メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0209

【WBC2017】WBCの気になる各種ルールは?ポイント解説  




3月に開催の「2017ワールド・ベース・ボールクラシック」の各種ルールがWORLD BASEBALL CLASSIC INC.より 発表された。公式サイトからポイントとなる点を抜粋して紹介する。


延長戦は、ソフトボールで採用されているルールで延長10回を終えて決着がつかない場合、同11回以降は無死一、二塁からタイブレーク制を実施。打順は10回終了時点から引き継ぎ、先頭打者の直前の2人が一、二塁走者となる。

コールドゲームの規定も前回同様に採用されて「7回以降に10点差、5回以降に15点差」がついた場合にはコールドゲームとして試合が終了する。


WBC2017 


その他、気になるポイントは、

①投手の球数制限


1試合につき1次ラウンドでは65球、2次ラウンドでは80球、準決勝と決勝では95球を超えて投げることはできない。ただし、ある打者の打席中に投球数制限に達した場合は、その打席完了まで投球できる。
  • 50球以上投げた場合、次の登板まで中4日をあけなければならない。
  • 30球以上、または2試合連続で投げた場合は、次の登板まで中1日をあけなければならない。

②予備登録投手←NEW


今大会から新たに予備登録投手の登録枠が設けられた。最大10名まで登録可能で大会期間中、次のラウンドに進出した際に2名まで入れ替えができる。
  • ・ただし、最終登録メンバー28人の中に予備登録投手を1人~2人登録し、予備登録投手同士での入れ替えに限る。
  • ・予備登録投手は、一度、他の投手と入れ替わった場合、再登録することはできない。


③ビデオ判定


1次、2次ラウンドでは、本塁打のみビデオ判定を行う。決勝ラウンドにおいては、MLB公式戦におけるビデオ判定方式に従う。ただし、チャレンジは行わない。


④順位決定方法


1次、2次ラウンドでは、勝率が並んだチームは、以下の方法で順位を決定する。
(1)1位と2位が同率の場合:直接対決で勝ったチーム

(2)3チームが2勝1敗で同率の場合、1位を下記の優先順位で決定し、2位および3位はプレイオフを戦う。

  • 1 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの失点数が少ない
  • 2 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの自責点数が少ない
  • 3 同率チームとの対戦で、打率が高い
  • 4 WBCIによる抽選

(3)3チームが1 勝2 敗で同率の場合、上記優先順位で最下位チームを決定。残り2チームでプレイオフを戦う。


▶MLBpressbox.com
http://www.wbc2017.jp/news/article/20170208_1.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




関連記事

Posted on 2017/02/09 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0201

米メディアも反応!大谷翔平のWBC「投手辞退」表明  




メジャーのスカウト大注目の剛腕・大谷翔平が、投手としてのWBC出場を辞退することになった。

アリゾナ州ピオリアで現地31日、大谷は会見を行い「残念な気持ちはある。状態をぎりぎりまで上げるようにやってきたけど…」というコメントを残している。

栗山監督は「非常に残念。去年の日本シリーズで痛めた(右)足首の影響もあるので、投手はできない、とジャパンに伝えました」と明かした。

シーズン前とはいえメジャーの一線級が各国代表として顔をそろえる大会で、大谷にとってもその真価を披露できるショーケースの意味合いもあった。

しかし、考え方を変えれば、日本ハムのフロントは賢明な判断だったかもしれない。

故障がなくても上原、田澤、岩隈、ダルビッシュ、田中、前田と本来なら日本代表の先発ローテーション投手およびセットアッパー、クローザーが軒並み代表入りを辞退。

しかし、彼らを責めることはできない。誰もが理解していることだが、野球の場合、打者と違って投手は負担とリスクが大きい。わざわざ球数制限というルールがあるのが、その証左といえる。

少しでも不安があるなら大会前の早い時期にアナウンスしたのは当然の判断だった。



この発表を受け、米メディアもすかさず反応し、MLB公式サイトや「スポーツ・イラストレイテッド」、「ファンラグ・スポーツ」などが、その記事を掲載している。

アメリカ代表も参加表明していたマックス・シャーザーが故障で辞退しているし、各チームのエリートスターターは、ルール改正で、スポットで出る可能性はあるものの、打者と違って顔ぶれは落ちる。

打者でも、若手のマイク・トラウトブライス・ハーパーは、早くから不参加を表明している。

ハーパーに関しては、代理人スコット・ボラス氏が彼を出場させない方針で「選手たちに大事なのはルーティンを守ることだ。ハーパーにとっては調整を重ね、シーズンに備える大事な時期になる」と昨年11月、ニューヨークポスト紙にコメントしている。

日本ハムにとってもペナントレースを勝ち抜く大黒柱でもあるし、大谷が海を渡る場合に、前田の例でも分かるように多額の譲渡金が球団に入る。そんなビジネスライクなことを言えば批判があるかもしれないが、戦略的には当然だろう。打者として辞退しても納得できる。

WBCに関しては、いろんなウワサがあって、中には今大会が最後かもしれないというウワサもある。

ESPNのクリスチャン・モレノ記者が昨年11月に「今大会で十分な利益があげられない限り、ワールド・ベースボール・クラッシックの大会が終了する可能性のあることを、複数のニュースソースから聞いた」とツイート。これを受けてCBSスポーツやヤフースポーツが報じていた。


http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2927.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000001-wordleafs-base

http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3033.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/01 Wed. 13:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0124

侍ジャパン: WBC代表メンバー発表、メジャーリーガーは青木だけが参戦  

 


大谷、菅野、則本、石川を先発で想定
1番か2番に青木
クリーンアップに中田、筒香が入るラインナップ



野球日本代表「侍ジャパン」の小久保裕紀監督が24日、都内で会見を行い、3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表メンバーを発表した。

結局、ダルビッシュ有や田中将大、岩隈久志、前田健太、上原浩治、田澤純一らのメジャーリーガーは辞退した。メジャーリーガーの参戦は青木宣親の一人だけになった。

直前に1名が辞退したため27選手の発表になったが、決定次第最後の一人を発表するという。

昨年12月に大谷翔平(北海道日本ハム)、青木宣親(アストロズ)ら19選手が発表されており、今回は投手6名、捕手1名、外野手1名が追加された。


以下、選出メンバー。
※の付いた選手が今回選出された選手。
  • ■投手
  • 松井裕樹(東北楽天)※
  • 菅野智之(巨人)
  • 秋吉亮(東京ヤクルト)
  • 則本昂大(東北楽天)
  • 宮西尚生(北海道日本ハム)
  • 大谷翔平(北海道日本ハム)
  • 藤浪晋太郎(阪神)※
  • 増井浩俊(北海道日本ハム)
  • 石川歩(千葉ロッテ)※
  • 岡田俊哉(中日)※
  • 牧田和久(埼玉西武)
  • 千賀滉大(福岡ソフトバンク)※
  • 平野佳寿(オリックス)※

  • ■捕手
  • 小林誠司(巨人)※
  • 大野奨太(北海道日本ハム) 
  • 嶋基宏(東北楽天) 

  • ■内野手
  • 松田宣浩(福岡ソフトバンク)
  • 菊池涼介(広島)
  • 坂本勇人(巨人)
  • 中田翔(北海道日本ハム)
  • 山田哲人(東京ヤクルト)

  • ■外野手
  • 内川聖一(福岡ソフトバンク)
  • 青木宣親(アストロズ)
  • 平田良介(中日)※
  • 筒香嘉智(横浜DeNA)
  • 鈴木誠也(広島)
  • 秋山翔吾(埼玉西武)

  • ■コーチングスタッフ
  • 監督 小久保裕紀
  • ヘッド 奈良原博
  • 投手 権藤博
  • バッテリー 村田善則
  • 打撃 稲葉篤紀
  • 内野守備・走塁 仁志敏久
  • 外野守備・走塁 大西崇之





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





関連記事

Posted on 2017/01/24 Tue. 20:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0112

ドジャース前田健太もWBC出場辞退!球団側が難色示す  



ドジャースの前田健太も3月に行われる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に不参加となることが現地10日の時点でわかった、スポニチがWEBサイトで伝えている。

既に上原も移籍したカブス側が出場に難色を示し、辞退を表明。マリナーズの岩隈久志投手も出場辞退。記事では、ヤンキースの田中将大の選出も極めて難しい状況だという。

前回大会でチーム最多の15イニングを投げた侍ジャパンのエースが出場しない事態になるが、前田自身は「前回悔しい思いをしたし、日の丸を背負って戦うのは光栄なこと。出たい気持ちはもちろんある」と出場への意欲を口にしていた。

前田は入団交渉時のメディカルチェックで右肘に「イレギュラーな問題」が見つかり、基本給を抑えて、出来高を厚くした異例の8年契約を結んだ経緯もあり、昨季の活躍でその不安を払しょくしたが、余計な負担をかけたくないのもドジャース首脳陣の本音だと伝えている。

近日中にも球団から侍ジャパンへ断りの連絡が入るという。

WBC2017


お祭りとビジネスを冷静に考えれば、そういう結果になるということだろうか。WBCのアメリカでの価値は低く、シーズン前の調整段階で故障というリスクを避けたい球団側の意思が伝わる。

これまで第1回と第2回を日本、第3回はドミニカ共和国が制しただけでなく、いずれもアメリカチームが決勝に残れなかったことも、アメリカ国内の関心を高めるにいたらなかった原因だ。

日本人メジャーリーガーを責めることは出来ないだろう。ベースボールの母国アメリカ代表でもマイク・トラウト(エンゼルス)やブライス・ハーパー(ナショナルズ)といった若手のスターたちが出場を辞退している。

各国の代表も長期契約が保障された野手組など、ある程度、メジャーでの基盤を確立した選手たちがほとんどで、その次として母国のためという「名誉や名声」をかけて戦うというスタイルが多い。

これは考え方だが、侍ジャパンの選手たちも「日の丸」をつけて戦う名誉と自分自身のショーケース(発表会)と捉えてWBCで奮戦すれば、プロとしての見返りも期待できるだろう。

しかし、WBCは今回で最後になる可能性もあると報道されているという。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/01/12 Thu. 06:36 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0106

WBCは新ルール導入で大物メジャーリーガーの参戦が容易になる!?  

 


 サンフランシスコ・ジャイアンツのエース左腕マディソン・バムガーナーが、3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第1ラウンド終了後から米国代表に合流する可能性がでてきた。

WBC米国代表のジョー・トーリGMは、バムガーナー投手のエージェントに接触し、同投手の「指名投手枠」入りで交渉を続けている。

 この「指名投手枠」というのは、MLB公式サイトが現地4日に公表したもので、WBCに関する新しいルールといえる。

それによれば28人の出場登録枠とは別に「designated pitcher pool(指名投手枠)」が設けられ、各チームが、それぞれ10投手を登録できる特別枠が正式決定したというのだ。


WBC2017 


 指名打者ならぬ指名投手というのは聞いたことがないが、要するに一線級に門戸を広げてワンポイントでも参加しやすくしたルールといえる。

そうすることで総力戦に持ち込むことができ、投手力の層の厚い国には有利といえるルールになった。バムガーナーやクレイトン・カーショーら大物メジャーリーガーがワンポイントでも顔を揃えれば大会の注目度や価値が上がり、サッカーのような真の世界一決定戦にふさわしい大会に近づけられる。

 また、指名投手枠に入るだけなら所属チームでのキャンプで調整することができ、登板は1試合に限られてくるので長期離脱する必要もなく、所属する球団も選手が大会に参加することでのリスクは軽減される。

 まだまだ、世界選手権としての認知は低いWBCが、一線級の参加による話題と質の向上を促そうという主催者の意図が分かる新ルールといえる。

 すでに米国代表は、マックス・シャーザー投手(ナショナルズ)、マーカス・ストローマン投手(ブルージェイズ)、クリス・アーチャー投手(レイズ)、ダニー・ダフィー投手(ロイヤルズ)の4投手が28人枠に入ることが決定しており、ラウンドを勝ち上がればさらに強力な投手陣を編成できることになる。

侍ジャパンにもメリットがある


 米国在住のスポーツライター、菊池慶剛さんの記事では、この新ルールは、投手層の厚い日本のチーム編成にもメリットがあるという。

 たとえば最初の28人枠に選ぶ投手陣はあくまで1次ラウンドで対戦する3チーム(キューバ、オーストラリア、中国)を睨んだ編成にし、その後は2次ラウンド、決勝ラウンドで対戦しそうな強豪国相手に場合によっては日本人メジャーリーガーを起用することも考えられるという。

指名投手枠に入るだけなら日本人メジャー投手は所属チームでのキャンプで調整することができ、登板は1試合に限られてくるので長期離脱する必要もなくなる。

 これまでの予選全期間のチームへの帯同と違って、1試合ぐらいなら所属するチームからも承諾を得やすい環境になったといえるだろう。


◇記事参考
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kikuchiyoshitaka/20170105-00066260/



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





関連記事

Posted on 2017/01/06 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0101

大谷翔平、WBCの1次ラウンド初戦キューバ戦に先発  




 日本ハムの大谷翔平投手が、3月7日に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド初戦のキューバ戦に先発することが12月31日、分かった。

 これは日刊スポーツが報じたものだが、小久保監督は、大谷の起用を野手中心でいく方針を固めているが、重要な開幕戦を剛腕で取りに行く。

WBC2017


 強敵キューバとの初戦は、予選ラウンドを優位に進める上ではポイントになることは間違いない。先発投手の65球という球数制限のなかで、大谷がどんなピッチングをするかも注目だ。

「先発候補ではあると思う。いい投手もたくさんいるので初回から飛ばしていける。(キューバ戦を)イメージして合わせていきたい」と大谷はコメントしている。

 大事な短期決戦の初戦、好スタートをきれるのか、メジャーのスカウト陣も大挙して来日するのは間違いない。侍ジャパンは、世界一奪還だが、大谷にとってもメジャーに向けての重要な一戦になる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/01/01 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1221

アストロズ青木宣親が侍ジャパンに! WBC参戦‼  




 日本野球機構(NPB)は21日、来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表として、アストロズの青木宣親外野手(34)の参加が決定したと発表した。

日本人メジャーリーガーの選出は今大会初となる。



青木自身は、06年、09年に続き、3度目のWBC出場になる。

青木宣親


NPBは20日、侍ジャパンの主力メンバーとなる国内組18人を発表。最終メンバーは28人で、残る10人については、小久保裕紀監督が「MLB所属選手を含めて選考中」とコメントしていた。

18人の内訳は投手7人、捕手2人、内外野手9人。WBCには投手13人以上の規定があり、残る10人のうち6人以上は投手になる。

招集を目指すカブス上原、マーリンズ田澤、ヤンキース田中、ドジャース前田らの動向を見極めながら、選考を続けていくことになる。

“レジェンド”イチローの名前があがっていないのが残念だ。


【投手】
日本ハム/大谷翔平、増井浩俊、宮西尚生、
巨人/菅野智之、
楽天/則本昂大、
ヤクルト/秋吉亮、
西武/牧田和久

【捕手】
日本ハム/大野奨太、
楽天/嶋基宏

【内野手】
日本ハム/中田翔、
巨人/坂本勇人、
ヤクルト/山田哲人、
広島/菊池涼介、
ソフトバンク/松田宣浩

【外野手】
DeNA/筒香嘉智、
西武/秋山翔吾、
ソフトバンク/内川聖一、
広島/鈴木誠也


 2大会ぶり3度目の優勝を目指す侍ジャパンは、来年2月23日から26日まで宮崎で強化合宿を行い、

台湾プロ野球選抜(2月28日、3月1日、ヤフオクドーム)、
阪神(3月3日、京セラドーム)、
オリックス(3月5日、京セラドーム)との強化試合を行う。

その後、3月7日のWBCの1次ラウンド初戦・キューバ戦(東京ドーム)に向かう。



にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/12/21 Wed. 18:17 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1111

WBC2017:初戦はキューバ!1次Rは東京ドームで3月7日開幕  




 第4回WBCで日本が参加する1次、2次ラウンド(東京ドーム)の 開催概要が発表された。日本の初戦は3月7日キューバ。同8日にオーストラリア、同10日に中国と対戦する。

 キューバとの国際大会での対戦成績は、プロが出場するようになった1999年10月以降でも8勝13敗1分け。13年の前回大会は1次ラウンドで同組になり、3対6で敗れた。

 余談になるが、MLB(メジャーリーグ機構)は4月4日、今季開幕時のメジャー登録選手(故障者リスト入り含む)864人のうち、米国以外の出身選手が18カ国・地域に拡がり全体の27・5%にあたる238人になったと発表している。

 これは2013年の28・2%、241人に次ぐ数字らしいが、米国外の18の出身国・地域別では、ドミニカ共和国が82人で最多。以下、ベネズエラ63人、キューバ23人と続き、日本の8人は韓国と並び6番目だった。

 初戦で対戦するキューバは、開幕ロースターが23人だが、それ以外のメジャーに近い3Aや期待のプロスペクトを入れると40人ちかく選手が所属し、超一流のチャップマンやセスペデスは出場しなくてもグリエルや若手のモンカダあたりの選手が数人出場するだけでも大幅に戦力アップになる。

それは、本戦で対戦するドミニカやベネズエラも同じだ。

WBC2017 


 今大会から1次、2次ラウンドともに「プレーオフ」が採用された。これにより4チームの総当たり戦を終えて2勝1敗か1勝2敗で3チ―ムが並んだ場合は、後日発表される順位決定方式に基づき2位と3位が対戦。

3戦全勝で1位突破を決めないと、先発投手の起用も苦しくなる。小久保監督は「中4日では回せない日程。先発は最低8人必要」と話す。短期決戦はいつもそうだが、いつも以上に初戦の重要度は、高まっている。


開催概要(スポーツ報知より引用)
 1、2次Rは4チーム総当たり戦。1次Rで2位以内に入れば、ソウルでの別組を勝ち抜いた2チームとともに東京Dで2次Rを戦い、上位2チームが米ロサンゼルスでの準決勝に進出する。

2勝1敗か1勝2敗で3チームが並んだ場合には、同率チームの順位決定ルール(後日発表)に基づき、2位と3位でプレーオフを実施。勝ったチームが、次のラウンドに進む。


侍ジャパン・オフィシャルサイト
http://www.japan-baseball.jp/




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2016/11/11 Fri. 07:02 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1012

第1回U-23W杯に出場する侍ジャパンU-23代表選手24名  




野球の日本代表U-23(斎藤雅樹監督)は、10月28日から11月6日にメキシコ・モンテレイで開催される「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」に出場するメンバー24名を発表した。

投手名11名、捕手3名、内野手6名、外野手4名。大半はプロ野球(NPB)支配下選手だが、アマも投手で田嶋大樹(JR東日本)、勝野昌慶(三菱重工名古屋)、大野亨輔(MHPS横浜)、捕手で佐野洋樹(JR九州)、丸子達也(JR東日本)の5名が選出された。


  • ▼投手
  • 青山大紀(オリックス・バファローズ)
  • 田嶋大樹(JR東日本)
  • 勝野昌慶(三菱重工名古屋)
  • 塹江敦哉(広島東洋カープ)
  • 大野亨輔(MHPS横浜)
  • 安樂智大(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 笠原大芽(福岡ソフトバンクホークス)
  • 岸本淳希(中日ドラゴンズ)
  • 永谷暢章(JR東日本)
  • 本田圭佑(埼玉西武ライオンズ)
  • 歳内宏明(阪神タイガース)
  • ▼捕手
  • 柿沼友哉(千葉ロッテマリーンズ)
  • 佐野洋樹(JR九州)
  • 下妻貴寛(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • ▼内野手
  • 吉持亮汰(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 廣岡大志(東京ヤクルトスワローズ)
  • 植田海(阪神タイガース)
  • 丸子達也(JR東日本)
  • 山下幸輝(横浜DeNAベイスターズ)
  • 三好匠(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • ▼外野手
  • 真砂勇介(福岡ソフトバンクホークス)
  • 乙坂智(横浜DeNAベイスターズ)
  • 山崎晃大朗(東京ヤクルトスワローズ)
  • 武田健吾(オリックス・バファローズ)







にほんブログ村 野球ブログへ



関連記事

Posted on 2016/10/12 Wed. 16:16 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0826

来年3月のWBC、準決勝と決勝はLAのドジャースタジアムで開催  




来年3月に行われるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の準決勝と決勝が、アメリカ・ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われることが25日決まった。

4回目のWBCには、2大会ぶりの優勝を目指す日本をはじめ、16チームが参加し、東京ドームなどで行われる1次ラウンドと2次ラウンドを経て、準決勝に進出する4チームが決まる。

主催者発表によれば、準決勝と決勝を3月20日から22日にかけてロサンゼルスのドジャースタジアムで行うと発表した。同スタジアムは前田が所属するドジャースの本拠地で、決勝は2009年の第2回大会に続き2度目の開催となる。

1次ラウンドは3月9日から12日の日程で、前回大会優勝のドミニカ共和国、米国、カナダ、コロンビアのC組がフロリダ州マイアミで開催。

イタリア、メキシコ、プエルトリコ、ベネズエラのD組がメキシコ・グアダラハラで行う。

各組上位2チームが14から18日にカリフォルニア州サンディエゴでの2次ラウンドに進む。

日本のA組はまず、来年3月7日から11日まで東京ドームで行われる1次ラウンドでキューバ、中国、それにオーストラリアと対戦し、このうち上位2チームが2次ラウンドに進出する。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/08/26 Fri. 12:49 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド