メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0227

【MLB契約情報】6年連続GB賞のアレナドが8年2億6000万ドルで契約延長  




ロッキーズのノーラン・アレナド三塁手が8年間という長期の契約延長にサインした。


ESPN.comのジェフ・パッサン記者らが伝えた情報では、契約内容は8年2億6000万ドル。2億ドル以上の契約はメジャーリーグで14件目。この契約には、全球団への完全なトレード拒否権と21年シーズン終了後に契約を破棄できるオプトアウト条項などが盛り込まれている。





これでロッキーズは、アレナドの年俸調停最終年の1年分と26年シーズン終了までのフリーエージェント7年分を買い取ったことになる。


この1年平均は3250万ドルは、野手の年俸としては史上最高額となる。先日パドレスと契約したマニー・マチャドを年俸では抜いた。これは、この後に予想されるブライス・ハーパーの契約にも影響するかもしれない。


アレナドの昨季は156試合で打率.297、38本塁打、110打点。出塁率.374、長打率.561、OPS.935、rWAR5.6とハイレベルの数字をマーク。


3度目の本塁打王を獲得したほか、これまでに15年、16年の打点王と6年連続でゴールドグラブ賞のタイトルも獲得している。


標高が高いことでボールが飛ぶマイルハイのデンバーというパークファクターもあるが、マイク・トラウトが8年で240本塁打。アレナドは、そのペースを上回る6年186本塁打をマークしている。


ドジャースと地区優勝を争い163試合目を戦ったロッキーズだが、18年オフの主な補強はベテラン内野手のダニエル・マーフィーやマーク・レイノルズの2名をFAで獲得しただけだった。



《ロッキーズの予想ラインナップ》
1.(右)チャーリー・ブラックモン
2..(一)ダニエル・マーフィー
3.(三)ノーラン・アレナド
4.(左)デービッド・ダール
5(遊)トレバー・ストーリー
6.(中)イアン・デズモンド
7.(二)ギャレット・ハンプソン
8.(捕)クリス・アイアネッタ






関連記事

Posted on 2019/02/27 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0205

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《NL-WEST》  



もうすぐ各球団のスプリングトレーニングがスタートするが、オフシーズンの移籍市場は依然としてゆっくりと動き続けている。ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか?


各球団が、2018年オフにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバーで獲得した選手たちを紹介したい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 


ディビジョンごとに新戦力を紹介。今回は、その第4弾、ナショナルリーグの西部地区。(日本時間2月4日時点、太字は40人枠)


■ドジャース

A.J.ポロック(外野手:FA)
ラッセル・マーティン(捕手:トレード)
ジョー・ケリー(右腕:FA)

ジーター・ダウンズ(遊撃手:トレード)
ジョシア・グレイ(右腕:トレード)
アダム・マクリーリー(左腕:トレード)
ハイメ・シュルツ(右腕:トレード)



 15年に39盗塁をマークしたA.J.ポロックの獲得は1番を打てる選手として打線にインパクトを与える。FAでヤスマニ・グランダル(ブルワーズと契約)の抜けた捕手が補強ポイントだが、もうすぐメジャーのプロスペクトの捕手が2人いる。


■ロッキーズ

ダニエル・マーフィー(二塁手:FA)
マーク・レイノルズ(一塁手:FA)


ドジャースと地区優勝を争い163試合目を戦ったロッキーズ。内野手のベテラン2名をFAで獲得した。


■ダイヤモンドバックス

グレッグ・ホランド(右腕:FA)
ウィルマー・フローレス(内野手:FA)
カーソン・ケリー(捕手:トレード)
メリル・ケリー(右腕:FA)
ティム・ロカストロ(外野手:トレード)

ロブ・レフスナイダー(外野手:FA)
ロビー・スコット(左腕:トレード)
ケルビー・トムリンソン(遊撃手:FA)
ルーク・ウィーバー(右腕:トレード)
アンディ・ヤング(二塁手:トレード)

MLB全体で防御率7位と健闘したブルペンにはグレッグ・ホランドが加入した。先発ローテにはカージナルスから25歳のルーク・ウィーバーをトレード、KBO韓国リーグで活躍したメリル・ケリー投手とも契約した。


■ジャイアンツ

ジョン・アンドレオーリ(外野手:ウエーバー)

マイク・ガーバー(外野手:ウエーバー)
デレク・ホランド(左腕:FA)
ドリュー・ポメランツ(左腕:FA)
ブレイビック・バレーラ(二塁手:トレード)

パット・ベンデッティ(両投げ投手:FA)


先発ローテはデレク・ホランドと再契約。同じく左腕のドリュー・ポメランツをFAで獲得した。マイナー契約の33歳パット・ベンデッティ投手は、近代MLBでは、グレッグ・ハリスに次ぎ2人目となるスイッチピッチャー。


■パドレス

グレッグ・ガルシア(遊撃手:ウエーバー)
イアン・キンズラー(二塁手:FA)
ギャレット・リチャーズ(右腕:FA)

アレン・クレイグ(一塁手:FA)
デイトリック・エンズ(左腕:FA)

ファーム層はMLBトップクラス。MLB100位以内のプロスペクトが11人。すでにMLBデビューしている選手も数人いる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/02/05 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1008

【NLDS】ブルワーズがロッキーズをスイープ!3連勝でCS進出決定  




 ロッキーズの本拠地デンバーに舞台を変えたナ・リーグの地区シリーズ(DS)は、レギュラーシーズン8連勝でストロングフィニッシュしたブルワーズが、その勢いで3連勝(5回戦制)してリーグ優勝決定シリーズ(チャンピオンシップ=CS)に駒をすすめた。


 ブルワーズは1998年にMLBの球団拡張に伴ってナ・リーグ中地区に編入。同地区では、7年ぶり3回目の優勝。ア・リーグ時代の優勝と合わせて4回目の地区制覇。





 今季は優勝を狙って積極補強をしたブルワーズ。マーリンズからクリスチャン・イエリッチ(日米野球で来日予定)、FAで堅守のロレンゾ・ケインを補強。8月にロイヤルズからマイク・ムスターカスを補強。


日系3世のイエリッチは、首位打者を獲得して打線をけん引。ケインもカブスとの地区優勝を決める163試合目で決勝打をマークして存在感を示した。


 投手陣は、先発投手の枚数は足らないが、MLB全体5位のブルペン陣が健闘。ジェレミー・ジェフレス、ダン・ジェニングス、コリー・クネバル、若手の23歳コービン・バーンズ、24歳長髪左腕ジョシュ・ヘイダー、7月にホワイトソックスからトレードのホアキン・ソリアーなどが活躍。


ポストシーズンでは、ブルペンへの依存度が高まるだけに、実に10人がセーブポイントをマークしている多彩なブルペンがチームの持ち味とも言える。


ロッキーズはビジターに弱いデータがそのまま出た感じで、自慢の打線も3試合で2得点と振るわなかった。


CSは現地12日からドジャ-スとブレーブスの勝者と対戦する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/08 Mon. 10:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1001

NLは中部と西部地区が同率首位で163試合目のタイブレークへ  

 


 162試合のレギュラーシーズン全日程を消化してもナ・リーグ(NL)の2地区で優勝チームが決まらず、163試合目で決める「地区優勝決定戦」が同時開催で翌日に開催されることになった。


DoTFBfvUcAAqXE5.jpg



 NL中部地区は30日(日本時間1日)、カブスとブルワーズがともに勝ち、95勝67敗で両チームが首位に並んだ。地区優勝決定戦は直接対戦の結果からカブスの本拠地リグレーフィールドで争われることになった。


カブスが勝てば地区3連覇。ブルワーズは7連勝でレギュラーシーズンをフィニッシュ。8年ぶりの地区制覇を目指して163試合目を戦う。


DoYP5TIU4AAPkbP.jpg



一方、西部地区でも首位で並ぶドジャースとロッキーズがともに勝って91勝71敗の同率で並んだ。1試合で勝敗を決める地区優勝決定戦は、ドジャースの本拠地ドジャースタジアムで開催される。


DoX_WzCU8AEkh9g.jpg



ドジャースが勝てば地区6連覇。ロッキーズは球団創設以来の初優勝をめざす。今季の直接対決はドジャースが12勝7敗と勝ち越している。


この163試合目に負けたチーム同士が、ワイルドカードで1DAYマッチを戦うことになる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/01 Mon. 09:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0927

歴史に残る混戦!カブスとブルワーズもPO進出決定、残りは2枠  




 終盤まで大混戦のナショナルリーグだが、東部地区のブレーブスに続いて、ナ・リーグ中部地区のカブスとブルワーズが26日(日本時間27日)、ワイルドカード(WC)2位以上が確定し、ポストシーズン進出を決めた。カブスは4年連続。ブルワーズは2011年以来7年ぶり。


ただ、地区優勝は決まっておらず1位カブスと2位ブルワーズのゲーム差はわずか0.5。残りの試合はカブスが4試合。ブルワーズが3試合。直接対決はない。


DoEnA1wUcAAErXe.jpg


 
 もっと厳しい戦いは西部地区。1位のドジャースのドジャースが3位ダイヤモンドバックスに敗れて、ロッキーズがフィリーズに勝ったため再びロッキーズが首位に返り咲き。


残りのカードは、ドジャースがロードでのジャイアンツ戦が3試合。ロッキーズは、フィリーズと残り1試合、カージナルスと3試合の計4試合、全てホームでの試合が残っている。


中部地区、西部地区ともに最終戦までもつれ込みそうな状況だ。残り2枠をかけて、特にWCは、カージナルスにもチャンスがあり、ロッキーズとカージナルス戦は目が離せないカードになりそうだ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   





関連記事

Posted on 2018/09/27 Thu. 15:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0906

【NL-WEST】大激戦!1.5ゲーム差にロッキーズ、ドジャース、Dバックス  




残り約20試合になってきたメジャーリーグだが、日本人選手の前田健太や平野佳寿が所属するナショナルリーグ西部地区が首位のロッキーズから3位のダイヤモンドバックスまで1.5ゲーム差という大混戦になっている。


この地区は、ドジャースが5連覇しているが、昨年も3チームがポストシーズンに進出した。


ここへ来てロッキーズが4連勝で首位に立ったが、この先、直接対決が残り、激戦が展開されそうだ。


【今後の直接対決】

ドジャースvs.ロッキーズが6試合
(ドジャース6勝、ロッキーズ7勝)

ドジャースvs.ダイヤモンドバックスが3試合
(ドジャース7勝、ダイヤモンドバックス9勝)

ロッキーズvs.ダイヤモンドバックスが7試合
(ロッキーズ5勝、ダイヤモンドバックス7勝)


3チームの特徴を簡単に紹介するとロッキーズがリーグ4位のチーム打率、本塁打数、得点数と攻撃力が強く、防御率はリーグ13位。ただ、ウェイド・デービスやオ・スンファ(呉昇桓)などを補強してブルペンを強化した。


ドジャースは、チーム打率でリーグ9位、本塁打1位、得点数2位。防御率が同1位。先発陣が同1位だが、ブルペンが同6位と弱く、前田健太を昨年と同様ブルペンに回すパターンで強化したが、前田は日本時間4日の試合で9回に痛恨の逆転3ランを浴びて、チームも首位を陥落した。


ダイヤモンドバックスは、打撃部門で、打率がリーグ13位と低迷。打者有利のボールパークにもかかわらず本塁打数も同8位と低迷。逆に投手陣が踏ん張り、とくに平野らを中心としたブルペン陣はリーグトップの防御率3.14。先発陣も同4位と健闘している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/09/06 Thu. 06:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0824

マット・ホリデーが10年ぶりにロッキーズ復帰!  




メジャー15年目、オールスターゲーム選出7回のベテランが古巣に復帰した。


コロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んでいたマット・ホリデーがトリプルAからコールアップされ、現地23日のサンディエゴ・パドレスに「5番レフト」でビッグリーグに帰ってきた。





ホリデーは1998年ロッキーズから7巡指名で入団。2004年4月16日のセントルイス・カージナルス戦で、メジャーデビューを果たし、2007年には、打率.340、36本塁打、137打点で、首位打者と打点王の2冠に輝いた。


その後、オークランド・アスレチックスを経て8年間在籍したセントルイス・カージナルス時代は、6年連続で30本塁打以上をマークするなどチームの主軸として2011年のワールドシリーズ制覇にも貢献している。


ホリデーが在籍していた時代のカージナルス(2009年~16年)は地区優勝4回、5年連続プレイオフに進出するなど、常勝軍団としてリーグを代表する強豪チームだったが、その中心には、いつもホリデーがいた。


DlTJK27UwAEfGiR.jpg


17年にニューヨーク・ヤンキースに移籍後は、若手中心のチームのメンター的な存在としてでクラブハウスでも一目置かれる存在だった。


この日は、メジャー復帰1試合目で3打数ノーヒットに終わったが、クアーズフィールドのロッキーズファンは、スタンディングオベーションで彼を出迎えた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/08/24 Fri. 06:44 [edit]

CM: --
TB: --
   

0405

【MLB契約情報】ロッキーズが昨年リーグ最多安打のブラックモンと契約延長  




ロッキーズは、チャーリー・ブラックモン外野手との契約延長を発表した。MLB.comによれば21年までの4年契約に2年分の選手オプションが付いて、最長で23年までブラックモンを保有できる。ブラックモンは今年1月に年俸調停を回避して1年1400万ドルの契約を結んでいた。

-Zwzqh2Q.jpg


今回の契約延長により、18年は契約ボーナス200万ドルと年俸1200万ドルに改められ、来季から3年間の年俸は2100万ドルとなる。

18年 1200万ドル+200万ドル
19年 2100万ドル
20年 2100万ドル
21年 2100万ドル

22年 2100万ドル
23年 1000万ドル→1800万ドル

選手オプションは22年が年俸2100万ドル、23年が年俸1000万ドルとなっているが、MVP投票の順位や22年の打席数で定められた条件をクリアすれば、23年の年俸は最大で1800万ドルまで増額される。

4年7700万ドルがベースサラリーで、最大6年1億1600万ドルになるという。

DNwicbwWsAAXXMt.jpg

31歳のブラックモンは、08年のMLBドラフト2巡(全体72位)指名でコロラド・ロッキーズと契約。11年にメジャーデビュー。

14年には開幕ロースター入りして、オールスターにも初出場。昨季は打率.331、37本塁打、104打点、14盗塁、OPS1.000という好成績を残した。

ただ、17年までの通算成績で、ホーム打率.346にに対し、ビジター打率は.264に留まっており、マイルハイに立地するクアーズ・フィールドの恩恵を受けているという指摘もある。

昨季もホーム打率.391、24本塁打に対して、ビジター打率は.276、13本塁打だった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/05 Thu. 12:42 [edit]

CM: --
TB: --
   

0201

2017-18シーズンオフのFA移籍先リスト(捕手編)  

 



今オフのフリーエージェント(FA)選手の移籍チームをポジション別にピックアップ。今回は捕手編。

ジョナサン・ルクロイらが未だにFA市場に残っているが、気になる選手をピックアップした。


【今オフFAになった捕手の移籍先】
年齢/最終所属/17年サラリー/

ウェリントン・カスティーヨ (30)
オリオールズ/600万ドル
ホワイトソックスと2年1,500万ドルで契約。

クリス・アイアネッタ(34)
ダイヤモンドバックス/150万ドル
同地区のロッキーズと2年850万ドルで契約。

アレックス・アビラ(31)
タイガース、カブス/200万ドル
ダイヤモンドバックスと2年825万ドルで契約。

レネ・リベラ(34)
カブス、メッツ/175万ドル
エンゼルスと280万ドルで契約。

ニック・ハンドリー(34)
ジャイアンツ/200万ドル
ジャイアンツと250万ドルで再契約



DU1KmOgUMAAJYde.jpg
▲アレックス・アビラ


ダイヤモンドバックスからFAのアイアネッタは、同地区のロッキーズが獲得。89試合の出場だったが、メジャー10年の経験と昨年17本塁打、OPS.865が高評価につながって年平均で以前に所属していたエンゼルスやマリナーズ時代と同程度の契約金を結んだ。

ダイヤモンドバックスが補強したアレックス・アビラは、昨季タイガースとカブスで112試合に出場。打率.264、14本塁打、OPS.834をマーク。アイアネッタが抜けた穴を埋める模様。





第3回と第4回のWBCアメリカ合衆国代表に選出されたジョナサン・ルクロイは、前半戦が不振で、夏にロッキーズへトレード。ロッキーズでは46試合で打率.310、OPS.865で回復傾向にあったがロッキーズは契約延長しなかった。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/01 Thu. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0128

MLBポジション別ランキング 2B/RF【MLBネットワーク】  

 


MLBネットワークによる恒例のポジション別ランキングの第2弾が発表されている。

先週のサード&ショートに続いて今週はセカンド&ライトが発表され、セカンドでは17年ア・リーグMVPのホセ・アルトゥーベ(アストロズ)。

ゴールドグラブ賞を初受賞したブライアン・ドージャー(ツインズ)が3位。同じくナ・リーグで2度目のゴールドグラブ賞を受賞のDJレメイヒュー(ロッキーズ)が5位に入った。


★セカンド(2B)トップ10
1. ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)
2. ロビンソン・カノー(マリナーズ)
3. ブライアン・ドージャー(ツインズ)
4. ダニエル・マーフィー(ナショナルズ)
5. DJレメイヒュー(ロッキーズ)
6. ダスティン・ペドロイア(レッドソックス)
7. ジョナサン・スコープ(オリオールズ)
8. イアン・キンズラー(エンゼルス)
9. ニール・ウォーカー(フリーエージェント)
10. セザー・ヘルナンデス(フィリーズ)

DL6aH3RVAAAQ-LP.jpg


ライトはジャッジとスタントンの両リーグの本塁打王が上位だが、ヤンキースのチームメイトになった二人だが、スタントンは指名打者になる予定。

9位のマリナーズ、ミッチ・ハニガーは16年11月に同じくショートで6位にランクインされたジーン・セグラと一緒にトレードでダイヤモンドバックスから移籍した選手。まだ3年目で、昨年も2度の故障者リストに入ったが将来性も加味してランクインになったのだろうか。


★ライト(RF)トップ10
1. アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
2. ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)
3. ムーキー・ベッツ(レッドソックス)
4. ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
5. J.D.マルティネス(フリーエージェント)
6. ジョシュ・レディック(アストロズ)
7. アビサイル・ガルシア(ホワイトソックス)
8. ドミンゴ・サンタナ(ブリュワーズ)
9. ミッチ・ハニガー(マリナーズ)
10. デクスター・ファウラー(カージナルス)


MLBネットワークのランキング企画「Top 10 Right Now!」は、Statcastのデータや旧来の指標による攻撃面・守備面での成績、そしてMLBネットワークのリサーチ・チームによる分析を総合的に評価して決定されるという。


今後は下記の日程でトップ10が発表される。

Top 10 Left Fielders Right Now
Saturday, Jan. 27 at 9 p.m. ET

Top 10 Catchers Right Now
Saturday, Jan. 27 at 10 p.m. ET

Top 10 First Basemen Right Now
Saturday, Feb. 3 at 9 p.m. ET

Top 10 Starting Pitchers Right Now
Saturday, Feb. 3 at 10 p.m. ET

Top 10 Relief Pitchers Right Now
Saturday, Feb. 10 at 9 p.m. ET

Top 10 Center Fielders Right Now
Saturday, Feb. 10 at 10 p.m. ET



https://www.mlb.com/news/mlb-network-top-10-at-each-position/c-264680678

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/28 Sun. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド