メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0711

大谷翔平、視聴率でも貢献!ESPNの99年以降で最高視聴率を記録  

 


大谷翔平が視聴率でもチームに貢献していることが分かった。

 エンゼルスは、大谷が代打決勝本塁打を放った8日のドジャース戦が、スポーツ専門局ESPNが1999年以降に中継したレギュラーシーズンの試合でロサンゼルス地区最高の視聴率5.7%(ニールセン調べ)を記録したと発表した。

 この試合は、同じカリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置くチーム同士のインターリーグ戦で、大渋滞する高速道路( Interstate Highway 5)でつながっていることから「フリーウェイ・シリーズ」と呼ばれている人気カード。



 ここでも紹介したが、そのGAME3で大谷は同点の7回に代打で登場してセンターオーバーの特大決勝弾を放った。


DhoZHZVVMAAJ9SS.jpg


 エンゼルスのスケジュールは、10日(同11日)からはホームでマリナーズ3連戦。13日(同14日)からは舞台をドジャースタジアムに移して再びインターリーグ戦3連戦が行われる。


◇記事参考
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/11/kiji/20180710s00001007497000c.html



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0709

大谷が代打決勝アーチ!52日ぶりの7号でエンゼルスがフリーウェイシリーズ勝ち越す  




エンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地アナハイムでのドジャース戦でメジャー初の代打本塁打となる勝ち越し7号ソロを放った。

3対3の同点で迎えた7回の先頭打者として代打・大谷が登場。カウント2-2から変則右腕J.T.シャグワの内角低めの6球目、95.8マイルのツーシームを完璧に捉えた。

5月17日のレイズ戦以来、17試合ぶりで、52日ぶりのアーチだった。


DhoZHZVVMAAJ9SS.jpg


センターオーバーのアーチは、MLB公式サイトのデータ解析システムであるスタットキャストの計測では初速108.8マイル(約175キロ)、飛距離443フィート(約135メートル)の特大弾。

大谷のこれまでの7本中6本は400フィート(約122メートル)を越える特大アーチだという。





試合は、この大谷の代打本塁打が決勝点になってエンゼルスが4対3でシリーズを勝ち越した。

この日、627号(歴代7位)の同点弾を放ったアルバート・プホルスは試合後のインタビューで大谷のことについて聞かれ「彼(大谷)の左打者としての存在感は凄いし、ここまでの彼の成績は、ホームランを打って、100マイルを投げるピッチャーとしてアン・ビリーバブルな存在だ。クラブハウスにいても彼は楽しいヤツだよ」と称賛のコメント。

大谷は、右肘内側側副靱帯を損傷し、当面はDHでの出場になるが、6日(同7日)のGAME1は、9回二死から四球を選んで盗塁。これが直後の同点から劇的な逆転サヨナラ勝利のきっかけになった。

そして、この日の決勝アーチ。この3連戦の2勝に大谷の貢献は欠かせないものがある。

エンゼルスは次のシリーズで、同地区ライバル、マリナーズとのカードが組まれているが、このドジャースとの人気のフリーウェイシリーズ(インターリーグ)は、オールスター前にも舞台をドジャースタジアムに移して3試合が組まれている。



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ





関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 14:21 [edit]

CM: --
TB: --
   

0707

大谷翔平、9回二死からの盗塁でサヨナラ劇を演出!守護神ジャンセン攻略  




 エンゼルスとドジャースのインターリーグが始まった。ウェストコーストの両チームはルート5号線でつながることから“フリーウェイシリーズ”と呼ばれる人気カードだ。

エンゼルス・大谷翔平とドジャース・前田健太の日本人選手対決に注目が集まったが、ドラマは、終盤にやってきた。大谷は、1点を追う9回二死走者なしの第4打席、ドジャースの守護神ジャンセン(23セーブ)と対戦。フルカウントから四球で出塁する。

続くフレッチャーの初球で二盗を仕掛け、相手捕手グランダルの悪送球を誘って三塁まで進みチャンスメイク。すると、フレッチャーがレフト前へラインドライブのヒットを運び、大谷は同点のホームを踏んだ。

9回二死からの同点劇にスタンドは沸く。



そして、次のキンズラーがライト前へポトリと落ちるへヒットを放つと、右翼を守っていたプイグのホームへの送球が捕手の前でイレギュラーバウンドして後逸。一塁ランナーのフレッチャーが一気にサヨナラのホームを踏んだ。

結局、3対2でエンゼルスが貯金を1にする貴重な逆転サヨナラ勝ちを収めた。

大谷の走塁が生きた同点劇。そして、勝利の権利をもって降板した前田にとってはアンラッキーな終盤のドラマだった。

大谷vs.前田は、2打数無安打、1三振で前田に軍配が上がった。前田は故障者リストから復帰後、3試合続けての好投。5回2/3を被安打3、奪三振9、失点1。今季は防御率3.24、WHIP1.25、奪三振98、奪三振率(K/9)10.68と好成績をマークしている。



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/07/07 Sat. 15:22 [edit]

CM: --
TB: --
   

0705

大谷翔平が本格稼働!?復帰2戦目で二塁打含むマルチ安打で勝利に貢献  




 前日の復帰初戦では、4打数無安打、3三振だった大谷翔平だが、「6番DH」で先発起用された復帰2戦目には、8連勝で勢いに乗るマリナーズと詰めかけたマリナーズフリークを沈黙させるようなパフォーマンスを見せつけた。

 初戦の相手投手は、左腕のウェイド・ルブラン(元西武)だったこともあって不発だった大谷だが、この日は、前回対戦でも3打数2安打1打点と相性の良い右腕のマイク・リークが先発。

 第1打席は2回二死、大谷は粘ってカウント3-2からの外角の9球目にキャッチャーの打撃妨害で出塁。次打者ルイス・バルブエナのレフト線タイムリー二塁打で一気に先制のホームを踏んだ。

 4回無死二塁で迎えた第2打席は痛烈な打球で一、二塁間を破り、復帰後初安打をマーク。その後、コール・カルフーンのセンター前タイムリーで勝ち越しとなる3点目のホームを踏んだ。

 5回無死一、三塁の好機で迎えた第3打席は2番手右腕ニック・ランベロウの前にレフトフライ。3点リードの7回は一死走者なしの場面で打席に入ると、3番手右腕チェイスン・ブラッドフォード から痛烈なゴロで一塁手横を破るライト線への二塁打を放った。



 9回は先頭で左腕ロエニス・エリアスの前にセカンドゴロに倒れた。

 まだ、2試合だが、左投手から快音がないのが心配。エンゼルスは左に強いクリス・ヤング外野手が現地4日に10日間の故障者リストに入った。

 エンゼルスの左打者はバルブエナ内野手が打率.216、9本塁打、OPS.623と低迷している。カルフーン外野手も打率.180、5本塁打、OPS.505。左打者のアベレージが極端に悪く、アンバランスな打線だ。

 それだけではない。今季補強したザック・コザート内野手は肩の手術で今季絶望となり、同じく新戦力のイアン・キンズラーも打率.213とキャリア最低のシーズンを送っている。

 大谷は新人ながら打率.287、6本塁打、OPS.890。攻撃面だけでも貴重な左の戦力になっており、とくに得点圏打率は、24打数10安打、打率.417と勝負に強い。

 そうしたチーム事情から打者・大谷翔平の復帰は、エンゼルスの浮沈を左右するようなインパクトをチームにもたらすかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/07/05 Thu. 19:55 [edit]

CM: --
TB: --
   

0704

大谷翔平が帰ってきた!順調ならドジャース前田健太との対戦も!!  




 打者・大谷翔平6月4日(日本時間5日)のロイヤルズ戦以来、約1か月ぶりにラインナップに名前を連ねた。

 エンゼルスは3日(同4日)、大谷翔平投手を故障者リスト(DL)から復帰させ、シアトルでのマリナーズ戦で「6番DH」として先発起用した。

DhNv1l0X0AEKgDZ.jpg


 大谷は右肘内側側副靭帯損傷で6月7日(同8日)に故障者リスト(DL)入り。患部に多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受け、3週間後の再検査で靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)の必要はなしと診断された。

その結果、ヒジへの負担の少ない打撃面での復帰に向けて実戦形式の練習をしていた。

 ソーシア監督は、試合前のインタビューで「DHとして起用してどれだけバットを振れるか、今日の試合で見極められればと考えている」と、試験的に起用する考えで、その結果を見て今後どうするかを決めるとした。

さらに、「彼が、これまでしっかりトレーニングをしてきたので、医療チームから許可が出た。嬉しい限りだ。バッティングについては“制限なし”だ」と日本語を交えて応えた。




 大谷は、試合前練習では36スイング中、6本が柵越えと順調な回復ぶりを示した。

 対戦相手は、イチローのいる同地区ライバルで54勝31敗で今季好調のマリナーズ。43勝42敗で地区4位のエンゼルスは後半戦に向けてこれ以上離されたくない状況だ。

 さらに、オールスター前にはインターリーグでロサンゼルス・ドジャースとの“ハイウェイ・シリーズ”も6試合が組まれており、大谷が順調なら前田健太との対戦が楽しみだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2018/07/04 Wed. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0702

DH大谷翔平が帰って来る!マリナーズ戦でDLから復帰か!?  



 故障者リスト(DL)入りしているエンゼルスの大谷翔平が打者として復帰間近であることをエンゼルスが本拠地を置く地元オレンジカウンティーの新聞社が報じている。

あくまでも憶測の段階で、チームが公式には発表していないが、複数の報道では、大谷翔平が指名打者(DH)として3日(日本時間4日)の同地区ライバルであるマリナーズ戦の3連戦のどこかで打席に立つことを予測している。

 そのほか、エース格の先発投手ギャレット・リチャーズや内外野を守れるジェフリー・マルテもDLから復帰が近いという。

エンゼルス

 再検査の結果、トミー・ジョン手術を回避する可能性が高くなった大谷だが、その後、打撃練習を再開。6月30日(同7月1日)には同マイナー選手を相手に本拠地エンゼル・スタジアムで、実戦に近い打撃練習や走塁をこなした。

 エンゼルスは6月7日のロイヤルズ戦で大谷が4回で降板。大谷は6日付で10日間DLにはいったが、それ以降、8勝13敗と低迷。43勝42敗と5割はキープしているが、アスレチックスまで抜かされて地区4位まで沈んでいる。

2強のアストロズとマリナーズまで11.5ゲーム差。7月のオールスター前にマリナーズとホーム&ビジターで6試合。ナ・リーグのドジャースとのインターリーグ(フリーウェイシリーズ)のホーム&ビジターで6試合が組まれている。

エンゼルス戦にとっては、何とか差を詰めてオールスター後の後半戦に望みをつなげたいところ。

 チームは、今季補強したザック・コザート内野手が肩の手術で60日間DLに入ってシーズンエンド。

とくに左打者の数字が悪いのが弱点で1塁手ルイス・バルブエナは打率.211、9本塁打と低迷。コール・カルフーン外野手に至っては1割台4本塁打と話にならないほど低迷している。

 それだけに左打ちの大谷が、たとえ2割5分でも数字を残せば、チーム事情は大きく変わるはずだ。当面は、大谷の状態を見ながら、アルバート・プホルスを1塁手に起用して、右投手は大谷、左投手は左キラーのクリス・ヤングというプラトーンでの起用も考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/07/02 Mon. 16:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0629

二刀流は指名打者・大谷翔平から復帰、順調に行けば球宴前後か!?  



 60日間故障者リスト(DL)の6人を含む13人がDLしているエンゼルス。まるで野戦病院みたいな状況だが、一番気になる大谷翔平の再検査の結果がでた。


《エンゼルスの主力DL》
大谷翔平(DH/P)
ギャレット・リチャーズ(SP)
ジェフリー・マルテ(INF/OF)
ザック・コザート(INF)
ジェイク・ジュエル(RP)
ジム・ジョンソン(RP)


 MLB.comでもヘッドラインで伝えているが、米メディアの報道をまとめると、「打者・大谷翔平」から戦列に復帰するということだ。

具体的な時期については、患部の回復経過を見ながらエプラーGMとマイク・ソーシア監督が、慎重に起用するということだが、指名打者として復帰を目指しながら、今季中に投手として復帰できるかという再検査を3週間後にするというタイムスケジュールになる。

 右肘のトミー・ジョン手術を受けるという可能性に関しては、エプラーGMは「現時点では大谷に手術が必要だと言っている医者は一人もいない」と、グレード2と診断された右ひじの手術に踏み切る可能性を否定している。

 地区首位のアストロズとは13.5ゲーム差に広がったエンゼルス。マイク・トラウトも右手人差し指を痛めてDHでの出場が続いているが、大谷が復帰すれば、攻撃面での戦力アップになることは間違いない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/06/29 Fri. 17:12 [edit]

CM: --
TB: --
   

0609

【悲報】大谷翔平「グレード2」のじん帯損傷、シーズン全休の可能性も  




大谷翔平が右ひじの内側側副じん帯の損傷で10日間の故障者リスト(DL)に入った。



大谷の今後についてはさまざまな憶測が飛び交っているが、米メディアの全体的なトーンとしては落胆ぶりをうかがわせる報道が多い。


シーズンが始まってからの成績で、そのポテンシャルの高さが証明され、ベーブ・ルース以来、100年ぶりの2wayとして全米でも注目されていたから当然だろう。


6日(日本時間7日)のロイヤルズ戦で右手中指のマメにより4回で降板していた大谷だったが、エンゼルスの発表によればクールダウン後に右ヒジの張りを訴えたため、チームの遠征には同行せず7日(同8日)にロサンゼルスでスティーブ・ユン医師の診断を受け、多血小板血漿(PRP)治療と幹細胞注射を受けたという。


地元紙の詳細なレポートによるとMRI検査を受けた結果、右ひじ内側側副じん帯が「グレード2」のダメージと診断。その診断を受け回復を促すためにPRP注射と幹細胞注射を患部に施術したという。


「グレード1」なら患部(じん帯)の炎症で、そのものに損傷はなく、逆に「グレード3」の場合、じん帯断裂を意味し速やかにトミー・ジョン手術が必要とされる。


メジャーファンの方は、このPRP注射で田中将大の長期離脱を思い出した方も多いだろう。


田中だけではないエンゼルスの同僚で今季の開幕投手も務めたギャレット・リチャーズも16年に右肘内側側副じん帯の損傷が確認され、15日間DLから60日間DLに入り残りシーズンを全休した。


この2人の場合はトミー・ジョン手術を受けなかったパターンだが、リチャーズの場合は、その影響もあって翌17年も6試合の登板に終わった。


大谷の場合、その将来性を考えて、エンゼルスは、これまでも慎重に対応してきた。3週間後に再び患部の状態をチェックし、その後の治療方針を固めるということだが、早くても復帰は後半戦の8月頃、長ければ今季は患部の治療に専念するため全休という判断も考えられる。


最悪の場合は、トミー・ジョン手術で、そうなれば今季と来季がほぼ全休になる。2008年以降、内側側副じん帯の怪我でPRP治療を受けた33例のうち、16例(48.5%)でトミー・ジョン手術を最終的に受けたというデータもある。


エンゼルスのチーム事情も影響する。エンゼルスが大事な8月以降にポストシーズンを争える位置につけていた場合、8月頃から打者としての復帰の可能性もあるが、エンゼルスにポストシーズン進出の可能性が低くなった場合、大谷のシーズンエンドも考えられる。



◇参考
大谷翔平のDL入りが意味するもの
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180609-00086238/

Orange County Register
https://www.ocregister.com/2018/06/08/angels-place-shohei-ohtani-on-the-dl-with-a-grade-2-ucl-sprain/




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/06/09 Sat. 12:51 [edit]

CM: --
TB: --
   

0531

大谷翔平DHで球宴ファン投票候補に!ホームラン・ダービーにも期待!!  




 MLB(大リーグ機構)は、7月17日にナショナルズのホーム、ワシントンD.C.のナショナルズパークで開催されるオールスターゲームの実施要項を30日に発表した。

投打の二刀流で注目されるエンジェルスの大谷が、ファン投票で「DH指名打者」でノミネートされた。選出されれば、日本野手ではイチロー(マリナーズ)、松井秀喜(ヤンキース)、福留孝介(カブス)の3外野手に続いて4人目となり、指名打者では初めてとなる。

投票は、アメリカ東部時間の6月1日正午(日本時間2日午前1時)からスタート。7月5日午後11時59分に締め切られる。MLB.com(メジャーリーグ公式サイト)などから投票可能で、英語のほか日本語とスペイン語の案内もある。

打者としての大谷は29日現在で、30試合に出場し、打率.291、6本塁打、20打点をマークしている。





前夜祭とも言うべき「ホームラン・ダービー」も注目だ。

スタントンやジャッジもこのイベントで全米中に名前が売れた。そして、今季の期待は、100年ぶりにベーブ・ルースの記録を塗り替えることが期待されている「2WAY」大谷翔平の出場だろう。

ここまでの数字を維持すればDHとしてのファン投票では選ばれる可能性が高い。ただ、このホームラン・ダービーに関してはMLBからの出場オファーが必要だ。


 そんな大谷の出場にフォローの風が吹いているという。スポーツ専門サイト『The Score』の記事では、昨年のホームラン・ダービーを制したヤンキースのアーロン・ジャッジが辞退を表明。そのほか、レッドソックスのムーキー・ベッツ、J.D.マルティネスなど有力打者が続々と出場辞退を表明しているという。



 大谷の同僚でメジャー屈指の強打者マイク・トラウトも「あまり考えたことはないが、たぶん(出場は)ないだろう」と出場に否定的な考えを明らかにしており、ア・リーグの出場候補たちが、このイベントに消極的だ。

 大谷のパワーは、MLB公式サイトやYouTubeで動画配信されており、トロントのロジャーズ・センターではアッパーデッキ(5階席?)に打ち込んだ打撃練習の動画が話題になった。

大谷翔平


マイク・ソーシア監督も大谷のホームラン・ダービー出場には前向きな発言をしているという。

ただ、大谷のオールスター出場が決まれば日曜日まで本拠地アナハイムでドジャース戦を戦って、休みなしで西海岸から東海岸へ飛ぶことになる。

観たい気もするが、ホームラン・ダービーと両方出るとすれば、後半戦は、ホームでのアストロズ戦から始まるので、疲労の蓄積も心配だ。



◇関連記事
大谷翔平のホームランダービーに期待!ジャッジや同僚トラウトは消極的



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/05/31 Thu. 20:44 [edit]

CM: --
TB: --
   

0530

大谷翔平、明日31日にデトロイトで登板!6月もチーム休日の前日が登板日  




 大谷翔平の今季8試合目の先発登板が30日(日本時間31日)のデトロイト・タイガース戦(ナイター)に決まった。大谷は先発登板を翌日に控え、28日(同29日)に続き29日(同30日)も先発メンバーから外れた。

 当初は中6日で27日(同28日)のニューヨークでのヤンキース戦で田中と投げ合う予定だったが、西海岸から東海岸への移動に伴う時差(3時間)など、初めての体験に対する体への負担を考慮して延期されていた。

ただ、打者としては22日(同23日)のブルージェイズ戦からDHとして6試合連続で出場していた。

 これには、チーム事情があって、マイク・トラウト外野手、アンドレルトン・シモンズ遊撃手以外は2割5分以下の貧打線。ア・リーグ10位のチーム打率は、特に左打者が弱く、ルイス・バルブエナ一塁手が打率.234、コール・カルフーン外野手に至っては1割台という攻撃陣の事情から大谷を打者として起用したと思われる。

エンゼルス

 メジャー移籍後で最長となる6試合連続出場だった。この間に合計27打席に立ち、3安打3打点と低迷したが、8四球を記録。

ここまで30試合で103打数30安打、6本塁打、20打点で打率.291、出塁率.376、OPS.929と、チームで100打席以上打席に立った打者では、トラウトに次ぐOPSを残している。

 投手大谷に話を戻すと、当初は中6日で27日(同28日)のヤンキース戦で田中と投げ合う予定だったが、中9日と間隔が空いた。

 エンゼルスのスケジュールを見ていただけると分かると思うが、これまでは毎週日曜日に先発登板して、翌日の月曜日が休日だった。大谷は、その日を有効に使って起用されてきた。そうして登板の前後1日を休養日とする大谷を1試合でも多く二刀流で使う戦術だった。

 ただ、6月は毎週月曜日にカードが組まれていて前半に2週続けて木曜日に試合がない。そのスケジュールを考慮して水曜日に登板させるスケジュールが組まれたと考えられる。

7月は月曜日に試合がない日が多く、また日曜デーゲームの登板に変わる事が予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/30 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド