メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0311

【MLB契約情報】カブスの若き主砲クリス・ブライアントが契約更改  



昨季のナ・リーグMVPに輝いたクリス・ブライアント三塁手がカブスと年俸105万ドル(約1億2,000万円)相当の1年契約を結んだ。

これは、メジャーリーグのサービスタイム(登録期間)が2年未満の選手の年俸としては史上最高額。

これまでは2014年にマイク・トラウト外野手がロサンゼルス・エンゼルスと結んだ100万ドル(約1億1,000万円)。



25歳のブライアントは2013年に大学最優秀選手に贈られるゴールデンスパイク賞を受賞。MLBドラフト1巡目(全体2位)でシカゴ・カブスに入団。

2015年はスプリングトレーニング中のオープン戦で14試合で打率.425、9本塁打という好成績を残しながら、FA資格取得を遅らせたいという球団の意向からAAA級アイオワで開幕を迎えた。

メジャー1年目は、最終的に両リーグ最多の31二塁打、26本塁打、99打点を記録し、サンフランシスコ・ジャイアンツのマット・ダフィーらを抑えて、史上20人目となる満票での新人王を受賞した。

2年目の昨季は、打率.292、39本塁打、102打点と大活躍し、ナ・リーグMVPに輝くと共にカブスの1908年以来となるワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

新人王受賞の翌年にMVPを獲得したのは、カル・リプケン・ジュニア、ライアン・ハワード、ダスティン・ペドロイアに次ぐメジャー史上4人目の快挙だった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/11 Sat. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0311

【WBC2017】アメリカ代表初戦のラインナップ 先発はC.アーチャー  



WBC2017の1次ラウンド、アメリカ代表の初戦、対コロンビア代表戦のスタメンが発表された。


SS キンズラー(タイガース)
CF ジョーンズ(オリオールズ)
3B アレナド(ロッキーズ)
1B ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
C ポージー(ジャイアンツ)
RF スタントン(マーリンズ)
DH マーフィー(ナショナルズ)
LF マカッチェン(パイレーツ)
SS クロフォード(ドジャース)

先発はアーチャー(レイズ)。



WBC2017アメリカ代表

ちなみに対するコロンビア代表は

SS  D.ソラーノ
1B  ロドリゲス
3B  アーシェラ
DH  アルファロ
C  J.ソラーノ
RF  バルデス
LF  ラモス
2B  サンチェス
CF  ポロ
P  キンタナ


個人的には、この試合より、明日の第2戦、前回無敗で優勝したドミニカ代表との決戦が注目。何度も言うが、先発陣が薄いアメリカ代表。本来なら先発陣にマックス・シャーザー、ノア・シンダガード、ジャスティン・バーランダー、クリス・セール、マディソン・バムガーナー、ザック・グレインキーらが名前を連ねて欲しかった。

サイヤング賞3回、MVP1回のクレイトン・カーショーはロースターに入っていない。リック・ポーセロ、コーリー・クルーバー、ジェイク・アリエッタらの「サイヤング賞」投手もいない。

とは言え、ブルペンは一線級が揃っているので、何とかドジャースタジアムまで勝ち上がって日本代表と対戦して欲しいものだ。

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/11 Sat. 06:48 [edit]

CM: --
TB: --
   

0311

【DL情報】A’sのエースが故障、復帰は早くても4月後半  

 


オークランド・アスレチックスは現地9日、エース右腕ソニー・グレイ投手が広背筋の張りの影響で今後3週間は投げられず、今季開幕を故障者リストで迎えることを発表した。

いくつかのメディアの報道では4月後半の復帰という記事もあるが、アスレチックスのデービッド・フォーストGMによると、具体的な見通しは立っていないという。いずれにしてもアスレチックスにとっては大きな誤算と言えそうだ。



グレイは昨年8月に右前腕部の負傷により離脱。結局22試合の登板に終わり5勝11敗、防御率5.69とキャリアワーストの成績だった。

デビュー2年目の2014年から2年連続で14勝を挙げ、15年にはオールスターゲームにも選出された。メジャーキャリアは4年間で38勝31敗、防御率3.42。

グレイの離脱でアスレチックスの先発投手は多少実績のあるケンドール・グレーブマン、ショーン・マネイア以外は若手のジェラル・コットンの台頭に期待したいところ。その他は、ジェシー・ハン、アンドリュー・トリッグスなど実績に乏しい選手が続く。

ビリー・ビーンが今後、どんな戦力補強を仕掛けてくるかにも注目したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/11 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0310

【WBC2017】アメリカ代表の強化試合ラインナップ判明  




WBC2017のアメリカ代表は現地8日、ミネソタ・ツインズと練習試合を行い、スコアは2対3で逆転負けだった。

アメリカ代表は9日にボストン・レッドソックスとの練習試合を予定。翌10日にコロンビア代表と1次ラウンド初戦を戦う。

WBCアメリカ

WBCアメリカ代表
強化試合スタメン
※現地9日vs.BOS


2B キンズラー
CF アダム・ジョーンズ
3B アレナード
1B ホズマー
C   ポージー
RF スタントン
DH マーフィー
LF マカッチェン
SS クロフォード
P グレガーソン


強化試合(2試合目)スタメン

LF イェリッチ
CF ジョーンズ
3B アレナード
1B ゴールドシュミット
2B マーフィー
RF スタントン
C   ルクロイ
SS クロフォード
DH キンズラー
※投手はレッドソックスのマイナー選手6人を借りて起用



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/03/10 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0309

元NFLのティーボウ快音なし、ポーセロに見送りの3球三振  



昨秋メッツ傘下のチームとマイナー契約を果たした元NFLデンバー・ブロンコスのQBティム・ティーボウがオープン戦に出場した。

8番指名打者で出場したティム・ティーボウはレッドソックスの右のエース、リック・ポーセロから手も足も出ない見送りの3球三振だった。この後も3打数ノーヒット、2三振だった。




メッツの球団幹部は、現時点でのメッツへのメジャーキャンプ招聘は広告以外のなにものでもない、と断言。

ただし、マイナーリーグでのキャンプ中に著しい改善があった場合は、メッツキャンプへの昇格、そしてオープン戦登場の可能性は否定していなかった。

そのティーボウ。マイナーの若手が参加する「アリゾナ・フォールリーグ」での成績は打率.194、2打点、2塁打3本、8四球。62打席のうち20打席は三振という結果だった。Aクラス、良くてA-Advancedクラスの実力と言ったところだろうか。


ティム・ティーボウって、誰?


カレッジフットボール史上最高の選手とも言われたクォーターバックで、強豪フロリダ大で全米優勝を果たしたのは2006年と08年。07年には、当時としては史上最年少でハイズマン賞を受賞した。

その輝かしい経歴を引っ提げて10年にデンバー・ブロンコスにドラフト1巡目で入団。

入団2年目には11試合(年間16試合)に先発出場して、12タッチダウン。パスで1729ヤードを投げて、ランで660ヤードを獲得した。当時低迷していたブロンコスをプレイオフに導いた。

サンディエゴ・チャージャースファンなので同地区ブロンコスの躍進には驚いたが、ただ、そのプレイスタイルがプロ向きでなかったことから、選手寿命的は短命だった。

翌年からブロンコスには、史上最高のQBと言われるペイトン・マニングが入団。弾き出される形で、ニューヨーク・ジェッツにトレード。

ジェッツでは結果を残すことなくリリースされ、その後は、ニューイングランド・ペイトリオッツやフィラデルフィア・イーグルスのキャンプに招待されるにとどまった。

端正なマスクと熱血のプレイスタイルから全米での人気は高く、ここ数年はESPNの大学フットボールの解説者を務めていた。

現在29歳。左投げ左打ち。両親がキリスト教の宣教師であったことから、自身も熱心なクリスチャンで、試合中に見せる、片膝をついて祈る姿は、ティーボーイングと呼ばれ、毎回カメラはその姿を映し出した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/03/09 Thu. 06:06 [edit]

CM: --
TB: --
   

0308

【DL情報】ロッキーズの若手デビッド・ダール外野手が負傷  

 

昨年7月26日にメジャー初昇格を果たしデビューから17試合連続安打となるメジャータイ記録で話題になったコロラド・ロッキーズの若手有望株デビッド・ダール外野手が第六肋骨を負傷したというニュースが入って来た。

CBSスポーツによれば回復までは最低でも2週間を要する見込みで開幕を故障者リストで迎える可能性もあるという。

4月に23歳になるダールは、2012年MLBドラフト1巡目(全体10位)でロッキーズが指名。

メジャーデビューを果たした昨年は63試合に出場して打率.315、OBP.359、SLG.500、OPS.859。本塁打7、二塁打12、三塁打4、打点24という上出来のデビューを飾った。



今季は開幕からレフトのレギュラーとして定着が期待されていたが残念なスタートになりそうだ。

ロッキーズはダールの代わりとしてジェラルド・パーラをレフトに起用。場合によっては大型契約で加入のイアン・デズモンドを一塁から外野で起用することも考えられる。

ロッキーズでは昨年ルーキーながら開幕戦で2本塁打を記録したトレーバー・ストーリー遊撃手などが話題を集めたが、ダールもそうした若手有望株の一人として注目されていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/08 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0307

【WBC2017】アメリカ代表がロースターを一部変更  

 


WBCアメリカ代表が出場選手のロースターを一部変更している。

出場辞退との報道が出ていた第3の捕手A.J.エリス(マーリンズ)がロースターから外れ、指名投手枠に登録されていたドリュー・スマイリー(マリナーズ)がロースター入りした。

これによりアメリカ代表の捕手はバスター・ポージー(ジャイアンツ)、ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ)の2人体制になる。

左腕スマイリーはロングリリーフ要員として起用される見込み。

さらに、指名投手枠だったダニー・ダフィー(ロイヤルズ)を枠から外して大会を通してプレイできるロースターに入れた。指名投手枠から1次ラウンドのロースターに入っているのはドリュー・スマイリー(SEA)とタナー・ロアーク(WSH)の2人だった。


WBC 


アメリカ代表メンバーは以下の通り。

【先発】
クリス・アーチャー(レイズ)
マーカス・ストローマン(ブルージェイズ)
ダニー・ダフィー(ロイヤルズ)
マイケル・フルマー(タイガース)※
ソニー・グレイ(アスレチックス)※
J.A.ハップ(ブルージェイズ)※
タナー・ロアーク(ナショナルズ)※
ドリュー・スマイリー(マリナーズ)

【リリーフ】
アレックス・ウィルソン(タイガース)※
ブレット・セシル(カージナルス)※
タイラー・クリッパード(ヤンキース)
サム・ダイソン(レンジャーズ)
マイケル・ギブンズ(オリオールズ)
ルーク・グレガーソン(アストロズ)
ネート・ジョーンズ(ホワイトソックス)
ジェーク・マギー(ロッキーズ)
アンドルー・ミラー(インディアンス)
パット・ネシェク(フィリーズ)
デービッド・ロバートソン(ホワイトソックス)

※は指名投手


【捕手】
A.J.エリス(マーリンズ)辞退
ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ)
バスター・ポージー(ジャイアンツ)

【内野手】
ノーラン・アレナド(ロッキーズ)
アレックス・ブレグマン(アストロズ)
マット・カーペンター(カージナルス)辞退
ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)
ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
エリク・ホズマー(ロイヤルズ)
イアン・キンズラー(タイガース)
ダニエル・マーフィー(ナショナルズ)

【外野手】
アダム・ジョーンズ(オリオールズ)
アンドルー・マカッチェン(パイレーツ)
ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)
クリスチャン・イエリッチ(マーリンズ)




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2017/03/07 Tue. 18:45 [edit]

CM: --
TB: --
   

0307

【WBC2017】ドミニカ代表のベルトレイが1次リーグから出場可能に  

 

出場が危ぶまれていたテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレイ三塁手がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に、ドミニカ共和国代表として1次ラウンドから出場する模様。

4月に38歳になるベルトレイは、左ふくらはぎを痛めていたが、現地3日には、シアトル・マリナーズとのオープン戦に今季初出場している。



ベルトレイといえば、MLBでイチローの次に3000本安打に到達する可能性の高い選手。あと58本に迫っている。

WBCドミニカ代表でも精神的支柱として存在感はあるが、戦力的には、代表の三遊間は、超メジャークラスのマニー・マチャド(オリオールズ)、ジョナサン・ビヤー(ブルワーズ)、ジーン・セグラ(マリナーズ)、ホセ・レイエス(メッツ)と人材が豊富で、1次ラウンドは回復状況をみながらの起用になると思われる。

WBCドミニカ代表は先日、右肩痛でスローイングができない状態のハンリー・ラミレス一塁手(レッドソックス)が出場を辞退していた。代替選出としてジーン・セグラが代替選出されている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/07 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0306

中後悠平、開幕メジャーならずマイナーキャンプへ   




中後悠平の開幕メジャーの夢は潰えたようだ。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの春季キャンプに招待選手として参加していた中後悠平投手が現地5日、マイナーのキャンプ行きを通告された。

メジャーの春季キャンプは40人枠選手とマイナー契約のノン・ロースター・インバイティ―(枠外招待)選手、若手のプロスペクトら、合わせて70人近い選手が参加。その中からふるいにかけて、週ごとロッカーが開いていく厳しい春だ。

3試合に登板した中後だったが、注目していただけに、やや早と感じるマイナー行きとなった。3試合、3イニングを1安打、2四球、3奪三振、1失点。

1回目と3回目の登板が無失点だっただけに、2回目の登板が悔やまれる。その試合では先頭打者から8球連続ボールで、連続四球を出した。

マイク・ブッチャー投手コーチは中後について、昨季は非常に成長したと評価しながらも、今後の課題として、特にストレートの制球難を指摘しているようだ。

ただ、ダイヤモンドバックスのトーリ・ロブロ監督は、中後を今季中にコールアップする可能性があるということもMLB.comでは伝えている。


中後 悠平 (なかうしろ・ゆうへい)

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。 しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。 ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビューしている。

16年は、最終的には3Aまで昇格。3Aのリノ・エーシズでは13試合連続無失点で9月のコールアップも期待されたがメジャーでの登板は果たせなかった。今季は秋季キャンプに初参加、開幕メジャーが期待された。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/06 Mon. 16:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0305

MLB公式サイトがマイナー組織トップ10チームを発表  




メジャーリーグの公式サイト「MLB.com」のスタッフが現時点のMLB30球団のマイナー組織ランキング・トップ10を発表している。

ダンズビー・スワンソン遊撃手(個人ランク4位)はじめトップ100に7人を擁するブレーブスが1位にランクイン。チームは今季、新スタジアムの完成を機に数年前から再建期に入っている。15年は同ランク9位、昨年は2位だった。

スワンソン

このランキングは個人のプロスペクトランキング1位が100ポイント、2位が99ポイント、100位が1ポイントとして総合ポイントを算出した。

ランキング2位は、同じくトップ100に7人を擁するヤンキース。3位はホワイトソックスだった。


MLB公式サイトによるマイナー組織TOP10
①ブレーブス
②ヤンキース
③ホワイトソックス
④パドレス
⑤ブルワーズ
⑥ドジャース
⑦パイレーツ
⑧ロッキーズ
⑨レッズ
⑩レイズ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/05 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド