メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0504

走れない人のために走ろう!脊髄(せきずい)損傷の治療研究チャリティーマラソン「ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン」  



WINGS FOR LIFE WORLD RUN高島大会


脊髄(せきずい)損傷の治療研究の資金集めを目的としたチャリティーマラソン「ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン」が3日、日本で初めて、滋賀県高島市で開かれた。

このマラソンは、5月3日(日)20時に、オーストリア、アメリカ、オーストラリア、ブラジルなど世界6大陸33ヶ国35ヶ所の会場で同時にスタートするランニング・イベント。

ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン1 

ゴール地点はなく、キャッチャーカーに追い抜かされた時点でゴールになるので、走行距離はランナーによって異なるという。走った距離が世界で一番長かったランナーが優勝する。

大会参加費(日本は5千円)の全額と同額が、脊髄損傷の治療研究の支援のために送られる。

日本会場では、アンバサダーのレーシングドライバー小林可夢偉氏をはじめとする多くの著名人や、滋賀県三日月知事、高島市の福井市長も参加した。主催者の発表によれば、会場の滋賀県高島市には各地から約2千人の参加者が集まりました。


■Wings for Life World Runの特徴4つ


①世界6大陸で同時スタート!

大会は世界6大陸35カ所以上の会場で開催し、その全会場で同時刻にスタートします。そのため、早朝スタートの会場もあれば、深夜スタートの会場も。日本のスタート時間は20時です。←ナイトラン

②ゴールが追い掛けてくる!?

大会のコースは100キロ設定。距離の長さも特徴ですが、スタート30分後からキャッチャーカーと呼ばれる追跡車が走り出し、ランナー達を追い掛けはじめる事も特徴のひとつ。

参加者にはあらかじめデジタルチップが渡されており、キャッチャーカーが参加者を追い越すと車に搭載されたセンサーがチップを読み取り、参加者はその時点でレースが終了します。

そして世界中のコースで、最後に追い抜かれた参加者に世界チャンピオンの称号が与えられるというユニークな大会。

③コースは自然豊かな琵琶湖岸

会場の滋賀県高島市は、琵琶湖の北西岸に位置するため日本海にも近く、古くから京都や奈良の都を結ぶ“鯖街道”とよばれた若狭街道沿いに里が開ける山と琵琶湖に挟まれた四季の折々の変化に富む美しい景観スポットが多く存在します。

ランナーたちは、高島市の中心にある今津総合運動公園からスタートし、湖のほとりを走りながら、約500本のメタセコイアの植えられた並木道や美しい水辺の風景を楽しむことができる。

④脊髄損傷治療法の研究のために

この大会は脊髄損傷治療法の発見に取り組む研究に対して資金援助を行う非営利の財団「Wings for Life」をサポートするために行うイベントです。大会参加費全額と同額がWings for Life財団に研究助成費として寄付されます。

第1回大会を開催した2014年度は全世界で、3百万ユーロ(約4億4千万円)以上の資金が集まりました。



にほんブログ村 野球ブログへ 

関連記事

Posted on 2015/05/04 Mon. 00:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1002

コブクロ 大阪マラソン大会アンセム「42.195km」 無料DLきょうから  




コブクロの思いがいっぱい詰まった
 大会アンセムといえる楽曲が誕生!!


人気デュオ・コブクロが、『第4回大阪マラソン』
公式テーマソングとして書き下ろした新曲「42.195km」が
無料でダウンロードできます!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10月26日に行われる同大会に3年連続出場する小渕健太郎さんが、参加ランナーや沿道で声援を送る観衆にも「気軽に聴いて、盛り上がってほしい」という思いを込めたもの。


過去2回出場している小渕さんは、第2回(3時間47分45秒)、第3回(4時間45分15秒)ともに完走。「その魅力と奥深さに魅せられ」今年も参加する小渕さんは、同大会初の公式テーマ曲を書き下ろした。


当日は、100万人を超す観衆が声援を送る大阪屈指のビッグイベントをランナーのみならず観衆にも「一緒の気持ちで盛り上がっていただけたら」という小渕さんの思いを込め、

『大阪マラソン2014応援サイト』では
10月1日午後3時~10日午後3時までの期間限定で、
新曲「42.195km」無料ダウンロードできる。


 コブクロ:小渕健太郎さん
「大阪の人々の陽気さや情熱、笑顔、夢、人情、ユーモア、人生、そんなさまざまなイメージを、マラソンを通して楽しく歌っています。僕もまだまだ、マラソンはビギナーですが、そんな多くの方々にも分かってもらえるようなエッセンスを歌詞に盛り込んだので、走る皆さんの力になれたら」大阪ならではの楽曲にするため、コブクロとしては初の“関西弁”を取り入れたという。

『大阪マラソン2014応援サイト』
http://eonet.jp/kobukuro2014/ 


10月1日午後3時~10日午後3時までの
 期間限定で公式テーマソングが 無料ダウンロードできる。


「フルマラソンで体感した感動や達成感、しんどい部分や楽しい部分のイメージを、最大限に膨らませました」とランナー目線に立ち、「テンポも走る時にちょうど良いところを探しました。聴きながら走ると、きっと背中を押してくれる様なスピード感になっていると思います」
と弾むようなコメント。

↓↓コブクロの思いがいっぱい詰まった大会アンセムです。




ブログランキング・にほんブログ村へお手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/10/02 Thu. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド