メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0222

3チームによるトレード成立!マルティネスを逃したDバックスがスーザJr.を獲得  

 


今週末からは、フロリダとアリゾナの2大キャンプ地でオープン戦が始まるメジャーリーグ。現地20日には、そうしたタイミングを受けて多くの選手の移籍先が確定している。メジャーでは、移籍もビジネスだが、この春は、さすがに遅い。

既に多くのメディアで報道されているが、ヤンキース、レイズ、ダイヤモンドバックスの3チームによるトレードで複数の選手が移籍した。


ARI→NYY ブランドン・ドルーリー内野兼外野手獲得

TB→ARI スティーブン・スーザ・ジュニア外野手獲得
NYY→ARI テイラー・ワインダー投手獲得

NYY→TB ニック・ソラク内野手獲得
ARI→TB アンソニー・バンダ投手と後日2名獲得



ヤンキースは12月のウィンターミーティングでもリストアップしていた25歳のブランドン・ドルーリーをダイヤモンドバックスから獲得。ポジションは二塁、三塁を中心に内野の全ポジション、外野も両翼を経験しているユーティリティ選手。

15年9月にメジャー昇格。16年は134試合で打率.282、出塁率.329、長打率.458、OPS.786、16本塁打。17年は135試合で打率.267、出塁率.317、長打率.447、OPS.764、13本塁打というまずまずの成績を残した。

MLB.comの記事では、今季から三塁ベースコーチに就任したフィル・ネビンがダイヤモンドバックス時代に教えていたのがドルーリーで、彼の才能を絶賛しているという。

ドルーリーは、ユーティリティのために使い勝手が良く、しかも年俸調停権を有していないため、年俸は55万ドル程度と格安。FAまで4シーズンをヤンキースがコントロールできる。

10年のMLBドラフト13巡目(全体404位)でブレーブスから指名されているので、当初は、それほど期待された選手ではなかったかもしれないが、場合によっては、ブルージェイズのドナルドソンのように大成するかもしれない。

ヤンキースはスタントン獲得のために正三塁手のチェイス・ヘッドリーをパドレスに、正二塁手のスターリン・カストロをマーリンズに放出した。その穴埋め要員のひとりと考えられる。

交換要員としてダイヤモンドバックスにはマイナーリーガーのテイラー・ワインダー投手を、レイズにはマイナーリーガーのニック・ソラク内野手、差し出した。


Dバックスはマルティネスの穴を埋める外野手が狙いのトレード


ダイヤモンドバックス目線で見るとJ.D.マルティネスとの再契約に失敗したが、ジャロッド・ダイソン外野手との契約に続いて、レイズからスティーブン・スーザ・ジュニア外野手をこのトレードで獲得したことになる。

ダイソンには、長打力がない分、同じ外野手でもスティーブン・スーザ・ジュニアは昨季30本塁打をマークしている。守備でも右翼手としてDRS+7、UZR+5.5を記録している。額面通り活躍してくれれば18年も含めた3シーズンをチームがコントールできる編成上のメリットもある。





再建期のレイズは年俸調停1年目で355万ドルに上昇したスティーブン・ソウザ・ジュニアを放出してダイヤモンドバックスからメジャー経験もあるアンソニー・バンダ投手と後日2名。ヤンキースからニック・ソラク内野手というマイナー選手を獲得している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/22 Thu. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0208

【MLB移籍情報】ダルビッシュ争奪戦、ツインズも正式にオファー  



空前絶後の事態に陥っているメジャーリーグの移籍マーケット。バッテリーのスプリングトレーニングまで1週間をきったが、未だにダルビッシュ、アリエッタ、ホズマー、マルティネスといったFAトップ4の移籍先が決まらない異常事態だ。

ダルビッシュ有の移籍先は?イチローは?上原浩治はどうなるのか?

個人的な関心は、そこに絞られるが、USAトゥデイのボブ・ナイチンゲールがダルビッシュらエリートFA選手たちの契約を予想している。

それらを参考にしてまとめるとダルビッシュに関しては、カブス、ブルワーズ、ツインズの3球団がエース格のスターターを必要としているが、ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)の6年2億650万ドル、デビッド・プライス(レッドソックス)の7年2億1,700万ドル規模の契約は提示されておらず、カブスと5年1億2,500万ドルという契約を予想している。

大きなマーケットを持つヤンキースとドジャースが、ペイロールを1億9700万ドル以内に抑えたい方針で、トレードで予算を作れるかが、今後の動向のカギを握りそうだが、可能性は低いという。

ジョニー・クエト(ジャイアンツ)の契約金6年1億3,000万ドルあたりが、今後の攻防戦になるだろうという予想もしている。





アービン・サンタナが利き手の中指の手術で開幕絶望になったツインズが、ここへ来て5年1億ドル以上のオファーを出したという移籍情報サイトの記事もあるが、それでは、カブスの5年125億ドルというナイチンゲール記者の予想額を下回り、ディスカウントした内容なので決まらない気がする。

ダルビッシュ以外でも、トミー・ジョン手術から見事に復活を遂げてナ・リーグトップの41セーブを挙げたクローザーのグレッグ・ホランドも決まっていない。

ロッキーズの開幕からの躍進は、彼の連続セーブが勝利の快進撃を支えた。ダルビッシュ同様に、こうした苦境を乗り越えた選手は好きだが、ロッキーズが提示した1,740万ドルのクオリファイング・オファーを蹴った。


グレッグ・ホランド


同じトップクローザーのウェイド・デービスがドジャースと3年5,200万ドルで合意しているので、それに近い契約を手にして欲しい。

ここまで来たら、個人事業主である選手たちが、代理人たちと契約内容を十分吟味して球団相手に納得のいくストーブリーグにして欲しい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/08 Thu. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0203

「2017年6月23日の熱投」ダルビッシュ有と田中将大の歴史に残る投手戦  




全米のスポーツメディアが、ヘッドラインで伝える歴史に残る名勝負だった。

ニューヨークのヤンキースタジアムを舞台にMLBでは初の日本人エース対決は、全米中継された注目の一戦だったが、ヤンキース田中将大が8回を100球、被安打3、無失点、9奪三振。

一方のレンジャーズのエース、ダルビッシュ有が7回を88球、被安打2、無失点、10奪三振という圧巻の投手戦を演じた。


DDDrX6QUMAEcf-T.jpg


メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」は、「ユウとタナカの投げ合いのあと、トレイエスがヤンキースに勝利をもたらした」というタイトルで報じた。

ニューヨークタイムズ紙は、「日本でダルビッシュと田中が投げ合った時のような太鼓の応援はなかったが、ホームの観客は田中を大声で応援してサポートした。八回が終わってダグアウトに入るときにはスタンディングオベーションが起こった」とエースの快投を伝えた。

ダルビッシュの地元、テキサスのラジオ局のWFAAのホームページは、「ダルビッシュは彼の正確な速球でコーナーをつき、スライダーを自由に操った。それはまるで元気な魚のように方向を変えた。日本の2人の右腕は剣の戦いをしているかのようだった」と表現した。

ダラスニュースは、ダルビッシュの88球という今季2番目に少ない投球数に注目、「ダルビッシュは三頭筋のハリで降板したが、(次の登板を)回避すことはなさそうだ」という見出しで、この部分をクローズアップして伝えたという。

メジャーリーグで日本人先発投手が対戦したのは15回目。ダルビッシュと田中は日本で4回対戦し、2011年7月20日以来で、ダルビッシュがこれまで2勝1敗、田中が1勝3敗だった。

試合は両先発が降板した9回に両軍が1点ずつを加えて延長戦に突入。延長10回、この試合で何度も好守備を見せていたヤンキースのトレイエス三塁手が2死一、三塁からセンターへタイムリーを放ち、2対1のサヨナラで歴史的一戦の幕を引いた。

ア・リーグ1位と2位の強力打線を相手に試合を支配した両エースの対戦は、全米メディアが称賛する熱投伝説をつくった。


続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2018/02/03 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0128

MLBポジション別ランキング 2B/RF【MLBネットワーク】  

 


MLBネットワークによる恒例のポジション別ランキングの第2弾が発表されている。

先週のサード&ショートに続いて今週はセカンド&ライトが発表され、セカンドでは17年ア・リーグMVPのホセ・アルトゥーベ(アストロズ)。

ゴールドグラブ賞を初受賞したブライアン・ドージャー(ツインズ)が3位。同じくナ・リーグで2度目のゴールドグラブ賞を受賞のDJレメイヒュー(ロッキーズ)が5位に入った。


★セカンド(2B)トップ10
1. ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)
2. ロビンソン・カノー(マリナーズ)
3. ブライアン・ドージャー(ツインズ)
4. ダニエル・マーフィー(ナショナルズ)
5. DJレメイヒュー(ロッキーズ)
6. ダスティン・ペドロイア(レッドソックス)
7. ジョナサン・スコープ(オリオールズ)
8. イアン・キンズラー(エンゼルス)
9. ニール・ウォーカー(フリーエージェント)
10. セザー・ヘルナンデス(フィリーズ)

DL6aH3RVAAAQ-LP.jpg


ライトはジャッジとスタントンの両リーグの本塁打王が上位だが、ヤンキースのチームメイトになった二人だが、スタントンは指名打者になる予定。

9位のマリナーズ、ミッチ・ハニガーは16年11月に同じくショートで6位にランクインされたジーン・セグラと一緒にトレードでダイヤモンドバックスから移籍した選手。まだ3年目で、昨年も2度の故障者リストに入ったが将来性も加味してランクインになったのだろうか。


★ライト(RF)トップ10
1. アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
2. ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)
3. ムーキー・ベッツ(レッドソックス)
4. ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
5. J.D.マルティネス(フリーエージェント)
6. ジョシュ・レディック(アストロズ)
7. アビサイル・ガルシア(ホワイトソックス)
8. ドミンゴ・サンタナ(ブリュワーズ)
9. ミッチ・ハニガー(マリナーズ)
10. デクスター・ファウラー(カージナルス)


MLBネットワークのランキング企画「Top 10 Right Now!」は、Statcastのデータや旧来の指標による攻撃面・守備面での成績、そしてMLBネットワークのリサーチ・チームによる分析を総合的に評価して決定されるという。


今後は下記の日程でトップ10が発表される。

Top 10 Left Fielders Right Now
Saturday, Jan. 27 at 9 p.m. ET

Top 10 Catchers Right Now
Saturday, Jan. 27 at 10 p.m. ET

Top 10 First Basemen Right Now
Saturday, Feb. 3 at 9 p.m. ET

Top 10 Starting Pitchers Right Now
Saturday, Feb. 3 at 10 p.m. ET

Top 10 Relief Pitchers Right Now
Saturday, Feb. 10 at 9 p.m. ET

Top 10 Center Fielders Right Now
Saturday, Feb. 10 at 10 p.m. ET



https://www.mlb.com/news/mlb-network-top-10-at-each-position/c-264680678

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/28 Sun. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0112

メジャー開幕カードに大谷のエンゼルス、田中のヤンキースらが登場  




MLB(メジャーリーグ機構)が18年シーズンの公式日程を発表している。それによれば、現地3月29日(日本時間3月30日)に両リーグ同日で開幕する。

時間の速い順に下記の4カードが組まれている。

カブス@マーリンズ(マーリンズ・パーク)
ヤンキース@ブルージェイズ(ロジャース・センター)
エンゼルス@アスレチックス(オークランド・コロシアム)
ジャイアンツ@ドジャース(ドジャー・スタジアム)


名将マッドン監督率いるカブスが、マイアミに乗り込んでデレク・ジーターCEOの新生マーリンズと対戦。開幕戦か孤高のリリーバー田澤純一の勇姿が見られるかもしれない。

大谷翔平が所属するエンゼルスは、日本時間午前5時5分からオークランドでアスレチックスと、前田健太が所属するドジャースは午前8時8分からホームにジャイアンツを迎え撃つ。

話題の二刀流・エンゼルスの大谷翔平は順調に開幕ロースターに名を連ねることができれば7番指名打者で出場する可能性もある。

また、田中将大が開幕投手になれば4年連続で栄誉のマウンドになるが、昨年の成績だけを見れば14勝6敗、防御率2.98のルイス・セベリーノが有力。


blog_import_54ca7460afaa1.jpg


海外での開催も組まれており、現地4月18日と19日にはツインズがプエルトリコのサンフアンにあるヒラム・ビソーン・スタジアムでインディアンスとの2連戦を主催。

また、現地5月4日から6日にかけての3日間は、牧田和久所属のパドレス主催カードで、ドジャースとの3連戦がメキシコ第3の都市モンテレイで組まれている。

さらに今季はインターリーグ(交流戦)で両リーグの同地区対決が組まれているのも見どころのひとつになる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







関連記事

Posted on 2018/01/12 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0104

【AL東部地区】ヤンキースの補強ポイントと進捗状況  




ワールドシリーズの覇者アストロズや大谷翔平が移籍して注目のア・リーグ西部地区の気になるチームの補強状況を紹介したが、今回は東部地区のヤンキースから見ていきたい。

ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマーが17年オフのFAトップ4と言われているが、いずれの選手も契約が決まらず年が明けた。トレードも含めて移籍市場全体の動きが遅いため、あくまでも途中経過の報告になる。

そうした状況の中で、この地区の補強ポイントは下記のとおり。

★AL EAST Team Needs
レッドソックス ヤンキース レイズ ブルージェイズ オリオールズ
指名打者 先発投手 一塁か指名打者 外野手 先発投手
セットアップ 三塁手 セットアップ セットアップ 捕手
   先発投手 外野手



ヤンキースは、指揮官が交代したのが最大のトピックスだが、指名打者マット・ホリデー、トッド・フレイジャー三塁手、先発マイケル・ピネダとハイメ・ガルシアがFAでチームを去った。このうちピネダはツインズと契約している。

先発投手はC.C.サバシアと再契約した。これでローテーションは、田中、セベリーノ、グレイ、モンゴメリー、サバシアの5人だが、トレードでパイレーツの先発右腕ゲリット・コールの交渉を進めているとの情報もある。

ストーブリーグでは、トレードで本塁打と打点の二冠王スタントンをマーリンズから獲得したが、ここまで、スタントン以外にはマイナー契約で投手3人、捕手、外野手の計5人と契約しただけにとどまっている。

フレイジャーの抜けたサードとカストロが守っていたセカンドあたりも今後の補強ポイントかもしれない。つけ加えれば、26歳タイラー・オースティン、25歳のグレッグ・バードでは名門チームのファーストとしては物足りない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/04 Thu. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0103

メジャーのぜいたく税は5球団に課税 最多は4年連続でドジャース  




メジャーリーグで年俸総額が規定額を超えた球団への課徴金(ぜいたく税)が、5球団に課されることになった。

2003年からの現行制度で16年が最多の6球団、17年はそれに次ぐ5球団になった。2017年の課税対象額は1億9,700億ドル。これを超えた球団に課徴金が課せられる。

球団別では、ドジャースが3,620万ドル、ヤンキースが1,570万ドル、ジャイアンツが410万ドル、タイガースが370万ドル、ナショナルズが145万ドルを課せられる。

ドジャースは4年連続最多。ヤンキースは課徴金制度が導入されてから 15年連続となった。ナショナルズは初の課税となった。


blog_import_54ca745572dda.jpg 


【メジャーリーグ課徴金の推移】


2018 1.97億ドル

2017 1.95億ドル
ドジャース 3620万ドル
ヤンキース 1570万ドル
ジャイアンツ 410万ドル
タイガース 370万ドル
ナショナルズ 145万ドル

2016 1.89億ドル
ドジャース 3180万ドル
ヤンキース 2740万ドル
レッドソックス 450万ドル
タイガース 400万ドル
ジャイアンツ 340万ドル
カブス 296万ドル

2015 1.89億ドル
ドジャース 4360万ドル
ヤンキース 2610万ドル
レッドソックス 180万ドル
ジャイアンツ 130万ドル

2014 1.89億ドル
ドジャース 2662万ドル、ヤンキース 1833万ドル


2013 1.78億ドル
ヤンキース 2800万ドル、ドジャース 1140万ドル


2012 1.78億ドル
ヤンキース 1890万ドル


2011 1.78億ドル
ヤンキース 1390万ドル、レッドソックス 340万ドル


2010 1.70億ドル
ヤンキース 1800万ドル、レッドソックス 150万ドル


2009 1.62億ドル
ヤンキース 2569万ドル


2008 1.55億ドル
ヤンキース 2686万ドル、タイガース 130万ドル


2007 1.48億ドル
ヤンキース 2388万ドル、レッドソックス 606万ドル


2006 1.365億ドル
ヤンキース 2600万ドル、レッドソックス 50万ドル


2005 1.28億ドル
ヤンキース 3398万ドル、レッドソックス 416万ドル


2004 1.205億ドル
ヤンキース 2596万ドル、レッドソックス 315万ドル、エンゼルス 93万ドル


2003 1.17億ドル 
ヤンキース 1180万ドル






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/01/03 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1213

【MLB移籍情報】ヤンキースのヘッドリー三塁手、ミッシェル投手がパドレスへ  



メジャーリーグ30球団やマイナーリーグの経営陣、GM、スカウト、監督、トレーナーなど、関係者が一堂に会し行われるウインターミーティング2017が、フロリダ州のウォルト・ディズニー ワールドにちかいオーランドで始まっている。

その現場からヤンキースとパドレスのトレードが成立したというニュースが入って来た。



ヤンキースはチェイス・ヘッドリーと一緒に、FAまで4年間契約がコントロールできるブライアン・ミッチェルをリリース。その交換要員としてジャバリ・ブラッシュ外野手を獲得した。

このトレードは、FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏によれば、若手のミッチェル投手を欲しかったパドレスが、その代償としてチェイス・ヘッドリーの1,300万ドルも全額負担するという条件で成立したらしい。

パドレスには若手投手、ヤンキースはペイロールの削減が目的のトレードだったようだ。

ヤンキースは、2018年に年俸総額をぜいたく税の基準となる1億9,700万ドル以下に圧縮することを目指している。

このペイロール削減プロジェクトは、スタントンのトレードによるスターリン・カストロを放出で、その目標額以下に抑えることに成功したという。今回のチェイス・ヘッドリーの1,300万ドル削減で、ヤンキースの補強費に使える枠はさらに増えた。

これにプラスしてヤンキースは、ジャコビー・エルズベリー外野手のトレードを模索する動きもあり、余裕ができた資金でタイガースのマイケル・フルマー投手、ダイヤモンドバックスのパトリック・コービン投手といった若手投手に関心を示しているという情報もウインターミーティング会場で流れているらしい。


◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/yankees-interested-in-mfulmer-and-pcorbin/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/13 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1212

【MLB移籍情報】ヤンキースが二冠王スタントン獲得、重量打線は破壊力抜群  




大谷翔平がFA市場で注目の一人ならトレード市場で最も注目されたのがマイアミ・マーリンズの本塁打と打点の二冠王で、リーグMVPのジャンカルロ・スタントン。

その両リーグトップの59本塁打を放ったスラッガーが、2018年からニューヨーク・ヤンキースのユニフォームを着ることになった。

DQymjWLUIAA2ExW.jpg


この争奪戦は、西海岸のサンフランシスコ・ジャイアンツと中西部のセントルイス・カージナルスの2チームに絞られた報道から一転、契約が破断するというサプライズもあった。

この“どんでん返し”は、個人的には、ロサンゼルスに生まれ育ち大学もUSC。お気に入りのチームはドジャースというスタントンが、やはりライバルチームのジャイアンツは拒否したという事だろう。

今季不振だったジャイアンツの成績も悪影響があり、不振のジャイアンツより若手が台頭してチャンピオンリングを狙えると感じたヤンキースを選択したというイメージが強いトレード劇だった。

マーリンズ視線で見ると、複数年で2憶9,500万ドル(約335億円)という巨額のペイロールを削減。しかも、1番で盗塁王のディー・ゴードン二塁手も放出し、ここでも3,790万ドルを削減した。その後釜にスターリン・カストロ二塁手も獲得した。

今オフのペイロール削減額5,000万ドル(約56億7,000万円)の目標をクリアできそうな状況になって来た。外野の空いたポジションにはイチローや青木宣親といった外野手の契約もあるかもしれない。

打線の戦力ダウンは確実だが、それよりもファーム層の充実による内部育成路線や最重要課題の先発、リリーフの投手陣の整備に今後着手することになるだろう。



ヤンキースでのスタントンはおそらく4番、または3番。その前に52本塁打、OPS1.049のアーロン・ジャッジ、その後を33本塁打、OPS.876のゲーリー・サンチェスが打つ打線になり、破壊力抜群。

ただ、右打者3人が続くことからジャッジを2番にして左打者を入れてスタントンにするラインナップもありそうで、スイッチヒッターのアーロン・ヒックスあたりが成長して上位打線を打てるようになると左右のバランスの取れた打線になりそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/12/12 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1210

【MLB移籍情報】G.スタントンはNYへ!マーリンズとヤンキースが合意  




MLBでは現地12月10日からウインターミーティングが開催されるが、その前に決まるのではないかと噂されていたナ・リーグMVPのジャンカルロ・スタントンのトレード先が、ニューヨーク・ヤンキースに合意間近であることを複数のメディアが報道している。
FanRag Sportsのジョン・ヘイマン記者がマーリンズとヤンキース間での合意を伝えた。あとは、トレード拒否権を持つスタントンの承認とフィジカルチェックを待つ状態だという。



ある程度の具体的な契約内容も流れており、まとめると、スタントンの2憶9,500万ドルという莫大な長期契約のうち3,000万ドルをマーリンズが金銭負担してヤンキースにトレード。

ヤンキースは見返りとしてスターリン・カストロ二塁手とプロスペクト2名をマーリンズに差し出すという内容らしい。

マーリンズは今季の盗塁王ディー・ゴードン二塁手をシアトル・マーリンズへトレードしているので、二塁手はウィッシュリストに入っている。


スタントン


以前は5,000万ドルという情報も流れたが、2020年にスタントンが契約をオプトアウトしない場合に3,000万ドルを負担する契約で合意したようだ。

これでマーリンズは、スタントン外野手の2憶9500万ドルとゴードン二塁手の3,790万ドル(サインボーナス含む)を軽減したことになる。

日本円にして3百数十億円が軽くなったわけで、戦力編成は別にして、マーリンズのジーターCEOは、マストだった球団ペイロールの削減をひとまずは成功させた事になる。



なお、マーリンズはカストロ2塁手と2名のプロスペクトを差し出すことになるが、その2名はBAのショートシーズンオールスターに選出された21歳の右腕ホルヘ・グズマン投手とレッドソックスのラファエル・デバース三塁手の従兄弟で17歳のホセ・デバース二塁手らしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/12/10 Sun. 05:49 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド