メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0428

フェンウェイが沈黙、田中将大が支配!MLB伝統の一戦、エース対決制す  



田中将大が3安打完封で3勝目

ヤンキースの田中将大は27日(日本時間28日)、敵地フェンウェイパークで行われた伝統の一戦で、レッドソックス相手に3安打完封劇を演じた。田中将大が完全に試合を支配した投球内容だった。

ライバル対決は、レッドソックスがホワイトソックスから移籍の左腕クリス・セール、ヤンキースが田中将大の両軍のエース対決ということで全米注目の試合だった。

C-ab-ZrVwAEIEJA.jpg


試合は、4回にヤンキース打線がヒックスの右前打とホリデーの左犠飛で1点を先制。9回に2点を加えて3-0でヤンキースが連勝している。

田中はスライダー、スプリットともに低めに集める丁寧な投球で打たせて取り、ゴロアウト15、フライアウト3。97球(ストライク72球)を投げて無四球、3奪三振。5回からは、14打者連続凡退に切って取り、熱狂的なボストンのレッドソックスファンを黙らせた。

田中の完封勝利は、2014年5月14日のメッツ戦以来となる3年ぶりメジャー2度目。これで3勝1敗、防御率は4.20。

ヤンキースは、次のカードで地区首位のオリオールズを迎え撃つ。その後、ブルージェイズ3連戦を経て5月5日(同6日)からはシカゴでカブス戦。リグレーフィールドでの田中将大の姿を見ることができるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2017/04/28 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0427

ヤンキースの巨漢A.ジャッジがバースデイ7号弾!フェンウェイ初アーチ  

 


100年以上続いている伝統の一戦、レッドソックス対ヤンキースの2017年シーズンの第1戦は、全米最古のボールパーク、フェンウェイパークで始まった。

昨年8月13日(日本時間14日)、初打席でセンターにメジャー初本塁打を叩き込んだ“ベイビーボンバーズ”のひとり、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が、そのクラシックなダービーで先制のホームランをライト打席に運んだ。

しかも25歳の誕生日を自ら飾るバースデイアーチだった。



2013年のMLBドラフト1巡目追補(全体32位)でヤンキースに入団したジャッジ。メジャーデビューとなった昨年8月13日のタンパベイ・レイズ戦では「8番ライト」で先発出場し、初打席初ホームランをマークした。

ジャッジの前を打つ7番のタイラー・オースティンもメジャー初打席で初ホームランを放った事から、1試合2本のメジャー初打席初ホームランというMLB史上初の快挙だった。

ヤンキースは7月末のトレードデッドラインで主力を放出し、主砲アレックス・ロドリゲスも8月12日に電撃引退した事から、13日のこの連続初打席初ホームランは、新生ヤンキースの到来を感じさせるセンセーショナルな出来事だった。

ジャッジ

しかし、ジャッジは、9月になると故障もあって27試合で打率.179、4本塁打という低調な数字に終わった。

同じく8月に昇格したゲイリー・サンチェス捕手が、最終的に53試合の出場で打率.299、OPS1.032、20本塁打、42打点。捕手では史上初のプレイヤー・オブ・ザ・マンス (月間MVP) とルーキー・オブ・ザ・マンス (月間最優秀新人) の同時受賞を達成。

そのサンチェスの陰に隠れた存在だった。

それが不思議なもので、2017年シーズンが始まるとサンチェスは右上腕二頭筋の負傷で出遅れ、オースティンもキャンプ前の自主トレで自打球を左足に当てて骨折。60日間の故障者リストに入って開幕を迎えた。

結局、若手では、昨季95打席で、84打数42三振という粗削りだったジャッジだけが、この試合前まで打率.279、出塁率.343、OPS.983、本塁打6、打点13と結果を出しているから分からないものだ。

試合は3-0でヤンキースがリードして続いている。ジャッジは、学生時代に練習でフェンウェイのピッチに立ったが、メジャー公式戦では初登場。ボストンの熱烈なレッドソックスファンに強烈な印象を残した一撃だった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/27 Thu. 10:49 [edit]

CM: --
TB: --
   

0421

ハーパー 満塁弾、ラッセル サヨナラ弾、そしてイチロー、意味あるホームランに注目  




19日(日本時間20日)のMLBは、4本のインパクトあるホームランにフォーカスしたい。

まずは、イチローの今季第1号。すでにお伝えしたが、古巣のシアトル凱旋試合のGAME3で「9番ライト」で先発出場した3000安打クラブのメンバーは、初アーチを含む、4打数2安打、1打点、1得点をマークした。

ビジターの選手に異例ともいえる「イチローバブルヘッド人形」が配られた最終戦は、2万7,147人がセーフコ・フィールドに詰めかけ「イチローコール」を送った。

「あれが最後の打席だったから、当然、最後のチャンスだった。ゲーム展開からもそれをしたかったという思いはありました」。一発を狙ったイチ撃だった。長年、試合前の打撃練習で何発も放り込んだライトスタンドに打球は吸い込まれた。



イチローの前にジャンカルロ・スタントン外野手が3回に4号ソロ、クリスチャン・イエリッチ外野手も5回に4号ソロを相手エース、ヘルナンデスから放っているが、彼らとは違う特別な一発にファンは酔いしれた。

現役最後になるかもしれない古巣で、こんな脚本は誰にも書けない、そしてイチローしか演じることはできないだろう。

こんなセンチメンタルな試合で、古巣への“恩返し”の一発を打てるところが、レジェンドらしい。


ハーパーが満塁弾含む2発5打点

2015年にリーグMVPを22歳353日の若さで満票受賞。しかし、昨季は期待されながら数字を落としたブライス・ハーパー。ナショナルズの若き主砲はこの日、初回の5号ソロでチームに先制点をもたらすと、2死満塁で迎えた2回にも6号グランドスラムを放った。

さらに4打席目の6回にレフト前ヒット、5打席目の8回にライトへ二塁打を弾き返すなど、4打数4安打、5打点、1敬遠四球、3得点と活躍。主砲の奮起で、チームもがっちり首位をキープしている。


9回の逆転サヨナラ弾

昨年の覇者、カブスもここまで7勝7敗。なんとかチームを勢いづかせるための貴重なサヨナラ3ランだった。9回同点に追いついたカブスは、この日4番に入ったアディソン・ラッセルの劇的なホームランで貯金を1にした。


おまけはA.ジャッジの448フィート

2メートルを超える大男、アーロン・ジャッジが5回に放った5号ソロは、田中将大に勝ち星をプレゼントする特大のホームランだった。飛距離448フィート(約136メートル)。MLB.comの「MUST C」でも左中間の2階席に消えていくこのホームランが紹介された。

昨季は95打席で42三振、三振率は驚異の44.2%と粗さが目立ったが、徐々にメジャーの水に慣れたのか、ここまでは打率.277、出塁率.358、長打率.660、OPS1.018をマークしている。

サンチェスがいないのが残念だが、派手なことが好きなニューヨーカー期待のキャラと言えそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/21 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0409

ヤンキース移籍のマット・ホリデイがMLB通算2,000本安打達成  




オフにカージナルスからフリーエージェントになりヤンキースと1年1,300万ドルで契約したマット・ホリデイ外野手が、オリオールズ戦でメジャー通算2,000本安打を達成した。

37歳のホリデイは、メジャーキャリア13年で、通算打率.303、295本塁打、1,153打点(1共に2016年終了時点)。ロッキーズ時代の2007年には首位打者と最多打点のタイトルを獲得。シルバースラッガー賞4回。オールスターゲームに7回選出されている。

16年は指の骨折など長期離脱の影響で110試合426打席にとどまり、打率.246、本塁打20、打点62、出塁率.322、OPS.782という成績に終わっている。



カージナルスの本拠地であるブッシュ・スタジアムは、パークファクターで見ると投手有利のデータがある球場だが、ヤンキースタジアムは打者有利の球場で、アメリカンリーグが採用している指名打者制は、守備面での衰えが見えるホリデイにとってはバウンスバックが期待できる条件が揃う。

ヤンキースは今季、ヤングボンバーズを育成する我慢の一年になるが、そんな中でもカージナルスの主砲として知名度や実績のあるベテランの存在は欠かせないものになるだろう。

なお、ホリデイの2,000本安打は現役7位。

  • 1位 イチロー 3,030
  • 2位 エイドリアン・ベルトレ 2,942
  • 3位 アルバート・プホルズ 2,826
  • 4位 カルロス・ベルトラン 2,622
  • 5位 ミゲール・カブレラ 2,519
  • 6位 ロビンソン・カノー 2,214



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/09 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0326

WBCで負傷したヤンキースのグレゴリウス遊撃手の穴埋めは?  

 


アメリカの初優勝で幕を閉じたWBC2017。大会の観客動員は2次ラウンドの時点で100万人を動員して一定の成果は収めたといえる。

しかし、選手を出した球団には主力が負傷するというマイナス面もあった。

ここでもマーリンズの中心的存在であるマーティン・プラド三塁手のことを伝えた。真剣勝負である以上仕方のない事だが、プラド以上に深刻なのが、オランダ代表で出場していたヤンキースの正遊撃手ディディ・グレゴリウスだろう。

彼は、WBCの練習試合で右肩を痛めた。すでにヤンキースの故障者リストに登録されているが、開幕に間に合わないだけでなく、復帰が5月にずれ込むことが確実となったという。

グレゴリウスが復帰するまでの間、その穴をどう埋めるのか?

レッズからはザック・コザート、タイガースからはホセ・イグレシアスをトレード獲得しないかとの打診があったとニューヨークポストは伝えている。

しかし、ヤンキースはダイヤモンドバックスのニック・アーメドのトレードに関心を示したとアリゾナの地元紙が報じている。

グレゴリウスは、ジータ―の後釜としては物足りないという評価があったが、昨年、弱かった攻撃面が開花。打率.276、出塁率.304、OPS.751、20本塁打、70打点という好成績を残した。

ただ、守備面では守備防御点(DRS)-9で、規定数に到達した24名のショートの中では21位という下位だった。

ロースターには、24歳のロナルド・トレイエズがいるが昨年は72試合中、ショートでは15試合に出場しただけ。

チーム内の内部昇格では27歳ルーベン・テハーダ。ほかに22歳のテイラー・ウェイドグレイバー・トーレスはプロスペクトとして期待はできるがメジャーでの実績がなく未知数。

セカンドのスターリン・カストロをショートにコンバートしてセカンドにロブ・レフシュナイダーを起用するパターンも考えられるが、どちらも本職ではなく、レフシュナイダーは昨年58試合中、セカンドで8試合しかプレイしていないため、守備面で不安を抱えることになる。

名前の挙がったダイヤモンドバックスのニック・アーメドはメジャー4年目。控えの内野手で、打撃面では打率.218、出塁率.265、OPS.564と落ちるが、守備ではショートが本職。

ショートで90試合出場した昨年は、DRSが13、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)が8.6と守備では高い数値を示している。しかも、約52万ドルと格安。レッズのザック・コザート(約530万ドル)、タイガースのホセ・イグレシアス(410万ドル)とは比較にならない。

グレゴリウス復帰までの最長2カ月間のスポット要員として、ヤンキースがショートで誰を起用するのか、マニアックに注目したい。



記事参考
http://baseball.information0.com/major-baseball/yankees-interested-in-nick-ahmed/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/26 Sun. 15:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0318

WBCの活躍がメジャーへの道?コロンビア代表選手とヤンキースが契約  

 

多くの選手が母国代表の誇りを胸に戦っている野球の国別対抗戦ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だが、メジャー契約でない選手にとってはビッグリーグを目指す自身のショーケースの意味合いを持つ大会になっている。

WBCコロンビア代表として出場していた救援右腕アーネスト・フリーリがニューヨーク・ヤンキースとの契約を勝ち取った。マイナー契約の招待選手だが、メジャーの春季キャンプに参加する。



31歳のフリーリは、2009年にサンディエゴ・パドレスでメジャーデビュー。2013年にはロサンゼルス・エンゼルスで37セーブを記録した実績がある。

昨季はメジャーでの登板機会はなかったが、メジャー通算298試合に投げて11勝13敗73セーブ、防御率3.55という成績を残している。今年のWBCでは1試合に登板し、2イニングを無失点だった。

C7FOj-pW4AAonb-.jpg

ヤンキースの指揮官ジョー・ジラルディは、「フリーリはクローザーとして多くのセーブを挙げた。WBCでの投球も良かったので、彼に機会を与えようと球団内部の複数の人間が思った」と語っている。

なお、コロンビアはWBC1次リーグでアメリカとドミニカを追い詰めたが、延長で敗れ、1勝2敗で敗退している。

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/18 Sat. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0305

MLB公式サイトがマイナー組織トップ10チームを発表  




メジャーリーグの公式サイト「MLB.com」のスタッフが現時点のMLB30球団のマイナー組織ランキング・トップ10を発表している。

ダンズビー・スワンソン遊撃手(個人ランク4位)はじめトップ100に7人を擁するブレーブスが1位にランクイン。チームは今季、新スタジアムの完成を機に数年前から再建期に入っている。15年は同ランク9位、昨年は2位だった。

スワンソン

このランキングは個人のプロスペクトランキング1位が100ポイント、2位が99ポイント、100位が1ポイントとして総合ポイントを算出した。

ランキング2位は、同じくトップ100に7人を擁するヤンキース。3位はホワイトソックスだった。


MLB公式サイトによるマイナー組織TOP10
①ブレーブス
②ヤンキース
③ホワイトソックス
④パドレス
⑤ブルワーズ
⑥ドジャース
⑦パイレーツ
⑧ロッキーズ
⑨レッズ
⑩レイズ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/05 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0225

ヤンキース、A.ジャッジ、K.ヒガシオカらが上出来のデビュー!  

 


メジャーリーグ公式サイトがヤンキースの若手有望株アーロン・ジャッジ外野手の特大ホームランをヘッドラインで報じている。

ヤンキースは現地24日、フィラデルフィア・フィリーズと今季初のオープン戦を行い、9対4で快勝。この時期の勝敗はまったく関係ないが、重要なのはその内容。

ヤンキースは初回、若手のリーダー格ディディ・グレゴリアス遊撃手が先制ソロを放つと、5回にはメジャー2年目のジャッジが、左中間のスコアボード最上部を直撃する特大弾を放った。

さらに、7回には日系3世でブルペンでは田中将大の球を受けているカイル・ヒガシオカ捕手がソロアーチをレフトスタンドに叩き込んだ。

その他では、新加入で4番に入った指名打者のマット・ホリデー外野手が2打数2安打。投げては、先発のブライアン・ミッチェル投手が、2回無失点で勝利投手となった。

巨漢201センチのジャッジは、メジャー2年目。MLBのプロスペクトランキング45位(BP63位、BA90位)。

2013年ドラフトのヤンキース1巡目。昨年8月13日のデビュー戦では、初打席初本塁打をセンターバックスクリーンに放り込んで鮮烈なデビューを飾り、次の試合でも第1打席に本塁打を記録。スタメン出場した第3戦でも決勝打となる二塁打を4回にナックルボウラーR.A.ディッキーから放った。

しかし、その後は粗さが目立ち結局、27試合で打率.176、84打数で三振42個と期待外れだった。

ミッチェルは、4年目(実質3年目)の25歳で、15年は20試合、昨年は先発専業となり、5試合全てにスターターとして登板。防御率3.24と、念願のメジャー初勝利をマークに登板している。

カイル・ヒガシオカ捕手は4月に27歳になる選手で、昨年はマイナーの2Aと3Aで102試合に出場。打率.273、21本塁打、81打点。第3の捕手として現時点で25人枠に登録されている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/02/25 Sat. 21:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

0224

ヤンキースの開幕投手に指名された田中将大、手ごたえ感じる74球  

 


ジョー・ジラルディ監督から開幕投手に指名されている田中将大。指揮官は「不測の事態が起こらない限り、彼が開幕の日にいないということはない」とキャンプ前に公言した。

フロリダ州タンパで行われているスプリングトレーニングでは、打者を立たせたシート打撃に登場。ブレット・ガードナー、チェイス・ヘドリーらのレギュラークラス相手に30球、ブルペンでも40球を投げた。

田中将大2016


メディアによれば、対戦したヘドリーは「キレが良さそうに見えた」と田中の仕上がり具合を評価。田中本人は、ひじの手術明けだった昨季と比べ、「去年の今頃よりも体の調子が良い。トレーニングを開始したのも去年より少し早かったから」と通訳を介して語っている。

また、日系人捕手のカイル・ヒガシオカも日本人右腕について「彼は全ての球種を投げていた。三振も何回か奪っていた。調子は良さそうだね。カットボールもいい。スライダーもいい。スプリットは本当にえげつない。コントロールもこれまで通り最高。彼は本当にいい状態に見えるよ」と称賛したという。

田中は2015年、そして昨年と2年続けて開幕投手を務めており、これで3年連続の大役に。無事に実現すれば、2年連続で並ぶ野茂英雄(2003~04年/ドジャース)を抜いて日本人史上初の快挙になる。

昨年は、31試(199回2/3)で14勝4敗、防御率3.07はア・リーグ3位。WHIP1.08は同5位。登板した試合でのヤンキースは23勝8敗だった。

サイ・ヤング賞の投票では7位だったが、あと3勝、勝ちが転がって入ればベスト3には入っていただろう。ただ、奪三振率は7.4で3年連続低下。FIPも3.51で初年度の3.04からすれば後退。2シームを多投した試行錯誤の1年で、凄みはトーンダウンしている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/24 Fri. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0218

【DL情報】LADゴンザレス、TEXベルトレイも故障、WBCも欠場濃厚  



日本のMLBファンに球春を知らせるマーリンズ・イチロー(OF)のキャンプインが伝えられたが、心配なニュースもいくつか入って来た。

ドジャースの主砲エイドリアン・ゴンザレス(1B)が自主トレで肘を負傷したという。34歳の彼は今後2週間はバットを振ることができず、3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も欠場する可能性がある。

ゴンザレス


この時期の故障は、軽傷なら開幕に影響しないが、ゴンザレスは兄が代表監督を務めるWBCメキシコ代表チームでも精神的支柱で代表チームにとっても大幅な戦力ダウンになる。

さらに、レンジャーズ所属でドミニカ共和国代表のエイドリアン・ベルトレ(3B)が自宅でのトレーニング中に左ふくらはぎを負傷していたことが判明。全治3週間の見込みでWBC1次ラウンドを欠場する見通しとなった。

20年目のベルトレはMLB3000本安打まで、あと58本に迫っている。

ただ、両選手とも1次ラウンドを勝ち上がった場合、遅れてチームに合流する可能性は、まだ残されているようだ。

ベテランだけではない。ヤンキースの若手タイラー・オースティン(1B/OF)も左足を骨折していたことが分かった。オースティンは春季キャンプ前の自主トレ中に自打球が当たり左足を負傷したという。

ジラルディ監督が伝えたところによるとMRI検査で同箇所の骨折が判明。練習再開までは6週間を要するようだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/18 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド