メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0306

中後悠平、開幕メジャーならずマイナーキャンプへ   




中後悠平の開幕メジャーの夢は潰えたようだ。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの春季キャンプに招待選手として参加していた中後悠平投手が現地5日、マイナーのキャンプ行きを通告された。

メジャーの春季キャンプは40人枠選手とマイナー契約のノン・ロースター・インバイティ―(枠外招待)選手、若手のプロスペクトら、合わせて70人近い選手が参加。その中からふるいにかけて、週ごとロッカーが開いていく厳しい春だ。

3試合に登板した中後だったが、注目していただけに、やや早と感じるマイナー行きとなった。3試合、3イニングを1安打、2四球、3奪三振、1失点。

1回目と3回目の登板が無失点だっただけに、2回目の登板が悔やまれる。その試合では先頭打者から8球連続ボールで、連続四球を出した。

マイク・ブッチャー投手コーチは中後について、昨季は非常に成長したと評価しながらも、今後の課題として、特にストレートの制球難を指摘しているようだ。

ただ、ダイヤモンドバックスのトーリ・ロブロ監督は、中後を今季中にコールアップする可能性があるということもMLB.comでは伝えている。


中後 悠平 (なかうしろ・ゆうへい)

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。 しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。 ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビューしている。

16年は、最終的には3Aまで昇格。3Aのリノ・エーシズでは13試合連続無失点で9月のコールアップも期待されたがメジャーでの登板は果たせなかった。今季は秋季キャンプに初参加、開幕メジャーが期待された。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/06 Mon. 16:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0302

中後悠平、2度目の登板は1回2四球の制球難で1失点  



マイナー契約からメジャーを目指すダイヤモンドバックスの中後悠平が現地1日、ホワイトソックス戦に2度目の登板。1回1失点だった。

2-1の6回から6番手で登板した中後は、先頭打者をストレートのファーボール。次の打者にもストライクが取れず8球連続のボールという立ち上がりだった。

3人目の打者が初球を打って1塁ゴロが犠打になり、走者二、三塁からセンター前タイムリーを浴びて失点した。真ん中高めの初球を狙われた。二塁走者が本塁でタッチアウトとなり2死。最後は空振り三振に打ち取った。

早打ちの打者に対する初球の入り方と制球に課題の残ったマウンドだった。結局、1回を1安打1失点、1三振2四球。40人枠登録へ不安の残る内容だった。

中後は、「自分が課題にしていて、一番やってはいけないことをやってしまった。ボールは悪くなかったが、先頭の四球がすべてだった。次にチャンスがあるかどうかも分からないが、次の試合があるのなら絶対に結果を残したい」とコメントしている。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 



関連記事

Posted on 2017/03/02 Thu. 20:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0226

メジャーへ!中後悠平2年目の春、OP戦初登板で好スタート  



メジャー2年目の挑戦となるダイヤモンドバックスとマイナー契約の中後悠平投手が現地25日のオープン戦に初登板、1回を無難に切り抜けた。

アリゾナ州スコッツデールで行われているダイヤモンドバックスのスプリングトレーニングに初参加している左腕は、オープン戦の初戦となったロッキーズ戦で4点ビハインドの8回、7人目として登場した。

8回の頭からマウンドに上がった中後は、8番打者相手にボールが2球先行。

1球目はインコースのフォーシーム、2球目はアウトコースのスライダーが外れた。3球目、やや内よりの89.0マイルのフォーシームでセンターライナーに打ち取った。

2人目は右バッターとの対戦。89.1マイルのフォーシームで詰まらせてショートライナー。

3人目は昨シーズンのレギュラーだった1番デビット・ダール(LF)を1球目の88.9マイルのフォーシームでファーストゴロに打ち取った。

8球の内訳はフォーシムが6球、スライダー1球、チェンジアップ1球だった。最速は90.6マイル(約146キロ)だった。

中後投手は「オープン戦でも大リーグのマウンドは初めてだったので、準備はしていたつもりだったが緊張した。最初の2球は力の入れ方がわからなかったが、3球目からリズムがつかめた。抑えられてよかった」とコメント。

気になる首脳陣の評価は、「いいスタートだった。また次のチャンスもあるだろう」とトリー・ロブーロ監督。今後もチャンスを与える考えを示したという。

中後悠平

22日のシート打撃の登板では、ロブーロ監督の横でマイク・ヘーゼンGMも中後の登板を見守った。若手有望選手でもない招待選手の打撃練習登板に、監督、GMが揃って最初から最後まで注視するのは滅多にないことだという。

打撃練習登板でいずれも捕手を務めたメジャー在籍8年のジョシュ・トーリ選手は、メジャーでも十分に通用する投球だと褒め称えた。

「彼の真っ直ぐは浮き上がるように伸びてくる。スライダーも曲がりが鋭いし、きちんと両サイドに投げ分けることができる。チェンジアップもスライダーに負けないくらい通用する変化球だ。特に左打者に対しては内角をツーシーム、真っ直ぐ、スライダーで攻めることができる。十分にメジャーの左打者でも効果的な投球ができると思う」。

総勢70人から開幕25人枠を争う厳しいメジャーの春。毎週ロッカーが開いていく現実が待っているが、とりあえずは、好スタートを切ったといえる。



◆記事参考
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170224-00068049/


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/26 Sun. 18:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0221

中後の強力なライバル加入?Dバックスがベテラン左腕とマイナー契約  



 フロリダ州とアリゾナ州で各球団がキャンプインしたメジャーリーグだが、アリゾナ・ダイヤモンドバックスは現地19日、コロラド・ロッキーズからフリーエージェントとなっていたベテラン左腕ホルヘ・デラロサ投手とマイナー契約を結んだ。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』によれば、35歳の左腕はメジャー昇格を果たせば年俸225万ドル(約2億5,000万円)となり、さらにリリーフとしての成績に応じて60万ドル(約6,800万円)のインセンティブがつく契約になっている

 昨季まで9年間、ロッキーズの先発だったデラロサは、昨年、27試合(先発24試合)に登板して8勝9敗、防御率5.51、108奪三振の成績だった。

ただ、2009年と2013年にはキャリアハイの16勝を挙げるなど、メジャー13年間で通算101勝84敗、防御率4.64という成績を残している。

 ただし、『MLB.com』によると、ダイヤモンドバックスではリリーフとしての活躍が期待されているということで、メジャー昇格が期待される元ロッテで2年目の挑戦になる中後悠平投手にとっては、強力な左のライバルが加入したことになる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/21 Tue. 06:24 [edit]

CM: --
TB: --
   

0114

元ロッテの中後悠平がDバックスのキャンプに!リリーフ陣は弱くチャンスあり  




元ロッテでダイヤモンドバックス傘下3Aリノ・エーシズに所属した中後悠平投手が、メジャーキャンプに参加することが決まった。現地9日、球団公式ツイッターが発表した。

この日、Dバックスは、球団公式ツイッターで、メジャーキャンプに参加招集するマイナー契約の14選手を発表。

中後の背番号は「64」。 昨年は、ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビュー。そうした経緯から今年が初めてのメジャーキャンプになる。



 
ここでも昨年8月20日に紹介したが、中後は、そのマイナーデビュー戦が鮮烈だった。

6月22日、4番手として8回表、2アウト、ランナー2塁の場面からマウンドに立った。まず、最初の打者を空振りの三振に仕留めて8回を無失点。

9回も1安打を許したものの後続を三者連続三振に打ち取った。1回1/3を被安打1、奪三振4の上出来のデビューだった。

というのも標高の高いマイルハイの乾燥地帯に本拠地を構える3Aリノは、通常よりもボールが飛ぶ打者有利なヒッターズパーク。

Dバックスの同地区にはデンバーのマイルハイに位置するコロラド・ロッキーズなどが所属しているので、三振の獲れる投手は優遇される。

そうしたパークファクターに中後はハマった。

3A昇格後は、貴重なリリーバーとして13試合連続無失点で自信をつけた。9月には40人枠に広がるメジャーで、カブスの川﨑宗則のようにコールアップされる可能性もあった。


中後悠平


今回キャンプに呼ばれた「招待選手」と日本では紹介されているノン・ロースター・インバイティー(ロースター枠外選手)は中後を含め14人。うち投手は10人。

メジャーのブルペン登録は通常7人。左腕のリリーバーは1人から2人。この枠を先発ローテーションの投手を外した約15人の40人枠登録のリリーバーと、この招集された10人の投手で争うことになる。

Dバックスの補強ポイントは、リリーフ投手。リリーフ陣のスタッツはMLBで27位。

クローザーは、3月に40歳になるフェルナンド・ロドニーをFAで獲得したが、70試合に登板したダニエル・ハドソンがFAでパイレーツに移籍。50試合以上を投げたのはランドール・デルガド、ジェーク・バレットの2人だけ。

とくに左腕のリリーバーはスティーブ・ハサウェイが14回2/3で防御率4.91、アンドリュー・チャフィンが22回2/3で同6.75と弱く中後にも十分にチャンスはある。

まずは、40人枠のメジャー登録が目標。そして開幕メジャー25人枠のアクティブ・ロースター目指してスプリングキャンプに参加することになる。


中後 悠平 (なかうしろ・ゆうへい)

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。 しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。 ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビューしている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 




続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/01/14 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0924

Dバックス傘下3A中後悠平 戦力外からメジャー昇格へあと一歩  




ここでも8月20日に紹介したが、昨シーズン終了後に千葉ロッテマリーンズから「戦力外通告」を受けた中後悠平(なかうしろ ゆうへい)。

9月にロースターが拡がるセプテンバー・コールアップでメジャー昇格が期待されたが、残念ながら「和製ランディ・ジョンソン」と称された変則左腕の雄姿は見られなかった。

しかし、捨て身の男は、来季につながる活躍をメジャーのひとつ下のリーグ、3A「リノ・エーシズ」で見せた。

その左腕のインタビューがスポーツニッポンで掲載されたので興味のある方は読んでいただきたい。挑戦者の言葉は迫力もありアツい感動すら覚える。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/24/kiji/K20160924013410700.html


スポニチの記事によれば

「(ロッテを)クビになって良かったなと思っているんです。収入も減ったけど、違う環境で野球ができて得たものはいっぱいあったので」

の言葉が印象的だ。


「自家用車は売却。わずか10万円と、一足のスニーカー。渡米時に持っていた現金はすぐに使い切った。延長キャンプで給料はなく、球団から支給される1週間のミールマネー(食費)は約100ドル(約1万円)。スニーカーは履きつぶしてボロボロになった」

という。

中後悠平

3A昇格後は、貴重なリリーバーとして13試合連続無失点だった。メジャーには届かなかったが3Aで残した結果は自信につながる。

中後は27歳とまだまだ若い。メジャーは契約社会。ロースター40人枠の分厚い壁が待っているが、同じリリーバーで今季FA権を獲得する田澤純一や大先輩・上原浩治らに代理人のことや技術面、生活面の教えを乞うてはどうだろうか。

メジャーに挑戦するサムライ野球人として胸襟を開いて迎え入れてくれるはずだ。その挑戦のストーリーを応援したい気がした。


中後 悠平 (なかうしろ・ゆうへい)

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。 しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。 ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビューしている。



ダイヤモンドバックスの傘下球団
  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス〈MLB〉
  • リノ・エーシズ〈AAA〉
  • モバイル・ベイベアーズ〈AA〉
  • バイセリア・ロウハイド〈A+( Adv.)〉
  • ケーン・カントリー・クーガーズ〈A〉
  • ヒルズボロ・ポップス〈SS〉
  • AZL・ダイヤモンドバックス〈ROOK〉





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 

関連記事

Posted on 2016/09/24 Sat. 15:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0820

元ロッテの中後悠平、Dバックスで9月にメジャー昇格か!  




クビになった男がアメリカンドリームをつかむのか!


ダイヤモンドバックス傘下3Aリノ・エーシズの左腕・中後悠平投手(26)は現地17日、メンフィス戦のダブルヘッダー第2試合で6回途中から4番手で登板し、2/3回を無安打無失点に抑えた。

この日の中後は、1死満塁のピンチ、相手の中軸を打つ左打者を迎えた場面でマウンドへ。4番ワシントンをスライダーで浅いセンターフライ。5番マルティニを速球で詰まらせてセカンドゴロに抑え、ピンチを切り抜けた。

昨シーズン終了後に、NPBの千葉ロッテマリーンズから「戦力外通告」を受けた中後悠平(なかうしろ ゆうへい)。

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。

しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

テレビ番組がスカウトの目にとまった


しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。

ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビュー。

中後悠平 

そのデビュー戦がインパクトのあるものだった。

現地6月22日、4番手として8回表、2アウト、ランナー2塁の場面からマウンドに立った。まず、最初の打者を空振りの三振。9回も1安打を許したものの後続を三者連続三振に打ち取った。1回1/3を被安打1、奪三振4の鮮烈なデビューだった。

標高の高いマイルハイの乾燥地帯に本拠地を構える3Aリノは、通常よりもボールが飛ぶ打者有利なヒッターズパーク。Dバックスの同地区にはデンバーのマイルハイに位置するコロラド・ロッキーズなどが所属。

そのため、三振の獲れる投手は優遇される。そうしたパークファクターに中後はハマった。



ダイヤモンドバックスの傘下球団
  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス〈MLB〉
  • リノ・エーシズ〈AAA〉
  • モバイル・ベイベアーズ〈AA〉
  • バイセリア・ロウハイド〈A+( Adv.)〉
  • ケーン・カントリー・クーガーズ〈A〉
  • ヒルズボロ・ポップス〈SS〉
  • AZL・ダイヤモンドバックス〈ROOK〉


ルーキーリーグは1試合。1Aで3試合無失点。A+でもリリーバーとして無失点。

メジャーでは2A(AA)クラスで大幅にプレイヤー数が絞り込まれる。中後は、日本でのプロ野球経験を買われて2Aを飛ばして3A(AAA)に昇格。

3A昇格後は7試合連続無失点で、それ以前に所属していた1Aも含めると14試合連続で失点がない。

メジャーリーグのピラミッドで最下層に位置するルーキーリーグでの初登板からわずか2カ月足らず。

9月になればメジャーは、ロースターを25人枠から40人枠に広げる。いわゆる「セフテンバー・コールアップ」という制度だが、中後の異例のスピード昇格をみれば、Dバックス首脳陣が9月昇格という方向で調整していることがわかる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 


関連記事

Posted on 2016/08/20 Sat. 09:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド