メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0819

菊池雄星がメジャー初完封!6月23日以来の5勝目  



 マリナーズの菊池雄星が敵地でのブルージェイズ戦に今季26試合目の先発登板。9回を散発2安打に抑え7対0で勝利。8奪三振1四球の力投で6月23日以来の5勝目(8敗)を飾った。

 96球を投げストライクは65球(約68%)。投球フォームを微調整して制球力が増したということだが、それよりもフォーシームの威力が戻ってきたことがプラス要因になった。96球での完封は、チームでは2006年のフェリックス・ヘルナンデス以来、13年ぶり。

 菊池の今季はフォーシームの平均球速が92.5マイル(約149キロ)だったが、この日は4回ごろから球威を増し最速94.7マイル(約152キロ)を掲示していた。そこに、87から88マイルのスライダー、80マイル前半のチェンジアップや75マイル前後のカーブを織り交ぜた緩急のある配給が功を奏した。

 防御率も5.56から5.19に改善。8月に入って3試合の登板では、4回、5回、3回1/3で、6回すら投げられないマウンドが続いていただけに立ち直りのきっかけになる事に期待したい。


【菊池雄星スタッツ】
5勝8敗
135回1/3
103奪三振
WHIP1.44
奪三振率6.85
与支給率2.86
被本塁打率2.06


 被本塁打31はアストロズのバーランダーと並んでALワースト。ただ、バーランダーは被打率.176に対して菊池は.281。バーランダーと比べるのはかわいそうだが、同じ左腕のヤンキース、JA.ハップも29本塁打も浴びて、防御率でも菊池より悪い5.40だが、打線のサポートもあって10勝7敗。勝ち星はチーム事情によるところが大きいので気にする必要はない。





 ただ、大谷翔平がルーキーとしてエンゼルスと結んだ契約金は231万5000ドル(約2億6000万円)、年俸はメジャー最低年俸の54万5000ドル(約6100万円)だった。その程度の契約なら球団側は仕方がないと諦めがつくだろう。

 菊池の場合は、複雑な契約だったが7年最大で126億円とも報道された。3年4300万ドル(約45億5800万円)が最低保証で年平均約1400万ドル(約14億8400万円)。

契約は複雑だったが、3年終了後、菊池側に契約解除(オプトアウト)の権利が与えられ、球団にも4年6600万ドル(約69億9600万円)のオプションが与えられている。球団側がリスクを軽減したミューチュアル・オプションだったと考えられる。

 さらに菊池には、選手側のオプション1年1300万ドル(約13億7800万円)も与えられており、これによって菊池には少なくとも4年5600万ドル(約59億3600万円)が保証されることになる。菊池の顔も立てたわけだ。エース級なら1年20億から25億が相場のメジャーリーグだから菊池の成績次第では(球団からすれば)安い買い物だった。

 最低でも2年間の数字を見てあげなければフェアではない気もするが、ここまでのファクトだけを見れば、マリナーズが契約更新するとは考えにくい。そういった意味でも今回の完封劇は菊池にとってもマリナーズにとってもインパクトを与える出来事だろう。


【日本人先発投手の1年目】

松坂大輔(2007)
32試合、15勝12敗、防御率4.40、奪三振201

黒田博樹(2008)
31試合、9勝10敗、防御率3.73、奪三振116

ダルビッシュ有(2012)
29試合、16勝9敗、防御率3.90、奪三振221

田中将大(2014)
20試合、13勝5敗、防御率2.77、奪三振141


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/08/19 Mon. 06:37 [edit]

CM: --
TB: --
   

0804

菊池雄星はメジャーで通用しない!?残り10試合でストロングフィニッシュを!  



 今季から、ポスティングシステムを利用して渡米。下位低迷とはいえメジャーリーグ所属球団で先発ローテーションの一角を担う菊池雄星。今日は、オールドメディアでははっきりと書けないことを記事にしたい。

テーマは「菊池はメジャーで通用するのか?」。

 ここまでは通用していない。rWAR0.0,(fWARも同じ)、23試合118イニング、防御率5.49、FIP5.95、WHIP1.483。奪三振率6.4。本塁打の被打率2.1。どの数値を見ても先発5番手クラスのパフォーマンスでしかない。費用対効果を考えると物足りない。メジャーはシビアな世界だ。

 甘口のメディアで擁護は何とでもするかもしれないが、ファクトを直視してほしい。菊池の1年目は課題が残る。おそらく30試合以上は登板できそうなので、その部分は評価できる、200イニングは達成できるか微妙だが、200近く投げると、イニングイーターとしての存在感はあるかもしれない。

 ただ、仮にこのままで今季が終了して、来季の前半もこのペースで終わると、GMが動かすことの好きなジェリー・ディポトなので、ゴソゴソとカバンの中を漁って、パソコンをたたいて誰かとパッケージでトレード要員にされてしまうこともある。左腕のリリーバーとしてなら生きていけるかもしれない。

 ルーキーとして大谷翔平がエンゼルスと結んだ契約金は231万5000ドル(約2億6000万円)、年俸はメジャー最低年俸の54万5000ドル(約6100万円)だった。その程度の契約なら球団側は仕方がないと諦めがつくだろう。

 菊池の場合は、複雑な契約だったが7年最大で126億円とも報道された。3年4300万ドル(約45億5800万円)が最低保証で年平均約1400万ドル(約14億8400万円)。契約は複雑だったが、3年終了後、菊池側に契約解除(オプトアウト)の権利が与えられ、球団にも4年6600万ドル(約69億9600万円)のオプション(契約選択権)が与えられている。球団側がリスクを軽減したミューチュアル・オプションだったと考えられる。

 さらに菊池には、選手側のオプション1年1300万ドル(約13億7800万円)も与えられており、これによって菊池には少なくとも4年5600万ドル(約59億3600万円)が保証されることになる。菊池の顔も立てたわけだ。エース級なら平気で1年20億から25億は契約できるメジャーの世界だから。菊池の成績次第では(球団からすれば)安い買い物だった。

 最低でも2年間の数字を見てあげなければフェアではない気もするが、ここまでのファクトだけを見れば、マリナーズが契約更新するとは考えにくい。今季、もう少し活路を見出して、残り10試合ほどの登板機会でストロングフィニッシュして、来期の夏頃まで好調をキープしたい。そうでなければ「菊池は通用しない」と烙印を押され、後半には様々な噂がつぶやかれることだろう。


【日本人先発投手の1年目】

松坂大輔(2007)
32試合、15勝12敗、防御率4.40、奪三振201

黒田博樹(2008)
31試合、9勝10敗、防御率3.73、奪三振116

ダルビッシュ有(2012)
29試合、16勝9敗、防御率3.90、奪三振221

田中将大(2014)
20試合、13勝5敗、防御率2.77、奪三振141


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/08/04 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0616

【MLB移籍情報】E.エンカーナシオンがトレードでヤンキースへ  




 以前から噂のあったマリナーズのエドウィン・エンカーナシオン(一塁手/指名打者)がヤンキースにトレードされることが決まった。

 「ESPN」のジェフ・パッサンがSNSで伝え、「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマンは、マリナーズへはドミニカ出身の19歳右腕フアン・ゼンが交換要員になると伝えている。




 36歳のエンカーナシオンは、マリナーズで65試合に出場。打率は.241と低いがア・リーグ最多の21本塁打(OPS.888)をマークしている。09年から16年までブルージェイズで主軸を打ちキャリア15年で401本塁打、1205打点。オールスターにも3回選出されている。


 エンカーナシオンは14年以降、同地区ライバルのレッドソックス戦で最多の22本塁打を放っていることも特筆事項かもしれない。


 アーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンが離脱中のヤンキースだが、彼らが戻ってきても結果を出すまでには時間がかかることも予想されるため今季好調の長距離砲をレンタルプレイヤーとして獲得した。


 エンカーナシオンの契約は今季が2166万7000ドル。来季は2000万ドルのクラブオプション(バイアウト500万ドル)。


 「ジ・アスレティック」のケン・ローゼンタールによると、このうちヤンキースは925万ドルを負担するという。


それは昨年12月13日のインディアンス、マリナーズ、レイズ間で成立した三角トレードによってマリナーズへ移籍した際にレイズが500万ドルを負担するためで、ヤンキースで残りの93試合とポストシーズンを考えると、ぜいたく税との兼ね合いもあるが、比較的安価かもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/06/16 Sun. 14:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

0609

《GAME DAY》菊池、屈辱の3連発被弾 大谷6号本塁打含む3安打  




 先輩・菊池雄星と後輩・大谷翔平の岩手県花巻東高校のOB対決第1ラウンドは後輩に軍配が上がった。

大谷の6号ソロを複雑な気持ちで見た。「Halos go back-to-back-to-back 」という見出しでMLB.comでもそのシーンをトップで伝えている。



球団発表では、メジャーリーグでの日本人対決の本塁打は09年7月8日、カブスの福留(現阪神)がブレーブスの川上から記録して以来、10年ぶり7度目。

大谷の3試合ぶりとなる6号ソロは4回、先頭のラステラ、トラウトに続く三者連続本塁打で、エンゼルスの選手による3連発は、16年9月3日のマリナーズ戦以来だという。試合は12対3でエンゼルスが勝利している。


菊池は大丈夫?故障者リストに入るかも??


この衝撃の3連発に、先輩後輩対決という興味より 菊池の事が心配になった。

菊池はこれで3連敗。3試合連続で4回途中のノックアウト。登板を1試合回避して9日ぶりに臨んだ試合でフォーシームの球速は150キロを超えていたが、結果がすべてのメジャーリーグで、またも先発投手として試合を作れない、リズムに乗れない結果に終わった。

このブログで何度も指摘したが、この日もバックの拙い守備に足を引っ張られていたが、3連発を被弾しては責任を転嫁できないだろう。3回1/3、被安打9、失点6、奪三振1、与四球3だった。

これで菊池は、14試合3勝4敗、防御率4.99、WHIP1.42。大谷は5打数3安打(本塁打1、二塁打1)、打率.257、出塁率.331、OPS.762。わずかにアップしたが大谷のようなスラッガータイプはOPSで.800は超えないと評価されないだろう。

この対決は所属する球団がメジャーリーグの同地区のため今後もありそうなので、今度は菊池のリベンジに期待したい。

次週はインターリーグのドジャース対エンゼルスのLA決戦。前田健太対大谷翔平のマッチアップが楽しみだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/06/09 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0603

【MLB移籍情報】フィリーズがジェイ・ブルース外野手をマリナーズから獲得  




次は、エンカーナシオン放出か?マリナーズが夏の「売り手」に??

 ナショナルリーグの東部地区で首位を走るフィリーズとアメリカンリーグ西部地区の最下位マリナーズとの間でトレードが成立している。



 このトレードでは、ブライス・ハーパーやアンドルー・マッカッチェンをオフに補強したフィリーズが外野の最後のピースを埋めるためにマリナーズからジェイ・ブルース外野手を獲得した。

 フィリーズの交換要員はシングルAクラスの内野手。さらに、マリナーズから金銭(1800万ドル)を受け取る。


 ジェイ・ブルースはここまで打率.212と低迷しているが本塁打は14本、二塁打11本で長打率は.533、OPS.816をマーク。今季1400万ドル、来季1400万ドルの年俸だが、そのうち1800万ドルをマリナーズが負担してトレードが成立した。




 ジェイ・ブルースのトレード話は数日前からジ・アスレティックのケン・ローゼンタール氏らがSNSで伝えていたが、いつものようにトレード好きのマリナーズのジェリー・ディポトGMが絡んだ話だったので、辟易して記事にはしていなかった。

 毎年オフになると活発にチーム編成を弄るのが好きなディポトGMだが、ここでも何度か書いたが、彼のルービックキューブはいつになったら揃うのだろうか?

 昨年オフには、チームの顔だったベテラン選手のカノーやクルーズを放出。これは、若返りや金銭面での負担を考えて納得できたが、ノーヒットノーランも達成したエース左腕ジェームズ・パクストンや57セーブを挙げてやっと成長してきた若きクローザーのエドウィン・ディアス、打率3割をマークした攻守の要のジーン・セグラ遊撃手、正捕手マイク・ズニーノら投打の核を次々と放出するという狂想曲を演じた。

 その結果、今季も25人枠の中で、現在16人がトレードやFAで入れ替えた新戦力(ほかにILの4人)だが、そんな寄せ集めで連敗の山を築いて25勝36敗、早くも借金11という惨憺たる結果。

 例によってチームに対してのロイヤリティーもなく、その結果、団結力は生まれず、新加入の選手たちは、締まりのないプレイで、ここでも以前に指摘したが、エラー数69はダントツのMLBワースト。菊池雄星ら投手陣の足を引っ張ている。

《チームエラー数》
1. マリナーズ 69
2. ホワイトソックス 47
3. ジャイアンツ 44
4T ナショナルズ 43
4T. ヤンキース 43
4T. カブス 43


 ご存知のように、マリナーズは2001年以来、プレイオフに進出していないチームで、それはアメリカ4大プロスポーツ(NFL、NBA、NHL、MLB)の中で最長(最悪)だ。

 一時代を築いた後の再建期だったら分からないでもないが、結果も出せずに選手をコロコロ入れ替えて再建期といえば言い訳できるとでも考えているのだろうか。結果がすべての世界だから、ディポトGMもそろそろ自身の身の振り方を考えた方がいいかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/06/03 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0530

シアトルで菊池雄星と大谷翔平の“花巻東OB”対決か!?  




 今季からマリナーズに移籍した左腕・菊池雄星とエンゼルスで2年目大谷翔平の東北・岩手県花巻東高OB対戦が日本時間の5月31日(試合開始11時10分)に実現するかもしれない。 


 スケジュール的には、アメリカンリーグの西部地区所属の同地区対決ということで年に19試合がマッチメイクされており、お互いが順調に実績を上げれば、この先も年に2~3回は直接対決があるので、そんなに大騒ぎすることでもないかもしれないが、東日本大震災で苦しんだ東北人対決といこともあって盛りあがって欲しい気もする。





 今季のお互いのスタッツは、菊池が13試合で63回2/3イニング、3勝2敗、防御率3.82、WHIP1.194、奪三振率7.07、与四球率2.12。フォーシームの平均球速は93.1マイル、回転数2152(平均2285)。今後、フォーシームの回転数がアップすれば威力が増し、さらに好成績が期待できる。


 菊池とエンゼルスの対戦は日本時間4月21日に対戦しており、その試合は5回で4失点(被安打10、与四球2、奪三振3)と打ち込まれたイメージがあり、ここはリベンジしたいところ。


 慣れないメジャーの環境、初めてのスタジアム、マウンド、ボールなどによく適応して期待通りの活躍だ。前回登板(アスレチックス戦)は、これまでにないぐらい不本意だったので、ここは修正して好投が期待される。


 大谷は、76打数18安打、打率.237、2本塁打、11打点。出塁率.322、長打率.316、OPS.638。率直に言えば本来のポテンシャルが出ていない。


 ただ、チームの方針で、スプリングトレーニングでは実戦の打席に立たず、いきなりメジャーの公式戦に出場しているわけで、ほかの打者達が、オープン戦の打席数をこなして本番を迎えたことを考えると、大谷の5月はオープン戦で、これからが彼にとっての本当のシーズンインと捉えることはできないだろうか。


 エンゼルスのオースマス監督は試合後に大谷の出場について「彼は出場できる状態だが、DHで出場するかはわからない」と、ジョークを交えて明言は避けた。本来なら、そろそろ休ませたいと考えても不思議ではない。大谷は、31日のマリナーズ戦で7試合連続という今季最長の出場になり、相手の「左投手」が先発するというタイミングで「休養日」にしても良いぐらいだ。


 もし、マッチアップが実現すれば日米のプロリーグで3度目の対戦。これまでは13年と17年に2試合。13年は2打数2三振で先輩の菊池に軍配があがり、17年は3打数2安打(二塁打1)で大谷が通算5打数2安打。


 地元シアトルのマリナーズファンからすれば地区最下位のマリナーズが同地区4位のエンゼルスを迎えての試合ということで、これが首位対決でぶつかれっていればもっとわくわくしたかもしれないが、そういう意味では日本のメディアとは裏腹に涼しい風が吹くかもしれない。


 個人的には下のツイッターにあるようなインターリーグのエンゼルス対ドジャースの「LAフリーウェイ」対決も楽しみで前田健太と大谷翔平の対戦にも期待したい。


 



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/05/30 Thu. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0504

《GAMEDAY》菊池雄星、今季最高7回1失点10奪三振  




マリナーズの菊池雄星投手が3日(日本時間4日)のインディアンス戦で今季最高のパフォーマンスをみせた。

今季8試合目の先発登板。1イニングの調整登板から中6日間が空いた登板間隔でメジャー最長の7回1失点のハイクオリティースタート(7回で自責点2以内)だった。

いつものように援護点がなく勝ち負けは付かなかった。最終回にブルペン陣が捕まってサヨナラ負けしたが、菊池自身はメジャー移籍後、最高のピッチングだった。

対戦した24人中、初球に手を出してアウトになったケースも含めて16人が初球ストライクだった。これで組み立てが楽になった。初球に70マイル台のカーブで3~4球外したケースがあったが、これでカウントを稼げるようになれば、ますます有利に打者を追い込むことができるようになる。

インディアンスとは2度目の対戦だが、五大湖のほとりで気温8度という過酷な条件の敵地クリーブランドでは初のマウンド。その中でも滑ることもなくしっかりと指にかかったスピンの効いたフォーシーム、右打者に対する外からのバックドア・スライダーなど収穫のある登板だった。

フォーシームの97マイル(約156キロ)はメジャー移籍後最速をマーク。10奪三振、1四球で防御率も3.98まで改善した。

チームの先発陣はMLB15位と良くないが、菊池はチーム内の先発投手でマルコ・ゴンザレスに次ぐ投球回数、防御率で被安打率、WHIP1.16はトップだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/05/04 Sat. 15:40 [edit]

CM: --
TB: --
   

0501

イチローがMLBとAAAで打撃・外野守備・走塁を指導するインストラクターに就任!  


日本で引退を表明したマリナーズのイチロー氏が新たな役割を担うことになりそうだ。


マリナーズは4月30日(日本時間5月1日)、イチロー氏が再び、球団の会長付特別補佐に就任し、今後はインストラクターとして選手を指導する立場に就くことを公式に発表している。


イチロー氏がインストラクターとして指導するのは、MLBとマリナーズ傘下3Aタコマでの打撃・外野守備・走塁部門。この日、カブス戦前にも本拠地シアトルのT-モバイルパークに姿を見せた同氏は、ユニホーム姿で室内打撃ケージに入り、選手たちの準備を手伝った。





会長付特別補佐は昨年5月にメジャー登録枠から外れ、フロント入りした時の役職でもある。球団発表によると、今後はディポトGMのサポートをしていくという。


メジャーのキャリアで打率.311、3,089安打、509盗塁とゴールドグローブ賞10回受賞など数々のマイルストーンを樹立した日本人プレイヤーのイチロー・スズキ。


レジェンドが名コーチになるとは限らないが、外野守備・走塁に関しては、マリナーズのコーチ陣、フロント関係者の中で最も説得力がありそうだ。

イチロー セーフコフィールド


■MLB

(これはほんの一部。ALや新人記録は別)


 MLB 記録 


シーズン安打:262(2004年)
※ジョージ・シスラーを84年ぶり更新。
また、安打数リーグ2位を記録した打者(マイケル・ヤング)との46安打差は史上最大差。ギネス世界記録に認定。

シーズン単打:225(2004年)
※ウィリー・キーラーを106年ぶり更新

シーズン200安打以上:10回(2001年 - 2010年)
※ピート・ローズとタイ記録。

シーズン5安打試合:4回(2004年)
※ウィリー・キーラー、タイ・カッブ、スタン・ミュージアル、トニー・グウィンとタイ記録

シーズン月間50安打:3回(2004年5月・7月・8月)


両リーグ最多安打:7回(2001年、2004年、2006年 - 2010年)
※タイ・カッブ、ピート・ローズとタイ記録

5年連続両リーグ最多安打(2006年-2010年)史上初

デビュー以来10年連続200安打(2001年 - 2010年)

10年連続200安打(2001年 - 2010年)
※9年の時点でウィリー・キーラーを108年ぶり更新。

連続4シーズン最多安打:930(2004年 - 2007年)
※ビル・テリーを75年ぶり更新

外野手1イニング2補殺(2003年5月25日5回表)※タイ記録

右翼手最多刺殺:7回(2001年 - 2005年、2009年 - 2010年)
※Wally Mosesを65年ぶり更新

5年連続右翼手最多刺殺(2001年 - 2005年)
※ティム・サーモンとタイ記録



◇記事参考
https://www.mlb.com/news/ichiro-has-new-role-with-mariners
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000012-dal-spo



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/05/01 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0412

前田5失点、ダルビッシュ5失点、菊池3失点でいずれも勝ち星はつかず  




 ここでもすでにお伝えしたが、10日(日本時間11日)のメジャーリーグは、日本が誇るスターター3人が同じ日に先発。ドジャースの前田健太、カブスのダルビッシュ有、マリナーズの菊池雄星の3投手が先発したが、いずれも期待したほどの内容ではなかった。

 スポーツニッポンによれば日本の3投手が同日に先発したのは、これで15回目らしい。同日3先発の同日3勝は過去に一度もなく、史上初のケースという可能性もあったが、今回も達成できなかった。

 ただ、救援投手の白星も含めた3勝は、02年6月19日の石井一久(ドジャース)、大家友和(エクスポズ)、伊良部秀輝(レンジャーズ)など3回あるということだ。



 勝ち星は運に左右されることが多く、分業制が進んだメジャーではサイ・ヤング賞投票をみても分かる通り、これまでのように重要視されていないので、達成したとしても“珍記録”といったところだろう。

 それよりもダルビッシュ有が今季最長となる5回1/3を投げたことは明るい兆しと見たい。甘く入った本塁打の2本以外は内野安打を許しただけだった。

フォーシームの平均球速はメジャーのアベレージである93.1マイルより低い92.7だが、回転数は2515回転で平均よりはるかに高い数値で、本来のパフォーマンスに近いといえる。今回は死球もゼロで、いい感触が戻りつつあると見たい。

前回も雨の中の登板、この日もシカゴは気温4度、ライトからレフトへ風速9メートル。過酷の条件での登板が続いている。

 菊池は、敵地でのロイヤルズ戦で、6回を投げ、5安打3失点と粘投。5対3と2点リードの場面で降板し、勝利投手の権利を得たが、救援が打たれメジャー初勝利はならなかった。これで3度目、運がない。

4番ホルヘ・ソレアに2打席連続で被弾したのが反省点だが、4回以降の3イニングは完ぺきに抑えた。6回3失点のクオリティースタート。

メジャーで初めての中4日間での登板。初めてのカウフマンスタジアムのマウンドだったことを考慮すれば、及第点といえるだろう。6回80球という球数の少なさも、今後を考えると評価できる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/12 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0408

菊池の足を引っ張るザル内野、守備崩壊のマリナーズ  




 マリナーズの守備が酷いことになっている。10試合を消化してエラー数16は断トツでトップ。守備防御点(DRS)でもMLB全体でワーストだ。

先日の菊池雄星が先発した試合でも1回の守備で試合を壊してしまった。その後も凡プレイの連続で、あれでは投手陣がかわいそうだ。

MLBやFOXの記者でレポーターも務めるケン・ローゼンタールもこの事について触れている。





下記は、日本時間4月7日16時現在のエラー数。

《チームエラー数》
マリナーズ 16 
カブス 12 
レッドソックス 9
ホワイトソックス 8
ヤンキース、ジャイアンツ 7

《チームDRS》
マリナーズ DRS-13
ナショナルズ DRS-10
ツインズ DRS-7
オリオールズ、メッツ DRS-5


ちなみに、昨年のマリナーズは年間エラー数88でMLB18位。年間ワースト1位だったカージナルスの133を軽く超えそうなペースだ。

エラーを量産しているのは、MLBワーストのエラー5を記録している新加入の遊撃手ベッカム。さらにヒーリーと若手のムーア三塁手が共に3を記録。この三遊間コンビで11のエラーを記録していることになる。

それでもマリナーズは8勝2敗と好調だが、ワースト2位のカブスは2勝6敗で地区4位と低迷、レッドソックスは2勝8敗で地区最下位に沈んでいる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/08 Mon. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド