中盤から登板するロングリリーバー。今季は35試合に登板して先発は6試合のみ。5イニング以上を投げたのは10試合だけ。


勝利数は評価の対象になりにくくあるのも事実だが、セーブ記録で50セーブのクローザーがいるようにレイズの投手起用法にマッチして、このパターンでいけば、リリーバーで来季以降20勝投手が出るかもしれない。150イニング程度で20勝以上も机上の計算上では成り立つ。


ただし、それをどう評価するのか、もう少し見ていく必要はあるだろう。


ちなみに日本選手の新人王は、1995年の野茂英雄(ドジャース)、2000年の佐々木主浩(マリナーズ)、2001年のイチロー(マリナーズ)が受賞している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/09/17 Mon. 05:22 [edit]

CM: --
TB: --
   

0829

大谷、アクーニャ、ソト、ROYを争う3選手が偉大な記録を作るかもしれない  

 


大谷翔平(エンゼルス)、ロナルド・アクーニャ(ブレーブス)、フアン・ソト(ナショナルズ)のルーキー達が偉大な記録を作るかもしれない。


MLBのデータサイト「ベースボール・リファレンス」(Baseball Reference)が面白いデーターを提供しているので紹介したい。





同サイトによると、250打席以上のルーキー3選手がOPS.900以上を記録したシーズンは、100年を超える歴史の中で6回しかなく、過去50年間では2回目の快挙になるらしい。


ただ、OPSは変動するので、シーズンが終了するまで確定しないものがあるが、いずれにしても彼ら3人が新人王(ROY)争いに絡んでくることは間違いないだろう。





直近では2007年シーズンのライアン・ブラウン(ブルワーズ)、ジョシュ・ハミルトン(当時レッズ)、ジェームズ・ローニー(当時ドジャース)の3選手がルーキー資格でOPS.900以上をマークしている。


確かにこの年のライアン・ブラウンは、今でも記憶に残っている。


最終的には113試合の出場で、規定打席には達しなかったが、打率.324、34本塁打、97打点といずれもナ・リーグ新人最高の成績を残し、この年の新人王に輝いた。OPS1.004は、今でも彼のキャリアベストの数字だ。


特に長打率は.634を記録し、これはチームメイトの大砲プリンス・フィルダーを凌ぐリーグ1位。新人としては1987年のマーク・マグワイアを抜き、メジャー史上最高となる数値であった。


ただ、ブラウンに関しては、その後、マイアミのクリニックを舞台とした「バイオジェネシス・スキャンダル」で禁止薬物の使用が発覚しているので、ある程度は差し引いて考える必要はあると思う。


ジョシュ・ハミルトンは、ご存知の方も多いと思うが、壮絶な経緯をたどって2007年に90試合、打率.292、19本塁打、47打点、.922を残している。


ハミルトンは1999年のMLBドラフト1巡目(全体1位)でタンパベイ・デビルレイズから指名された。2000年にはUSAトゥデイの「マイナーリーグ年間最優秀選手賞」を受賞したプロスペクトだったが、2001年のシーズン開幕前に、両親と共に交通事故に遭う。


その後、怪我の治療中にアルコールとコカインの依存症に陥り、2年間もフィールドを離れ薬物更生施設への出入りを繰り返したという。


そうしたものを克服して2007年にメジャーデビュー。苦節8年。復活を称え場内の観客は20秒以上のスタンディングオベーションで彼を出迎えた。その後は2008年に打点王、レンジャーズ時代の2010年には首位打者とア・リーグMVPに輝いた。


大谷やアクーニャには関係ない話だが、ブラウンやハミルトンの名前を見て、ふと思い出した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/08/29 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0612

規格外のパワー、A.ジャッジが特大アーチ!「裁判官執務室」も大騒ぎ  



201センチ、128キロの巨漢、ヤンキースのアーロン・ジャッジ右翼手。MLBの選手というよりNFLのディフェンスエンドのような体型だ。

そのジャッジがホームでのオリオールズ戦でMLBの両リーグトップとなる20号、21号本塁打を放っている。

とくに6回の相手2番手ローガン・ベレット投手から放った20号ソロは、496フィート(約151メートル)の特大弾だった。

DCEL9BqXoAUjBme.jpg


この距離は、『ESPN』が独自に本塁打の飛距離の計測を始めて以来、2009年にウラディミール・バレンティン外野手(現・東京ヤクルトスワローズ)が記録した495フィート弾を超え、衝撃の歴代最長ロング弾らしい。


DCEIIp7XsAAguml.jpg


開幕スタメンを見た時には正直言って驚いた。昨年は84打数で42三振。打率.179の大型扇風機だったからだ。「ベイビーボンバーズ」と、もてはやされたが、捕手のゲイリー・サンチェスの後半53試合での20本塁打という活躍にかすんでいた。



この日2本塁打を放ったジャッジは、4打数4安打3打点と活躍。シーズンの打撃成績を打率.344、21本塁打、47打点として現時点でリーグ三冠王。

コースに逆らわないスイングで、21本中、センターに8本塁打、ライト・センター間に2本、ライトに2本と12本がセンターから右にアーチを架けている。アーチというより弾丸ライナーも多く、前日には、史上最速の121マイル(約195キロ)の打球速度を記録する本塁打も叩き込んだ。

この大活躍に右翼後方のスタンドの一角に作られた「ジャッジズ・チェンバーズ」のファンたちは連日大喜び。

これはジャッジ(裁判官)という名前にちなんで「ジャッジズ・チェンバーズ(裁判官執務室)」という特別席(全18席)に陣取る黒い裁判官用ガウンを着たファンたちだ。




以前にも書いたが、この活躍が続けば「ジェントル・ジャイアント」(優しい巨人)というニックネームを持つ若者の伝説的なシーズンになるかもしれない。


▶関連記事:http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3270.html



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/12 Mon. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0608

ヤンキースの「ジェントル・ジャイアント」アーロン・ジャッジ  


 
オールスター中間発表でもMLBトップのアーロン・ジャッジ

ヤンキースの新人で201センチの外野手がMLBトップの18号本塁打をマーク。ここまで打率.328、OBP.433、OPS1.116という驚異の数字を叩き出している。



先日、このブログでも紹介したが、キャリア初のグランドスラムも記録。ファンからは早くも「MVP!」のチャントも起こったが、本人は「聞かないようにしていた。まだ仕事はあるんだから」と平静にコメントしていた。

自身がホームランを記録した試合でヤンキースは13勝1敗という事実についても「あれこれ言われるが、いま打つことだけを考えているんだ」とコメントした。

ジャッジ


25歳の巨漢は、昨年8月13日にメジャーデビュー。8番・右翼手で先発出場してレイズ先発のマット・アンドリースから初打席初本塁打をセンターに叩き込んだ。

前を打つ7番打者のタイラー・オースティンも初打席初本塁打を放ち、1試合2本のメジャー初打席初本塁打というMLB史上初の快挙だった。

ニューヨークのメディアは、デレク・ジーター、マリアーノ・リベラ、ホルヘ・ポサダ、アンディ・ペティットの「コア・フォー」が引退し、主砲だったA・ロッドも引退試合をした直後のタイミングだったこともあり、その登場や快挙を書きたてた。

しかし、その後は27試合に出場したが打率は.179と低迷。84打数42三振という三振率で、上では通用せず、結局、故障などもあってマイナー降格でシーズンが終わった。

ヤンキースの今季は、彼をはじめとしたプロスペクトたちが、メジャーレベルにステップアップする育成期間のような意味合いが強かった。しかし、予想に反してジャッジは、オールスター級の活躍で、この名門球団の3番打者に定着しつつある。

ルーキーとしてもずば抜けた成績で、このままで行けば間違いなく「新人王」になるだろう。

ジャッジは「養子」で育てられたという。その生い立ちには、ドラマのような背景もあって、多くの人が彼をサポートしてきた。

以前にも書いたが、この活躍が続けば「ジェントル・ジャイアント」(優しい巨人)というニックネームを持つ若者の伝説的なシーズンになるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/08 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド