メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1110

日米野球で来日のMLBチーム、売り出し中の若手が中心!コーチ陣が豪華  



「日米野球」に参加するMLBオールスターチームの出場選手。


【投手】
マット・アンドリース(ダイヤモンドバックス)
スコット・バーロウ(ロイヤルズ)
ジョン・ブレビア(カージナルス)
ジュニオール・ゲラ(ブルワーズ)
ブライアン・ジョンソン(レッドソックス)
前田健太(ドジャース)
クリス・マーティン(レンジャーズ)
コリン・マクヒュー(アストロズ)
ダニエル・ノリス(タイガース)
ビダル・ヌーニョ(レイズ)
ダン・オテロ(インディアンス)
ヤスメイロ・ペティート(アスレチックス)
エラスモ・ラミレス(マリナーズ)
ヘクター・ベラスケス(レッドソックス)
カービー・イエーツ(パドレス)


【捕手】
ロビンソン・チリノス(レンジャーズ)
ヤディアー・モリーナ(カージナルス)
J.T.リアルミュート(マーリンズ)


【内野手】
ウィット・メリーフィールド(ロイヤルズ)
アメッド・ロサリオ(メッツ)
カルロス・サンタナ(フィリーズ)
エウヘニオ・スアレス(レッズ)
クリス・テイラー(ドジャース)


【外野手】
ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)
ミッチ・ハニガー(マリナーズ)
エンリケ・ヘルナンデス(ドジャース)
リース・ホスキンス(フィリーズ)
ケビン・ピラー(ブルージェイズ)
フアン・ソト(ナショナルズ)


【監督/コーチ】
監督:ドン・マティングリー(マーリンズ)
ベンチコーチ:ヘンスリー・ミューレン(ジャイアンツ)
打撃コーチ:エドガー・マルティネス(マリナーズ)
投手コーチ:ブレント・ストローム(アストロズ)
ベースコーチ:フレディ・ゴンザレス(マーリンズ)
ベースコーチ:松井秀喜(ヤンキース)
ブルペンコーチ:ヘンリー・ブランコ(ナショナルズ)




DqvKRXcUUAAf_-e.jpg


全体的な印象は若手チーム。実績のある大物やFA市場のトップクラスは、毎回の事だが来日していない。


その中でも捕手は、モリーナ(カージナルス)とリアルミュート(マーリンズ)といったトップクラスの選手がよく来てくれたものだ。チリノス(レンジャーズ)も34歳ベテランでWBCベネズエラ代表。


内野手は、メリーフィールド(ロイヤルズ)が打率.304でア・リーグ打撃成績6位。このポジションではアストロズのアルトゥーベに次ぐメジャーキャリア3年の選手。エウヘニオ・スアレス(レッズ)はオールスター選手。クリス・テイラー(ドジャース)は内外野が守れる貴重なユーティリティ選手としてドジャースのレギュラークラス。


外野手は、ミッチ・ハニガー(マリナーズ)が昨年ブレイクして今季は26本塁打93打点。オールスターにも選出された。リース・ホスキンス(フィリーズ)も昨年後半に華々しくデビューしてホームランを量産。今季はレギュラーを獲得して34本塁打を記録した。


ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)とフアン・ソト(ナショナルズ)はルーキーで新人王を争う逸材。ケビン・ピラー(ブルージェイズ)は守備の名手。


野手陣に比べて戦力的に落ちるのは投手陣。先発ローテーションの1,2番手クラスの投手はいない。


先発投手は前田が8勝10敗、防御率3.81。ジュニオール・ゲラ(ブルワーズ)が31試合26先発で6勝9敗。


コリン・マクヒュー(アストロズ)は分厚いアストロズの先発ローテーションの影響でブルペンに回ったが、2015年には19勝7敗、通算でも54勝38敗。


他には左腕のブライアン・ジョンソン(レッドソックス)が38試合のうち13試合に先発して4勝5敗。


ブルペン陣は経験豊富なベテランが多い。元日本ハムのクリス・マーティン(レンジャーズ)、74試合に登板して16ホールドのヤスメイロ・ペティート(アスレチックス)。16ホールド、12セーブのカービー・イエーツ(パドレス)あたりがクローザーだろう。


当初来日が伝えられた日系3世で、今季のナ・リーグ首位打者クリスチャン・イエリッチ(ブルワーズ)の名前がないのは残念だ。ヤンキースやカブスが選手を出していないのも寂しい。ワールドシリーズを戦ったドジャースから前田を含む3名が来ているのは、お疲れさまと言ってあげたい。


選手よりコーチ陣が豪華かもしれない。「日米野球」は、日本時間11月8~15日に日本各地で開催される。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/11/10 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0828

フィリーズの新人ホスキンスがまた記録更新!上原浩治から5試合連続の11号  



ここでも先日紹介したフィラデルフィア・フィリーズの新人リズ・ホスキンス左翼手が記録を更新するデビュー18試合で11本のホームランをマークしている。

8月10日にメジャーデビューした24歳のリズ・ホスキンス。デビューから3試合は無安打だったが、5試合目のパドレス戦で2本の本塁打を放ち、19日のジャイアンツ戦からは3試合連続ホームランをマークした。


DIGw18qWsAIUgxJ (2)


ホスキンスはそこから1試合をあけて、23日のマーリンズ戦からこの日のカブス戦まで5試合連続ホームランをマーク。

この日は、8回から登板したカブス上原浩治のフルカウントからのフォーシームをレフトスタンドに運んだ。

メジャーデビュー18試合で11本塁打。64打数で11号は、昨年のヤンキース捕手ゲーリー・サンチェスの81打数を大きく塗り替える驚異の記録となった。

これで打率.297、出塁率.408、長打率.828、OPS1.236と凄い数字で、三振数が13試合とアーロン・ジャッジに比べて少ないのも評価できる。



▶関連記事
フィリーズの新人ホスキンスが新人史上最速の10号本塁打、メジャーは新人が豊作


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/28 Mon. 18:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0827

フィリーズの新人ホスキンスが新人史上最速の10号本塁打、メジャーは新人が豊作   



ヤンキースのアーロン・ジャッジやドジャースのコディ・ベリンジャーはルーキーでオールスターにも出場。2017年を代表する新人選手だが、新たに凄い選手が現れた。

8月10日にメジャーデビューしたフィリーズのリズ・ホスキンス。デビューから3試合は無安打だったが、5試合目のパドレス戦で2本の本塁打を放ち、19日のジャイアンツ戦からは3試合連続本塁打をマークした。

現地24日、15試合で8本塁打という記録を作ったが、25日のカブス戦では、1回に2ランを打ち、デビュー以来16試合、54打席で9号を放ち、「ベースボールリファレンス」によれば1913年以降でルーキー最速だという。

さらに、26日のカブス戦の1回に相手先発のヘンドリクスから3試合連続の10号を叩き込んだ。メジャーデビュー17試合で10本塁打。試合は、まだ続いている。


DIMWIcjWsAAYc0U.jpg


カリフォルニア州サクラメント出身の24歳。スイッチヒッターで右投げの左翼手。前日までのスタッツは打率.286、9本塁打、21打点、出塁率.412、OPS1.197。

ホスキンス以外にも、パイレーツの4番ジョン・ベルはルーキー最多の127試合に出場。22本塁打はルーキー3位タイ。76打点(同3位)、OPS.841。オリオールズのトレイ・マンシーニ一塁手も打率.289でルーキー3位タイ。22本塁打、OPS.855。

ほかに、レッドソックスのアンドリュー・ベニンテンディ外野手、ラファエル・デバース三塁手。カージナルスのポール・デヨング二塁手。マリナーズのベン・ギャメル外野手、前半活躍したミッチ・ハニガー外野手。

元DeNAの33歳ユリエスキ・グリエルもアストロズで正三塁手として113試合に出場。彼もルーキー資格がある。

※数字はすべて26日(日本時間)までの数字です。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/27 Sun. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド