メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1002

Dバックス平野佳寿がフル回転、75試合は日本選手最多登板の快挙  




34歳オールドルーキーの1年目が終わった。

今季、オリックスからダイヤモンドバックスへ移籍した平野佳寿は、同じ腕の振りから繰り出されるフォーシームの制球力とスプリットを武器に、日本投手のシーズン最多登板記録となる75試合に登板した。

これは、メジャーリーグで約800人が登板したリリーバーの中で7位タイの記録だった。

スタッツは、、66回1/3、4勝3敗、32ホールド、3セーブ、防御率2.44、WHIP1.085、59奪三振(奪三振率8.01)、23四球(与四球率3.12)、FIP3.69。

チームの貴重なセットアッパーとして奮闘した。それを物語るのが、平野が投げる場面だ。

平野は、チームがリードした場面で52試合(セーブ機会でも7試合)、同点の場面で16試合と計75試合中68試合でシビレる場面に登場してメジャーの打者を仕留めていった。

ボールが飛びやすいと言われるこのディビジョンでHR/9も0.81、被打率.207はデータ好きの方なら、どれだけ凄いかお分かりだろう。

平野は「ポストシーズンを戦いたかった。最後に失速したのは残念だった」とチームの終盤の失速を残念がったが、個人的には首脳陣を納得させるものだった。

これまでこのチームに所属した日本選手は斉藤隆と平野だけだが、日本人投手の質の高さを納得させたに違いない。

しかし考えてみると、驚くことではないだろう。

オリックスのクローザーとしてWBCの日本代表選手にも選出され、2011年はパ・リーグ新(当時)の43ホールド・49ホールドポイント、2014年はリーグ新(当時)の40セーブを記録したことを称えてリーグ特別表彰を2回 受賞している(2011年、2014年)。その実力をメジャーリーグでも証明しただけかもしれない。

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2018/10/02 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

NL地区優勝決定戦はブルワーズがカブスに勝利、7年ぶり4度目の中部地区制覇  




 史上初の2地区による「地区優勝決定戦」が行われたナ・リーグ(NL)。その第1試合は中部地区のカブスとブルワーズで争われ、ブルワーズがクリスチャン・イエリッチの3安打、1打点の活躍などで制し、2011年以来の地区優勝を飾った。





カブスの本拠地リグレーフィールド行われた試合は、3回にイエリッチのセンター前タイムリーでブルワーズが先制。


5回にカブスが4番アンソニー・リゾの25号ソロで追いついたが、8回に無死二、三塁のチャンスにブルワーズのロレンゾ・ケインがセンタ―前にライナーのタイムリーを放って試合を決めた。


投げては、先発のジョーリス・チャシーンが6回途中まで1安打に抑え、ブルワーズが5人の継投でカブス打線を3安打1失点に抑えた。


この結果、ナ・リーグの最高勝率はブルワーズ。勝率2位がカブスとなった為、カブスは敗れたが、地元に戻ってホーム・アドバンテージを得た上で1試合のみのワイルドカード・ゲームに臨むことになる。


3冠王の可能性があったクリスチャン・イエリッチだが、4打数3安打1打点と猛打賞の活躍をして、確定していた首位打者のタイトルは手中にしたが、打点では110打点で、この時点でトップのハビアー・バエズに1打点足りなかった。


また、本塁打数でもロッキーズのノーラン・アレナドの37本に1本足らない36本だった。日系3世のイエリッチは、この秋の日米野球でもMLB代表の一員として来日を予定している。



関連記事

Posted on 2018/10/02 Tue. 06:37 [edit]

CM: --
TB: --
   

0408

カブス、左腕ジョン・レスターに続いて右のエース、ダルビッシュ有も好投  




今季ナ・リーグ優勝候補シカゴ・カブスの左右の両エースが調子を上げてきたようだ。

日本時間4月6日、ジョン・レスターは、今季2度目の先発登板でブルワーズ相手に6回、被安打3、無失点と好投。開幕戦では、敵地でマーリンズ相手に4回途中4失点と不本意な内容だっただけに、チームの連敗を止めた粘り強い投球だった。

右のエース、ダルビッシュ有も日本時間8日、敵地ミルウォーキーでのブルワーズ戦に先発。6回で94球を投げ、被安打2、9奪三振、1四球、1失点(被本塁打1)と好投した。

ダルビッシュは開幕第3戦(日本時間4月1日)、敵地でのマーリンズ戦で今季初先発。4回1/3を投げて5安打5失点2四球、被本塁打1という内容で結果を出していなかった。

この試合では、3回まで無安打に抑え、4回に先頭の1番エリック・テームズに右越えソロ本塁打を浴びたが、5回に3者連続三振を奪うなど、6回まで毎回の9三振を奪った。


DaNoBduXcAEtbxX.jpg


7回の打席で代打を送られて交代。同点での交代で勝敗はつかなかったが、カブスは9回に4点を挙げて逆転勝ちした。

ダルビッシュは、前回登板後にカブス独自のデータシステムで自分の球を見直したという。

その結果、スライダーが横に曲がりすぎていたことがわかり(前回だけではなくトミージョン後から)、ファールで粘られないように、スライダーの球筋を斜めに修正。加えて「縦のスライダーも新たに加えました」と、試合後に自身のブログで振り返った。




この両エースの好投で、カブスは4勝4敗の勝率5割に戻した。


今季のカブス先発ローテーション
  • ジョン・レスター(LHP)
  • カイル・ヘンドリクス(RHP)
  • ダルビッシュ有(RHP)
  • ホセ・キンタナ(LHP)
  • タイラー・チャットウッド(RHP)




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/08 Sun. 12:02 [edit]

CM: --
TB: --
   

1029

71年間待ち続けたWS観戦へ!カブスファンのおじいちゃんに粋なプレゼント  




71年間、この日を待ち続けた97歳のカブスファンに朗報が入った!

 97歳になるシュレーゲルさんは、真珠湾の退役軍人で、筋金入りのカブス・ファンだ。

そして彼は、カブスがワールドシリーズに進出した最後の試合を見に行った――1945年のことだ。今でも、第6試合と第7試合のチケットの半券を持っている。


リグレーフィールド


 しかし、カブスはその年敗退。シュレーゲルさんは悔しい思いを抱えながら、71年間チームを応援し続けている。

そして、カブスが帰ってきた。

そう、カブスファンの3代続くこの話は、ここから始まる。シュレーゲルさんの孫娘ヘレンさんのおかげで、彼はスタンドで「ゴー、カブス、ゴー」と応援することになる。

 ヘレンさんは10月23日、クラウドファンディングサイト「ゴー・ファンド・ミー」で「私のおじいちゃんをワールドシリーズに連れてって」というキャンペーンを開始し、目標金額を1万ドル(約104万円)に設定した。高騰するワールドシリーズのチケットの2人分にあたる。

 テレビ局「CNBC」のリアリティ番組「ザ・プロフィット」MCのマーカス・レモニスがこのキャンペーンに注目した。彼は偶然、ワールドシリーズに無料招待するのにふさわしいカブス・ファンを探しているところだった。ジム・シュレーゲルさんはぴったりだった。




 MCのレモニスは、シュレーゲルさんに第3試合の最前列チケットを2枚贈った。シュレーゲルさんは、28日にリグレー・フィールドで行われるクリーブランド・インディアンス戦に息子を連れて行くつもりだと話した。

「おじいちゃんは見に行けるのをワクワクして待っています」と、ヘレンさんはハフポストUS版に語った。

「今でも夢みたいです」



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2016/10/29 Sat. 22:27 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1029

【WS-Gm3】先発はK.ヘンドリクスとJ.トムリン、両投手とも好投の条件揃う  



 ワールドシリーズ第3戦は、舞台をカブスの地元リグレーフィールドに移して、カブスは最優秀防御率の右腕カイル・ヘンドリックス、インディアンスは右腕ジョシュ・トムリンが先発する。

WS2016

 ヘンドリックスは今季、地元で17試合に登板して10勝3敗、防御率1.37。プレーオフに入ってからもジャイアンツとのNLDS第2戦では、打球を右腕に受けて4回途中に降板するアクシデントに見舞われたものの3試合の先発で1勝1敗、防御率1.65と好調を維持している。

前回のNLCSでの登板でもドジャースを7回1/3、被安打2、失点0と圧巻の投球を見せた。



 一方、インディアンスのジョシュ・トムリンにも好投する条件がある。

 今季、中6日以上の間隔をあけた試合では、5勝0敗、防御率2.25。このポストシーズンでは、ALDSのレッドソックス戦とALCSのブルージェイズ戦に登板して2勝0敗、10回2/3を投げて防御率2.53。任された試合ではゲームを作っている。



 両投手とも平均球速は、88マイル台で速球派ではない、ヘンドリクスはシンカーが決め球の典型的な技巧派。

32歳のトムリンは、以前ほどの球速はないがキレで勝負するタイプ。今季13勝9敗だが、ロードで8勝を挙げている。ただ、カブスとの対戦はなく、このあたりが未知数といえる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/29 Sat. 08:41 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1029

【WS】リグレーフィールドに71年ぶりにWシリーズが帰って来た!  



 112回目のワールドシリーズ(WS)、インディアンス対カブスの第3戦が現地28日、カブスの本拠地シカゴのリグレーフィールドに舞台を移して行われる。

前回のWS開催は、1945年。あの有名な逸話が残ったシリーズだ。

リグレーフィールド

 カブスは、1940年代に入ると、勝率5割を切るシーズンが続いた。戦争が終わった1945年にはグリムが監督に復帰し、16回目となるリーグ優勝を果たしたが、タイガースとのワールドシリーズでは3勝4敗で惜しくも敗れ去った。

 このシリーズの第4戦では「ビリー・ゴートの呪い(山羊(ヤギ)の呪い)」の元となった出来事が起こっている。

これは2勝1敗とカブスがリードして迎えた第4戦。地元バーの店主であるビリー・サイアニスはカブスの熱狂的なファンで、可愛がっていた山羊(マーフィー)と共にいつも試合観戦に訪れていた。

ヤギの呪い

 しかし、この試合に限って球団側は山羊の入場を禁止し、サイアニスと山羊は球場から連れ出されてしまった。理由は山羊の臭いだった。

これに激怒したサイアニスは「リグレー・フィールドにヤギの入場が許されるまで、カブスは2度とワールドシリーズに勝てない」と言い放って球場を後にしたという。

そして皮肉にもサイアニスの予言通り、これ以降チームは、ワールドチャンピオンはおろかワールドシリーズ出場さえ遠ざかることとなり、2016年にリーグチャンピオンになるまでの71年間の長きに渡り低迷期を迎えることとなった。

リグレーフィールド


 先発はインディアンスがポストシーズン2勝で3試合目の先発となるトムリン。カブスは今季防御率1位、ポストシーズン1勝1敗で、やはり3試合目の登板となるヘンドリクス。シリーズの行方を占う注目の一戦になる。





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/29 Sat. 02:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1016

【NLCS】カブス先勝!マエケン炎上、4回3失点、次はあるのか!?  



 ドジャースの前田健太投手は15日(日本時間16日)、シカゴで行われたナ・リーグチャンピオンシップシリーズ(7回戦制)の第1戦に先発した。

 初対戦のカブス打線を相手に序盤からリズムをつかめず、4回、被安打4、3失点で降板。試合は3対3の同点から8回にカブスの代打モンテーロが満塁本塁打を放ち試合を決めた。

 敵地シカゴは、全米でも有名な“WindyCity”。外野フェンスのツタが生い茂るリグレーフィールドは、この街特有の強風が吹き、例年、この時期のナイトゲームは尋常ではない寒さになるという。

センター方向から風が吹けば、前田の生命線であるスライダーのキレや制球に影響がでるのは言うまでもない。

 しかも、異常な熱気を放つカブスファンに囲まれる。さまざまな悪条件、初めてのマウンド、角度も硬さもネットまでの距離感など、瞬時にインプットして自分のものにしなくてはいけない。その前に捉まった。

 前田のレギュラーシーズンの平均投球イニングは5.49。プレーオフは早めに先発投手を交代していくので、序盤の失点は命取りになる。

この試合でも1回、ブライアントに甘く入ったスライダーを捉えられた。当たっていない3番リゾ、4番ゾブリストに助けら、よく1失点で収まったという立ち上がりだった。

2回の3点目の失点は、味方の守備陣が三塁走者バイエスにスキを突かれ、前田にとっては不運だったが、すべてがアウェイでの洗礼だった。



「徐々に感覚がよくなってきてはいましたけど、1、2回に3点を与えてしまっていたので」とわずか球数66球での降板。イメージは悪い。

 前田は、これが今プレーオフ2度目の先発。前回に登板した地区シリーズ第3戦のナショナルズ戦では3回4失点と試合を作れず、敗戦投手となっている。

 シーズン103勝の強敵カブス相手だが、西部地区の覇者ドジャースも1勝ぐらいはするだろう。そうなれば第5戦に前田の登板が回ってくることになる。

 ルーキーとはいえ、カーショーが2カ月間戦列を離れたドジャースの先発ローテーションを守り抜いた前田健太。その評価は変わらないが、次があるとすれば、彼の1年間の総決算になるマウンドになるだろう。

 しかし、第2戦に登板するエースのカーショーが中3日で第5戦に投げることも考えられる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/16 Sun. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0915

カブスが地区優勝へ王手、エースのレスター8回無失点、主砲リゾ2本塁打  




 現地14日、ナ・リーグ中部地区で首位を独走しているシカゴ・カブスは、敵地で同2位のセントルイス・カージナルスと対戦。7対0で完勝し、2008年以来、8年ぶりとなる地区優勝へのマジックナンバーを1に減らした。

 カブスは先発の左腕ジョン・レスターが8回を3安打、1四球、8三振、無失点の好投で今季17勝目(4敗)を手にした。一方、アンソニー・リゾ一塁手は2ホーマーで3打点をマークして打線をけん引した。


 93勝52敗、勝率.643。現時点でMLB最高勝率のカブス。明日からはリグレーフィールドでの10連戦がある。名将マドン監督のもと108年ぶりのワールドシリーズ(WS)制覇に向けて視界は良好だ。


がんを克服したふたりの“いのちの絆”


 このチームをけん引してきたエースのレスターと主砲のリゾ。ふたりには共通の話題がある。

 ふたりとも「がん」を克服してグラウンドに戻ってきた選手だ。「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」から復帰した経験を持つジョン・レスター。リゾは「ホジキンリンパ腫」から生還した。

 現地で取材活動を続けているジャーナリストのナガオ勝司さんのコラムによればレスターは06年に発症。07年には復帰してレッドソックスのWS制覇に貢献した。

 あの年のWSは3人の日本人(コロラド・ロッキーズからは松井稼頭央が、ボストン・レッドソックスからは岡島秀樹・松坂大輔が出場)することもあり、日本でも注目された。そのシリーズの優勝を決めた第4戦に登板している。

 リゾは、2008年に体の不調を訴え、精密検査でリンパ腫が見つかった。

 レスターは、病を告知されたばかりのリゾの不安を取り除くため、当時18歳だったリゾに直接会ったという。リゾは当時を思い出し、地元のテレビ局の取材にこう答えている。

「ジョン(・レスター)は僕にこれから何が起こるのかを詳しく話してくれた。抗がん剤の副作用や、治療後はどんな気持ちになり易いかといったことを包み隠さず教えてくれたんだ。そして最後に『心配せず治療に専念すればいい。そして元気になったら、ためらうことなく普通の生活に戻ればいいし、僕のように野球だって出来るようになる』と言ってくれたんだ」

 レスターはNVQT(Never Quit=「決してあきらめない」の意の短縮)、リゾはAnthony Rizzo Family Foundationという慈善事業を立ち上げてがんの治療開発や患者へのサポートを行っている。

CsUbJ63UkAAnq-z.jpg


彼らはそれぞれの個人的な活動と並行して、全米規模のがん撲滅運動『SU2C(Stand Up To Cancer)』にも積極的に参加している。

 今年もメジャーリーグがSU2Cとキャンペーン活動した。レスターとリゾも当然、そのスポークスマンとなって活動した。

 
◇記事参考
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2016091212444201.html


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

関連記事

Posted on 2016/09/15 Thu. 12:33 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0607

川崎メジャー昇格か?最速40勝カブスの主力に故障者  




カブスの傘下3Aアイオワ・カブス所属の川﨑宗則内野手に今季2度目のコールアップがあるかもしれない。

レフトのホルヘ・ソレアー外野手が現地6日、敵地で行われたフィラデルフィア・フィリーズ戦で左ハムストリングを負傷するアクシデントに見舞われた。

5番ソレアーは3回、フィリーズ先発投手のアダム・モーガンからレフト前安打を放った際、一塁に向かう途中で左太もも裏を痛めたもよう。



好調カブスは4月7日にもレフトのカイル・シュワ―バーがセンターのデクスター・ファウラーと打球を追いかけて激突。

若手で主軸打者として期待されていたカイル・シュワーバー外野手は、左ひざ前十字靱帯と外側側副靱帯の完全断裂により、今シーズン残り試合の全休が決まった。

その代役として出場していた4番目の外野手ソレアーが今度は負傷した。

カブスの地元紙『シカゴ・トリビューン』によると、ソレアーが故障者リストに登録された場合、昨季までNPBの阪神タイガースに所属し、現在、川﨑と同じアイオワでプレーしているマット・マートンとアルバート・アルモラ・ジュニアの両外野手が代役の最有力候補となっているという。

logo_chc_79x76.jpg


しかし、マートンもアルモアも40人枠に登録されておらず、現在の4人目外野手でソレアーの代役として出場したマット・シーザー外野手が当面の間、穴埋めをする状況。

ソレアーの故障が、どの程度になるかは現時点では分からないが、第4の外野手は置かず、内野のベン・ゾブリストやクリス・ブライアントも外野にコンバートする案も考えられ、そうなれば内野のスキルポジションを守れる川崎宗則のコールアップも可能性は低いながら考えられる。

なお、カブスは先発左腕ジョン・レスターやジェイソン・ヘイワード外野手の通算100号本塁打などで6対4で勝利。両リーグ最速の40勝(16敗)を挙げた。これは、2001年に116勝を挙げた(イチロー1年目の)マリナーズと並ぶペースだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/06/07 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0509

神宮球場が“物置扱い”なんじゃそれ!東京五輪で神宮球場が6カ月の使用中止  




野球場というランドマークを生かした活用法を!


 新国立競技場、エンブレム問題に続いて…。またか?という感覚ですね。

 五輪のメイン会場・新国立競技場の隣に位置する神宮球場、そして秩父宮ラグビー場は建て替え計画が決まっているのだが、2020年東京五輪組織委員会が大会期間前後の神宮球場使用中止を要望しているという。

スポーツ紙が一斉にこの件を取り上げているが、問題は、その中止期間と使用方法。

野球評論家の中畑 清氏が野球ファンの声を代弁してくれているので紹介したい。

「野球・ソフトボールが種目に復活して、その会場にするのなら分かるよ。でも、期間が5月からの半年間と長く、用途は『野球以外』。機材置き場にされるかもしれないって。」

G20131119007040380_view.jpg 

 中畑氏は、オリンピックという大会の重さを身をもって体験している。

「04年のアテネ五輪。病に倒れた長嶋茂雄監督に代わり、ヘッドコーチとして指揮を執らせてもらった。東京では64年に続いて2度目の開催。新国立競技場の隣で警備上、重要なロケーションにあるというのも分かる。」

 そう前置きしたうえで「国家の威信が懸かった一大イベント。野球界もできる限り協力しなきゃいけないと思う。でも、シーズン真っ盛りの半年間は長すぎる。開会式が7月24日で閉会式は8月9日。その前後を加え、せめて1カ月以内に抑えられないか。用途も機材置き場じゃ切ない。」と訴える。

 感情論に流されるべきでないかもしれない。しかし、スポーツマインドのない決定にも呆れる。どこかのゼネコン担当者が工事の流れだけを考えれば隣の球場は絶好の資材置き場だろう。

スポーツを知らない官僚が練った計画のような気がしてならない。

img_3.jpg 

 神宮球場は今年90周年。甲子園球場誕生の2年後、1926年(大15)に開場。東京六大学野球リーグ戦の開催球場として建てられ、32年から東都大学野球リーグ戦も開催されるようになった。64年からはプロ野球ヤクルトの本拠地球場として多くのファンに親しまれている。

 メジャーで言えばボストンのフェンウェイパークに次ぐ、シカゴのリグレーフィールドのような存在で、野球界にとってはかけがえのないレガシーだったはずだ。

甲子園が高校野球なら神宮は大学野球の聖地。

 中畑氏の記事では「私は福島県の安積商(現帝京安積)からこの球場に憧れて駒大に進んだ。神宮でプレーしたいという一念で練習。野球選手だけじゃなく、人としても育ててもらった。人間教育の場でもある神聖な球場が物置にされるなんて想像したくない。」

中畑氏の意見は良くわかる。

 知名度がある「神宮球場」だけに日本中から来るボランティアさん達のプラットホームにするとか、普通のビルではない野球場というランドマークを生かした活用方法を考えて欲しい。




ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2016/05/09 Mon. 12:44 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド