メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0112

ドジャース前田健太もWBC出場辞退!球団側が難色示す  



ドジャースの前田健太も3月に行われる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に不参加となることが現地10日の時点でわかった、スポニチがWEBサイトで伝えている。

既に上原も移籍したカブス側が出場に難色を示し、辞退を表明。マリナーズの岩隈久志投手も出場辞退。記事では、ヤンキースの田中将大の選出も極めて難しい状況だという。

前回大会でチーム最多の15イニングを投げた侍ジャパンのエースが出場しない事態になるが、前田自身は「前回悔しい思いをしたし、日の丸を背負って戦うのは光栄なこと。出たい気持ちはもちろんある」と出場への意欲を口にしていた。

前田は入団交渉時のメディカルチェックで右肘に「イレギュラーな問題」が見つかり、基本給を抑えて、出来高を厚くした異例の8年契約を結んだ経緯もあり、昨季の活躍でその不安を払しょくしたが、余計な負担をかけたくないのもドジャース首脳陣の本音だと伝えている。

近日中にも球団から侍ジャパンへ断りの連絡が入るという。

WBC2017


お祭りとビジネスを冷静に考えれば、そういう結果になるということだろうか。WBCのアメリカでの価値は低く、シーズン前の調整段階で故障というリスクを避けたい球団側の意思が伝わる。

これまで第1回と第2回を日本、第3回はドミニカ共和国が制しただけでなく、いずれもアメリカチームが決勝に残れなかったことも、アメリカ国内の関心を高めるにいたらなかった原因だ。

日本人メジャーリーガーを責めることは出来ないだろう。ベースボールの母国アメリカ代表でもマイク・トラウト(エンゼルス)やブライス・ハーパー(ナショナルズ)といった若手のスターたちが出場を辞退している。

各国の代表も長期契約が保障された野手組など、ある程度、メジャーでの基盤を確立した選手たちがほとんどで、その次として母国のためという「名誉や名声」をかけて戦うというスタイルが多い。

これは考え方だが、侍ジャパンの選手たちも「日の丸」をつけて戦う名誉と自分自身のショーケース(発表会)と捉えてWBCで奮戦すれば、プロとしての見返りも期待できるだろう。

しかし、WBCは今回で最後になる可能性もあると報道されているという。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/01/12 Thu. 06:36 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1016

【NLCS】カブス先勝!マエケン炎上、4回3失点、次はあるのか!?  



 ドジャースの前田健太投手は15日(日本時間16日)、シカゴで行われたナ・リーグチャンピオンシップシリーズ(7回戦制)の第1戦に先発した。

 初対戦のカブス打線を相手に序盤からリズムをつかめず、4回、被安打4、3失点で降板。試合は3対3の同点から8回にカブスの代打モンテーロが満塁本塁打を放ち試合を決めた。

 敵地シカゴは、全米でも有名な“WindyCity”。外野フェンスのツタが生い茂るリグレーフィールドは、この街特有の強風が吹き、例年、この時期のナイトゲームは尋常ではない寒さになるという。

センター方向から風が吹けば、前田の生命線であるスライダーのキレや制球に影響がでるのは言うまでもない。

 しかも、異常な熱気を放つカブスファンに囲まれる。さまざまな悪条件、初めてのマウンド、角度も硬さもネットまでの距離感など、瞬時にインプットして自分のものにしなくてはいけない。その前に捉まった。

 前田のレギュラーシーズンの平均投球イニングは5.49。プレーオフは早めに先発投手を交代していくので、序盤の失点は命取りになる。

この試合でも1回、ブライアントに甘く入ったスライダーを捉えられた。当たっていない3番リゾ、4番ゾブリストに助けら、よく1失点で収まったという立ち上がりだった。

2回の3点目の失点は、味方の守備陣が三塁走者バイエスにスキを突かれ、前田にとっては不運だったが、すべてがアウェイでの洗礼だった。



「徐々に感覚がよくなってきてはいましたけど、1、2回に3点を与えてしまっていたので」とわずか球数66球での降板。イメージは悪い。

 前田は、これが今プレーオフ2度目の先発。前回に登板した地区シリーズ第3戦のナショナルズ戦では3回4失点と試合を作れず、敗戦投手となっている。

 シーズン103勝の強敵カブス相手だが、西部地区の覇者ドジャースも1勝ぐらいはするだろう。そうなれば第5戦に前田の登板が回ってくることになる。

 ルーキーとはいえ、カーショーが2カ月間戦列を離れたドジャースの先発ローテーションを守り抜いた前田健太。その評価は変わらないが、次があるとすれば、彼の1年間の総決算になるマウンドになるだろう。

 しかし、第2戦に登板するエースのカーショーが中3日で第5戦に投げることも考えられる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/16 Sun. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1014

TEXとBOS、優勝候補が消えたア・リーグ地区シリーズを振り返って  



 ダルビッシュのTEXレンジャーズが地区シリーズ(DS)で敗退。上原浩治のBOSレッドソックスも涙をのんだ。あとは、LAドジャースがなんとかDSを勝ち上がって前田とカーショーをもう少し見てみたい。

 レンジャーズは、昨年7月にトレードで獲得したハメルズとトミー・ジョン手術から復帰後、パワーアップしたダルビッシュ有の二人を擁しても敗れ去った。

 第1戦に先発したハメルズは、3回1/3、6安打7失点(自責点6)で降板。第2戦のダルビッシュは、「YUU~」という大声援の中、1イニング3本塁打を献上、4被弾を浴びて、5回5失点でマウンドを降りた。スタンドの子供たちの信じられないという表情が印象的だった。

 気分が悪くなるのでこれ以上書かないが、ハメルズも公式戦最後の6試合は、5失点以上が4回と調子を崩していた。ダルビッシュも手術から復帰した年だから、これ以上を期待してあげたら酷かもしれない。

だから、メディアが言う「先発が誤算」だったとは、客観的にはそうであっても心情的には、もう1年待ってあげたい気がする。

 来年のテキサスには、ベルトレの3000本安打と契約最終年のダルビッシュのシーズン300奪三振という話題を引っ提げてポストシーズンを勝ち上がって欲しい。

2016ポストシーズン


 上原のレッドソックスは、お気に入りだが、インディアンスという勢いのあるチームに完敗だった。グリーンモンスターにボールをぶつけてビッグイニングを作り出す野球が、コツコツと盗塁や犠牲バンドで次の塁を狙っていくスモールベースボールにやられた。

 シーズン中に球団記録を塗り替える14連勝を記録したインディアンス。レッドソックスの監督時代に2度の世界一に輝いたフランコーナ監督とその部下として仕えたファレルとの監督対決は、フランコーナに軍配が上がった。

 ポストシーズン33勝18敗という勝ち方を知っているフランコーナの采配が光った。カラスコとサラザールという先発2枚を欠いても勝ったのだから指揮官として称賛に値するといえる。

ポストシーズン2016


防御率、AL2位。ブルペン防御率も同2位。盗塁数、同1位。盗塁成功率、同1位。DRSはリーグ6位とやや落ちるが、UZRはリーグ3位。

 もっと数字はあるだろうが、セイバーの数字をつらつら並べるのは、燃費だけでクルマを評価するようで味気ない気がするので、これぐらいにしたいが、スタッツを並べてみてわかるのは走攻守のバランスがいいことだろう。

野球本来の楽しさがそこにはある。

 しかし、今年のクリーブランドは、春のNBAのキャバリアーズの優勝から風が吹いている。(NFLのブラウンズは開幕から5連敗で相変わらず弱いが・・・)。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2016/10/14 Fri. 06:43 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1011

【NLDS】ドジャース、状況次第でC.カーショーを中3日で第4戦に投入  



 地区シリーズ(DS)は、ナ・リーグのナショナルズとドジャースが接戦を演じているが、このNLDSで1勝1敗に持ち込まれたドジャースが、第3戦に敗れナショナルズに王手をかけられた場合に、初戦に先発したエース左腕クレイトン・カーショー投手を中3日の前倒しで第4戦に先発起用させる可能性があるとMLB.comが報じている。

 ドジャースはすでに第4戦の先発予定を20歳左腕フリオ・ウリアス投手と発表済み。しかし、前田健太投手が先発する第3戦を落とした場合、カーショーの先発予定を第5戦から繰り上げるようだ。

カーショー


 同サイトによると、カーショーは第2戦が行われた同日にブルペン入りし、25球を投げたもよう。カルロス・ルイス捕手によると、初戦では今ひとつだったスライダーが切れていたという。

 なお、カーショーは、これまでもポストシーズンでは中4日より短い間隔での先発を何度か経験済み。通算3試合で1勝1敗、防御率2.84という成績を残している。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/11 Tue. 07:10 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0917

前田が1年目でチームトップの15勝目、グリンキーにまたも投げ勝つ!  



 ドジャースの前田健太が現地16日、ロードでのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に今季28試合目の先発登板。5回を3安打、1失点に抑え15勝目(9敗)を挙げた。

 残り16試合で地区優勝までマジック13。しかし、4ゲーム差の2位ジャイアンツとは直接対決が6試合もあり、まだまだ予断を許さない状況だ。

 前田は、久しぶりの中4日での登板、9月5日の登板では相手のエース右腕ザック・グリンキーと投げ合って勝利、今回は2度目の投げ合いになった。



 ドジャースは初回、ターナー三塁手のタイムリースリーベースなどで2点を先制。リードを受けた前田は、その裏を3者凡退に抑えるシャットダウンイニングを演出。

その後もストライクゾーンのどちらともとれる微妙な判定で苦しんだが、3回は1死からオーイングス、ゴールドシュミット、ラムの上位打線を3者連続三振に切って取った。

 ドジャースは、1点を返されて迎えた4回に1死一、二塁のチャンスを作ると、ケンドリック外野手の内野ゴロの間に1点を追加。

前田は、5回を3者凡退で終えたところで降板。この日は94球を投げ、5回3安打、6奪三振、3四球、1失点で防御率3.24となった。

その後は6投手の細かい継投でリードを守りきり3対2で勝利。ここまで懸命に先発ローテーションを支える前田にブルペン陣が15勝目をプレゼントした。

 一方、昨オフに超大型契約でドジャースからダイヤモンドバックスに移籍したグリンキー投手は、6回4安打、4四球、4三振、3失点(自責点は1)の内容で今季7敗目(12勝)を喫した。

 昨年オフ。前田獲得を積極的に画策したあとにグリンキーに乗り換えたダイヤモンドバックス。明暗がはっきり見えた両投手の対決は見ていて愉快だった。

CsiKj6EVIAAORvV.jpg


 前田は5日のダイヤモンドバックス戦で14勝目を挙げ、石井一久氏らが持つ球団1年目新人の最多勝利に並んでいたが、この日の白星で記録を更新した。

 ドジャースの新人投手としては、リック・サトクリフが新人の資格を保持していたメジャー3年目の1979年に17勝(10敗)を挙げたのが最多。球団の歴代新人投手の中でも前田の15勝は2位に位置している。

 なお、今季の日本人投手の勝利数では、岩隈久志の16勝(11敗)がトップ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/09/17 Sat. 17:58 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0911

前田健太、15勝目を賭けてイチローのマーリンズと今季2度目の対戦  



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太が現地11日、ロードでのマイアミ・マーリンズ戦GAME3に先発登板する。もちろん注目はイチローとの今季2度目の対決だ。

マーリンズとはGAME1をカーショーで落としてGAME2はヒルで勝った。GAME3は1勝1敗のラバーマッチになる。

前田健太

 前田はここまで、先発数、勝ち数、勝率、防御率、奪三振数の投手5部門でチームトップだ。

 それだけではない。先発登板(27試合)やイニング数(153イニング)はリーグのルーキーで最高の数字。さらに、リーグ全体でも主要項目(勝利数・防御率・奪三振)でいずれもトップ10前後に食い込んでいる。

 それぞれ特筆して高い数字ではないかもしれないが、アンダーソン、リュ・ヒョンジンなどの先発陣の復帰が遅れ、追い打ちをかけるようにエースのカーショーが離脱。さらに、前田と同じくFAで新戦力のカズミアも8月23日からDLになった事を考えると前田の貢献度は計り知れない。

 イチローとの対決は4月28日以来で、この時は3打数ノーヒット、1三振に抑えている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/09/11 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0824

MLB ポストシーズンの日程を発表 10/4のALWCからスタート WSは10/25から  




メジャーリーグ機構(MLB)は現地23日、今シーズンのプレイオフ・スケジュールを発表した。

それによれば10月4日に行われるア・リーグ(AL)のワイルドカードゲームからスタートする。

Cqj8-mFVIAAQQFL.jpg


翌5日にはナ・リーグ(NL)のワイルドカードゲームが開催される。

ディビジョン・シリーズ(地区シリーズ)はALが6日、NLは7日から行われる。

また、チャンピオンシップ(リーグ優勝決定シリーズ)はALが14日、NLは15日からの予定となっている。

ワールドシリーズ(WS)は、ア・リーグ優勝チームの本拠地で25日に開幕。同シリーズが第7戦までもつれた場合は、11月2日に最終戦が行われる。

日本選手が所属するチームは、ALがダルビッシュのレンジャーズ、NLが前田健太のドジャースのPO進出が有力だが、イチローのマーリンズや岩隈・青木のマリナーズも十分にチャンスがある。



ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/08/24 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0818

C.アトリーが古巣の凱旋試合でグランドスラム、前田の12勝目をランサポート  

 

前田健太が先発登板という事で日本でもCS局でLIVE中継があったが、この日は、チェイス・アトリー二塁手が、ドジャース移籍後初めてフィリーズの本拠地シチズンズバンク・パークに凱旋した試合とあって、第1打席でフィリーたちから1分15秒にわたりスタンディングオベーションを受けるという感動的なシーンがあった。

CqCErrFXEAAjZsm.jpg

アトリーは、メジャーデビューを飾った2003年から昨年にトレードされるまで、13シーズンにわたりフィリーズで活躍した。ショートを守るジミー・ロリンズとは2003年シーズン終盤から2014年まで二遊間コンビを組んでいたことは記憶に新しい。

アトリーはファンからの歓迎について「決して忘れられない素晴らしい思い出になった」とすると、「言葉では表現できない。ファンからあれほどの応援を受けて、特別な気分になったよ」とコメントしている。



試合は、ドジャースが15対5で勝利。 前田健太投手が6回3安打、1四球、9三振、2失点の内容で、今季12勝目(7敗)を手にした。

ドジャースは0対1の5回、アトリーの加入後、外野にコンバートされたハウイ・ケンドリックが8号2ランを放ち、アトリーの9号ソロで逆転に成功。

5対2で迎えた7回にはこの日の主役アトリーから10号グランドスラムが飛び出し、この回、打者11人の猛攻で一挙8点を奪い、試合を決めた。

アトリーは温かく迎えてくれたフィリーたちの頭上に“恩返し”のアーチを2本かけた。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/08/18 Thu. 10:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0805

どうなるドジャース!カーショーを60日間のDLに登録、前田健太がローテの軸に  

 


ロサンゼルス・ドジャースが現地3日、腰の故障で離脱しているエース左腕クレイトン・カーショー(28)を、15日間から60日間の故障者リスト(DL)に移動させた。

28歳のカーショーは、今季16試合に先発し、11勝2敗、防御率1.79をマーク。離脱するまでは奪三振でもトップを走っていた。

ところが、椎間板ヘルニアを患い先月1日にDL入り。ドジャースのデーブ・ロバーツ監督によると、同16日に実戦形式の練習に登板した際、症状を悪化させたとのことで、それ以降は投球練習すら行っていないという。

さらに、ロバーツ監督の談話では、手術を受けて今シーズン残り試合を全休する可能性もあるということで、現時点では何も決定していないと慎重な姿勢を示した。

ドジャースのローテは前田が軸に


カーショーのシーズン終了とも考えられる長期離脱でチームの先発ローテーションは、
  1. 前田健太 21試合、9勝7敗、3.23ERA
  2. バド・ノリス 29試合、6勝9敗、4.26ERA、(先発は16試合)
  3. スコット・カズミア 21試合、9勝4敗、4.41ERA
  4. ブランドン・マッカーシー 6試合、2勝2敗、2.26ERA
  5. ブロック・スチュワート 2試合、0勝2敗、14.00ERA

このうちバックエンドの2人、マッカーシースチュワートは2日、3日の試合で打ち込まれて連敗。この2人が不安視されており、4日は前田健太が連敗ストッパーとしてマウンドに上がる。

ドジャースは、この夏のトーレ―ド期限前に投手だけで5人を補強したが、早めに獲ったバド・ノリスは既に6試合に先発して3勝2敗。

しかし、7月31日のダイヤモンドバックス戦で13球を投げたところで右側部の筋肉の痛みで降板している。

アスレチックスから獲得した36歳のベテラン左腕リッチ・ヒルは7月17日のトロント・ブルージェイズ戦に先発した際にまめの影響でわずか5球を投げただけで降板し15日間の故障者リスト(DL)に登録。8月4日の時点でアクティブに登録されていない。

ヒルは今季14試合の先発登板でアスレチックスではトップの9勝(3敗)、防御率2.25をマークしている。

ほかの補強投手、ジェシー・チャベスジョシュ・フィールズは中継ぎブルペン要員としてアクティブ(25人枠)に登録している。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/08/05 Fri. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0701

【MLB移籍情報】ドジャースとブレーブス間でトレード成立  



前田健太が好投し7勝目をあげたドジャースだが、現地30日にアトランタ・ブレーブスとの間でトレードを成立させ、ベテラン右腕バド・ノリス投手(31)を獲得した。

このトレードは複数トレードでドジャースはノリスのほかにも、メジャー未昇格のキューバ出身ディアン・トスカーノ外野手と選手1名(後日発表)に加え、金銭を獲得。

その見返りとして、マイナーの救援左腕フィリップ・ファイファー、救援右腕カレブ・ダークス両投手をブレーブスにリリース。

31歳のノリスは、今季ここまで22試合(うち先発10試合)に登板し、3勝7敗、防御率4.22、奪三振率7.7、与四球率3.3。

シーズン序盤は調子が上がらず、一時期はブルペンに配置転換されていたが、4日に先発に復帰して以降は、5試合に先発して2勝1敗、防御率2.15と復調の兆しを見せている。

これまでにヒューストン・アストロズやボルティモア・オリオールズなどに所属し、キャリア8年間で59勝75敗、防御率4.43の成績を残している。



15日間のDL入りした大エース、クレイトン・カーショーの穴埋めに7月1日のマウンドが決まっている。

この結果、ドジャースの先発ローテーションは当面、前田健太、スコット・カズミアー、ブロック・スチュワート、新人フリオ・ユリアスにバド・ノリスを加えた編成になる。

シーズン前から離脱しているスターターの柳賢振が早ければ7月上旬に復帰予定。ほかにもブランドン・マッカーシーも7月上旬、アレックス・ウッドは7月下旬に復帰する見込みで、オールスターブレイクを挟んで8月頃までには、本来の先発陣が整いだす予定だ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/07/01 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド