メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0428

マリナーズはエースが肩の炎症で離脱、好調のM.ハニガーもDL入り  



ジェリー・ディポトGMがマメに動いて地道な補強をした割には、ここまで9勝13敗と結果が出ていないシアトル・マリナーズ。同じく積極補強を仕掛けたヒューストン・アストロズ(14勝7敗)とは好対照だ。

残念ながら、そんなマリナーズの負の連鎖ともいうべき主力の離脱が発生している。

マリナーズの絶対的エース、フェリックス・ヘルナンデス投手が26日(日本時間27日)、右肩の炎症により10日間の故障者リスト(DL)入りした。

先発ローテ5人のうち、ドリュー・スマイリーが60日間DLに入っているマリナーズだが、エースの離脱は致命的な戦力ダウンになる。

球団公式サイトによれば、サービス監督は「ウォーミングアップから感覚がよくなかったようだ。(中略)2イニング目を投げた時、腕の感覚が感じられなくなった。鋭い痛みがあるわけではないが、ボールが走らず、いい感覚がしなかったようだ」と状態について説明したという。

メジャー13年間でDL4回だけという故障が少なかったエースだが、疲労で腕に力が入らなくなるデッドアームのような症状だと思われたが、検査の結果、肩の炎症が確認されたと地元紙タコマニューストリビューンが伝えている。

MLB NETWORKのジョン・モロシ氏も戦線離脱は”最低”でも2週間から3週間のになるだろうとしている。

2枚が抜けた先発ローテには、アリエル・ミランダとクリス・ヘストンが昇格したが、ヘストンは、結果を出せず早々とマイナーに降格した。

マリナーズのデプスチャートを見るとチェイス・デヨングが先発5番手でローテに入り、ディロン・オバートンがロングリリーフの担当で入っている。

さらに、開幕から打率.338と大活躍していたメジャー2年目のミッチ・ハニガー外野手も脇腹負傷でDL入りした。ハニガーは2016年オフに右腕タイフアン・ウォーカー投手、ケーテル・マルテ外野手とのトレードで、ジーン・セグラ内野手らと共にシアトル・マリナーズへ移籍した若手。これもマリナーズにとっては痛手と言えるだろう。

ただ、明るいニュースもありリードオフマンとして移籍してきたジーン・セグラ遊撃手がここへ来てDLから復帰。

28歳の左腕ジェームズ・パクストンも4月は3勝(0敗)、防御率1.39とヘルナンデス、岩隈に次ぐ次世代エースとして台頭してきている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/28 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0419

【DL情報】プラド(MIA)、ポージー(SF)は復帰、グレーブマン(OAK)はDL入り  

 

イチローの古巣“凱旋”が話題になったが、同僚のマーティン・プラド(3B)が戦列に復帰している。これに伴いタイラー・ムーア(1B)がDFAになった。

ベネズエラ代表としてWBCに参戦していたプラドは、サンディエゴで行われたWBC2次ラウンド・アメリカ戦の第3打席で、ショートゴロを打って一塁に駆け込む際に右脚ハムストリングに違和感を覚え、途中退場していた。

プラドはマーリンズではチームリーダー的存在。メジャー12年目で、通算打率.293。昨シーズンは153試合に出場して打率.305、OBP.359、OPS.775。8本塁打、75打点。




WBCアメリカ代表捕手で、昨年のゴールデングラブ賞捕手でもあるジャイアンツのバスター・ポージーも7日間DLから戦列に復帰。18日(日本時間19日)のロイヤルズとのインターリーグ戦で「4番DH」で復帰している。

C9uS1wEVYAAgqzm.jpg


ポージーは10日(同11日)のダイヤモンドバックス戦で頭部に死球を受け、コンカッション(脳震とう)への影響を懸念してDL入りしていた。

アスレチックスは17日(同18日)、右肩を痛めた先発右腕ケンドール・グレーブマンを10日間DLに登録した。なお、DL入りは15日に遡って適用される。

グレーブマンはエンゼルスとの開幕戦で6回2失点と好投するなど、3試合に先発して2勝0敗、防御率2.00の好成績をマーク。しかし、14日のアストロズ戦では5イニング、わずか74球で降板していた。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/19 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0418

オリオールズに悲報!54試合連続セーブ成功の守護神が故障者リストに  



8勝3敗で地区首位を走るオリオールズ。その好発進を支える守護神にアクシデントが発生した。

オリオールズは現地16日、クローザーのザック・ブリットン投手を左前腕の負傷のため10日間の故障者リスト(DL)に登録した。

ブリットンは、14日のトロント・ブルージェイズ戦でカーブを投げた際に痛みを感じたとのこと。この試合は1イニングを投げ切って今季5セーブ目を挙げた。


ザック・ブリットン

2014年の途中からクローザーに転向したブリットンは、

  • 2014年37セーブ、防御率1.64
  • 2015年36セーブ、防御率1.92
  • 2016年47セーブ、防御率0.54


昨年は、5月5日から8月22日にかけて43試合連続自責点ゼロのMLB記録を更新。69試合に登板し、防御率0.54 (7失点・4自責点)、シーズン65イニング以上投げた投手としてはMLB最高という圧倒的なパフォーマンスを示した。

この結果、リーグ1位の47セーブ、史上4人目となるセーブ失敗なしでの40セーブ以上を記録。サイヤング賞投票でも4位。2年連続でオールスターに選出された。

ハードシンカーが武器で、グラウンドボールの割合は約8割。奪三振率も昨年9.9(15年10.8)と高い数値を示している。

さらに、連続セーブは49連続成功を継続してシーズンを終え、今季5セーブで54試合連続(MLB歴代2位タイ)としている。

ただ、今季は5登板のうち三者凡退に抑えた試合が1試合しかなく、被打率.304・WHIP1.67と不安定なピッチングが続いていた。

★歴代の連続セーブ成功記録
  • 1位 エリック・ガニエ(84試合)
  • 2位 トム・ゴードン(54試合) 
  • 2位 ザック・ブリットン(54試合、継続中)
  • 4位 ジェウリス・ファミリア(52試合)
  • 5位 ホセ・バルベルデ(51試合)
  • 6位 ジョン・アックスフォード(49試合)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/04/18 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0405

【DL情報】メッツのS.ルーゴ、マリナーズのD.スマイリー、肘の故障で長期離脱  



開幕したメジャーリーグで、いきなり悲報が入って来た。

マリナーズの先発左腕ドリュー・スマイリー投手が、肘の故障で多血小板血漿(PRP)の注射を受ける。メッツの先発右腕セス・ルーゴ投手は、PRP治療を受けた。これは15年オフにヤンキースの田中将大が受けた治療法と同じ。

マリナーズのスマイリーは60日間の故障者リスト(DL)に入った。復帰は早くても6月下旬という事だから、先発ローテーションに戻ってくるのは、実質オールスター後になるものと思われる。

スマイリーはオフにレイズからトレードで加入。

2016年シーズンは30試合175回1/3で防御率4.68、7勝12敗、WHIP1.27という成績だったが、最下位のレイズということもあり、バウンスバックが期待される戦力としてマリナーズのジェリー・ディポトGMが、積極的に動いた選手だった。

これでマリナーズの先発ローテーションは、バックアップのアリエル・ミランダが昇格し、フェリックス・ヘルナンデス、岩隈久志、ジェームズ・パクストン、ヨバニ・ガヤードになる。



メッツ期待の若手セス・ルーゴは、さっそく多血小板血漿(PRP)の注射を受けたとのことで、今後2週間は投げない予定。

27歳のルーゴは昨季、メジャーデビューを果たすと、先発8試合を含む17試合に登板して5勝2敗、防御率2.67の好成績をマーク。

期待された今季だが、オープン戦では3月27日のナショナルズ戦で5回途中までに8安打、4失点を喫するなど、4試合の登板で防御率5.56と結果が出ていなかった。

トミー・ジョン手術を受けるかどうかは現時点で未定となっている。メッツによると、投球練習を再開したのち、リハビリの様子を見て手術の必要性を判断するという。

昨年から故障者が相次いでいるメッツの先発陣。左腕スティーブン・マッツが左ひじの炎症により5月まで戦線離脱。開幕投手を務めた右腕ノア・シンダーガードは指のマメをつぶして次回登板を1日ずらして登板する。


ランキングに参加しています、
お手数ですが、ポチっとお願いします。↓

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/04/05 Wed. 18:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0318

【DL情報】マーリンズのマーティン・プラドがWBCでハムストリング負傷  



マーリンズでイチローの同僚であるマーティン・プラド三塁手が右脚のハムストリングを負傷した。

ベネズエラ代表としてWBCに参戦しているプラドは、サンディエゴで行われているWBC2次ラウンド・アメリカ戦の第3打席で、ショートゴロを打って一塁に駆け込む際に違和感を覚えたようで、途中退場した。

その後、マーリンズのキャンプ地、南フロリダに飛んで土曜日にはMRI検査を受けるという。

プラドはマーリンズではチームリーダー的存在。メジャー12年目で、通算打率.293。昨シーズンは153試合に出場して打率.305、OBP.359、OPS.775。8本塁打、75打点。



マーリンズでは、同じように捕手のAJエリスが、2月下旬にハムストリングを痛めた。彼の場合は最初は2、3日間の安静で済むと考えられたが、それ以来、エリスはグレープフルーツリーグの試合に出場していない。

ということで、プラドのハムストリング負傷が長引くようであればマーリンズにとっては大きな戦力ダウンになる。

プラドの穴埋めとしては、ミゲル・ロハスまたはデレク・ディートリッヒが考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/03/18 Sat. 06:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0928

【DL情報】ナッツのW.ラモス捕手がひざのACL断裂で今季絶望  



 現地24日にナ・リーグ東部地区で2年ぶりの優勝をきめたワシントン・ナショナルズの正捕手ウイルソン・ラモスが、右ひざの前十字靭帯(ACL)断裂で、今季絶望になった。ダスティ・ベイカー監督が火曜日の試合前に発表した。



 26日のダイヤモンドバックス戦の6回に負傷退場したもようで、2012年にも痛めた同じ箇所だった。

 29歳のラモスは、ナ・リーグの捕手としてトップタイの打率.307をマーク。22本塁打、80打点はキャリアハイで、オールスターにも選出されたリーグを代表する捕手だ。

 今季終了後にフリーエージェントになり、先日もチームから3年3000万ドルの契約延長を打診されていた。ポストシーズン進出を決めているチームにとっては、正捕手で4番打者を失ったことになる。

 ナショナルズでは、ブライス・ハーパー外野手が、先日痛めた親指のレントゲン検査を行ったところ重傷ではないことが判明している。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/09/28 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0922

メッツの右腕デグロームが右ひじを手術 チームは左腕マッツの復帰に期待  



 ニューヨーク・メッツの先発右腕ジェイコブ・デグローム投手が右ひじの手術を受け、今季絶望となることが分かった。

 メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」によれば、メッツは当初、17日に行われたミネソタ・ツインズ戦までにデグロームが回復すると見ていた。しかし、同投手が練習中に痛みを訴え、右ひじの尺骨神経損傷との診断を受けたことで事態が急変した。

 デグロームは、今季24試合に先発登板して7勝8敗、防御率3.04という成績。ただし、ラスト3試合は0勝3敗、防御率9.82と球威がなくなっていた。




メッツは穴埋めを、早ければ23日にも戦列復帰する左腕スティーブン・マッツ投手に期待している。

先発左腕スティーブン・マッツは21日、本拠地シティ・フィールドでブルペン練習を実施。1か月ほど実戦から遠ざかっていたことから復帰戦では50~60球程度の球数制限を設ける方針だ。

 25歳のマッツは今季、22試合の先発で9勝8敗、防御率3.40をマーク。しかし、8月14日の登板後に左肩の違和感を訴え、15日間のDLに登録されている。

 これにより順調に行けばメッツの先発ローテーションは、ノア・シンダーガード、マッツ、バートロ・コローンに、セス・ルーゴとロバート・グセルマンのどちらかが続くという形となりそうだ。

ナ・リーグのワイルドカード争いは80勝72敗でメッツ、ジャイアンツ、カージナルスが並んでいる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/09/22 Thu. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0919

【DL情報】故障者相次ぐインディアンス、先発カラスコの右手にも直撃弾  

 

 インディアンスの先発右腕カラスコが右手を骨折し、今季中の登板が絶望になったと球団公式サイトが17日に報じている。

カラスコはこの日、タイガース戦に先発。1回に先頭打者キンズラーへの2球目、95マイルの4シームを打ち返した打球が右手を直撃。小指近くの第5中手骨の骨折と診断された。

カラスコは今季、11勝8敗、防御率3.32で、ア・リーグ中部地区首位で2007年以来の優勝を狙うチームを支えてきた。

 インディアンスは、先日も先発投手のサラザールが前腕屈筋の軽い張りで登板を回避しており、ポストシーズンでの復帰が微妙な状況。

 さらに、肩の故障で6週間離脱していたヤン・ゴームズ捕手も復帰直前の16日、マイナーで調整していた際に右手首を骨折。カラスコ同様、今季中の復帰は絶望的と見られる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/09/19 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0908

【DL情報】ストラスバーグがDLから復帰登板で3回に緊急降板  



今季3度目のDL入り、シーズンエンドか!?

 8月後半に右ひじ痛のため故障者リスト(DL)入りしていたワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグが現地7日、本拠地での復帰登板の3回途中、42球を投げたところでマウンドを降りた。

右腕の詳しい状況は分からないが、ナショナルズは15日間のDLに彼を登録している。

今季3度目のDL。この時期から考えてポスト―ズン進出が有力なチームの戦力にならない可能性がある。



 最初のDLは、背中の張りによる15日間で、この措置は6月16日に遡って適用された。2度目は、右ひじ痛で8月21日から15日間。

 今季は、開幕から無傷の13連勝を飾るなど、この試合まで23試合の先発登板で145.1回、15勝4敗、防御率3.59、WHIP1.11、奪三振179をマークしている。

 2010年にトミージョン手術を受け、昨年は、5月30日に首の張りで15日間のDL入り。オフには背中の腫瘍(良性)を摘出する手術を受けている。

 ナショナルズのダスティ・ベイカー監督は以前に「彼には9月、そして10月を万全な状態で臨んでほしいと思っている」と語っていたが、10月のストラスバーグは見られないかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/09/08 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0906

ドジャースのカーショーがマーリンズ戦で復帰登板 イチローとの対決は!?  



 6月26日のパイレーツ戦を最後に離脱、椎間板ヘルニアで障者リスト入りしているロサンゼルス・ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手が、現地9日のマイアミ・マーリンズ戦で復帰することが分かった。

 デーブ・ロバーツ監督は球数にこだわらないと語っているが、現在ナ・リーグ西地区首位のドジャースは来月のプレーオフを見据える状況にある。

 カーショーは3日に行われた1Aでのリハビリ登板で3回を投げて内野安打1本、5奪三振、無四球と好投。試合で35球、ブルペンで15球を投げた。

CrnwVG6UAAAehGd.jpg

 カーショーの復帰でドジャースは、前田健太と7月末の移籍後、DLから復帰して好投のリッチ・ヒルを含めた先発ローテーションでポストシーズンを戦うことになる。

 ロバーツ監督は「私たちはリーグ最強の先発三本柱を擁していると言える。だが、それもクレイトンありきの話だ」と語っている。

 サイ・ヤング賞を3度受賞したメジャーを代表する左腕は、故障した6月後半まで11勝2敗、防御率1.79、145奪三振と絶好調だった。

 復帰戦はマイアミ・マーリンズということでイチローとの対戦が楽しみだ。カーショーとイチローの対戦成績は、8打数3安打、打率.375、2三振。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2016/09/06 Tue. 12:39 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド