メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0806

8月のトレード市場 パイレーツがベテラン2選手を獲得  




混戦のナ・リーグ中部地区で首位のカブスと4.5ゲーム差のパイレーツがベテランの2選手を補強している。

パイレーツは、ジャイアンツがウェーバーにかけたリリーバーのジョージ・コントス投手をクレイムオフ(獲得の申込み)した。32歳の右腕はメジャーキャリア7年間で15勝14敗、307試合、防御率3.05、WHIP1.16のリリーバー。



さらに、ブレーブスからベテランのユーティリティ選手ショーン・ロドリゲスを若手24歳のコナー・ジョー内野手とのトレードで獲得している。

ショーン・ロドリゲスは昨年までパイレーツで活躍した選手だが、昨年オフにFAでブレーブスに移籍したが、スプリングトレーニング前の2017年1月28日、マイアミで盗難された警察車両に追突された。

その事故で右肩を痛め、同乗していた妻と子供2人も重傷を負った。2月には右肩手術を受けたため、今季は絶望になると思われたが、予想以上の回復を見せ、7月17日にはメジャーに復帰、15試合に出場している。



メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンでの出場が可能になる。

そんな中でメッツがジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になった。ジェイ・ブルース外野手は100試合437打席で打率.262、出塁率.325、長打率.531、OPS.856、29本塁打、75打点のスラッガー。

7月末のトレード期限前の移籍は実現しなかった選手だが、29本塁打は得点力に悩ませられているチームにとっては大きな戦力になる、今季は残り年俸400万ドルの負担で済むのも魅力。

「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/06 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0805

ブルージェイズがホセ・バティスタをウェーバー公示 高額年俸とトレード拒否権で移籍は微妙  



ブルージェイズが現地3日、ホセ・バティスタ外野手をウェーバーにかけた。

36歳のバティスタは、昨年オフにブルージェイズからのクオリファイングオファー(Qオファー)を拒否した。その後、Qオファー拒否と36歳という年齢、故障した履歴が足かせとなって移籍先が、なかなか決まらなかったという経緯がある。

2010年から2年連続で本塁打王に輝き、2015年にも40本塁打をマークしたスラッガーだが、昨季は故障もあって22本塁打に終わり、今季も107試合の出場で打率.216、16本塁打、45打点と低迷している。


バティスタ


MLB公式サイトの記事にも「8月のトレード市場の有力選手リストに名前が浮上していた。

ウェーバー公示だが、今季の残りの契約は650万ドル程度で、2018年は1,700万ドル(約18億7,000万円)、2019年は2,000万ドル(約22億円)の契約オプションが残り、クレーム(獲得申し込み)は厳しいとみられる。

もし、どの球団にもクレームされなかった選手は「ウェーバーをクリア」した選手となり、トレード期限前と同様に全球団と交渉が可能になる。

MLB公式サイトでは、ホセ・バティスタは、マリナーズやブルーワズにフィットするものの、問題は「10-and-5 rights」という条項があって、すべてのトレードを拒否できる権利がある。チーム側からすれば、その条項が、彼のトレードの障害になるという。

実力次第で高額年俸を手にできるメジャーリーグだが、結果を出さなければ複雑で厳しい現実が待っている。

※「10-and-5 rights」とは、メジャー在籍10年、同一チーム5年を経過した選手に与えられるトレード拒否権で、すべてのトレードを拒否することができる条項。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/05 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0726

【MLB移籍情報】レッドソックスがジャイアンツからE.ヌニェスを獲得!  



レッドソックスが、この数年間の補強ポイントであった三塁手の補強に動いた。夏のトレード・デッドラインを前にジャイアンツのエドゥアルド・ヌニェスをトレードで獲得した。

このトレードで、レッドソックスはジャイアンツに対してマイナー選手のショーン・アンダーソン、グレゴリー・サントスの2人を交換要員として差し出した。




レッドソックスの三塁はここ数年の補強ポイント。今季は、パブロ・サンドバルのほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)だった。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていたが、フレイジャーは同地区ライバルのヤンキースがトレードで獲得。プラドは故障者リストに入っている。

レッドソックスは、このポジションでトッププロスペクトのラファエル・ディバース内野手を今日、「9番サード」でメジャーデビューさせた。

今回のエドゥアルド・ヌニェスの獲得は、ディバースが成長するまでの補助的な役割が強く、左打ちのディバースとヌニェスのプラトーンでの起用が予想されるという。

さらに、ヌニェスは、三塁、遊撃、二塁、外野の両翼を守れるユーティリティプレイヤーで、ボガーツとディバースの両者の負担を軽減する役割を期待しての獲得ではないかと、メディアが報じている。

現在、ア・リーグ東部地区はレッドソックスが首位。1ゲーム差でヤンキース、さらに1.5ゲーム差でレイズが猛追するという三つ巴の混戦状態が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/26 Wed. 20:21 [edit]

CM: --
TB: --
   

0722

レンジャーズが成績不振で「売り手」に?トレード市場はダルビッシュ争奪戦に発展か!?  

 


ホセ・キンタナのトレードが決まり、夏のトレード市場の先発投手には、ソニー・グレイを筆頭に、マルコ・エストラーダ、フランシスコ・リリアーノ、アンドリュー・キャッシュナー、ジェレミー・ヘリクソン、トミージョン手術から復帰したランス・リンらの名前が挙がっている。

ゲリット・コール、クリス・アーチャーらの可能性はチームがポストシーズンへの可能性が残るだけに低くなった。

C0EJZ4iWEAAcoPR_convert_20170617055933.jpg


しかし、ここに来て球宴後の成績不振が影響してレンジャーズのジョン・ダニエルズGMが、チーム方針を変更し、ダルビッシュのトレードに関して情報を集めだしたという情報が流れた。

ダルビッシュとルクロイ捕手をセットで、カブスあたりが大型トレードに乗ってきたら面白い展開になりそうだが、現地で取材活動を続ける菊池慶剛氏のレポートによれば、ダルビッシュは10チームに対してトレード拒否権を有しているという情報があって、複数のメディアが報じたシカゴ・カブスもその10チームに含まれているらしい。



このニュースソースは、サテライト・ラジオ局『SiriusXM』のジム・ボーデン記者のツイートによるものだが、その信ぴょう性はともかく、もし、ダルビッシュを獲得すればチームに大きなインパクトを与える事になる。

今季のダルビッシュは125回1/3を投げて防御率3.45、奪三振131、WHIP1.14、奪三振率9.4、与四球率3.0と、まずまずの成績。トミージョン手術から2年4カ月が過ぎ、彼の能力からすれば、さらに覚醒する要素は大きいと信じたい。

ただ、今季終了後にFAとなるため、プレイオフを含め約3カ月のみのレンタル移籍になる。どれだけのチームが、それを考えて貴重なプロスペクトを差し出すのか、疑問が残る。

カブスは、ジョン・ラッキー、ジェイク・アリエッタ、ブレット・アンダーソンの先発投手が今オフにFAになる。38歳のラッキーと故障で結果の出ていないアンダーソンだけでも約2000万ドル近くの年俸が軽減される。

その分で、今季だけでなく来季もローテーションの一角を任せられる投手を補強したいはずだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/22 Sat. 07:40 [edit]

CM: --
TB: --
   

0717

トレード・デッドライン前の各チームの補強ポイント AL編  

 


アメリカンリーグ(AL)所属15チームのトレード・デッドライン(ウェイバー公示なしでトレードを成立させることができる期限)前の補強ポイントを簡単にまとめてみた。(16日17時時点での順位)

セットアップマンは、クローザーの前、8回を投げる投手という定義もあるが、ここでは優秀な中継ぎ投手ぐらいの感覚で捉えていただきたい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 


【チーム名 / 勝率 / 地区成績 / WC / 補強ポジション】
※WCはワイルドカード

▶各地区首位
レッドソックス .560/首位/  三塁手、セットアップマン
インディアンス .528/首位/
アストロズ  .670/首位/ 先発投手、セットアップマン

▶WC
レイズ .533/2.5/+1.0  セットアップマン、クローザー
ヤンキース .523/3.5/ 0 先発投手、一塁手、三塁手、セットアップマン


ツインズ .511/1.5/1.0  先発投手、セットアップマン、クローザー、遊撃手、指名打者or一塁手
レンジャーズ .500/15.5/2.0  クローザーorセットアップマン
ロイヤルズ .494/3.0/2.5 先発投手、指名打者、外野の両翼、遊撃手、セットアップマン
マリナーズ  .489/16.5/3.0 先発投手、指名打者、一塁手
エンゼルス  .479/17.5/4.0 先発投手たち、二塁手、一塁手
ブルージェイズ .467/8.5/5.0 セットアップマン、 外野の両翼、二塁手
オリオールズ .467/8.5/ 5.0  先発投手、外野の両翼


アスレチックス、ホワイトソックス、タイガースは「売り手」が予想されるので省略した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/17 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0708

【MLB移籍情報】トレード期限前の「買い手」球団の補強ポイント PART2  



メジャーリーグは夏のトレード期限前に「買い手」球団と「売り手」に分かれるが、ポストシーズンを展望する「買い手」球団の補強ポイントを考えていきたい。

今回はナショナルリーグ。西部地区は、本命ドジャースが抜け出たが、2位ダイヤモンドバックス、3位のロッキーズも勝率が高く3チームにポストシーズンの可能性が残る。

中部地区は、カブスとカージナルスを抑えてブルワーズが6.5ゲーム差をつけて首位。東部地区は、ナショナルズが首位で2位以下は負け越し状態。

ということで、ドジャース、ナショナルズの2球団とオールスターブレイク後の8月9月の正念場に追い上げが予想されるカブスあたりの補強に注目したい。

C0EJZ4iWEAAcoPR_convert_20170617055933.jpg


【ドジャース】
ドジャースの投手陣はリーグトップの防御率。ただ、ポストシーズンを考えた場合、カーショー(13勝2敗/防御率2.19)、ウッド(9勝0敗/同1.79)の両左腕は良いが、シリーズを乗り切る絶対的な3枚となると3番手の右腕マッカーシー(6勝3敗/同3.25)では弱い。本来なら前田健太に期待したいが防御率4点台で現時点では問題外。

そこで、名前が浮上しているのが、タイガースの剛腕ジャスティン・バーランダー。今年の1400万ドルの半分近くと18年、19年の2年5600万ドルを負担できる資金力とプロスペクトを抱えているチームは限られてくる。

【ナショナルズ】
シーズ前からの補強ポイントであるクローザーを含むブルペン陣の強化が課題。そこで名前が噂されているのがホワイトソックスのデビッド・ロバートソン投手。他には球宴選出のパット・ネシェック投手。

野手ではスキルポジションの遊撃がトレイ・ターナーの故障で補強ポイント。ネシェックと同じフィリーズのフレディ・ガルビスの名前が挙がっている。ガルビスは打撃力は並みの遊撃手だが、守備では16年DRS+ 5、UZR+15.1というハイレベルなスタッツを残している。

【カブス】
カブスは混戦でポストシーズン進出も危ない状況だが、その切り札として大型補強に踏み切るかもしれない。ジャスティン・バーランダーの獲得に関心を示しているとの報道がある。

バーランダーは34歳。今季は防御率4.96、WHIP1.52とパフォーマンスの低下で、下り坂を迎える年齢でもあり来季以降の2年5600万ドルの負担を考えるとタイガースが見切りをつける可能性もある。

カブスにも大型契約を負担するメリットがあるという観測もある。それは、ジェイク・アリエッタ、ジョン・ラッキーがFAとなる先発ローテを2018年と2019年の2年任せることができる。

皮算用もできていて、来季にはアリエッタの1563万7,500ドル、ラッキーの1600万ドルとウェイド・デービスの1000万ドル、ジョン・ジェイの800万ドルが予算から外れることになり、そのためバーランダーの2800万ドルをそのまま吸収することが可能になるらしい。

カブスの質の高いプロスペクトは、ロースターの若返りを図りたいタイガースにとってもメリットがあるだろう。

ポストシーズンに強いバーランダーにとってもチャンピオンリングに近づけるチャンスだ。一般的には、DH制のないナ・リーグの方が投手の成績が上がるので好都合だろう。

ドジャースとカブスの水面下でのバーランダー争奪戦が繰り広がられるかもしれない。


◇記事参考はコチラ


ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ











関連記事

Posted on 2017/07/08 Sat. 06:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0702

MLB2017 夏のトレード期限前の注目投手たちPART2  




10月のポストシーズンに進出する可能性のあるチームにとって夏のトレードによる補強は重要だが、夏のトレード期限前の動きは、6月中旬のMLBドラフトが終了した後の7月上旬頃から動き出し、本格的にはオールスターブレイク以降、期限直前の1週間が非常に活発になる。今夏、注目の先発投手たちをピックアップしていきたい。(数字は6月17日時点)



CoPQlWJUMAAOP73.jpg



①ハイメ・ガルシア(ブレーブス)
チームは地区4位と低迷しているが、エースのフリオ・テヘランの調子が上がらず、ベテランのバートロ・コロンも戦力外。再建期のチームにとって昨年オフにカージナルスからトレードで獲得した30歳の左腕ガルシアを手放すことは考えにくい。

ゴロを打たせて取るピッチングスタイルがポストシーズンで通用するのかという懸念はある。ただ、最近の5試合36回1/3で防御率1.49、奪三振28と好調。

②ホセ・キンタナ(ホワイトソックス)
シーズン前には多数の球団がアプローチをかけていた。防御率5.07と低迷しているが、28歳と若く、2020年までの格安の長期契約が残っているため、ホワイトソックスはディスカウントには応じない。

14試合の先発でQSは7試合、徐々に調子を上げてきている。ただ、与四球率と被本塁打率はキャリアワーストのペース。

③ゲリット・コール(パイレーツ)
ここ最近5試合では4試合で打ち崩され、防御率4.54と悪く、83回1/3にも関わらず被本塁打15はすでにキャリアワースト。現状ではトレード市場で価値が下がっていて、年俸も375万ドルと安く、パイレーツが手放す可能性は低い。見返りが期待できないからだ。


その他の先発クラスの投手では、今季終了後にFAとなるフィリーズのジェレミー・ヘリクソンがいる。毎年、ピックアップされる投手だが、今季は、90.0イニングで防御率4.40と低調。FIP(Fielding Independent Pitching)も5.48と、好材料は見つからない。年俸も1720万ドルとコスパが悪い。


低迷するチームの主力投手をピックアップしたが、先発投手の去就以外にもインパクトのあるトレードがあるのかどうか、注目していく時期に入って来た。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/02 Sun. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0702

MLB2017 夏のトレード期限前の注目投手たちPART1  




MLBドラフトが終了し、夏のトレード期限前の動きは7月上旬に始まり、本格的にはオールスターブレイク以降、そして期限直前の1週間が非常に活発になるという例年のパターンだが、注目の先発投手たちをピックアップしていきたい。

①ソニー・グレイ(アスレチックス)

5月1日にDLから復帰した後は徐々に調子を上げている。奪三振率はキャリアハイのペースで、ここ6試合の先発で5試合がクオリティ・スタート。

27歳で年俸も357万5000ドルと安く、2019年までコントロールできるのは魅力もだが、10月にヘルシーな状態でいるかは疑問。昨年も8月に右前腕部の負傷により離脱している。

②ジェイソン・バルガス(ロイヤルズ)

34歳のバルガスはシーズン終了後にFAとなり、トレード期限前の獲得で負担する年俸は300万ドル程度とリーズナブル。現在の防御率2.22からは落ちていくと予想され、トミー・ジョン手術後の初めてのフルシーズンということが懸念材料。

③ジャイアンツのジョニー・クエト、ジェフ・サマージャ

今季終了後に35歳までの4年8400万ドルの契約を放棄してFAを選択するかどうかオプションがあるジョニー・クエト。防御率4.26で低迷。トレード期限前に獲得するチームはこのようなリスクがある投手にプロスペクトを放出したくはない。

それに比べ3年5400万ドルの契約が残り、直近9試合で防御率3.08、K/BBが100/12のジェフ・サマージャの方がジャイアンツが手にできる見返りが大きいだろう。ただ、21球団へのトレード拒否権を有している。

④ジャスティン・バーランダー(タイガーズ)

奪三振は魅力だが、防御率は4.47で、与四球率(9イニングあたりの与四球数)はキャリアワーストのペース。

高額の年俸2800万ドルの契約が2019年まで残っているのがネックで、タイガースが大部分を負担すればトレードが成立する事も考えられるが、現時点ではワイルドカードへの望みもあり可能性は低い。


これまで噂のあった先発投手は、調子が上がらず、多くのプロスペクトを差し出してまで欲しくなるような投手は、少ないというのが今夏の現状。

先発投手に関しては大型トレードはないかもしれないが、まだまだこれからなので、注目していきたい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/07/02 Sun. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0627

【MLB移籍情報】マーリンズが売り手に、正遊撃手エチェバリアをレイズへトレード  



今年は早めに動くのではないかという観測があった夏のトレード期限前の移籍市場。正式決定ではないが、マイアミ・マーリンズとタンパベイ・レイズ間でトレードが合意したと複数のメディアが伝えている。

マーリンズが5月10日から故障者リスト(DL)入りしている正遊撃手アデイニー・エチェバリアをタンパベイ・レイズへトレード。レイズの交換要員はマイナー選手2人。

CoPQlWJUMAAOP73.jpg


28歳のエチェバリアは、今季こそ右腹斜筋のケガでDL入りし、この時点でも復帰していないが、レイズ側はメディカルチェックで深刻なものではないとみているようだ。

エチェバリアに関しては、カージナルス、オリオールズなどが争奪戦に絡んでいると報じられていた。

昨季までの4年間、マーリンズの正遊撃手として活躍。通算640試合出場で打率.255、15本塁打、183打点という成績を残している。ただ、その打撃センスよりも、各チームの注目はDRS+9(15年、16年)という高い水準の守備力にあったみたいだ。

ア・リーグ東部地区のレイズは現在、ヤンキース、レッドソックスに次いで地区3位。しかも首位まで2.5ゲーム差で地区優勝の可能性もあり、ワイルドカード争いにも好位置で絡んでいる。

マーリンズ


一方、マーリンズは、ナ・リーグ東部地区3位。首位ナショナルズとは10.5ゲーム差。ワイルドカード争いでも10ゲーム以上離されて夏の移籍市場で“売り手”になることが予想されていた。

レイズは、昨シーズン中にトレードで獲得したマット・ダフィーを正遊撃手にする編成だったが、故障が続き、復帰の目途が未だ立たたない状況。

今回のトレードでは、エチェバリアの年俸をレイズが全額負担するが、235万ドルとリーズナブルで、資金のないレイズの補強にはもってこいの選手といえそうで、2020年まで契約の残るマット・ダフィーが本来のパフォーマンスを見せれば、エチェバリアは、来季終了後にFAとなるため、再度トレードの交換要員に使える。

マーリンズが獲得したマイナーリーガーは、ブラクストン・リー(Braxton Lee)、イサン・クラーク(Ethan Clark)。共にMLB公式サイトのチーム内プロスペクトランキングで30位以内に入っている選手だ。

水面下で球団売却交渉が続いているマーリンズは今後、夏の移籍市場に投手陣の中からクローザーのA.J.ラモス、セットアップのデビッド・フェルプス、カイル・バラクローらのリリースが噂されている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/27 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0610

MLB2017 夏のトレード市場の注目投手たち  




今季は現地6月14日がMLBドラフトの最終日になるが、それ以降、トレード期限前の動きは7月上旬に始まり、本格的にはオールスターブレイク以降、そして期限直前の1週間が非常に活発になるという例年のパターンだが、今季はもう少し早くなるという観測がある。

それでもまだ、1カ月ほどあるので、その間で「売り手」と「買い手」が変動することも考えられるが、ア・リーグではブルージェイズ、ロイヤルズ、ホワイトソックス、ナ・リーグではパイレーツとジャイアンツ、マーリンズあたりも「売り手」に回りそうな状況だ。

そうなればウェーバー公示なしのトレード期限前には、そうそうたる投手たちがリストアップされる状況になる。

ジャイアンツのジョニー・クエト、マット・ムーア、ジェフ・サマージャ

ブルージェイズのマルコ・エストラーダ、J.A.ハップ

ロイヤルズのジェイソン・バルガス、イアン・ケネディ

ホワイトソックスのホセ・キンタナ、デレク・ホランド、ミゲル・ゴンザレス

パイレーツのゲリット・コール、イバン・ノバ


上記は、ほんの一部で、需要と供給のバランスを考えると「買い手」には選択肢が多くなり、わりと有利な条件で、ポストシーズンを考えたレンタル補強をやり易い状況になる。

パイレーツのゲリット・コールは26歳でFAとなるのは最短でも2019年シーズン終了後のため、獲得したチームは、17年、18年、19年の3シーズンでコントロールできる。

ヤンキースは22歳の次世代エース候補、ルイス・セベリーノが好投しているものの、まだシーズンを通じての実績がなく、今季好調のアストロズの場合もダラス・カイケルに次ぐ2番手のマッカラーズ・ジュニアも同じように実績がない。

この2チームが、ゲリット・コールを加えることは、今季のポストシーズンだけではなくて来季以降の編成を考えた場合に必要だという論調も一部でにあるようだ。

他にもアスレチックスのソニー・グレイ、フィリーズのジェレミー・ヘリクソン。彼らは毎年リストアップしているような気がする。

今季終了でFAとなるレンジャーズのダルビッシュの名前も挙がっている。彼のチーム内での存在感やパフォーマンス、トレーニングに対する姿勢などを考えればレンジャーズは手放さない方が良いような気がする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/10 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド