メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0728

【MLB移籍情報】A'sがロイヤルズから左腕ジェイク・ディークマンを獲得  



 トレードデッドライン前に話題になっていた選手のトレード移籍が表面化してきた。ワイルドカードによるポストシーズン進出の可能性が残るア・リーグ西部地区2位アスレチックスが、同リーグ中部地区4位のロイヤルズのトレードが成立した。

 このトレードでアスレチックスがロイヤルズからからリリーフ左腕ジェイク・ディークマンを獲得。ロイヤルズへはマイナーリーガ―2人が移籍する。



 32歳のディークマン投手は今季、1年225万ドルの契約で合意。この契約は、2020年に双方が行使権を持つミューチュアルオプションで575万ドルが設定されており、オプション破棄の場合は50万ドルのバイアウトが付いている。

 ディークマンは昨季、レンジャーズとダイヤモンドバックスで合計71試合に登板し、1勝2敗2セーブ、防御率はキャリアワーストの4.73。今季は48試合で防御率4.75と良くないがFIPは3.37、奪三振率13.6という高い数値を示している。

 17年の前半は慢性的な潰瘍性大腸炎のため直腸の切除手術で欠場したが、キャリア8年で413試合に登板、115ホールド、7セーブ。肘を下げたサイドスローからのクロスファイヤーが特徴的でスライダーとツーシームを武器に三振の獲れる左腕だ。

 ロイヤルズに移籍するマイーナーの選手は、20歳のイスマイル・アキーノ投手、26歳のダイロン・ブランコ外野手。アキーノはルーキーリーグ、ブランコは2Aクラスのマイナーリーガ―。

 ジェイク・ディークマンに関しては昨日も紹介したが、左腕のリリーバーを探しているドジャース、ほかにはブレーブス、ナショナルズ、フィリーズが移籍交渉をしているという情報もあったが、結局、同じリーグのアストロズが獲得に至った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/07/28 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0716

【MLB移籍情報】カブスがロイヤルズからマルドナード捕手を獲得  



シカゴ・カブスとカンザスシティ・ロイヤルズの間でトレードが成立した。

カブスがロイヤルズからマーティン・マルドナード捕手(32)を獲得。ロイヤルズからカブスへはマイク・モンゴメリー投手が移籍する。

カブスは正捕手のウィルソン・コントレラスが右脚の故障で現地14日から故障者リスト(IL)入りしていた。

マーティン・マルドナードといえばエンゼルス時代に大谷翔平と最初にバッテリーを組んだ捕手として日本では有名な選手。18年途中からアストロズ。今季はロイヤルズで73試合出場し、打率.224、6本塁打、17打点、OPS.657、WAR1.1。17年にゴールドグラブ賞を受賞している。

ロイヤルズとは1年250万ドルで契約していた。シーズン終了後にフリーエージェントになる。





29歳左腕のマイク・モンゴメリーは今季、1勝2敗、防御率5.67。メジャー通算では167試合(そのうち先発56試合)21勝27敗、防御率3.72、WHIP1.78、WAR-0.3。

マリナーズ時代のメジャー1年目は先発だったが、カブスへ移籍後はリリーバーとして起用されることが多かった。年俸調停1年目の今季は244万ドルで契約を更新していた。08年のMLBドラフト1巡目追補(全体36位)でロイヤルズから指名されていたので、久々に古巣へ戻ることになった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/07/16 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0715

【MLB移籍情報】アスレチックスがロイヤルズから先発右腕H.ベイリー獲得  




アスレチックスとロイヤルズのトレードが成立した。

 ア・リーグ西部地区2位(ワイルドカード2位)のアスレチックスがポストシーズンを見据えた補強に動いた。このトレードでアスレチックスは、ベテラン右腕のホーマー・ベイリーを獲得。ロイヤルズには、23歳のケビン・メレル内野手(SS/2B)が移籍する。



 33歳のベイリーはMLBサービスタイム10.017のベテランでメジャーで23試合に先発して74勝83敗、通算防御率4.58(FIP4.23)。

09年から14年にかけてレッズのローテーションを担ったが、15年にトミー・ジョン手術を受け、17年にも右肘の関節鏡視下手術を受けている。

昨年12月にヤシエル・プイグ、アレックス・ウッド、カイル・ファーマー及び金銭とのトレードで、ジーター・ダウンズ、ジョサイア・グレイと共にドジャースへ移籍したが、翌日に自由契約となった。

 その後、ロイヤルズとマイナー契約。今季は18試合に先発、7勝6敗、防御率4.80、WHIP1.41、奪三振率8.10、与四球率3.80、rWAR0.7。とくに 直近の7試合は防御率3.49と久々にバウンスバックした数字を残している。

 一方のメレル内野手は、アスレチックスのMLBドラフト17年1巡指名(全体33位)選手。AAクラスのマイナーリーガーだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2019/07/15 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0303

ロイヤルズのペレス捕手がTJ手術か!? MLB FA市場動向 《捕手編》  




 ロイヤルズの守備の要であり、クラブハウスでも中心的な選手であるサルバドール・ペレスが来週にも右肘のトミー・ジョン手術を受けるというニュースを複数のメディアが伝えている。


 このブログでも「MLB2018-2019 フリーエージェント(FA)市場動向 《捕手編》」と題して10月5日と12月5日に紹介したが、このオフでは9人のFA捕手がメジャー契約した。ほかに約20人の捕手がマイナー契約で、その中には、マット・ウィータースのような通算135本塁打をマークしている実績のある捕手もいる。


 ペレスの穴を埋める選手はロイヤルズにはいない。市場に残っている捕手で考えられるのはマーティン・マルドナードぐらいだ。


 マルドナードは打率.221と低打率ながら17年の「ゴールドグラブ賞」を受賞した。大谷翔平とバッテリーを組んでいたことでもなじみのある選手だ。


昨年は夏にアストロズへ移籍した。2球団で119試合、打率.225、9本塁打、44打点、OPS.627とパッとしない数字のせいか売れ残っているが、経験がものをいうポジションだからこの時期に探すとしたら貴重な存在といえる。



《2018年-2019FA捕手移籍先》
ウィルソン・ラモス(フィリーズ) →メッツ
ヤスマニ・グランダル(ドジャース) →ブルワーズ
カート・スズキ(ブレーブス) →ナショナルズ
マーティン・マルドナード(アストロズ)→ 未契約
ニック・ハンドリー(ジャイアンツ) →アスレチックス※マイナー契約
ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス) →エンゼルス
デビン・メソラコ(メッツ) →再契約※マイナー契約
レネ・リベラ(ブレーブス) →ジャイアンツ※マイナー契約
マット・ウィータース(ナショナルズ) →カージナルス
ジェフ・マシス(ダイヤモンドバックス) →レンジャーズ
ドリュー・ブテラ(ロッキーズ) →フィリーズ※マイナー契約
ロビンソン・チリーノス(レンジャース) →アストロズ
A.J.エリス(パドレス) →未契約だが38歳




 この中ではラモスの2年1900万ドルが最高額の契約。次がドジャースFAでブルワーズが獲得した1年1825万ドル。ルクロイは16年に24本塁打を記録してOPSも.855だったが、17年、18年と不調で335万ドルの格安ともいえる契約でエンゼルスに移籍した。


マルドナードの年俸は18年が約200万ドルで、400万ドル前後のマーケット・バリューがある。




◇参考データ
https://www.spotrac.com/mlb/houston-astros/martin-maldonado-8699/cash-earnings/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/03/03 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0219

【MLB契約情報】M.ムスターカスがブルワーズと再契約へ  




 昨年163試合目でカブスから地区の覇権を奪ったミルウォーキー・ブルワーズが、同チームをフリーエージェント(FA)になっていたマイク・ムスターカス三塁手と再契約した。


再契約の内容は、1年1000万ドルで、来季(20年)は選手と球団側のミューチュアル・オプション(Mutual Option)とMLB公式サイトが伝えている。


 30歳のムスターカスは、オールスターゲームに2度選出。15年のロイヤルズのワールドシリーズ制覇にも貢献した。


今季のFA三塁手は下記だが、マチャドやドナルドソンに次ぐ有力選手で、この再契約により水面下でマチャド争奪戦を繰り広げている各球団にも影響するということだ。


《三塁手》

マイク・ムスターカス(ブルワーズ)
マニー・マチャド(ドジャース)
エイドリアン・ベルトレイ(レンジャーズ)
ジョシュ・ドナルドソン(インディアンス)
パブロ・サンドバル(ジャイアンツ)
チェイス・ヘッドリー
ダニー・バレンシア
ホセ・レイエス(メッツ)
ルイス・バルブエナ



 昨季はロイヤルズとブルワーズで自己最多の152試合に出場。2チームで打率.251、28本塁打、95打点(自己最多)、4盗塁、OPS.774、fWAR2.4。


 17年のオフにはロイヤルズからクオリファイング・オファー(QO)の提示を受けたが、これを拒否。さらに条件の良い契約先を模索したが、それが裏目にでて結局1740万ドル(当時のレートで約19億9300万円)のQOオファーをはるかに下回る1年550万ドル+出来高払いでロイヤルズと再契約した。これは前年(16年)の870万ドルをも下回った。


 そう言う経緯から今回の再契約1000万ドルは、キャンプ直前のこの時期でもあり、彼にとっては胸をなでおろすような契約になったかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/02/19 Tue. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0202

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《AL-CENTRAL》  



 ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか?各チームが、このオフの19年1月末までにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバー、ルール5(R5)ドラフト等で獲得した選手たちを紹介したい。


 その第1弾は、菊池雄星がポスティングで移籍したマリナーズや大谷翔平のエンゼルスが所属するアメリカンリーグ西部地区(AL-WEST)だったが、第2弾はアメリカンリーグ中部地区。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


ちなみに、下の一覧は1月末の状況で、太字は40人枠の選手。それ以外はマイナー契約の選手ということをご了承願いたい。


 アメリカンリーグ中部地区はテリー・フランコーナ監督のインディアンスが16年に9年ぶりに地区を制し、それ以降3連覇中。16年の開幕ダッシュや17年夏の21連勝(リーグ新記録)の時に比べれば18年は勢いはなくなったが、それでも終わってみれば2位に13ゲームをつけて地区を制した。


■インディアンス
A.J.コール(投手:ウェーバー)
ブランドン・バーンズ(外野手:FA)
ジェイク・バウアーズ(一塁手:トレード)
マイク・フリーマン(遊撃手:FA)
ジャスティン・グリム(右腕:FA)
胡智為(右腕:トレード)
ダニエル・ジョンソン(外野手:トレード)
ウォーカー・ロケット(右腕:トレード)
ジョーダン・ループロウ(外野手:トレード)
マックス・モロフ(遊撃手:トレード)
オリバー・ペレス(左腕:FA)
ケビン・プラウェッキー(捕手:トレード)
ブルックス・パウンダース(右腕:FA)
ジェフリー・ロドリゲス(右腕:トレード)
カルロス・サンタナ(一塁手:トレード)
トレイス・トンプソン(外野手:FA)
ウイルソン・ガルシア(一塁手:R5)


打撃力はチーム打率がMLB2位、OPS4位、得点3位、本塁打6位、盗塁1位。
投手力が防御率でMLB先発3位、ブルペン25位。


機動力もあり、攻守のバランスの取れたチームだが、12人がFAで救援投手のアンドリュー・ミラーやコディー・アレンがチームを去った。ベテラン37歳左腕のオリバー・ペレスとはFA再契約。


FAになって未契約のアダム・ロサレス遊撃手、メルキー・カブレラ外野手らが4人いる。外野陣が物足りない。控えの選手層も薄い。ブラッドリー・ジマー外野手も肩の手術で開幕は無理かもしれない。



■ツインズ
C.J.クロン(一塁手:ウエーバー)
ネルソン・クルーズ(指名打者:FA)
ブレイク・パーカー(右腕:FA)
マーティン・ペレス(左腕:FA)
マイケル・リード(外野手:ウエーバー)
ジョナサン・スコープ(二塁手:FA)
ロナルド・トレイエス(二塁手:FA)


再建途上のチームだが、昨年は負け越したものの中盤まで健闘し地区2位に浮上した。

戦力的には、ジョー・マウアー捕手(兼一塁手)が引退。FAは引退も含めて7人と少なめ。補強は限られた予算で効果的にした印象。ロナルド・トレイエスはマイナー契約だが、ヤンキースで内野のユーティリティで活躍したので、お買い得なイメージがある。

クローザーがいない。エンゼルスFAのブレイク・パーカーとトレバー・メイがクローザーを争うと思われるが、パーカーが昨年14セーブ、メイが3セーブと実績がない。



■タイガース
マット・ムーア(左腕:FA)
タイソン・ロス(右腕:FA)
ジョーディ・マーサー(遊撃手:FA)
ルイス・コールマン(右腕:FA)
ケイレブ・カワート(内野手兼外野手:ウエーバー)
ブランドン・ディクソン(二塁手:ウエーバー)
ホゼ・フェルナンデス(左腕:ウエーバー)
ピート・コズマ(遊撃手:FA)
エドゥアルド・パレイデス(右腕:FA)
ボビー・ウィルソン(捕手:FA)
リード・ギャレット(右腕:R5)


先発投手を二枚追加したが、ブルペンは、クローザーのシェーン・グリーンが32セーブを挙げたが、防御率5.12、WHIP1.374で不安。昨年68試合に登板し、3年目になる24歳ジョー・ヒメネスあたりが伸びれば面白いが、総合的にはデトロイトに春が来るのか、疑問符が付く補強だろう。



■ホワイトソックス
ヨンダー・アロンゾ(一塁手:トレード)
ジョン・ジェイ(外野手:FA)
ジェームス・マッキャン(捕手:FA)
イバン・ノバ(右腕:トレード)
マニー・バニュエロス(左腕:トレード)
アレックス・コロメイ(右腕:トレード)
ランドール・デルガド(右腕:FA)
エバン・マーシャル(右腕:FA)
ケルビン・ヘレーラ(右腕:FA)


シーズン100敗したホワイトソックスは、本気の補強を行った。クローザーにケルビン・ヘレーラを獲得。その前のセットアッパーにはアレックス・コロメイをトレードで獲得。ただ、先発陣の顔触れを見るとBクラスだ。



■ロイヤルズ
テランス・ゴア(外野手:FA)
コナー・グリーン(右腕:ウエーバー)
ビリー・ハミルトン(外野手:FA)
クリス・オーウィングス(外野手:FA)


このほかにルール5ドラフトで2人、マイナー契約選手を3人、FAやウェーバーで獲得している。

補強ポイントの先発、ブルペン共に今のところ効果的な動きはない。スモールマーケットでスモールバジェットの球団だから内部育成でチームを作り上げていくスタイルだが、ファーム層も薄い。今季も100敗しないことを祈りたい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/02/02 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0128

【MLB契約情報】ロイヤルズのメリフィールドが4年の契約延長に合意か!?  




 ロイヤルズのウィット・メリフィールド二塁手がロイヤルズと基本4年1625万ドルの契約延長に合意した。

ロイヤルズの正式発表はないがMLBネットワークのジョン・モロシの報告では、この契約にはパフォーマンスボーナス200万ドルが含まれ、5年目もクラブオプションで最大5年で3000万ドル程度の契約になる可能性があるという。





 ウィット・メリフィールドは17年と18年のア・リーグ盗塁王。昨年はリーグトップの192安打をマーク。打率.304はリーグ6位。出塁率.367は同9位。本塁打は17年の19本から12本に減ったが、出塁率と長打率を足したOPSは.800を超えている。


二塁のほか、内野の各ポジションと外野も守れるユーティリティ・プレイヤーだが、ファングラフスのWAR5.2は、二塁手部門でカブスのハビアー・バエズに次いでMLB全体で2位。打率では負けているがWARではアストロズのホセ・アルトゥーベを上回っている。





 27歳でメジャーデビューした遅咲きの選手。レッドソックスのジャッキー・ブラッドリー・ジュニアとは、サウスカロライナ大学時代のチームメイトで、彼と共に2010年のNCAA主催「全米大学選手権」の優勝に貢献している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/01/28 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0607

【MLB移籍情報】ジョン・ジェイ外野手がDバックスへ!ロイヤルズとのトレード成立  




 ナ・リーグ西部地区で首位争いを演じているダイヤモンドバックス(Dバックス)と21勝40敗と大きく負け越しているロイヤルズのトレードが成立している。

 メジャーリーグの移籍情報サイト「TRADE RUMORS」によればDバックスは見返りとしてマイナーリーガーの左腕投手ゲイブ・スパイアー、同じくマイナー右腕投手エルビス・ルチアーノ、メジャー経験もあるユーティリティ選手クリストファー・ネグロンをロイヤルズに放出している。



 ジョン・ジェイは33歳の左投げ左打ちの外野手。カージナルス時代の2010年4月26日のアトランタ・ブレーブス戦でメジャーデビュー。翌年にはセンターでレギュラーを獲得している。

その後、パドレスを経てカブスへ移籍。昨年オフにカブスからFAとなり、1年300万ドルでロイヤルズに移籍した。

 昨シーズンは141試合に出場し、打率.296、出塁率.375、OPS.749と安定した成績を残した。外野の3ポジションをこなせるユーティリティプレーヤーで、昨シーズンは無失策。移籍したロレンゾ・ケインの後釜としてロイヤルズに加給していた。

今季は、ここまで打率.307、出塁率.363、OPS.737。本塁打1、打点18、盗塁3。左打ちだがキャリア通算では、左投手からも同等のアベレージを残している。

 Dバックスの攻撃陣は、チーム打率でMLB30球団中30位。出塁率29位、OPS28位、得点28位と低迷している。さらに、主力の外野手A.J.ポロックとスティーブン・スーザJr.が10日間の故障者リスト入りしている状況。

長打力は無いが、出塁率の良いジョン・ジェイの加入は、大きな戦力アップになる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/06/07 Thu. 11:48 [edit]

CM: --
TB: --
   

0309

【MLB契約情報】ロイヤルズがムスターカス三塁手と再契約  




ロイヤルズから提示された年俸1,740万ドルのクオリファイングオファーを拒否したマイク・ムスターカスが、1年650万ドルでロイヤルズと再契約した。

代理人はスコット・ボラス氏で、この契約には2年目に球団と選手側の双方が合意した場合に有効になるミューチュアルオプション1,500万ドルが含まれており、最大でムスターカスは2年2,150万ドルを受けることになる。他にはインセンティブで220万ドル、バイアウト100万ドルなどが盛り込まれている。




29歳のムスターカスは、07年のMLBドラフト1巡目(全体2位)でロイヤルズが指名。11年6月にメジャーデビュー。昨季は148試合に出場し、打率.272、38本塁打、85打点、OPS.835というキャリアハイの数字を残して、2年ぶり2度目のオールスターにも選出された。

16年、守備中にチームメイトのアレックス・ゴードンと交錯し、右ひざのACL(前十字靭帯)断裂から復活。カムバック賞を受賞している。

過去3年間の年俸は、

2015年 270万ドル
2016年 560万ドル
2017年 870万ドル


ロイヤルズはエリック・ホズマーとの再契約失敗し、再建期に突入した事を報じられていた。

ホズマー以外にもロレンゾ・ケインがブリュワーズ、ジェイソン・バルガスはメッツ、マイク・マイナーはレンジャーズへと移籍して主力が次々にチームを去った。


ムスターカス


もともとスモールマーケットのチームで、再建期に突入した事もあり、短期契約であればムスターカスとの再契約に前向きな姿勢を示していた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/09 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0301

【MLB契約情報】ロイヤルズがルーカス・デューダ一塁手と1年350万ドルで契約  



エリック・ホズマーの引き留め工作に失敗したロイヤルズがFA市場の残っている一塁手の中からルーカス・デューダと合意した。

パドレスとのホズマー争奪戦に敗れたチームは、オプションとしてはハンター・ドージャーやチェスラー・カスバートの一塁コンバートも考えられたが、ドージャーがマイナーでの12試合(うち11先発)だけ、カスバートはメジャーで7試合(うち2先発)、マイナーで67試合(うち66先発)だけという状況で、一塁手としては、まともな経験がなかった。


その為、停滞していたFA市場の一塁手の中からローガン・モリソンのほか、アダム・リンド、マイク・ナポリ、ルーカス・デューダ、マーク・レイノルズらが候補として挙がっていた。


ロイヤルズ


MLB公式サイトの記事では、このうち、ローガン・モリソンは、カンザスシティ郊外出身でロイヤルズでのプレイを希望していたらしいがツインズと契約。マイク・ナポリもマイナー契約でインディアンスに招かれてスプリングトレーニングに参加している。

32歳のルーカス・デューダとの契約は1年350万ドルで、このオフに成立した一塁手の契約としては7番目(年平均)。17年にメッツとレイズの合算で725万ドルを受け取ったサラリーも大幅ダウンした。

もともとアベレージの良い選手ではなかったが、打率.217とメッツ時代の16年に背中を痛めて長期離脱したのが響いたのか、30本塁打、OPS.818という数字からすれば、一連の選手たち同様に、これも抑えられた契約になったのではないだろうか。

単純に比較はできないが、下記のような数字もある。

Eric Hosmer career OPS: .781
Lucas Duda career OPS: .796

Eric Hosmer 2018 salary: $20M
Lucas Duda 2018 salary: $3.5M



もともとスモールマーケットのチームからすれば1年契約で時間を稼いでライアン・オハーン(昨季AAA級で18本塁打)やフランク・シュウィンデル(昨季AAA級で17本塁打)、17年ドラフト1巡目指名のニック・プラットらの成長待ちといったところだろう。





【エリック・ホズマー以外で今オフFAになった一塁手の移籍先と年俸】
年齢/最終所属/17年サラリー/

カルロス・サンタナ(31)
インディアンス/ 1,200万ドル ※QO拒否
3年6,000万ドルでフィリーズと契約。


ミッチ・モアランド(32)
レッドソックス/ 550万ドル
2年1,300万ドルでレッドソックスと再契約。


ヨンダー・アロンソ(30)
マリナーズ/ 400万ドル
2年1,600万ドルでインディアンスと契約。


マット・アダムス(29)
ブレーブス/ 約350万ドル
1年400万ドルでナショナルズと契約。
インセンティブ50万ドル。


マイク・ナポリ(36)
レンジャーズ/ 600万ドル
マイナー契約でインディアンスがキャンプに招聘。
メジャーのロースターを勝ち取った場合にはベースサラリーが175万ドル、出来高が325万ドルとなり、最大で1年500万ドルの契約になる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/01 Thu. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド