メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1026

日米野球で来日予定のモリーナにロベルト・クレメンテ賞  




 人格的に優れ、社会貢献活動を精力的に行っているメジャーリーグ選手に贈られる「ロベルト・クレメンテ賞」にカージナルスの捕手ヤディアー・モリーナが選ばれた。


1971年から始まったこの表彰は、ニカラグア大地震の支援活動へ向かう際に墜落事故で亡くなったプエルトリコ出身のメジャーリーガー、ロベルト・クレメンテ(1955~1972年)の名前を冠した賞で、モリーナも同国出身。


プエルトリコ出身の選手が同賞を受賞するのは、2006年のカルロス・デルガド、2013年のカルロス・ベルトランに続いてモリーナが3人目。


カージナルスの選手としては1975年のルー・ブロック、1995年のオジー・スミス、2008年のアルバート・プホルス、2013年のカルロス・ベルトランに続いて5人目。


DqUhUd5U0AAb1OO.jpg



MLB.comによると2010年に「Foundation 4」という基金を立ち上げたモリーナ。近年ではハリケーン「マリア」で甚大な被害を受けた母国の被災者支援に尽力した。


昨年もシーズンが終了した2日後にプエルトリコに降り立ち、朝から晩まで自身の足でプエルトリコの町を歩き回り、支援物資を配布したり、散乱した瓦礫を取り除いたりと、14日間にわたって懸命な活動を続けたという。そうした直接現地に足を運ぶ行動が評価された。


e900e66aaf590c64fafed8a7cb402907-1-614x315 (2)


モリーナといえば忘れられないのが、2年前の2016年7月15日(日本時間16日)のセントルイスでの試合だろう。


当時、史上30人目の3000本安打に迫っていたイチローが代打で打席に立つと、モリーナが座ろうとせず、セントルイスのファンたちの贈るイチローへの声援に時間を作った。


ここでも記事にしたが、モリーナの粋な計らいだった。敵の選手をスタンディングオベーションで称えるファン、そのために間を稼ぐ相手の選手。


彼は、ファンがイチローに対するセレブレーションを知っていた。彼自身も一流選手として肌で感じているからだろう。


彼は「僕たちは戦っている。戦っているわけだけど、時にああいう形で、相手選手に敬意を払わなければならないことがある。イチローは、敵味方を超越しているし、それに値する選手だ」と、インタビューに答えている。


モリーナは、メジャーリーグ代表と日本代表「侍ジャパン」が対戦する「日米野球2018」に来日することが決まっている。


◇関連記事
【イチロー伝説】セントルイスの捕手モリーナ、一流だけが知る感覚



関連記事

Posted on 2018/10/26 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0129

MLBポジション別ランキング C/LF【MLBネットワーク】  




MLBネットワークによる恒例のポジション別ランキング「Top 10 Right Now!」の第3弾が発表されている。

先週のセカンドとライトに続いて今週はキャッチャーとレフトが発表され、キャッチャーではジャイアンツのバスター・ポージー。レフトでは、今オフにマーリンズからカージナルスにトレードされたマーセル・オズーナが選ばれた。


★キャッチャー(C)トップ10
1. バスター・ポージー(ジャイアンツ)
2. ゲーリー・サンチェス(ヤンキース)
3. ウィルソン・コントレラス(カブス)
4. ヤスマニ・グランダル(ドジャース)
5. J.T.リアルミュート(マーリンズ)
6. オースティン・バーンズ(ドジャース)
7. マイク・ズニーノ(マリナーズ)
8. ヤディアー・モリーナ(カージナルス)
9. タイラー・フラワーズ(ブレーブス)
10. ロビンソン・チリーノス(レンジャーズ)



5位のJ.T.リアルミュート(マーリンズ)は、トレードが噂されている。ナショナルズが交渉しているという情報だが、このタイミングで、こうしたランキングが発表されたことは、トレードに影響するかもしれない。

そのリアルミュートはじめ、この部門でも本塁打33本のサンチェス(ヤンキース)やコントレラス(カブス)など、若手が台頭した印象がある。

7位のマリナーズのズニーノは、2012年のドラフト全体3位でマリナーズが指名したが、途中スランプに陥ってマイナーとメジャーを往復した。昨年、正捕手の座を取り戻して124試合に出場。打率.251、25本塁打をマーク。このポジションで25本塁打は3位、100試合以上マスクを被った選手の中ではOPSも5位。ようやく芽が出てきた。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


★レフト(LF)トップ10
1. マーセル・オズーナ(カージナルス)
2. ヨエニス・セスペデス(メッツ)
3. ジャスティン・アップトン(エンゼルス)
4. ライアン・ブラウン(ブルワーズ)
5. トレイ・マンシーニ(オリオールズ)
6. クリス・デービス(アスレチックス)
7. アダム・イートン(ナショナルズ)
8. アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)
9. マーウィン・ゴンザレス(アストロズ)
10. ブレット・ガードナー(ヤンキース)



ライトに比べ、やや見劣りするのがレフトのトップ10。

カージナルスのトミー・ファムは昨年128試合に出場。打率.306、23本塁打、73打点、盗塁23、出塁率.411、長打率.520、OPS.931。このポジションでは打率、OPSなどでオズーナに次ぐスタッツで、WAR6.4という高い数値を残したが、入っていない。

このランキングは過去2シーズンのパフォーマンスなどが考慮されるため、昨年ブレイクした選手はランクインされにくい。

MLBネットワークのランキング企画「Top 10 Right Now!」は、Statcastのデータや旧来の指標による攻撃面・守備面での成績、そしてMLBネットワークのリサーチ・チームによる分析を総合的に評価して決定されるという。


今後は下記の日程でトップ10が発表される。

Top 10 Left Fielders Right Now
Saturday, Jan. 27 at 9 p.m. ET

Top 10 First Basemen Right Now
Saturday, Feb. 3 at 9 p.m. ET

Top 10 Starting Pitchers Right Now
Saturday, Feb. 3 at 10 p.m. ET

Top 10 Relief Pitchers Right Now
Saturday, Feb. 10 at 9 p.m. ET

Top 10 Center Fielders Right Now
Saturday, Feb. 10 at 10 p.m. ET




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/01/29 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0404

モリーナとペレス、メジャーの新旧捕手二人が契約を更新  

 


先のWBC2017でもプエルトリコ代表の中心選手としてチームを決勝まで導いたカージナルスの捕手ヤディア―・モリーナが、3年総額6,000万ドル(約66億8,000万円)で契約を延長した。

ここでも先月の31日にお伝えしたが、FOXスポーツの記者ケン・ローゼンタール氏は、カージナルスとモリーナの契約延長については、3年契約で最高6,500万ドルから最低でも5500万ドル(約61億6000万円)になるとレポートしていた。



今年7月で35歳になるモリーナは、今季の年俸が1,400万ドル(約16億円)。来季は選手と球団の双方が行使権を持つ年俸1,500万ドル(約17億1,000万円)の契約オプションになっている。


モリーナは2015年までオールスターに7年連続、ゴールドグラブ賞は8年連続で選出された名捕手。昨季で、それらは途切れたものの、キャリアハイの147試合に出場。打率.307、8本塁打、58打点をマーク。

ビル・ジェームズやジョン・デュワンなどの記録統計アナリストら10人によって選出される「フィールディング・バイブル・アワード」を、2007年から2013年までの間で、2011年を除き毎年受賞している。

モリーナ


1月中旬の時点でカージナルスのジョン・モゼリアクGMが、モリーナとの契約を延長する考えがあることを明らかにしていた。

2004年のメジャーデビュー以来、カージナルスひと筋でプレーし、2度のワールドシリーズ制覇に貢献。通算で打率.285、108本塁打、703打点をマークしている。その守備力やキャプテンシー、存在感は特筆すべきものがある。

昨年、イチローが3,000本安打に迫っていた時期にカージナルス戦で敵地セントルイスのファンから温かい拍手が送られたが、モリーナはイチローの打席で空気を読んでその時間を演出した。


インディアンスも現地2日、メジャー4年目の控え捕手ロベルト・ペレスと新たに総額900万ドル(約10億円)の4年契約を結んだ。なお、2021年と2022年については球団が行使権を持つ契約オプションとなっている。

28歳のペレスは昨季、親指の手術もあって61試合の出場にとどまったり、打率.183、3本塁打、17打点と打撃面では振るわなかったが、盗塁阻止率50.0%と強肩を披露した。

またインディアンスは昨シーズン、ペレスが先発マスクをかぶった試合で33勝20敗と大きく勝ち越したデータがある。

正捕手ヤン・ゴームズの故障離脱によってポストシーズンは全15試合に先発し、ワールドシリーズ初戦では2ホーマーを放った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/04/04 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0403

メジャー開幕! 粘るカブスをカージナルスがサヨナラ勝ち、上原は1回無失点  

 


メジャー開幕戦のナイトゲーム、カージナルス対カブス戦は現地2日、カージナルスのホームタウン、ミズーリ―州セントルイスのブッシュ・スタジアムに4万7,566人を集めて行われた。

2017_opening_day_.jpg 


同地区ライバルの熾烈な対決を繰り広げてきた両チーム。カージナルスが、オフに契約延長した期待の若手右腕のカルロス・マルティネス、カブスはエース左腕ジョン・レスターの投げ合いで始まった。

カブスは、8回まで6安打無得点に抑えられていたが、3点ビハインドの9回1死一二塁からコントレラスが、カージナルスのクローザー、オ・スンファン(呉昇桓)から3ラン本塁打を叩き込んで土壇場で同点に追いついた。

しかしその裏、カブス5人目の左腕モンゴメリーが、2死満塁からグリチャックに左中間サヨナラタイムリーを打たれ開幕戦を落とした。

カージナルスは、先発のマルティネスが7回1/3を散発6安打に抑える好投。カージナルスの8番ランドル・グリチャックは、4打数2安打、1本塁打、3打点と活躍した。

カブスでは上原浩治が1点リードされた7回に登板し、いきなり四球を与えたが1回を無失点に抑え、移籍初登板を何とか切り抜けた。26球(ストライク16)、被安打1、四球1だった。

この試合の9回、カージナルスの5番モリーナの打席で、新ルールの「intentionally walk」(申告敬遠)が初めて適用された。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 16:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0331

MLB屈指の捕手モリーナがカージナルスと契約延長に合意  




シーズン中の契約延長交渉はしないと発言していたことから、今後の去就に注目が集まっていたMLB屈指の捕手ヤディアー・モリーナが、カージナルスと3年最大6500万ドル(約73億円)で来季以降も契約延長することに合意したという。

FOXスポーツの記者ケン・ローゼンタール氏は、カージナルスとモリーナの契約延長については、3年契約で最高6,500万ドルから最低でも5500万ドル(約61億6000万円)になるとレポートしている。



今年7月で35歳になるモリーナは、今季の年俸が1,400万ドル(約16億円)。来季は選手と球団の双方が行使権を持つ年俸1,500万ドル(約17億1,000万円)の契約オプションになっている。

モリーナは2015年までオールスターに7年連続、ゴールドグラブ賞は8年連続で選出された名捕手。昨季で、それらは途切れたものの、キャリアハイの147試合に出場。打率.307、8本塁打、58打点をマーク。

ビル・ジェームズやジョン・デュワンなどの記録統計アナリストら10人によって選出される「フィールディング・バイブル・アワード」を、2007年から2013年までの間で、2011年を除き毎年受賞している。

モリーナ

1月中旬の時点でカージナルスのジョン・モゼリアクGMが、モリーナとの契約を延長する考えがあることを明らかにしていた。

今季は、守備の強化がチームの方針で、守備の要になるセンターラインには、センターにデクスター・ファウラーを5年8,250万ドルで獲得。セカンドには守備力を重視してコルテン・ウォンの起用が有力的で、30本塁打のジェド・ジョーコとの併用になる見込み。

そして、捕手にはプエルトリコ代表の中心選手として決勝まで導いたモリーナに託すことにしたようだ。

モリーナ

しかし、35歳になるモリーナについては、盗塁阻止率が.212に下がり(15年は.413)、体力の峠を越えた年齢になる事から、セントルイスのファンの間でも様々な意見があった。

22歳のプロスペクト、カーソン・ケリー捕手(3A)を起用してモリーナをトレード要員として先発キンタナの獲得を狙えという意見や、モリーナ退団で浮いた資金でマチャドを狙えという意見などもあり、彼の偉大なリーダーシップを推す声と賛否両論の意見があったという。


◆関連記事
【イチロー伝説】セントルイスの捕手モリーナ、一流だけが知る感覚



関連記事

Posted on 2017/03/31 Fri. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0322

オランダ敗戦、助っ人ジャンセンは1回限定、慣れない中堅プロファー、選手層に明暗  



WBCセミファイナルの1試合目、プエルトリコ対オランダ戦は現地20日、ドジャースタジアムで行われ、延長11回、プエルトリコが4-3のサヨナラで2大会連続の決勝進出を決めた。

延長戦に入って戦力の差が明暗を分けた。

この試合からロースター入りした地元ドジャースの守護神でオランダのジャンセンは、誰が見ても勝負のかかった場面であっさり1イニングを抑えただけだった。そこには所属ドジャースと交わした密約があったという。

11回からは無死一二塁からスタートする大会規定によるタイブレーク方式。プエルトリコはバントで送られ、満塁策をとり、スミスを4-6-3の併殺打。無失点に仕留めた右腕ディアス(マリナーズ)は吠え、陽気なラテンアメリカンたちは、試合がまだ決まってもいないのに大はしゃぎだった。

2017032100093_1.jpg


その裏、オランダのマウンドにいたのは、10回からジャンセンの後を受けたファンミル。

3年前、楽天でプレーした長身右腕で、2次ラウンドの日本戦でも好投している。ファンミルは、2イニング目に突入していた。前の打席ではバントに失敗していたモリーナ(カージナルス)が、今度はバントを決めて、オランダも満塁策をとる。

ここで、次の打者の少し浅めのセンターライナーに三塁走者のコレア(アストロズ)がタッチアップでホームへ生還した。

オランダ代表のセンターのプロファー(レンジャーズ)は、昨年途中からメジャーへ再昇格した選手。チームメイトのボガーツ(レッドソックス)、シモンズ(エンゼルス)、グリゴリウス(ヤンキース)、スクープ(オリオールズ)らが所属チームのレギュラー組であるのに対して彼はリザーブ。

しかも、本職は内野手。昨年もサードで25試合のほか、セカンド19試合、ファースト17試合、ショート11試合など。外野にも就いたがレフトの14試合だけ。

所属のレンジャーズではユーティリティープレイヤーとして起用されたが、オランダ代表チームではセンターとして起用され、そこがウィークポイントとして不安視する声は大会前からあった。

あのシーン。慣れないポジションでのバックホームは、距離感がまったくつかめていない返球に見えた。本来ならもっと際どいタイミングになっても不思議ではなかった。

1回ポッキリのジャンセン登板


プロファーのセンターだけではない。それ以上に助っ人ジャンセンを使うタイミングが悪かった。しかも1イニング限定。

これには理由があってロサンゼルス・タイムズの報道によると、試合後、オランダのミューレンス監督は「それが我々がドジャースと交わした約束だった」と答えたという。

予備登録枠を使っての出場だったが、例え球数が少なくとも1試合1イニングだけの限定起用が、ドジャースが出した条件だった。

一方、プエルトリコの勝利投手となったディアスは、所属のマリナーズが今季からクローザを予定している若手。ジャンセンと違い、1次ラウンドから参戦。1次、2次ラウンドでは3試合に投げ、ドミニカ戦では、すでに回を跨いでの登板もしている。

全ての敗因が、ジャンセン投手の起用やプロファー選手のプレイと言っているわけではない。オランダのベスト4は素晴らしい結果に違いない。

しかし、選手層の厚さが大事な場面で露呈したと言える。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/22 Wed. 06:41 [edit]

CM: --
TB: --
   

0319

【WBC2017】プエルトリコが6連勝1位通過  

 


プエルトリコがベネズエラを13-2で下し、無傷の6連勝で決勝ラウンド進出を決めた。

すでに、アメリカ、ドミニカを破っているためプールFの1位通過は決まっており予定通り準決勝はオランダと対戦する。

試合はベネズエラの6投手から18安打したコロンビアが、投げてはプエルトリコの5投手が相手を5安打、オドーアの2ランの2点だけに抑えて快勝した。

プエルトリコ


◆コロンビア代表オーダー

《対アメリカ戦》
1 左 A・パガン 両 .188
2 遊 リンドア 両 .429
3 三 コレア 右 .273
4 DH ベルトラン 両 .462
5 捕 モリーナ 右 .385
6 二 バエス 右 .294
7 右 ロサリオ 左 .545
8 一 T・リベラ 右 .100
9 中 フエンテス 左 .125

ここまで不動のオーダーで、モリーナやベルトラン中心に代表チームとは思えない一体感で勝ち上がってきたプエルトリコだが、前日のアメリカ戦のナイターから、この日はデーゲームに移行するため、準決勝に備えてクリーンアップの4番ベルトラン、5番モリーナなどのベテランは休ませた。

《対ベネズエラ戦》
1 左 A・パガン 両 .200
2 遊 ヘルナンデス 右 .500
3 三 コレア 右 .357
4 DH バルガス 両 .000
5 二 T・リベラ 右 .071
6 右 アービレイス 右 .500
7 一 R・リベラ 右 .500
8 捕 ペレス 右 .000
9 中 フエンテス 左 .100


なお、日本との対戦相手が決まる注目のアメリカ対ドミニカはこの後に試合が始まる。

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/03/19 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0316

WBC2次R プエルトリコがドミニカ破り1勝目、攻守に光る捕手モリーナの存在  




舞台をアメリカ・サンディエゴのペトコパークに移して始まった2次ラウンド・プールFのドミニカ共和国対プエルトリコは、3-0でプエルトリコが勝利、前大会決勝の屈辱を晴らした。

プエルトリコ
写真上:団結と士気を高めるためにプエルトリコ代表は多くの選手が金髪にしている。

いきなり初回に見せ場がやって来た。プエルトリコの先発は今大会初登板のロマン。台湾リーグやヤクルトに所属した38歳のロマンだが、ドミニカの強力打線相手に制球が定まらず無死満塁のピンチ。

4番バティスタは空振りの三振で一死後、5番サンタナの打ったライトフライでタッチアップから先制点かと思われた場面。

ライトのロサリオからの好返球で3塁ランナーのセグラがタッチアウト。嫌な流れを断ち切った値千金の捕殺だった。捕手モリーナのガッツポーズが印象的だった。



プエルトリコは1-1で迎えた4回裏、1死二塁からロサリオの適時打で勝ち越しに成功する。そのまま迎えた6回には、モリーナの左中間に入るソロ本塁打で貴重な追加点を挙げた。

投げては、先発ロマンから3回途中に代ったH・サンティアゴ、ヒメネス、コローン、ディアスの5投手の継投で相手の強力打線を1点に抑えた。敗れたドミニカ共和国は、打線がつながりを欠いた。

先制タイムリーとダメ押しのソロを叩き込み、1次ラウンド7失点の堅守プエルトリコを守りでも支えている捕手モリーナの存在が光るゲームだった。

カージナルスではバッテリーを組んでいるドミニカ先発のマルティネスとモリーナの対決も面白かった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/16 Thu. 06:45 [edit]

CM: --
TB: --
   

0314

【WBC2017】プールDはプエルトリコが3連勝で2次ラウンドへ  



現地12日、WBC1次ラウンド・プールDのプエルトリコ代表対イタリア代表戦が行われ、9対3でプエルトリコが圧勝した。

プエルトリコ代表は3対3で迎えた3回、指名打者カルロス・ベルトラン(アストロズ)のタイムリー二塁打で1点を勝ち越し。続く4回にはカルロス・コレア三塁手(アストロズ)の3ラン本塁打で勝負を決めた。

今季レンジャーズのFAからアストロズへ移籍したベルトランは、来月40歳になる大ベテラン、WBCにも第1回から連続で出場している。

一方、コレアはメジャー2年の22歳。15年の新人王でベルトランと同じアストロズの期待の若手。前回準優勝のプエルトリコ代表だが、ベテランと若手の新旧がかみ合って3連勝の1位通過で2次ラウンド進出を決めた。

C6yXKlvUwAAKexD.png


他の3ヶ国が2桁失点を繰り返す中で3試合で7失点しかしなかったプエルトリコ代表。これは16カ国中最低失点。捕手ロベルト・ペレス(インディアンス)を中心に守りの堅いチームと言える。

WBC順位表(1次ラウンドD組)
①プエルトリコ 3勝0敗
②メキシコ   1勝2敗
③イタリア   1勝2敗
④ベネズエラ  1勝2敗

この結果、1イニング当たりの失点でベネズエラが1次リーグ敗退。メキシコ対イタリアで2次ラウンド進出を懸けたプレイオフ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/14 Tue. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0731

【イチロー伝説】セントルイスの捕手モリーナ、一流だけが知る感覚  



「すごいですねぇ、ちょっとびっくりしたなぁ」と試合後、クールなイチローが語った。

ベースボールタウンとしてメジャーリーガーが移籍をあこがれる街のファンたちは、世界最多安打とMLB3000本到達を目前にした敵チームの選手をスタンディングオベーションで称えた。

捕手のヤディア・モリーナが座ろうとしない。

彼は、ファンがイチローに拍手を送っているセレブレーションを知っていた。彼自身も一流選手として肌で感じているからだろう。

そのセントルイス・カージナルスがマイアミ・マーリンズと28日から再度対戦している。

ここでも捕手のヤディア・モリーナが座ろうとしない。大観衆に歓声を促している。一流選手だけが知る感覚で、イチローに対する敬意の表し方だった。

「ファンに時間を与えたかったからね」、日本のメディアの質問にそう答えた。

自分が時間を稼げば、ファンがイチローに拍手を与える十分な時間を与えられる。スタジアム全体が、メジャーで数々の記録を塗り替えたプレイヤーのMLB3000本到達という大偉業を楽しんでいる。主審さえもモリーナに、「早く座れ」と急かすようなことはしない。

モリーナーは「僕たちは戦っている。戦っているわけだけど、ときにああいう形で、相手選手に敬意を払わなければならないことがある。イチローは、そうして敵味方を超越しているし、それに値する選手だ」と、インタビューに答えた。

メジャー野球殿堂入りの確実な基準が3000本安打


ちなみに、「3000本クラブ」には、100年以上の歴史を持つリーグで29人しかいない。

タイ・カッブの登場以前は3人だけ。1921年にタイ・カッブが3000本安打達成。25年にはエディー・コリンズトリス・スピーカーの2選手が3000本安打を達成する。

30年代はゼロ、40年代はポール・ワーナーだけ、50年代はスタン・ミュージアルだけ。60年代はゼロ。

1970年にハンク・アーロンウィリー・メイズの2選手が3000本に到達。

ロベルト・クレメンテが3000本を達成した直後の72年に事故で亡くなったことから、70年代以降に3000本という数字が史上最高打者たちを語るための基準としてクローズアップされたのかもしれないという記事を読んだことがある。

78年にピート・ローズ、79年にルー・ブロックカール・ヤストレムスキーなど、70年代は7人が達成。

80年代の達成者はロド・カルーだけ。90年代は7人が達成、00年代は4人、2010年代は今のところはデリック・ジーターアレックス・ロドリゲスの2人。

10年を一時代としてとらえてもわずか数人。場合によっては達成者がいないという時代もある。通算3000本安打は野球殿堂入りへの確実な基準と言われている。



参考
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kiyokotaniguchi/20160615-00058833/



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/07/31 Sun. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド