メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0207

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《NL-CENTRAL》  

 


 もうすぐ各球団のスプリングトレーニングがスタートするが、オフの移籍市場は依然としてゆっくりと動き続けている。ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか? 各球団が、2018年オフにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバーで獲得した選手たちを紹介したい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


  ディビジョンごとに新戦力を紹介。今回は、その第5弾、ナショナルリーグの中部地区。(日本時間2月4日時点、太字は40人枠)

■ブルワーズ

アレックス・クラウディオ(左腕:トレード)
ベン・ギャメル(外野手:トレード)
ヤスマニ・グランダル(捕手:FA)
デオリス・ゲラ(右腕:FA)
コリー・スパンジェンバーグ(二塁手:FA)
ボビー・ワール(右腕:トレード)

ジェイク・ヘイガー(二塁手:FA)
アンヘル・ペルドモ(左腕:FA)
タフィー・ゴースウィッシュ(捕手:FA)

グランダルの補強は大きい。ほかに二塁手と外野の控えとしてマリナーズからギャメルを加えている。先発ローテーションが弱い気がするがFAになった先発左腕ジオ・ゴンザレスとの再契約はないのだろうか?


■カブス

トニー・バーネット(右腕:FA)
ブラッド・ブラック(右腕:FA)
ダニエル・デズカルソ(二塁手:FA)
ケンドール・グレイブマン(右腕:FA)

コリン・レイ(右腕:FA)
田澤純一(右腕:FA)
ローワン・ウィック(右腕:トレード)

10人がFAになったカブス。そのうち2人の救援投手、ブランドン・キンツラーとペドロ・ストロープとは再契約した。

カブスは、絶対的なクローザーがいない。セットアップマンも不安定。昨年13セーブのストロープは実績がない。そうしたこともあって今オフのカブスは、昨今のトレンドを反映してか、救援投手をトレードやFA、ウェーバーで大量補強している。それは、クローザーを含めてバックの3人を不安視している裏返だ。

田澤の昇格はきびしいかもしれない。バーネットは40人枠で開幕ロースターの可能性がある。ブラッド・ブラックを後半のどこで使うのかにも注目だ。


■カージナルス

ポール・ゴールドシュミット(一塁手:トレード)
アンドリュー・ミラー(左腕:FA)
ドリュー・ロビンソン(外野手:トレード)

ハンター・セルベンカ(左腕:FA)
ウィリアムス・ペレス(右腕:FA)
マイク・ハウスチャイルド(右腕:FA)
トミー・レイン(左腕:FA)

MLB全体で20位だったブルペンは、アンドリュー・ミラーを追加したが、剛速球クローザー、22歳のヒックスは不安が残る。ゴールドシュミットの獲得は打線にインパクトを与える。他チームにとっても脅威になる。


■パイレーツ

スティーブン・バロン(捕手:FA)
ロニー・チゼンホール(外野手:FA)
ロベルト・ゴメス(右腕:FA)
エリック・ゴンザレス(二塁手:トレード)
姜正浩(三塁手:FA)

パトリック・キブラハン(外野手:FA)
ジョーダン・ライルズ(右腕:FA)
タイラー・ライオンズ(左腕:FA)
ブランドン・マウアー(右腕:FA)
フランシスコ・リリアーノ(左腕:FA)

二遊間が穴で、4年目のエリック・ゴンザレスをインディアンスからトレードで獲得したが、実績がない。インターナショナル・ドラフトでドミニカ出身の25歳内野手、ベネズエラ出身の26歳内野手を獲得している。ベテラン左腕リリアーノともマイナー契約した。


■レッズ

マット・ボーマン(右腕:ウエーバー)
ザック・デューク(左腕:FA)
カイル・ファーマー(捕手:トレード)
ソニー・グレイ(右腕:トレード)
マット・ケンプ(外野手:トレード)
ヤシエル・プイーグ(外野手:トレード)
タナー・ロアーク(右腕:トレード)

レイベル・サンマーティン(右腕:トレード)
アレックス・ウッド(左腕:トレード)

ケンプとプイーグの両翼はディビジョン全体のパワーバランスに影響するかもしれない。先発陣もマット・ハービーがFAで去ったが、グレイ、ロアーク、ウッドの3枚を獲得している。

関連記事

Posted on 2019/02/07 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0123

【MLB移籍情報】ヤンキースが先発右腕ソニー・グレイを放出  



昨年夏のトレードでもリストアップされていたヤンキースの先発右腕ソニー・グレイの放出先が決まった。


 ヤンキースとレッズのトレードが成立。ヤンキースはグレイとマイナー左腕のレイベル・サンマーティンをレッズへ放出、レッズからはプロスペクトのシェッド・ロングと今年のドラフトにおける戦力均衡ラウンドAの指名権を獲得した。


 ヤンキースは2017年の後半戦と2018年、2019年の期間にわたりキープできるエース級の若い投手としてソニー・グレイを17年夏に獲得。グレイへの期待は大きく、そのトレードの際には、MLB全体でトップ100にランクされていたことがあるプロスペクトのジェームズ・カプリエリアン、ホルヘ・マテオ、ダスティン・ファウラーをパッケージにしてアスレチックスとのトレードを成立させた。


blog_import_54ca746dc246c.jpg



 27歳で今後、ヤンキースの先発ローテーションの2、3番手として期待されたグレイだったが、ヤンキース移籍後はパフォーマンスが伸びず、アスレチックス時代の約5年間の防御率3.42からヤンキースでの約2年間は同4.51に悪化。とくに18年は30試合(先発23試合)130回1/3で防御率4.90、WHIP1.496という状態で、夏のトレード期限前後にも放出が噂されていた。


 一部の報道では、ニューヨークの厳しいメディアとファンからのプレッシャーに対応できなかったという事が報じられ、ヤンキースでは先発ローテーションから外された。スモールマーケットのチームのほうが伸び伸びとプレイできるタイプかもしれない。


 グレイは今回のトレードの最終交渉のなかで、レッズと契約延長交渉を行い、3年3050万ドルで合意したと、MLB公式サイトは伝えている。(2023年は年俸1200万ドルの球団オプション)


 ヤンキースはこのトレードでレッズから獲得したシェッド・ロング二塁手をすぐさまマリナーズへトレード。交換要員としてマリナーズから18年のドラフト2巡のジョシュ・ストワーズ外野手を獲得した。


関連記事

Posted on 2019/01/23 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0319

【MLB契約情報】アルトゥーベに続いてレッズのスアレスも契約延長  




アストロズのホセ・アルトゥーベがフリーエージェントを待たずして契約延長に合意したが、シンシナティ・レッズの26歳、メジャーキャリア5年目になるベネズエラ出身のエウヘニオ・スアレス内野手が、7年6,600万ドルで契約延長を決めた。

彼の場合もFA市場で自分の評価を確認することなく、選手として脂の乗った時期をレッズでプレイすることになった。

高騰してきた年俸にストップがかかったような17年オフの移籍市場。選手個々に考え方があると思うが、選手(代理人)サイドからすれば移籍市場でビジョンが見えない状況下で、今後は、こういった判断が増える傾向になるかもしれない。

スアレスの契約内容は、2018年から2024年までの7年間で、年俸6,200万ドル、契約金200万ドル、バイアウト200万ドルの合計6,600万ドル。

25年シーズンは、球団側が選択権をもつクラブオプションになっている。


契約金  200万ドル 契約金
2018(26歳)  225万ドル 年俸調停 1年目
2019(27歳)  700万ドル 年俸調停 2年目
2020(28歳)  925万ドル 年俸調停 3年目
2021(29歳)  105万ドル  FA 1年目
2022(30歳)  110万ドル  FA 2年目
2023(31歳)  110万ドル  FA 3年目
2024(32歳)  110万ドル  FA 4年目
2025(33歳)  150万ドル クラブオプション


※2025年はバイアウトした場合200万ドル。


昨年は打率.260、出塁率.367、長打率.461、OPS.828、本塁打26、打点82。守備がメジャーレベルからすると低く、そのため16年に遊撃手から三塁手にコンバート。両リーグワーストの23失策を記録したが、昨年は守備の指標であるDRS+5、UZR+5.8。ともにマイナスからプラスに変わり、大幅に改善している。


◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/reds-extend-eugenio-suarez/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/19 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1216

【MLB契約情報】エンゼルスがFAのザック・コザート内野手と3年3,800万ドルで契約  




今オフに大谷翔平、イアン・キンズラー二塁手と契約しているエンゼルスが、ザック・コザート内野手と3年3,800万ドルで正式契約した。

DRHLbACX0AAKjob.jpg


今季31歳にして初めてオールスターの先発出場を果たした“遅咲き”の遊撃手、ザック・コザート。レッズ時代の7年間は遊撃手だったが、来季はエンゼルスで三塁に転向する予定だ。

今季のコザートは、レッズで122試合に出場して打率.297、24本塁打(3塁打7本)、63打点、OPS.933。打撃3部門で自己ベストの成績をマークしたが、特筆すべきはその守備。

MLB公式サイトによると遊撃の守備では、メジャーデビューを果たした2011年から7年連続でプラスの守備防御点を記録。

同期間での守備防御点+56はアンドレルトン・シモンズ(エンゼルス)の+163、ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)の+71に次いでメジャーの遊撃手で3番目の数字となっている。



エンゼルスは、このスキルプレイヤーを三塁手へ転向させシモンズとの華麗な三遊間を編成する。大谷にとっても安定感のある内野陣は頼もしい限りだろう。

このコザートで思い出したのは、オールスター出場でプレゼントされたロバの話題だ。

コザートはチームメートのスター選手ジョーイ・ボット一塁手から球宴出場のお祝いに一匹の可愛いロバを贈られた。

DRHKE96W4AAB0m8.jpg


プレゼントしたボットは、自称「カナダのイチロー」と名乗るなどイチローを尊敬しており、以前、親交があるイチローのロッカールームにイチローの背番号にちなんだ51枚のピザを送ったことでも話題になった男だ。

コザートは、この「ドナルド」と名付けられたペットと一緒に西海岸へ引っ越すのだろうか?(笑)


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/16 Sat. 06:35 [edit]

CM: --
TB: --
   

0613

MLBドラフト2017始まる 1位~3位は27年ぶりで高校生が独占  



MLBドラフト2017(新人選択会議)が12日、ニュージャージー州セコーカスで始まり、1巡目ピック(全体1位)でツインズがカリフォルニア州の高校生遊撃手兼外野手、ロイス・ルイスを指名した。

MLBドラフト2017


2位のハンター・グリーン投手(レッズ)、3位のマッケンジー・ゴア投手(パドレス)はいずれも高校生。

全体3位までを高校生が占めたのは、通算468本塁打を放ったチッパー・ジョーンズ(ブレーブス)が全体1位指名された1990年以来、27年ぶりだった。

投手と打者の二刀流で注目されて全体1位指名候補にも挙がっていたブレンダン・マッケイ選手(ルイビル大)は全体4位でタンパベイ・レイズに指名された。



メジャーのドラフト会議は原則として前年の勝率の低い球団から指名する「ウエーバー方式」で、3日間開催される。


MLBドラフト2017

01位 ツインズ ロイス・ルイス (SS/OF)ジェイセラカトリック高校
02位 レッズ ハンター・グリーン (SS/RHP)ノートルダム高校
03位 パドレス マッケンジー・ゴア (LHP)ホワイトビル高校
04位 レイズ ブレンダン・マッケイ (1B/LHP)ルイビル大学
05位 ブレーブス カイル・ライト (RHP)バンダービルト大学
06位 アスレチックス オースティン・ベック (OF)ノースデビッドソン高校
07位 ダイヤモンドバックス パビン・スミス (1B)バージニア大学
08位 フィリーズ アダム・ヘイズリー OF バージニア大学
09位 ブリュワーズ キストン・ヒウラ 2B カリフォルニア大学アーバイン校
10位 エンゼルス ジョー・アデル OF バラード高校
11位 ホワイトソックス ジェイク・バーガー 3B ミズーリ州立大学
12位 パイレーツ シェーン・バズ RHP コンコーディアルーザラン高校
13位 マーリンズ トレバー・ロジャース LHP カールスバッド高校
14位 ロイヤルズ ニック・プラト 1B/LHP ハニントンビーチ高校
15位 アストロズ J.B.ブカウスカス RHP ノースカロライナ大学
16位 ヤンキース クラーク・シュミット RHP サウスカロライナ大学
17位 マリナーズ エバン・ホワイト 1B ケンタッキー大学
18位 タイガース アレックス・ファエド RHP フロリダ大学
19位 ジャイアンツ ヘリオット・ラモス OF リーダーシップクリスチャン高校
20位 メッツ デビッド・ピーターソン LHP オレゴン大学
21位 オリオールズ D.L.ホール LHP バルドスタ高校
22位 ブルージェイズ ローガン・ウォーモース SS ノースカロライナ大学
23位 ドジャース ジェレン・ケンドール OF バンダービルト大学
24位 レッドソックス タナー・ホウク RHP ミズーリ大学
25位 ナショナルズ セス・ロメロ LHP ヒューストン大学
26位 レンジャーズ ババ・トンプソン OF マクギルトゥールン高校
27位 カブス ブランドン・リトル LHP フロリダジュニアカレッジ
28位 ブルージェイズ ネイト・ピアーソン RHP セントラルフロリダジュニアカレッジ
29位 レンジャーズ クリス・サイス SS ウェストオレゴン高校
30位 カブス アレックス・ラング RHP ルイジアナ州立大学






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/13 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0607

レッズの伏兵が1試合4本塁打、MLB史上17人目の快挙  




シンシナティ・レッズのスクーター・ジェネット内野手が6日(日本時間7日)、本拠地で行われたセントルイス・カージナルス戦でMLB史上17人目の1試合4本塁打を記録した。

ジェネットは、5打数5安打、4本塁打、10打点。この1試合4本塁打はチーム史上初の快挙になった。

DBrzF94XoAAfFY2.jpg


メジャーキャリア5年目の27歳。3月28日にウェイバーでレッズへ移籍した選手で、前所属のブルワーズでは二塁手が多かったが、当初はユーティリティとして控え要員でベンチ入りしていた。

この試合前まで本塁打は、メジャー通算で38本しか打ってなかった。そんな伏兵が、歴史に名前が刻まれるような大仕事をやってのけた。

4本塁打の内訳は、
3回裏の2打席目にグランドスラム。
4回裏の第3打席にはバックスクリーンへ2ラン本塁打。
6回裏の第4打席には高めの直球を逆方向へ。

そして8回裏の第5打席には右翼席へラインドライブの打球を叩き込み1試合で4本塁打というアメージングな夜を演じてみせた。



個人的には、レッズといえばピート・ローズぐらいしか頭に浮かばないなじみの薄いチームだ。それは単純なことで、日本人選手が所属していないMLBで唯一のチームだからだ。

この数年は再建期を迎えている関係で、注目されるのはトレード市場での名前が度々上がっているジョーイ・ボット一塁手、ザック・コザート遊撃手をシーズン中の期限前にトレードに出すかどうかという事。

しかし、調べてみると若手25歳のエウヘニオ・スアレス三塁手は打率.287、OPS.884、10本塁打、36打点と成長。

2021年までコントロールでき、昨年150試合で33本塁打、103打点とプレイクしたアダム・デュバルもここまで打率.272、14本塁打、45打点とフロックでないことを証明。

ほかに、スコット・シェブラー外野手もアクティブロースターに定着。チームが長くコントロールできる若い選手たちが成長してきている。

あとは将来の正捕手候補で2015年ドラフト全体11番目指名のタイラー・スティーブンソン、2016年ドラフト全体3番目指名で、ベースボール・アメリカがMLB全体で9番目にランクするプロスペクトのニック・センゼル内野手らが上がってくれば野手陣は期待が出来そうな編成になってきた。


ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/06/07 Wed. 16:03 [edit]

CM: --
TB: --
   

0106

【MLB移籍情報】レッズが元ナッツのクローザー右腕D.ストーレンと契約  



 シンシナティ・レッズは現地3日、元ワシントン・ナショナルズのクローザーで16年オフにシアトル・マリナーズからフリーエージェント(FA)となっていたリリーフ右腕ドリュー・ストーレンと年俸300万ドル(約3億5,000万円)の1年契約を結んだ。この契約には150万ドルのインセンティブが設定されている。

昨季、両リーグワーストの被本塁打数(103)、与四球(297)の不名誉な記録だったリリーフ陣の強化が目的。

ストーレンの加入について同球団のディック・ウィリアムスGMは、今オフで最も意義のあるブルペン補強かもしれないと右腕に期待を寄せている。

 29歳のストーレンは、ワシントン・ナショナルズ時代の2011年に、クローザーとして43セーブをマーク。

今季はトロント・ブルージェイズとマリナーズで主に中継ぎとして起用され、合計57試合の登板で4勝3敗3セーブ、防御率5.23だった。メジャー7年間の通算成績は25勝16敗98セーブ、防御率3.31。



 余談になるが、ストーレンは、カレッジ野球の名門スタンフォード大学出身。同大学のOBでは親子3代がメジャーリーガーのボブ・ブーン(1972-1990)が有名で、彼はレッズのコーチも務めている。

息子のブレッド・ブーンはイチローと同僚で、マリナーズが2001年にマークしたシーズン116勝のメンバーだった。

 さらに、NFLファンには有名な名QBジョン・エルウェイもスタンフォード出身で、日米大学野球のアメリカ代表としても来日している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/01/06 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0819

【イチロー伝説】イチロー宛てピザ51枚!レッズ主砲から届く  

 

 マイアミ・マーリンズは現地15日からロードでシンシナティ・レッズとの4連戦を戦っているが、イチロー宛てに現地18日、レッズ主砲のジョーイ・ボット一塁手(32)からピザが届いた。

 マリナーズ時代にイチローがよく食べたチーズピザを、背番号51に合わせ51枚。積み上がった箱を目にした選手、関係者らは大笑いだったという。



 ボットは先日、トレーニング法を参考にするなど敬意を抱くイチローから贈り物を受けた。ピザは、そのお返しの品らしいが「バットと“ある物”をもらった。内容は彼に聞いてくれ。彼が僕を笑わそうとしたから僕もイチローを笑わせたかった」という。

 100キロ以上離れたピザ店から傘下のマイナー選手に運ばせる手の込みようだった。

 ボットは2010年のナ・リーグ最優秀選手(MVP)。14年から10年間の契約延長。スポーツ専門局ESPN(電子版)によれば総額2億2500万ドルの大型契約を結んで話題になった。オールスター選出4回。カナダ出身で09年、13年のWBCにもカナダ代表として出場している。

 攻守に優れたMLBを代表する一塁手とイチローとの交流。“レジェンド”イチローの交遊録がわかるトピックスだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2016/08/19 Fri. 12:51 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0806

【MLB移籍情報】2016夏の移籍選手リスト《NL中地区》  

 

 
MLB2016夏の移籍動向。
トレード期限前の(最終日以外も含めた)おもなトレード状況。


【ナショナル・リーグ中地区

シカゴ・カブス

【IN】
アロルディス・チャップマン(RP)
クリス・コグラン(INF/OF)
マイク・モンゴメリー(RP)
ジョーダン・プライズ(SP)
ジョー・スミス(RP)

【OUT】
アリスメンディ・アルカンタラ(INF/OF)
ポール・ブラックバーン(SP)
ラシャド・クロフォード(OF)
ヘスス・カスティーヨ(P)
ビル・マッキニー(OF/DH)
グレイバー・トーレス(SS)
ダン・ボーゲルバッハ(1B)
アダム・ウォーレン(RP)



セントルイス・カージナルス 

【IN】
ザック・デューク(RP)

【OUT】
チャーリー・ティルソン(OF)



ピッツバーグ・パイレーツ

【IN】
イバン・ノバ(RP)
フェリペ・リベロ(RP)
テイラー・ハーン(SP)
フェリペ・リベロ(RP)

【OUT】
マーク・マランソン(RP)
ジョナサン・ニース(P)
PTBN L(to Yankees)



ミルウォーキー・ブルワーズ

【IN】
ルイス・ブリンソン(OF)
ルイス・オルティス(P)
フィル・ビックフォード(P)
アンドリュー・スザック(C)
ウェンデル・リジョ(2B)
アーロン・ウィルカーソン(SP)
PTBNL from Rangers

【OUT】
ジョナサン・ルクロイ(C)
ジェレミー・ジェフレス(RP)
ウィル・スミス(RP)
アーロン・ヒル(IF)



シンシナティ・レッズ

【IN】
ディルソン・ヘレーラ(IF)
マックス・ウーテル(P)

【OUT】
ジェイ・ブルース(OF)


※PTBNLとは後日選手を指名すること




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/08/06 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0726

【MLB移籍情報】ヤンキースの剛腕チャップマンがカブスへ 1対4の複数トレード  

 

昨日もお伝えしたヤンキースのクローザーで人類最速105マイルの剛速球が魅力のアロルディス・チャップマンとカブスのトレードが成立した。

これによりヤンキースは今季終了後にFAとなるアロルディス・チャップマンをトレードで放出し、カブスのNO.1プロスペクトと評価されていたグレイバー・トーレス内野手、No.5の評価を受けていたビリー・マッキニー外野手、1Aのラシャド・クロフォード、スターリン・カストロのトレードで放出したアダム・ウォーレンら4人の選手を獲得した。



グレイバー・トーレスは、ベネズエラ出身の19歳で、右投右打のショートが専門職。評価は高く、MLB公式サイトはカブスチーム内のNO.1プロスペクト(有望株)としてランクしている。

2016年は開幕から1Aアドバンスドでプレイ。94試合に出場し打率.275、本塁打9、打点47、出塁率.359、長打率.433、OPS.791、盗塁19をマークしている。



ビリー・マッキニーは、2013年ドラフト1巡ピック、全体24番目でオークランド・アスレチックスに。2014年のトレード期限前にアスレチックスがジェフ・サマージャとジェイソン・ハメルを獲得したトレードで今季オールスター初選出のアディソン・ラッセル遊撃手らとともにカブスに移籍した。

MLB公式サイトのプロスペクトランキングではカブスのチーム内で5番手。MLB全体でも100位以内にランクされる評価の高い選手。ポジションは外野手(主にレフト)。

チャップマンは、今季FAで、高額で引き留めるか、他球団への移籍が有力。しかし、ただで出ていかれてはヤンキースには、何のメリットもなく。そうなる前に、若手のプロスペクト2人とアダム・ウォーレンを連れ戻すことができたことになる。

チャップマンが抜け、昨年のようにアンドリュー・ミラーが9回、デリン・ベタンセスが8回をそれぞれ担うことになり、7回もしくは6回をアダム・ウォーレンが担当するという昨年のパターンに戻った。

ヤンキースは、昨年オフのチャップマン獲得際にシンシナティ・レッズに大した代償を払わなかった。しかし、チャップマンはニューヨーク在籍3か月で大きな功績をヤンキースに残した。

獲得したシカゴ・カブスは、高い代償を払ったが、ショートには前出のラッセルが成長し、ヤンキースが欲しがっていたカイル・シュワ―バー外野手も温存できた。

100余年ぶりのワールドチャンピオンというシナリオに向けて陣容が整いつつある。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/07/26 Tue. 06:10 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド