メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0806

ヤンキース野戦病院にまた入院患者 エンカーナシオンが右手首骨折  




 レッドソックスの出遅れなどもありシーズン前期から10数人の負傷者を出しながらも首位を独走中のニューヨーク・ヤンキース。

故障者リスト(IL)には10日間ILに6人、60日間ILに8人が入っている状態だったが、エドウィン・エンカーナシオンが15人目の患者として「ヤンキース野戦病院」に入院した。これで今季24人がILに入ったことになる。

 8月3日(日本時間4日)のレッドソックス戦ダブルヘッダー第1戦の8回裏に死球を受けたエンカーナシオン。アーロン・ブーン監督は当初、X線検査では骨折は見つからなかったと話していたが、直後のニューヨーク市内の病院で受けたCTスキャンで骨折が判明した。チームは彼を10日間の故障者リストに登録した。

 ロードに出るエンカーナシオンは、ニューヨークに残り、今後7~10日以内に再検査を受ける予定らしいが、ギブスをして少なくとも4週間から6週間。そこからリハビリを経て戦列復帰になるため10月のポストシーズンでのロスター登録が微妙なラインになってきた。骨折が酷ければシーズンエンドという事も考えられる。

 アメリカンフットボールのNFLの場合だと、攻撃ラインの選手などギブスをしたままプレイするのをよく見かけるが、さすがにMLBの場合はそれはないだろう。


EBFMuDyWkAA2SUo.jpg


 36歳のエンカーナシオンは、ジャンカルロ・スタントンやアーロン・ジャッジの負傷などもあって6月15日(同16日)にトレードでマリナーズから移籍してきた。ヤンキース移籍後は、36試合に出場して打率.238、9本塁打、27打点、OPS.824をマークし、シーズン通算では、合計101試合に出場して打率.240、30本塁打、76打点、OPS.864という成績だった。

 トレード期限を過ぎたこの時期に8年連続30本塁打を達成しているスラッガーを失うことは大きな戦力ダウンになる。エンカーナシオンの場合、ブルージェイズに所属していた頃から東部地区のチームとの対戦が多くその破壊力は地区内で証明済み。

 対レッドソックスの対戦成績を見てもはクリス・セールから3本塁打、打率.346、リック・ポーセロには3本塁打、打率.280、デビット・プライスには4本塁打、打率.250という実績があるだけに大き過ぎる離脱となった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/08/06 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0622

アーロン・ジャッジが復帰したヤンキースの打線と守備の布陣は?  




 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が21日(日本時間22日)、ホームでのアストロズ戦に「1番ライト」で復帰した。

 先日のジャンカルロ・スタントン外野手(兼DH)に続いて大砲復帰でMLB30球団中4位の本塁打数を誇る重量級打線がこれまで以上に厚みを増した。

 ヤンキースは一時、野戦病院のように故障者リスト(IL)が膨れ上がった。現在は主力級が復帰して多少改善したように見えるが、ルイス・セベリーノ投手やセットアップマンのデリン・ベタンセス投手など、12人がILに登録され、すぐに復帰できそうな10日間ILが2人で、そのほかの10人が60日間IL。


【ヤンキースのIL状況】(※日付は現地時間)

復帰
CCサバシア (6/2復帰)
D.グレゴリウス (6/7復帰)
G.スタントン (6/18復帰)
A.ジャッジ (6/21復帰)

新加入
E.エンカーナシオン (6/15)
C.メイビン (4/25)
K.モラレス (5/14)10日間IL

主な故障者
T.トゥロウィッキー
D.ハーマーン 10日間
L.セベリーノ
D.ベタンセス
M.アンドゥハー 手術
G.バード
A。ヒックス


 大量の故障者が早期に出る中、キャメロン・メイビン外野手やエドウィン・エンカーナシオン(兼DH)らをシーズン中に補強した。

 幸運だったのは、地区3連覇中のレッドソックスが開幕から出遅れたこと。その間でもレイズと地区の首位争いを演じられたことだろう。


ジャッジの復帰でそのラインナップはどうなったのか?


 ジャッジが復帰して打線の変化に注目したい。ジャッジは、打席に多く 立たせることを考えて昨年の定位置だった2番から1番で起用された。好調のゲイリー・サンチェス捕手が2番に入った。





下がヤンキースのきょうのラインナップ。
  1. 右 A.ジャッジ 
  2. 捕 G.サンチェス 
  3. 遊 D.グレゴリウス
  4. DH G.スタントン
  5. 一 E.エンカーナシオン
  6. 中 B.ガードナー
  7. 二 G.トーレス
  8. 三 G.ア―シェラ
  9. 左 C.メイビン


 守備を考えるとベスト・オーダーではない。本来ならアーロン・ヒックスがセンターで、スタントンがレフトだろう。指名打者はエンカーナシオン。

ヒックスはスイッチヒッターで左打者が少ない打線の中にあって変化を作れるが、ここまで打率が1割台でベテランのガードナー(左投/左打)やメイビン(右投/右打)を使わざるを得ない状況だ。

 内野は一塁ルーク・ボイト。二塁DJルメイヒュー、三塁グレイバー・トーレス、遊撃ディディ・グレゴリウスという布陣がベストだろう。

ヒックスあたりが昨年並み(27本塁打/OPS.833)に活躍し、ガードナー(左投/左打)やメイビンを控えに置くことができれば外野手と指名打者を相手の投手や選手のコンディションと相談しながらローテしていける。





 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/06/22 Sat. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0618

ヤンキース田中将大が首位攻防戦で圧巻の9回10三振完封  



田中将大がニューヨーカーの前でエースの風格を見せつけた

 ヤンキースの田中将大が現地17日、本拠地ニューヨーク・ヤンキースタジアムでのレイズ戦で昨年の7月24日以来となる9回完封劇を演じた。

111球(ストライク76球)、9回、被安打2、奪三振10、与四球1。相手に二塁を踏ませない内容でゲームを支配した。完封勝利はメジャー4回目だった。

 対戦したレイズ打線の29人中23人の打者に初球ストライク。、ゴロアウトが11回、フライアウトが4回。低めにボールを集め111球を投げて23の空振りを奪った。

 今季良く打たれている4回から6回(防御率5.54)を外角低めを中心とした制球で、守備シフトの網にひかっけて打ち取る頭脳的な投球が目立った。


① 二ゴ、三振、三振
② 三振、右飛、二ゴ
③ 投ゴ、三振、投ゴ
④ 右安、右飛、二ゴ、三ゴ
⑤ 遊ゴ、右飛、中安、投ゴ
⑥ 二ゴ、四球、三振
⑦ 三飛、三振、三振
⑧ 一ゴ、右飛、三振
⑨ 三振、三振、三ゴ


2安打、10奪三振以上の完封勝利は02年のムッシーナ以来

 田中はヤンキースの投手としては2002年9月24日のマイク・ムッシーナ以来の被安打2、10奪三振以上という内容だった。




 田中の対レイズ戦は、これで通算10勝目。10奪三振は今季最多。5勝5敗、防御率3.23、WHIP1.10、奪三振率8.22、与四球率1.96。

 なお、黒田博樹も2014年8月14日のレンジャーズ戦で被安打2の完封勝利を飾っているが、その時は、5奪三振だった。




 ヤンキースは3対0で勝利。大事な0.5ゲーム差の首位攻防戦で貴重な勝利をチームにもたらして、これで、レイズとのゲーム差は1.5ゲーム差に開いた。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/06/18 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0616

ヤンキースのエンカーナシオンはレッドソックス相手にこれだけ打っている  



 「ESPN」のジェフ・パッサンや「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマンが伝えたように以前から噂のあったマリナーズのエドウィン・エンカーナシオン(一塁手/指名打者)がヤンキースにトレードされた。


 36歳のエンカーナシオンは、マリナーズで今季65試合に出場。打率は.241と低いがア・リーグ最多の21本塁打(OPS.888)をマークしている。


09年から16年までブルージェイズで主軸を打ちキャリア15年間で401本塁打、1205打点。オールスターにも3回選出されている。


 特筆すべきは、エンカーナシオンが14年以降、同地区ライバルのレッドソックス戦で最多の22本塁打を放っていることだろう。「NJ.com」によれば、彼が現在のアメリカンリーグ東部地区の主力投手たちと相性が良いことがわかるが、特にレッドソックス相手に破壊力を見せつけている。




【エンカーナシオンvs.BOS主力投手】

NAME/ 打率/本塁打/打点/三振/四球

クリス・セール .333/3 HR/5 RBI/ 5 K/ 4 BB
デビット・プライス .250 BA/4 HR/9 RBI/10 K/5 BB
リック・ポーセロ .283 BA/3 HR/10 RBI/ 8 K/ 0 BB


宿敵ともいえるレッドソックスの3本柱からは10本塁打、24打点だ。


さらに、西部地区で首位独走中のアストロズ相手でも今季12本塁打、27打点、OPS.926をマークしているところも見逃せない。


D9KYGTtX4AUtsRF.jpg


ヤンキースは、アーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンの右の大砲が離脱中。彼らが戻ってきても結果を出すまでには時間がかかることも予想される。


しかもジャッジもスタントンも外野手。この数年間、ヤンキースが正一塁手に人材を欠いていたことを考えると、インパクトのあるトレードだったことがわかる。


◇関連記事
【MLB移籍情報】E.エンカーナシオンがトレードでヤンキースへ



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/06/16 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0616

【MLB移籍情報】E.エンカーナシオンがトレードでヤンキースへ  




 以前から噂のあったマリナーズのエドウィン・エンカーナシオン(一塁手/指名打者)がヤンキースにトレードされることが決まった。

 「ESPN」のジェフ・パッサンがSNSで伝え、「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマンは、マリナーズへはドミニカ出身の19歳右腕フアン・ゼンが交換要員になると伝えている。




 36歳のエンカーナシオンは、マリナーズで65試合に出場。打率は.241と低いがア・リーグ最多の21本塁打(OPS.888)をマークしている。09年から16年までブルージェイズで主軸を打ちキャリア15年で401本塁打、1205打点。オールスターにも3回選出されている。


 エンカーナシオンは14年以降、同地区ライバルのレッドソックス戦で最多の22本塁打を放っていることも特筆事項かもしれない。


 アーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンが離脱中のヤンキースだが、彼らが戻ってきても結果を出すまでには時間がかかることも予想されるため今季好調の長距離砲をレンタルプレイヤーとして獲得した。


 エンカーナシオンの契約は今季が2166万7000ドル。来季は2000万ドルのクラブオプション(バイアウト500万ドル)。


 「ジ・アスレティック」のケン・ローゼンタールによると、このうちヤンキースは925万ドルを負担するという。


それは昨年12月13日のインディアンス、マリナーズ、レイズ間で成立した三角トレードによってマリナーズへ移籍した際にレイズが500万ドルを負担するためで、ヤンキースで残りの93試合とポストシーズンを考えると、ぜいたく税との兼ね合いもあるが、比較的安価かもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/06/16 Sun. 14:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

0516

【ILレポート】ヤンキース M.アンドゥハー三塁手が肩の手術でシーズンエンド  



 先日からお伝えしている通り大量の故障者が出ているヤンキース。そんなヤンキースにまた悲報が届いた。昨年、エンゼルスの大谷翔平と新人王を争ったミゲール・アンドゥハーが右肩関節唇の修復手術を受けることになった。


 アンドゥハーは開幕から3試合に出場したが3月末の開幕第3戦のオリオールズ戦で負傷し、現地4月1日に10日間の負傷者リスト(IL)に入った。その後、5月4日に復帰したが、その影響もあって今季は12試合で打率1割2分8厘、0本塁打、1打点だった。13日に今季2度目のIL入りした。


 昨シーズンは6月と8月に2度ルーキーの月間MVPに選出。149試合で打率.297、OPS.855、27本塁打、92打点。ジョー・ディマジオの持つ記録を破るシーズン45本目の二塁打を放つなど、華々しい活躍を見せた。


 ただ、ここでも何度か紹介したが、守備が悪く、三塁手としては両リーグワーストのUZR-16.0、DRS-25を記録していた。スローイングが悪く5-4-3のダブルプレイをセカンドへの悪送球のためにとれないシーンを見たことがある。



 USAトゥデイの記者ボブ・ナイチンゲールによれば昨年オフシーズンにパドレスとヤンキースとのトレード交渉の際に交換要員として彼の名前が挙がっていたらしい。トレードは実現せず、パドレスはマニー・マチャドに大金をはたいて獲得した。


 また、メッツやマーリンズとの3球団の間でのトレード交渉の際にも彼の名前が候補に挙がっているという噂が流れた。マニー・マチャドを狙っていたヤンキースが同じポジションのアンドゥハーを別のトレード要員として差し出す準備をしていたということだ。


 手術は来週の月曜日(5月20日)に行われるという。まずは治療に専念してほしいが、こうした経緯を考えると、この手術により今季の離脱は彼にとっては痛すぎる結果になった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/05/16 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0516

【MLB移籍情報】ヤンキースがアスレチックスからK.モラレスを獲得  



シーズン当初から故障者が続出。ここでも紹介したが、まるで野戦病院化しているヤンキースだが、アスレチックスからケンドリズ・モラレスを獲得している。


このトレードでアスレチックスはヤンキースから後日指名選手または金銭を得る。これに伴い右肩を痛めて10日間の故障者リストに登録されているジョナサン・ロアイシガ投手を60日間の故障者リストへ移行させた。



モラレスは、これで7球団目のジャーニーマン。メジャー13年目の35歳。昨年8月にはメジャー記録にあと1と迫る7試合連続本塁打を達成。第22週(現地時間8月20日~8月26日)の「週間MVP」を獲得している。4年連続シーズン20本塁打以上(通算7度目)を記録してい粗いが長打力が魅力のるスラッガー。通算1344試合で打率.267、212本塁打、OPS.783。


3月下旬にブルージェイズからアスレチックスへトレード。アスレチックスでは34試合で打率.204(108打数22安打)に終わり、現地5月13日にDFAとなっていた。


すでに現地15日のオリオールズ戦ダブルヘッダー2試合目に「5番・DH」で先発出場している。2打数1安打、2四球だった。ヤンキースは、先月下旬にもインディアンスから金銭トレードでキャメロン・メイビン外野手を獲得している。







◇関連記事
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-4053.html


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/05/16 Thu. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0501

ヤンキースのCCサバシアが左腕で3人目の通算3000奪三振に到達  




 今季限りで引退を表明しているヤンキースのCC.サバシア(38)が4月30日(日本時間5月1日)、メジャー史上17人目(左腕投手としては3人目)となる通算3000奪三振に到達した。


 サバシアは今季、3試合に先発して1勝0敗(通算247勝153敗)。15イニングを投げて11奪三振、自責点4の防御率2.40と安定したピッチングを見せていた。


 この日は、あと「3」として敵地のダイヤモンドバックス戦に先発。2回裏、JR マーフィーから空振り三振を奪い、「3000」のマイルストーンに到達した。





 サバシアは、 01年にインディアンスでデビュー。1年目でいきなり17勝5敗を挙げ、新人王投票でイチロー(マリナーズ)に次いで2位。08年12月に7年1億6100万ドルという当時としては投手史上最高額でヤンキースに移籍した。


 ヤンキースでは、09年、10年と2年連続最多勝に輝くなど絶対的エースの存在で、黒田博樹も12年から3年間チームメイトだった。


 12年頃から球速が下降し始め成績も悪化。14年には太りすぎを気にしてダイエットした結果、激やせして周囲を驚かせた。


16年のシーズン前にはアルコール依存症に悩み本格的な治療を受けていることを明かしたが、この年から球種にカッターを取り入れたことで技巧派として復活。その年以降、防御率も3点台に回復している。


 今季は1年1000万ドルで契約を結び2月に引退会見した。 もちろん現役投手では最多奪三振。ちなみに、現役2位はアストロズのジャスティン バーランダーが2744をマークしている。(MLB23位)


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/05/01 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0426

【MLB移籍情報】故障者続出のヤンキースがキャメロン・メイビンを獲得  

 


 故障者が続出して、野戦病院状態になっているヤンキースが、インディアンスから金銭トレードでキャメロン・メイビンを獲得したと発表している。




32歳のメイビンは、これで11球団目になる典型的なジャーニーマンだ。

06年と07年のオールスター・フューチャーズゲームに選出され、09年度のナショナルリーグで「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」候補にも挙げられたプロスペクトだったが、パドレス時代の2年間(11年、12年)とブレーブスでの1年間(15年)に規定打席に到達したぐらいで、大した実績を挙げられないまま球団を転々としている。

今季はジャイアンツのスプリング・トレーニングにNRI(ノン・ロスター・インバイティ)として参加し、開幕ロースター入りを目指していたものの、日本時間3月23日に解雇。その7日後にインディアンスとマイナー契約を結び、今季はトリプルAで14試合に出場して打率.216、OPS.663をマークしていた。



ヤンキースは、クリント・フレイジャー外野手が23日に故障者リスト(IL)入り。その代わりとしてメジャー13年目のメイビンをスポット的に緊急補充した。エース格の右腕セベリーノを60日間ILにしてメイビンを40人枠に入れている。

ヤンキースは、サンチェス捕手が復帰したが、フレイジャーの10日間IL入りで13人目のILとなり、ルメイヒュー二塁手とガードナー外野手を除く7つのポジションがMLBサービスタイムで2年以下の選手。

それでも6連勝しているのだからラッキーだが、それは、MLB全体で5位(防御率)のブルペン陣が奮闘している結果だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2019/04/26 Fri. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0422

ヤンキースが野戦病院化!主砲アーロン・ジャッジで13人目のIR入り  




 ヤンキースの若きスラッガー、アーロン・ジャッジが脇腹を痛めて10日間の故障者リスト(IL)に入った。これでヤンキースは13人目のIR入りとなった。


 今季ここまで打率.288、5本塁打、11打点の主砲アーロン・ジャッジ。昨年はシーズン267本というチーム本塁打記録を更新した打線も下記のように3Aのようなマイナー打線に様変わりしている。



 昨シーズンは、12人がシーズン2桁本塁打を記録した重量打線だが、そのうちジャッジ以外にもスタントン、サンチェス、アンドゥーハー、ヒックス、バードに加えてトミージョン手術からリハビリ中のグレゴリアスらがIRでアクティブロスターにいない状況だ。

【ヤンキースのIRリスト】
ジャンカルロ・スタントン
アーロン・ジャッジ
ミゲル・アンドゥーハー
アーロン・ヒックス
ゲーリー・サンチェス
グレグ・バード
トロイ・トゥロウィツキー
ディーディー・グレゴリアス (60日間IR)
ジェイコブ・エルズベリー (60日間IR)
▽投手
デリン・ベタンセス
ベン・ヘラー (60日間IR)
ジョーダン・モンゴメリー (60日間IR)
ルイス.セベリーノ


これによりヤンキースの21日(日本時間22日)のラインナップ は下記のようになっている。

1. ルメイヒュー (2B)
2. ボイト (DH)
3. ガードナー (CF)
4. フレイジャー (RF)
5. トーチマン (LF)
6. ジオバニー・ウルシェラ (3B)
7. フォード (1B)
8. ロマイン (C)
9. タイラー・ウェイド (SS)

 MLBサービスタイムで1年以下の選手がボイド(0.169)をはじめ、トーレス(0.162)、トーチマン(0.079)、フォード(0.000)の4人もいるのだから驚く。スプリングトレーニングにタイムスリップしたような打線になっている。

 今シーズンは優勝候補に挙がっていたヤンキースだけに狭いヤンキースタジアムで「ゴルフ練習場」のようにスタンドに打ち込む大味なゲーム運びは当分の間見られそうにない。

 ただ、同地区の覇者レッドソックスも同じく開幕ダッシュに失敗している状況で、それが若干の救いかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/22 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド