メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0624

レッドソックスが動いた!補強ポイントの三塁手と先発右腕D.フィスター獲得  

 

ヤンキースとレッドソックスの久々と言える名門球団の首位攻防戦が続くアメリカンリーグの東部地区。

その東部地区でメジャーきってのトレーダー、レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー球団社長が7月末のトレード期限を前に早々とトレード工作を始めている。

今季は夏のトレード市場が早めに動き出すのではないかという観測だったが、メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』によると、現地23日、前ロサンゼルス・エンゼルスの右腕ダグ・フィスター投手と前カージナルスのジョニー・ペラルタ内野手の両ベテランを獲得した。

フィスターは先発ローテーション入りして25日に古巣のエンゼルス相手に登板予定。

33歳のフィスターは2011年から2016年までの6年間に5度の2ケタ勝利をマーク。昨季はアストロズで12勝13敗、防御率4.64という成績を挙げたが、エンゼルス入りした今季はメジャーでの登板機会がなかった。

35歳のペラルタは両リーグ合わせて3度のオールスター選出を誇る選手だが、今季は21試合の出場にとどまり、打率.204で本塁打と打点はゼロ。今月13日にカージナルスから放出されていた。

マイナー契約で当面は3Aポータケットで調整して、好調なら8月から9月の正念場にコールアップする見込みではないだろうか。というのもレッドソックスは、パブロ・サンドバル三塁手がジャイアンツ時代のパフォーマンスを発揮できず完全に不良債権化している。

どこまで戦力になるかは未知数だが、最大の補強ポイントである三塁の穴埋めを期待されているようだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/24 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0622

Rソックスの新人A.ベニンテンディ、記念の100安打目は454フィートの特大弾  




2017年のMLB前半戦は、本塁打王争いで1位と2位の新人、東海岸のヤンキースから右の大砲アーロン・ジャッジ(24本)、西海岸ではドジャースの若き左の4番打者コディ・ベリンジャー(22本)という新人スラッガーを紹介することが多い。

しかし、この選手も忘れてはいけないだろう。レッドソックスのアンドリュー・ベニンテンディ外野手だ。

ベニンテンディ


来月7月6日に23歳になるベニンテンディは、現地21日のロイヤルズ戦でセンターに454フィート(約138メートル)の特大弾を放った。

試合は、レッドソックスのブルペン陣がロイヤルズ打線に捕まって4対6で敗れたが、彼のメジャーキャリア100本目のヒットは、自身最長の今季10号ホームランになった。

27度の放物線を描いてカウフマン・スタジアム名物のセンター右中段の滝に飛び込んだアーチは、パワーではジャッジやベリンジャーに劣ると思われていた彼のサプライズな一撃だった。

なお、メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」によれば、この454フィート弾はチームの主砲ハンリー・ラミレスが放った469フィートに次ぐ今季チーム2番目の特大弾らしい。



さらに、このホームランはホームランが出にくいと言われているカウフマン・スタジアムでは、スタットキャストで計測が始まって以降、4番目の飛距離になるということだ。

2017年開幕前にMLB.comが発表したプロスペクトランキングでは1位だったベニテンディ。

昨年はシーズン後半の34試合に出場し、打率.295、2本塁打、14打点、OPS0.835。インディアンスとのプレイオフ(ALDS)では、球団史上最年少でのプレイオフでのホームランを記録している。

今季は、打率.274、出塁率.340、OPS.777、10本塁打、40打点と期待通りの活躍。普通の年なら新人王の当確ラインだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/22 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0611

レッドソックスのペドロイア、メッツのセスペデスらがDLから戦線復帰  



レッドソックスのダスティン・ペドロイア二塁手が故障者リスト(DL)から復帰。チームはサム・トラビス一塁手とブランドン・ワークマン投手にオプションを行使してマイナーに降格。

これに伴い左腕のブライアン・ジョンソン投手を再度コールアップした。

26歳のジョンソンは5月27日、フェンウェイパークでのホーム公式戦初登板、初完封をマークしている。

デビット・プライスのアクティブ復帰に伴いロースターを開けるためにマイナーに降格していた。今季3試合に先発して2勝0敗、防御率3.44。

また、現地10日、左のハムストリングを痛めて4月28日から10日間のDL入りしていたメッツのヨエニス・セスペデス外野手がDLから復帰、6月10日に3番レフトで先発出場した。

セスペデスは、昨年オフに残りの2年契約を破棄し、FAとなった。チームは1720万ドルのクオリファイング・オファーを提示したが、11月14日に拒否。11月30日、4年1億1000万ドルでメッツと再契約した。

さらに、メッツの先発左腕のスティーブン・マッツ投手、先発右腕セス・ルーゴが早ければ11日にDLから復帰する予定。3年目のマッツと2年目のルーゴは肘の故障で開幕前の3月31日にDL入り、復帰すれば今季初登板になる。

ルーゴは、WBC2017のプエルトリコ代表に選出され、3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に先発登板している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/06/11 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0602

レッドソックス、インディアンス 今後を左右する2人のエースが戦線に復帰  



レッドソックスの左腕デビット・プライスとインディアンスのコーリー・クルーバーが故障者リスト(DL)から復帰登板している。

プライスに関しては今季ホワイトソックスから加入したクリス・セールが昨年と変わらぬパフォーマンスを披露していることから、もはや先発3番手から4番手の格付けで、エースとは言いがたいものがある。

とは言え、ヤンキースを3ゲーム差で追撃するチームにとっては今後の補強にも影響を与えるキーになる投手ということはできるだろう。

レッドソックスは噂では、先発投手と三塁手の補強を検討していると伝えられているからだ。

プライスは開幕戦をDLで迎え5月29日に今季初登板している。ホワイトソックス相手のこの試合で、3回にメルキー・カブレラに6号3ランを献上。打たれたヒットは2安打だったが、これが響いて5回を88球、3失点。2四球、4三振だった。

最速96.7マイル(約156キロ)のフォーシームが記録されたほか、95マイル程度の球速はコンスタントに計測されていたので、次の登板に異常がなければ、ほぼ復活とみたい。

ただ、昨年の前半もそうだったが、2015年12月に7年総額2億1700万ドル(約242億円)の契約を結んでいることから考えるとコスパには疑問符がつく。

レッドソックスは、先日の先発登板で完封勝利したブライアン・ジョンソンをマイナーに降格し、デビッド・プライスをアクティブロースターに戻した。

これによりレッドソックスの先発ローテは、

クリス・セール(防御率2.77/110奪三振)
リック・ポーセロ(防御率4.21)
エデュアルド・ロドリゲス(防御率3.54)
ドリュー・ポメランツ(防御率4.24)

そしてデビッド・プライスになった。

ポメランツは昨年夏の移籍後、ピリッとせず、サイヤング賞投手ポーセロも昨年ほどの輝きがない。ロドリゲスも6月1日のオリオールズ戦で7失点と炎上。

この状態でプライスの調子が上がらなければ、噂どおり先発投手をもう1枚探さなければならない。

インディアンス


インディアンスは現地1日、地元でオークランド・アスレチックスと対戦。腰の張りで故障者リスト(DL)入りしていた右腕コリー・クルーバー投手が復帰を果たし、8対0で完封勝ちを収めた。

先月2日以来の先発となった31歳のクルーバーは、5者連続三振を奪うなど6回(77球)を2安打、1四球、10三振、無失点の快投で今季4勝目(2敗)を挙げた。

昨年は、ワールドシリーズまでフル稼働したクルーバー。1カ月のDLぐらいは、ある意味、想定内でエースの復活は明るいニュースになる。

ア・リーグ中部地区では、ツインズも勝ったため勝率2厘差でインディアンスは2位につけている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/06/02 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0529

レッドソックスのD.プライス代役B.ジョンソン投手がフェンウェイで初完封  




レッドソックスの若手左腕ブライアン・ジョンソン投手が、フェンウェイパークの対マリナーズ戦で、初登板、初完封という離れ業を演じてみせた。これは、ペドロ・マルティネスが1998年に記録して以来の快挙になる。

26歳のジョンソンは傘下3Aポータケットからこの日昇格し、本拠地フェンウェイパークのメジャー公式戦ではデビューのマウンドだった。

メジャーではキャリア3試合目の登板で、今季2度目の昇格。4月18日以来のメジャー先発となったが、平均86.9マイル(約140キロ)のフォーシームを中心にコーナーを丁寧に突き、投げた109球のうち85球がストライクという抜群のコントロールを披露。

味方の好守備にも助けられ9回を5安打、無四球、8奪三振、無失点に抑え、6対0の完封勝利。今季2勝目(0敗)を挙げた。防御率2.57、WHIP1.07。ゴロアウト6、フライアウト8。



2012年のドラフト1巡目(全体31位)指名でレッドソックスに入団。フェンウェイパークでの登板は1A時代の12年以来。その時は先頭打者のライナーを顔面に受け左眼窩(がんか)骨を骨折し、シーズンを棒に振るという苦い記憶がある。

ジョンソンは「前回ここで投げたときは2球で終わった。今日は9回を投げ切れた。気持ち良かったよ」と球団公式サイトにコメント。

レッドソックスの投手による完投勝利は今季初で、完封は昨年8月のスティーブン・ライト以来だった。

しかし、左ひじを痛めて故障者リスト入りしているデービッド・プライス投手が29日に行われるシカゴ・ホワイトソックス戦で復帰するため、この日の1試合だけでジョンソンはマイナーに戻った。

ファレル監督は、マイナー行きについて「野球ではこういうことも起きる」としながらも「今日のピッチングは素晴らしかった。試合を完全に支配していた」とたたえた。

レッドソックスは、前日も先発エドゥアルド・ロドリゲスの好投から最後はクレイグ・キンブレルにつないで完封リレーしている。

レッドソックスはこれで6連勝。前日地区2位に浮上した。首位ヤンキースまで2ゲーム差の追走体制に入った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/29 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0527

Rソックス、D.プライスが復帰間近も先発投手と三塁手を物色中  



故障者リストで開幕を迎えたボストン・レッドソックスの主力先発左腕デービッド・プライスが、現地29日のシカゴ・ホワイトソックス戦で今季初登板する。

プライスは、トミー・ジョン手術を受けるおそれもあったが、慎重に経過を見ながら手術を回避した。

レッドソックス移籍1年目の昨季は、メジャー最多となる35試合の先発で、17勝9敗、防御率3.99をマークした。ただ、大型契約の割には、前半戦は物足りないものがあった。

レッドソックスの地元メディア、ボストン・グローブ紙によるとホワイトソックスの左腕ホセ・キンタナのスカウティングを継続しているという。

ただ、クリス・セールの獲得で、ホワイトソックスとは、(ヨアン・モンカダなど)1対4というプロスペクトのトレードを行っているため、同じパターンでトレードが成立するかは疑問視される。

レッドソックスは、ナックルボーラーのスティーブン・ライトがすでに膝の故障でシーズンエンド。

クリス・セール、エドゥアルド・ロドリゲスは好調だが、昨年のサイヤング賞投手のリック・ポーセロは防御率4.35とやや物足りない数字で、ドリュー・ポメランツは4.70。

とくにポメランツは、昨年夏の移籍加入後ピリッとしたパフォーマンスを見せていない。セール、プライスに次ぐ3人目の左腕だが、プライスが復帰後好調ならトレード要員に出される可能性も出てきた。

今夏のトレードには豊富な人材が市場に出ることが予想され、デーブ・ドンブロウスキー社長がトレードを画策することは十分考えられる。

レッドソックスは他にも、三塁手がここ数年の補強ポイント。

三塁手に関しては、パブロ・サンドバルが打率.213、出塁率.269、長打率.377、OPS.646と今年もダメなようで、そろそろ見切りをつけ、メジャー7年目だが実績的には控えクラスのジョシュ・ラットリッジを使いながら、この補強ポイントに代わりの選手を探すことは間違いない。

プロスペクトのラファエル・ディバースの成長待ちだが、ホワイトソックスの三塁手トッド・フレイジャーをスカウティングしているとのことだ。

地区最下位のブルージェイズが売り手になった場合、三塁手には2018年シーズン終了後にFAとなるジョシュ・ドナルドソンが出ることも予想されるので、そのあたりも注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/27 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0525

クリス・セール、奪三振の新記録更新ならず 8回途中まで4失点  




現地19日のアスレチックス戦でMLB記録の8試合連続二ケタ奪三振をあげたレッドソックスのクリス・セール投手が24日のレンジャーズ戦に先発、6奪三振にとどまり、期待された二ケタ奪三振の記録更新はならなかった。

クリス・セール


新記録に期待がかかった試合だったが、レンジャーズのマイク・ナポリにビッグモンスター超えの11号ソロを被弾するなど4失点。7回1/3で6安打、1四球、6奪三振、4失点(3自責点)だった。

試合は、レッドソックスがレンジャーズ2番手投手のサム・ダイソンを攻略して7回に7点を奪い逆転。セールに5勝目(2敗)がついた。

二ケタ奪三振の連続試合レコードは、1999年のペドロ・マルティネス(レッドソックス)と2015年のホワイトソックス時代の自身が樹立したメジャー記録に並んでいた。




28歳のセールは、2016年12月6日、ヨアン・モンカダ、ビクター・ディアス、マイケル・コペック、ルイス・アレキサンダー・バサベとの1対4の複数トレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍。

今季は10試合に先発。4月は先発した5試合がすべて7回以上2自責点以下というハイ・クオリティスタート。5月の5試合でも4試合で6回以上3自責点以下というクオリティスタートをマークしている。

ここまで防御率2.34、WHIP0.84、73イニングで奪三振101、9イニングあたりの奪三振数(K/9)は12.45と極めて高い数値をマーク。奪三振数でMLB 1位。K/9で同2位。(規定投球回数以上)

MLBオールスターゲームも5回選出されており、昨年はアメリカン・リーグの先発投手を任された。しかし、オールスター後は失速し、3勝6敗、防御率3.56に終わった。

後半戦へのスタミナが問題だが、レッドソックスは左腕デビッド・プライスの復帰が予定されるし、先発ローテの補強を画策中との噂もあり、セールの負担を軽減できる条件は揃っていると考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/25 Thu. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0505

【DL情報】エースたちに悲報!TEXハメルズに続いてCLEクルーバーもDL  




メジャーリーグは開幕から1カ月を過ぎてもっとも疲れが溜まってくる時期かもしれない。主力選手たちが続々と故障者リスト(DL)入りしている。



テキサス・レンジャーズは、先発左腕コール・ハメルズ投手を右腹斜筋の張りにより10日間の故障者リスト(DL)に登録。クリーブランド・インディアンスもエース右腕コリー・クルーバー投手を腰の張りのため10日間DLに登録した。


通常、先発投手は5人でローテする場合が多いが、各チームが長いシーズンで故障や不調により8人から9人、多いチームで10人以上起用する。


そのため、ある程度は織り込み済みだが、上の2投手は、ローテの1番手、または2番手のフロントスターターで、よる深刻な状況をチームにもたらすことになる。


ハメルズは、先発予定だった2日のヒューストン・アストロズ戦の試合前に右脇腹の違和感を訴え、急きょ登板を回避していた。


33歳の左腕は今季ここまで5試合に先発し、2勝0敗、防御率3.03の成績。昨季は15勝5敗、防御率3.32。右のエース、ダルビッシュ有と並ぶ左のエース格だ。


31歳のクルバーは、2日のデトロイト・タイガース戦に先発したが腰に違和感を覚えてわずか3イニングで降板していた。


インディアンスは2016年のポストシーズンで先発ローテの2番手、3番手のカルロス・カラスコ、ダニー・サラザーが故障で不在だった。その二人は戻ってきたが、ポストシーズンで6試合34回1/3を投げたクルーバーに反動が来た可能性は十分ある。


インディアンスのテリー・フランコーナ監督はクルバーについて、1試合の先発回避にとどまれば一番良いシナリオだとしている。



レッドソックスのナックルボーラーはひざの手術


ボストン・レッドソックスからも悲報が届いた。現地4日、先発右腕スティーブン・ライト投手が、左ひざの軟骨の修復手術を受ける予定であることを明かした。これによりライトは今季絶望となる見込みだ。


ナックルボーラーの右腕は昨季、13勝6敗、防御率3.33と活躍してオールスターに初選出されたが、今季は5試合の先発登板で1勝3敗、防御率8.25と苦しんでいた。


ただ、レッドソックスに関しては、左ひじのケガで開幕から故障者リスト入りしている先発左腕デービッド・プライス投手の調整が順調に進んでいるもようで、デーブ・ドンブロウスキ野球編成部門球団社長も先発ローテーションを再編成する必要はないとの見方を示している。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/05 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0503

フェンウェイでの人種差別発言でレッドソックスが謝罪  

 


ボストンのフェンウェイ・パークで1日(日本時間2日)、レッドソックス対オリオールズ戦の試合中に、オリオールズのアフリカ系アメリカ人のアダム・ジョーンズ外野手が、客席のファンから人種差別発言を受け、ピーナツを投げつけられるなどの「人種差別」行為が発生した。

これを受けてレッドソックスは、ケネディ球団社長が、同選手とオリオールズに謝罪の声明を発表。「ジョーンズ選手とオリオールズに謝罪したい。球団は、このような行為を許さないし、その人は観戦する資格を失うことになる」という球団社長の声明を出した。

レッドソックスは事実関係について、詳しく調べていることを明らかにし、一切の差別的言動を排除する意向を明かにした。



レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手はツイッターで「僕も黒人だ。差別には反対。レッドソックスのファンはもっとましなはずだ」とジョーンズ外野手を擁護するなど、選手間、特にアフリカンアメリカンの選手にもショックが広がっている。

また、MLB(大リーグ機構)のマンフレッド・コミッショナーやボストン市長も遺憾の声明を発表するなど、異例の事態に発展している。

マンフレッド・コミッショナーは「人種差別的な言動は全く受け入れられず、どの球場でも容認されるものではない。追加の措置も検討する」という声明を発表した。

米国社会で黒人に対する蔑称である人種差別用語、通称「Nワード」が黒人選手をターゲットに連呼されて瞬く間に全米に広がった。これは、深刻な事件として広がりを見せている。

ニューヨークでは、ヤンキースの左腕エース、CC.サバシア投手が2日、「メジャー30球団で唯一、Nワードで呼ばれるのはボストンだ。2017年の現在で、こんなことがあるなんて悲しい」と発言している。




❏「Nワード」とは?

Nワードとは黒人を人種差別的に扱う表現。Nigger、nigga、Negro などの語が該当する。世界中のどの言葉にも、相手を罵る際に用いるような口汚い表現、下品な表現、使うべきでないと見なされる表現があり、英語にもそうした表現がある。

英語では vulgar words (野卑な言葉) swear word(罵り文句)、dirty word(汚い言葉) などと総称され、どれも基本的にはスラングになる。

英語では 特定の vulgar words に対する姿勢は非常に厳しく、公の場での発言は激しく叱責され、状況と立場によっては職を追われることにもなる。

記事参考:
https://eikaiwa.weblio.jp/column/knowledge/dirty-word



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/03 Wed. 12:49 [edit]

CM: --
TB: --
   

0428

フェンウェイが沈黙、田中将大が支配!MLB伝統の一戦、エース対決制す  



田中将大が3安打完封で3勝目

ヤンキースの田中将大は27日(日本時間28日)、敵地フェンウェイパークで行われた伝統の一戦で、レッドソックス相手に3安打完封劇を演じた。田中将大が完全に試合を支配した投球内容だった。

ライバル対決は、レッドソックスがホワイトソックスから移籍の左腕クリス・セール、ヤンキースが田中将大の両軍のエース対決ということで全米注目の試合だった。

C-ab-ZrVwAEIEJA.jpg


試合は、4回にヤンキース打線がヒックスの右前打とホリデーの左犠飛で1点を先制。9回に2点を加えて3-0でヤンキースが連勝している。

田中はスライダー、スプリットともに低めに集める丁寧な投球で打たせて取り、ゴロアウト15、フライアウト3。97球(ストライク72球)を投げて無四球、3奪三振。5回からは、14打者連続凡退に切って取り、熱狂的なボストンのレッドソックスファンを黙らせた。

田中の完封勝利は、2014年5月14日のメッツ戦以来となる3年ぶりメジャー2度目。これで3勝1敗、防御率は4.20。

ヤンキースは、次のカードで地区首位のオリオールズを迎え撃つ。その後、ブルージェイズ3連戦を経て5月5日(同6日)からはシカゴでカブス戦。リグレーフィールドでの田中将大の姿を見ることができるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2017/04/28 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド