メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0208

【MLB移籍情報】M.ナポリがレンジャーズ復帰、C.カーター、ヤンキースと合意  



去就の決まらなかったスラッガーたちの契約が決まった。

速報したマイク・ナポリ(1B/DH)は、古巣のレンジャーズへの復帰が決まった。また、昨季のナ・リーグ本塁打王クリス・カーター(1B)がヤンキースと1年契約で合意したというニュースが入ってきた。



 個人的にはレッドソックス時代の2013年にワールドシリーズ制覇をした時のメンバーというイメージがあるナポリだが、それ以前の11年、12年の2年間と15年の後半にレンジャーズに所属。

昨年はインディアンスの主砲としてア・リーグ制覇に貢献した。打率.239、OBP.335、OPS.800、34本塁打、101打点。

以前にレッドソックスとの契約時にも3年3900万ドルと伝えられたが、フィジカルチェックで股関節に問題が見つかり、1年契約に修正されたこともあった。

レッドソックス時代は1年平均1,600万ドル、昨年のインディアンスは1,000万ドル。今回は、35歳という年齢などもあって予想どおり1年850万ドルというやや抑えられた契約になった。契約内容の詳細は不明。

クリス・カーターはヤンキースへ


 一方、昨季のナ・リーグ本塁打王ながら新天地がまだ決まっていなかったクリス・カーターが、ニューヨーク・ヤンキースと年俸350万ドル(約3億9,000万円)の1年契約で合意した。

 契約には打席数に応じた最大50万ドル(約5,600万円)の出来高ボーナスが含まれているもよう。

 30歳のカーターはブルワーズに所属した昨季、ロッキーズのノーラン・アレナド(3B)と並んでナ・リーグ最多の41本塁打(94打点、OPS.821)をマーク。

しかし、打率.222、206三振、キャリア平均打率.218というミート率の悪さが契約のネックになっていた。

 ヤンキースはグレグ・バードを正一塁手、マット・ホリデーを指名打者として起用するという見方もあるが、バードはメジャー2年目の昨年も肩の手術で全休。15年も46試合の出場しかなく実績がない。右打者のカーターに左打者のバードを控えにした2プラトーンでの起用が考えられる。

1,300万ドルも出したDH候補のマット・ホリデーも37歳の峠を越えた選手。オールスター7回選出のネームバリューだけはあるが、昨年も110試合、打率.246、20本塁打、62打点、OPS.782。ほとんどのスタッツでキャリア最低だった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/02/08 Wed. 12:28 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0208

【MLB移籍情報】マイク・ナポリとレンジャーズの協議が進行中  



 キャンプインを直前に控えメジャーの各球団は最後の補強を模索している。テキサス・レンジャーズがクリーブランド・インディアンスからフリーエージェント(FA)の長距離打者マイク・ナポリと急接近しているとの情報が伝えられた。



 メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」のレンジャーズ担当記者のSNSによれば、レンジャーズはオフシーズン中にマイク・ナポリ(1B/DH)を追いかけており、両者は契約に近づいているようだ。

ファンラグスポーツのジョン・ヘイマンも契約が合意に向けて進行していることを伝えている。



マイク・ナポリは、個人的にはレッドソックス時代の2013年にワールドシリーズ制覇した時のメンバーというイメージがあるが、それ以前の11年、12年の2年間と15年の後半にレンジャーズに所属。

昨年はインディアンスの主砲としてア・リーグ制覇に貢献した。打率.239、OBP.335、OPS.800、34本塁打、101打点。マーケットバリューは1,300万ドルだが、以前のレッドソックスとの契約時にも3年3900万ドルと伝えられたが、フィジカルチェックで股関節に問題が見つかり、1年契約に修正されたこともあった。

今回は、35歳という年齢を考慮して1年契約でサラリーも低く抑えられるかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ








関連記事

Posted on 2017/02/08 Wed. 02:23 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0207

オリオールズが右腕K.ガウスマンと調停回避、今季の先発ローテ編成  




 シーズン20本塁打以上の選手が6名もでたボルティモア・オリオールズ。外野手が補強ポイントとされているが、キャンプインを前に投手陣の編成もすすんでいる。

現地5日、若手右腕ケビン・ガウスマン投手との年俸調停を回避し、年俸345万ドル(約3億9,000万円)の1年契約で合意したことが分かった。

2012年ドラフト1巡全体4位のガウスマンは昨季、30試合の先発登板で179回2/3イニングス、9勝12敗、防御率3.61、WHIP1.28。FIP4.10。

 オリオールズは、エースのクリス・ティルマンを軸に、26歳のガウスマン、25歳のディラン・バンディ、左腕ウェイド・マイリー(16年夏にトレードで加入)、33歳のドミニカ人右腕ウバルド・ヒメネスになる。

ヒメネスは16年のALワイルドカ-ドで当時ブルージェイズのエンカーナシオンからサヨナラ3ランを喰らった投手。

ほかに、27歳のマイク・ライト(3勝4敗)、プロスペクトの左腕クリス・リー、同じく左腕ジェイソン・アキ―ノらがいるが、全体的に若手中心で層は薄い。

昨年の先発陣はMLB24位(防御率)だったが、改善されたとはいえず、今季も守護神ザック・ブリットンらを中心としたブルペン陣(MLB3位)に負担のかかる編成だ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/02/07 Tue. 12:42 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0206

【MLB移籍情報】J.ハメルがロイヤルズと2年契約  



カンザスシティー・ロイヤルズが事故死した先発ベンチュラの穴埋めとしてシカゴ・カブスからFAになっていたジェイソン・ハメルと2年契約に合意している。


複数のメディアの報道を総合すると契約内容は総額1,600万ドル(約18億円)相当で、3年目の2019年シーズンについては双方が行使権を持つオプションとなっているという。身体検査を経て正式契約となる見込みだという。




34歳のハメルは2014年12月にカブスに復帰。その際に総額1800万ドルの2年契約を結んだ。3年目の2017年は、1200万ドルの球団オプションでバイアウトの場合は200万ドルだった。


16年は、30試合の先発で15勝10敗、防御率3.83をマーク。メジャー6球団でキャリア11年目。通算成績は84勝87敗、防御率4.42となっている。


ロイヤルズは今オフ、エディンソン・ボルケスが退団し、ヨルダノ・ベンチュラも不慮の事故で死去したため、先発投手の補強が急務となっていた。


これでロイヤルズの先発ローテーションは、


  • 1.ダニー・ダフィー
  • 2.イアン・ケネディ
  • 3.ジェイソン・ハメル
  • 4.ジェイソン・バーガス


5番手をマリナーズからトレードで獲得した右腕ネイサン・カーンズ、若手25歳のマット・ストラーム、メジャー79勝で5月に38歳になるベテラン右腕クリス・ヤング、故障明けの左腕マイク・マイナーらになる予定。


ロイヤルズはファーム層が厚く、プロスペクトランキングのBA、BP上位に投手や野手あわせて十数名の選手を抱えており、ここからもコールアップされる選手がいるかもしれない。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/02/06 Mon. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0206

ロイヤルズの球宴リリーバー、K.ヘレーラが調停回避  




2年連続オールスター出場のヘレーラ


カンザスシティ・ロイヤルズは現地3日、ブルペンの核となる右腕ケルビン ヘレーラ投手との年俸調停を回避した。


契約サラリーは1年532万5,000ドル(約6億円)。これには、オールスター選出に伴う出来高ボーナス5万ドル(約560万円)も含まれている。昨年は255万ドル(約2億9,000万円)だった。


同選手は今シーズンの年俸について560万ドル(約6億3,000万円)を希望し、球団側は505万ドル(約5億7,000万円)を提示していたが、その間をとって合意に至った。



27歳のヘレーラは、ここ3年間で毎年70試合以上に登板。ロイヤルズがア・リーグ制覇を成し遂げた2014年には4勝3敗、防御率1.41、被本塁打0という成績を残している。


昨季は72試合に登板して2勝6敗12セーブ、防御率2.75をマーク。防御率は、14年から悪化しているが、奪三振率では3年ぶりの10.0以上となる10.8を記録。与四球率でも2015年の3.4から1.5と改善し2年連続のオールスター選出も果たした。


好調なら今季はクローザーとして年間を通して起用される見込みだ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/02/06 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0204

【MLB移籍情報】キャンプインを前にFA市場に残る有力選手たち  



16年オフから17年にかけてはフリーエージェント(FA)市場に人材が薄く、トレードによる戦力補強が目立ったが、キャンプインを直前に控えてFA市場に残る有力選手たちをピックアップした。

■ マット・ウィータース(C/DH、30歳)
打率.243、17本塁打、66打点、盗塁阻止率35%。
16年オールスター選出。捕手ではすでに10名が新天地に移籍が決まった。その中で、最高額を手にしたのはジェイソン・カストロで年2,450万ドル(年平均約816万ドル)でツインズと契約。ウィータースは、これ以上の年1,300万ドルのマーケットバリューがあるとされている。


■ マイク・ナポリ(1B、35歳)
打率.239、OBP.335、OPS.800、34本塁打、101打点。
インディアンスのAL制覇に貢献した。マーケットバリューは1,300万ドルだが、年齢等を考慮して低く抑えられるかもしれない。

■ セルジオ・ロモ(RP、33歳)2/3ドジャースと合意
40試合、防御率2.64、WHIP1.076。
15年まで6年連続60試合以上に登板。ジャイアンツのブルペンの中心選手だった。約620万ドルのマーケットバリュー。

■ ペドロ・アルバレス(DH、29歳)
打率.243、OBP.322、OPS.826、22本塁打、49打点。
13年のNL本塁打王。109試合の出場に留まった。パイレーツから昨年オリオールズでインセンティブを加えて595万ドルだった。

■ クリス・カーター(1B、30歳)
打率.222、OBP.321、OPS.821、41本塁打、94打点。
16年AL本塁打王だが、キャリア2回目の200三振超も記録。相変わらずの粗さが目立ち構想から外れた。

■ ジェイソン・ハメル(SP、34歳)
30試合先発、15勝10敗、防御率3.84、WHIP1.208。
先発投手に人材の薄かった16年オフだったが、彼が残っているのが不思議だ。約1,500万ドルという価値だが、これから下り坂になる年齢がネックになっている。

■ ジェリー・ブレビンス(RP、33歳)
73試合、防御率2.79、FIP3.05。
メッツに移籍した15年は2度の故障に見舞われたが16年に復活し、73試合に登板した。貴重な左腕のリリーバー。アスレチックス時代にも年間60試合以上を3度経験している。16年はトータル500万ドルだったが、マーケットバリューは430万ドル。

■ トラビス・ウッド(RP、29歳)
77試合、4勝0敗12ホールド、防御率2.95。
2月に30歳になる左腕。カブスでは先発と中継ぎを経験。

■ ダグ・フィスター(SP、33歳)
15年、16年と防御率4点台と低調だった。

※選手の下のデータは16年の成績。マーケットバリューは「SPOTRAC」http://www.spotrac.com/を参考にした。

マット・ウィータース捕手はスコット・ボラス氏が代理人。最近、エンゼルスと接触したという情報もある。他にはロッキーズ、レイズ、古巣のオリオールズの可能性が残る。

先発FAの層が薄かった16年オフだが15勝のジェイソン・ハメルが残った。ハメルは、防御率3.83だが、FIPは4.48で安定感に欠く投球内容がマイナス評価。マーケットバリューは1,500万ドルというサイトもあるが、それではやや高いという事なのだろう。

ジェリー・ブレビンス、トラビス・ウッドは、リリーバーで左腕のウッドなどはこれから需要があるだろう。先発ではダグ・フィスターや他にコルビー・ルイスなどが今後、決まるものと思われる。

ほかに、元ジャイアンツのアンヘル・パガン外野手や中継ぎ投手のジョー・ブラントン、フェルナンド・サラスらも残っている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/02/04 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0203

【MLB移籍情報】インディアンスがベテラン救援左腕を補強  




 右の大砲エンカーナシオンを獲得するなど、そのチームスタイル「スモールベースボール」に得点力をアップグレードしたトライブが、その強力な先発陣を支えるブルペン投手をフリーエージェント(FA)で補強している。

インディアンス

 現地2日、コロラド・ロッキーズからFAとなっていた救援左腕ブーン・ローガン投手が、クリーブランド・インディアンスと1年契約に合意したことが分かった。

 契約内容は現時点では不明な点が多いが、2年1,250万ドルで、17年550万ドル、18年700万ドル。18年は球団が行使権を持つオプションも含まれているという。ちなみに、16年は625万ドルだった。



 32歳のローガンは昨季、66試合に登板して2勝5敗1セーブ、防御率3.69を記録。メジャー11年間の通算成績は、581試合の登板で28勝23敗3セーブ、防御率4.45となっている。

 ブルペンの格的には、セットアッパーの左腕アンドリュー・ミラー、クローザーの右腕コディ・アレンに次ぐ投手で、6回、7回での起用になるものと予想される。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/03 Fri. 12:41 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0202

【MLB移籍情報】本塁打王クリス・カーターはMLBでプレイしたいと明言  




日本行きの可能性が取り沙汰されたクリス・カーターはMLBでプレイしたいと明言した。

昨年のメジャー本塁打王であり三振王のクリス・カーター内野手は、FAからの所属先がなかなか決まらないことで、「日本行き浮上」の報道が流れたが、この件について「メジャーでのプレイを希望している」と、米ESPNで解説者を務めるジム・ボーデン氏が、自身のツイッターでレポートしている。



メジャーキャリア7年の30歳は昨シーズン、打率.222、41本塁打、94打点をマーク。自身初の本塁打王に輝いた。94打点、76四球もキャリア最多だったが、粗さも目立ち206三振は自身2度目のリーグワーストだった。

「FOX Sports」の名物記者ケン・ローゼンタール氏が日本行きの可能性をレポートしたことから火がついた今回の報道だが、同記者によると、カーターの代理人を務めるデーブ・ステュワート氏がNPB球団からオファーがあることを認め、「どこかで真剣に考えないと。向こう(日本)も戦力が固まりつつあるから」と話したという。

2015年終了後も日本の球団からオファーがあったが、1年250万ドル(約2億8200万円)でブルワーズと契約した経緯も報じていた。

結局、いろんな選択肢もあるという事で、本人の希望は、あくまでもメジャー残留ということなんでしょう。それより、日本球界復帰のマギーはどうなんでしょう?


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/02 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0201

メッツ指揮官はN.シンダガードを開幕投手に指名!先発ローテは不安だらけ  



まだ、スプリングトレーニングも始まっていないが、早くもニューヨークのメディアは、メッツの開幕投手の記事をレポートしている。

「ニューヨーク・ポスト」は、メッツの指揮官テリー・コリンズが、正式発表はしていないが4月3日のシティフィールドでの開幕戦にノア・シンダガードを起用する方針という内容の記事を掲載している。

ここでも何度か紹介したが、シンダガードは、金髪のロングヘアーを振り乱して100マイルちかい速球で打者をねじ伏せる姿が、アメリカンコミックのスーパーヒーローである“マイティ・ソー”に似ていることから「Thor(ソー)」のニックネームで絶大な人気がある。

まだ24歳、キャリア3年目だが、昨年は文句のないシーズンを送った。31試合、14勝9敗、防御率2.60、WHIP1.15。

200イニングこそ超えなかったものの、FIP2.29という数字もその内容の良さを証明している。防御率リーグ3位。三振数219は同4位タイ。K/9(9イニング平均の三振数)10.7はリーグ4位だった。

そうしたスタッツもさることながら昨年のワイルドカードゲームでジャイアンツのマディソン・バムガーナーと投げ合い、7イニング2安打完封したピッチングは圧巻だった。

メッツ
▶左からデクロム、ハービー、シンダガード、マッツ


メッツの2016年開幕戦は、マット・ハービーが務めた。そのハービーは7月6日にDL入りし、右肩(胸郭出口症候群)の手術を受けた。順調に回復しているというが、13年のトミージョン手術もあり15年に復活してカムバック賞を受賞したとはいえ無理はさせたくない。

ジェイコブ・デグロムも終盤不振で、利き腕の尺骨神経の損傷と診断され、手術を受けた。無事にキャンプインできる状態だが、前半戦はようすを見ながらのスロースタートにならざるを得ない。

左のスティーブン・マッツ。若手のセス・ルーゴ(防御率2.67)、ロバート・グセルマン(同2.42)。トミージョン手術明けのザック・ウィーラーなどはせいぜい4~5番手争い。

そうした事から、今季はシンダガード中心の先発ローテーションになる。順調に行けばだが、開幕投手は誰が考えても当然だろう。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2017/02/01 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0130

【MLB移籍情報】昨年28本塁打のB.モスがロイヤルズと2年契約  



セントルイス・カージナルスからFAになっていたブランドン モスがカンザスシティー・ロイヤルズと2年1,200万ドル(13億8100万円)で合意した。これは、複数のメディアが伝えている。今後、フィジカルチェックをクリアすれば正式契約に至るもようだ。

メジャー11年目、33歳のモスは、アスレチックス時代のスタッツが凄い。その2012年から3年間は3年連続で20本塁打以上。昨年のように20本塁打以上が大幅に増えたシーズンのスタッツではない。

ちなみに、その3年間は、―

  • 12年 打率.291、出塁率.358、長打率.596、OPS.954
  • 13年 打率.256、出塁率.337、長打率.522、OPS.859
  • 14年 打率.234、出塁率.334、長打率.438、OPS.772


12年は、84試合で参考程度のスタッツだが、13年にキャリアハイの30本塁打、84打点をマーク。

アスレチックスの投手有利と言われているNFL兼用スタジアムで3年連続20本塁打以上は彼のキャリアを語る上では重要だろう。結果、14年にはオールスターにも選出された。



その後、インディアンスへトレード、シーズン半ばでカージナルスへ。

昨年はカージナルスで128試合、464打席、打率.225、出塁率.300、長打率.484、OPS.784。本塁打は14年以来の20本以上(28本)をマークした。

ただ、粗さが目立つのと33歳という年齢からくる今後の衰え、守備の貢献度などの総合的評価で、スポーツ・イラストレイテッド誌のFA選手ランキング(昨年11月)では24位だった。

契約もカージナルスとの16年825万ドルから、年平均600万ドルと抑えられた形になった。

ナ・リーグのカージナルスでは、一塁と外野の両翼を守ったが、ア・リーグのロイヤルズでは、ブルージェイズにFA移籍した、ケンドリス モラレスの後釜として指名打者としての起用が有力視されている。

ベンチュラの事故死で悲しみに沈むカンザスシティー。次は、その穴埋めになる先発投手陣の補強に着手しなければならない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/01/30 Mon. 12:54 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド