メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0104

【AL東部地区】ヤンキースの補強ポイントと進捗状況  




ワールドシリーズの覇者アストロズや大谷翔平が移籍して注目のア・リーグ西部地区の気になるチームの補強状況を紹介したが、今回は東部地区のヤンキースから見ていきたい。

ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマーが17年オフのFAトップ4と言われているが、いずれの選手も契約が決まらず年が明けた。トレードも含めて移籍市場全体の動きが遅いため、あくまでも途中経過の報告になる。

そうした状況の中で、この地区の補強ポイントは下記のとおり。

★AL EAST Team Needs
レッドソックス ヤンキース レイズ ブルージェイズ オリオールズ
指名打者 先発投手 一塁か指名打者 外野手 先発投手
セットアップ 三塁手 セットアップ セットアップ 捕手
   先発投手 外野手



ヤンキースは、指揮官が交代したのが最大のトピックスだが、指名打者マット・ホリデー、トッド・フレイジャー三塁手、先発マイケル・ピネダとハイメ・ガルシアがFAでチームを去った。このうちピネダはツインズと契約している。

先発投手はC.C.サバシアと再契約した。これでローテーションは、田中、セベリーノ、グレイ、モンゴメリー、サバシアの5人だが、トレードでパイレーツの先発右腕ゲリット・コールの交渉を進めているとの情報もある。

ストーブリーグでは、トレードで本塁打と打点の二冠王スタントンをマーリンズから獲得したが、ここまで、スタントン以外にはマイナー契約で投手3人、捕手、外野手の計5人と契約しただけにとどまっている。

フレイジャーの抜けたサードとカストロが守っていたセカンドあたりも今後の補強ポイントかもしれない。つけ加えれば、26歳タイラー・オースティン、25歳のグレッグ・バードでは名門チームのファーストとしては物足りない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/04 Thu. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1221

再建モード移行のレイズがエバン・ロンゴリア三塁手をSFジャイアンツにトレード  



タンパベイ・レイズが主力のエバン・ロンゴリア三塁手をSFジャイアンツにトレードした。

同地区ライバルのニューヨーク・ヤンキースがナ・リーグのMVP男ジャンカルロ・スタントンを獲得し、さらなる補強に動ける資金とプロスペクトを擁している状況で、極端に言えば“白旗”をあげたのだろうか。再建モードに舵をきった。

DRgTSrQVwAAqDbk (2)


レイズひと筋10年、通算打率.270、OPS.823、本塁打261本、打点892。オールスター3回選出。今季はバウンスバックして3.6 rWAR、2.5 fWARでチームに貢献。7年ぶりにゴールデングラブ賞を受賞した。





このフランチャイズ選手ともいうべきロンゴリアのトレードで今後のトレード市場には、レイズの中心選手たち、たとえばクリス・アーチャー投手、ジェイク・オドリッジ投手、ウィルソン・ラモス捕手、コリー・ディッカーソン外野手、アデイニー・エチェバリア遊撃手などが、交渉のテーブルに上がることになるだろう。

なお、このトレードでジャイアンツは、33歳のディナード・スパン外野手(18年1,100万ドル)、若手有望株のクリスチャン・アローヨ内野手のほか、マイナー2投手の計4人を放出する

ロンゴリアは12年に17年から22年まで6年総額1億ドルで契約を延長。そのうち5年8,100万ドル(約91億8,000万円)の契約を残しているためレイズは4人の選手と金銭も一部負担するトレードになった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/12/21 Thu. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1120

【ホットストーブ】レイズがE.ロンゴリア三塁手や守護神A.コロメを放出して再建モード?  



2010年にヤンキースやレッドソックスを抑えて地区優勝して以来、地区制覇どころか、最近4年間は下位に低迷しているタンパベイ・レイズ。

そのレイズが、オーナーサイドからのきびしい年俸総額の削減要求もあってストーブリーグの成り行き次第では主力のエバン・ロンゴリア三塁手やクローザーのアレックス・コロメ、ウィルソン・ラモス捕手などを放出して、一気に「再建モード」に以降する可能性があると地元紙「タンパベイ・タイムズ」が解説している。



ジェイク・オドリッジ(SP)27歳650万ドル、8勝10敗、防御率4.14
コリー・ディッカーソン(OF)28歳640万ドル、打率.282、OPS.815、27本塁打、62打点
ブラッド・ミラー(2B、SS、OF)28歳440万ドル、打率.201、9本塁打


上の3人はトレード要員として名前が挙がっている。ほかに、アデイニー・エチェバリア遊撃手(年俸調停500万ドル、マーリンズから夏に移籍)も候補らしい。

フランチャイズプレイヤーと誰もが認めるエバン・ロンゴリアは2018年に1350万ドルの年俸で契約が9400万ドル残っている。ウィルソン・ラモス捕手は1050万ドル。クリス・アーチャーは同じく625万ドルで残契約3400万ドル。

DOE7jJLUQAAJyKZ.jpg


ただ、エース格のクリス・アーチャーに関してはエリック・ネアンダーGMが、放出には否定的だという情報もあるが、47セーブのクローザー、アレックス・コロメ(年俸調停1年目)はトレードされる可能性が高いという。

トロピカーナ・フィールドがホームのレイズと言えば05年に所属した野茂英雄はレイズで日米通算200勝を達成した球団。

07年から09年までは岩村明憲、12年には松井秀喜が現役時代に最後に所属した球団でもある。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/11/20 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0730

低予算のレイズがメッツからデューダ一塁手を補強、田中から移籍第1号  



2013年以来のポストシーズン進出に望みをつなぐタンパベイ・レイズは現地27日、2つのトレードを実施。

ニューヨーク・メッツから左打ちのルーカス・デューダ一塁手を獲得。マイナーの右腕ドルー・スミス投手をメッツへ放出している。

さらに、シカゴ・ホワイトソックスから左腕ダン・ジェニングズ投手を獲得ブルペンに厚みを持たせた。レイズはマイナーのケーシー・ギラスピー一塁手をホワイトソックスへトレードした。

DF3jB5fXsAAh4Iw.jpg

31歳のデューダは今季、75試合の出場で打率.246、17本塁打、37打点をマーク。レイズは故障から引退表明のコルビー・ラスマス外野手を今月13日に制限リストに登録したこともあり、左打ちスラッガーを必要としていた。

現地28日、メッツのシティーフィールドではなく、ヤンキースタジアムでの試合に「4番ファースト」で出場。チームが、田中将大から8回、散発2安打、14三振に抑えられたが、一矢を報いる移籍第1号、今季18号本塁打をライトスタンドに突き刺した。



30歳のジェニングズは今季、48試合にリリーフ登板して3勝1敗、防御率3.45。過去にマイアミ・マーリンズにも所属し、通算で12勝13敗、防御率2.86という成績を残している。

レイズはこれで、6人のトレードを実現させている。ただ、ここへ来てヤンキース4連戦で3連敗している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/30 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0728

【MLB移籍情報】レイズがメッツからルーカス・デューダを獲得  



ア・リーグ東部地区で今季、レッドソックス、ヤンキースと言った名門球団と熾烈な覇権争いをしているタンパベイ・レイズが、ニューヨーク・メッツからルーカス・デューダ一塁手をトレードで獲得した。

ニューヨークポストのジョエル・シャーマン氏が、そのトレードを公式発表として伝えている。



31歳のルーカス・デューダは今季、打率.246、出塁率.347、OPS.879。本塁打17、打点37。MLB通算では125本塁打でOPS.801。レイズでは指名打者(DH)として起用される。

ルーカス・デューダの移籍に関してはヤンキースの名前も挙がっていたが、同地区ライバルに移籍される前にレイズが抑えたとも考えられる。

レイズは引退を決意したMLB通算165本塁打のコルビー・ラスマス外野手の穴を埋めるロングヒッターが補強ポイントのひとつだった。



一方、メッツにはマイナーのドリュー・スミス投手が移籍する。スミスは98マイルの球速が出る23歳の右腕。今季マイナーで3Aまで昇格している。今季のチーム内プロスペクトランキング30位。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/28 Fri. 07:57 [edit]

CM: --
TB: --
   

0724

【MLB移籍情報】トレード市場は期限前の小さな動きが目立つ展開  



夏のトレード市場は、ダルビッシュ有の話題で持ちきりだが、ドジャース、ヤンキース、カブス、アストロズの名前が挙がっている。

ヤンキースとブルージェイズでトレードが成立した。ヤンキースからはロブ・レフシュナイダー外野手を、ブルージェイズからマイナー選手のライアン・マクブルーム一塁手(兼外野手)をトレードする。

26歳のレフシュナイダー外野手は、韓国出身、生後3カ月でアメリカ合衆国・カリフォルニア州在住の夫婦の養子となった。

メジャーキャリア3年で94試合、打率.241、OPS.643、2本塁打、17打点。ヤンキースでは、一塁手、右翼手などユーティリティとして起用された。

25歳ライアン・マクブルームは2Aで一塁と外野を守り、左投げ右打ち、今季は2Aで12本塁打を記録している。



いずれにしても、後半戦にインパクトをもたらすようなトレードではない。

地区優勝へ独走中のアストロズは、アスレチックスの先発投手ソニー・ グレーを継続して調査中だが、パフォーマンスが低下していることもあって、他の投手も含めてトレード市場を見きわめている模様。




この数日で、動きのあったものとしては、マリナーズがカージナルスからマルコ・ゴンザレス投手をトレードで獲得。

マルコ・ゴンザレスは25歳の先発左腕で、2015年シーズン開幕前にはベースボール・アメリカがMLB全体で50番目、ベースボールプロスペクタスが同52位にランクしている若手有望株。

2014年にメジャーデビュー。34回2/3を投げて防御率4.15という成績をのこしたが、2015年に、左肘のトミージョン手術を受け、今年メジャーに復帰している。戦力的には未知数で、即戦力というよりは数年間キープできる選手として期待値で獲得した選手。

マリナーズは右投げ右打ちの22歳の外野手タイラー・オニールが交換要員。チーム内で2番手に評価をされていたプロスペクトで3Aまで昇格している。

マリナーズの外野陣は、若手のベン・ギャメル、ミッチ・ハニガーが育ち、ロイヤルズから今季移籍してきたジャロッド・ダイソンを中心に、他にもギジェルモ・エレディアやマイナーにプロスペクトが数人いるため交換要員として差し出したと思われる。

さらに、34歳マーク・ロウ投手と35歳ジーン・マチ投手の両ベテラン右腕を金銭トレードでホワイトソックスへ放出した。

また、ドジャースが成績不振のリリーバー、セルジオ・ラモスをレイズにリリースしている。ジャイアンツで9年間、ブルペンの中心投手だったラモスは、今季、永年のライバル、ドジャースに移籍したが30試合で、キャリアワーストのスタッツで、ドジャースをお払い箱になったイメージが強い。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


 

関連記事

Posted on 2017/07/24 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0717

トレード・デッドライン前の各チームの補強ポイント AL編  

 


アメリカンリーグ(AL)所属15チームのトレード・デッドライン(ウェイバー公示なしでトレードを成立させることができる期限)前の補強ポイントを簡単にまとめてみた。(16日17時時点での順位)

セットアップマンは、クローザーの前、8回を投げる投手という定義もあるが、ここでは優秀な中継ぎ投手ぐらいの感覚で捉えていただきたい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 


【チーム名 / 勝率 / 地区成績 / WC / 補強ポジション】
※WCはワイルドカード

▶各地区首位
レッドソックス .560/首位/  三塁手、セットアップマン
インディアンス .528/首位/
アストロズ  .670/首位/ 先発投手、セットアップマン

▶WC
レイズ .533/2.5/+1.0  セットアップマン、クローザー
ヤンキース .523/3.5/ 0 先発投手、一塁手、三塁手、セットアップマン


ツインズ .511/1.5/1.0  先発投手、セットアップマン、クローザー、遊撃手、指名打者or一塁手
レンジャーズ .500/15.5/2.0  クローザーorセットアップマン
ロイヤルズ .494/3.0/2.5 先発投手、指名打者、外野の両翼、遊撃手、セットアップマン
マリナーズ  .489/16.5/3.0 先発投手、指名打者、一塁手
エンゼルス  .479/17.5/4.0 先発投手たち、二塁手、一塁手
ブルージェイズ .467/8.5/5.0 セットアップマン、 外野の両翼、二塁手
オリオールズ .467/8.5/ 5.0  先発投手、外野の両翼


アスレチックス、ホワイトソックス、タイガースは「売り手」が予想されるので省略した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/17 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0627

【MLB移籍情報】マーリンズが売り手に、正遊撃手エチェバリアをレイズへトレード  



今年は早めに動くのではないかという観測があった夏のトレード期限前の移籍市場。正式決定ではないが、マイアミ・マーリンズとタンパベイ・レイズ間でトレードが合意したと複数のメディアが伝えている。

マーリンズが5月10日から故障者リスト(DL)入りしている正遊撃手アデイニー・エチェバリアをタンパベイ・レイズへトレード。レイズの交換要員はマイナー選手2人。

CoPQlWJUMAAOP73.jpg


28歳のエチェバリアは、今季こそ右腹斜筋のケガでDL入りし、この時点でも復帰していないが、レイズ側はメディカルチェックで深刻なものではないとみているようだ。

エチェバリアに関しては、カージナルス、オリオールズなどが争奪戦に絡んでいると報じられていた。

昨季までの4年間、マーリンズの正遊撃手として活躍。通算640試合出場で打率.255、15本塁打、183打点という成績を残している。ただ、その打撃センスよりも、各チームの注目はDRS+9(15年、16年)という高い水準の守備力にあったみたいだ。

ア・リーグ東部地区のレイズは現在、ヤンキース、レッドソックスに次いで地区3位。しかも首位まで2.5ゲーム差で地区優勝の可能性もあり、ワイルドカード争いにも好位置で絡んでいる。

マーリンズ


一方、マーリンズは、ナ・リーグ東部地区3位。首位ナショナルズとは10.5ゲーム差。ワイルドカード争いでも10ゲーム以上離されて夏の移籍市場で“売り手”になることが予想されていた。

レイズは、昨シーズン中にトレードで獲得したマット・ダフィーを正遊撃手にする編成だったが、故障が続き、復帰の目途が未だ立たたない状況。

今回のトレードでは、エチェバリアの年俸をレイズが全額負担するが、235万ドルとリーズナブルで、資金のないレイズの補強にはもってこいの選手といえそうで、2020年まで契約の残るマット・ダフィーが本来のパフォーマンスを見せれば、エチェバリアは、来季終了後にFAとなるため、再度トレードの交換要員に使える。

マーリンズが獲得したマイナーリーガーは、ブラクストン・リー(Braxton Lee)、イサン・クラーク(Ethan Clark)。共にMLB公式サイトのチーム内プロスペクトランキングで30位以内に入っている選手だ。

水面下で球団売却交渉が続いているマーリンズは今後、夏の移籍市場に投手陣の中からクローザーのA.J.ラモス、セットアップのデビッド・フェルプス、カイル・バラクローらのリリースが噂されている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/27 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0325

【MLB移籍情報】レイズが正捕手としてD.ノリスを獲得  



ナショナルズを3月15日に自由契約となったデレック・ノリス捕手をレイズが獲得した。契約は1年契約だが、2年目は球団がコントロールできるオプションが付いている。

デレク・ノリスは、2015年にパドレスでキャリアハイとなる142試合に出場。14本塁打もキャリアハイだったが昨年は振るわず125試合で打率.186、OBP.255、本塁打14、打点42、オフにトレードでナショナルズへ移籍した。



メジャーキャリア5年の28歳。オークランド時代の2014年にはオールスターゲームにも選出されている。その頃から右投手が苦手というデータがある。

レイズでは正捕手での起用が見込まれているが。この地区は打者有利の球場が多く、ノリスの長打力も多少は期待できる。

守備ではキャッチングに難があり、パドレス時代の15年にはリーグ最多のパスボール数を記録。ただ、その年は、リーグで最も盗塁を刺し、盗塁阻止率も34%となかなかの数字でDRS+4をマークしている。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/25 Sat. 05:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0124

【MLB移籍情報】ドジャース、正二塁手としてレイズからフォーサイスを獲得  

 


ツインズのブライアン・ドジャー二塁手を狙っていたドジャースが、現地23日、レイズとのトレードで、ローガン・フォーサイス二塁手を獲得。交換要員として、若手有望株ホセ・デレオン投手を放出した。

30歳のフォーサイスは昨年、127試合の出場にとどまったもののキャリアハイの20本塁打を打ち、打率.264、出塁率.333、OPS.778という成績を残した。

また、ドジャース打線が苦手としている左投手にも、通算で打率.278、出塁率.343、OPS.818という成績を残している。 

年俸は700万ドル(約7億9,000万円)で、18年シーズンに関しては球団側が行使権を持つ900万ドル(約10億1,500万円)の契約オプション、もしくは100万ドル(約1億1,000万円)のバイアウトとなっている。

ドジャースが交換要員として放出したホセ・デレオンは24歳の右腕。MLB公式サイトではチーム内でNO.2、MLB全体でもNO.33にランクされているトッププロスペクト。

すでにメジャーデビューしており、昨シーズンはメジャーで4試合に先発して2勝0敗、防御率6.35。3Aでは故障がありながらも16試合に先発し、7勝1敗、防御率2.61、86回1/3イニングで111奪三振をマークしている。

ドジャースは、16年オフにリッチ・ヒル、ジャスティン・ターナー、ケンリー・ジャンセンと再契約。残っていたチェイス・アトリーが抜けた二塁をフォーサイスで穴埋めすることになった。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




関連記事

Posted on 2017/01/24 Tue. 21:09 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド