メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1013

【MLB移籍情報】来季に向けて早くもナショナルズとマーリンズでトレード成立  



 メジャーリーグのストーブリーグはすでに水面下で進んでいる。

2012年に初の地区優勝を遂げたナショナルズ。それ以降は下記のように地区の盟主としてポストシーズンの常連チームになっているが、2018年シーズンは、8ゲームの差をつけて2位に甘んじている。


2012年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2013年 東部地区2位
2014年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2015年 東部地区2位
2016年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2017年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退


そのナショナルズが覇権を取り戻すべく早速チームの補強に乗り出した。


現地10日、ナショナルズはマーリンズから救援右腕のカイル・ベアクローを獲得。このトレードで、マーリンズはインターナショナル・ボーナスプール・マネー(金額不明)を獲得した。


メジャーキャリア4年、28歳の右腕は6月には7セーブ、防御率0.00という成績で「月間最優秀救援投手」に選出されたが、終わってみれば61試合55回2/3イニングで防御率4.20。すべてのスタッツでキャリア最低のシーズンだった。


MLB公式サイトによると、MLB全体15位(防御率)のブルペンを立て直すためにナショナルズは、彼のバウンスバックを期待してのトレードだったようだ。


一方、オーナーが変わり新体制で、ほとんどの主力をシーズン前のファイヤーセールで放出したマーリンズ。チーム再建モードの1年目を終了したが、ホセ・ウレーニャ、ダン・ストレイリーといった先発投手の放出を模索しているという。


さらに、狙いはインターナショナル・フリーエージェント市場でのキューバ選手。


具体的にはビクトル・ビクトル・メサ、ビクトル・メサJr.、サンディ・ガストンの名前が挙がっているが、そのためのインターナショナル・ボーナス・スロットが今回のトレードでの目的だったという。


マーリンズは先日も17年ドラフト5巡目の22歳右腕ライアン・リリー投手をレッズへ放出して、そのためのボーナスプール・マネーを獲得している。


関連記事

Posted on 2018/10/13 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0817

アクーニャに死球のウレーニャ投手に6試合の出場停止処分  



大リーグ機構は16日、マーリンズのホセ・ウレーニャ投手に対して6試合の出場停止処分を科した。

これは、ウレーニャが先発登板した15日(日本時間16日)のブレーブス戦でロナルド・アクーニャ外野手への死球が故意とみなされたもの。

ウレーニャは退場処分を受けていた。同選手からの異議申し立てがなければ、処分は17日から適用される。




ここでも紹介したがブレーブスの1番打者アクーニャは13日(同14日)からのマーリンズ戦で3試合連続の先頭打者本塁打を含む計4本塁打と活躍。

15日の同カードでは4試合連続の先頭打者本塁打が懸かっていたが、初回の第1打席でウレーニャが投じた97.5マイル(約156.9キロ)のストレートを左肘に受け、一度は試合に復帰したものの、2回の守備から途中交代していた。

ベネズエラ出身の20歳。昨年のベースボール・アメリカ(BP)マイナーリーグ年間最優秀選手賞に選出されたプロスペクト。

今季のスプリングトレーニングでは16試合に出場し、打率.432、4本塁打、11打点、4盗塁、OPSは1.247と圧倒的な結果を残し、4月25日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。

アクーニャは3試合連続先頭打者本塁打で、これは1996年のブレディ・アンダーソン(オリオールズ)以来、史上2人目の快挙。(アンダーソンは4試合連続)

さらに、5試合連続本塁打を放っており、この試合では、4試合連続の先頭打者本塁打と6試合連続本塁打が期待されていた。

なお、メジャーリーグの規則に従い、次の出場試合で本塁打を放った場合は連続試合本塁打が継続されるはずだったが、16日の試合では4打数1安打で本塁打は記録されなかった。

アクーニャの今季成績は、69試合、打率.287、19本塁打、43打点、出塁率.347、OPS.918。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/08/17 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0212

【MLB移籍情報】マーリンズのリアルミュート捕手にアストロズもトレード打診  




デレク・ジーターCEOは、シーズンチケットを売るどころか、ペイロール削減のために主力選手を“ファイヤーセール”してマイアミのファンから不評を買っている。

そのマイアミ・マーリンズで次に放出されそうなのが、捕手のJ.T.リアルミュート。主力放出の中で、当初は、チーム再建のコアとしてイエリッチ外野手と共に名前が挙がっていたが、イエリッチもトレードを希望、彼もチームを去りそうな状況だ。

26歳のリアルミュートは昨年、キャリアハイの17本塁打をマーク。打率.278、17本塁打、65打点。

メジャー30球団で、規定打席を上回った捕手は、ジャイアンツのポージー、ヤンキースのサンチェス、カージナルスのモリーナと彼の4人しかいない。141試合は捕手部門で最多出場になる。

ファンタジーベースボールでも、捕手部門でサンチェス、コントレラス、ポージーについて4位の評価だ。サラリー面を見ても年俸調停1年目。今後の伸びしろを考えても290万ドルは格安と言える。


Top ten fantasy baseball catchers entering 2018:
1). Gary Sanchez NYY
2). Willson Contreras CHC
3). Buster Posey SF
4). J.T. Realmuto MIA
5). Wilson Ramos TB
6). Evan Gattis HOU
7). Salvador Perez KC
8). Yadier Molina STL
9). Wellington Castillo CHW
10). Jonathan Lucroy
(MLB)



そのリアルミュートに関しては、以前にナショナルズがトレードを打診したが、マーリンズが、ナショナルズのトッププロスペクトであるビクター・ロブレス外野手やホアン・ソト外野手などを要求したためペンディング状態が続いている。

そして、スプリングトレーニングを間近に控えてアストロズが、アプローチをかけているという報道が流れた。

シリウスXMラジオのクレイグ・ミッシュ氏のツイートなどを受けてMLB公式サイトなどが詳細を報道。それによるとアストロズがトレード交渉を行い、マーリンズは交換要員としてトッププロスペクトのカイル・タッカー外野手を要求しているという。

ほかには、交換要員としてアストロズの先発投手コリン・マクヒューの名前も挙がっている。


リアルミュート


スタントン、オズーナ、イエリッチというメジャー屈指の外野陣を一気に放出したマーリンズは、外野手も補強ニーズ。

ナショナルズは、ブライス・ハーパー外野手が2018年シーズン終了後にFAで、以前から「ヤンキースが狙っている」との噂もあり、簡単には外野手のプロスペクトを手放せない状況が考えられる。

これに対してアストロズは、ジョージ・スプリンガー、ジェイク・マリスニック、ジョシュ・レディックを3年間コントロールでき、デレク・フィッシャーも控えているため、外野手のプロスペクトを手放せる状況。

また、アストロズは主力捕手のブライアン・マッキャンとエバン・ギャティスがベテランで、残りの契約期間も少なく、中期的視野に立てばJ.T.リアルミュートの獲得に本腰を入れることは、今後の覇権を考えても懸命な判断と言える。


◇こちらの記事を参考にしています。
https://baseball.information0.com/major-baseball/astros-intersted-in-realmuto/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/02/12 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0129

【MLB移籍情報】マーリンズ、正捕手リアルミュートまで放出かっ!  




経営陣が変わったマーリンズは、このオフにジャンカルロ・スタントン、マーセル・オズナ、ディー・ゴードンを放出。そして、それを見たクリスチャン・イエリッチは不平をぶちまけてトレードを志願、ブルワーズへ去った。

クリスチャン・イエリッチと同様に年俸削減のために主力選手のファイヤーセールに落胆して不協和音が聞こえていた正捕手J.T.リアルミュートもトレードを志願。

メディアによればJ.T.リアルミュートのトレード交渉にナショナルズが積極的に動いているという。

ファンラグスポーツのジョン・ヘイマン氏が伝えたところでは、マーリンズは質の高いプロスペクトを要求。具体的には外野手のトッププロスペクトのビクター・ロブレス外野手を要求しているということだ。

ビクター・ロブレスはドミニカ共和国出身の20歳で、2017年には早くも2Aから飛び級でメジャー昇格し、24試合に出場している。

ロブレスは、2017年開幕時点のプロスペクトランキングでは、BPがMLB全体7位、MLB公式サイトが同8位、BAが同13位にランク。シーズン終了後にはMLB公式サイトが大谷翔平、ヤンキースのグレイバー・トーレスに次ぐ3位にランクしていた。

先日発表された最新版のMLB公式サイトのポジション別プロスペクト・ランキングでは外野手の3位、全体TOP100では6位にランクインしている。

現時点でナショナルズが保有するNo.1プロスペクトである事には間違いないだろう。

26歳のJ.T.リアルミュートは昨年、141試合に出場し打率.278、出塁率.332、長打率.451、OPS.783、17本塁打という成績を残し、打てる捕手というイメージで、イエリッチと共に新生マーリンズの核になるような選手だった。

2018年が年俸調停1年目で、まだ合意していない状態だが、チーム側が290万ドル、リアルミュート側が350万ドルをそれぞれ希望額として提示していると報じられているが、いずれにしても格安といえる年俸だ。

ナショナルズには正捕手として今年32歳になるマット・ウィータースがいるが、2017年は打率.225、出塁率.288、長打率.344、OPS.632、10本塁打、52打点と振るわなかった。

選手オプションの契約があり、ウィータースはそれを選択してもう1年ナショナルズに在籍することになるが、トレードが決まれば正捕手争いが楽しみになる。

マーリンズは、トレードで移籍してきたばかりのスターリン・カストロまでもがトレードを志願しているという報道もあり、以前のオーナー同様、投機目的で球団を保有するようなイメージがして、個人的には最も魅力のない球団になってしまった。

人気回復のために、イチローを呼び返して「1番・ライト」で起用してくれれば話は別だが・・・。



こちらのサイトを参考にしています。
https://baseball.information0.com/major-baseball/nationals-interested-in-realmuto/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/01/29 Mon. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0126

【MLB移籍情報】イエリッチ外野手がブルワーズへ!「そして誰もいなくなった」マーリンズ外野陣  




ミルウォーキー・ブルワーズがマイアミ・マーリンズから若手のホープ、クリスチャン・イエリッチを獲得した。

このトレードでブルワーズは交換要員として若手有望株のルイス・ブリンソンら4人をマーリンズに差し出している。

26歳のイエリッチは、第4回WBCのアメリカ合衆国代表に選出された逸材。派手さはないものの2017年に156試合で170安打を放ち、打率.282、出塁率.369、長打率.439、OPS.807、18本塁打、81打点。WARで3.9という高い数値を示している。

26歳の若さながら、メジャーで既に5年のキャリアを有し、通算で打率.290、出塁率.369、長打率.432、OPS.800、59本塁打、239打点。14年にゴールドグラブ賞。16年にシルバースラッガー賞を獲得している。

新生マーリンズの中心選手としての構想があったみたいだが、経営陣が変わったマーリンズは、総年俸の抑制を掲げて再建モードに突入。なりふり構わずスタントン、オズーナ、ゴードンらの主力を次々と放出。その球団の姿勢にイエリッチとマーリンズの間に不協和音が流れていた。

その“ファイヤーセール”に嫌気をさしたイエリッチ本人と代理人が、球団側にトレード放出を求めていた。

もともと優勝を狙えるチームでプレイしたいという事で、スタントンが大型契約を結んだ翌年の15年3月にイエリッチもマーリンズと総額4,957万ドルの7年契約を結んだ。

イエリッチの残りの契約は26歳の2018年から29歳の2021年まで確定していて、18年(26歳)は700万ドル、19年(27歳)975万ドルで、彼の実績や「伸びしろ」を考えると格安でブルワーズが獲得したと言える。(ちなみに20年1,250万ドル、21年1,400万ドル、22年は球団オプション1,500万ドル)

DUbMPFuWkAABIJ4.jpg


この数年は、ライトにスタントン、センターにオズーナ、そしてレフトにイエリッチ。第4の外野手にはイチローと、テレビ中継を見ていてもマーリンズの外野陣は、わくわくするような豪華な布陣だった。

このイエリッチのトレードで3人ともいなくなった。日本人ファンだけでなくマイアミのファンもがっかりしている事だろう。捕手のJ.T.リアルミュートもトレードも噂されている。

なお、トレードの交換要員の残り3人は、イサン・ディアス、モンテ・ハリソン、ジョーダン・ヤマモト。MLB公式サイトの球団別プロスペクト・ランキングによると、ブリンソンはブルワーズの1位、ディアスは同6位、ハリソンは同14位のプロスペクト。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/26 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0121

【MLB移籍情報】トップ4も決まらず異常なぐらい遅い移籍マーケット  




スプリングトレーニングまで約1カ月、例年と比べ異常なほど遅い移籍マーケット。ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、エリック・ホズマー、J.D.マルティネスといった17年-18年オフのトップ選手たちが、未だにマーケットに残っている。

レッドソックスが、J.D.マルチネスに5年1億ドルを提示したという報道もあるが、本人側の希望額とは大きな隔たりがあるという。ダルビッシュもヤンキースやカブスなど6球団が関心を示し、ヤンキースは具体的な提示もしたという報道もあった。

アリエッタは、ブルワーズなどからオファーがあり、ホズマーは、ロイヤルズとの再契約を望んでいる。

今季は、人材が薄いと言われたFA市場。次の18年-19年が華やかな人材で溢れるだけに、そのタイミングに合わせてぜいたく税をリセットしたい球団もある。

次に大きな買い物をするために、今回は控えるという消費者心理にも似た行動は、分からなくもない。様子見の球団が多いのだろうか。

長期の大型契約は球団経営の足かせになることが多く、そのため大型契約を望む選手代理人と球団側との我慢比べになっている選手もいるに違いない。


マーリンズ


マイアミ・マーリンズが新経営陣に変わって、総年俸を削減するために二冠王スタントンや盗塁王ゴードン、主力外野手オズーナなどを次々にファイヤーセールした。

スタントンのトレード交渉は、ジャイアンツまたはカージナルスという最終段階まできて、急転直下、東海岸のヤンキースに決まるというサプライズだった。これもストーブリーグを全体的に遅れさせた一因かもしれない。

スタントらを放出したマーリンズは、残った選手とチームに確執が生まれた。それは今日現在でも続いており、イエリッチやリアルミュート、移籍してきたカストロなどと球団との不協和音が報道されている。

とくに、主力外野手イエリッチと球団との関係は「取り返しがつかないほどに壊れている」等々の報道があり、2015年3月にマーリンズと契約延長を合意して、オプションも入れれば残り5年の契約があるイエリッチだが、彼の代理人からは「優勝を狙えるチームでプレイさせたい」という事で、再三にわたりトレード交渉を要求しているという。

大谷翔平のポスティング交渉も12月を過ぎるまで待たなければならなかった。

こうした様々な要因が重なって移籍市場は、異常なくらい遅い。その影響もあって日本人選手のイチロー、青木宣親といった実績のある野手組が決まっていない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/21 Sun. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1214

【MLB移籍情報】マーリンズがオズーナ外野手をカージナルスへトレード  



マーリンズは、ペイロール削減がデレク・ジーターCEOのマストなのか、次から次へとファイヤーセールを続けている。

それは、前オーナーと変わらないように見えて、ファンからすれば経営優先の魅力のない球団のようにも映る。買収にあたり、投資家たちに年俸総額の削減を約束しているので致し方ないという事だろうか。

先日、ジャンカルロ・スタントン外野手、ディー・ゴードン二塁手を放出したマーリンズが、今度はリストアップされていたマーセル・オズーナ外野手をカージナルスへトレードした。

カージナルスはMVP男ジャンカルロ・スタントン争奪戦には敗れたが、その代りに、今季自己最高成績の打率.312、OPS.924、37本塁打、124打点を残し、初のゴールドグラブ賞とシルバースラッガー賞にも輝いた外野手を獲得した事になる。

オズーナに関しては6球団から8球団が関心を示し、その中にはカージナルス、ナショナルズ、ジャイアンツが含まれていた。個人的には、スタントンよりこちらの方が良かった気がする。




27歳のマーセル・オズーナは今季350万ドルの年俸だが、今オフは、年俸調停2年目で1000万ドルから1100万ドル程度に上昇が予想されている。ペイロールを9,000万ドル程度に抑えたいマーリンズにとっては負担の大きい選手だった。

DQ9BhBlU8AA-51v.jpg

しかし、マーリンズはまだ目標の削減額に達していないということで、今後もリーダーシップのあるマーティン・プラド三塁手(1350万ドル)、エース格のエディンソン・ボルケス投手(1300万ドル)、チェン・ウェイン(1000万ドル)、ブルペンのブラッド・ジーグラー投手(900万ドル)、田澤純一(700万ドル)などを放出するものと考えられる。

チェンは不良債権化、38歳のジーグラーは出したいところだろう。田澤もレッドソックス程のパフォーマンス出なかったので残ったとしても成績が良ければ夏のトレード要員になることも考えられる。

なお、今回のトレードでは、交換要員としてカージナルスからは、22歳の右腕サンディ・アルカンタラ投手を含むプロスペクト3名を獲得する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/14 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1212

【MLB移籍情報】ヤンキースが二冠王スタントン獲得、重量打線は破壊力抜群  




大谷翔平がFA市場で注目の一人ならトレード市場で最も注目されたのがマイアミ・マーリンズの本塁打と打点の二冠王で、リーグMVPのジャンカルロ・スタントン。

その両リーグトップの59本塁打を放ったスラッガーが、2018年からニューヨーク・ヤンキースのユニフォームを着ることになった。

DQymjWLUIAA2ExW.jpg


この争奪戦は、西海岸のサンフランシスコ・ジャイアンツと中西部のセントルイス・カージナルスの2チームに絞られた報道から一転、契約が破断するというサプライズもあった。

この“どんでん返し”は、個人的には、ロサンゼルスに生まれ育ち大学もUSC。お気に入りのチームはドジャースというスタントンが、やはりライバルチームのジャイアンツは拒否したという事だろう。

今季不振だったジャイアンツの成績も悪影響があり、不振のジャイアンツより若手が台頭してチャンピオンリングを狙えると感じたヤンキースを選択したというイメージが強いトレード劇だった。

マーリンズ視線で見ると、複数年で2憶9,500万ドル(約335億円)という巨額のペイロールを削減。しかも、1番で盗塁王のディー・ゴードン二塁手も放出し、ここでも3,790万ドルを削減した。その後釜にスターリン・カストロ二塁手も獲得した。

今オフのペイロール削減額5,000万ドル(約56億7,000万円)の目標をクリアできそうな状況になって来た。外野の空いたポジションにはイチローや青木宣親といった外野手の契約もあるかもしれない。

打線の戦力ダウンは確実だが、それよりもファーム層の充実による内部育成路線や最重要課題の先発、リリーフの投手陣の整備に今後着手することになるだろう。



ヤンキースでのスタントンはおそらく4番、または3番。その前に52本塁打、OPS1.049のアーロン・ジャッジ、その後を33本塁打、OPS.876のゲーリー・サンチェスが打つ打線になり、破壊力抜群。

ただ、右打者3人が続くことからジャッジを2番にして左打者を入れてスタントンにするラインナップもありそうで、スイッチヒッターのアーロン・ヒックスあたりが成長して上位打線を打てるようになると左右のバランスの取れた打線になりそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/12/12 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1210

【MLB移籍情報】G.スタントンはNYへ!マーリンズとヤンキースが合意  




MLBでは現地12月10日からウインターミーティングが開催されるが、その前に決まるのではないかと噂されていたナ・リーグMVPのジャンカルロ・スタントンのトレード先が、ニューヨーク・ヤンキースに合意間近であることを複数のメディアが報道している。
FanRag Sportsのジョン・ヘイマン記者がマーリンズとヤンキース間での合意を伝えた。あとは、トレード拒否権を持つスタントンの承認とフィジカルチェックを待つ状態だという。



ある程度の具体的な契約内容も流れており、まとめると、スタントンの2憶9,500万ドルという莫大な長期契約のうち3,000万ドルをマーリンズが金銭負担してヤンキースにトレード。

ヤンキースは見返りとしてスターリン・カストロ二塁手とプロスペクト2名をマーリンズに差し出すという内容らしい。

マーリンズは今季の盗塁王ディー・ゴードン二塁手をシアトル・マーリンズへトレードしているので、二塁手はウィッシュリストに入っている。


スタントン


以前は5,000万ドルという情報も流れたが、2020年にスタントンが契約をオプトアウトしない場合に3,000万ドルを負担する契約で合意したようだ。

これでマーリンズは、スタントン外野手の2憶9500万ドルとゴードン二塁手の3,790万ドル(サインボーナス含む)を軽減したことになる。

日本円にして3百数十億円が軽くなったわけで、戦力編成は別にして、マーリンズのジーターCEOは、マストだった球団ペイロールの削減をひとまずは成功させた事になる。



なお、マーリンズはカストロ2塁手と2名のプロスペクトを差し出すことになるが、その2名はBAのショートシーズンオールスターに選出された21歳の右腕ホルヘ・グズマン投手とレッドソックスのラファエル・デバース三塁手の従兄弟で17歳のホセ・デバース二塁手らしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/12/10 Sun. 05:49 [edit]

CM: --
TB: --
   

1208

【MLB移籍情報】マリナーズが盗塁王ディー・ゴードン獲得  




球界きってのトレーダー、シアトル・マリナーズのジェリー・ディポートGMがまた動いた。シアトル・マリナーズとマイアミ・マーリンズがトレードに合意した。

シリウスXMラジオのジム・ボウデンら複数のメディアによると、シアトルは、ディー・ゴードンとインターナショナル・ボーナスプール100万ドルを獲得。

大谷獲得を目指すシアトルのインターナショナル・ボーナスプールの残高は355万7000ドルとなり、レンジャーズの353万5000ドルを上回って30球団で最高額となった。

見返りとしてマイアミは、ニック・ナイダート、クリス・トーレス、ロバート・ダガーの若手マイナーリーガー3名を獲得した。




この中では、ニック・ナイダードは、今季A+とAAで25試合11勝6敗、防御率3.45の右腕。チームのプロスペクトランクでNO.2に評価され、若手の先発投手というマイアミのニーズに合う選手だ。内野手のトーレスは同7位、右腕のダガーはTOP30圏外。

マイアミは、ディー・ゴードンとの2020年までの3,790万ドル(サインボーナスを含む)の契約が残っていたが、その負担も減ったことになる。

これらがチームの総合戦力にとってプラスかマイナスかは判断できないが、年俸総額を圧縮するというプランにそったトレードと考えられなくもない。


DQef_lZVoAAQhDV.jpg


一方、盗塁王に3度輝いた29歳のゴードンを獲得したシアトルは、彼をセンターにコンバートするというプランらしい。

シアトルには球界を代表するセカンドのロビンソン・カノーがおり、ゴードンの外野守備に問題が無ければ内外野を守れるユーティリティーとして起用。そうすれば35歳のカノーを休ませながら使うこともできる。

そういえば、シアトルからロサンゼルス・ドジャースに移籍して今季ドジャースの1番打者として活躍したクリス・テイラーもシアトル在籍時には、主にショートやセカンドを守っていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/08 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド