メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0816

パクストン離脱のマリナーズがブラジル人右腕チアゴ・ビエイラをコールアップ  




7月に球団新記録の月間6勝を挙げた左腕ジェームス・パクストンが故障者リスト入りしたマリナーズ。今季は、ヘルナンデス、岩隈ら先発陣の相次ぐ故障に泣かされたシーズンだったが、ブラジル・サンパウロ出身の24歳右腕チアゴ・ビエイラをコールアップした。

今夏のマイナー・オールスター「フューチャーズゲーム」の世界選抜にも選出された逸材で、14日(日本時間15日)のオリオールズ戦の9回に3番手としてメジャー初登板を果たし、1回を無失点に抑えた。



MLB公式サイトによると最速102マイル、一部メディアの報道では最速104マイルを計測したという。

同サイトの報告では、マイナー通算与四球率4.62という制球難は大きな課題だが、先発からリリーバーに転向してから安定し、今後出場機会が増えるものと思われる。

マリナーズでは、昨年デビューして、現在クローザーとして活躍中のエドウィン・ディアスの前を投げるセットアッパーとして期待されている。マリナーズは、60勝61敗でワイルドカード圏内まで1.5ゲーム差の位置につけている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/16 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0815

ジャンカルロ・スタントンが5試合連続ホームラン、球団新記録の43号  



マーリンズのジャンカルロ・スタントンが本拠地でのジャイアンツ戦で5試合連続ホームランを叩き込んだ。

スタントンは1回、ジャイアンツ先発のタイ・ブラックの2-0からの3球目を叩いて先制の今季43号2ランをマーク。43本は1996年のゲイリー・シェフィールドを抜いてマーリンズの球団新記録。

DHOgMsZV0AEqMZ_ (2)


週間MVPにも選ばれたスタントンは、最近11試合で10本、34試合で22本という量産体制に入った。今季115試合で43本というのは年間60本ペースらしい。

スタントンは先日250号も達成、これが251本目、ホームでは102本目になった。



スタントンは調子に波があり、このまま打ち続けるとは思えないが、2013年のクリス・デービス(オリオールズ)以来の50本到達は間違いなさそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/15 Tue. 13:27 [edit]

CM: --
TB: --
   

0815

レッドソックス、新人R.デバース、A.ベニテンディが躍動してライバル対決制す  



レッドソックスの新人コンビが大活躍している。

レッドソックスの20歳のラファエル・デバース三塁手は、1点ビハインドの9回にヤンキースのクローザー、チャップマンの166キロを左中間に叩き込む同点打。

延長の10回には3番に入ったアンドリュー・ベニンテンディ外野手が、ケインリー投手から勝ち越しのタイムリーを放った。



試合は、3対2でレッドソックスが延長戦を制し首位攻防戦を2勝1敗で乗り切った。これで5.5ゲーム差。直接対決は、あと7試合残っている。

ベニンテンディは昨年後半にも出場して今季注目の選手だが、20歳のデバースは、現地7月25日のマリナーズ戦に9番サードでメジャーデビュー。ドミニカ共和国出身で2013年に150万ドルで契約した右投左打の三塁手。

各サイトのプロスペクト・ランキングでは2015年から今季までMLB全体100位以内に入り、特に今季はBAで18位、BPで13位、MLB.comで17位と高い評価を受けている。特長はパワーに優れ、広角に打てる技術があるということだ。

レッドソックスの三塁手はここ数年の補強ポイント。今季はサンドバルが不良債権化して途中解雇。ほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)だった。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていた。

しかし、デバースの活躍でデイライトが見えてきた。

デバースに同点弾を献上したチャップマンは、今季初の被本塁打。74試合ぶりの被本塁打だったらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/15 Tue. 10:13 [edit]

CM: --
TB: --
   

0812

マイアミ・マーリンズはデレク・ジーターのグループが買収 新しいオーナーに!?  



イチローと田澤純一が所属するマイアミ・マーリンズの球団売却について、7月に経済紙「フォーブス」が、これまでとは違う売却先を報道した。しかし、その後、新たな展開があったようだ。

売却先は、地元紙「マイアミ・ヘラルド」によるとデレック・ジーター氏をはじめとする投資家グループで、合意額は12億ドル(約1兆3,000億円)になるという。

7月にNBCスポーツが伝えたところによれば新オーナーは、地元フロリダ州の実業家で、キューバ系米国人のホルヘ・マス氏で金額も11億7,000万ドルになるという事だったが、それからするとジータ―氏が盛り返して買収を決めたとになる。



マイアミ・マーリンズの売却経緯については、次から次へと名前があがる買い手グループが話題性のある人物だったこともあり、今年2月ごろから米メディアでも大きく取り上げられた。

その中で、元大統領を父と兄にもつジェブ・ブッシュ氏と元ヤンキースのデレク・ジーター氏らのグループ、共和党の元大統領候補が父のタグ・ロムニー氏のグループ、この2つのグループが買収候補として有力で、4月後半頃には、ジータ―氏のグループが優位に立っているとの報道が流れた。

しかし、5月末にブッシュ氏が撤退。これにより、ジーター氏は球団買収に必要な資金が足りず、元NBAプレイヤーのマイケル・ジョーダン氏らとタッグを組んで交渉にあたっているとの情報もあった。

今回の報道では、ジーター氏のグループにマイケル・ジョーダン氏が加わり16人でグループを形成。すでにマーリンズからMLBに対し、売却合意の報告がなされているという。



球団の運営執行部は、デビッド・サムソン球団社長、野球運営部門の最高責任者マイケル・ヒル氏は残留する方向という情報もあるが、正式認可はオーナー会議を経て10月上旬になる見込み。

なお、現オーナーのローリア氏は2002年にマーリンズを1億5,800万ドル(約180億円)で買収している。

過去には過度なファイアーセールでオールスターの誘致にも失敗したマーリンズ。選手の補強に資金を投入せず、市民からの評判の悪い現オーナーだが、元メジャーリーガーのジータ―氏が経営に加われば、ファンのマーリンズへの好感度は上がるかもしれない。


記事参考
http://www.miamiherald.com/sports/mlb/miami-marlins/article166853582.html
http://mlb.nbcsports.com/2017/07/10/report-jeffrey-loria-to-sell-marlins-to-jorge-mas-for-1-17-billion/

フォーブス誌のマイアミ・マーリンズ売却報道
マーリンズの売却問題は“口約束”の段階、市民は大歓迎!?
マイアミ・マーリンズ、地元フロリダ州のキューバ系米国人経営者に売却か!?


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/12 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0808

《ラウンドアップMLB》各地区の状況と日本人選手の動向  




《第18週を終了したメジャーリーグの状況》

★ナ・リーグは西部地区でダルビッシュと前田が所属するドジャースが、メジャー最高勝率の79勝32敗(勝率.712)で首位独走中。

先発ローテーション投手の前田は8日(日本時間9日)に登板予定、移籍後の初登板で圧巻の投球を見せたダルビッシュは10日(同11日)に登板予定。

15.5ゲーム差の2位ロッキーズ、3位ダイヤモンドバックスもワイルドカード圏内。同地区の3チームがプレイオフに進出する可能性がある。

中部地区は上原のカブスが58勝52敗で2位ブルワーズと0.5ゲーム差の混戦状況。

上原は試合の要所で起用され続けており、今季42試合、38回の登板で45奪三振、防御率3.32と結果を残している。

東部地区はイチローと田澤のマーリンズが首位ナショナルズと13ゲーム差の2位。

田澤は6日(同7日)、ブレーブス戦で8回に登板し、完璧に抑えて勝利に貢献。前半戦は不調だったが、2試合連続無失点と手薄になったブルペンの中核になりつつある。

イチローは、メジャー通算安打を3061安打とし歴代単独22位になった。代打のみの起用が多く打席数が限定されている。打率.233、今季安打数31本。今季終了後には、先日3000安打に到達したレンジャーズのベルトレ三塁手に現役最多安打数を抜かれているかもしれない。

blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


★ア・リーグは東部地区で田中のヤンキースが59勝51敗で2位に転落し、首位レッドソックスとは3ゲーム差だが、ワイルドカード圏内。

青木のブルージェイズは首位と10.5ゲーム差の最下位。電撃トレードの青木は、7月まで在籍したアストロズ戦で移籍第1号本塁打を叩き込んだ。

西部地区は岩隈のマリナーズが首位アストロズと15ゲーム差の大差をつけられての2位。岩隈は依然、復帰できていない。このままでは37歳になる来季の契約も不利な状況で、日本球界復帰を選択する可能性もある。

中部地区はインディアンス、ブルワーズ、カージナルス、パイレーツが5ゲーム差内で覇権を争う混戦で、今のところインディアンスが首位をキープしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/08 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0806

8月のトレード市場 パイレーツがベテラン2選手を獲得  




混戦のナ・リーグ中部地区で首位のカブスと4.5ゲーム差のパイレーツがベテランの2選手を補強している。

パイレーツは、ジャイアンツがウェーバーにかけたリリーバーのジョージ・コントス投手をクレイムオフ(獲得の申込み)した。32歳の右腕はメジャーキャリア7年間で15勝14敗、307試合、防御率3.05、WHIP1.16のリリーバー。



さらに、ブレーブスからベテランのユーティリティ選手ショーン・ロドリゲスを若手24歳のコナー・ジョー内野手とのトレードで獲得している。

ショーン・ロドリゲスは昨年までパイレーツで活躍した選手だが、昨年オフにFAでブレーブスに移籍したが、スプリングトレーニング前の2017年1月28日、マイアミで盗難された警察車両に追突された。

その事故で右肩を痛め、同乗していた妻と子供2人も重傷を負った。2月には右肩手術を受けたため、今季は絶望になると思われたが、予想以上の回復を見せ、7月17日にはメジャーに復帰、15試合に出場している。



メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンでの出場が可能になる。

そんな中でメッツがジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になった。ジェイ・ブルース外野手は100試合437打席で打率.262、出塁率.325、長打率.531、OPS.856、29本塁打、75打点のスラッガー。

7月末のトレード期限前の移籍は実現しなかった選手だが、29本塁打は得点力に悩ませられているチームにとっては大きな戦力になる、今季は残り年俸400万ドルの負担で済むのも魅力。

「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/06 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0805

ブルージェイズがホセ・バティスタをウェーバー公示 高額年俸とトレード拒否権で移籍は微妙  



ブルージェイズが現地3日、ホセ・バティスタ外野手をウェーバーにかけた。

36歳のバティスタは、昨年オフにブルージェイズからのクオリファイングオファー(Qオファー)を拒否した。その後、Qオファー拒否と36歳という年齢、故障した履歴が足かせとなって移籍先が、なかなか決まらなかったという経緯がある。

2010年から2年連続で本塁打王に輝き、2015年にも40本塁打をマークしたスラッガーだが、昨季は故障もあって22本塁打に終わり、今季も107試合の出場で打率.216、16本塁打、45打点と低迷している。


バティスタ


MLB公式サイトの記事にも「8月のトレード市場の有力選手リストに名前が浮上していた。

ウェーバー公示だが、今季の残りの契約は650万ドル程度で、2018年は1,700万ドル(約18億7,000万円)、2019年は2,000万ドル(約22億円)の契約オプションが残り、クレーム(獲得申し込み)は厳しいとみられる。

もし、どの球団にもクレームされなかった選手は「ウェーバーをクリア」した選手となり、トレード期限前と同様に全球団と交渉が可能になる。

MLB公式サイトでは、ホセ・バティスタは、マリナーズやブルーワズにフィットするものの、問題は「10-and-5 rights」という条項があって、すべてのトレードを拒否できる権利がある。チーム側からすれば、その条項が、彼のトレードの障害になるという。

実力次第で高額年俸を手にできるメジャーリーグだが、結果を出さなければ複雑で厳しい現実が待っている。

※「10-and-5 rights」とは、メジャー在籍10年、同一チーム5年を経過した選手に与えられるトレード拒否権で、すべてのトレードを拒否することができる条項。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/05 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0728

【MLB移籍情報】レイズがメッツからルーカス・デューダを獲得  



ア・リーグ東部地区で今季、レッドソックス、ヤンキースと言った名門球団と熾烈な覇権争いをしているタンパベイ・レイズが、ニューヨーク・メッツからルーカス・デューダ一塁手をトレードで獲得した。

ニューヨークポストのジョエル・シャーマン氏が、そのトレードを公式発表として伝えている。



31歳のルーカス・デューダは今季、打率.246、出塁率.347、OPS.879。本塁打17、打点37。MLB通算では125本塁打でOPS.801。レイズでは指名打者(DH)として起用される。

ルーカス・デューダの移籍に関してはヤンキースの名前も挙がっていたが、同地区ライバルに移籍される前にレイズが抑えたとも考えられる。

レイズは引退を決意したMLB通算165本塁打のコルビー・ラスマス外野手の穴を埋めるロングヒッターが補強ポイントのひとつだった。



一方、メッツにはマイナーのドリュー・スミス投手が移籍する。スミスは98マイルの球速が出る23歳の右腕。今季マイナーで3Aまで昇格している。今季のチーム内プロスペクトランキング30位。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/28 Fri. 07:57 [edit]

CM: --
TB: --
   

0727

【MLB移籍情報】ソニー・グレイ争奪戦は、どの球団が制するのか?  



夏のトレード デッドラインを前にダルビッシュの去就が気になるところだが、レンジャーズ側の要求が高く、ワイルドカードまで3.5ゲーム差とポストシーズンへの可能性も残ることから、「レンジャーズの望む見返りを提示しない場合、テキサスはダルビッシュを手放さずにア・リーグのワイルドカード争いに努力し続けることになる」と、ダニエルズGMのコメントをESPN.comが報じている。

blog_import_54ca745572dda.jpg


そこで、メディアの報道はアスレチックスの先発右腕ソニー グレイ争奪報道にシフトしたようだ。

アスレチックスのフランチャイズ、オークランドの対岸にあるサンフランシスコの地元紙は、現地25日のグレイの登板には7チームが視察し、それ以上のチームが水面下で移籍交渉をしているという内容の記事を報じている。

その7チームとはヤンキース、カブス、ドジャース、ブルワーズ、パイレーツ、インディアンス、ロイヤルズで、グレイのアスレチックスと同地区ライバルのアストロズは、対戦も多く敢えてスカウトを送らなかったという。

争奪戦をリードしているのは、ヤンキースとそのアストロズで、MLB公式サイトのマーク フェインサンド氏によれば「ヤンキースがソニー グレイだけでなく、ヨンダー アロンソの両者を獲得するトレードに向けて前進している」ということだ。

ヤンキースは、ホワイトソックスとのトレードでロバートソンとケインリーを獲得しブルペンは強化した。懸案だった三塁もフレイジャーの獲得でカバー。しかし、先発と一塁手は手付かずのままだ。そこで、グレイ、アロンソをまとめて獲得したい方針。

プレイオフを勝ち抜くには、強力な3枚の先発投手が必要。ヤンキースは、ルイス セベリーノ(防御率3.21)、C.C.サバシア(防御率3.44)の2枚で、それに続くのがルーキーのジョーダン モンゴメリー(防御率4.44)と田中 将大(防御率5.37)。

田中はプレイオフでの実績が無い。ここでも何度も触れたが、たとえソロホームランにせよ、1発の被弾で先行されれば短期決戦は苦しくなる。2015年のワイルドカードでも2本のホームランを被弾して先行され、ヤンキースは敗れ去った。



アスレチックスは若い外野手(特にセンター)のプロスペクト獲得を優先していて、特にヤンキースの1Aに所属するエステバン フロリアルに関心を示していることも報じられ、交換要員としてホルヘ マテオ遊撃手(兼 中堅手)、3Aのビリー マッキンニー外野手の名前も挙がっている。

グレイ争奪戦の様子は、ファンラグ スポーツのジョン ヘイマン氏もまとめている。ホワイトソックスとのトレード時のように2対3~4人の複数トレードが実現するかもしれない。


◇記事参考はコチラ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/27 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0725

【MLB移籍情報】ロイヤルズとパドレスで投手5人が絡む複数トレードが成立  




メジャーリーグは7月31日のトレード・デッドラインを前にトレード市場が動き出している。ロイヤルズとパドレスの複数トレードが成立した。

ロイヤルズは、パドレスから先発右腕トレーバー・ケーヒル投手、リリーバーで右腕のブランドン・マウアー投手、左腕のリリーバー、ライアン・バクター投手を獲得。

DFiNLm0UwAEMHSz.jpg

パドレスは、ロイヤルズから左腕のリリーバー、トラビス・ウッド投手と同じく左腕のリリーバー、マット・ストラーム投手が移籍する。

DFiNSRrWsAAJb53.jpg

ロイヤルズは、インディアンス、ツインズと三つ巴の首位争いを繰り広げている中での補強。

ロイヤルズが獲得したトレーバー・ケーヒルは今オフにFAになる29歳。11試合に登板して4勝3敗、防御率3.69、WHIP1.344。カブス時代の2年間はリリーフとして使われていたので、先発とロングリリーフの両方で使える。今季175万ドルとリーズナブル。

27歳のブランドン・マウアー投手はメジャー5年目。パドレスのブルペンでは中心選手だったが、2015年の53試合、7勝4敗、12ホールド、防御率3.00、WHIP1.06を境に成績は下降し、今季は42試合で防御率5.72、20セーブ。フェルナンド・ロドニーの移籍に伴いシーズン途中からクローザーを務めている。

ライアン・バクター投手は30歳だが実質2年目。15年オフにオリックス・バファローズが獲得を目指しているという報道があった。

今季は42試合で防御率3.05。38回1/3で奪三振47。パドレスではクローザーの前を投げるセットアップマンとしての起用が多かった。この3人の中では、一番期待できるかもしれない。

チーム再建中のパドレスは、カブス時代に先発経験もある8年目30歳のトラビス・ウッド投手を獲得。今季、3試合に先発したが結果が出ず、25試合でリリーフに回っている。

28試合1勝3敗、防御率6.91、WHIP1.824。昨年カブスで77試合に登板、防御率2.95だったので、疲れが出ているシーズンかも知れない。

17年と18年で2年総額1200万ドルの契約があり、この部分をロイヤルズは削減したかったのかもしれない。この成績ではコストパフォーマンスは悪く、バウンスバックに期待したいところだ。

マット・ストラーム投手は2年目の26歳。メジャーではリリーフでの起用が中心で防御率5.45、将来的には先発ローテも期待できるプロスペクト。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/25 Tue. 10:30 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド