メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1110

日米野球で来日のMLBチーム、売り出し中の若手が中心!コーチ陣が豪華  



「日米野球」に参加するMLBオールスターチームの出場選手。


【投手】
マット・アンドリース(ダイヤモンドバックス)
スコット・バーロウ(ロイヤルズ)
ジョン・ブレビア(カージナルス)
ジュニオール・ゲラ(ブルワーズ)
ブライアン・ジョンソン(レッドソックス)
前田健太(ドジャース)
クリス・マーティン(レンジャーズ)
コリン・マクヒュー(アストロズ)
ダニエル・ノリス(タイガース)
ビダル・ヌーニョ(レイズ)
ダン・オテロ(インディアンス)
ヤスメイロ・ペティート(アスレチックス)
エラスモ・ラミレス(マリナーズ)
ヘクター・ベラスケス(レッドソックス)
カービー・イエーツ(パドレス)


【捕手】
ロビンソン・チリノス(レンジャーズ)
ヤディアー・モリーナ(カージナルス)
J.T.リアルミュート(マーリンズ)


【内野手】
ウィット・メリーフィールド(ロイヤルズ)
アメッド・ロサリオ(メッツ)
カルロス・サンタナ(フィリーズ)
エウヘニオ・スアレス(レッズ)
クリス・テイラー(ドジャース)


【外野手】
ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)
ミッチ・ハニガー(マリナーズ)
エンリケ・ヘルナンデス(ドジャース)
リース・ホスキンス(フィリーズ)
ケビン・ピラー(ブルージェイズ)
フアン・ソト(ナショナルズ)


【監督/コーチ】
監督:ドン・マティングリー(マーリンズ)
ベンチコーチ:ヘンスリー・ミューレン(ジャイアンツ)
打撃コーチ:エドガー・マルティネス(マリナーズ)
投手コーチ:ブレント・ストローム(アストロズ)
ベースコーチ:フレディ・ゴンザレス(マーリンズ)
ベースコーチ:松井秀喜(ヤンキース)
ブルペンコーチ:ヘンリー・ブランコ(ナショナルズ)




DqvKRXcUUAAf_-e.jpg


全体的な印象は若手チーム。実績のある大物やFA市場のトップクラスは、毎回の事だが来日していない。


その中でも捕手は、モリーナ(カージナルス)とリアルミュート(マーリンズ)といったトップクラスの選手がよく来てくれたものだ。チリノス(レンジャーズ)も34歳ベテランでWBCベネズエラ代表。


内野手は、メリーフィールド(ロイヤルズ)が打率.304でア・リーグ打撃成績6位。このポジションではアストロズのアルトゥーベに次ぐメジャーキャリア3年の選手。エウヘニオ・スアレス(レッズ)はオールスター選手。クリス・テイラー(ドジャース)は内外野が守れる貴重なユーティリティ選手としてドジャースのレギュラークラス。


外野手は、ミッチ・ハニガー(マリナーズ)が昨年ブレイクして今季は26本塁打93打点。オールスターにも選出された。リース・ホスキンス(フィリーズ)も昨年後半に華々しくデビューしてホームランを量産。今季はレギュラーを獲得して34本塁打を記録した。


ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)とフアン・ソト(ナショナルズ)はルーキーで新人王を争う逸材。ケビン・ピラー(ブルージェイズ)は守備の名手。


野手陣に比べて戦力的に落ちるのは投手陣。先発ローテーションの1,2番手クラスの投手はいない。


先発投手は前田が8勝10敗、防御率3.81。ジュニオール・ゲラ(ブルワーズ)が31試合26先発で6勝9敗。


コリン・マクヒュー(アストロズ)は分厚いアストロズの先発ローテーションの影響でブルペンに回ったが、2015年には19勝7敗、通算でも54勝38敗。


他には左腕のブライアン・ジョンソン(レッドソックス)が38試合のうち13試合に先発して4勝5敗。


ブルペン陣は経験豊富なベテランが多い。元日本ハムのクリス・マーティン(レンジャーズ)、74試合に登板して16ホールドのヤスメイロ・ペティート(アスレチックス)。16ホールド、12セーブのカービー・イエーツ(パドレス)あたりがクローザーだろう。


当初来日が伝えられた日系3世で、今季のナ・リーグ首位打者クリスチャン・イエリッチ(ブルワーズ)の名前がないのは残念だ。ヤンキースやカブスが選手を出していないのも寂しい。ワールドシリーズを戦ったドジャースから前田を含む3名が来ているのは、お疲れさまと言ってあげたい。


選手よりコーチ陣が豪華かもしれない。「日米野球」は、日本時間11月8~15日に日本各地で開催される。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/11/10 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1009

【NLDS】ドジャースもNLCSに進出決定!前田健太も8回に登場  




 ナ・リーグの地区シリーズ(NLDS)の第4戦は8日、アトランタで行われ、ドジャースが6対2でブレーブスに逆転勝ちし、3勝1敗で3年連続のナ・リーグ・チャンピオンシップ(優勝決定シリーズ=NLCS)進出を決めた。


 この大事な一戦には前田健太も5人目の投手として初登場。クローザーにつなぐセットアッパーとして8回のマウンドを託された起用法からして首脳陣の前田に対する信頼度がわかるが、ちょっと危なっかしい内容だった。


 前田は、先頭の5番カマルゴを86.5マイルのチェンジアップで空振りの三振。6番フラワーズもサードゴロと抑えた。ここまでは良かったが二死から、インシアーテとカルバーソンに連続単打を許して2死一、三塁のピンチを作った。


相手は一発のある代打デューダ。ボールが先行するピンチ。3-1からの5球目、インコースやや内よりの92.7マイルのフォーシームをライトにホームラン性の大飛球を打ち返される。一瞬、ヒヤッとしたが、フルカウントからの次の球は、93マイルの厳しいインコースのフォーシームで、つまり気味のセンターフライに抑えた。


NLCS


次の打者が、前の試合でグランドスラムを放ったアクーニャJr.だっただけに見ているこちらも力の入るシーンだった。


 この結果、ワールドシリーズ進出を決めるNLCSには西部地区1位ドジャースと中部地区1位のブルワーズの進出が決定した。この両チームは、ともに163試合目を戦ってDSに進出したチームだ。


とくにブルワーズは、レギュラーシーズンから破竹の11連勝と歴史的なシーズンを送っているだけに、ドジャ-スにとっては手強い相手になりそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/09 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0823

MLB 2019シーズンのスケジュール発表!イチロー凱旋試合は3月20日、21日  




メジャーリーグとメジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)は、来季の公式戦スケジュールを発表した。


米国内では、今季と同じ全球団が3月28日(日本時間29日)に開幕を迎えるスケジュールだが、それに先立ってマリナーズがアスレチックスと3月20、21日に日本(東京ドーム)で開幕シリーズを行う。


選手復帰の可能性を残しながら会長付特別補佐に就任したマリナーズのイチロー外野手は、凱旋帰国の試合で、(おそらく)最後の雄姿を見せてくれるに違いない。


人気のインターリーグ戦は、カブスとホワイトソックスによるシカゴの「Crosstown Classic」のような伝統的なマッチアップに加えて、American League East 対 National League West、ニューヨークのヤンキース対メッツの「サブウェイ・シリーズ」、ミズーリ州のカージナルスとロイヤルズの「I-70シリーズ」などが組まれている。


日本人選手は、大谷翔平所属のエンゼルスが今季と同じアスレチックスとオークランドで対戦。


ロンドンゲーム


田中将大が所属するヤンキースは、本拠地でオリオールズと開幕戦を行い、6月29、30日にはレッドソックスと初の欧州開催試合「ロンドンゲーム」2試合を開催する。


また、前田健太のドジャースは、本拠地で平野佳寿のダイヤモンドバックスとオープニングデーを迎える。


その他では、メキシコのモンテレーでも全6試合が組まれている。今季もメジャーリーグは5月4日から6日まで、ドジャースとパドレスがモンテレーで3試合を行い、合計65116人のファンを獲得している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/08/23 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0707

大谷翔平、9回二死からの盗塁でサヨナラ劇を演出!守護神ジャンセン攻略  




 エンゼルスとドジャースのインターリーグが始まった。ウェストコーストの両チームはルート5号線でつながることから“フリーウェイシリーズ”と呼ばれる人気カードだ。

エンゼルス・大谷翔平とドジャース・前田健太の日本人選手対決に注目が集まったが、ドラマは、終盤にやってきた。大谷は、1点を追う9回二死走者なしの第4打席、ドジャースの守護神ジャンセン(23セーブ)と対戦。フルカウントから四球で出塁する。

続くフレッチャーの初球で二盗を仕掛け、相手捕手グランダルの悪送球を誘って三塁まで進みチャンスメイク。すると、フレッチャーがレフト前へラインドライブのヒットを運び、大谷は同点のホームを踏んだ。

9回二死からの同点劇にスタンドは沸く。



そして、次のキンズラーがライト前へポトリと落ちるへヒットを放つと、右翼を守っていたプイグのホームへの送球が捕手の前でイレギュラーバウンドして後逸。一塁ランナーのフレッチャーが一気にサヨナラのホームを踏んだ。

結局、3対2でエンゼルスが貯金を1にする貴重な逆転サヨナラ勝ちを収めた。

大谷の走塁が生きた同点劇。そして、勝利の権利をもって降板した前田にとってはアンラッキーな終盤のドラマだった。

大谷vs.前田は、2打数無安打、1三振で前田に軍配が上がった。前田は故障者リストから復帰後、3試合続けての好投。5回2/3を被安打3、奪三振9、失点1。今季は防御率3.24、WHIP1.25、奪三振98、奪三振率(K/9)10.68と好成績をマークしている。



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/07/07 Sat. 15:22 [edit]

CM: --
TB: --
   

0518

前田健太が連敗ストッパーに!ドジャース6連敗で止まる  




 ドジャースの前田健太が、9回目の登板で今季最高のピッチングを披露した。前田は、敵地でのマーリンズ戦に先発登板、8回96球、2安打、8奪三振、無四球で今季3勝目(3敗)を挙げた。




 4月18日のパドレス戦以来の白星となった前田。序盤の2、3回は、走者を背負ったものの無得点で切り抜けると、その後は危なげないマウンドだった。

最速93.7マイルのフォーシームを主体にカーブやチェンジアップ、決め球にスライダーを使う配球だったが、どの球種も低めに集める制球の良さが目立った。

これで8先発で防御率は3点台の3.89。今季の前田は、K/9が11.05(昨年は9.38)と改善しているのが目立つ。

 打線も骨折から復帰して今季3試合目のターナーが2回に3点二塁打を放ち4点を先制。3回にはプイーグの3号ソロ本塁打などで大量リード、前田をランサポートした。


F2jOvQN8.jpg


 ドジャースは、この試合まで6連敗、最近の10試合で1勝9敗と負けこんでいただけに、前田の好投は光る内容だった。投手陣では、エース左腕カーショーが故障者リスト(DL)入り、他にもリュ・ヒョンジン(柳 賢振)、トム・コーラー、フリオ・ウリアスがDL。

野手では主力のコーリー・シーガーが離脱して苦しい状況。17勝26敗で地区4位と低迷している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/18 Fri. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0409

大谷は、野茂の1年目236奪三振を超えられるか!? 日本人スターター1年目の成績  

 



大谷翔平が衝撃のデビューで話題になっているが、日本人投手の1年目の成績を先発投手を中心にまとめてみた。

野茂英雄のデビュー(1995年)が印象深い。彼が海を渡って今の流れを作った。MLBでノーヒッター2回 (1996年、2001年) 。両リーグ通じてのノーヒッター達成は史上4人目らしい。さらに、世紀を跨いでの達成は野茂が史上初。

しかも、ロッキーズのクアーズ・フィールド、オリオールズのカムデン・ヤーズで記録した史上初の投手になった。

ちょうどメジャーではボールパークの建て替えブームがあって、その時期と野茂の登場が重なっており、そのタイミングで野茂が記録したということだろう。


野茂英雄


【主な日本人投手1年目の成績】
試合数/勝敗/奪三振数/防御率


野茂英雄 28試合/13勝6敗/236/2.54

石井一久 28試合/14勝10敗/143/4.27

黒田博樹 31試合/9勝10敗/116/3.73

松坂大輔 32試合/15勝12敗/201/4.40

岩隈久志 30試合 9勝5敗/101/3.16

ダルビッシュ有 29試合/16勝9敗/221/3.90

田中将大 20試合/13勝5敗/141/2.77

前田健太 32試合/16勝11敗/179/3.48

大谷翔平 ?/?/?/?


※大谷は2wayということで、一概に比較はできないが、投手で25試合ぐらい投げることができれば、投手としても上の選手たちと同様の数字をマークしそうだ。



※岩隈は12年のメジャーデビューだが、最初はリリーフでの起用が多く、先発登板は、30試合中16試合のみだった。昨年9月27日に右肩のクリーニング手術を受けたが、すでに投球練習を開始している。日米で170勝108敗。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/09 Mon. 06:39 [edit]

CM: --
TB: --
   

0320

前田健太は先発ローテの3番手、開幕第3戦のSFジャイアンツ戦に先発!  



ナ・リーグ西部地区6連覇、そして30年ぶりのワールドシリーズ制覇に向けてロサンゼルス・ドジャースが現地18日、先発ローテーションを発表している。

開幕投手は、メジャーを代表する左腕クレイトン・カーショー。その後の第2戦にアレックス・ウッド。気になる前田健太は第3戦のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に先発することが決まった。


1.クレイトン・カーショー
2.アレックス・ウッド
3.前田健太
4.リッチ・ヒル
5.リュ・ヒョンジン

見てのとおり前田以外は、左投手が並ぶローテーションだ。

前田のスプリングトレーニングの成績は3試合に登板して7回1/3、防御率2.45、WHIP0.95。奪三振8、与四球2、被本塁打2のまずまずの数字を残している。残り最低でも1試合に登板して現地31日の開幕第3戦に臨む。

前田は昨季、前半戦の不調から一時はブルペンに回された。プレイオフでもブルペン投手として貢献したが、今季は前半から信頼を勝ち取りたいところだろう。

結果的には29試合のうち25試合の先発、13勝6敗、防御率4.22。2年連続で2桁勝利をマークしたが、134回1/3の投球回数は少なすぎる。先発投手として30試合先発、200イニングが今季の目標かもしれない。

昨年はMLB30球団で、防御率1位、WHIP1位をマークしたドジャースの先発投手陣。

その顔触れが全員残ったローテーションは、盤石のようだが、ベテラン38歳のヒルが3試合で防御率8.59、5番手のリュ・ヒョンジンも2度の先発で防御率14.29と打ち込まれているのが心配材料。

また、21歳期待の左腕フリオ・ウリアスは、昨年6月に左肩を手術して今季は60日間DLで開幕を迎える。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/20 Tue. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1030

【WS-G5】カーショー、カイケル崩壊で乱打戦、前田、ジャンセン打たれサヨナラ負け  



カイケル、カーショーの両先発が打ち込まれ両軍で7本のホームランが乱れ飛ぶ乱打戦になった。

最後は10回裏、昨日もジャンセンからホームランを放っている若手の2番ブレグマンが、2イニング目のジャンセンから初球をレフト前にサヨナラヒットして5時間を超える試合に終止符を打った。13対12でアストロズがワールドシリーズ第5戦を制し3勝2敗で王手をかけた。

WS-G5


カーショーの先発で、1回にカイケルを攻略して3点を先制したドジャースにモメンタムがあるように見えた。

ドジャースは1回、2死満塁から6番フォーサイスのレフト前2点タイムリーで先制。さらに、一三塁で、投手のけん制に一塁走者が飛び出し、これを一塁手グリエルが二塁へ悪送球、この間に三塁走者が生還して3点目をあげた。

ドジャースは4回にも1点を追加して4対0とリード。

ところが大エース、カーショーが4回に捕まる。アストロズは1死一二塁で4番コレアがレフトタイムリー二塁打を打ち、まず1点。なお二三塁から5番グリエルがレフトスタンドに3ランを運ぶ。試合は振出しに戻った。

5回、この日は4番から5番に変わったベリンジャーが勝ち越し3ラン。ドジャースが7対4とリード。

その裏、2死一二塁でドジャースは先発カーショーを諦めて、第3戦もロングリリーフで好投した前田がマウンドへ。しかし、エースを早めに降板させたこの継投が裏目に出た。

前田は、3番アルトゥーベに、まさかの同点3ランを浴びせられ、7対7の同点。前田はポストシーズン8試合目で初失点。

ドジャースは7回ベリンジャーのタイムリー三塁打で1点を勝ち越し。しかし、ドジャース4人目リリーフのモローも1番スプリンガーにソロを献上して三たび同点。

このあと無死一塁としてアルトゥーベが左中間を破るタイムリー二塁打を放ち、アストロズが、この試合で初めてリードを奪う。さらに無死三塁から4番コレアがレフトに2ランを叩き込んで、この回4点を挙げる大逆転。

8回にも両軍1点ずつを加え、12対9で迎えた9回表。ドジャースは1死から7番プイーグに2ラン、2死から1番テイラーにセンター前にゴロで抜けるタイムリーで同点。この土壇場の一打で延長へ。

ドジャースは守護神ジャンセンを9回から投入。ジャンセンは第2戦、4戦でもホームランを被弾している。とくに高めに浮く140キロ台中盤のカットボールは第2戦に29中27球も投じてアストロズ打線にボールの軌道を見究められている。

それでも1イニングなら球威で何とか凌げるが、イニングを跨ぐと案の定つかまった。

ジャンセンは10回、二死走者なしからマッキャンに死球、スプリンガーに四球を与えて2死一、二塁。ここで昨日もホームランを打たれたブレグマンがレフトへのヒットを放ち、代走フィッシャーが二塁から生還。5時間17分の死闘に終止符を打った。



打たれたジャンセンを責めることはできないだろう。彼はポストシーズン11試合目の登板。レギュラーシーズンと合わせれば76試合目。疲れはピークに来ていてもおかしくない。本来なら勝ちゲームで起用する投手だ。

この試合では前田健太が2/3イニングで降板、モローも4失点するなど、強力だったブルペン陣の誤算が指揮官の継投策を狂わせた。

ミニッツメイドのアストロズは強い。このポストシーズンでホームでは8勝1敗。「ヒューストン・ストロング」というハリケーンで傷ついた市民の願いがチームの背中を押しているのかもしれない。

なお、今日の7本塁打でワールドシーリーズ計22本になり、これまでの7試合で21本塁打のワールドシリーズ歴代最多記録を更新。このポストシーズンでも累計101本が記録され、これも歴代最多になっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/30 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1020

ダルビッシュと前田健太がワールドシリーズへ ドジャースが1988年以来のWS進出   



ダルビッシュ有と前田健太が所属するロサンゼルス・ドジャースが1988年以来、29年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出を決めた。

ドジャース2017


カブスのホーム、シカゴのリグレーフィールドで行われたナ・リーグのチャンピオンシップシリーズ(NLCS)第5戦は19日(日本時間20日)、エース左腕クレイトン・カーショーが好投してゲームを作ると、打撃陣では、エンリケ・ヘルナンデスが1試合3本のアーチを架けて7打点。

7回には2番手の前田健太が打者3人を完ぺきに抑え、8回はブランドン・モロー、最後はクローザーのケンリー・ジャンセンが締めて、ドジャースがNLCSの対戦成績を4勝1敗としてナショナルリーグを制覇。リーグ王者としてワールドシリーズにコマを進めた。



カーショーは4回1死からカブスの3番クリス・ブライアントにソロ弾を浴びたものの6回89球を投げて3安打、5奪三振、1四球、1失点の好投。

ディビジョンシリーズではダイヤモンドバックスに4発のホームランを許して、チャンピオンシップシリーズ第1戦でも5回を4安打、2失点(被本塁打1)でピリッとしなかったが、ポストシーズン3戦目の登板では完ぺきではないものの、大量点に守られて、エースとしての結果を残した。

この流れではワールドシリーズ第1戦にカーショーが中4日で登板する可能性が強くなった。

前田健太


2番手の前田健太も好投した。わずか10球で3者凡退に仕留める完璧な内容だった。

このポストシーズンでは5回目の登板。計5イニングスを無安打、無四球、無失点の完璧なリリーフでロバーツ監督の起用に応えている。

前田で注目したいのは5試合で15人中、左打者との対戦は1人のみ。応援している側としてはもっと見たい気もするが、対右打者の被打率.214、三振も今季140のうち91三振が右打者。そうしたデータを生かした起用法が功を奏しているのかもしれない。

ワールドシリーズでは、アストロズとヤンキースのどちらになるかわからないが、アストロズでは主力にアルトゥーベ、コレア、スプリンガー、グリエル、ブレグマンなど、コアな選手に右打者が多い。ヤンキースもジャッジ、サンチェス、カストロ、フレイジャーが右打者で、彼らと前田健太との対戦も楽しみだ。

ここまで2017年のポストシーズン2戦2勝のダルビッシュ有の存在も大きい。いまさら紹介するまでもないが、2戦で11回1/3イニングスを投げて失点2の防御率1.59。被打率.195でWHIP0.79だから、2本塁打を献上しているとは言え、それ以外は、打たれたというイメージがない。

アストロズのバーランダーと同様に優勝請負人として夏に補強しただけに、その期待に応えた内容だと言える。

シーズン終了後にはフリーエージェントになるダルビッシュだが、何とか引き留めて契約して欲しいというドジャースファンの声が高まっているという。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/10/20 Fri. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0922

前田健太はブルペン要員へ ドジャース指揮官が明言  




ドジャースの指揮官デーブ・ロバーツ監督は「今日の健太は中9日の登板という厳しいものだったがよく投げていた」とコメント。「60球を投げられたことが重要だ。今後はブルペンの武器として見ていく」とコメントした。

それでもポストシーズンにロースター入りでればいい方かもしれない。

前田は21日(日本時間22日)、敵地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦で3回を3安打、2四球、3奪三振、2失点で降板させられた。

過去3勝0敗の相性の良いフィリーズ戦だったが、初回は、球審のストライク、ボールの判定が厳しかった。ストライクとコールしてもいいような場面が3球はあった。メジャーは審判が多いという事もあるが、審判の質にバラつきがある。

前田は初回に2四球を与えるなどして2死満塁のピンチを招いたが、売り出し中の相手4番のホスキンスを三振に取るなど、無失点で切り抜けた。

残念だったのは2点リードで迎えた3回。

3番の新人ウィリアムスの初球(チェンジアップ)が甘く入って左中間に同点2ランを運ばれた。あれは失投だった。不用意にストライクを取りに行った変化球をパワーで持っていかれた。

ドジャースはその後、6回に8月に移籍加入のグランダーソン外野手の25号ソロ、7回にも代打イーシアが2号ソロを放つなど2点を加え、5対4で逆転勝ち。優勝マジックを1にした。

前田健太


前田に勝敗はつかなかった。これで131回1/3、12勝6敗、防御率4.25、WHIP1.14、137奪三振(K/9は9.39)。

他のチームなら堂々たるローテーションの3番手か4番手の数字だが、ワールドシリーズ制覇を狙う(悪くてもリーグ制覇)ドジャースは6人の先発がいて層が厚い。

今季の前田は6月にブルペンに回された。6月9日(同10日)のレッズ戦ではリリーフで4回を1失点。6月23日(同24日)のロッキーズ戦は1回を無失点に抑えた。

その時の経験を首脳陣は覚えているはずで、ロングリリーバーとしてのベンチ入りは十分期待できそうだ。

カーショー、ダルビッシュ、ヒルに続く4番手争いで、前田健太、柳賢振、ウッドの3投手のうち、ウッドと前田をブルペンに残して先発が不調だった場合に早めに前田やウッドを起用することも可能になる。

ただ、ドジャースはブルペンも強固で質が高い。使ってもらえるだけ良いかもしれない。

短期決戦のプレイオフでは、過去にもレンジャーズ時代の上原浩治やレッドソックス時代の田澤純一がメンバーから外された。

ちょっと悔しい気はするが、ブルペン要員でもチームに貢献できればいいかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/22 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド