メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0815

レッドソックス、新人R.デバース、A.ベニテンディが躍動してライバル対決制す  



レッドソックスの新人コンビが大活躍している。

レッドソックスの20歳のラファエル・デバース三塁手は、1点ビハインドの9回にヤンキースのクローザー、チャップマンの166キロを左中間に叩き込む同点打。

延長の10回には3番に入ったアンドリュー・ベニンテンディ外野手が、ケインリー投手から勝ち越しのタイムリーを放った。



試合は、3対2でレッドソックスが延長戦を制し首位攻防戦を2勝1敗で乗り切った。これで5.5ゲーム差。直接対決は、あと7試合残っている。

ベニンテンディは昨年後半にも出場して今季注目の選手だが、20歳のデバースは、現地7月25日のマリナーズ戦に9番サードでメジャーデビュー。ドミニカ共和国出身で2013年に150万ドルで契約した右投左打の三塁手。

各サイトのプロスペクト・ランキングでは2015年から今季までMLB全体100位以内に入り、特に今季はBAで18位、BPで13位、MLB.comで17位と高い評価を受けている。特長はパワーに優れ、広角に打てる技術があるということだ。

レッドソックスの三塁手はここ数年の補強ポイント。今季はサンドバルが不良債権化して途中解雇。ほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)だった。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていた。

しかし、デバースの活躍でデイライトが見えてきた。

デバースに同点弾を献上したチャップマンは、今季初の被本塁打。74試合ぶりの被本塁打だったらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/15 Tue. 10:13 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

カブス上原に続きヤンキース田中将大も故障者リスト入り  




カブスの上原浩治に続いてヤンキースの田中将大が現地12日、「肩の炎症」で10日間の故障者リスト(DL)入りした。

田中は、過去に右肘じん帯部分断裂で長期離脱(14年7月~)。翌15年の4月にも右前腕部の張りと右手首の腱炎のため、DLに入った経験がある。

16年はフル稼働し、31試合に投げて199回2/3で防御率3.07で最後までタイトル争いに加わった。今季は、開幕戦からここまで23試合に登板、8勝10敗、防御率4.92だった。



メディアの報道では、今回のDL入りについて「痛みはない。肩の炎症があって、腕は全体が疲れを感じて張りがある。ベストな状態でマウンドに上がるのはきついんじゃないかなと思った」と語ったという。

ヤンキースはア・リーグ東部地区で首位レッドソックスと3.5ゲーム差の2位。ワイルドカードでは圏内にいる。

それだけに田中やサバシアといったフロントスターターの離脱は痛いところだが、7月末のノン・ウェーバー・トレードの期限前にグレイ、ガルシアの先発2投手を補強している。

そのため、セベリーノ、モンゴメリーと続いて現地14日(月曜日)の先発が空白。その後はグレイ、ガルシアの先発ローテーションになるものと思われる。

5人目は、昨年9月に故障するまで先発が多かったチャド・グリーン(今季リリーフで26試合、先発1試合)あたりが先発要員になることが予想される。 

他には、4試合に先発のルイス・セッサ(0勝3敗、防御率6.23)あたりが候補だが、場合によっては12日のレッドソックス戦で3番手として登板したブライアン・ミッチェル(15試合に登板、先発は1試合)の可能性もある。

なお、田中のDL入りに伴って3Aから右腕ジオバニー・ガレゴスが再度コールアップされ12日のレッドソックス戦で2番手として登板している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/13 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0809

メジャーは9日前田健太、10日田中将大、11日ダルビッシュ有が登場!  



ドジャースの前田健太投手は前回の登板で7回2安打無失点の好投、2年連続2ケタ勝利となる10勝目をあげた。

8日(日本時間9日)のダイヤモンドバックス戦に11勝目をかけて、中6日で登板する。前田にとっては先発ローテの生き残りをかけた厳しいマウンドが続く。

ヤンキースの田中将大は9日午後7時7分(日本時間10日午前8時7分)開始予定のブルージェイズ戦に備えて敵地で最終調整した。

電撃トレードでアストロズからブルージェイズに移籍した青木宣親との対戦が楽しみだが、田中は2日のタイガース戦で、6回を2失点と好投したが、打線の援護がなくメジャーで初めて10敗目を喫した。

今季のブルージェイズは2戦全勝だが、トロントで投げるのは初めて。ホームランの出やすい敵地ロジャーズ・センターなので一発を警戒したい。

ダルビッシュ


10日(同11日)はダルビッシュが移籍2回目の先発。相手はダイヤモンドバックス戦。ここもボールがよく飛ぶことで有名。田中同様に一発に注意したい。

とくにダイヤモンドバックスは、アウェイで.235の打率に対してホームではMLB4位の.277と良く打つ。前回効果的だったカーブが甘く入らないように注意したい。

ファンとしては夢のような3連戦で、3戦ともしっかり録画して、一球入魂で観戦したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/09 Wed. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0808

《ラウンドアップMLB》各地区の状況と日本人選手の動向  




《第18週を終了したメジャーリーグの状況》

★ナ・リーグは西部地区でダルビッシュと前田が所属するドジャースが、メジャー最高勝率の79勝32敗(勝率.712)で首位独走中。

先発ローテーション投手の前田は8日(日本時間9日)に登板予定、移籍後の初登板で圧巻の投球を見せたダルビッシュは10日(同11日)に登板予定。

15.5ゲーム差の2位ロッキーズ、3位ダイヤモンドバックスもワイルドカード圏内。同地区の3チームがプレイオフに進出する可能性がある。

中部地区は上原のカブスが58勝52敗で2位ブルワーズと0.5ゲーム差の混戦状況。

上原は試合の要所で起用され続けており、今季42試合、38回の登板で45奪三振、防御率3.32と結果を残している。

東部地区はイチローと田澤のマーリンズが首位ナショナルズと13ゲーム差の2位。

田澤は6日(同7日)、ブレーブス戦で8回に登板し、完璧に抑えて勝利に貢献。前半戦は不調だったが、2試合連続無失点と手薄になったブルペンの中核になりつつある。

イチローは、メジャー通算安打を3061安打とし歴代単独22位になった。代打のみの起用が多く打席数が限定されている。打率.233、今季安打数31本。今季終了後には、先日3000安打に到達したレンジャーズのベルトレ三塁手に現役最多安打数を抜かれているかもしれない。

blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


★ア・リーグは東部地区で田中のヤンキースが59勝51敗で2位に転落し、首位レッドソックスとは3ゲーム差だが、ワイルドカード圏内。

青木のブルージェイズは首位と10.5ゲーム差の最下位。電撃トレードの青木は、7月まで在籍したアストロズ戦で移籍第1号本塁打を叩き込んだ。

西部地区は岩隈のマリナーズが首位アストロズと15ゲーム差の大差をつけられての2位。岩隈は依然、復帰できていない。このままでは37歳になる来季の契約も不利な状況で、日本球界復帰を選択する可能性もある。

中部地区はインディアンス、ブルワーズ、カージナルス、パイレーツが5ゲーム差内で覇権を争う混戦で、今のところインディアンスが首位をキープしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/08 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0802

MLB2017 トレード期限前のチーム別補強状況《ヤンキース編》  

 


ウエーバー手続きを経ないトレード期限前の各球団の補強状況をまとめていきたい。

ニューヨーク・ヤンキースは、ブライアン・キャッシュマンGMが「再建モード」を否定したが、大方のシーズン前予想では、若手の成長を待つ我慢のシーズンで、ワイルドカード争いが精いっぱいと見られていた。

しかし、4月には17年ぶりの8連勝で好発進するなど、序盤の好調が貯金になってレッドソックスと地区の覇権をかけたデッドヒートを演じている。

そのヤンキースが、久々に派手に動いた。しかし、今季だけでなく来年以降を見据えた補強という印象がある。

《獲得選手》
RP ギャレット・クーパー
3B トッド・フレイジャー
RP デビッド・ロバートソン
RP トミー・カインリー
1B ライアン・マクブルーム
SP ハイメ・ガルシア
SP ソニー・グレイ


先発、リリーフ、三塁手と実績のある選手を補強。この夏で最もインパクトのある補強をした。クリス・カーターの後釜になる一塁手はマイナー選手の補強に留まったが、チェイス・ヘッドリーを三塁から一塁へコンバートしている。

トミー・カインリー投手


一番の収穫は、先発の二人だが、それ以外にも、総年俸を抑制したいヤンキースは、ホワイトソックスから年俸53万5000ドルという格安のリリーバー、トミー・カインリー投手を獲得。すでにヤンキースで7試合に登板、防御率1.42(2チーム計2.34)と好投している。

MLB.comのスタッツでは平均97.97マイルというフォーシームを武器に奪三振率(K/9)が15.09。WHIP0.92と制球が良くなって安定感が増した投手だ。

27歳のトミー・カインリーは2020年までコントロールできるのも魅力のひとつで、ゲイリー・サンチェス捕手やアーロン・ジャッジ外野手、クリント・フレイジャー外野手らの陰に隠れる形にはなるが、数年後にはヤンキース・ブルペンの中核になれる右腕だ。



アメリカのWWEマットで活躍中のプロレスラー中邑真輔のテーマ曲でマウンドに上がるというファイターでもある。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/02 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0801

【MLB移籍情報】ヤンキースがソニー・グレイを獲得  




メジャーリーグでは、例年同様、トレード期限前の電撃移籍が報告されている。

個人的には青木宣親のトレードがサプライズだったが、ヤンキースが大方の予想通りアスレチックスから先発右腕ソニー・グレイを獲得した。

dkA8ySW_.jpg

ソニー・グレイは現地7月30日の日曜日に先発する予定だったが、登板を見送ってアスレチックスとヤンキースとの間で交渉が継続していることが伝えられていた。

ヤンキースは先発右腕マイケル・ピネダのトミージョン手術による長期離脱など、メジャーでも中レベルという評価の先発ローテーションのアップグレードに成功した。

グレイは、今季だけではなく、2018年、19年とコントロールできることから、今オフにフリーエージェントになるC.C.サバシアらの穴を埋めることになる。



アスレチックスが受け取る見返りは、ヤンキース内プロスペクト・ランキングNO.4のダスティン・ファウラー、NO.8のホルヘ・マテオ、NO.12のジェームズ・カプリエリンの3人。

センターの守備力が魅力でアスレチックスがスカウトを1Aに送って関心を寄せていたエステバン・フロリアルは交換要員に入らなかった模様。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/01 Tue. 05:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0731

ヤンキースがツインズから先発左腕ハイメ・ガルシアを獲得  



ヤンキースがツインズから先発左腕ハイメ・ガルシアを1対2のトレードで獲得した。ヤンキースからは2Aクラスのザック・リッテル投手と3Aの左腕ディートリック・エンス投手がツインズへ移籍する。



ガルシアは24日にブレーブスからツインズへトレードされたばかりだが、ブレーブスでは1試合に先発しただけで、ロッカーをニューヨークに移すことになる。

ダルビッシュやソニー・グレイほどのインパクトはないもののガルシアはカージナルス在籍時に、ワールドシリーズでの2試合を含む7試合に先発するなどポストシーズンでの経験もあり、防御率1.80と好投している。

DF_AGoEXUAEP7VR.jpg

ピネダがトミージョン手術で離脱したヤンキースの先発ローテは、セベリーノ、C.C.サバシア、田中将大の順番で、田中の次にガルシアがきて、モンゴメリーが来るといったローテーションになると予想される。

ダルビッシュがどこに移籍するのか、様子見のような展開だが、この後に、ソニー・グレイの獲得にも動いているという情報もあり、残り1日で大きな動きがあるのか注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/31 Mon. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0729

【MLB移籍情報】ダルビッシュはドジャース、グレイはヤンキース?  



今夏のトレード市場で最も注目されるエリートスターターのダルビッシュ有(レンジャーズ)、ソニー・グレイ(アスレチックス)、そして剛腕ジャスティン・バーランダー(タイガース)の去就は、リーグに大きなパワーバランスの変化をもたらす。

複数のメディアが報じたところによれば、レンジャーズがダルビッシュ放出の意思を固めたという事だ。レンジャーズのフロントが「売り手」にシフトしたという事になる。

ダルビッシュ

ダルビッシュ有をトレード期限前に放出すれば、クオリファイング・オファーによるドラフト指名権よりも遥かに大きな見返りがあることを考えると、ダニエルズGMは表向きは否定するものの、複数の情報筋が「適切なオファーであれば応じる姿勢で他球団とコンタクトしている」と伝えている。

MLB Networkの記者ジョン・モロシによると「ドジャースがダルビッシュ、ソニー・グレイ、そしてジャスティン・バーランダーの3人のうち1人は獲得できるという確信を得ているようだ」とレポートしている。



FOXスポーツ/MLBネットワークのケン・ローゼンタール記者は関係者の話として「レンジャーズはダルビッシュ放出で質の高いトレードができると確信している。他球団にトレードの意思を伝え、積極的に交換要員の名前を交換している」とツイート。

ダルビッシュのトレード放出に向けて、大きく動き出したと報じた。

その中でもドジャースは、ダルビッシュに強い関心を示していると報じられ、豊富な資金とファーム層では、他球団より一歩リードしているという。

ドジャースをはじめ、ヤンキース、アストロズは、ダルビッシュがトレード拒否権を持つ10球団に入っていない。

ここからは仮定の話だが、もし、ダルビッシュがドジャースへ移籍するとなれば、ジグソーパズルのように、次のピースであるソニー・グレイは、ヤンキースに決まるかもしれない。

次の月曜日まで、メジャーのトレード市場から目が離せない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/29 Sat. 06:14 [edit]

CM: --
TB: --
   

0727

【MLB移籍情報】ソニー・グレイ争奪戦は、どの球団が制するのか?  



夏のトレード デッドラインを前にダルビッシュの去就が気になるところだが、レンジャーズ側の要求が高く、ワイルドカードまで3.5ゲーム差とポストシーズンへの可能性も残ることから、「レンジャーズの望む見返りを提示しない場合、テキサスはダルビッシュを手放さずにア・リーグのワイルドカード争いに努力し続けることになる」と、ダニエルズGMのコメントをESPN.comが報じている。

blog_import_54ca745572dda.jpg


そこで、メディアの報道はアスレチックスの先発右腕ソニー グレイ争奪報道にシフトしたようだ。

アスレチックスのフランチャイズ、オークランドの対岸にあるサンフランシスコの地元紙は、現地25日のグレイの登板には7チームが視察し、それ以上のチームが水面下で移籍交渉をしているという内容の記事を報じている。

その7チームとはヤンキース、カブス、ドジャース、ブルワーズ、パイレーツ、インディアンス、ロイヤルズで、グレイのアスレチックスと同地区ライバルのアストロズは、対戦も多く敢えてスカウトを送らなかったという。

争奪戦をリードしているのは、ヤンキースとそのアストロズで、MLB公式サイトのマーク フェインサンド氏によれば「ヤンキースがソニー グレイだけでなく、ヨンダー アロンソの両者を獲得するトレードに向けて前進している」ということだ。

ヤンキースは、ホワイトソックスとのトレードでロバートソンとケインリーを獲得しブルペンは強化した。懸案だった三塁もフレイジャーの獲得でカバー。しかし、先発と一塁手は手付かずのままだ。そこで、グレイ、アロンソをまとめて獲得したい方針。

プレイオフを勝ち抜くには、強力な3枚の先発投手が必要。ヤンキースは、ルイス セベリーノ(防御率3.21)、C.C.サバシア(防御率3.44)の2枚で、それに続くのがルーキーのジョーダン モンゴメリー(防御率4.44)と田中 将大(防御率5.37)。

田中はプレイオフでの実績が無い。ここでも何度も触れたが、たとえソロホームランにせよ、1発の被弾で先行されれば短期決戦は苦しくなる。2015年のワイルドカードでも2本のホームランを被弾して先行され、ヤンキースは敗れ去った。



アスレチックスは若い外野手(特にセンター)のプロスペクト獲得を優先していて、特にヤンキースの1Aに所属するエステバン フロリアルに関心を示していることも報じられ、交換要員としてホルヘ マテオ遊撃手(兼 中堅手)、3Aのビリー マッキンニー外野手の名前も挙がっている。

グレイ争奪戦の様子は、ファンラグ スポーツのジョン ヘイマン氏もまとめている。ホワイトソックスとのトレード時のように2対3~4人の複数トレードが実現するかもしれない。


◇記事参考はコチラ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/27 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0724

【MLB移籍情報】トレード市場は期限前の小さな動きが目立つ展開  



夏のトレード市場は、ダルビッシュ有の話題で持ちきりだが、ドジャース、ヤンキース、カブス、アストロズの名前が挙がっている。

ヤンキースとブルージェイズでトレードが成立した。ヤンキースからはロブ・レフシュナイダー外野手を、ブルージェイズからマイナー選手のライアン・マクブルーム一塁手(兼外野手)をトレードする。

26歳のレフシュナイダー外野手は、韓国出身、生後3カ月でアメリカ合衆国・カリフォルニア州在住の夫婦の養子となった。

メジャーキャリア3年で94試合、打率.241、OPS.643、2本塁打、17打点。ヤンキースでは、一塁手、右翼手などユーティリティとして起用された。

25歳ライアン・マクブルームは2Aで一塁と外野を守り、左投げ右打ち、今季は2Aで12本塁打を記録している。



いずれにしても、後半戦にインパクトをもたらすようなトレードではない。

地区優勝へ独走中のアストロズは、アスレチックスの先発投手ソニー・ グレーを継続して調査中だが、パフォーマンスが低下していることもあって、他の投手も含めてトレード市場を見きわめている模様。




この数日で、動きのあったものとしては、マリナーズがカージナルスからマルコ・ゴンザレス投手をトレードで獲得。

マルコ・ゴンザレスは25歳の先発左腕で、2015年シーズン開幕前にはベースボール・アメリカがMLB全体で50番目、ベースボールプロスペクタスが同52位にランクしている若手有望株。

2014年にメジャーデビュー。34回2/3を投げて防御率4.15という成績をのこしたが、2015年に、左肘のトミージョン手術を受け、今年メジャーに復帰している。戦力的には未知数で、即戦力というよりは数年間キープできる選手として期待値で獲得した選手。

マリナーズは右投げ右打ちの22歳の外野手タイラー・オニールが交換要員。チーム内で2番手に評価をされていたプロスペクトで3Aまで昇格している。

マリナーズの外野陣は、若手のベン・ギャメル、ミッチ・ハニガーが育ち、ロイヤルズから今季移籍してきたジャロッド・ダイソンを中心に、他にもギジェルモ・エレディアやマイナーにプロスペクトが数人いるため交換要員として差し出したと思われる。

さらに、34歳マーク・ロウ投手と35歳ジーン・マチ投手の両ベテラン右腕を金銭トレードでホワイトソックスへ放出した。

また、ドジャースが成績不振のリリーバー、セルジオ・ラモスをレイズにリリースしている。ジャイアンツで9年間、ブルペンの中心投手だったラモスは、今季、永年のライバル、ドジャースに移籍したが30試合で、キャリアワーストのスタッツで、ドジャースをお払い箱になったイメージが強い。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


 

関連記事

Posted on 2017/07/24 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド