メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0405

《GAMEDAY》メッツのデグロムがメジャータイの26試合連続QS  




ジェイコブ・デグロムが7回無失点の快投


 開幕戦でもナショナルズのマックス・シャーザーと合計22の奪三振ショーを演じたメッツの右腕ジェイコブ・デグロムがまた快投を演じてチームの勝利に貢献している。


 マイアミでの対マーリンズとの3連戦のGAME3は、6対4でメッツが勝利してスイープしたが、この試合でデグロムは自己最多の14三振を奪う快投。7回114球を投げて被安打3、1四球。ここまで2試合で2勝目、昨シーズンから26イニングで無失点を続けている。





 3月29日の記事でも紹介したが、昨シーズンからの連続記録はクオリティ・スタート(QS)が先発した26試合で継続中で、これでカージナルスの大投手ボブ・ギブソンが持つメジャー記録に並んだ。


また、3失点以下は31先発連続で自身が持つメジャー記録を更新中だ。




 
 さらに、デグロムは1点リードの3回表にマーリンズ先発のトレバー・リチャーズから右中間への1号ソロも放っており、MLB.comの記事によると14奪三振以上を記録した試合で本塁打を放った投手は1969年以降では5人目の快挙らしい。


Jacob deGrom, 4/3/2019
Madison Bumgarner, 8/16/2015
Steve Carlton, 8/21/1977
Tom Seaver, 5/29/1973
Bob Gibson, 8/30/1972





 デグロムは今季の年俸調停を回避して1年1700万ドルで合意していたが、開幕直前に5年1億3750万ドルで契約を延長している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/05 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0401

メッツの新人アロンソが開幕から3試合連続安打  




 2016年のMLBドラフトでメッツから2巡指名(全体64位)のプロスペクト、ピート・アロンソが開幕ロスターを果たし、3試合連続安打中。ここまで12打数6安打3打点とスプリングトレーニングの好調を維持している。


 アロンソは昨シーズンもメッツ傘下ビンガムトンとラスベガスの2チーム合計で132試合に出場し、打率.285、36本塁打、119打点、OPS.975を記録。マイナーリーグの本塁打王にも輝いた逸材。


 バンワグネンGMに代わってオフに大型補強したメッツ。開幕戦ではナショナルズの剛腕マックス・シャーザーから2安打にもかかわらずラッキーな勝利。アロンソも2番ファーストでスタメン出場して第4打席にシャーザーから代わったジャスティン・ミラー投手からメジャー初安打を記録している。





 MLB.comでも紹介していたが、アロンソは今季の最初の2週間ほどをマイナーで過ごした場合、メッツはフリーエージェントとなるのを1年遅らせることができた。


しかし、メッツのフロントは「ベストの25人を揃えること」を最優先し、彼を開幕からメジャーのロースターに入れることを決めた。24歳のフロリダ出身の若者はそれくらい大きな期待を背負い、チームに必要な戦力と見なされている。


 記念すべきメジャー第1号本塁打は、3試合を終わってまだ出ていないが、アロンソの活躍もあってメッツは最初の同地区対決を2勝1敗で勝ち越した。


 話題のブライス・ハーパーの移籍で勢力図が変わろうとしているナ・リーグ東部地区。新人選手が低迷してきたチームにどれだけインパクトを与えるか、スポットを当てて見ていきたい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/01 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0329

《GAMEDAY》シャーザーとデグロムの剛腕対決は両者で22奪三振、カノーが価値ある2打点  



 28日(日本時間29日)、ナショナルズのホームで開催された開幕戦の注目カード、ナショナルズのマックス・シャーザーとメッツのジェイコブ・デグロムのサイヤング賞投手対決は、シャーザーが12奪三振、デグロムも10奪三振の投手戦の末、メッツが2対0で勝利している。


 全米注目、開幕戦屈指の好カード。1979年以来、40年ぶりの両リーグでのサイヤング賞1位と2位の投手対決になったが、18年サイヤング賞投票1位のデグロム、そして2位のシャーザーの投げ合いは、終わってみれば額面通りの投手戦だった。


 デグロムは6回93球で被安打5、失点0。これで昨年から続く記録は、30試合連続の失点3以内、25試合連続のクオリティースタートに更新された。走者を得点圏にを背負ってからの粘りあるピッチングが印象的だった。





まだ始まったばかりで答えを出すのは早急だが、デグロムは先日、5年1億3750万ドルで契約延長した。この日のピッチングは、相手のエースと投げ合って、その契約が間違ってなかったことを証明するような内容だった。


 一方のシャーザーも8回途中までメッツ打線を散発2安打、12奪三振と力投したが、昨年オフに電撃トレードでマリナーズから移籍してきたロビンソン・カノーに1発を食らい、8回にもシャーザーがマウンドを降りたあとの救援投手がタイムリーを打たれ2失点。


 結局、メッツが、この価値あるカノーの2打点で昨年300奪三振(メジャー17人目)の剛腕投手から貴重な1勝をもぎ取った。このナ・リーグ東部地区は、メッツのほかにもフィリーズが、ブライス・ハーパーなど大型補強で今季注目のディビジョンだ。







 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/03/29 Fri. 06:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0327

【MLB契約情報】メッツのジェイコブ・デグロムが5年1億3750万ドルで契約延長  



 ニューヨーク・メッツの開幕投手にも指名されているジェイコブ・デグロムがチームと契約延長に合意した。複数のメディアが伝えているがMLB.comのメッツ番記者のSNSでは、5年1億3750万ドルで契約延長に合意したという。


デグロムは今季の年俸調停を回避して1年1700万ドル(約18億6700万円)で合意していたが、メッツが彼の脂の乗り切った30歳から35歳までをコントロールしたカタチだ。





ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマンは契約内容にもふれて、その詳細は、契約金が1000万ドル(約11億円)。

2019年は年俸700万ドル(約7億7000万円)
2020年は年俸2300万ドル(約25億4000万円)
2021、22年は年俸3350万ドル(約37億円)
23年は年俸3050万ドル(約33億7000万円)



さらに、クラブオプションを行使すれば24年は年俸3250万ドル(約35億9000万円)となり、6年契約にも延長できる。この契約には全球団へのトレード拒否権が付き、デグロムは22年シーズン後にオプトアウト(契約を破棄)できる内容になっている。


30歳のデグロムは、昨年10勝ながら防御1.70(FIP1.99)、WHIP0.912。その投球内容の良さでサイ・ヤング賞を受賞。これまでにも14年の新人賞などがあり、メッツ生え抜きの選手だ。


メジャーキャリア5年間で139試合すべて先発登板で、55勝41敗、防御率2.67、奪三振率10.0、与四球率2.2。ベースボールリファレンスのWARも通算27.0と高い数値を示している。


新しいGMに代わって大型補強したメッツだが、チームのコアになるデグロムとの契約延長が一番効果的かもしれない。ワシントン・ナショナルズのマックス・シャーザーと投げ合う19年の開幕戦は注目のカードになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/03/27 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0209

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《NL-EAST》  




 オフシーズンの移籍市場は2018年オフもゆっくりと推移した。ハーパーとマチャドは昨年のJ.D.マルティネスがそうであったようにスプリントレーニング直前まで決まらないだろう。


 ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか?各球団が、2018年オフにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバーで獲得した選手たちを紹介したい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 



今回は、その最終回、ナショナルリーグの東部地区。(日本時間2月7日時点)



■ブレーブス

ジョシュ・ドナルドソン(三塁手:FA)
ニック・マーケイキス(外野手:FA)
ブライアン・マッキャン(捕手:FA)


オジー・アルビーズ、ロナルド・アクーニャ、ダンズビー・スワンソンなど、若手が順調に伸びてきたブレーブス。そこに、ベテランでクラブハウスでメンター的な役割が期待されるマッキャンや中堅のドナルドソンが加入している。戦力的にっは35歳のマーケイキスとの再契約が大きいと感じる。


■ナショナルズ

マット・アダムス(一塁手:FA)
パトリック・コービン(左腕:FA)
ブライアン・ドージャー(二塁手:FA)
ヤン・ゴームス(捕手:トレード)
ジェレミー・ヘリクソン(右腕:FA)
ビダル・ヌーニョ(左腕:FA)
タナー・レイニー(右腕:トレード)
トレバー・ローゼンタール(右腕:FA)
アニバル・サンチェス(右腕:FA)
カート・スズキ(捕手:FA)


先発陣はパトリック・コービン、アニバル・サンチェスを獲得し、、ジェレミー・ヘリクソンとも再契約。リーグでもトップクラスだ。マット・ウィータース捕手とは再契約せず、ヤン・ゴームスとベテラン捕手カート・スズキと契約している。


■フィリーズ

ホゼ・アルバレス(左腕:トレード)
ジェレミー・ブライシュ(左腕:FA)
ロブ・ブラントリー(捕手:FA)
ドリュー・ビュテラ(捕手:FA)
フィル・ゴスリン(二塁手:FA)
ジョシュ・マーティン(右腕:FA)
マット・マクブライド(捕手:FA)
アンドリュー・マカッチェン(外野手:FA)
フアン・ニカシオ(右腕:トレード)
ジェームス・パゾス(左腕:トレード)
グレゴリオ・ペティート(遊撃手:FA)
デービッド・ロバートソン(右腕:FA)
シェーン・ロビンソン(外野手:FA)
ジーン・セグーラ(遊撃手:トレード)


本気の補強に打って出たフィリーズ。ただ、先発投手がコマ不足。外野手もアンドリュー・マカッチェンを追加したが、迫力不足だ。ここにハーパーが加わり、将来的にはマイク・トラウトが入ればフィリーたちがワクワクするような打線になる。


■メッツ

ルイス・アビラン(左腕:FA)
グレガー・ブランコ(外野手:FA)
キーオン・ブロクストン(外野手:トレード)
アルキメデス・カミネロ(右腕:FA)
ロビンソン・カノー(二塁手:トレード)
J.D.デービス(内野手:トレード)
ラジェイ・デービス(外野手:FA)
エドウィン・ディアス(右腕:トレード)
カイル・ダウディ(右腕:ウエーバー)
ジューリス・ファミリア(右腕:FA)
ディルソン・ヘレーラ(二塁手:FA)
ライマー・リリアーノ(外野手:FA)
ジェッド・ラウリー(内野手:FA)
ライアン・オルーク(左腕:FA)
ヘクター・サンティアゴ(左腕:FA)
ウィルソン・ラモス(捕手:FA)
ジャスティン・ウィルソン(左腕:FA)


GMが代わったメッツ。ということでお約束の総テコ入れがあったようだ。先発陣を除く各部門で新戦力を補充した。とくにブルペンは8人中5人が入れ替わる可能性がある。



■マーリンズ

ペドロ・アルバレス(一塁手:FA)
R.J.アルバレス(右腕:FA)
ジョン・バーティ(三塁手:FA)
オースティン・ブライス(右腕:ウエーバー)
サンティアゴ・チャベス(捕手:FA)
フリアン・フェルナンデス(右腕:ウエーバー)
ライリー・フェレル(右腕:ウエーバー)
カーティス・グランダーソン(外野手:FA)
ガブリエル・ゲレーロ(外野手:FA)
ロセル・ヘレーラ(外野手:ウエーバー)
ブライアン・ホラデイ(捕手:FA)
マイク・キックハム(左腕:FA)
ディクソン・マチャド(遊撃手:FA)
デベン・マレーロ(三塁手:FA)
ジョーダン・ミルブレイス(右腕:FA)
ブライアン・モラン(左腕:FA)
ヘクター・ノエシ(右腕:FA)
ハロルド・ラミレス(外野手:FA)
ロドリゴ・ビジル(捕手:FA)
ニール・ウォーカー(内野手:FA)


ここにリアルミュートをトレードして獲得したホルヘ・アルファーロ捕手、シクスト・サンチェス投手らが加わる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/02/09 Sat. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1218

【MLB契約情報】メッツがウィルソン・ラモス捕手と2年1900万ドルで合意  



低迷を打開するために新ゼネラルマネージャー(GM)に変わったニューヨーク・メッツ。


エンゼルス大谷翔平のエージェントでもあるネズ・バレロ氏と同じエージェント「CAAスポーツ」のブロディ・バンワグネン氏を招聘したメッツが積極的な補強を行っている。





強打の捕手ウイルソン・ラモスと2年1900万ドルで合意したことが複数のメディアで報じられた。31歳のラモスは、レイズとフィリーズで計111試合に出場して打率.306、15本塁打、70打点、OPS.845の好成績をマーク。


今季のメジャーでは400打席以上の捕手は15人しかいないが、その中でもラモスのスタッツは打率で1位、本塁打数8位、打点4位、fWARでも4位と、メジャーを代表する強打の捕手で今季は16年に続き2回目のオールスターゲームにも選出されている。


ただ、守備防御点(DRS)を見てみると-5で、700イニング以上マスクをかぶった捕手では20人中14位とあまり良くない。


前所属のレイズとは、17年400万ドル、18年850万ドルの2年1250万ドルだったので、今回の年平均950万ドルは、ややアップしたことになる。


メッツは正捕手のトラビス・ダーノウがトミー・ジョン手術で19年の開幕には間に合わない状況。そのため捕手の補強は、このオフのニーズだが、それだけではなくMLB全体で29位だった打線のテコ入れなど、チーム再建のための積極的な補強が目立つ。


マリナーズから強打者ロビンソン・カノーと今季のセーブ王エドウィン・ディアスをトレードで獲得。リリーバーは、元守護神のジュリウス・ファミリアを呼び戻した。ほかにもマイナー選手を2名、ルール5ドラフトでも3名を獲得するなど積極的な補強が目立つ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/12/18 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1214

【MLB契約情報】ファミリアがメッツ、ケリーがドジャースと3年契約  




 「オープナー」や「ブルペンDAY」などの起用法で、ポストシーズンだけでなくシーズン全般を通して需要が増した感のあるリリーバーたち。


ウィンターミーティングでも現地12日、ニューヨーク・メッツがジェウリス・ファミリアと3年契約、ジョー・ケリーがロサンゼルス・ドジャースと同じく3年契約を結んだ。


ファミリアは今夏にメッツからオークランド・アスレチックスへトレードされているので、古巣への復帰ということになる。


メジャー7年目の今季は移籍前のメッツで17セーブ、移籍後のアスレチックスで1セーブ。トータル70試合72イングに登板して8勝6敗、7ホールド、18セーブ、防御率3.13、奪三振率10.4、与四球率3.5。


防御率に対してFIPは2.65と好成績だ。そのため契約金は3年3000万ドル、1年平均で1000万ドル。リリーバーとしてはハイクラスの契約になった。





30歳のジョー・ケリーはドジャースと3年2500万ドルで合意。レッドソックスでは16年にリリーバーに転向して今季はキャリアハイの73試合に登板している。65回2/3で4勝2敗、21ホールド、2セーブ、防御率4.39。FIP3.57。メジャー通算では7年間で43勝25敗、防御率3.87。


ケリーは、5月の防御率が0.63、8月が同1.42と良かったが、6月・7月が同8.35、9月が同8.31と好不調が激しかった1年だった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/12/14 Fri. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1212

リアルミュート、シンダガードのトレードにヤンキースを巻き込んだ3角トレード?  




この秋に日米野球でも来日したJ.T.リアルミュート(マーリンズ)の争奪をめぐって、メッツの新GMブロディ・バンワグネンがヤンキースを巻き込んだ3チームによるトレードを画策している。


メッツは、金髪ロングヘアーで人気の若手右腕ノア・シンダガードをヤンキースにトレード。ヤンキースは、プロスペクトをマーリンズへ。マーリンズはリアルミュートをメッツにトレードするという大まかな筋書きだが、そうは簡単に事が進むようには思えない。





リアルミュートは昨年、ブレーブスに移籍したイエリッチ外野手と共にファイアーセールを行ったチームに対して批評的で、マーリンズとの契約延長には応じない姿勢を明確にしている。


リアルミュートは攻撃力のある捕手として18年シーズンもマーリンズで打率.277、本塁打21本、OPS.825、WAR4.3と数字を残している。


10数チームが彼に関心を示しているという情報もあるが、マーリンズの要求が高く、例えばブライアン・マッキャン、マーティン・マルドナード、エバン・ガティスらがフリーエージェントとなったアストロズも捕手が補強ポイントになっているため、トレードを働きかけているが成立していない。


マーリンズにとっては同地区のライバルチームへ正捕手リアルミュートを出すことには抵抗があるもののメッツの先発右腕がア・リーグへ移籍することは、トータルで考えれば得策ともいえる。


ヤンキースはメッツに対して、先発右腕ソニー・グレイを差し出す可能性もあるという。グレイは、ヤンキースの19年の戦力構想にない投手だからあり得るだろう。


リアルミュート


問題は、マーリンズがどれだけの戦力をヤンキースから得られるかどうか。MLB.comの記事では、ヤンキースはマイナーに在籍している有望株の層が厚く、現時点ではクリント・フレイジャー、ジョナサン・ロアイシガ、マイク・キング、チャンス・アダムスといった名前が交換要員の候補として挙がっている。


リアルミュートはMLBサービスタイムで4.038。実質メジャー4年で、あと2年間はマーリンズが保有できることから、じっくり交渉できる。マーリンズにとっては最後の有力なカードで、交換条件のハードルが高く、ここはヤンキースからミゲル・アンドゥハーやグレーバー・トーレスなどといったレギュラークラスの若手の名前が出てこないとマーリンズが合意しない気がする。


アンドゥハーに関してはトレード要員としての可能性も噂されているが、守備力が問題で、指名打者制のないナ・リーグのチームにはフィットしないという指摘もある。





▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ


関連記事

Posted on 2018/12/12 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1202

【MLB移籍情報】マリナーズがカノーとディアスを放出!メッツからブルースら5選手を獲得  

 


シアトル・マリナーズとニューヨーク・メッツの大型トレードが成立した。


複数のメディアによれば、マリナーズはロビンソン・カノー二塁手、クローザーで今季57セーブのエドウィン・ディアスの2人と金銭を負担して放出。


その見返りとしてメッツから、ジェイ・ブルース外野手、アンソニー・スウォーザック投手、ガーソン・バティスタ投手、ジェレッド・ケレニック外野手、ジャスティン・ダン投手の5人を獲得する。


マリナーズ側が36歳カノーの残っている契約5年1億2000万ドルの契約の内、2000万ドルを負担し、それに若手で年俸調停前のセーブ王ディアスをつけるパッケージで5人を得るトレードだ。


FbG-iPn3.jpg


単純にはカノーの残り契約1億ドルを削減した計算だが、メッツから得るブルースの契約2年2800万ドル、スウォーザックの1年850万ドルを差し引いた実質は5年6350万ドルの削減になる。


メジャーを代表する二塁手のカノーとセーブ王に成長したディアスを失うのは大きいが、ペイロールの軽減とスカスカだった薄いファーム層が多少は充実した。


11月30日にも紹介したが、マリナーズ側にとってはプロスペクトで今季のドラフト1巡全体6位指名のジャレット・ケレニック外野手、チーム内プロスペクトランキングで1位の右腕ジャスティン・ダン投手を獲得できたことは大きいだろう。


カノーの抜けたセカンドにはもともと二塁手だったディー・ゴードンをセンターから戻し、先にトレードで獲得しているマレックス・スミスをセンターに入れ、さらに、メジャー11年間で286本塁打の外野手ジェイ・ブルースをこのトレードで追加。おそらくレフトのベン・ギャメルと併用か、もしくはネルソン・クルーズの抜けたDHを併用するデプスになると思われる。


このトレードの背景には、今オフにメッツのGMに就任したブロディ・バンワグネン氏の存在が大きい。彼は、もとはカノーの代理人をしていた経歴があり、「全球団に対するトレード拒否条項」をカノーが破棄して彼の才能を見出したパートナーともいえるGMの元へ帰ることカノーは受け入れた。


当初はヤンキース復帰という噂も流れたが、この大型トレードの裏には、そんな人間関係が絡んでいる。


マリナーズは、今オフだけでカノー、ディアスの他、マイク・ズニーノ捕手、ジェームズ・パクストン投手、アレックス・コロメ投手を放出しているが、毎年多くのトレードを仕掛けているディポトGMが今季も本領を発揮していると評価したい。


ただ、マリナーズは勝ち越しているもののプレイオフには17年間も遠ざかり、MLBだけではなくアメリカの主要なプロリーグであるNFL、NBA、NHLでも最長だ。


2シーズン連続で勝ち越している実績はあるが、毎年ガチャガチャといじくりまくるディポトGMのルービックキューブは2019年に果たして揃うのだろうか。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/12/02 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1130

【MLB移籍情報】マリナーズのカノー二塁手がNYメッツへトレード!?  




メジャーリーグきってのトレーダー、マリナーズのジェリー・ディポトGMが今季も積極的に動いている。メジャーを代表するセカンドベースマンがビックアップルに送られる時間が迫っている。


マリナーズ主砲のロビンソン・カノー二塁手が今季のセーブ王エドウィン・ディアスとパッケージでニューヨーク・メッツへ移籍するという大型トレードが合意間近に迫っているという情報が流れている。


今オフにメッツのGMに就任したばかりのブロディ・バンワグネン氏は、もとはカノーの代理人をしていた経歴があり、カノーの契約には全球団に対するトレード拒否条項が含まれているが、受け入れる可能性が高い。


当初はヤンキース復帰という噂も流れたが、この大型トレードの裏には、そんな人間関係が絡んでいる。


また、カノーはマリナーズ移籍前にヤンキースでプレイしていたため、そうした背景を考えてもニューヨークの球団への移籍を受け入れる条件は揃っている。


36歳のカノーには10年2億4000万ドルの契約のうち、5年1億2000万ドルが残っているのがネックになっていたが、MLBネットワークのケン・ローゼンタールが最初に伝え、その後、ニューヨークポストのジョエル・シャーマンは、金曜日(日本時間12月1日)にも正式発表される可能性があるとしている。







マリナーズ側はプロスペクトで今季のドラフト全体6位指名ジャレット・ケレニック外野手、プロスペクトランキングでチーム内1位の右腕ジャスティン・ダン投手と今季の新人王投票で6位に入ったジェフ・マクニール二塁手らを交換要員として要求しているという。


今流れている情報を総合すれば、31歳のジェイ・ブルース外野手や33歳リリーフ右腕アンソニー・スウォーザックらの名前が挙がっており、こうした実績のある選手と、プロスペクト3人のうち誰かがシアトルにトレードされる模様で、金銭を一部負担するという事も考えられる。


以前にも紹介したが、メジャーではこれまで「サンクスギビング・デー」から12月上旬のウィンターミーティングまでに大物選手たちの移籍が決まり、クリスマス・ホリデーまでに主力選手の契約が決まっていくパターンが多かった。


しかし、昨年あたりからトレード市場とFA市場は状況が変わりつつあり、今オフもFA選手たちの契約は長引くかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/11/30 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド