メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0129

ベニテンディ(BOS)が1位、MLB2017プロスペクトランキングTOP100   



MLB公式サイト「MLB.com」が恒例のプロスペクト(有望株)ランキングを公開している。下記はトップ10までだが、詳細はhttp://m.mlb.com/prospects/2017?list=prospects


MLB公式サイトTOP10プロスペクト

① ベニンテンディ(BOS)
② モンカダ(CWS)
③ トーレス(NYY)
④ スワンソン(ATL)
⑤ ロザリオ(NYM)
⑥ レイエス(STL)
⑦ クロフォード(PHI)
⑧ ロブレス(WSH)
⑨ グラスノー(PIT)
⑩ メドウズ(PIT)


個人的には、1位のアンドリュー・ベニンテンディが、まだ新人賞の資格を有していること自体が驚きだが、新人賞の資格は、簡単に説明するとMLBの出場が130打席または50イニング未満か、25人枠入りが45日間未満が対象となる。

ただし、労使協約が定めるNPBなどの国外プロリーグに所属している選手は除外されるという規定もある。

2位のキューバ出身ヨアン・モンカダ内野手(2016年同ランキング5位)は、昨年12月6日に、左腕クリス・セールとの交換トレードでレッドソックスからマイナー選手3名と共にシカゴ・ホワイトソックスに移籍した。

ちなみに、昨年の1位に選出されたのは、前田健太の同僚コーリー・シーガー。彼は新人賞に輝いた。ゲーリー・サンチェス捕手(写真)は大ブレイクの後半戦だった。

ゲーリー・サンチェス

現地で取材するスポーツライター菊池慶剛氏によれば、それ以外でもトップ10に選ばれた選手9人を含め、ランク入りした100人中48選手がメジャー昇格を果たすなど、期待通りの成長を遂げているということだ。

13年にヤンキースからドラフト2巡目で指名された加藤豪将内野手は残念ながらランク外だった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




関連記事

Posted on 2017/01/29 Sun. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0127

オルティーズの背番号34が永久欠番に!セレモニーは6月  

 

レッドソックスの“顔”として、また、ボストニアンには“ビッグパピー”の愛称で親しまれているデビット・オルティーズの背番号「34」がチームの永久欠番になる。

チームは彼の卓越したキャリアに敬意を表して6月23日にフェンウェイパークで記念セレモニーを行うと発表した。

オルティーズは2003年1月22日にレッドソックスと契約。14年間連続でシーズンに出場した選手はカール・ヤストレムスキー(23年間)、テッド・ウィリアムズ(15年間)など7人しかいない。

オルティーズ


さらに、第一次世界大戦後に在籍した選手としてボストンで唯一の3度のワールドチャンピオンリング(2004年、07年、13年)を手にした選手でもある。

レッドソックス でマークした本塁打483本は、テッド・ウィリアムズ(521本)に次ぐ。また、打点(3位、1,530)、ヒット数(6位; 2,079本)、二塁打(3位; 524本)、四球数(4位; 3,131)など、ほとんどのスタッツがチームで屈指である。




彼の「34」は、レッドソックス11人目の永久欠番になるが、レッドソックスの永久欠番として有名なのは、ジャッキー・ロビンソンだろう。他には、ヤンキースの松井秀喜と死闘を演じた剛腕ペドロ・マルティネスが記憶に新しい。

  • 1  ボビー・ドーア
  • 4  ジョー・クローニン 
  • 6  ジョニー・ペスキー 
  • 8  カール・ヤストレムスキー 
  • 9  テッド・ウィリアムズ
  • 14  ジム・ライス 
  • 26  ウェイド・ボッグス 
  • 27  カールトン・フィスク 
  • 42  ジャッキー・ロビンソン 
  • 45  ペドロ・マルティネス

そして、オルティーズで11人目になる。





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   



関連記事

Posted on 2017/01/27 Fri. 15:50 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0101

HAPPY NEW YEAR! メジャーリーグ・ベースボール  




明けまして
おめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

Happy New Year!


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

メッツ

アストロズ









人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2017/01/01 Sun. 23:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0101

【MLBランキング】FOXスポーツによる最強打線ラインナップ・トップ10  

 

米スポーツ専門チャンネル『FOXスポーツ』は現地28日、独自の見解をもとに現時点での来季の最強打線ランキングを発表。

並みいる強力ラインナップを抑えて見事1位に選出されたのは、今季108年ぶりに世界一に輝いたシカゴ・カブスだった。

『FOXスポーツ』が考える現時点でのカブスのラインナップは下記の通り。

1番・二塁 ハビエル・バエス
2番・三塁 クリス・ブライアント
3番・一塁 アンソニー・リゾ
4番・右翼 ベン・ゾブリスト
5番・遊撃 アディソン・ラッセル
6番・左翼 カイル・シュワーバー
7番・捕手 ウィルソン・コントレラス
8番・中堅 ジェーソン・ヘイワード


これを見ると4番の仕事人ベン・ゾブリストが従来の4番打者とはイメージが違うが、ポストシーズンでも4番に起用されていたから不思議ではない。

シーズン序盤に外野での衝突によるケガからワールドシリーズで復帰し、一躍ヒーローとなったカイル・シュワーバー外野手や大型契約で昨年オフに加入したジェーソン・ヘイワード外野手がバウンスバックしてクリーンナップを打つような展開になれば破壊力もアップする。


WS2016Gm7
写真:ワールドシリーズGAME7のラインナップ


急成長した24歳のウィルソン・コントレラス(C)、24歳ハビエル・バエス(2B)、22歳のアディソン・ラッセル(SS)など若手が絡む打線は、実績の点でナンバー1かどうかは疑問符が付くが、魅力的なことには間違いない。

今オフにデクスター・ファウラーが退団したが、その穴を感じさせない伸びしろがありそうな打線といえる。

以下、の順位は
  1. 2位クリーブランド・インディアンス
  2. 3位ボストン・レッドソックス
  3. 4位コロラド・ロッキーズ 
  4. 5位ワシントン・ナショナルズ
  5. 6位ロサンゼルス・ドジャース
  6. 7位シアトル・マリナーズ
  7. 8位サンフランシスコ・ジャイアンツ
  8. 9位セントルイス・カージナルス
  9. 10位テキサス・レンジャーズ

3位のレッドソックスは、ビッグパピーの穴が大きいが、フェンウェイのパークファクターを加味すれば、30球団の中で今年も得点力で上位に入ってくることは間違いない。

マリナーズはセグラの加入でベスト10入りしているが、セス・スミスとミッチ・ハニガー (RF)、レオニス・マーティン (CF)、ベン・ギャメル (LF)の外野手3人は見劣りする。

それに比べれば同地区のヒューストン・アストロズのレディック(RF)、スプリンガー(CF)、青木(LF)の方がビッグネームだ。

もっと言えば、スタントン(RF)、オスーナ(CF)、イエリッチ(LF)にイチローが控えるマイアミ・マーリンズも見栄えがいい。このアストロズやマーリンズあたりは過小評価されている。

アストロズは本拠地ミニッツ・メイド・パークのセンター最深部の「タルの丘」(Tal's Hill)とフラッグ・ポールが撤去されて7~8メートル浅くなった(それでも125メートルほどある)。その影響で、本塁打数や得点力がアップするだろう。

FA市場には、両リーグのホームランキング、ア・リーグのマーク・トランボ、ナ・リーグのクリス・カーターが残り、20本塁打以上をマークしたカナダ出身マイケル・ソーンダースの移籍先も決まっていない。

ほかにもペドロ・アルバレス、ブランドン・モス、そしてジェイズと値段交渉中のホセ・バティスタらの長距離砲がゴロゴロしている。

レンジャーズは30本塁打、100打点のマイク・ナポリ、ドジャースは二塁手ブライアン・ドージャー、ナショナルズはマット・ウィータース捕手などの獲得が噂されている。

こうしたパワーヒッターの動向次第でラインナップの順位に変動が出てくる。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/01/01 Sun. 12:29 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1229

MLB「ぜいたく税」対象球団は? ペイロールは、またもドジャースが最高額  



 メジャー30球団のロースター編成の際に足かせとなる「ぜいたく税」(Luxury Tax)。正式名称は、「Competitive Balance Tax」というらしいが、フランチャイズマーケットに格差があるメジャーで、マーケットの大きい球団が資金力で優位に立ってしまうのを防ぐ目的で導入された課徴金の事。

 NFLではサラリーキャップを導入しているがMLBにはそれがない。その代わりとして課徴金を科すようになった。戦力均衡によるリーグの活性化が狙い。

ドジャース 

 2015年はロサンゼルス・ドジャースが過去最高となる4360万ドルをぜいたく税として支払った。この額だけでも日本のプロ野球球団2チーム分ぐらいありそうだが、今季もペイロールはドジャースが最高額で、ぜいたく税でも3,180万ドル(約37億5,000万円)のドジャースを筆頭に6チームが対象となった。


【ぜいたく税を支払う球団とその額】

ロサンゼルス・ドジャース
3,180万ドル(約37億5,000万円)

ニューヨーク・ヤンキース
2,740万ドル(約32億3,000万円)

ボストン・レッドソックス
450万ドル(約5億3,000万円)

デトロイト・タイガース
400万ドル(約4億7,000万円)

サンフランシスコ・ジャイアンツ
340万ドル(約4億円)

シカゴ・カブス
296万ドル(約3億5,000万円)



 ドジャースは4年連続の課税対象となり、4年間で通算1億1,300万ドル(約133億円)を支払っている。ヤンキースはぜいたく税が導入されてから14年連続の上限オーバーで、通算3億2,500万ドル(約382億円)を徴収されている。

 費用対効果の面でもドラフト重視、内部育成がトレンドになってきたメジャー各球団。

 これを見るとワイルドカードすら出場できなかったデトロイト・タイガースあたりは酷いもので、2016年22番目だったクリーブランド・インディアンスはワールドシリーズまで上り詰めた事を考えると抜群の費用対効果だったといえる。

 ヤンキースはぜいたく税が導入されてから14年連続の上限オーバーで、通算3億2,500万ドル(約382億円)を徴収されている。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2016/12/29 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1221

レッドソックス、先発右腕バックホルツをフィリーズへトレード  

 

 今オフの先発投手のフリーエージェント市場は人材が乏しく各球団ともトレードによる補強を模索しているが、レッドソックスとフィリーズ間でトレードが成立した。



 レッドソックスは、34歳の先発右腕クレイ・バックホルツをフィリーズにリリース。見返りとして24歳のマイナー選手ジョシュ・トビアス(Josh Tobias/2B&DH)を獲得している。

C0IibjZUUAAk7a6.jpg

 クレイ・バックホルツは、2014年9月30日に右膝半月板を手術。その影響もあって15年は長期離脱して18試合の先発にとどまった。

 今季は、リリーフで起用される場面も目立ち、自己最多の37試合に投げたが、そのうち16試合がリリーフ登板だった。8勝10敗、防御率4.78、FIP5.06、WHIP1.328。

 チームオプションも2017年が最終年で、シーズン終了後にはFAとなることや、年俸が1350万ドルと高いこともあり、トレード市場で頻繁に名前があがっていた。

 レッドソックスは、右腕がリック・ポーセロだけになり、左腕がずらりと並ぶ先発ローテーション。

ナックルボウラーのスティーブン・ライトが右腕で、彼が復帰すれば、場合によっては、昨年夏のトレード期限前にパドレスから加入した左腕ドリュー・ポメランツもトレードの要員として出されるかもしれない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/12/21 Wed. 01:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1218

ウィンターミーティング後のMLBパワーランキング  




 ウインターミーティング後のパワーランキングをFOXスポーツが特集している。

 それによれば上原浩治らが加入したカブスを1位に選出。上原の加入でチームには8回を任せられる投手が4人もいるブルペンの厚さやサイ・ヤング賞候補3人を擁する先発陣、そしてワールドシリーズ制覇を果たした若いロースターなどを評価している。


カブス


 2位に選出しているのはレッドソックス。メジャー屈指の左腕クリス・セールを獲得したデーブ・ドンブロウスキー球団社長の電撃的な動きに注目が集まった。セールの残り3年3,800万ドル(約43億5,000万円)という契約も巨額のぜいたく税回避にひと役買った。

 レ軍は、ほかにも上原浩治、田澤純一らがFAで抜けたブルペンで、8回(セットアッパー)を任せるタイラー・ソーンバーグ投手、ゴールドグラブ賞一塁手ながら1年550万ドル(約6億3,000万円)とお買い得だったミッチ・モアランドなどを獲得している。

3位インディアンス
4位ドジャース
5位ナショナルズ
6位ジャイアンツ
7位アストロズ


 アストロズは、積極的な動きが目立った。新労使交渉で決まる「ぜいたく税」のラインを気にするチームを横目に早々と動いた。その中で、カルロス・ベルトラン外野手、ブライアン・マッキャン捕手、ジョシュ・レディック外野手を次々に獲得。青木宣親外野手とも契約を決めている。

 ほかに日本人選手所属球団ではレンジャーズが10位。岩隈久志投手が所属するマリナーズが11位だった。このあたりになると分析次第で評価はさまざまで、ランキングはあまりあてにならない。


ホワイトソックス


 クリス・セールの放出でプロスペクト4人を獲得したホワイトソックスは、24位と評価は低い。

 しかし、MLB公式サイトがNO.1プロスペクトと評価する21歳ヨアン・モンカダ。同じトレードで獲得した20歳のマイケル・コペックは、100マイルを出す右腕でフロントスターターになれる投手。

 さらにアダム・イートンのトレードでナショナルズからMLB公式サイトがNO.3プロスペクトと評価するルーカス・ジオリートらを獲得し、これだけプロスペクトを獲得しながらホセ・アブレイユ、デビッド・ロバートソン、メルキー・カブレラ、トッド・フレイジャーというトレードのカードが残っているので、今後、アップルグレードできる要素は多分にあるといえるだろう。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2016/12/18 Sun. 23:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1216

田澤純一がマイアミ・マーリンズと2年契約で合意。イチローと同僚に!  



 現地15日、前ボストン・レッドソックスの田澤純一投手が、イチローが所属するマイアミ・マーリンズと総額1,200万ドル(約14億2,000万円)の2年契約で合意したことが分かった。

田澤純一


 FOXスポーツの記者ケン・ローゼンタールら複数の報道では、2年契約で総額は1200万ドル(約14億1700万円)。

契約内容の詳細は、来季の年俸が500万ドル(約5億9,000万円)、2018年が700万ドル(約8億3,000万円)となっている。身体検査を経て正式契約となる見込み。



 30歳の田澤は、日本プロ野球を経ずに渡米し、2009年にレッドソックスでメジャーデビュー。クローザーにつなぐセットアッパーとして2013年のワールドシリーズ制覇に貢献した。

今季は53試合の登板で3勝2敗、防御率4.17だった。通算成績は302試合の登板で17勝20敗4セーブ、防御率3.58。

 マーリンズはA・J・ラモスが、クローザーになると思われるが、その前の8回を任せるセットアッパーとして、今季は、夏のデッドラインより少し早めにフェルナンド・ロドニーを獲得したが、ロドニーはチームにフィットしなかった。

マーリンズ


 シーズン終了後にFAとなったロドニーはダイヤモンドバックスと契約。左腕マイク・ダン投手もロッキーズへ移籍。そうした中継ぎ陣の中心として田澤が、これまで通りの数字を残せば大きなアップグレードになる。

 ア・リーグから指名打者制のないナ・リーグへの移籍。打者有利のヒッターズパークだったボストンからマイアミへの移籍は投手とっては悪い選択ではないかもしれない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2016/12/16 Fri. 12:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1215

上原浩治が1年600万ドルでWS制覇のシカゴ・カブスと正式契約  

 

先日も紹介したが、メジャーリーグのレッドソックスからフリーエージェントとなっていた上原浩治投手が、ワールドシリーズ(WS)覇者のシカゴ・カブスと年俸600万ドル(約6億9000万円)の1年契約を結んだことが14日分かった。

FanRag Sportsの記者ジョン・ヘイマンが伝えている。



 関係者によると、より高い契約額を提示した球団もあったが、上原が挙げていた「勝てるチーム」という条件がカブスを選んだ最大の要因となった。一部の報道では450万ドルということだったが、600万ドルが来季の基本年俸になるようだ。

 カブスは、若手のホルヘ・ソレア外野手を交換要員として、ロイヤルズのクローザー右腕ウェイド・デービスを獲得するトレードを実らせた。これでFAとなったチャップマンの穴を埋めた。

デービスの獲得で、再びヘクター・ロンドンをセットアップに戻すことができることになったカブスだが、デービスは昨年右ひじの故障で7月27日から9月1日まで長期間にわたり戦線を離脱している。



上原も7月19日に右胸筋を痛めて約1カ月半DL入りしたが、9月7日に復帰後は、11試合を無失点に抑えた。

2016年は、50試合で2勝3敗、防御率3.45。メジャーキャリア8年で387試合19勝22敗、防御率2.53、WHIP0.86、奪三振522。

CzMT7ETUAAAqglU.jpg


 カブスは、左打者に対するブルペンの補強が課題だった。上原は対左打者の被打率.183(右打者は.208)と好成績をマーク。その実績からゲームの終盤を任せられるリリーバーとしてテオ・エプスタイン編成本部長の目にとまった。

 また、カブスを108年ぶりに世界一へ導いた名将マッドン監督は、日本人プレイヤーの野球に対する姿勢や理解度を高く評価している監督だ。

上原浩治が1年間ヘルシーな状態ならブルペンに安定感をもたらす存在になる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/12/15 Thu. 00:19 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1214

MLBウインターミーティングの勝者は?ここまでのストーブリーグ  



 ストーブリーグの結果を評価するには時期尚早だが、ウインターミーティングの評価が出ていたので紹介したい。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が勝ち組としてピックアップしたのは、補強に成功したチームではなくて選手をリリースしたチームで、ホワイトソックスがそれにあたるという。

 ホワイトソックスはエース左腕クリス・セール投手をレッドソックスへ、アダム・イートン外野手をナショナルズへそれぞれトレードした。その見返りとしてヨアン・モンカダ三塁手、ルーカス・ジオリート投手ら若手のプロスペクト7人を獲得している。

 プロスペクトとはいえ、実績のない選手ばかりなので疑問符は付くが、内部育成が主流になっているメジャーで、トレードの交換要員としても使えることを考えると、十分なファーム層を構築することは評価に値する。

 そのクリス・セールを獲得したレッドソックス(デーブ・ドンブロウスキー社長)を2番目に評価。

 デービッド・プライス、リック・ポーセロ、クリス・セールの強力先発トリオの完成でワールドシリーズ制覇に大きく近づいたとし、セールの残り3年3,800万ドル(約43億5,000万円)という契約も巨額のぜいたく税回避にひと役買ったと評価した。

 なお、レッドソックスは、その他にも上原浩治、田澤純一らがFAで抜けたブルペンで、中でも8回(セットアッパー)を任せるタイラー・ソーンバーグ投手、ゴールドグラブ賞一塁手ながら1年550万ドル(約6億3,000万円)とお買い得だったミッチ・モアランドを獲得している。


Czf1ZVRW8AAyuvk.jpg


 ウインターミーティングの勝者は、角度を変えると、チームでなく、今オフの移籍市場ではリリーフ投手たちが勝ち組になったと分析。これには同感できる部分が多い。

 これまで、スターター(先発投手)にスポットが当たっていたが、ベースボールが分業制になったこともあり、今後はリリーバーにもスポットが当たるべきだからだ。

 そういう意味で今オフは、大型契約を手にしたアロルディス・チャプマン(ヤンキース)、マーク・メランソン(ジャイアンツ)、ケンリー・ジャンセン(ドジャース)に加えカブスへトレードされたウェード・デービス、ダイヤモンドバックスと契約したフェルナンド・ロドニーらの名前が毎日、ヘッドラインを飾る珍しいシーズンになった。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2016/12/14 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド