メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0529

風青し、稀代のスポーツジャーナリスト故・山際淳司さん  

 




時を越えてあの時の興奮を伝えてくれる読み物がある。

「江夏の21球」というルポが好きだった。今でもお気に入りの作品だ。

1980年、スポーツグラフィック・マガジン『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの才能が際立った作品だ。


後に《スローカーブを、もう一球》という、珠玉の8篇を集めた本が出され、日本ノンフィクション賞を受賞している。





取材対象は、1979年11月4日
日本シリーズ第7戦、シーズンの掉尾を飾る最終戦だ。


あの日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。

だから、このルポを目にした時は、何も考えず、その雑誌を手にしていた。

その場所にいたから。その戦いをどんな風に描くのか。それに興味があった。

子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズのファンだった。

巨人でも阪神でもない。近鉄と広島というマイナーチーム同士の対戦!

ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。

山際さんのルポは、対象物との確かな距離感。入り込まず、でも、曖昧でもなく。スポーツの読み物にありがちな「汗と涙」の根性モノではない。

サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。

そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、都会的だった印象がある。

私にとっては、ノンフィクションというジャンルをさらに楽しくさせてくれた作品だった。

私が感じている限り、瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど活字からテレビにも活躍の場を広げた。90年代半ば頃まで、スポーツメディアの中心にいた。

売れっ子になって、忙しかったのだろう、印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。

凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。

1995年5月29日、山際淳司さんは46歳の若さで急逝した。

ご冥福をお祈りいたします。



※以前にも紹介した記事をリライトしました。


■山際淳司さんの作品


(たくさんの中のほんの一部です)

ノンフィクション
  1. スローカーブを、もう一球(1981年)
  2. たった一人のオリンピック(1981年)
  3. ナックル・ボールを風に:スポーツをめぐる14の物語(1983年) 
  4. エンドレス・サマー(1985年)
  5. ルーキー:もう一つの清原和博物語(1987年)
  6. バットマンに栄冠を(1988年)
  7. スタジアムで会おう(1992年)
  8. 彼らの夏、ぼくらの声(1994年)
  9. 風たちの伝説(1995年)

【フィクション・小説】
  1. 夏の終りにオフサイド(1985年) 
  2. 北北東の風、マイナス三度(1986年)
  3. 海へ、ボブスレー(1987年)
  4. リヴァプール・キャッツの冒険(1989年)
  5. ゴルファーは眠れない(1992年)
  6. ダブルボギークラブへようこそ(1994年)



ブログランキング・にほんブログ村へ


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






Posted on 2017/05/29 Mon. 16:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0529

風青し、稀代のスポーツジャーナリスト山際淳司さん  





時を越えてあの時の興奮を伝えてくれる読み物がある。

「江夏の21球」というルポが好きだった。
今でもお気に入りの作品だ。

1980年、スポーツグラフィック・マガジン
『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの
才能が際立った作品だ。


後に《スローカーブを、もう一球》という、
珠玉の8篇を集めた本が出され、
日本ノンフィクション賞を受賞している。




取材対象は、1979年11月4日
日本シリーズ第7戦、
シーズンの掉尾を飾る最終戦だ。


あの日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。

だから、このルポを目にした時は、何も考えず、
その雑誌を手にしていた。

その場所にいたから。その戦いをどんな風に描くのか。
それに興味があった。

子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズのファンだった。

巨人でも阪神でもない。
近鉄と広島というマイナーチーム同士の対戦!

ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを
《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。

山際さんのルポは、対象物との確かな距離感。
入り込まず、でも、曖昧でもなく。
スポーツの読み物にありがちな「汗と涙」の根性モノではない。

サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、
それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。

そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、
都会的だった印象がある。

私にとっては、ノンフィクションというジャンルを
さらに楽しくさせてくれた作品だった。

私が感じている限り、
瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、
執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど
活字からテレビにも活躍の場を広げた。
90年代半ば頃まで、スポーツメディアの中心にいた。

売れっ子になって、忙しかったのだろう、
印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、
そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。
凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。

1995年5月29日、山際淳司さんは46歳の若さで急逝した。
ご冥福をお祈りいたします。



※以前にも紹介した記事をリライトしました。


山際淳司さんの作品

(たくさんの中のほんの一部です)

ノンフィクション
  1. スローカーブを、もう一球(1981年)
  2. たった一人のオリンピック(1981年)
  3. ナックル・ボールを風に:スポーツをめぐる14の物語(1983年) 
  4. エンドレス・サマー(1985年)
  5. ルーキー:もう一つの清原和博物語(1987年)
  6. バットマンに栄冠を(1988年)
  7. スタジアムで会おう(1992年)
  8. 彼らの夏、ぼくらの声(1994年)
  9. 風たちの伝説(1995年)

【フィクション・小説】
  1. 夏の終りにオフサイド(1985年) 
  2. 北北東の風、マイナス三度(1986年)
  3. 海へ、ボブスレー(1987年)
  4. リヴァプール・キャッツの冒険(1989年)
  5. ゴルファーは眠れない(1992年)
  6. ダブルボギークラブへようこそ(1994年)



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2015/05/29 Fri. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

風青し、稀代のスポーツライター山際淳司さんを偲ぶ  






時を越えてあの時の興奮を伝えてくれる読み物がある。


江夏の21球というルポが好きだった。
今でもお気に入りの作品だ。

1980年、スポーツグラフィック・マガジン
『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの
才能が際立った作品だ。

後に
《スローカーブを、も
う一球》という、珠玉の8篇を集めた本が出され、日本ノンフィクション賞を受賞している。


取材対象は、1979年11月4日
日本シリーズ第7戦、
 シーズンの掉尾を飾る最終戦だ。

その日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。
だから、このルポを目にした時は、何も考えず、条件反射的にその雑誌を手にしていた。

子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズ のファンだった。

巨人でも阪神でもない。近鉄広島というマイナーチーム同士の対戦!


ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを
《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。

山際さんのルポは、対象物との確かな距離感。入り込まず、でも、曖昧でもなく。スポーツの読み物にありがちな「汗と涙」の根性モノではない。

サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、都会的だった印象がある。

私にとっては、ノンフィクションというジャンルをさらに楽しくさせてくれた作品だった。

私が感じている限り、瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど90年代の半ば頃まで、メディアの中心にいた。

売れっ子になって、忙しかったのだろう、印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。


1995年5月29日、山際淳司さんは46歳の若さで急逝した。
ご冥福をお祈りいたします。祈り  



山際作品 
(たくさんの中のほんの一部です)

ノンフィクション

スローカーブを、もう一球 (1981年)
たった一人のオリンピック (1981年)
ナックル・ボールを風に:スポーツをめぐる14の物語 (1983年)
 エンドレス・サマー (1985年)
ルーキー:もう一つの清原和博物語 (1987年)
バットマンに栄冠を (1988年)
スタジアムで会おう (1992年)
彼らの夏、ぼくらの声 (1994年)
風たちの伝説 (1995年)

フィクション・小説

夏の終りにオフサイド (1985年) 
北北東の風、マイナス三度 (1986年)
海へ、ボブスレー (1987年)
リヴァプール・キャッツの冒険 (1989年)
ゴルファーは眠れない (1992年)
ダブルボギークラブへようこそ (1994年)




 ブログランキング・にほんブログ村へ


続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2014/05/29 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0308

「江夏の21球」と山際淳司さん  


   
「江夏の21球」
というルポが好きだった。
今でもお気に入りの作品だ。



1980年、スポーツグラフィック・マガジン
『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの才能が際立った作品だ。



後に
《スローカーブを、もう一球》という、氏の作品8篇を集めた本が出され、日本ノンフィクション賞を受賞している。



1979年11月4日。日本シリーズ第7戦
シーズンの掉尾を飾る最終戦。



その日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。だから、このルポを目にした時は、何も考えず、条件反射的にその雑誌を手にしていた。そこにいたから。



子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズ のファンだったから当然の事だろう。



10代後半だった。当時、仲間内で流行っていた願掛けの一種《お願いタバコ》をして、祈るような心境で、その場にいた。


巨人でも阪神でもない。
近鉄広島というマイナーチーム同士の対戦!



近鉄ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを
《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。



対象物との確かな距離感。入り込まず、でも、曖昧でもなく。スポーツの読み物にありがちな汗と涙の根性モノではない。



サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、都会的だった印象がある。



私にとっては、ノンフィクションというジャンルをさらに楽しくさせてくれた作品だった。



山際さんは、私が感じている限り、瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど90年代の半ば頃まで、メディアの中心にいた。



売れっ子になって、忙しかったのだろう、印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。その後、レベルこそ違い同じような仕事をしていたが、凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。



山際淳司さんが46歳の若さで世を去り、すでに17年が過ぎた。あの時から34年目の春が来ようとしている。 


 


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2013/03/08 Fri. 19:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド