メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0425

守護神G.ホランドがロッキーズで復活!ナッツを逆転で4連勝、首位独走中  



ジャイアンツを3連戦スイープしたロッキーズがナショナルズにも逆転勝ちして4連勝を飾っている。

ナ・リーグ西部地区首位のロッキーズが、ホームのクアーズ・フィールドに東部地区首位のナショナルズを迎えた3連戦のGAME1を8対4で勝利した。

ロッキーズはここまで14勝6敗(勝率.700)と絶好調。各チームが20試合前後を消化した時点で、ア・リーグ東部地区のオリオールズに次ぐ2位の勝率だ。

好調の要因はリリーフ陣の踏ん張り。若手中心の先発投手たちがMLB30チーム中、防御率18位に対して、リリーフ陣は5位とチームの好調を支えている。

ロッキーズと言えば、ホームがコロラド州デンバーのマイルハイ(標高1600メートル)にある事から打球が良く飛び打者有利の球場。逆に言えば投手泣かせの球場だが、打撃陣は打率でMLB14位、出塁率20位、OPS12位、盗塁数29位と高くないが本塁打は9位。

この日も7回に1番ブラックモン(CF)の逆転6号2ランが飛び出して、8回にも4番ゴンザレス(RF)から8番ウォルタース(C)まで5連続ヒットで3点を追加。リードは好調のリリーフ陣が無得点に抑えて鮮やかな首位攻防戦のGAME1を逆転で飾った。


ロッキーズ


昨季は、打率、得点、長打率、OPSでナ・リーグ1位。出塁率で同2位と打高投低だった。(しかし、このスタッツもビジターでは平均以下)

しかし、投手陣はどのスタッツもナ・リーグの最低クラスで、とくにリリーフ防御率は15チーム中15位。そのため16年オフには左腕リリーバーのマイク・ダンに3年1900万ドル、トミー・ジョン手術から復帰してきたグレッグ・ホランドを1年700万ドルで獲得し、リーグ最下位に沈んでいたリリーフ陣に投資してテコ入れを図った。

元ロイヤルズの守護神グレッグ・ホランドは、見事に復活し、ここまで両リーグトップ9セーブをマーク。セーブ機会の失敗なし、成功率100%という期待に応えている。

マイク・ダンも10試合に登板して防御率1.17と起用に応え、他にはクローザー候補だったアダム・オッタビーノも10試合で同1.17と結果を出している。

このブルペンの踏ん張りが、勝ちゲームで、1点差勝利が7勝、2点差勝利が3勝、2点差以内の試合で10勝2敗の結果につながっている。


【先発ローテーション】
ジョン・グレイ (右)10日間DL
タイラー・アンダーソン (左)
タイラー・チャットウッド(右)
アントニオ・センザテラ(右)
カイル・フリーランド(左)


【リリーフ陣】
CLO:グレッグ・ホランド (右)
SU:アダム・オッタビーノ (右)
SU:マイク・ダン (左)
RP:カルロス・エステベス(右)
RP:ジェイク・マギー (左)
RP:スコット・オバーグ (右)
RP:クリス・ラシーン (左)
LR:ジョーダン・ライルズ (右)




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/04/25 Tue. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0423

ロッキーズが67年ぶり1イニングで満塁HRとランニングHR記録!  



21日(日本時間22日)のメジャーリーグで、1イニングに満塁ホームランとランニングホームランが記録された。

ロッキーズ対ジャイアンツのナ・リーグ西部地区の同地区対決は、標高1,600メートルをこえる打者有利と言われるクアーズフィールドで行われた。

珍記録が出たのは4回ロッキーズの攻撃。昨年鮮烈なデビューを飾った7番ストーリー(SS)が満塁弾をライトスタンドに運ぶと1番ブラックモン(CF)がランニングホームランを記録した。

ナ・リーグで1イニングに満塁ホームランとランニングホームランが同時に記録されたのは1950年以来、67年ぶりだとか。これで一気に逆転したロッキーズは6-5で勝利し、地区首位に立った。



ストーリーの今季3号は初の満塁弾。昨年は正遊撃手のホセ・レイエスがDV裁判で出場停止もあってダイヤモンドバックスとの開幕戦では2番・遊撃手でメジャーデビュー。この試合で、相手先発のザック・グリンキーから2本塁打を放った。ルーキーがデビュー戦で2本塁打を放ったのは史上初。

さらに、開幕から3戦連続で本塁打を放ち、「デビューから3戦連発」という史上初の快挙を達成。最終的にはこの記録を4試合まで伸ばし、開幕6試合で7本の本塁打を放った。

シーズン途中で故障により戦列を離れたが、97試合で打率.272、出塁率.341、OPS.909。27本塁打、72打点をマークした。

ブロックモンの打球は、ライトのペンスの正面の打球だったが、照明が目に入るというラッキーもあって後ろに逸らしたのが珍記録につながった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/04/23 Sun. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0308

【DL情報】ロッキーズの若手デビッド・ダール外野手が負傷  

 

昨年7月26日にメジャー初昇格を果たしデビューから17試合連続安打となるメジャータイ記録で話題になったコロラド・ロッキーズの若手有望株デビッド・ダール外野手が第六肋骨を負傷したというニュースが入って来た。

CBSスポーツによれば回復までは最低でも2週間を要する見込みで開幕を故障者リストで迎える可能性もあるという。

4月に23歳になるダールは、2012年MLBドラフト1巡目(全体10位)でロッキーズが指名。

メジャーデビューを果たした昨年は63試合に出場して打率.315、OBP.359、SLG.500、OPS.859。本塁打7、二塁打12、三塁打4、打点24という上出来のデビューを飾った。



今季は開幕からレフトのレギュラーとして定着が期待されていたが残念なスタートになりそうだ。

ロッキーズはダールの代わりとしてジェラルド・パーラをレフトに起用。場合によっては大型契約で加入のイアン・デズモンドを一塁から外野で起用することも考えられる。

ロッキーズでは昨年ルーキーながら開幕戦で2本塁打を記録したトレーバー・ストーリー遊撃手などが話題を集めたが、ダールもそうした若手有望株の一人として注目されていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/08 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0119

【MLB移籍情報】プルーフ内野手がA's、アマリスタはロッキーズへ  



 オークランド・アスレチックスが現地17日、ミネソタ・ツインズからフリーエージェント(FA)のトレバー・プルーフ内野手と525万ドルの1年契約を結んだ。

30歳のプルーフは、シーズン途中に肋骨を骨折して84試合の出場に留まったが、自己ベストの打率.260をマーク。OBP.303、OPS.723、47打点、5年連続2ケタの12本塁打を記録している。

C2d_qenUAAAbqwx.jpg


 また、コロラド・ロッキーズは、サンディエゴ・パドレスからFAになっていたアレクシ・アマリスタ内野手と、125万ドルの1年契約でサインした。

27歳のアマリスタは昨季、ケガの影響もあって、ここ5年間で最少となる65試合の出場に留まり、打率.257、11打点、9盗塁だった。

二塁、三塁、遊撃、外野をこなすユーティリティーで、今季からロッキーズの指揮官に就任するバド・ブラック監督の下では、パドレス時代におよそ4年間プレーした経験もある。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





関連記事

Posted on 2017/01/19 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0115

ロッキーズのアレナドやアストロズのカイケルら続々と主力たちが調停回避  




 メジャーリーグでは、スプリングトレーニング(キャンプ)を約1カ月後に控えて続々と主力が年俸調停を回避して契約合意している。年俸調停の期限は現地13日、その契約の一部を紹介する。

 代表的な選手としては、コロラド・ロッキーズが、ノーラン・アレナド三塁手との年俸調停を回避。新たに総額2,950万ドル(約33億8,000万円)の2年契約に合意した。

アレナド


25歳のアレナドは昨季、打率.294、41本塁打、133打点と大活躍。2年連続で本塁打と打点の二冠を獲得。ゴールドグラブ賞はメジャーデビューから4年連続で受賞しているスラッガー。2019年シーズン終了までロッキーズが契約をコントロールできる。

 シカゴ・カブスもサイ・ヤング賞右腕ジェーク・アリエッタ投手との調停を回避。年俸1,563万7,500ドル(約17億9,000万円)の1年契約を結んだ。

  ヒューストン・アストロズは、サイ・ヤング賞左腕ダラス・カイケル投手との年俸調停を回避。915万ドル(約10億5,000万円)の1年契約に合意した。

カイケル投手


 29歳のカイケルは、2015年に20勝8敗、防御率2.48と大ブレイクしてサイ・ヤング賞を獲得。しかし、昨季は3年連続のゴールドグラブ賞を受賞したものの、9勝12敗、防御率4.55と大きく成績を落としていた。カイケルは2018年シーズン終了後にフリーエージェントとなる。

 さらに、イチロー所属のマーリンズも13日、昨季40セーブを挙げた守護神のA.J.ラモス投手ら主力級5選手と年俸調停を回避して今季の契約に合意した。

 昨季9勝をマークした先発右腕のトム・コーラー投手、正遊撃手のアデイニー・エチャバリア遊撃手、正中堅手のマルセル・オズナ外野手、そしてユーティリティー選手のデレク・ディートリック内野手も契約に合意している。

 メジャーの 「年俸調停」というシステムとその調停を回避して契約合意にいたる報道は、メジャーの恒例行事みたいなものだが、FA権を取得する前の選手たちにとっては、完全ではないが成績に見合った年俸を得ることになり、個々の選手たちにとっては恩恵ある制度といえる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/01/15 Sun. 11:29 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1004

【球団人事】ホワイトソックスのR.ベンチュラ監督が退任  



アメリカンフットボールのNFLなら日曜日にゲームが行われるのでシーズン最終戦の次の日(月曜日)は“ブラックマンデー”と呼ばれている。多くのヘッドコーチやオフェンス、ディフェンスのコーディネーターやスタッフが職を失うからだ。

メジャーでもさっそく、いろんな噂が公式、非公式にでている。

シカゴ・ホワイトソックスのロビン・ベンチュラ監督が、現地2日のレギュラーシーズン最終戦後に今季限りで監督の座から退く意向を明らかにした。

今季が契約最終年で「個人的な意思決定」と語ったベンチュラ監督だが、契約延長の打診がなかったようだ。就任1年目の2012年は85勝77敗と健闘したが、以降は、すべて負け越し、今季も4月から5月にかけての快進撃で5月3日には地区首位に立ったが、17日には首位陥落。

結局、今季も78勝84敗(地区4位)で負け越した。通算成績は375勝435敗だった。

なお地元紙『シカゴ・サンタイムズ』によると、正式発表はまだだが、現ベンチコーチで、2014年にシカゴ・カブスを指揮した経験のあるリック・レンテリア氏が後任として内部昇格するもよう。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

関連記事

Posted on 2016/10/04 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0812

ロッキーズの新人D.ダールがデビュー17試合連続安打  




コロラド・ロッキーズのトッププロスペクトが注目のメジャーデビューを飾っている。

デービッド・ダール外野手が現地11日、敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦で4打数1安打、1打点、1四球をマーク。MLB史上最長タイとなる、メジャーデビューから17試合連続安打とした。

22歳のダールは、7月25日に敵地で行われたボルティモア・オリオールズ戦でデビュー。その日は、荷物が届かずチームメイトの道具を借りて出場していたという。

そのデビュー戦から、ここまでの17試合で3本塁打を含む24安打を記録している。7月27日の試合で放ったメジャー初ホームランは、スタットキャストによると飛距離122m、打球速度160km/hというパワー面でも成長著しい。



この日は4番レフトで先発出場すると、初回にライト前ヒットを放ち、1941年にシンシナティ・レッズのチャック・アレノが記録した、デビュー戦からの連続試合安打記録に肩を並べた。

ダールは12年ドラフト全体12位指名で入団。守備走塁の評価も平均以上で、マイク・トラウト(LAA)やアンドリュー・マッカチェン(PIT)のように、まさに走攻守揃った5ツールプレイヤーになり得る選手という評価もある。

入団後はケガなどもあり今ひとつブレークできずにいたが、今シーズンは2Aと3Aで合わせて92試合出場して打率.314&、本塁打18、盗塁17の好成績を叩き出した。

ロッキーズのルーキーと言うと、トレバー・ストーリー(現在はDL入り)が今年4月に開幕6試合で7HRと鮮烈デビューを飾ったが、彼もストーリーに負けず劣らずの素晴らしいメジャーデビューを飾っている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/08/12 Fri. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0807

イチローMLB3000安打へ明日は先発、マーリンズが発表  



MLB3000安打達成へにあと1本と迫っているイチロー。マーリンズは試合後、明日のコロラド州デンバー、クアーズフィ―ルドでのロッキーズ戦で先発すると発表した。

マーリンズが、イチローの先発出場を事前に発表するのは、先月28日以来、2回目。試合は現地時間7日の午後2時過ぎスタートのデイゲームになる。日本時間では8日午前5時過ぎ。



明日8月7日に達成すれば1999年8月7日、ウェイド・ボッグスと同じ日に 3000安打を達成することになる。

MLBキャリア18年で3010安打をマークしたボックスは、ルーティンワークという点ではイチローと共通点がある。

試合前に必ず同じ時間(17時17分)に打撃練習を始めるという行動をとっていたという逸話が残っている。

毎試合前に鶏肉を口にして、毎日同時間に起床。ちょうど150本のゴロを練習で受け、必ず午後5時17分に打撃練習に入り、午後7時17分にダッシュを行っていたという。

あまりに規則的であったため、あるアウェー試合にて、相手チームが球場の時計(デジタル)で「17時16分」を2分表示した後に「17時18分」を表示し、ボッグスを混乱させるいたずらをしたことがある。

ボックスはレッドソックス、ヤンキース、デビルレイズ(現レイズ)で活躍。2005年に野球殿堂入り。生涯打率.328や745三振しかしていないことはイチローを上回っているが、生涯で24盗塁しか決めておらず、しかも35盗塁死を記録している。

ちなみにイチローは16年間で、1016三振、507盗塁、116盗塁死。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/08/07 Sun. 14:51 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0804

【DL情報】ロッキーズの新人王候補T.ストーリーが親指靭帯断裂  




コロラド・ロッキーズのルーキーで新人王候補のトレバー・ストーリー遊撃手が現地2日、左手親指の靭帯断裂によりシーズン・エンドになる可能性が高くなった。

ストーリーは痛めた左手のMRI検査で同箇所の靭帯断裂が発覚。数日のうちに手術を受けたいと望んでいるが、術後は復帰までは8週間程度を要する見込みとなっている。

ChhGHzcU4AEr_ei.jpg


23歳のストーリーは、正遊撃手ホセ・レイエスがDV問題で開幕から出場停止処分を受け、その穴を埋める形で出場機会を得た。

メジャーデビューを飾った今季開幕戦では2本塁打を放つなど、好調を維持。4月はナショナルリーグのルーキー史上最多の10本を記録し、4月のルーキー・オブ・ザ・マンスに輝いた。

今季は故障するまで97試合に出場して打率.272、リーグ最多の27本塁打、72打点と好成績をマーク。ナ・リーグの新人遊撃手として歴代最多本塁打を更新していた。

メディアの記事では、ストーリーは「とても失望しているし、腹も立っているよ。タイミングが最悪だ」と落胆を隠せず。

また、ウォルト・ウェイス監督は「彼には同情するよ。特別な、歴史的なことを成し遂げている最中だったからね」と語った。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/08/04 Thu. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0708

【ASG】前夜祭のホームランダービー、トランボやスタントンらが出場  



第87回オールスターゲーム前日の11日に開催されるホームランダービーに参加するメンバーが発表された。

マーク・トランボ(オリオールズ) 6日時点で最多
ウィル・マイヤーズ(パドレス) 地元パドレス
ロビンソン・カノ(マリナーズ) 2011年同ダービー王者
アダム・デュバル(レッズ)
カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ)
コリー・シーガー(ドジャース) ルーキー
トッド・フレーザー(ホワイトソックス) 昨年王者
ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ) 先日200号


Cmy0icLXEAMUqVF.jpg


今年はトーナメント方式で、6日終了時点での今季の本塁打数によって対戦相手が決まった。

第1シードのトランボ(26HR)と
第8シードのシーガー(17HR)

第2シードのフレーザー(23HR)と
第7シードのゴンザレス(18HR)

第3シードのデュバル(22HR)と
第6シードのマイヤーズ(19HR)

第4シードのカノ(20HR)と
第5シードのスタントン(19HR)



ルールは各選手が持ち時間内で何本打つかを競う。時間は4分となっているが、飛距離が440フィート(約134メートル)を超えるホームランを2本放てば30秒ボーナスタイムが与えられる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/07/08 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド