メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0714

オリオールズのマチャド争奪戦に東海岸の名門2チームも参戦か!?  




 この夏の移籍市場で注目選手の一人、オリオールズのマニー・マチャドに関しては、何度か紹介したが、当初伝えらていた7球団に加えてヤンキース、レッドソックスも水面下で参戦しているという。

 マニー・マチャド、ザック・ブリトンが2018年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になるオリオールズ。

そのオリオールズが所属するア・リーグ東部地区は、スタントンが電撃移籍したヤンキースと安定した先発投手陣に大砲のJ.Dマルティネスを加えたレッドソックスが2強を形成して付け入る隙もなく、オリオールズは、26勝68敗の最下位に沈んでいる。

 当然、この夏の「売り手」としてマニー・マチャド、ザック・ブリトンらの主力選手の移籍が浮上しているが、マチャドに関しては、西海岸のドジャースやダイヤモンドバックスなどに、中部のブルワーズ、フィリーズ、ブレーブス、インディアンス、カブスを加えた7球団による争奪戦が伝えられていた。

 オリオールズはファームに人材不足で、その中でも投手のプロスペクト層が極端に薄く、交渉している各球団には、投手のトッププロスペクトを要求していると報じられている。


smile (2)


 ヤンキースには、左腕のユスタス・シェフィールドやチャンス・アダムスらのプロスペクトがいる。2人とも既に3Aまで昇格している。

シェフィールドは、ベースボール・プロスペクタス(BP)がMLB全体で57位、ベースボール・アメリカ(BA)が同41位、MLB公式サイトが同48位にランク。アダムスは、BPがMLB全体で51位、BAが同81位、MLBが同75位にランクしているプロスペクト。

ただ、シェフィールドに関してはヤンキースが交渉のテーブルにあげていないという情報もある。加えてヤンキースはMLB全体で12位の先発ローテンションの強化が優先で、候補としてJ.A.ハップ(ブルージェイズ)、コール・ハメルズ(レンジャーズ)、マイケル・フルマー(タイガース)らの名前が挙がっている。

こちらの交渉の方が現実味があるような気がする。

レッドソックスは、ここへ来て10連勝。3.5ゲーム差をつけて首位に立つが、地区3連覇にはブルペンの強化を視野に入れているという。その流れでザック・ブリットン(オリオールズ)の名前が浮上。ほかにフェルナンド・ロドニー(ツインズ)、アダム・コンリー(マーリンズ)らが候補になる。

レッドソックスの場合、21歳のラファエル・ディバース三塁手が故障で故障者リスト入りしたが、エドゥアルド・ヌニェスがその穴を埋めており、ザンダー・ボガーツも遊撃にいるため、マニー・マチャド獲得に関しては優先事項ではないような気がする。


▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ


関連記事

Posted on 2018/07/14 Sat. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0712

元メジャーリーガー黒田博樹氏、西日本豪雨に義援金1000万円寄付  




プロ野球広島東洋カープOBで、メジャーリーグ、ロサンゼルス・ドジャースやニューヨーク・ヤンキースで活躍した黒田博樹氏(43)が12日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた被災地のために、広島県庁が開設した義援金口座に1000万円を寄付したことを所属事務所を通じ発表した。

黒田氏は「この度は西日本豪雨でお亡くなりになられた方々にお悔やみ申し上げますと共に、まだ行方不明になられている方々が一刻も早く救助されることを願っています。被災された方々、連日救助活動をされている方々に、少しでもお力になれればと思います」とコメントを寄せた。

黒田氏は、これまでも自分を育ててくれた広島の復興に支援の手を差し伸べてきた。





あの2014年8月20日に広島でおこった土砂災害。多くのメジャーリーガーがするように黒田も自分を育ててくれた「広島」に被災地支援の義援金を送っている。

ここでも紹介したが、あの時も、その前後から4試合で3勝。全て2失点以内。崖っぷちのチーム、故郷の災害。大変な時こそ、その人の「人と成り」が出るものだ。

高校の時は、控え投手だった。大学でやっと芽が出た。プロ野球では弱小球団。その時も芽が出るまで、辛抱して使ってもらった。けっしてスター街道を歩いてきた選手ではない。

ヤンキースでは、打線の援護が少ない試合が続いた。そんな黒田のピッチングを支えてるのは、口にはしないが、広島の皆さんへ「感謝」や「励まし」を送りたいという気持ち。そんな気迫を感じるマウンドだった。

義援金は義援金配分委員会を通じて県内の各市町村に割り振る予定となっており、また広島県庁が11日に開設した義援金口座は、広島銀行、もみじ銀行、広島県信用農業組合連合会の口座でも義援金を受け付けている。



◇関連記事
ヤンキース黒田 「がんばろう広島」 勇気の91球
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1277.html

男の生きざま 39歳黒田が10勝目 被災地広島に送る1勝
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1299.html




▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/12 Thu. 15:07 [edit]

CM: --
TB: --
   

0705

ヤンキースの新人捕手 日系4世 カイル ヒガシオカが珍記録  




 先日、メジャー初安打初本塁打を放ったヤンキースの日系4世カイル・ヒガシオカがデビューから3安打がすべてホームランという珍記録を作った。

 28歳のヒガシオカは2008年のドラフト7巡指名でヤンキースに入団。昨季メジャーデビューするまで9年もかかったオールドルーキー。西海岸のカリフォルニア州オレンジカウンティ出身。

 ヤンキースの捕手は、正捕手のゲイリー・サンチェスが10日間の故障者リスト入り。2番目捕手は7年目のオースティン・ロマイン。3番目の捕手が2年目(サービスタイム0.031)のヒガシオカという布陣。

 現地6月1日、同地区ライバルで首位争いを繰り広げているレッドソックス戦で左腕プライスからメジャー初安打となるソロを放ち、3日のブレーブス戦でも第2号を記録。そして4日のブレーブス戦でもスタメンでマスクを被り、第2打席で左越えにソロホームランを放った。




メジャーで自身3本目の安打もホームランは、MLB.comによればヤンキースではアルフォンゾ・ソリアーノ(元広島)に次いで史上2人目ということだ。

 もともと長打力のあるヒガシオカは、2016年にマイナーで21本塁打を記録。2番手のロマインが7年間で11本塁打(今季4本)しか記録しておらず、このままコンスタントに長打が出ると2番手でメジャー定着も考えられる。

ヤンキースには2Aにも日系捕手で昨年R5(ルール・ファイブ)ドラフトで獲得した25歳のチェイス・ヌマタも所属している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/07/05 Thu. 16:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0625

RソックスのC.セールが13奪三振で7回無失点!ヤンキースとゲーム差なしで追走  



 ア・リーグ東部地区がレッドソックスとヤンキースの名門2球団によるライバル2強争いになっている。

 24日(日本時間25日)は、レッドソックス先発左腕クリス・セールが7回13奪三振を奪う力投でマリナーズに5対0と勝利して52勝27敗(勝率.658)、レイズに敗れた首位のヤンキース(50勝25敗、勝率.667)をゲーム差なしで追走している。

 セールは7勝目。奪三振も17試合の先発で153のリーグトップ。MLB全体でもナショナルズのマックス・シャーザー(16試合)の奪三振161に次いで2位。奪三振率(K/9)も12.63でリーグトップの数字だ。

 被本塁打も10本と少なく打者有利の球場が多いア・リーグ東部地区のパークファクターを考えても秀逸だ。ちなみに、ヤンキースの田中将大は13試合の先発で16発の本塁打を浴びている。

 セールは投球回数も109イニングで、インディアンスのエース右腕コーリー・クルーバーに次いでリーグ2位とチームに貢献している。

 もともとリーグ屈指の先発ローテーションは、防御率でMLB10位とやや物足りないが、ブルペンが同6位と好調。

クローザーのクレイグ・キンブレルは22セーブ。ほかに、ジョー・ケリー、マット・バーンズとバックエンドを任せられるメンツが揃っている。

さらに、29歳でメジャー2年目のメキシコ人ヘクター・ベラスケスもここまで21試合39回2/3で防御率2.50と結果を残している。


J.D.マルティネス効果で打線も威力増す

 レッドソックスは攻撃陣も好調で、チーム打率はアストロズと並んでMLBトップ、得点数で同2位。本塁打数も同3位と昨年に比べて本塁打数は大幅にアップグレード。

FAで獲得したJ.D.マルティネスは23本塁打でマイク・トラウトらと並んでMLBトップタイ。ムーキー・ベッツも19本塁打で続き、本塁打数で同27位だった昨年の長打力不足を1年で解消している。

 

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/06/25 Mon. 18:14 [edit]

CM: --
TB: --
   

0607

2018年夏に成立する可能性が高いトレード  




MLB公式サイトのリチャード・ジャスティス氏が、この夏のトレード期限前に成立しても不思議ではないトレードを紹介している。

その観測的な記事の一部をピックアップして個人的な見解も追加して紹介したい。


■ヤンキースが左腕コール・ハメルズを獲得

ヤンキースは、昨年デビューして9勝をマークした若手左腕のジョーダン・モンゴメリーが左肘の靱帯(じんたい)修復手術を受けると発表した。

仮に彼がいたとしても先発ローテは開幕前から同リーグのアストロズ、インディアンス、レッドソックスと比べると、とてもポストシーズンを勝ち上がれるメンツではなかった。

エリートスターターと言えるのは、セベリーノ(防御率2.20、AL3位)ぐらいで、7勝を挙げているものの田中将大は、一時期の球威が影を潜めている。12試合に先発してクオリティスタート(QS)も5回と安定感がない。防御率も4.79と低迷している。ここで何度も紹介しているが、被本塁打15本もワースト5に入っている。

ただ、夏場に強いタイプで、球宴後の勝負のかかった場面での1段階ギアを上げたピッチングは期待できる。

昨年、夏に獲得したソニー・グレイはもっと酷い。防御率4.81(AL38位)は、チームによっては5番手か降格ライン。四球が30と多く、BB/9は4.24で最低クラスで、この為、球数がかさみ、これではイニングイーターとしての役割も果たせない。

レンジャーズは「売り手」として主力の放出に応じる姿勢で、ハメルズのポストシーズンでの強さ(16試合:防御率3.48)を考えると候補には挙がる。

ヤンキースの左腕が、7月に38歳になるCC・サバシア1枚では心許ないからだ。ただし、ハメルズも四球(BB/9は3.38)が多く、被本塁打(15本)も多い。2018年の年俸も1200万ドル程度残る。

トレードの場合、交換要員としては、ファーム層に質と層があるヤンキースから、メジャーレベルに近いユスタス・シェフィールド(ヤンキース内 No.3)、アルバート・アブレユ(同 No.4)、フレイサー・ペレス(同No.7)らが候補になる可能性があるという。


blog_import_54ca745572dda.jpg


■ アストロズが守護神ザック・ブリットンを獲得

攻守のバランスが取れたアストロズだが、ウィークポイントを挙げるとしたらブルペン。特にクローザーが弱い。

リチャード・ジャスティス氏の観測では、ザック・ブリットンは右アキレス腱断裂からの復帰途上でリスクはあるが、アストロズが彼を必要とするのは10月なので、アストロズなら無理な起用をせずに調整することができるという。

ケルビン・ヘレーラ、ライセル・イグレシアス、ブラッド・ハンドらが市場にはいるが、健康な時のザック・ブリットンに勝る投手はいない。

3年間の平均成績は68試合、防御率1.38、WHIP0.909、9イニング換算の奪三振率9.3を記録。

アストロズは2017年のトレード期限前に獲得目前にいるとの感触を得ていたが覆された。しかし、今季終了後にブリットンがFAとなるので、今年は応じる可能性がある。

アストロズのジェフ・ルノーGMはフォレスト・ウィットリー(P)、カイル・タッカー(OF)、J.B.ブカウスカス(P)の3人はアンタッチャブルとするだろう。

そのためオリオールズはロジェリオ・アーメントロス(P)、J.D.デービス(3B)などをターゲットにする可能性があるという。

ポストシーズンのレンタル選手への獲得としては、大きい代償だが、ワールドシリーズ連覇の最終ピースだとアストロズは考えるかもしれない。



◇記事参考
https://www.mlb.com/news/5-mlb-trades-that-could-happen-before-deadline/c-279533358
https://baseball.information0.com/major-baseball/five-trades-that-make-too-much-sense-not-to-happen/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/06/07 Thu. 17:33 [edit]

CM: --
TB: --
   

0526

ヤンキースのG.トーレスが4試合連続9号、A.ジャッジが2捕殺で先勝  




見どころ満載だったGAME1  
トーレス、セベリーノ、そしてジャッジ



投打の二刀流で21世紀のベーブ・ルースと全米が注目の大谷翔平がニューヨークに初上陸。

ということで話題の3連戦。ヤンキース対エンゼルスのGAME1はヤンキースが2対1で制した。

 大谷翔平は、試合前の打撃練習で32スイング中14本がフェンスを越える打球を放ち、そのうちの数本はアッパーデッキへ打ち込むなど大物の片りんをヤンキースタジアムでも見せた。

 その大谷だが、試合では3打数ノーヒット、1四球だった。浴びせられる大ブーイングが実力の証かもしれない。第4打席は快速球のクローザー、アロルディス・チャップマンとの「100マイル」対決だったが、二塁ベースの右にシフトを敷いていたショート正面のゴロに終わった。この日は、同じような当たりがもう1本あった。

 ヤンキースの先発はア・リーグトップタイの7勝をあげているルイス・セベリーノ。この日は、4四球を出したが、エンゼルス打線を被安打4、マイク・トラウトの16号ソロによる1失点に抑えた。

守備でもアーロン・ジャッジ右翼手がレーザービームで2アシスト(捕殺)を決めた。



 しかし、この日のヒーローは4試合連続の9号ソロ本塁打を放ったヤンキースのグレイバー・トレス内野手。21歳での4試合連続はア・リーグ最年少記録。

ヤンキースのNO.1プロスペクトというだけでなく、MLB公式サイトはMLB全体でNO.1、ベースボール・アメリカが同NO.3にランクするメジャーでも屈指の有望株。

現地4月22日にトーレスがメジャーに昇格してからのヤンキースは21勝6敗と好調だ。ここまで28試合に出場して打率.333、9本塁打、24打点。出塁率.393、長打率.646、OPS1.038。

DeFk0QmVMAAvu1O.jpg

 ヤンキースは、ジーターなどの“コア4”と呼ばれる主力選手たちが引退して再建期かと思われていたが、長期間低迷することなく順調に若手が台頭している。

昨年は、アーロン・ジャッジがア・リーグ新人王を獲得してMVP投票ではホセ・アルトゥーべに続く2位となり、投手ではルイス・セベリーノがサイヤング賞投票で3位、さらにゲーリー・サンチェスがシルバースラッガー賞を獲得するなど、今後のチームのコアとなる20代の選手たちが活躍。

そして、今季もトーレスや23歳のミゲール・アンドゥハー三塁手(打率.291、5本塁打、OPS.811)も成長している。

新人賞レースで、大谷翔平の強力なライバル達が現れた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/26 Sat. 14:55 [edit]

CM: --
TB: --
   

0525

田中将大vs.大谷翔平の投手対決は延期、打者大谷との可能性は?  



エンゼルスのマイク・ソーシア監督は24日(日本時間25日)、定例の試合前会見で大谷翔平が投手として先発登板予定だった27日(同28日)の敵地ヤンキース戦を回避すると発表した。

これで、ヤンキース田中将大とエンゼルス大谷翔平の日本人投手による投げ合いは持ち越しとなった。

エンゼルスは25日からニューヨークでヤンキースと3連戦を行い大谷は、27日のGAME3に先発登板する予定だった。

しかし、ソーシア監督は「大谷の疲れを取る必要がある」と判断して登板させないことを決めた。前回の登板で大谷はメジャー最多の110球を投げていた。

今季のエンゼルス対ヤンキース戦は6試合が組まれており、これで田中将大と大谷翔平の今季のレギュラーシーズンでの対戦は無くなった。

東海岸では、なかなかお目にかかれない「2WAY STAR」の登場に、ニューヨークの地元紙『ニューヨーク・ポスト』やスポーツ専門チャンネル『YESネットワーク』などのニューヨークメディアは一斉に落胆の記事を書いてるが、現場の指揮官は、それどころではないということなのだろう。

ただ、打者としての出場の可能性は残り、田中将大と「DH大谷」との対決の可能性は残る。

エンゼルスは本塁打こそア・リーグ5位だが、アベレージは同10位と平均以下。ここ一番でつながらない場面が多く、得点圏打率5割ちかい勝負強さの大谷に期待して3連戦を打者として起用する可能性はある。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/25 Fri. 15:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0520

【AL-EAST】レッドソックスとヤンキース、2強対決のAL東部地区  




 約4分の一を経過したMLB。アメリカンリーグ東部地区では久々に東部の名門2チームによる首位争いが演じられている。

☆現地19日終了時点での順位表

【東部地区】
R/ チーム / 勝 敗 / 勝率 / 差
1 ヤンキース   29 13 .683 -
2 レッドソックス 31 15 .667 0.0
3 レイズ     22 22 .500 8.0
4 ブルージェイズ 22 24 .478 9.0
5 オリオールズ  14 31 .318 16.5


 レッドソックスとヤンキースがゲーム差なしでトップ。3位以下に8ゲーム差をつけている。

 レッドソックスは、「BOSTON STRONG」を合言葉に上原浩治や田澤純一などが活躍した13年のワールドシリーズ制覇以来、14、15年は地区最下位と低迷したが、16年は地区1位に返り咲き、昨年も連覇した。

 打線は、ベッツ、ボガーツ、ブラッドリーJr.の若手“3B”に加えてトッププロスペクトだったベニンテンディ外野手も成長。三塁手もラファエル・デバースがシーズン途中から台頭した。

 ただ、チームの顔だったデビッド・オルティーズが引退して小ぶりになった打線は、本塁打数がMLB30チーム中27位と落ち込んだ。そのため17年オフは、FAの目玉選手だったJ.D.マルティネスを補強。

 30歳のJ.D.マルティネスは、打率.339(MLB5位)、13本塁打(同3位T)、38打点(同2位T)と下馬評どおりの活躍。加えて最強1番バッターのムーキー・ベッツも打率と本塁打数でMLBトップの数字を叩き出し、チーム打率、得点数でMLB1位。チーム本塁打数もここまで同2位と劇的に破壊力を増している。

 投手力もセールを軸に、プライスも故障から復活傾向。ポーセロ以外、全員が左投手なのが、右の長距離砲が多いヤンキース相手にどうなるのか。首位攻防戦に注目だ。

クリス・セール
デビッド・プライス
リック・ポーセロ
エドゥアルド・ロドリゲス
ドリュー・ポメランツ

先発陣のスタッツは、防御率で先発陣がMLB8位(AL3位)、ブルペンが同9位(同4位)の防御率と今年も安定。

アストロズやインディアンスの先発ローテーションとも見劣りしない陣容と言える。ブルペンも、クローザーのキンブレルやジョー・ケリー。5月15日に10日間DL入りしたがカーソン・スミスが3年ぶりに復活し、駒が揃ってきた。


smile (2)


 レッドソックスの3連覇を阻みたいヤンキースは、オフに本塁打王スタントンを電撃補強。

 優勝候補に推す関係者も多かったが、打線は穴が多く、ジャッジはMLB4位の59三振、スタントンも5位の58三振。このままでいくと2人でシーズン400三振という不名誉な記録になりそうだ。

チーム得点数でMLB2位、本塁打数で同3位は予想どおりだが、打率で同10位と物足りない数字だ。

 それに比べ、投手陣は、セベリーノ、田中将大を中心に踏ん張っている印象。先発陣のスタッツは、防御率で先発陣がMLB9位(AL2位)、ブルペンが同8位(同3位)とシーズン前の予想に比べ悪くない。


 ヤンキースがアーロン・ブーン、レッドソックスがアレックス・コーラの新監督に代わった今年。この夏の補強も含めて、東海岸の名門2チームから目が離せない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/20 Sun. 13:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0430

ヤンキースが大谷不在のエンゼルスを3連戦スイープで9連勝  



エンゼルスが好調ヤンキースをホームに迎えた3連戦は、大谷翔平と田中将大の日本人対決などで注目されたが、GAME1の第2打席で大谷が左足の足首を負傷。

結局、終わってみればヤンキースが3連戦スイープ。詰めかけた日本人観光客やテレビの前で期待していたファンをがっかりさせる結果になった。





GAME1は、延長の末、グレゴリウスの決勝弾でヤンキースが先勝。

GAME2は、田中将大が相性の良いエンゼルス相手に6回を投げ切り被安打2、失点1、9奪三振の好投で4勝目(2敗)。打線もエンゼルスのエース格リチャーズを早々と攻略。リチャーズは2回持たずに9失点で降板した。

GAME3は、メジャーリーグサービスタイム17.000の大ベテラン、CC.サバシアが7回を被安打5、失点1、4奪三振のハイクオリティスタートで今季2勝目。通算239勝目(146敗)を挙げた。

DcAJoGaW0AEf-jT.jpg


大谷が、GAME1の第1打席でセベリーノのフロンドアの豪速球を見事に捉えて弾丸ライナーの先制4号ソロを叩き込んだあの打席だけが、エンゼルスの唯一の見せ場だった。

大谷は、そのポテンシャルを最初の20試合で見せつけた。それだけに、レッドソックス戦での右手のマメによる2回ノックアウトといい、この先、故障に悩まされるメジャー生活だけは避けて欲しい。

第1打席の本塁打で、モチベーションが上がっていたのかもしれないが、あのセカンドゴロで全力疾走して一塁ベースを踏み損ねる走塁は、残念としか言いようがない。

今後も、たとえば塁に出て牽制球による帰塁の際の利き手の負傷など、考えられるケアは十分対策を取って欲しい。

二刀流の最大の敵は、そうしたアクシデントかもしれない。

これでヤンキースは9連勝。両リーグ20勝一番乗りのレッドソックスを2ゲーム差で追いかける展開になっている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/30 Mon. 20:27 [edit]

CM: --
TB: --
   

0406

田中将大 7回途中3失点、タイミング遅れた投手交代  




 ヤンキースの田中将大が現地5日、ニューヨークで行われたオリオールズ戦に先発登板。7回途中、3失点で降板した。6回1/3を投げて6安打、7奪三振と好投したが、痛恨の逆転2ランを7回に浴びて今季初黒星を喫した。



ヤンキースの新監督アーロン・ブーンは投手交代のタイミングを誤ったのかもしれない。

アーロン・ジャッジの先制弾で1点をリードした7回。先頭のスクープを塁に出した時点で81球。変化球のキレは鈍くなっていたように見えた。前回は6回79球で交代していた。

シーズン序盤を考えると無死で先頭打者を出した時点で交代するのが妥当なタイミングだった。

メジャーでは、本当の闘いはオールスター後の8月、9月が正念場。今季が契約更改年でFAになる選手の場合は、スタートダッシュが必要かもしれないが、複数年契約が残るエリート・スターターと言われる先発ローテのトップクラスの選手たちは、夏頃から秋のポストシーズンにピークを持っていくのが定石だ。

この時期に球数を投げさせるのは、162試合の長丁場を考えた場合に考えられない。

狭いヤンキースタジアム。昨年ALワースト3位の35本塁打を献上した田中のスタッツが頭に入っていれば6回を投げきった時点で交代させても早くないぐらいだ。

田中は、これまで対オリオールズ戦は8試合投げて6試合でクオリティスタート。防御率3.58は悪くはない。

ただ、ホームランを打たれたアダム・ジョーンズに対しては、この試合の前までレギュラーシーズンで21打数7安打、打率.333。二塁打1、本塁打1本を打たれていて相性は悪い。

メジャーで388人の打者と対戦して、20打席以上対戦している打者は25人いるが、5番目に打たれているのが、アダム・ジョーンズだった。

前監督のジョー・ジラルディだったら、先頭のスクープを出した時点で交代していただろう。

ブルペンにはクローザーのチャップマンはじめ、ベタンセス、ケインリー、ウォーレン、グリーンなど、昨年30球団中3位のリリーバー達が控えているからだ。

結局試合は、5対2でオリオールズが勝った。痛恨の逆転弾を許した田中は1勝1敗、防御率2.92。12回1/3で15奪三振、2試合で2本塁打を献上しているが、全体的には、まずまずの内容だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/06 Fri. 16:46 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド