メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1229

【AL西部地区】マリナーズのここまでの戦力補強状況  

 


現地27日までの補強状況をワールドシリーズの覇者アストロズや大谷翔平が移籍して注目のア・リーグ西部地区から見てきたが、今回は、16年連続でプレイオフ進出を逃したマリナーズを紹介したい。

ジェリー・ディポトGMは、MLBきってのトレーダーで就任以来、多くのトレードを成立させているが、2017年は先発陣の故障に苦しめられた。


2013年 地区4位
2014年 地区3位
2015年 地区4位
2016年 地区2位
2017年 地区3位


何度か紹介したように盗塁王ディー・ゴードン二塁手をマーリンズから獲得。外野の中堅手として起用するプランだ。

11月15日にトレードでアスレチックスから、26歳のリオン・ヒーリー一塁手を補強。一塁手は期待のプロスペクトが育たず、この数年の補強ポイントだった。ヒーリーは、昨年2年目で打率.271、25本塁打とブレイクしただけに期待できそうだ。

他には、11月にウェーバにかけられたところをクレームしたアンドリュー・ロマインが内外野のユーティリティとしてベンチ入りが濃厚。

先発に比べブルペンの補強が目立ち、カージナルスからFAで獲得のフアン・ニカシオは、試合の後半を任せられることになりそうだ。ほかにショーン・アームストロングをインディアンスからトレード、マイク・モーリンをロイヤルズからウェーバで獲得している。

マイナー契約では3Aクラスの外野手3名など、投手・野手含めて12名を追加している。

一番気になる故障の多い先発陣は、ここまで特に補強はなかったのが気になる。

先発ローテは、ジェームズ・パクストン、フェリックス・ヘルナンデス、マイク・リークの3人を軸に。4、5番手は、右腕エラスモ・ラミレスと左腕マルコ・ゴンザレスが契約の関係でロースターに残る。

しかし、春キャンプの成績次第で4、5番手は左腕アリエル・ミランダらを起用することも考えられる。岩隈久志はここでも紹介したように本格的な稼働はオールスター以降になると思われる。

余談になるが、17年はルーキーの外野手3名が台頭したが、先発投手では、下記の2名の投手がプロスペクトで、次に来るかもしれない。

23歳右腕アンドリュー・ムーア(BP5位、BA6位)
24歳右腕マックス・ポブセ(BP4位、BA8位)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/29 Fri. 08:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1203

【MLB契約情報】岩隈は250万ドル、インセンティブは最高で600万ドルの契約  




マリナーズからクラブオプションを行使されてFAになった後にマイナー契約で再契約した岩隈久志が、来季メジャー昇格した場合は年俸250万ドル(約2億8,800万円)になると、米メディア「ファンラグ・スポーツ」のジョン・ヘイマン記者が自身のツイッターで報じた。

岩隈は、これにインセンティブ(出来高払い)で最高600万ドル(約6億9,000万円)が付く。先発登板数などに応じて加算されていく契約だ。



岩隈のこれまでの契約金
  • 2012年 150万ドル
  • 2013年 655万ドル(650万+インセンティブ5万)
  • 2014年 650万ドル
  • 2015年 700万ドル
  • 2016年 1,350万ドル(1,000万+サインボーナス100万+インセンティブ250万)
  • 2017年 1,400万ドル


17年は、右肩故障などでわずか6試合の登板に終わったことから、右肩の回復を懸念して出来高の割合が多い契約になった。メジャー昇格が無かった場合は100万ドル。


岩隈久志


岩隈は、右肩の負傷で5月に故障者リスト入り。結局、登板しないままシーズン中の9月27日には右肩のクリーニング手術を受けた。

17年の契約は、一定の条件を満たした場合に1,000万ドル(約11億円)で自動更新されるべスティングオプション。しかし、条件を満たさなかった場合は、マリナーズ側にも選択権があるものだった。

このオプションが有効になるには今季162イニングを投げるか、16年と17年の合計で324イニングを投げることが必要だった。昨シーズンは199イニングを投げていたため、残り125イニングで有効になるはずだった。

岩隈の実績をもってすれば約20試合ほど先発すれば、楽々とクリアできるオプションだったが、残念なことに今季は6試合31イニングしか投げていない。

16年が33試合199イニング、16勝12敗(防御率4.12)。17年、6試合31イニング、0勝2敗。

1,000万ドルの18年度契約は自動更新されず、マリナーズはクラブオプションを行使して契約を破棄。岩隈はFAになって、クラブ側と上のような条件でマイナー契約した。


岩隈は、マリナーズひと筋で、MLB通算150試合136先発で63勝39敗2セーブ。防御率3.42。WHIP1.143、FIP3.86、勝率.618、与四球率1.88、K/BB3.86はいずれも同期間のア・リーグトップ10に入る好成績だ。

ヘルシーな状態に戻ればマリナーズの安定した力になることは間違いない。開幕ロースターは無理でも、勝負どころの後半戦に復帰して、これまでのような数字を残せば、球団からすれば安い契約と言える。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/12/03 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1128

【MLB契約情報】岩隈久志がマリナーズとマイナー契約で再契約  




岩隈久志がマリナーズとマイナー契約で再契約したというニュースが入って来た。

来年4月に37歳になる右腕は、今季オフにシアトル・マリナーズから来季の契約オプションを破棄されてフリーエージェント(FA)になっていた。




ジェリー・ディポトGMはGM会議でメディアのインタビューに応えメジャー挑戦の大谷翔平やイチロー外野手の復帰について語ると同時に、岩隈久志の去就についても語っていた。

岩隈は、右肩の負傷で5月に故障者リスト入り。その後は状態が上がらず、結局登板しないままシーズン中の9月27日には右肩のクリーニング手術を受けた。

今季の契約は一定の条件を満たした場合に1,000万ドル(約11億円)で自動更新されるべスティングオプション。しかし、条件を満たさなかった場合は、マリナーズ側に選択権があるオプションが付帯していた。

このオプションが有効になるには今季162イニングを投げるか、16年と17年の合計で324イニングを投げることが必要だった。昨シーズンは199イニングを投げていたため、残り125イニングで有効になるはずだった。

岩隈の実績をもってすれば約20試合ほど先発すれば、楽々とクリアできるオプションだったが、残念なことに今季は31イニングしか投げていない。

16年が33試合199イニング、16勝12敗(防御率4.12)。17年、6試合31イニング、0勝2敗。1,000万ドルの18年度契約は自動更新されず、マリナーズはクラブオプションを行使して契約を破棄。岩隈はフリーエージェント(FA)になっている。


岩隈久志


同GMは「岩隈は来年は5月頃まで、投げられるか分からないので、どういう形になるか分からないが、彼も残留を望んでいる」と、岩隈側の希望を語ったうえで、球団として18年のクラブオプション額(1,000万ドル)を大幅減俸してメジャー契約するか、もしくはマイナー契約を含めて来季もマリナーズと再契約する方針である事を含ませた発言をしていた。

岩隈は、マリナーズひと筋で、MLB通算150試合136先発で63勝39敗2セーブ。防御率3.42。WHIP1.143、FIP3.86、勝率.618、与四球率1.88、K/BB3.86はいずれも同期間のア・リーグトップ10に入る好成績だ。

ヘルシーな状態に戻ればその実績と共に地元での人気もある。親日の球団というマリナーズのイメージもある。

肩の不安が解消できれば、マリナーズの安定した力になることは間違いない。じっくり治して、バウンスバックに期待している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/11/28 Tue. 06:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

1114

【MLB契約情報】マリナーズFAの岩隈はディポトGMが再契約に期待を持たせる発言  



「ウォルト・ディズニー・ワールド」などに近いフロリダ州オーランドで始まったメジャーリーグのGM会議。

2016年まで任天堂が筆頭株主だったこともあり日本人選手を多く受け入れてきたシアトル・マリナーズだが、シーズン終了後、岩隈久志の来季クラブオプションを破棄した。これにより日本人在籍選手はゼロになった。

ジェリー・ディポトGMはGM会議でメディアのインタビューに応えメジャー挑戦の大谷翔平やイチロー外野手の復帰について語ると同時に、岩隈久志の去就についても語った。

岩隈は、右肩の負傷で5月に故障者リスト入り。その後は状態が上がらず、結局登板しないままシーズン中の9月27日には右肩のクリーニング手術を受けた。

今季の契約は一定の条件を満たした場合に1,000万ドル(約11億円)で自動更新されるべスティングオプション。しかし、条件を満たさなかった場合は、マリナーズ側に選択権があるオプションが付帯していた。

べスティングオプションが有効になるには今季162イニングを投げるか、16年と17年の合計で324イニングを投げることが必要だった。昨シーズンは199イニングを投げていたため、残り125イニングで有効になるはずだった。

岩隈の実績をもってすれば約20試合ほど先発すれば、楽々とクリアできるオプションだったが、残念なことに今季は31イニングしか投げていない。

16年が33試合199イニング、16勝12敗(防御率4.12)。17年、6試合31イニング、0勝2敗。1,000万ドルの18年度契約は自動更新されず、マリナーズはクラブオプションを行使して契約を破棄。岩隈はフリーエージェント(FA)になっている。

岩隈久志

同GMは「岩隈は来年は5月頃まで、投げられるか分からないので、どういう形になるか分からないが、彼も残留を望んでいる」と、岩隈側の希望を語ったうえで、球団として18年のクラブオプション額(1,000万ドル)を大幅減俸してメジャー契約するか、もしくはマイナー契約を含めて来季もマリナーズと再契約する方針である事を含ませた発言をしている。

岩隈は、マリナーズひと筋で、MLB通算150試合136先発で63勝39敗2セーブ。防御率3.42。WHIP1.143、FIP3.86も悪くない。ヘルシーな状態に戻れば実績は十分だ。

来季4月に37歳になるが、肩の不安が解消できれば、マリナーズの安定した力になることは間違いない。じっくり治して、オールスター以後の先発陣に疲れが見え始めた頃に戻ってローテを活性化させる、そんなシナリオをファンとしては願っている。


◇記事参考
http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20171114-OHT1T50058.html


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/11/14 Tue. 17:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1104

【MLB契約情報】オプション行使、それとも破棄!? 主要選手の去就は?  



ワールドシリーズを制覇したヒューストン・アストロズは、ホセ・アルトゥーベ二塁手、内外野を守れるマーウィン・ゴンザレス外野手の来季契約オプションを行使した。あれだけ活躍したのだから当然だろう。

MLBではオプトアウト権などの権利の選択をワールドシリーズ終了後から3日以内と規定しているため、ワールドシリーズが終了した翌日から、次々と来季契約のオプション行使や破棄が判明する。


blog_import_54ca746dc246c.jpg


全米4大スポーツのロースターに詳しい専門サイトによる「MLB TRANSACTION TRACKER」を参考に紹介したい。

同サイトがランキングする5段階の3以上のインパクトがある選手を中心に、球団がオプションを行使して残留する選手と破棄されてFAとなった選手を紹介する。


【球団がオプションを行使した選手】

ホセ・アルトゥーべ(2B)アストロズが600万ドル
クリス・セール(SP)レッドソックスが1250万ドル
クレイグ・キンブレル(CL)レッドソックスが1300万ドル
アンドリュー・マカッチェン(OF)パイレーツが1450万ドル
ジョシュ・トムリン(SP)インディアンスが300万ドル
ジェド・ラウリー(UT)アスレチックスが600万ドル
マーウィン・ゴンザレス(OF)アストロズが125万ドル
アズドルバル・カブレラ(SS)メッツが850万ドル
ネイサン・イオバルディ(SP)レイズが200万ドル



【オプション破棄】
グレッグ・ホランド(CL)ホランド側がロッキーズとの1500万ドル破棄
マイク・マイナー(RP)マイナー側がロイヤルズとの1000万ドル破棄(ミューチャルオプション)
アニバル・サンチェス(SP)タイガースが1600万ドル破棄
リッキー・ノラスコ(SP)エンゼルスが1300万ドル破棄
ヒューストン・ストリート(CL)エンゼルスが1000万ドル破棄
岩隈久志(SP):マリナーズが1000万ドル破棄
ヨバニ・ガヤルド(SP):マリナーズが1300万ドル破棄
ウェイド・マイリー(SP):オリオールズが1200万ドル破棄
J.J.ハーディ(SS):オリオールズが1400万ドル破棄



ミューチャルオプションとは選手と球団の双方の合意で更新されるオプションのこと。各選手のバイアウトの額は省略した。



http://www.rosterresource.com/mlb-transaction-tracker/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/11/04 Sat. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1103

【MLB移籍情報】マリナーズが岩隈、ガヤルドの契約オプション破棄  



MLB公式サイトによるとシアトル・マリナーズは2日(日本時間3日)、2018年に球団が選択権をもつ岩隈久志との1000万ドルの契約、ヨバニ・ガヤルドとの1300万ドルの契約オプション(選択権)を破棄して行使しないことを発表した。

オプションを破棄した場合の選手に支払われるバイアウト(早期解約料)は、岩隈久志が100万ドル、ヨバニ・ガヤルドは200万ドルに設定されている。

両選手は事実上の戦力外通告で、退団が正式に決定し、フリーエージェント(FA)になった。

岩隈は、9月末には来季の復活に向けて内視鏡手術を受けた。これにより、FA市場で厳しい立場になる。

メジャー6年目の今季は右肩痛に苦しみ、6試合31イニングで0勝2敗、防御率4.35に終わった。5月3日のエンゼルス戦を最後に故障者リスト入りした。


岩隈久志


岩隈は15年のシーズン終了後、一旦はドジャースと契約寸前まで行ったがメディカルチェックの結果、契約には至らなかった。

その後、マリナーズと再契約して16年は199イニングで16勝(12敗)、防御率4.12をマーク。今季の投球回数と合わせて324イニング(残り125イニング)を投げれば、18年は1500万ドル(約17億円)の契約が自動更新されることになっていた。

来年の4月には37歳なる右腕は、この2年間の防御率が4.15と、3点台だった12年から15年までの4年間と比べると悪化しており、現実問題としてメジャー契約を提示するチームはないだろう。

おそらくマイナー契約で、春のキャンプはノンロースターインバイティー(non-roster invitee)として厳しい状況に追い込まれる。毎年多くの選手の情報を追いかけているが、ここから40人枠に入る選手は、ほとんどいないのが現実だ。


岩隈久志


近鉄時代から岩隈のマウンドにはワクワクさせてもらった。近鉄、楽天、シアトル・マリナーズと弱いチームの主力としてチームをプレイオフに導いた。日米で通算170勝。強いチームならとっくに200勝していた。200勝まであと30勝。

投げれるのなら、日本で勇姿を見たい気もする。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/11/03 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0916

岩隈久志、復帰の見込みは薄くフリーエージェント確実、日本球界復帰も視野!?  




先発ローテの軸であるフェリックス・ヘルナンデスとジェームズ・パクストンが復帰したシアトル・マリナーズ。しかし、あの男の姿はない。

5月3日を最後にメジャーのマウンドから遠ざかっている岩隈久志だ。今季は6試合に登板して0勝2敗、防御率4.35。5月7日から故障者リストに入った。

その右腕が、日本時間10日に本拠地セーフコフィールドでシュミレイティッドゲームを行い、2イニング、30球を投げたという。

シアトルの地元紙『ニュース・トリビューン』電子版によれば岩隈は「日々改善されていると感じています。毎日この感覚をモチベーションにして、毎日努力しています」と、逆境に負けない彼らしいポジティブなコメントだった。

しかし、後日、球団公式サイトは「100パーセント無理だとは言わないが、復帰する可能性は非常に低い」とサーバイス監督のコメントを報じた。今季は、これで終了という宣言かも知れない。


岩隈久志


レギュラーシーズンは20試合を切った。時間がない。岩隈の来季はどうなるのか?

来季の岩隈久志の契約は一定の条件を満たした場合に1000万ドル(約11億円)で自動更新されるべスティングオプション。しかし、条件を満たさなかった場合は、マリナーズ側に選択権があるオプションになっている。

べスティングオプションが有効になるには2017年に162イニングを投げるか、2016年と2017年の合計で324イニングを投げることが必要。昨シーズンは199イニングを投げていたため、125イニングで有効になるはずだった。

岩隈の実績をもってすれば約20試合ほど先発すれば、楽々とクリアできるオプションだったが、残念なことに今季は31イニングしか投げていない。

マリナーズが来年4月には37歳となる岩隈久志に1000万ドル(約11億円)を支払うことは考えにくい。既にやり手のディポトGMは来季も契約がある先発投手マイク・リークを獲得している。

このままいけば球団オプションを破棄して、フリーエージェント(FA)となる可能性が強く、31イニングしか投げていない37歳の右腕に40人枠を開けて迎えてくれる球団があるのか、考えにくい。

FAになれば、買い手が付くかどうか。なかなか契約がまとまらず、ストーブリーグの最終盤(1月後半)にマイナー契約で、スプリングトレーニングに参加。といったベテラン選手が多い。メジャーの厳しい現実だ。そのまま引退の可能性もある。

メジャー6年で150試合に登板、そのうち先発が136試合。69勝39敗2セーブ。防御率3.42、WHIP1.143。714奪三振。FIP3.86も悪くない。

2013年にはMLBオールスターにも選出。この年は「サイ・ヤング賞」投票でも3位だった。2015年8月12日にはオリオールズ戦でノーヒット・ノーランを達成している。

岩隈久志


日本球界への復帰も考えられる。近鉄時代には、何度も息子と大阪ドームや藤井寺で岩隈を見た。2004年には開幕12連勝を飾った。楽天時代には08年に21勝を挙げた。そして、シアトル・マリナーズ。

ずっと弱い球団を支えてきた岩隈。そんな懸命な姿が好きだった。日米通算170勝。あと30勝で200勝。とにかくどこでもいい岩隈の勇姿をもう一度見たい。「冬は必ず春となる」。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/16 Sat. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0808

《ラウンドアップMLB》各地区の状況と日本人選手の動向  




《第18週を終了したメジャーリーグの状況》

★ナ・リーグは西部地区でダルビッシュと前田が所属するドジャースが、メジャー最高勝率の79勝32敗(勝率.712)で首位独走中。

先発ローテーション投手の前田は8日(日本時間9日)に登板予定、移籍後の初登板で圧巻の投球を見せたダルビッシュは10日(同11日)に登板予定。

15.5ゲーム差の2位ロッキーズ、3位ダイヤモンドバックスもワイルドカード圏内。同地区の3チームがプレイオフに進出する可能性がある。

中部地区は上原のカブスが58勝52敗で2位ブルワーズと0.5ゲーム差の混戦状況。

上原は試合の要所で起用され続けており、今季42試合、38回の登板で45奪三振、防御率3.32と結果を残している。

東部地区はイチローと田澤のマーリンズが首位ナショナルズと13ゲーム差の2位。

田澤は6日(同7日)、ブレーブス戦で8回に登板し、完璧に抑えて勝利に貢献。前半戦は不調だったが、2試合連続無失点と手薄になったブルペンの中核になりつつある。

イチローは、メジャー通算安打を3061安打とし歴代単独22位になった。代打のみの起用が多く打席数が限定されている。打率.233、今季安打数31本。今季終了後には、先日3000安打に到達したレンジャーズのベルトレ三塁手に現役最多安打数を抜かれているかもしれない。

blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


★ア・リーグは東部地区で田中のヤンキースが59勝51敗で2位に転落し、首位レッドソックスとは3ゲーム差だが、ワイルドカード圏内。

青木のブルージェイズは首位と10.5ゲーム差の最下位。電撃トレードの青木は、7月まで在籍したアストロズ戦で移籍第1号本塁打を叩き込んだ。

西部地区は岩隈のマリナーズが首位アストロズと15ゲーム差の大差をつけられての2位。岩隈は依然、復帰できていない。このままでは37歳になる来季の契約も不利な状況で、日本球界復帰を選択する可能性もある。

中部地区はインディアンス、ブルワーズ、カージナルス、パイレーツが5ゲーム差内で覇権を争う混戦で、今のところインディアンスが首位をキープしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/08 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0612

先発投手の起用数はマリナーズが12人で最多 ヤンキースは6人 田中のQS率は41.7%で最低  



今季ここまでメジャー30球団が何人の先発投手を起用したかを調べてみた。

メジャーは、ベンチ入りが25人枠で先発投手は5人登録が多い。過密日程で、20連戦ぐらいになると中4日のローテーションを強いられる。

彼らには、1シーズン32試合から35試合、イニング数で200イニング以上というノルマが課せられる。そうなると1試合で6回以上3自責点以内というクオリティースタート(QS)が重要になってくる。

コンスタントにイニング数を稼がないとクリアできない過酷ともいえるノルマだからだ。

当然クリアすれば、信じられない報酬を手にする。先発2番手、3番手クラスでも年平均で15億円以上、トップクラスになると30億円以上という高額なサラリーを手に入れることになる。

そんなスーパーエリートともいえるメジャーの先発ローテーションに名を連ねる選手たち。いつ故障するかの予想も立てにくく、それがロースター編成のネックとなるが、いずれにしても開幕から10月まで5人で乗り切るのは無理。例年1シーズンで9~10人前後という数字が出ている。

各球団が60試合前後を消化した時点での先発投手の起用数を調べると、ナ・リーグ(NL)が計112人で平均7.46人。ア・リーグ(AL)が120人で平均8人という数字になった。

個別に見るとヘルナンデス、岩隈、スマイリー、パクストン(復帰)ら、故障の連鎖が続いたマリナーズがすでに12人を起用。とび抜けて多い数字になっている。そんな中でも31勝32敗の借金1で地区3位、ワイルドカード争いでも1.5ゲーム差と健闘している。

イチロー所属のマーリンズも10人と両リーグで2番目に多い。先日、エース格のボルケスがノーヒットノーランを記録したが、チームのQS率31.1%はリーグ最低で、苦しい展開になっている。

逆に同じNL東部地区首位のナショナルズがQS率67.2でMLB最高の数字。ナッツは、クローザーに難があるものの先発ローテは開幕前の予想を裏切らない成績になっている。ほかにはNL中部地区のレッズも10人を起用している。

一方、5人で回っている球団もある。NL中部地区のカージナルスとNL東部地区のブレーブス。ブレーブスは大ベテラン右腕コロンが10日間の故障者リストに入った為、5人を維持するのは難しいだろう。


田中将大


AL東部地区のヤンキースも5人で回していたが、スポット先発で若手のチャド・グリーンを挟んできた。

ヤンキースは、サバシアも調子を取り戻し、若手のセベリーノが防御率2点台の活躍、ピネダも安定。

5人目はスプリングトレーニングで14回2/3を投げて防御率3.68、奪三振12、WHIP0.82、被打率.185と安定した投球を見せたルーキー左腕のモンゴメリーがローテーション投手としての地位をキープしている。

ただ誤算は、エースの田中将大がスランプで、QS率も41.7%と5人の中で極端に低いのが気がかり。

夏場に調子を上げるタイプなので、ヘルシーな状態ならば単なるスランプと見たいが、11日(日本時間12日)のオリオールズ戦で登板のグリーンが好投すれば、当面は6人体制の先発ローテーションも考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/12 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0514

岩隈久志のDLは復帰まで4週間から6週間と診断、来季の契約にも影響  



右肩の炎症のため今月7日にさかのぼって10日間の故障者リスト(DL)入りしたマリナーズの岩隈久志だが、意外と長引きそうな診断結果が出ている。

マリナーズは12日(日本時間13日)、岩隈について精密検査の結果、右肩の炎症により復帰まで4週から6週間離脱する見通しとなったと発表した。

岩隈は3日(同4日)のエンゼルス戦では好投を続けていたが5回に先頭シモンズの打球が左膝に直撃。その後、11日(同12日)に登板予定だったが、左膝ではなく右肩の負傷で登板を回避し、DL入りとなっていた。

36歳の右腕は今季、6回の先発で31イニングを投げ、0勝2敗、防御率4.35という成績だった。



メジャーでは今季からルール変更で、故障者リスト(DL)の登録期間が、15日間から10日間に短縮された。この変更は現場の指揮官、選手から概ね好評だ。

マーリンズのマッティングリー監督は、全治1週間の選手を例に「判断するときに、その選手がさらに8日間いなくても大丈夫か、たった3日間いないと考えればいいのかの違い。3日ならためらわずにDL入りを決断できる」と説明したという。ナショナルズのベイカー監督も「短縮はいいことだ」とコメントしている。

10日間なら戦略的にDLを利用し、選手に休養を与えることも可能。先発陣の層が厚いドジャースに所属する前田は11日にDL入りし登板を1度回避。「いいリフレッシュになる」と球団に感謝した。

ただ、岩隈の場合はそうではなかったようだ。マリナーズは昨年、青木宣親が在籍時に意図的に青木の打席数を減らして契約延長をしなかった経緯がある。

あまりネガティブに考えたくないが、岩隈も予想以上に長引きく場合、来季のオプション契約(自動更新)にも影響が出そうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/14 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド