メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0927

マックス・シャーザーが年間300奪三振の金字塔、17人目の快挙  




メジャーを代表する右腕マックス・シャーザー(ナショナルズ)が、シーズン300奪三振に到達した。


これは、100年を越えるメジャーリーグの歴史の中で1900年以降で17人目という偉業だ。試合数が増えた近年でも1990年以降でシーズン300奪三振は他にカート・シリング、ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、クレイトン・カーショー、そしてクリス・セールのたった5人しかいなかった。


Dn_pudDX0AAwutM.jpg


2008年にダイヤモンドバックスでデビューしたシャーザー。その凄さは、2009年から10年連続30試合以上に登板、シーズン200イニングを今季も含めて6年連続でクリアしているそのタフさだろう。


先発投手の目標でもあるこうした数値をクリアして、これまでに最多勝とサイ・ヤング賞にそれぞれ3回輝き、2015年には史上6人目となるシーズン2度のノーヒットノーランを達成。最多奪三振のタイトルは16年から2年連続で獲得している。


今季は、WAR9.7という驚異の数値。33試合、220回2/3、18勝7敗、防御率2.53、WHIP0.911、FIP2.65、奪三振率12.2、与四球率2.1と非の打ち所がない成績で3年連続4回目のサイ・ヤング賞も見えてきた。





シャーザーは、節目の300奪三振について「この数字に到達することを夢見ていた。コンスタントにマウンドに立ち、三振を奪うことがいかに難しいかを知っているからね」とコメント。「どうしてもこれをここ、本拠地で成し遂げたかった」とし「ファンの素晴らしいサポートがあった」と感謝の言葉を残した。



関連記事

Posted on 2018/09/27 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0502

MLB 4月の月間リーダー 打率ではM.マチャド、奪三振はG.コール  




 全米が大谷翔平のポテンシャルに驚愕した1か月が過ぎた。ここでは、大谷以外にも開幕から好スタートのプレイヤーを紹介したい。

 本塁打数では、エンゼルスのスーパースター、マイク・トラウトが10本でトップタイ。昨年は5月にヘッドスライディングをして左手親指の靭帯を断裂。7月に復帰したが、その影響で114試合の出場33本塁打にとどまったが、今季は年間50本を上回るペースで量産している。

なお、ヤンキースのディディ・グレゴリウス遊撃手、マリナーズのミッチ・ハニガー外野手も同じく10本。

 ハニガーは、キャリアが実質1年(MLS1.048)。昨年2度の故障者リスト入りで96試合の出場に終わっているので、今季は、初の規定打席を超えたいところ。そうすれば昨年の年間16本を超えて30本近くは打てるポテンシャルがある。

打率では、この夏のトレードが注目されるオリオールズのマニー・マチャドがトップ。どこのユニフォームを着るのか大注目だ。


DcJZsmAV0AArKk3.jpg


 投手部門では、防御率部門でジャイアンツのジョニー・クエトが好調。エース格のマディソン・バムガーナーが3月にピッチャーライナーで骨折して開幕前から戦線離脱したが、その穴を埋める活躍だ。

アスレチックスで強豪レッドソックス相手に“ノー・ノ―”を記録した左腕ショーン・マナエアは、次の試合でも好投して堂々の2位。

 奪三振では、パイレーツからアストロズに移籍したゲリット・コールが61奪三振でトップ。コールは9イニング換算の奪三振数(K/9)でも13.18で先発投手でトップ。

コールは6試合で、5試合が7回自責点2以下のハイクオリティスタート。1試合がクオリティスタートという安定感には目を見張るものがある。

2位はナショナルズのマックス・シャーザー。奪三振率だけでいうと大谷翔平も11.51で、これはMLB全体の先発投手の中で8位になっている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/02 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0410

M.シャーザー10奪三振完封、J.バーランダーも7回9奪三振で2勝目  




大谷翔平は週間MVPを獲得したが、エリートズターター達も快投を演じている。

ナショナルズのマックス・シャーザーは日本時間11日、本拠地のブレーブス戦で9回無失点の完封劇を演じている。許した安打は2安打のみ。初回に味方打線があげた2点を最後まで守りきった。102球を投げてストライクは72。10三振を奪う快投だった。

シャーザーは、2勝1敗、防御率0.90、WHIP0.80。7回には自身初の盗塁も記録している。



昨季、2年連続3度目のサイ・ヤング賞を受賞したマックス・シャーザーだが、完封勝利は15年以来。

10日のアストロズ対ツインズ戦では、アストロズ先発のジャスティン・バーランダーが7回無失点の好投を見せた。バーランダーは散発の4安打に抑え、1四球9奪三振だった。これで今季3試合に先発して2勝0敗、防御率1.45、WHIP0.96。




昨年途中に優勝請負人としてアストロズに移籍。アストロズのレギュラーシーズンで8試合に先発して7勝負けなし。

35歳の右腕は衰えを知らないピッチングで、通算190勝(114敗)をマークしている。今シーズン中には200勝に到達しそうだ。

なお、この試合ではツインズ先発のランス・リンも5回無失点と好投している。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/04/10 Tue. 19:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0921

クリス・セールがシーズン300奪三振 ALでは99年のペドロ・マルティネス以来18年ぶり  



クルーバーになるのか、それともセールか?

サイ・ヤング賞を争うレッドソックスの左腕クリス・セールが20日(日本時間21日)、敵地で行われたオリオールズ戦で今季300奪三振を達成した。

セールは、プレイオフ進出をかけた大事な一戦で8回零封の快投。4安打無四球で13三振を奪う圧巻の内容だった。

年間300奪三振達成は、MLBでは2015年のクレイトン・カーショー(301奪三振)以来、2年ぶりになるが、指名打者制のあるアメリカンリーグ(AL)での同記録は、同じレッドソックスのペドロ・マルティネス(1999年)以来、18年ぶりの快挙になった。

クリス・セール

28歳の左腕は、今季キャリア8年目。昨年はMLB史上最速で通算1500奪三振を達成した。

これまでは15年の273奪三振が自己最多だったが、このままいけばキャリアハイと共に両リーグで年間最多奪三振の記録をマークすることになる。

メディアでは、いろんな記録が飛び交うメジャーリーグだが、1900年以降で年間の最多奪三振は1973年ノーラン・ライアン(アストロズ)の383奪三振。ライアン氏は通算5714奪三振の記録も持っている。

17勝でクルーバーとも並びトップタイ。イニング数ではセールが上回っている。防御率も2.75(AL2位)でクルーバーの2.35(AL1位)に迫っている。年間300奪三振はALで今世紀初の達成ということでインパクトが強い。

個人タイトル争いにも注目していきたい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/21 Thu. 13:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

ダルビッシュ、MLB史上最速、128試合で1000奪三振到達  



ロサンゼルス・ドジャースのダルビッシュ有投手が日本時間9日、本拠地でのコロラド・ロッキーズ戦でMLBキャリア1000奪三振に到達した。

4回無死一塁の場面で3番カルロス・ゴンザレスを空振り三振に仕留めて到達。128試合での1000奪三振到達はメジャー史上最速となった。



これまでの最速はケリー・ウッドの134試合。また、先発投手として812イニングスでの1000奪三振到達も最速。

ちなみに、野茂英雄氏は147試合で到達している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/11 Mon. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0528

M.シャーザー、田中将大がともに13Kで復活の狼煙  




昨季のサイ・ヤング賞右腕マックス・シャーザー(ナショナルズ)と田中将大(ヤンキース)がともに今季最多の13奪三振を挙げている。

前回のブレーブス戦では5回までに106球を費やし、3失点で敗戦投手となったマックス・シャーザーだが、この試合ではパドレス相手に9回2死まで投げて3安打、3四死球、シーズンハイの13奪三振、1失点で今季5勝目(3敗)を飾った。

シャーザーはこれで防御率2.77、WHIP0.94、68回1/3で89奪三振。防御率はNL4位、奪三振は同1位。

ヤンキースの田中将大は現地26日、地元でのオークランド・アスレチックス戦に先発登板。7回1/3を投げてキャリアハイの13三振を奪うなど、5安打、無四球、1失点と好投した。

14日のヒューストン・アストロズ戦で2回途中8失点、20日のタンパベイ・レイズ戦では3回途中6失点と打ち込まれていた。とくに、本塁打の被弾が多く14日は4本、20日の試合では3本だった。

しかし、この日は本塁打の被弾ゼロ、ここ2試合の大乱調を払しょくするピッチングを披露した。

この試合のあと、いつも良く出るバッテリーの相性論が、地元メディアで論争になっている。

打撃が売りの24歳のゲーリー・サンチェスとは今季5試合でバッテリーを組み、計18回1/3で1勝3敗、防御率12.27、被本塁打10。

炎上した開幕戦のレイズ戦や前回登板までの2試合でもバッテリーを組んでいた。

一方、この日は、控え捕手のオースティン・ロマインがマスクを被った。ロマインとは今季同じく5試合でバッテリーを組み、計36回2/3で4勝1敗、防御率2.21、被本塁打2と差は歴然だ。

AP通信によれば、ジラルディ監督は試合後に「(ロマインが)次回以降も田中と組むとは言っていない」と起用法の明言を避けた。

ただ、地元紙ニューヨーク・ポスト電子版は「ロマインが田中の専属捕手を務めても不思議ではない」との見出しで記事を掲載し、ESPNのオルニー記者がツイッターで「ロマインが田中の専属捕手を務めるだろう」と見解を示すなど、ロマイン起用の意見は多い。

ただ、これもわずか5試合で、相性があるのは認めるが、田中の好不調は別なところに原因があるように感じる。

この試合前にも投球フォームを丹念に修正チェックした。しかも雨で1日試合が伸びた。この日の13奪三振のうち8三振が小さく縦に変化するスライダーだった。とくに左打者のフロントドアにストライクゾーンからボールへ曲がる縦スラが有効的だった。

この数年、取り組んでいるツーシームもほとんどなく、カーブを数球混ぜていた。この登板前には、力強いフォーシームへの「原点回帰」という報道もあった。今後のピッチングに注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/28 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0525

クリス・セール、奪三振の新記録更新ならず 8回途中まで4失点  




現地19日のアスレチックス戦でMLB記録の8試合連続二ケタ奪三振をあげたレッドソックスのクリス・セール投手が24日のレンジャーズ戦に先発、6奪三振にとどまり、期待された二ケタ奪三振の記録更新はならなかった。

クリス・セール


新記録に期待がかかった試合だったが、レンジャーズのマイク・ナポリにビッグモンスター超えの11号ソロを被弾するなど4失点。7回1/3で6安打、1四球、6奪三振、4失点(3自責点)だった。

試合は、レッドソックスがレンジャーズ2番手投手のサム・ダイソンを攻略して7回に7点を奪い逆転。セールに5勝目(2敗)がついた。

二ケタ奪三振の連続試合レコードは、1999年のペドロ・マルティネス(レッドソックス)と2015年のホワイトソックス時代の自身が樹立したメジャー記録に並んでいた。




28歳のセールは、2016年12月6日、ヨアン・モンカダ、ビクター・ディアス、マイケル・コペック、ルイス・アレキサンダー・バサベとの1対4の複数トレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍。

今季は10試合に先発。4月は先発した5試合がすべて7回以上2自責点以下というハイ・クオリティスタート。5月の5試合でも4試合で6回以上3自責点以下というクオリティスタートをマークしている。

ここまで防御率2.34、WHIP0.84、73イニングで奪三振101、9イニングあたりの奪三振数(K/9)は12.45と極めて高い数値をマーク。奪三振数でMLB 1位。K/9で同2位。(規定投球回数以上)

MLBオールスターゲームも5回選出されており、昨年はアメリカン・リーグの先発投手を任された。しかし、オールスター後は失速し、3勝6敗、防御率3.56に終わった。

後半戦へのスタミナが問題だが、レッドソックスは左腕デビッド・プライスの復帰が予定されるし、先発ローテの補強を画策中との噂もあり、セールの負担を軽減できる条件は揃っていると考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/25 Thu. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0517

ダルビッシュ、日本人投手で最速のMLB通算50勝  





レンジャーズのダルビッシュ有投手が16日(日本時間17日)、日本人投手最速でMLB通算50勝を飾った。本拠地でのフィリーズ戦で7回を4安打、1失点と好投し、今季4勝目(2敗)を挙げた。

ダルビッシュの好投で5-1で勝利したレンジャーズは、これで7連勝となり、5割復帰を果たした。

ダルビッシュは強風の中、スライダーを中心に組み立て、95球中70球がストライク。

本塁打の出やすいスタジアムで、1発を警戒しながら、ゴロアウト7、フライアウト2という内容。奪三振は、2ケタには届かなかったが、2回以降は、毎回の9三振を奪った。

5回までわずか51球。5回表の2死までは12人連続で打ち取り、初対戦の相手を支配した。

6回、7回に球数を費やしたが、最速98マイルのフォーシームと強風で一段と変化の鋭かったスライダー、ブレーキングカーブが相手の打撃陣を翻弄した。

これで5試合連続でクオリティースタート、自身3試合ぶりに勝ち星がついた。



またメジャー通算109試合目の登板で節目の50勝目(32敗)に到達。日本人投手では野茂英雄(123勝)、黒田博樹(79勝)、岩隈久志(63勝)、松坂大輔(56勝)、大家友和(51勝)に続き、6人目となった。


この夏、ウエイバー公示なしトレードの注目の一人になっているダルビッシュ。好調ヤンキースが獲得するのでは、という可能性まで噂されたが、ここにきてレンジャーズがアストロズとの差を詰めていけば、レンジャーズも手放せないはずだ。

いずれにしても、このオフに契約が終了し、フリーエージェントになるダルビッシュ。その前に実績を積み重ねていくことは大切だろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







関連記事

Posted on 2017/05/17 Wed. 12:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0505

ナッツのマッド・マックスが11奪三振、Dバックスを粉砕!  



ナショナルズのマックス・シャーザー投手が4日(日本時間5日)、ホームでのダイヤモンドバックス戦で圧巻の投球を披露した。

MLB6位の相手打線を7回2安打、1失点、3四死球、11奪三振の快投で今季4勝目(2敗)を挙げた。シャーザーはこれで40回2/3を投げて防御率2.66、WHIP0.91、被安打率.189、9イニング換算の奪三振数(K/9)は11.29。

防御率はNL8位だが、WHIPはNL3位。被安打率NL2位。奪三振数ではNL1位のスタッツをマークしている。



1試合10三振以上も51試合になり、これは現役メジャーリーガーでは、ドジャースのクレイトン・カーショーの52試合に次いで2位の記録になっている。

シャーザーがメジャーキャリアをスタートさせたダイヤモンドバックスとは、これまでも相性が良く、通算6試合の先発で5勝0敗、防御率2.41だった。

シャーザーといえばリリースポイントの低いサイドスローから繰り出す100マイル近いフォーシームとスライダーが武器。昨年年5月11日のタイガース戦で、9イニングスではケリー・ウッド、ロジャー・クレメンス、ランディ・ジョンソンに次ぐMLB最多タイ記録となる20奪三振を記録している。

昨年は、リーグトップの20勝、284奪三振、228回1/3イニングス、WHIP0.97を記録して、自身3度目(ナ・リーグでは初)の最多勝と初の最多奪三振の2冠を達成。2度目のサイ・ヤング賞を受賞している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/05 Fri. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1003

【タイトル争い】メジャーリーグ 各部門の個人タイトル確定   




メジャーリーグは現地2日に公式戦の全日程が終了し、各部門の個人タイトルが確定した。

★アメリカンリーグ

【打撃部門】

今季限りでの現役引退を表明しているレッドソックスのオルティーズは、ブルージェイズのエンカーナシオンと最多打点のタイトルを分け合った。

CaBBODJVAAAR172.jpg 

▽首位打者 
 
打率.338 ホセ・アルテューベ(アストロズ)2回目

▽最多本塁打 
47本塁打 マーク・トランボ(オリオールズ)初

▽最多打点  
127打点 
デービッド・オルティーズ(レッドソックス)3回目、
エドウィン・エンカーナシオン(ブルージェイズ)初

▽最多盗塁  
43盗塁 ラージャイ・デービス(インディアンス)初



【投手部門】

ア・リーグの投手部門では、ヤンキースの田中に最優秀防御率の期待が懸かったが、3.07で3位だった。最多セーブのブリトンはセーブ機会すべてに失敗なし。

▽最多勝利   
22勝 リック・ポーセロ(レッドソックス)初

▽最優秀防御率 
3.00 サンチェス(ブルージェイズ)初

▽最多セーブ  
47セーブ ザック・ブリトン(オリオールズ)初

▽最多奪三振  
254三振 ジャスティン・バーランダー(タイガース)4回目



★ナショナルリーグ


【打撃部門】

ロッキーズのアレナドは2年連続で本塁打と打点の2冠。ラメーヒューがナショナルズのマーフィーに1厘の差で首位打者のタイトルを獲得。ロッキーズの打者による3部門獲得は、デンバーのマイルハイにあるというパークファクターが関係しているのかもしれない。

▽首位打者  
打率.328 D・J・ラメーヒュー(ロッキーズ)初

▽最多本塁打 
41本塁打 
ノーラン・アレナド(ロッキーズ)2年連続2回目
クリス・カーター(ブルワーズ)初

▽最多打点  
133打点 ノーラン・アレナド(ロッキーズ)2年連続2回目

▽最多盗塁  
62盗塁 ジョナサン・ビラー(ブルワーズ)初


【投手部門】

軟投派のヘンドリクスがメジャー3年目でタイトルを獲得。WHIPはシャーザーが0.97で1位、ヘンドリクスが0.98で2位。ファミリアのセーブ51はメッツの球団記録。

▽最多勝利   
20勝 マックス・シャーザー(ナショナルズ)3回目

▽最優秀防御率 

2.13 ヘンドリックス(カブス)初

▽最多セーブ  
51セーブ ジェウリス・ファミリア(メッツ)初

▽最多奪三振  
284三振 マックス・シャーザー(ナショナルズ)初



スポニチが伝えたところによれば公式記録ではないが、どれだけチームの勝利に貢献したかを示す指数のWAR(ファングラフス版)では、ア・リーグがエンゼルスのマイク・トラウト外野手の9・4、ナ・リーグではカブスのクリス・ブライアント内野手の8・4がそれぞれトップだった。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

関連記事

Posted on 2016/10/03 Mon. 18:27 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド