メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0513

メッツとカブスに朗報 デグロームとダルビッシュが戦線復帰間近  

 


 メッツとカブスに朗報だ。先発投手のジェイコム・デグロームとダルビッシュ有が復帰間近というニュースが入ってきた。

メッツは開幕直後に9連勝して好スタートを切ったが、その後、3カード続けて負け越すなど、現在19勝17敗でナ・リーグ東部地区4位まで後退している。

  • 1.シンダガード
  • 2.ウィーラー
  • 3.マッツ
  • 4.バルガス

この先発ローテーションにジェイコブ・デグロームが10日間の故障者リストから復帰する。

 14年の新人王。メジャー5年目、6月に30歳になる右腕は、昨年、ノア・シンダーガードに次ぐ先発2番手として開幕したが、シンダーガードが故障離脱したために実質的にエースとしてキャリアハイの31試合に先発登板。初の200イニング以上を記録し、15勝10敗、防御率3.53、239奪三振、WHIP1.19という成績を残した。

 インディアンスの投手コーチをしていたミッキー・キャラウェイ新監督のもとスタートしたシーズンだが、デグロームの早期復帰は明るい材料だ。

 デグロームは、8日に43球のシミュレーションゲームをこなしており、土曜日のフィリーズ戦は雨のために順延になったが、次週火曜日のブルージェイズとのインターリーグに先発する予定。

 メッツの先発陣はここまでMLB全体で18位(防御率)。ただ、ブルペン陣はクローザーのファミリアやA.J.ラモス、セス・ルーゴ、スポール・セワルドを中心にMLB12位と健闘している。

カブスのダルビッシュ有も現地15日に復帰する予定。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/05/13 Sun. 12:41 [edit]

CM: --
TB: --
   

0315

俺たちのエースはこいつだ!PART4 ブルワーズはアンダーソンが初の開幕投手  

 


 50年ぶりに全チームが3月29日に開幕戦を行うことになったメジャーリーグ。寒い冬が終わって日本では桜の季節に待ちに待った2018年シーズンが始まる。

ここではそんな「Opening Day」に思いを馳せながら名誉ある開幕投手たち紹介していきたい。

 ブルワーズが予想どおりチェイス・アンダーソンを開幕投手に指名している。パイレーツも先日、イバン・ノバを指名している。両投手とも初の開幕投手だ。

以前にも紹介したが、30チーム中、19チームは、ほぼ開幕投手が決まっていたが、ブルージェイズのマーカス・ストローマンのように故障者が出て変更になったチームもある。メッツのデグロームも調整が遅れている。

その他の11チームの予想は下記だが、カブスからFAのジェイク・アリエッタがフィリーズに移籍、実績で選べば開幕投手に指名されるだろう。



▶ 開幕投手争いになるチーム


①ヤンキース
ルイス・セベリーノと田中将大


田中自身が「セベリーノ」の名前をあげていたが、シーズンを通して安定感のあったセベリーノが第1候補だろう。3年目で14勝6敗、防御率2.98、WHIP1.04とブレイクした。

昨年の田中は、日本人投手初の3年連続開幕投手となったが、開幕戦でレイズのアーチャーと投げ合ったが3回途中で7失点と炎上。シーズン序盤の乱調で、過去最悪のシーズンだった。ただ、後半は復活して、とくにポストシーズンでは2勝1敗、防御率0.90を記録し、セベリーノを上回った。新監督が、どう判断するか注目される。


②アストロズ
ジャスティン・バーランダーとダラス・カイケル


バーランダーが有力と見たい。9度の開幕投手は現役3位。カイケルもアストロズで3年連続。


③マリナーズ
ジェームズ・パクストンとフェリックス・ヘルナンデス


ここは難しい判断を迫られる。9年連続(通算10回)のヘルナンデスが赤信号らしい。キャリア6年目のパクストンは昨年、FIP2.61。これはセールやクルーバーに次いで3位。MLB公式サイトではパクストンを予想している。


④メッツ
ジェイコブ・デグロームと
ノア・シンダーガード

この2人は若い才能があふれた剛腕だ。昨年はシンダーガードが開幕投手だったが、故障離脱で7試合1勝2敗に終わった。一方、デグロームはキャリアハイの201回1/3を投げて15勝をマークした。

ところが、今度はデグロームが2月中旬に背中の張りを訴え、オープン戦初登板が現地3月11日までずれ込んだ。その為、ミッキー・キャラウェイ監督はシンダガードを指名している。 


⑤マーリンズ
ダン・ストレイリーとホセ・ウレーニャ


MLB公式サイトではストレイリーを予想しているが、どちらも優勝を争うチームなら3番手か4番手クラス。


⑥パイレーツ
ジェイムソン・タイオンとイバン・ノバ

ノバが開幕投手に指名されている。


⑦オリオールズ
ケビン・ゴーズマンとディラン・バンディ



下の4チームについては絶対的なエースがおらず、今後の補強や故障者の状況によって有力候補が変動していく可能性が高い。

エンゼルスは、ヘルシーならギャレット・リチャーズだが、故障で過去2シーズンは、わずか12試合しか投げていないので大谷翔平の可能性もゼロではない。

アスレチックスはケンドール・グレイブマン。

ツインズはランス・リンを獲得。3年目の23歳ホセ・ベリオスでは物足りない。

レッズはアンソニー・ディスクラファーニが有力候補。



◇記事参考
https://www.mlb.com/news/predicting-all-30-mlb-opening-day-starters/c-266347716




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/03/15 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0217

【MLB契約情報】メッツがベテラン左腕ジェイソン・バルガス獲得  

 

メッツが、昨年ロイヤルズで18勝のジェイソン・バルガスと2年1,600万ドルで契約した。3年目は800万ドルのオプションになるという。

ベテラン35歳左腕は、15年のトミー・ジョン手術から昨年バウンスバック。32試合に登板して18勝11敗 防御率4.16。自身初タイトルとなる最多勝利。夏のオールスターゲームにも初選出された。

2007年以来となるメッツ復帰となったが、メッツではジェイコブ・デグローム、ノア・シンダーガードに次いで3番手を任される予定。

メッツ投手陣は、昨年開幕投手のシンダガードが早々と離脱。マット・ハービーも肩の故障で、この2年間100イニングも投げられない状態が続いており、完全復活したバルガスは大きな戦力アップになる。

左打者への被打率.311は不安材料だが、右投手が並ぶメッツ先発投手陣の中では貴重な左腕になる。

ミッキー・キャラウェイ新監督は、バルガスについて「長いイニングを投げることはないと思う」とコメントしている。


《メッツの予想される先発ローテーション》
1.ジェイコブ・デグローム
2.ノア・シンダーガード
3.ジェイソン・バルガス
4.マット・ハービー
5.ザック・ウィーラー

ほかに、ローテの4番手から5番手争いは、24歳右腕ロバート・グセルマン(119回1/2、8勝7敗、防御率5.19)。28歳右腕セス・ルーゴ(101回1/3、7勝5敗、防御率4.71)らが、ここに加わる。

バルガス以外は、20代の選手たちで、波に乗れば潜在的なポテンシャルを秘めた投手陣だ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/02/17 Sat. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0206

【MLB契約情報】メッツとトッド・フレイジャーが2年1,700万ドルで合意  




17年オフは二塁手と三塁手が補強ニーズだったニューヨーク・メッツが、ニューヨーク・ヤンキースからフリーエージェント(FA)になっていたトッド・フレイジャーを獲得した。契約内容は2年1,700万ドル。

この2月に32歳になるトッド・フレイジャーは、昨年夏にホワイトソックスからヤンキースに移籍。

攻撃面では147試合に出場し打率.213、出塁率.344、長打率.428、OPS.772、27本塁打、76打点。

14年、15年にはオールスターにも選出。16年には闘志あふれるプレイヤーに贈られる「ハート&ハッスル賞」も受賞しているタフガイだ。

残念ながらアベレージは14年の打率.273をピークに下降しているが、一発の魅力は健在で

14年 29本塁打
15年 35本塁打
16年 40本塁打
17年 27本塁打


さらに、三塁守備では守備防御点(DRS)が両リーグ4位の+10、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)が同3位の6.7とMLB屈指の数字を残している。

メッツは、長年チームの顔だった主砲のデビッド・ライト三塁手が、ケガで15年以降は、ほとんど出場しておらず、アズドルバル・カブレラなど複数の選手が、その穴を埋めていた。

今回のフレイジャーの補強でカブレラは本来の二遊間に固定し、8月にブルワーズへ放出したニール・ウォーカー二塁手の穴を埋めることができるようになった。


フレイジャーといえば昨年9月、ヤンキースタジアムでファウルボールがスタンドの少女に直撃。跪いて涙ぐむフレイジャーの姿は印象的だった。この事故を受けて、メジャーリーグでは今季全30球団がネットの拡大を決定した。





メッツの本拠地ニューヨーク州に隣接するニュージャージー州トムズリバー出身のフレイジャー。20年前の1998年には、リトルリーグ発祥の地としても知られているペンシルベニア州ウィリアムズポートで開催されたリトルリーグのワールドシリーズに出場。日本のチーム(茨城県鹿島リトル)と対戦して世界一に輝いている。

地元のハッスルプレイヤーの加入は、ニューヨーカーにも受け入れられることだろう。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/02/06 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0111

【MLB移籍情報】メッツにジェイ・ブルース外野手が復帰、3年3900万ドル  

 


昨年夏にポストシーズンの助っ人としてメッツからインディアンスにトレードされたジェイ・ブルース外野手がメッツに復帰する。

契約内容は3年3,900万ドルで、年平均1,300万ドルとメッツ時代と同額で合意したことが伝えられている。契約の詳細はFOXスポーツのケン・ローゼンタール氏によると1年目が1,000万ドル、18年、19年が1,450万ドル。

当初は外野手がウイッシュリストになっていたジャイアンツやトロント・ブルージェイズなども興味を示していたが、金額は前年並みの大方の予想通りの金額になった。

一部の報道では、これまで通りの右翼に加えて、一塁も守る編成になるという事で、プロスペクトのドミニク・スミス一塁手(BAランキング71位、MLB63位)が、成長までに時間がかかるようなら、ブルースがファーストミットを手にする機会が増えそうだ。

ブルースは、インディアンスに移籍後、あの歴史的22連勝を決めるサヨナラタイムリーを放つなど、チームの主力として貢献。メッツとインディアンスの2チームで、146試合に出場して打率.254、36本塁打、101打点、OPS.832をマークした。

これでメッツの開幕予想オーダーは、

1.ブランドン・ニモ/CF
2.アズドルバル・カブレラ/3B
3.ヨエニス・セスペデス/LF
4.ジェイ・ブルース/RF
5.ウィルマー・フォーレス/2B
6.トラビス・ダーノー/C
7.ドミニク・スミス/1B
8.アーメッド・ロザリオ/SS


メッツの補強ニーズは下記だったが、

①二塁手、三塁手
②先発投手
③中堅手
④セットアップマン

このうち、セットアップマンとしてアンソニー・スウォーザック投手をブルワーズから獲得したぐらいで、ほかのポジションは改善していない。

15年に地区を制覇しワールドシリーズまで駆け上がったメッツだが、先発陣の故障も多く昨年は地区4位に低迷。テリー・コリンズ監督は解任され、5年間インディアンスで投手コーチを務めた42歳のミッキー・キャラウェイ氏が新監督に就任した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/11 Thu. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1125

【MLB移籍情報】メッツ新監督マイク・キャラウェイがブルペン強化に教え子獲得か  



インディアンスの強力投手陣を築き上げたとしてその手腕が高く評価されているメッツの新監督マイク・キャラウェイ。

ノア・シンダーガード、ジェイコブ・デグロム、マット・ハービー、ザック・ウィーラー、セス・ルーゴ、スティーブン・マッツなど、若く才能のある先発投手がヘルシーならメジャーでもトップクラスの先発ローテーションを築けるはずだが、ブルペンは明らかにコマ不足で不安材料であり、補強ポイントの一つだ。

メッツの情報ではニューヨーク・ポストの番記者マイク・プーマが有名だが、彼によるとメッツが、キャラウェイ新監督の下で活躍し、インディアンスからフリーエージェント(FA)となったブライアン・ショウに白羽の矢を立てて交渉中だという。



ショウがインディアンスに加入した2013年は今オフ、メッツの新監督に就任したミッキー・キャラウェイがインディアンスの投手コーチに就任した年でもあり、キャラウェイの下で5年間を過ごしたショウは思い入れのある教え子の一人。

故障者続出に苦しむメッツ投手陣を再構築する存在として、かつての教え子にオファーしても不思議ではないだろう。

メッツ


クローザーとして16年に51セーブを挙げたジェウリス・ファミリアが家庭内DVや故障者リスト入りで26試合6セーブに終わり、セットアッパーとしてマーリンズの右腕A.J.ラモスをシーズン途中に補強。

この2人にジェリー・ブレビンス投手を加えた3人に、この5年間で358回2/3イニング、防御率3.11、FIP3.45。14年から4年連続で23ホールド以上をマークしているブライアン・ショウが加われば試合の終盤7回と8回に柔軟性が加わりブルペン陣のアップグレードにつながることは間違いない。

しかもショウは17年のサラリーが460万ドルとリーズナブルだ。

ほかには、同じくインディアンスからFAの33歳ジョー・スミス投手(17年300万ドル)やロイヤルズからFAの29歳マイク・マイナー投手(17年400万ドル)の獲得にも関心を示しているという。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/11/25 Sat. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1023

【球団人事】メッツに新監督 元インディアンス投手コーチのミッキー・キャラウェイ氏  



この秋は、少なくともメッツ、レッドソックス、フィリーズ、タイガース、ナショナルズの5チームで新監督が誕生する。そのうちレッドソックス、タイガースはすでに新監督の就任が発表された。

70勝92敗で地区4位に低迷したニューヨーク・メッツがテリー・コリンズに代わる新監督として現インディアンス投手コーチのミッキー・キャラウェイと合意した事を複数のメディアが報じている。


メッツ


この数年、主力選手の故障による離脱が相次いでテリー・コリンズには不運だった。若い才能ある投手陣を抱えながらもそういった理由で力を発揮できずMLB30球団中、防御率でスターターが27位、リリーフが28位と低迷した。

メジャーファンならお分かりのように、キャラウェイは、インディアンスの投手コーチ5年間でメジャー屈指の投手陣を築き上げた。

MLB公式サイトでも今季インディアンス投手陣がマークした防御率3.30、1614奪三振、奪三振率10.1、WAR31.7(FanGraphs版)に注目。いずれもメジャートップの数字だ。

13年からテリー・フランコーナ監督のもとで投手コーチを務め、コリー・クルーバー、カルロス・カラスコ、トレバー・バウアーといったスターター達を育てた。

クルーバーは、この5年間で2度のサイ・ヤング賞を受賞した。

インディアンス投手陣はカーブを多用し、緩急をつける配球が特徴のひとつ。メッツは前投手コーチのダン・ワーゼンがスライダーを中心とした組み立てだった。そのことから「キャラウェイの新監督就任によってメッツ投手陣の配球に大きな変化が生まれることは間違いない」とMLB公式サイトは分析している。

メッツは、14年に地区2位となり浮上のきっかけをつかむと、15年はマット・ハービー、ジェイコブ・デグロムらメジャー屈指の若手投手陣が強力ローテを形成。2000年以来となるワールドシリーズ進出を果たした。

ノア・シンダーガード、セス・ルーゴ、スティーブン・マッツ、ザック・ウィーラーに、今季15勝、チームで唯一の期待投球回数を上回る201回1/3イニングスを投げたジェイコブ・デグロムなど、若い才能がひしめくメッツ投手陣をどのように再生するのかも注目が集まる。

また、主力野手を夏のファイアーセールで放出したが、外野手で青木宣親との契約もどうなるのか、気になるところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/23 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0923

田中将大、満塁打含む3発浴びて8失点12敗目 青木宣親は3安打  




良い時と悪い時がはっきりしている今季の田中将大。この日は、3本塁打を被弾して5月14日のアストロズ戦以来のワーストタイとなる1試合8失点(自責点7)を喫した。

残り10試合を切って首位レッドソックスとの差が縮まらないヤンキースだったが、試合は1対8で敗れ首位と4ゲーム差で地区優勝は絶望的になった。100%無理と言い切りたい。

負けられないヤンキースは、エース格のセベリーノを残り試合で3回登板させたい理由から、田中の登板は変更され、この日は中7日になった。

1回は守備の乱れで20球と球数がかさんだが、スプリットを多投して三振を奪い、なんとか1失点でしのいだ。

同点の3回にはソロ本塁打を打たれて勝ち越され、4回にはツーラン、6回には9番打者にグランドスラム(満塁ホームラン)を献上するという、今季何度も見たホームランショーを相手に許し、田中は5回2/3で降板した。

田中将大
※イメージ写真


8月の故障者リストから復帰後は、5試合で7イニングを投げる試合が4試合あり、安定した内容だったが、不安の残る結果になった。

ソロホームランなら問題ないという安易な擁護論もあるが、メジャーの3番手や4番手で、この先投げていくのなら、それでもわからないでもない。いわゆるイニングイーターという投手だ。それでも、29試合の登板で35本の本塁打を浴びる先発投手に威圧感はなく見ていてもつまらない。

この日もスライダーとスプリットが約8割近くを占め、高く入ったスプリットや真ん中に入ったスライダーを捉えられていた。

田中のフォーシームはメジャーでは通用しない。さらに、ツーシームは習得中のような球種で被打率は高いというデータがある。だから、スライダーとスプリットが中心になる。

しかし、相手の主砲ドナルドソン(30本塁打)あたりでもフロントドアは、高めの打率.214、真ん中.257、低め.242と弱い。ここにフォーシームを見せ球として投げ込む配球が必要かもしれない。

今季は、右打者のフロントドアで7本の本塁打を許しているので、甘く入ると命取りになり、難しいところだが、フロントドアで勝負しないと、バックドアのスライダーなどに威力が出ない。

田中を弁護するつもりはないが、田中の所属するア・リーグ東部地区は、すべてヒッターズパークで投手には不利な球場ばかり。だから一発は増える傾向にある。

今季12勝12敗、防御率4.94、WHIP1.27。奪三振はキャリアハイの179。奪三振率(K/9)もキャリアハイの9.40。スライダーで空振りの三振が増えた。

与四球率(BB/9)が2.15で4年間の平均が1.70だから、極端に悪化しているのが分かる。相手に研究されて、膝から下の低めのスプリットに手を出さない打者が増えたとも考えられる。

このままではポストシーズンでの先発4番手はジョーダン・モンゴメリー投手、ハイメ・ガルシア投手の方が良いとの記事もあり、ローテから外れる可能性も出てきたという。


青木宣親
※イメージ写真


一方、メッツの青木宣親は元気だ。22日のナショナルズ戦で決勝打を含む3安打2打点と活躍した。今季9回目の3安打。

メッツ移籍後は打率.315と好調。今季も通算.283、出塁率.332と及第点だが、長打率が.410で低く、メジャー移籍初年度の10本塁打、OPS.787を超えて、オフの契約交渉を有利に進めたいところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/23 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0923

タイガース、オースマス監督がクビ、メッツもコリンズ監督が今季限りで引退か  



勝負の世界は厳しいものだ。サッカーほどではないが、メジャーリーグでもシーズン終了とともにスタッフの大リストラが進む。デトロイト・タイガースのブラッド・オースマス監督は退任することが決まった。

2014年に監督就任1年目で地区優勝したが、15年最下位、16年2位。

実績十分のベテランを残して勝負をかけた今季は62勝92敗(現地22日終了時点)。勝率.403では更迭や解雇されても仕方がない結果だろう。

名将ジム・リーランド監督がチームを作り直し24年ぶりに地区優勝を果たした2011年から地区4連覇、しかも11年から3年連続チャンピオンシップに進出するという黄金期を築いたが、リーランド監督が勇退後、オースマス監督に代わってからは過去の遺産で14年は地区優勝したものの強かった面影は今はない。


blog_import_54ca746dc246c.jpg


メッツを率いて7年目のテリー・コリンズ監督も今季限りで引退する可能性があるという。

コリンズと言えば2007年、オリックス・バファローズ監督に就任。08年以は負けが込んで早々と監督を辞任している。

その後は学生チームの指導者として活動した後、10年からニューヨーク・メッツのマイナーチームを統括する「フィールド・コーディネーター」を務め、2011年からはメッツの監督を務めている。

13年には、サブウェイシリーズでヤンキースに球団史上初のスウィープを果たして話題になった。

若手の育成に一定の成果を挙げており15年にはマット・ハービー、ジェイコブ・デグロム、ノア・シンダーガードらメジャー屈指の若手投手陣が台頭し、若き才能あふれた強力ローテーションでワールドシリーズまで駆け上がった。

16年と今季は、メジャー最高の先発ローテーションと評価された編成に故障者が続出し、アンラッキーな面もあった。

メッツは、66勝87敗(勝率.431)、ワイルドカードでも16ゲーム差の地区4位と低迷している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/23 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

「A-OK!」メッツ青木宣親、12試合連続ヒット 新天地で猛アピール  



メッツの青木宣親は10日(日本時間11日)、本拠地でのレッズ戦に「2番ライト」で先発出場。第1打席で二塁打を放ち12試合連続安打をマークした。

無死一塁で打席に立った青木は、相手先発ロマーノの1-1からの3球目スライダーを捉えて一塁線を鋭いゴロで破る二塁打(今季17本目)を放ち、無死二・三塁とチャンスメイクした。

青木の第2打席は三ゴロ、第3打席は一直、第4打席は二ゴロ、第5打席は空振り三振だった。これで今季通算打率.277、出塁率.324、OPS.729、5本塁打、32打点、6盗塁。

青木宣親


メッツ移籍後は、8試合で打率.303と好調。出塁率.361、OPS.785だが、本塁打がまだ無く。メジャーの外野手として何本か本塁打が欲しいところだが、来季4人目の外野手として探しているチームにとっては欲しい選手だろう。

メッツは、これまで日本人選手の在籍が一番多い球団で、青木にとってもフィットしているチームかもしれない。

【メッツに在籍した主な日本人選手】
柏田貴史(1997年)
野茂英雄(1998年)
吉井理人(1998-1999年)
小宮山悟(2002年)
新庄剛志(2001-2003年)
松井稼頭央(2004-2006年)
石井一久(2005年)
高津臣吾(2005年)
高橋尚成(2010年)
五十嵐亮太(2010-2011年)
松坂大輔(2013年-2014年)
青木宣親(2017-?)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/11 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド