メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0815

レッドソックス、新人R.デバース、A.ベニテンディが躍動してライバル対決制す  



レッドソックスの新人コンビが大活躍している。

レッドソックスの20歳のラファエル・デバース三塁手は、1点ビハインドの9回にヤンキースのクローザー、チャップマンの166キロを左中間に叩き込む同点打。

延長の10回には3番に入ったアンドリュー・ベニンテンディ外野手が、ケインリー投手から勝ち越しのタイムリーを放った。



試合は、3対2でレッドソックスが延長戦を制し首位攻防戦を2勝1敗で乗り切った。これで5.5ゲーム差。直接対決は、あと7試合残っている。

ベニンテンディは昨年後半にも出場して今季注目の選手だが、20歳のデバースは、現地7月25日のマリナーズ戦に9番サードでメジャーデビュー。ドミニカ共和国出身で2013年に150万ドルで契約した右投左打の三塁手。

各サイトのプロスペクト・ランキングでは2015年から今季までMLB全体100位以内に入り、特に今季はBAで18位、BPで13位、MLB.comで17位と高い評価を受けている。特長はパワーに優れ、広角に打てる技術があるということだ。

レッドソックスの三塁手はここ数年の補強ポイント。今季はサンドバルが不良債権化して途中解雇。ほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)だった。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていた。

しかし、デバースの活躍でデイライトが見えてきた。

デバースに同点弾を献上したチャップマンは、今季初の被本塁打。74試合ぶりの被本塁打だったらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/15 Tue. 10:13 [edit]

CM: --
TB: --
   

0801

【MLB移籍情報】レッドソックスがブルペン強化、メッツからアディソン・リード獲得  



レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー球団社長が動いた。メッツとのトレードでアディソン・リード投手を獲得している。メディカルチェックに異常がなければ正式契約が結ばれる。

レッドソックスは交換要員として、3人のプロスペクトを放出することになると、FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏が伝えている。

レッドソックス


久しぶりにレッドソックスとヤンキースの名門球団が地区制覇を争う展開になっているが、レッドソックスは、絶対的なクローザーであるクレイグ・キンブレルにつなぐ、強力なセットアップマンが不在。昨年まで上原浩治が任されていたポジションだ。

アディソン・リードは、5チームが獲得に動く争奪戦となっていたがレッドソックスがマイナー選手3人を差し出す形で争奪戦を制した。

28歳のリードは、クローザーのジェウリス・ファミリアがDV問題で15試合の出場停止処分や故障離脱時にメッツのクローザーを務めた。今季は48試合で49回を投げて防御率2.57、WHIP1.12、19セーブを挙げている。7年間の通算ではホワイトソックス時代のセーブ数などを含めて125セーブをマークしている。

メッツは先日、マーリンズからクローザーのA.J.ラモスをトレードで獲得。リードの放出は時間の問題だった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/01 Tue. 01:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0726

【MLB移籍情報】レッドソックスがジャイアンツからE.ヌニェスを獲得!  



レッドソックスが、この数年間の補強ポイントであった三塁手の補強に動いた。夏のトレード・デッドラインを前にジャイアンツのエドゥアルド・ヌニェスをトレードで獲得した。

このトレードで、レッドソックスはジャイアンツに対してマイナー選手のショーン・アンダーソン、グレゴリー・サントスの2人を交換要員として差し出した。




レッドソックスの三塁はここ数年の補強ポイント。今季は、パブロ・サンドバルのほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)だった。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていたが、フレイジャーは同地区ライバルのヤンキースがトレードで獲得。プラドは故障者リストに入っている。

レッドソックスは、このポジションでトッププロスペクトのラファエル・ディバース内野手を今日、「9番サード」でメジャーデビューさせた。

今回のエドゥアルド・ヌニェスの獲得は、ディバースが成長するまでの補助的な役割が強く、左打ちのディバースとヌニェスのプラトーンでの起用が予想されるという。

さらに、ヌニェスは、三塁、遊撃、二塁、外野の両翼を守れるユーティリティプレイヤーで、ボガーツとディバースの両者の負担を軽減する役割を期待しての獲得ではないかと、メディアが報じている。

現在、ア・リーグ東部地区はレッドソックスが首位。1ゲーム差でヤンキース、さらに1.5ゲーム差でレイズが猛追するという三つ巴の混戦状態が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/26 Wed. 20:21 [edit]

CM: --
TB: --
   

0726

レッドソックスで20歳R.デバース三塁手がメジャーデビュー  



ここでも何度か紹介したパブロ・サンドバルの不良債権化で三塁手が補強ポイントになっているレッドソックスで、20歳274日という今季最年少でラファエル・デバースがメジャーデビューしている。

現地25日、シアトルでのマリナーズ戦に9番サードで出場した。



各サイトのプロスペクト・ランキングでは2015年から今季までMLB全体100位以内に入っている期待の新人。

ドミニカ共和国出身で2013年に150万ドルで契約した右投左打の三塁手。

特に今季はBAで18位、BPで13位、MLB.comで17位と高い評価を受けている。特長はパワーに優れ、広角に打てる技術もある。守備に難点があるということだ。

レッドソックスロゴ

レッドソックスの三塁はここ数年の補強ポイント。今季は、サンドバルのほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていたが、フレイジャーは同地区ライバルのヤンキースがトレードで獲得。プラドは故障者リストに入っている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/26 Wed. 12:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0717

トレード・デッドライン前の各チームの補強ポイント AL編  

 


アメリカンリーグ(AL)所属15チームのトレード・デッドライン(ウェイバー公示なしでトレードを成立させることができる期限)前の補強ポイントを簡単にまとめてみた。(16日17時時点での順位)

セットアップマンは、クローザーの前、8回を投げる投手という定義もあるが、ここでは優秀な中継ぎ投手ぐらいの感覚で捉えていただきたい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 


【チーム名 / 勝率 / 地区成績 / WC / 補強ポジション】
※WCはワイルドカード

▶各地区首位
レッドソックス .560/首位/  三塁手、セットアップマン
インディアンス .528/首位/
アストロズ  .670/首位/ 先発投手、セットアップマン

▶WC
レイズ .533/2.5/+1.0  セットアップマン、クローザー
ヤンキース .523/3.5/ 0 先発投手、一塁手、三塁手、セットアップマン


ツインズ .511/1.5/1.0  先発投手、セットアップマン、クローザー、遊撃手、指名打者or一塁手
レンジャーズ .500/15.5/2.0  クローザーorセットアップマン
ロイヤルズ .494/3.0/2.5 先発投手、指名打者、外野の両翼、遊撃手、セットアップマン
マリナーズ  .489/16.5/3.0 先発投手、指名打者、一塁手
エンゼルス  .479/17.5/4.0 先発投手たち、二塁手、一塁手
ブルージェイズ .467/8.5/5.0 セットアップマン、 外野の両翼、二塁手
オリオールズ .467/8.5/ 5.0  先発投手、外野の両翼


アスレチックス、ホワイトソックス、タイガースは「売り手」が予想されるので省略した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/17 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0712

オールスターブレイク後に戻ってくる主力選手リスト  

 

オールスターブレイク後に故障者リストから復帰し、チームにインパクトを与えそうな選手をリストアップしてみた。

blog_import_54ca745572dda.jpg

■マディソン・・バムガーナー投手(SF)

球界を代表する左腕の一人。4年連続開幕投手。前半は0勝3敗、防御率3.00。 4月20日、遠征先のコロラド州デンバーでダートバイクに乗っていた際に事故を起こし左肩を負傷。肋骨打撲と左肩関節捻挫により自身初のDL入りとなった。

■クリス・デービス一塁手(OAK)

打率.244、24本塁打、60打点。本塁打と打点はチームトップ。7月14日頃、復帰予定。

■エドゥアルド・ロドリゲス投手(BOS)

4勝2敗、防御率3.54、前半は11試合の登板で61イニングで65奪三振。3年目24歳の若手左腕。

■アントニオ・センザテーラ投手(COL)

メジャー開幕ロースター入りし、4月6日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャー初先発。4月は5試合に先発登板し3勝1敗、防御率2.81を記録、ナショナルリーグのルーキー・オブ・ザ・マンスに選出された。7月18日以降、復帰予定。9勝3敗、防御率4.63。

■エドゥアルド・ヌニェス内野手(SF)

外野も守れるユーティリティ選手。打率.299、本塁打4、打点25、盗塁17。7月14日以降に復帰。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/12 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0707

【MLB移籍情報】トレード期限前の「買い手」球団の補強ポイント  




メジャーリーグは夏のトレード期限前に「買い手」球団と「売り手」に分かれるが、ポストシーズンに望みを託す「買い手」と予想される球団の補強ポイントを考えていきたい。

まずはアメリカンリーグ。西部地区はアストロズが16ゲーム差で独走状態。中部地区は、昨年の覇者インディアンスとロイヤルズ、ツインズが1.5ゲーム差で混戦模様。

東部地区はヤンキースの勢いがなくなって、レッドソックスが4ゲーム差をつけて首位。しかし、ワイルドカードでは、3位のレイズや4位のオリオールズまで可能性が残る。

C0EJZ4iWEAAcoPR_convert_20170617055933.jpg


ということで、この時点で「買い手」になりそうなのが下記のチームで、ポストシーズンを睨んでの補強に出る可能性がある。

【レッドソックス】
パブロ・サンドバル三塁手が不良債権化して、この数年、三塁手が補強ポイント。大きく負け越しているパイレーツが売り手になればユーティリティのジョシュ・ハリソン内野手は魅力。今季は82試合で打率.280、出塁率.360、OPS.793。

ただ、現在29歳で2018年は1025万ドル、19年と20年は、いずれもチームオプションで、それぞれ1050万ドル、1150万ドルとリーズナブルな契約が残っているため、パイレーツが手放す可能性は低い。

三塁手の補強は、マーティン・プラドに関心があることをマーリンズ側に伝えているという情報もあり、今季は1150万ドル、18年1350万ドル、19年が1500万ドルという年俸がネックになってくるだろう。

【ヤンキース】
ヤンキースもA.ロッドが抜けた後の三塁が迫力不足。一塁も若手が育つまでは時間がかかりそうで、それは、昨年の本塁打王クリス・カーターが2割そこそこの打率でもアクティブロースターを出入りしていることを考えれば明白だろう。

ヤンキースは一塁に10名の選手を起用している。アスレチックスのヨンダー・アロンソ。マイアミ・マーリンズのジャスティン・ボーアに興味を示している。

スターリン・カストロ二塁手が手首を痛めたことも不安材料で、ここでもマーリンズのマーティン・プラドの名前が浮上していた。

パドレスのユーティリティでWBCでもベネズエラ代表として出場したヤンガービス・ソラーテ内野手の名前も挙がっているが6月後半から10日間の故障者リスト入りしている。

【アストロズ】
エースのダラス・カイケルが10日間DL、今季獲得したチャーリー・モートン投手もDL入りして6週間が経った。ホワイトソックスの先発ホセ・キンタナにオフから白羽の矢を立てているみたいだが、29歳で今季700万ドル、18年885万ドルのリーズナブルなエースをホワイトソックスがリリースするとは考えにくい。

先発よりも、AL14位のブルペン陣の補強が優先かも知れない。ルーク・グレガーソン投手あたりがパフォーマンスを落としているのが気になる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/07 Fri. 07:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0630

P.サンドバルが不良債権化したレッドソックス、マーリンズのM.プラドを調査中  



久々と言えるヤンキースとレッドソックスの名門球団の覇権争いが続くアメリカンリーグの東部地区。

その東部地区でメジャーきってのトレーダー、レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー球団社長が7月末のトレード期限を前に早々と補強を始めている。

何度か紹介したが、今季は夏のトレード市場が早めに動き出すのではないかという観測だったが、メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』によると、現地23日、前ロサンゼルス・エンゼルスの右腕ダグ・フィスター投手と前カージナルスのジョニー・ペラルタ内野手の両ベテランを獲得した。

その内、右腕ダグ・フィスター投手は、25日に古巣との対戦で6回3失点とクオリティースタートだった。

ただ、もう一人のジョニー・ペラルタ内野手に関しては、今季は21試合の出場にとどまり、打率.204で本塁打と打点はゼロ。マイナー契約で、あくまでもベテランの控え選手という位置づけだ。

レッドソックス

そこで現在、マーリンズのマーティン・プラド三塁手を調査中という。USAトゥデイのボブ・ナイチンゲール記者の報告だが、33歳のプラドは第4回WBCのベネズエラ代表。2次ラウンドのアメリカ戦で右のハムストリングを負傷。そのため今季は出遅れた。さらに。5月には故障離脱で今季は22試合の出場に留まっている。

レッドソックスは、この数年三塁手が補強ポイント。今季もケガで長期離脱していたパブロ・サンドバルが復帰したが、ジャイアンツ時代のような輝きはなく、三塁に8人の選手を起用するという状況。

プラドは、三塁以外でも一塁や二塁、外野手などを守れるユーティリティ。若手の多いマーリンズの中心的選手で、クラブハウスでのリーダーシップなど人間性も高く評価されている。

予算の少ないマーリンズからすればプラドの2017年から2019年の3年総額4000万ドルという年俸負担を減らし、イエリッチ外野手などの有望な若手の契約延長に充てられる。

ヤンキース ロゴ

ただ、この交渉には、ヤンキースも絡んでいるとの噂があり、正三塁手のチェイス・ヘッドリーが毎年.250の打率で.700台のOPSという寂しいスタッツでA・ロッドの穴を完全に埋められていない状況。

一塁手で昨年の本塁打王クリス・カーターを成績不振で解雇したヤンキースは一塁と三塁のコーナーインフィルダーが弱点だ。

ぜいたく税をリセットしたいヤンキースが、2018年1350万ドル、2019年1500万ドルと契約の残るプラドを獲得するとは考えにくいが、このポジションンの若手が伸び悩む現状で、名門球団が、水面下の交渉でもしのぎを削っているという。


記事参考
http://baseball.information0.com/major-baseball/yankees-and-redsox-intrested-in-martin-prado/




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/06/30 Fri. 07:10 [edit]

CM: --
TB: --
   

0624

レッドソックスが動いた!補強ポイントの三塁手と先発右腕D.フィスター獲得  

 

ヤンキースとレッドソックスの久々と言える名門球団の首位攻防戦が続くアメリカンリーグの東部地区。

その東部地区でメジャーきってのトレーダー、レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー球団社長が7月末のトレード期限を前に早々とトレード工作を始めている。

今季は夏のトレード市場が早めに動き出すのではないかという観測だったが、メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』によると、現地23日、前ロサンゼルス・エンゼルスの右腕ダグ・フィスター投手と前カージナルスのジョニー・ペラルタ内野手の両ベテランを獲得した。

フィスターは先発ローテーション入りして25日に古巣のエンゼルス相手に登板予定。

33歳のフィスターは2011年から2016年までの6年間に5度の2ケタ勝利をマーク。昨季はアストロズで12勝13敗、防御率4.64という成績を挙げたが、エンゼルス入りした今季はメジャーでの登板機会がなかった。

35歳のペラルタは両リーグ合わせて3度のオールスター選出を誇る選手だが、今季は21試合の出場にとどまり、打率.204で本塁打と打点はゼロ。今月13日にカージナルスから放出されていた。

マイナー契約で当面は3Aポータケットで調整して、好調なら8月から9月の正念場にコールアップする見込みではないだろうか。というのもレッドソックスは、パブロ・サンドバル三塁手がジャイアンツ時代のパフォーマンスを発揮できず完全に不良債権化している。

どこまで戦力になるかは未知数だが、最大の補強ポイントである三塁の穴埋めを期待されているようだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/24 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0622

Rソックスの新人A.ベニンテンディ、記念の100安打目は454フィートの特大弾  




2017年のMLB前半戦は、本塁打王争いで1位と2位の新人、東海岸のヤンキースから右の大砲アーロン・ジャッジ(24本)、西海岸ではドジャースの若き左の4番打者コディ・ベリンジャー(22本)という新人スラッガーを紹介することが多い。

しかし、この選手も忘れてはいけないだろう。レッドソックスのアンドリュー・ベニンテンディ外野手だ。

ベニンテンディ


来月7月6日に23歳になるベニンテンディは、現地21日のロイヤルズ戦でセンターに454フィート(約138メートル)の特大弾を放った。

試合は、レッドソックスのブルペン陣がロイヤルズ打線に捕まって4対6で敗れたが、彼のメジャーキャリア100本目のヒットは、自身最長の今季10号ホームランになった。

27度の放物線を描いてカウフマン・スタジアム名物のセンター右中段の滝に飛び込んだアーチは、パワーではジャッジやベリンジャーに劣ると思われていた彼のサプライズな一撃だった。

なお、メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」によれば、この454フィート弾はチームの主砲ハンリー・ラミレスが放った469フィートに次ぐ今季チーム2番目の特大弾らしい。



さらに、このホームランはホームランが出にくいと言われているカウフマン・スタジアムでは、スタットキャストで計測が始まって以降、4番目の飛距離になるということだ。

2017年開幕前にMLB.comが発表したプロスペクトランキングでは1位だったベニテンディ。

昨年はシーズン後半の34試合に出場し、打率.295、2本塁打、14打点、OPS0.835。インディアンスとのプレイオフ(ALDS)では、球団史上最年少でのプレイオフでのホームランを記録している。

今季は、打率.274、出塁率.340、OPS.777、10本塁打、40打点と期待通りの活躍。普通の年なら新人王の当確ラインだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/22 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド