メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0611

レッドソックスのペドロイア、メッツのセスペデスらがDLから戦線復帰  



レッドソックスのダスティン・ペドロイア二塁手が故障者リスト(DL)から復帰。チームはサム・トラビス一塁手とブランドン・ワークマン投手にオプションを行使してマイナーに降格。

これに伴い左腕のブライアン・ジョンソン投手を再度コールアップした。

26歳のジョンソンは5月27日、フェンウェイパークでのホーム公式戦初登板、初完封をマークしている。

デビット・プライスのアクティブ復帰に伴いロースターを開けるためにマイナーに降格していた。今季3試合に先発して2勝0敗、防御率3.44。

また、現地10日、左のハムストリングを痛めて4月28日から10日間のDL入りしていたメッツのヨエニス・セスペデス外野手がDLから復帰、6月10日に3番レフトで先発出場した。

セスペデスは、昨年オフに残りの2年契約を破棄し、FAとなった。チームは1720万ドルのクオリファイング・オファーを提示したが、11月14日に拒否。11月30日、4年1億1000万ドルでメッツと再契約した。

さらに、メッツの先発左腕のスティーブン・マッツ投手、先発右腕セス・ルーゴが早ければ11日にDLから復帰する予定。3年目のマッツと2年目のルーゴは肘の故障で開幕前の3月31日にDL入り、復帰すれば今季初登板になる。

ルーゴは、WBC2017のプエルトリコ代表に選出され、3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に先発登板している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/06/11 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0512

メッツが野戦病院化、守護神J.ファミリアも故障者リストへ  




昨年から故障者続出のニューヨーク・メッツから、また悲しいニュースが入って来た。

メッツの守護神ジェウリス・ファミリア投手は現地11日、右肩に血栓があると診断され、手術を受ける可能性が浮上している。



昨シーズン、メッツのチーム新記録となる51セーブを記録し、ナ・リーグのセーブ王に輝いたファミリアは、77回と3分の2を投げて防御率2.55、84奪三振の数字を残した。

しかし、オフにドメスティックバイオレンス(DV)に関する規範への違反があったとしてMLBから15試合の出場停止処分を受けていた。

C_kR0H2WsAAn-YE.jpg


今季は、4月20日が初登板で、ここまで11試合で1勝1敗3セーブ、防御率3.86にとどまっている。直近の5月10日のジャイアンツ戦では1/3イニングで4失点(自責点3)とセーブに失敗していた。

メッツは現在、これだけの故障者を抱えている。

スティーブン・マッツ投手(3月31日からDL)
セス・ルーゴ投手(3月31日からDL)
ブランドン・ニモ外野手(3月30日からDL)
デービッド・ライト三塁手(60日DL、首の手術)
ルーカス・デューダ一塁手(4月20日からDL)
トラビス・ダーノー捕手(5月3日からDL)
ノア・シンダーガード投手(60日DL)
ヨエニス・セスペデス外野手(4月28日からDL)

※特に表記のないものは10-Day DL


打線もグランダーソン、ウォーカー、レイエスが不振で、投高打低の編成は今季も改善されていないが、残りの先発投手にも健康面に不安があることがメッツにとっての大きなリスク。

頼みの投手陣にも故障者が出ては「売り手」になる可能性も出てきた。地区はナショナルズが早くも独走態勢に入っている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/12 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0508

主力投手の故障離脱で低迷しそうなMLB3チーム  




優勝を期待されながら、それ相応の戦力を擁しながら主力投手の故障で苦しい戦いを強いられているチームを紹介したい。

ニューヨーク・メッツは、先発4番手から5番手のマッツとルーゴが故障者リストで開幕を迎えた。しかし、シンダーガード、デグロム、ハービーの3本柱は健在でMLBトップクラスの先発陣を形成していた。

ただし、ここでも紹介したが、ヘルシーな状態であればという注釈が付いた。ヘルシーならばMLBトップクラスで、ストラスバーグやシャーザーを擁する同地区ライバルのナショナルズと十分に渡り合える先発ローテーションだった。

昨年もメッツは故障に泣かされた。デグロムは、9月に右ひじにメスを入れた。オープン戦でも、4試合、15回1/3しか投げていなかった。ハービーもご存知のように2013年10月にトミージョン手術を受けている。右ひじに爆弾を抱える彼らが1シーズンもつかは不安だ。

シンダーガード


しかし、ここへ来て開幕投手のシンダーガードが60日間の故障者リスト(DL)に登録されてしまった。復帰は、少なくともオールスター後にずれ込むという。

24歳のシンダーガードは、先月30日のナショナルズ戦に先発したものの、2回途中5失点で負傷降板。ハーパー外野手にチェンジアップを投じた直後に脇の下を押さえるそぶりを見せた。彼は「多少の違和感はあったが、もう1球投げた時にはっきりと痛みを感じた」と振り返っている。

メッツの先発ローテは、故障がちなデグロム、ハービーに荷を負わせることになり、代わってローテに入っているロバート・グセルマン、ラファエル・モンテロは実績がない。


トロント・ブルージェイズもひどい状態だ。昨年はリーグトップの防御率3.64だった先発投手陣だが、J.A.ハップは左肘、アーロン・サンチェスは指のマメで離脱したあと、爪の問題で故障者リストに戻り、さらにストローマンは脇を痛めて3イニングで降板した。

おまけにドナルドソンやトゥロウィツキーといった主力野手までDLに入っていては最下位も仕方がない。FOXスポーツの記事では、残っているエストラーダやリリアーノがトレードの交換要員になる可能性もあるという。

シアトル・マリナーズも期待したが、いつものシーズンになりそうだ。

左腕ドリュー・スマイリーは肘でシーズン前にDL。頑丈だったエースのヘルナンデスは肩、若手有望株のジェームズ・パクストンは前腕の故障と悲報が続いている。他にリリーバー4人、野手2人がDLに入り、シアトルは野戦病院のようになっている。

やり手のGMがいて机上の戦力は充実しても、結局は、試合をするのは選手たちだからチーム編成の難しさを感じる。ただ、ディフェンスを充実させてスモールベースボールをできるチーム作りという方向性は一貫しているように見える。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/08 Mon. 12:18 [edit]

CM: --
TB: --
   

0508

【DL情報】メッツは開幕右腕N.シンダガードが故障者リストに  




ニューヨーク・メッツの開幕投手、ノア・シンダガードが故障者リスト(DL)入りした。

現地1日、シンダーガードはMRI検査の結果、右広背筋の部分断裂が判明。10日間の故障者リスト(DL)に登録した。シンダーガードは30日のワシントン・ナショナルズ戦で痛みを訴え、2回途中5失点で降板していた。

今季はここまで5試合に先発し、27回1/3、防御率3.29、WHIP1.10、1勝2敗、32奪三振だった。

昨年は、30試合に先発、183回2/3を投げ、初の二桁勝利となる14勝(9敗)、防御率2.60(リーグ3位)、218奪三振(同4位タイ)の好成績を挙げた。

ジャイアンツとのワンゲームマッチになるワイルドカードゲームでは先発で起用され、マディソン・バムガーナーと投げ合い7回、2安打、無失点と好投した。

このDLによりメッツは、先発ローテーションにラファエル・モンテーロ投手をコールアップした。

メッツは昨年同様、主力に負傷者が相次いでいる。その中でもチームのパワーポイントである先発ローテが、ここまでMLB22位と、力を発揮していない。

開幕前から左腕スティーブン・マッツとWBC決勝にもプエルトリコ代表で先発したセス・ルーゴが早い段階でDL入りし、復帰が遅れている。それに追い打ちをかけるようにシンダガードの故障は大きなダメージと言える。

野手組では、ルーカス・デューダ(1B)などに加え、主砲ヨエニス・セスペデス(OF)も左ハムストリングを痛めて4月28日に10日間のDL入りしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/05/08 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0405

【DL情報】メッツのS.ルーゴ、マリナーズのD.スマイリー、肘の故障で長期離脱  



開幕したメジャーリーグで、いきなり悲報が入って来た。

マリナーズの先発左腕ドリュー・スマイリー投手が、肘の故障で多血小板血漿(PRP)の注射を受ける。メッツの先発右腕セス・ルーゴ投手は、PRP治療を受けた。これは15年オフにヤンキースの田中将大が受けた治療法と同じ。

マリナーズのスマイリーは60日間の故障者リスト(DL)に入った。復帰は早くても6月下旬という事だから、先発ローテーションに戻ってくるのは、実質オールスター後になるものと思われる。

スマイリーはオフにレイズからトレードで加入。

2016年シーズンは30試合175回1/3で防御率4.68、7勝12敗、WHIP1.27という成績だったが、最下位のレイズということもあり、バウンスバックが期待される戦力としてマリナーズのジェリー・ディポトGMが、積極的に動いた選手だった。

これでマリナーズの先発ローテーションは、バックアップのアリエル・ミランダが昇格し、フェリックス・ヘルナンデス、岩隈久志、ジェームズ・パクストン、ヨバニ・ガヤードになる。



メッツ期待の若手セス・ルーゴは、さっそく多血小板血漿(PRP)の注射を受けたとのことで、今後2週間は投げない予定。

27歳のルーゴは昨季、メジャーデビューを果たすと、先発8試合を含む17試合に登板して5勝2敗、防御率2.67の好成績をマーク。

期待された今季だが、オープン戦では3月27日のナショナルズ戦で5回途中までに8安打、4失点を喫するなど、4試合の登板で防御率5.56と結果が出ていなかった。

トミー・ジョン手術を受けるかどうかは現時点で未定となっている。メッツによると、投球練習を再開したのち、リハビリの様子を見て手術の必要性を判断するという。

昨年から故障者が相次いでいるメッツの先発陣。左腕スティーブン・マッツが左ひじの炎症により5月まで戦線離脱。開幕投手を務めた右腕ノア・シンダーガードは指のマメをつぶして次回登板を1日ずらして登板する。


ランキングに参加しています、
お手数ですが、ポチっとお願いします。↓

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/04/05 Wed. 18:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0331

メッツ守護神J.ファミリアに15試合の出場停止処分、妻へのDVが原因  

 

きのうメッツの先発ローテーションを紹介したが、クローザーのジェウリス・ファミリア投手が、昨年10月に起こした妻へのドメスティックバイオレンス(DV)容疑で逮捕された件で、メジャーリーグ機構(MLB)のDVに関する規範へ抵触したとして15試合の出場停止処分を科した。

ファミリア昨年10月31日、自宅で妻にケガを負わせたとして逮捕されたが、 ニュージャージー州検察はすでに、起訴を取り下げている。

しかし、メジャーリーグ機構は 、DVに関する新たな規範への違反があった場合、有罪判決を受けていなくても、何らかの処分が科すことを表明していた。

MLBに対するマイナスイメージと子供たちなどへ与える社会的影響力を考慮してのものと思われる。過去には、現ニューヨーク・ヤンキースのアロルディス・チャプマン投手(30試合)、現メッツのホセ・レイエス内野手(52試合)が、不起訴だったもののDV違反により出場停止を言い渡されている。

ロブ・マンフレッド・コミッショナーは声明を発表し、「証拠を吟味した結果、我々はファミリア氏が妻に暴行、もしくは身体的な力を使って妻や他人を脅したり、危害を加えたりしていないと判断した」とコメント。

「しかしながら、ファミリア氏がその夜にとった振る舞いは不適切、かつ規範への違反であり、懲戒に値すると決断した」と述べた。

ファミリアも今回の件に関して、妻に手をあげていないことをはっきりと主張しながらも、「(逮捕された夜の)私の振る舞いは許されないものであり、自分に失望している」と声明文を出している。

ファミリアは昨季、78試合に登板して3勝4敗、防御率2.55、ナ・リーグ最多の51セーブをマークし、キャリア初のオールスター選出された。ここ3年連続で76試合以上に登板、メジャー5年間で通算100セーブ、防御率2.46を記録している。

WBC2017にもドミニカ代表として出場した。

なおメッツでは、ファミリア不在の間のクローザー候補として、通算106セーブのアディソン・リード投手の名前が挙がっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/03/31 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0330

【3分でわかるMLB】メッツ、世にも奇妙な右腕ばかりの先発ローテーション!?  




今季も開幕前の恒例ランキングでNO.1の評価を受けたニューヨーク・メッツの先発投手編成。

しかし、ローテーションに入っていないものの左腕スティーブン・マッツはMRI検査の結果、指揮官テリー・コリンズが開幕戦に間に合わないことをコメントした。マッツは故障者リストで開幕を迎える。



今季のメッツ先発ローテーションは下記のとおりだが、メッツは昨年も先発陣の故障に悩まされた。

シンダガードを軸にデグロム、ハービーがヘルシーなら強力な3本柱になる。ただ、デグロムは昨年9月に右ひじにメスを入れた。オープン戦でも、ここまで4試合、15回1/3しか投げていない。

ハービーもご存知のように2013年10月にトミージョン手術を受けている。右ひじに爆弾を抱える二人が1シーズンもつのだろうか...。

期待したいのは、昨年デビューの23歳右腕グセルマン(8試合/防御率2.42/4勝2敗)とWBCプエルトリコ代表のルーゴ。27歳のルーゴは昨年、8試合に先発、9試合にリリーフ登板。5勝2敗、防御率2.67、WHIP1.09と好投した。

  1. ノア・シンダーガード
  2. ジェイコブ・デグロム
  3. マット・ハービー
  4. ロバート・グセルマン
  5. セス・ルーゴ


この5人にトミー・ジョン手術から復帰予定のザック・ウィーラーが考えられるが、世にも奇妙な右投手ばかりの先発ローテーションになっている。

左腕マッツの離脱は意外と大きいかもしれない。


★メッツ投手陣2016年スタッツ
(リーグ順位)
防御率 3.58(3位)
先発防御率 3.61(3位)
ブルペン防御率 3.53(3位)
セーブ数 55(1位)
セーブ成功率 77.46%(1位)


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/03/30 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0309

元NFLのティーボウ快音なし、ポーセロに見送りの3球三振  



昨秋メッツ傘下のチームとマイナー契約を果たした元NFLデンバー・ブロンコスのQBティム・ティーボウがオープン戦に出場した。

8番指名打者で出場したティム・ティーボウはレッドソックスの右のエース、リック・ポーセロから手も足も出ない見送りの3球三振だった。この後も3打数ノーヒット、2三振だった。




メッツの球団幹部は、現時点でのメッツへのメジャーキャンプ招聘は広告以外のなにものでもない、と断言。

ただし、マイナーリーグでのキャンプ中に著しい改善があった場合は、メッツキャンプへの昇格、そしてオープン戦登場の可能性は否定していなかった。

そのティーボウ。マイナーの若手が参加する「アリゾナ・フォールリーグ」での成績は打率.194、2打点、2塁打3本、8四球。62打席のうち20打席は三振という結果だった。Aクラス、良くてA-Advancedクラスの実力と言ったところだろうか。


ティム・ティーボウって、誰?


カレッジフットボール史上最高の選手とも言われたクォーターバックで、強豪フロリダ大で全米優勝を果たしたのは2006年と08年。07年には、当時としては史上最年少でハイズマン賞を受賞した。

その輝かしい経歴を引っ提げて10年にデンバー・ブロンコスにドラフト1巡目で入団。

入団2年目には11試合(年間16試合)に先発出場して、12タッチダウン。パスで1729ヤードを投げて、ランで660ヤードを獲得した。当時低迷していたブロンコスをプレイオフに導いた。

サンディエゴ・チャージャースファンなので同地区ブロンコスの躍進には驚いたが、ただ、そのプレイスタイルがプロ向きでなかったことから、選手寿命的は短命だった。

翌年からブロンコスには、史上最高のQBと言われるペイトン・マニングが入団。弾き出される形で、ニューヨーク・ジェッツにトレード。

ジェッツでは結果を残すことなくリリースされ、その後は、ニューイングランド・ペイトリオッツやフィラデルフィア・イーグルスのキャンプに招待されるにとどまった。

端正なマスクと熱血のプレイスタイルから全米での人気は高く、ここ数年はESPNの大学フットボールの解説者を務めていた。

現在29歳。左投げ左打ち。両親がキリスト教の宣教師であったことから、自身も熱心なクリスチャンで、試合中に見せる、片膝をついて祈る姿は、ティーボーイングと呼ばれ、毎回カメラはその姿を映し出した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/03/09 Thu. 06:06 [edit]

CM: --
TB: --
   

0302

メッツのD.ライトが故障 “キャプテン”は今季も苦しいシーズンに  



ニューヨーク・メッツの生え抜き選手でニューヨーカーに愛されているチームの“キャプテン”が今季もダメかもしれない。

メッツ一筋でキャリア14年目を迎えるデービッド・ライト三塁手が現地2月28日、右肩の故障により2週間はスローイングをしないよう診断を受けていることが報道された。

チームによると、ライトは右肩に違和感を感じて同日に病院で診察を受けたとのこと。2週間後にはセカンドオピニオンを仰ぐ予定で、今後のオープン戦では指名打者として出場する可能性もあるという。

デービット・ライト

ライトで思い出すのは、もうすぐ始まるWBC。2009年と13年の2回、アメリカ代表として活躍。とくに前回の大会は打率.438、10打点 (大会最多) と打ちまくり大会ベストナインにも選ばれるなどアメリカチームをけん引した。

34歳のライトだが、ここ2年は相次ぐ故障で合計75試合しか出場できておらず、昨季は6月に頸椎ヘルニアで15日間の故障者リスト入りすると、リハビリに時間がかかり、レギュラーシーズンでは、わずか37試合の出場にとどまった。

デビッド・ライトは2007年からの14年1億9200万ドルという長期契約を結んだ。残る契約は2016年から37歳となる2020年までの5年8700万ドル(約99億円)となっている。

ブリーチャーリポート(bleacher Report)などは、15年の時点で「長期契約ワースト10」の2番目に彼を選んでいる。

これは憶測だが、前半は無理でオールスター以降のバウンスバックに期待したい。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/03/02 Thu. 06:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0205

【MLB契約情報】メッツがブルペン補強、救援左腕と再契約  



ジャイアンツからFAの救援右腕セルジオ ロモがドジャースと契約に合意したが、昨日も紹介した契約が決まっていなかった有力選手のひとりが契約している。


左腕ジェリー ブレビンスがメッツと再契約に合意した。契約内容は1年650万ドルで、シーズン終了後にメッツがオプションを行使した場合2年間延長され、年俸合計で1,250万ドルとなる。





33歳のブレビンスは昨年73試合に登板。防御率2.79、FIP3.05。


メジャーキャリアは11年目。メッツに移籍した15年は2度の故障に見舞われたが昨年復活し、73試合に登板した。貴重な左腕のワンポイント。


過去には、アスレチックス時代にも年間60試合以上を3度経験している。16年のサラリーはトータル500万ドルだった。


《追記》
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/02/05 Sun. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド