メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0612

先発投手の起用数はマリナーズが12人で最多 ヤンキースは6人 田中のQS率は41.7%で最低  



今季ここまでメジャー30球団が何人の先発投手を起用したかを調べてみた。

メジャーは、ベンチ入りが25人枠で先発投手は5人登録が多い。過密日程で、20連戦ぐらいになると中4日のローテーションを強いられる。

彼らには、1シーズン32試合から35試合、イニング数で200イニング以上というノルマが課せられる。そうなると1試合で6回以上3自責点以内というクオリティースタート(QS)が重要になってくる。

コンスタントにイニング数を稼がないとクリアできない過酷ともいえるノルマだからだ。

当然クリアすれば、信じられない報酬を手にする。先発2番手、3番手クラスでも年平均で15億円以上、トップクラスになると30億円以上という高額なサラリーを手に入れることになる。

そんなスーパーエリートともいえるメジャーの先発ローテーションに名を連ねる選手たち。いつ故障するかの予想も立てにくく、それがロースター編成のネックとなるが、いずれにしても開幕から10月まで5人で乗り切るのは無理。例年1シーズンで9~10人前後という数字が出ている。

各球団が60試合前後を消化した時点での先発投手の起用数を調べると、ナ・リーグ(NL)が計112人で平均7.46人。ア・リーグ(AL)が120人で平均8人という数字になった。

個別に見るとヘルナンデス、岩隈、スマイリー、パクストン(復帰)ら、故障の連鎖が続いたマリナーズがすでに12人を起用。とび抜けて多い数字になっている。そんな中でも31勝32敗の借金1で地区3位、ワイルドカード争いでも1.5ゲーム差と健闘している。

イチロー所属のマーリンズも10人と両リーグで2番目に多い。先日、エース格のボルケスがノーヒットノーランを記録したが、チームのQS率31.1%はリーグ最低で、苦しい展開になっている。

逆に同じNL東部地区首位のナショナルズがQS率67.2でMLB最高の数字。ナッツは、クローザーに難があるものの先発ローテは開幕前の予想を裏切らない成績になっている。ほかにはNL中部地区のレッズも10人を起用している。

一方、5人で回っている球団もある。NL中部地区のカージナルスとNL東部地区のブレーブス。ブレーブスは大ベテラン右腕コロンが10日間の故障者リストに入った為、5人を維持するのは難しいだろう。


田中将大


AL東部地区のヤンキースも5人で回していたが、スポット先発で若手のチャド・グリーンを挟んできた。

ヤンキースは、サバシアも調子を取り戻し、若手のセベリーノが防御率2点台の活躍、ピネダも安定。

5人目はスプリングトレーニングで14回2/3を投げて防御率3.68、奪三振12、WHIP0.82、被打率.185と安定した投球を見せたルーキー左腕のモンゴメリーがローテーション投手としての地位をキープしている。

ただ誤算は、エースの田中将大がスランプで、QS率も41.7%と5人の中で極端に低いのが気がかり。

夏場に調子を上げるタイプなので、ヘルシーな状態ならば単なるスランプと見たいが、11日(日本時間12日)のオリオールズ戦で登板のグリーンが好投すれば、当面は6人体制の先発ローテーションも考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/12 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0608

【MLB契約情報】マリナーズのJ.セグラが5年7000万ドルで契約延長  



マリナーズのリードオフマン、ジーン・セグラが5年7000万ドルで契約延長に合意した。マリナーズはセグラを2022年までコントロールできるほか、6年目となる2023年を1700万ドルで契約できるオプションが付帯している。さらに契約内容には、トレード拒否条項などが含まれている。



【契約内容の一部】
全球団へのトレード拒否権
契約金:300万ドル
2018年:900万ドル(年俸調停3年目)
2019年:1425万ドル(FA1年目)
2020年:1425万ドル(FA2年目)
2021年:1425万ドル(FA3年目)
2022年:1425万ドル(FA4年目)
2023年:1700万ドル(チームオプションでバイアウト100万ドル)

バイアウトを含めて5年総額7000万ドルで、オプションが行使された場合には最大6年8600万ドルになる。1年平均で1400万ドルは、遊撃手の平均年俸としてはMLB史上6番目の契約になるという。


27歳のセグラは年俸調停2年目で、今季は620万ドルで契約し、2018年が年俸調停3年目だった。この契約で、マリナーズは年俸調停1年分とFAの4年分、計5年分を契約したことになる。

セグラは昨年11月に、5選手が絡む大型トレードでアリゾナ・ダイヤモンドバックスから加入。

今季は既に2度、故障者リスト入りしたのが懸念材料だが、ここまで43試合でリーグトップの打率.341、出塁率.391、OPS.852、4本塁打でそのパフォーマンスを証明。

マリナーズがこの数年探していた1番を打てる選手とショートのスキルプレイヤーという条件を兼ね備えるという事で大型契約を結んだものと思われる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/08 Thu. 12:53 [edit]

CM: --
TB: --
   

0605

1日で7本のグランドスラムが出た2017年6月3日のメジャーリーグ  




2017年6月3日(日本時間4日)のメジャーリーグは、2000年5月21日に記録された6本を上回る、メジャー新記録が樹立された歴史的な1日になった。

その中には、エンゼルスのアルバート・プホルスのメジャー史上9人目通算600本塁打の大記録も含まれている。




プホルスは、2点リードの4回にツインズ先発右腕アービン・サンタナからレフトポール際へ満塁アーチを運び、メジャーキャリア17年目で大記録を達成した。

マリナーズの捕手マイク・ズニーノは、4点リードの5回にレイズ先発右腕アレックス・コブからレフトへリードを広げるグランドスラムを放った。

ナショナルリーグではブルワーズ対ドジャース戦で、ブルワーズのトラビス・ショウ三塁手が、ドジャース4番手右腕ジョシュ・フィールズから一時は勝ち越しに導く10号満弾を右中間席に運んだ。

しかし、この日の主役は彼ではなかった。ドジャースのクリス・テイラー中堅手が、2点を追う9回にまさかの逆転満塁弾をセンターに叩き込み、ドジャースが乱打戦を制した。




サンディエゴでは、ロッキーズのイアン・デズモンド一塁手が、パドレス3番手左腕ホセ・トーレスから3号グランドスラムを左中間席に叩き込んだ。

今季からブレーブスに移籍したマット・アダムス一塁手が、1点ビハインドの5回、レッズ先発右腕スコット・フェルドマンからセンタースタンドに飛び込む満塁弾を放った。

シカゴではカブスのカイル・シュワーバー右翼手が、2点の追う7回に、カージナルス先発右腕マイク・リークの初球シンカーを振り抜き、センターに逆転満塁弾を叩き込んだ。

ナ・リーグで、1日5本の満塁弾はリーグ新記録。以上両リーグで1日7本のグランドスラムが飛び出す歴史的な1日になった。

なお、この日はマーリンズ右腕のエディソン・ボルケスが自身初&今季メジャー初ノーヒットノーランの快挙を達成している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/05 Mon. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0514

岩隈久志のDLは復帰まで4週間から6週間と診断、来季の契約にも影響  



右肩の炎症のため今月7日にさかのぼって10日間の故障者リスト(DL)入りしたマリナーズの岩隈久志だが、意外と長引きそうな診断結果が出ている。

マリナーズは12日(日本時間13日)、岩隈について精密検査の結果、右肩の炎症により復帰まで4週から6週間離脱する見通しとなったと発表した。

岩隈は3日(同4日)のエンゼルス戦では好投を続けていたが5回に先頭シモンズの打球が左膝に直撃。その後、11日(同12日)に登板予定だったが、左膝ではなく右肩の負傷で登板を回避し、DL入りとなっていた。

36歳の右腕は今季、6回の先発で31イニングを投げ、0勝2敗、防御率4.35という成績だった。



メジャーでは今季からルール変更で、故障者リスト(DL)の登録期間が、15日間から10日間に短縮された。この変更は現場の指揮官、選手から概ね好評だ。

マーリンズのマッティングリー監督は、全治1週間の選手を例に「判断するときに、その選手がさらに8日間いなくても大丈夫か、たった3日間いないと考えればいいのかの違い。3日ならためらわずにDL入りを決断できる」と説明したという。ナショナルズのベイカー監督も「短縮はいいことだ」とコメントしている。

10日間なら戦略的にDLを利用し、選手に休養を与えることも可能。先発陣の層が厚いドジャースに所属する前田は11日にDL入りし登板を1度回避。「いいリフレッシュになる」と球団に感謝した。

ただ、岩隈の場合はそうではなかったようだ。マリナーズは昨年、青木宣親が在籍時に意図的に青木の打席数を減らして契約延長をしなかった経緯がある。

あまりネガティブに考えたくないが、岩隈も予想以上に長引きく場合、来季のオプション契約(自動更新)にも影響が出そうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/14 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0511

マリナーズは岩隈が大事をとってDL入り 先発ヘルナンデス、パクストンらは近々復帰予定  




マリナーズの岩隈久志が、右肩の炎症で10日間の故障者リスト(DL)入りした。これで、先発投手は4人目のDL入りになる。

今季は、ここまで6試合に登板し、四球が多く0勝2敗、防御率4.35だった。ただ、以前にも紹介したが、例年、4月は悪い。

岩隈の4月のメジャー通算成績は、20試合に登板し(18試合で先発)、2勝7敗、防御率4.24。4年連続で4月は0勝だ。昨年も初勝利が5月3日だった。

最近の岩隈は、4月28日にMLBを代表する投手バーランダーと投げ合って好投。5月3日(同4日)の本拠地エンゼルス戦では、打球が左膝付近に直撃、ヒヤリとさせた。

しかし、5回0/3を投げて6安打、1四球、4奪三振、3失点(自責3)と力投した。予定されていた次回登板は、インターリーグ戦で打席に入ることなどを考慮して登板を2日間延期し、トロントでのブルージェイズ戦の初戦に先発予定だった。

岩隈は「膝に打球を受けたこともあり、ここで無理してチームに迷惑をかけるよりは、いま、しっかりと検査を受けた方が良いかなと思った」とコメントしている。

マリナーズの先発ローテは岩隈の離脱前から崩壊している。

ドリュー スマイリーが開幕に間に合わず、エースのフェリックス ヘルナンデス、プロスペクト左腕ジェームズ パクストンと3選手がDL入りしている。



岩隈で4人目の先発投手のDL入りだが、そんな中でも明るい材料もある。離脱中の選手たちが復帰してくるからだ。

ブルペンには、クローザーも務めた下手投げのスティーブ シシェックが今週末に復帰予定。先発はヘルナンデス、パクストンのふたり。外野手で売り出し中のミッチ ハニガーが5月15日から21日の本拠地での連戦中に復帰する見込みだ。

マリナーズの所属のア・リーグ西部地区はアストロズが独走状態だが、マリナーズは17勝17敗の地区2位と、ここまでは健闘している。

シーズンオフに36名が動く13のトレードを成立させたディポトGMが、トレードで獲得してきたミッチ ハニガー、ベン ギャメル、ギジェルモ エレディア、テイラー モッターなどが野手では活躍。

投手では実績のなかったアリエル ミランダチェイス デヨングが、ローテの空席を埋めている。

最初は、知らない選手ばかりで戸惑ったが、そのMLB予備軍だった選手たちの積極起用を見ていると、ディポトGMの制約された中でのトレーダーぶりが評価できる。

彼らが成長してカノ―、クルーズ、シーガーや移籍加入のセグラなどと上手くかみ合えば、長く遠ざかっているポストシーズンを狙える体制が数年で整うかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/11 Thu. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0508

主力投手の故障離脱で低迷しそうなMLB3チーム  




優勝を期待されながら、それ相応の戦力を擁しながら主力投手の故障で苦しい戦いを強いられているチームを紹介したい。

ニューヨーク・メッツは、先発4番手から5番手のマッツとルーゴが故障者リストで開幕を迎えた。しかし、シンダーガード、デグロム、ハービーの3本柱は健在でMLBトップクラスの先発陣を形成していた。

ただし、ここでも紹介したが、ヘルシーな状態であればという注釈が付いた。ヘルシーならばMLBトップクラスで、ストラスバーグやシャーザーを擁する同地区ライバルのナショナルズと十分に渡り合える先発ローテーションだった。

昨年もメッツは故障に泣かされた。デグロムは、9月に右ひじにメスを入れた。オープン戦でも、4試合、15回1/3しか投げていなかった。ハービーもご存知のように2013年10月にトミージョン手術を受けている。右ひじに爆弾を抱える彼らが1シーズンもつかは不安だ。

シンダーガード


しかし、ここへ来て開幕投手のシンダーガードが60日間の故障者リスト(DL)に登録されてしまった。復帰は、少なくともオールスター後にずれ込むという。

24歳のシンダーガードは、先月30日のナショナルズ戦に先発したものの、2回途中5失点で負傷降板。ハーパー外野手にチェンジアップを投じた直後に脇の下を押さえるそぶりを見せた。彼は「多少の違和感はあったが、もう1球投げた時にはっきりと痛みを感じた」と振り返っている。

メッツの先発ローテは、故障がちなデグロム、ハービーに荷を負わせることになり、代わってローテに入っているロバート・グセルマン、ラファエル・モンテロは実績がない。


トロント・ブルージェイズもひどい状態だ。昨年はリーグトップの防御率3.64だった先発投手陣だが、J.A.ハップは左肘、アーロン・サンチェスは指のマメで離脱したあと、爪の問題で故障者リストに戻り、さらにストローマンは脇を痛めて3イニングで降板した。

おまけにドナルドソンやトゥロウィツキーといった主力野手までDLに入っていては最下位も仕方がない。FOXスポーツの記事では、残っているエストラーダやリリアーノがトレードの交換要員になる可能性もあるという。

シアトル・マリナーズも期待したが、いつものシーズンになりそうだ。

左腕ドリュー・スマイリーは肘でシーズン前にDL。頑丈だったエースのヘルナンデスは肩、若手有望株のジェームズ・パクストンは前腕の故障と悲報が続いている。他にリリーバー4人、野手2人がDLに入り、シアトルは野戦病院のようになっている。

やり手のGMがいて机上の戦力は充実しても、結局は、試合をするのは選手たちだからチーム編成の難しさを感じる。ただ、ディフェンスを充実させてスモールベースボールをできるチーム作りという方向性は一貫しているように見える。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/08 Mon. 12:18 [edit]

CM: --
TB: --
   

0428

岩隈vs.バーランダーは共に自責点ゼロの投手戦  




共にノーヒット・ノーランを経験しているア・リーグを代表する好投手対決は、予想どおりの投手戦が展開された。

岩隈はいつものように4月の成績は悪い。特に今年は毎試合で被本塁打を記録するという悪い流れだったが、この試合は被弾することなく5回2/3を3安打、2四死球、3奪三振で1失点(自責0)と力投した。

ただ、本来のスタイルからすれば2四死球は多すぎる。9イニングスあたりの与四球率(BB/9)が、ここまで3.81。岩隈のMLBキャリア平均は1.88だから、平均値をはるかに上回っている。

四球が多くて、被本塁打が多いから当然4点台の防御率に落ちてしまうという分かりやすい状態だ。でも、こんなもんだろう。徐々にアジャストしていくのが岩隈本来のスタイル。

例年、4月は悪い。4月のメジャー通算成績は、20試合に登板し(18試合で先発)、2勝7敗、防御率4.24。4年連続で4月は0勝だ。昨年も初勝利が5月3日だった。

それもすべてベンチは織り込み済みだろう。この日も84球。4月は5試合で、いずれも球数90球以下で交代。ベンチも勝負どころの8月、9月に疲れさせないよう配慮しているのが分かる。

この試合は、バーランダーも7回を5安打、8奪三振、1失点(自責0)と力投した。昨年、サイ・ヤング賞投票で惜しくも2位だった実力を徐々に発揮してきた。

こんな感じで試合の中で、肩を作っていくのがメジャーのエリートスターター達のスタイル。だから、最初の月で多少数字が悪くても、1勝も出来なくても大騒ぎしないのがメジャー流と言える。

マリナーズは9回に勝ち越して2連勝。ヘルナンデスが肩の炎症で復帰まで3週間ほどかかるので、左のパクストン、右の岩隈が投げる試合は確実に勝利したいところだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/28 Fri. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0428

マリナーズはエースが肩の炎症で離脱、好調のM.ハニガーもDL入り  



ジェリー・ディポトGMがマメに動いて地道な補強をした割には、ここまで9勝13敗と結果が出ていないシアトル・マリナーズ。同じく積極補強を仕掛けたヒューストン・アストロズ(14勝7敗)とは好対照だ。

残念ながら、そんなマリナーズの負の連鎖ともいうべき主力の離脱が発生している。

マリナーズの絶対的エース、フェリックス・ヘルナンデス投手が26日(日本時間27日)、右肩の炎症により10日間の故障者リスト(DL)入りした。

先発ローテ5人のうち、ドリュー・スマイリーが60日間DLに入っているマリナーズだが、エースの離脱は致命的な戦力ダウンになる。

球団公式サイトによれば、サービス監督は「ウォーミングアップから感覚がよくなかったようだ。(中略)2イニング目を投げた時、腕の感覚が感じられなくなった。鋭い痛みがあるわけではないが、ボールが走らず、いい感覚がしなかったようだ」と状態について説明したという。

メジャー13年間でDL4回だけという故障が少なかったエースだが、疲労で腕に力が入らなくなるデッドアームのような症状だと思われたが、検査の結果、肩の炎症が確認されたと地元紙タコマニューストリビューンが伝えている。

MLB NETWORKのジョン・モロシ氏も戦線離脱は”最低”でも2週間から3週間のになるだろうとしている。

2枚が抜けた先発ローテには、アリエル・ミランダとクリス・ヘストンが昇格したが、ヘストンは、結果を出せず早々とマイナーに降格した。

マリナーズのデプスチャートを見るとチェイス・デヨングが先発5番手でローテに入り、ディロン・オバートンがロングリリーフの担当で入っている。

さらに、開幕から打率.338と大活躍していたメジャー2年目のミッチ・ハニガー外野手も右腹斜筋のグレード2の張りと診断され、DL入りした。

ハニガーは2016年オフに右腕タイファン・ウォーカー投手、ケーテル・マルテ外野手とのトレードで、ジーン・セグラ内野手らと共にシアトル・マリナーズへ移籍した若手。これもマリナーズにとっては痛手と言えるだろう。

ただ、明るいニュースもありリードオフマンとして移籍してきたジーン・セグラ遊撃手がここへ来てDLから復帰。

28歳の左腕ジェームズ・パクストンも4月は3勝(0敗)、防御率1.39とヘルナンデス、岩隈に次ぐ次世代エースとして台頭してきている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/28 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0420

イチロー、セーフコ凱旋GAME3で「エリア51」復活!  




イチローがシアトルに凱旋したGAME3で慣れ親しんだライトのポジションに就いている。

マイアミ・マーリンズ対シアトル・マリナーズのインターリーグ戦は19日(日本時間20日)、セーフコ・フィールドで行われ、マーリンズのイチローは9番・ライトで先発出場している。

イチロー


ここでもすでに紹介したが、イチローが、慣れ親しんだセーフコ・フィールドのライトの守備位置に就くのは、ニューヨーク・ヤンキース時代の2014年6月12日以来。先発出場でいえば、その前日となる11日以来だ。

2回に迎えた第1打席、スタンドの歓声に包まれながらバッターボックスに入ったイチローは、マリナーズ先発のフェリックス・ヘルナンデスに対して、カウント1-2からの外角チェンジアップに手を出したが空振り三振だった。



4回一死から回って来た第2打席は3-2のフルカウントからの6球目、78・9マイルのカーブを捉えてレフト前に抜けるヒットを記録している。

試合はマーリンズ先発のボルケスが捕まり5回表を終了して8-4でシアトル・マリナーズがリードしている。

ただ、マーリンズも反撃を開始。イチローの同僚で主砲のスタントンに第3号ソロ、3番イエリッチに第4号ソロが出ている。イエリッチは7試合連続安打。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/20 Thu. 06:51 [edit]

CM: --
TB: --
   

0418

イチロー、シアトル凱旋試合“9番レフト”で先発出場  




共に3連勝同士の好調対決だが、それよりもイチローのシアトル凱旋が楽しみだ。

ただ、往年の「エリア51」は、ライトはなくレフトで、打順も1番から9番になった。同じ起用するなら、ここは「1番ライト」で起用して欲しかった。

しかし、現地8日のメッツ戦で安打して以来、今季1安打の状態だから、この打順も仕方がない。2014年6月12日以来のセーフィコフィールドのピッチに登場する。

4番手の外野手で開幕以来ベンチスタートが続いているイチロー。現地14日のメッツ戦で初スタメンし手以来の今季2度目のスタメン出場になる。

マーリンズの先発は右腕コーラー、マリナーズの先発は左腕ミランダが務める。

C9pjr7pUIAAXRg1.jpg


イチローに関しては開幕前に米メディアが、3000安打達成によって殿堂入りが確実となったことを指摘。

「全米野球記者協会は現役引退から5年後となる有資格初年度に彼を選出することだろう。もしかすると史上初となる満票選出となるかもしれない」と伝えている。

昨年夏には、MLBオールスターゲームに合わせて行われた全30球団の「フランチャイズ・フォー」という史上最高の4選手を選出する企画で、マリナーズの4人の中のひとりにイチローが選ばれている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/18 Tue. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド