メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1011

【MLB移籍情報】2017-18シーズンオフのFA選手一覧(先発投手編)  

 


今オフにフリーエージェントになる主力選手をピックアップ。先発投手編。


【先発投手】
(年齢)/17年サラリー/最終所属

C.C.サバシア(37) 2500万ドル/ヤンキース
ジェレミー・ヘリクソン(30) 1720万ドル/フィリーズ
ジョン・ラッキー(38 )1600万ドル/カブス
ジェイク・アリエタ(31) 1563万7500ドル/カブス
ウバルド・ヒメネス(33) 1350万ドル/オリオールズ
ダルビッシュ有(31) 1100万ドル/ドジャース
クリス・ティルマン(29) 1005万ドル/オリオールズ
アンドリュー・キャッシュナー (31)1000万ドル/レンジャーズ
ランス・リン(30) 850万ドル/カージナルス
ジェイソン・バルガス(34) 800万ドル/ロイヤルズ
ハイメ・ガルシア(31) 1200万ドル/ヤンキース
ウェイド・マイリー(30) 1200万ドル/オリオールズ



blog_import_54ca7460afaa1.jpg 


先発投手だけでも40人近くいるが、気になる選手をピックアップした。

ヤンキースのマイケル・ピネダ(740万ドル)は7月にトミージョン手術を受けた。オリオールズからFAのウェイド・マイリーはクラブオプションでバイアウトは50万ドル。

上記以外にも、田中将大のように残り3年6700万ドルを破棄してFAになることもできるオプションのある選手もそこそこいる。ジョニー・クエト、チェン・ウェインなどもそうした選択権を有した選手。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/10/11 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1007

【NLDS】ナッツとカブスのDS先発投手が判明  




ナ・リーグの東部地区優勝ナショナルズと中部地区優勝のカブスが対戦するナ・リーグ・ディビジョンシリーズ(NLDS)の第3戦までの先発投手が発表された。

-XwzQdlK.jpg 


☆GAME1
カイル・ヘンドリクス(カブス)
スティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ)

☆GAME2
ジョン・レスター(カブス)
ジオ・ゴンザレス(ナショナルズ)


☆GAME3
マックス・シャーザー(ナショナルズ)
ホセ・キンタナ(カブス)



ナッツのエース、シャーザーはレギュラーシーズンの最終登板で右脚を負傷した為、その状態を見てダスティ・ベーカー監督は第3戦にした。

なお、第1戦は既に始まっており、カブスの先発ヘンドリクスがナッツ打線を7回、被安打2、無失点に抑える好投で2対0とリードして試合は続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/07 Sat. 10:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

1004

【ALWC】ヤンキース逆転勝ちでDS進出 ※追記アリ  



MLBのプレイオフが始まった。アメリカンリーグのワイルドカード(ALWC)は、ヤンキースが序盤のホームラン攻勢で逆転。その後をリリーフ陣が守りきりディビジョンシリーズ(ALDS)進出を決めた。




ヤンキースがセベリーノ、ツインズがサンタナの先発で始まった試合は、セベリーノが、いきなり1番ドジャーに先頭打者ホームランを許すと、4番ロサリオに2ランを浴びせられ、僅か29球で降板する波乱の展開。1/3回、被安打4、3失点でマウンドを降りた。

しかし、1回裏、ヤンキースもサンタナを攻めて1番ガードナーが四球、2番ジャッジが3-2からセンター前へポトリと落とすシングルヒット。1死後、4番に入ったグレゴリウスがサンタナの3-2からの6球目95.1マイルのツーシームをライト席へ同点弾を叩き込んだ。

シーズン25本塁打のグレゴリウスだが、ヤンキースの歴代ショートストップで2年連続20本塁打以上は、彼が初めて。

ヤンキースは2回にガードナーがライト2階席へ運び逆転。ツインズの先発サンタナを2回4失点で引きずりおろした。

3回には一旦は追いつかれたが、その裏に6番バードのタイムリーで勝ち越すと、4回には1塁にガードナーをおいて2番のジャッジが1-1からの3球目、真ん中低めに入った84マイルのカーブを捉えて弾丸ライナーをレフト席の最前列へ突き刺した。



新人でシーズン52本塁打。MLBの新人歴代ホームラン記録を塗り替えた主砲の一打で、モメンタムは完全にヤンキースに移った。

このリードをブルペン陣のグリーン(2回、1失点)、ロバートソン(3回1/3、失点0)、ケインリー(2回1/3、失点0)が守り、最後は守護神チャップマン(1回、失点0)が抑えて8対4でヤンキースが逃げ切った。

5回戦制のALDSは、中1日をはさんでインディアンスのホームで5日(日本時間6日)から始まる。GAME1は田中将大が先発する予定。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/10/04 Wed. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1003

ダルビッシュはNLDS第3戦の先発、前田はブルペン要員へ  



104勝58敗、勝率.642のMLB最高勝率で、1988年以来のワールドシリーズ制覇を狙うドジャース。ふたりの日本人投手は、ポストシーズンのナ・リーグのディビジョンシリーズ(NLDS)でダルビッシュ有は先発ローテの一角として第3戦に先発が濃厚になった。

5回戦制で行われるNLDSは、西部地区シリーズのような状況で、ワイルドカードのダイヤモンドバックスとロッキーズ、その勝者と対戦するドジャースともすべて西部地区。

ドジャースは、ダイヤモンドバックス(8勝11敗)にもロッキーズ(7勝9敗)にも負け越しているだけに、NLDSが鬼門になるかもしれない。

先日、指揮官のロバーツ監督は、第1戦でカーショーを先発させることをメディアに語ったが、これは誰しもが考える予想通りの展開。昨年はカーショーを第1戦と第4戦に「中3日」で起用した。

しかし、今季は無理をさせないようだ。防御率、WHIPでMLB1位、その他のスタッツでも屈指の先発陣を信用し、後半調子のいい左腕リッチ・ヒルを第2戦、そしてダルビッシュ有を敵地での第3戦、左腕アレックス・ウッドを第4戦に先発させるとの見方が強い。

ポストシーズンの戦力として夏にレンタル移籍したダルビッシュ有は、マイルハイに位置する敵地クアーズ・フィールドのマウンドは初めてだが、先日、実際に立って感触を確かめたとの報道もあった。

ドジャース移籍後のダルビッシュは、リーグの違いもあるがFIPでレンジャーズ時代の3.99から3.38に改善している。

ただ、ロッキーズとは現地9月8日に対戦し、4回1/3で5失点と打ち込まれた。ダイヤモンドバックスとは8月10日に対戦、敵地で5回2失点の記録が残っている。

これまでのポストシーズンの成績は、レンジャーズ時代のもので、データが少ないので参考にはならないが、2試合に登板して0勝2敗、防御率5.40。

MLB公式サイトの予想では、ドジャースの投手陣は、カーショー、ヒル、ダルビッシュ、ウッドの4人が先発ローテー。ブルペンは、ブランドン・モロー、前田健太、ジョシュ・フィールズ、ペドロ・バイエズ。リリーフ左腕としてトニー・シングラーニとトニー・ワトソン。クローザーにケンリー・ジャンセンがロースター入りすると予想している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/03 Tue. 17:45 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

MLB ワイルドカード2試合の先発4投手が判明!両リーグともベテランと若手の対決  



ディビジョンシリーズ(DS)への切符を賭けて1DAYマッチで行われるワイルドカード(WC)の先発投手が判明した。

3日(日本時間4日)のアメリカン・リーグWCは、ヤンキース対ツインズ。

ヤンキース ルイス・セベリーノ投手
14勝6敗 防御率2.98/WHIP1.04/奪三振230

ツインズ アービン・サンタナ投手
16勝8敗 防御率3.28/WHIP1.13/奪三振167


セベリーノは、3年目にして初の規定投球回数に達したシーズンで、防御率でクルーバー(インディアンス)、セール(レッドソックス)に次ぐリーグ3位。被打率.207はセールと同じリーグ2位タイ。

サンタナは34歳で経験は豊富だが、エンゼルス時代の08年以来のポストシーズンのマウンド。2勝2敗、防御率5.56とあまり良くない。

両投手ともワイルドカードの登板は初。ヤンキースタジアムは狭く序盤の被本塁打に警戒したい。とくにサンタナは今季31本塁打を許している。ヤンキースは15年にワイルドカードを戦っているが、その時先発した田中将大も序盤に2本塁打を浴びて敗退している。

blog_import_54ca749b7c3ff.jpg


ナショナル・リーグは4日(同5日)にダイヤモンドバックス対ロッキーズの同地区対決によるワイルドカード。レギュラーシーズンでの両者の対決は11勝8敗でロッキーズが勝ち越した。

ダイヤモンドバックス ザック・グリンキー投手
17勝7敗 防御率3.20/WHIP1.07/奪三振215

ロッキーズ ジョナサン・グレイ投手
10勝4敗 防御率3.67/WHIP1.30/奪三振112


両投手とも開幕投手。グリンキーは対ロッキーズ戦2勝1敗。ポストシーズンはドジャース時代など9試合に登板。3勝3敗、防御率3.55と安定感はある。

一方のグレイは実質2年目の25歳。対Dバックス戦は2勝1敗。最近の10試合では7試合でクオリティスタートを記録するなどロッキーズの中では安定感がある方だが、ポストシーズンは初登板。経験値ではグリンキーの方が上回っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/02 Mon. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0930

アスレチックスがボブ・メルビン監督との契約を2019年まで延長  




オークランド・アスレチックスは28日(日本時間29日)、ボブ・メルビン監督との契約を2019年シ-ズンまで1年延長することを発表した。

メルビン監督は、1981年のドラフトでデトロイト・タイガースから1巡目指名を受け入団。10年間で8球団、692試合に出場している。

引退後は、指導者の道を選び、ミルウォーキー・ブルワーズ、タイガース、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのコーチを経て2003年、シアトル・マリナーズの監督に就任し2年間務めた。

個人的には、マリナーズ監督2年目の04年に前年93勝69敗(.574)のチームを地区最下位の63勝99敗(.389)に降下させたことから、あまり良いイメージの監督ではない。

同地区のアスレチックスを11年途中から指揮。12年からア・リーグ西部地区2連覇、14年はワイルドカードでのプレイオフ進出を果たした。

その後は2年連続で最下位に沈み、今季も74勝85敗(29日時点)で最下位となっている。

アスレチックスでの成績は535勝532敗で、同球団の指揮官としてはトニー・ラルーサ(798勝)、アート・ハウ(600勝)の両名将に次ぐ歴代3位の勝利数。通算では1,028勝1,040敗で史上64人目の1,000勝監督となった。

弱小球団を任せられることが多く、そうした意味では監督14年間で3度の地区優勝は評価できる。ダイヤモンドバックス時代の07年とアスレチックス時代の12年には最優秀監督賞に選出されている。


◇記事参考
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000211-ism-base


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/30 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0930

マーリンズ売却承認、元ヤンキースのジータ―氏が編成部門のトップになる公算大  



MLBのオーナー会議はマーリンズが元ヤンキースのデレク・ジーター氏らを中心とするベンチャー・キャピタル(専門投資会社)に売却されることを承認した。

編成部門のトップにはジーター氏が新たに就くという可能性が高い。地元紙「マイアミ・ヘラルド」によると合意額は12億ドルになるという。

7月にNBCスポーツが伝えたところによれば新オーナーは、地元フロリダ州の実業家で、キューバ系米国人ホルヘ・マス氏だった。金額も11億7,000万ドルになるという事だったが、その後、ジータ―氏らのグループが盛り返して買収を決めた。



マイアミ・マーリンズの売却経緯については、次から次へと名前が挙がった。買い手グループがトランプ大統領の親族だったり、話題性のある人物が多く、今年2月ごろから米メディアでも大きく取り上げられた。

その中で、元大統領を父と兄にもつジェブ・ブッシュ氏と元ヤンキースのデレク・ジーター氏らのグループ、共和党の元大統領候補が父のタグ・ロムニー氏のグループ、この2つのグループが買収候補として有力で、4月後半頃には、ジータ―氏のグループが優位に立っているとの報道が流れた。

しかし、5月末にジーター氏らのグループからブッシュ氏が撤退。これにより、ジーター氏は球団買収に必要な資金が足りず、元NBAプレイヤーのマイケル・ジョーダン氏らとタッグを組んで交渉にあたっているとの情報も流れた。



なお、現オーナーのローリア氏は2002年にマーリンズを1億5,800万ドル(約180億円)で買収している。

選手の補強に資金を投入せず、市民からの評判の悪いオーナーだったが、元メジャーリーガーのジータ―氏が経営に加われば、ファンのマーリンズへの好感度はアップするかもしれない。


記事参考
http://www.miamiherald.com/sports/mlb/miami-marlins/article166853582.html
http://mlb.nbcsports.com/2017/07/10/report-jeffrey-loria-to-sell-marlins-to-jorge-mas-for-1-17-billion/

フォーブス誌のマイアミ・マーリンズ売却報道
マーリンズの売却問題は“口約束”の段階、市民は大歓迎!?
マイアミ・マーリンズ、地元フロリダ州のキューバ系米国人経営者に売却か!?




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/30 Sat. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0929

「小さな巨人」J.アルトゥーべが4年連続200安打到達  




メジャーリーグも各チームが残すところ数試合、個人タイトル争いに注目が集まる季節になって来た。

アストロズの“小さな巨人”ホセ・アルトゥーベ二塁手が9月27日(日本時間28日)、今季もシーズン200安打に到達した。これで4年連続のシーズン200安打になった。

2000年以降ではマリナーズ時代のイチロー外野手(マーリンズ)の10年連続、マイケル・ヤング内野手(レンジャーズ)の5年連続に次ぐ偉業と言える。

昨年は、彼以外にムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス)、当時ダイヤモンドバックスに所属したジーン・セグラ遊撃手(マリナーズ)が200本を越えた。

今季は、アルトゥーベ二塁手と208安打のチャーリー・ブラックモン外野手(ロッキーズ)、201安打のエンダー・インシアーテ外野手(ブレーブス)の3人が越えており、イチローの同僚、マーリンズのディー・ゴードン二塁手が196本と大台に迫っている。

ほとんどが左打者、またはスイッチヒッターで、右打者は現役ではアルトゥーベだけである。

しかも、kasamaさんの「MLB記録navi」によれば2年連続で『200安打-20本塁打-20盗塁』という記録は、イチローでも成し得なかった偉業だということが分かる。

数字が変動する打率部門でも.350は断トツの両リーグトップで、2年連続3度目の「首位打者」は、ほぼ確定。そうなればアストロズの快進撃をけん引した一人としてリーグMVPの可能性も出てきた。

右打者でシーズン203安打、打率.350、24本塁打、81打点、32盗塁。(現地28日終了時点)

ジャッジもMVP候補。rWARではアルトゥーベ8.3、ジャッジ7.6。しかし、もう一つの指標であるfWARでは、アルトゥーベ7.6に対してジャッジ8.1で、計算式が違うと逆転する。

個人的には、新人記録を塗り替える51本塁打で「本塁打王」獲得もインパクトあるのだが、両リーグワーストの205三振は、ちょっと笑えてくる。

アストロズの地区優勝に貢献したアルトゥーベに対し、ヤンキースの球宴以降の失速を見ればジャッジは「新人王」が妥当のような気がする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/09/29 Fri. 23:50 [edit]

CM: --
TB: --
   

0922

前田健太はブルペン要員へ ドジャース指揮官が明言  




ドジャースの指揮官デーブ・ロバーツ監督は「今日の健太は中9日の登板という厳しいものだったがよく投げていた」とコメント。「60球を投げられたことが重要だ。今後はブルペンの武器として見ていく」とコメントした。

それでもポストシーズンにロースター入りでればいい方かもしれない。

前田は21日(日本時間22日)、敵地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦で3回を3安打、2四球、3奪三振、2失点で降板させられた。

過去3勝0敗の相性の良いフィリーズ戦だったが、初回は、球審のストライク、ボールの判定が厳しかった。ストライクとコールしてもいいような場面が3球はあった。メジャーは審判が多いという事もあるが、審判の質にバラつきがある。

前田は初回に2四球を与えるなどして2死満塁のピンチを招いたが、売り出し中の相手4番のホスキンスを三振に取るなど、無失点で切り抜けた。

残念だったのは2点リードで迎えた3回。

3番の新人ウィリアムスの初球(チェンジアップ)が甘く入って左中間に同点2ランを運ばれた。あれは失投だった。不用意にストライクを取りに行った変化球をパワーで持っていかれた。

ドジャースはその後、6回に8月に移籍加入のグランダーソン外野手の25号ソロ、7回にも代打イーシアが2号ソロを放つなど2点を加え、5対4で逆転勝ち。優勝マジックを1にした。

前田健太


前田に勝敗はつかなかった。これで131回1/3、12勝6敗、防御率4.25、WHIP1.14、137奪三振(K/9は9.39)。

他のチームなら堂々たるローテーションの3番手か4番手の数字だが、ワールドシリーズ制覇を狙う(悪くてもリーグ制覇)ドジャースは6人の先発がいて層が厚い。

今季の前田は6月にブルペンに回された。6月9日(同10日)のレッズ戦ではリリーフで4回を1失点。6月23日(同24日)のロッキーズ戦は1回を無失点に抑えた。

その時の経験を首脳陣は覚えているはずで、ロングリリーバーとしてのベンチ入りは十分期待できそうだ。

カーショー、ダルビッシュ、ヒルに続く4番手争いで、前田健太、柳賢振、ウッドの3投手のうち、ウッドと前田をブルペンに残して先発が不調だった場合に早めに前田やウッドを起用することも可能になる。

ただ、ドジャースはブルペンも強固で質が高い。使ってもらえるだけ良いかもしれない。

短期決戦のプレイオフでは、過去にもレンジャーズ時代の上原浩治やレッドソックス時代の田澤純一がメンバーから外された。

ちょっと悔しい気はするが、ブルペン要員でもチームに貢献できればいいかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/22 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0916

喧嘩、両成敗?「サイン情報伝達違反」でレッドソックスとヤンキースに罰金  



メジャーリーグ機構(MLB)は15日、8月のヤンキースとの試合中に腕時計型端末「アップルウォッチ」を使用し、捕手のサインを盗んでいた疑惑で調査していたレッドソックスに対し、罰金の処分を科したと発表した。

これは、レッドソックスのスタッフがキャッチャーのサインを分析した内容をベンチのトレーナーの腕時計型の情報端末に送って選手に伝えていたと対戦したヤンキースからの申し立てを受けて大リーグ機構が調査を進めていたもの。

MLBは、電子機器を使って選手に伝える規則違反があったと認定し、サイン盗み自体ではなく、電子機器を使ったことが違反にあたとしている。今後は同様の違反が発覚した場合、より重い処分を科すとしている。

一方、MLBは、申し立てを行ったヤンキースもテレビ局の映像を使ってサイン盗みを行っていたとするレッドソックス側の主張は、十分な証拠がないとして退けたが、ヤンキースもベンチ内の電話を使った規則違反があったとして、レッドソックスより少額の罰金を科すことを決めた。

いずれのケースも罰金の額は公表されていない。MLBは、この罰金を米フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イルマ」災害支援のための寄付にする。


◇記事引用
http://www1.nhk.or.jp/sports2/result/result_mlb.html


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/16 Sat. 13:01 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド